阿嘉島の発着フェリーをまとめて紹介!那覇からのアクセス方法も!

2018年11月28日 (2018年11月29日最終更新)

沖縄県にある阿嘉島。慶良間諸島の1つで、本島からフェリーでも気軽に行ける大変美しい離島です。阿嘉島に行くためのフェリー乗り場までのアクセスや料金、予約方法や島での観光情報など、阿嘉島に行くまでに知っておきたい詳細情報をご紹介します。

目次

  1. 阿嘉島にフェリーで行くのんびり旅がおすすめ!
  2. 阿嘉島ってどこにあるの?
  3. 阿嘉島へアクセスできるフェリーや乗り場は?
  4. 阿嘉島行きフェリー乗り場「とまりん」はこんな所
  5. 阿嘉島行きフェリーの料金
  6. 阿嘉島行きフェリーは予約がいる?
  7. 阿嘉島行きフェリー乗り場へ那覇からのアクセス
  8. フェリーで行ける阿嘉島ってどんな島?
  9. フェリーで行ける阿嘉島の絶景
  10. フェリーで行ける阿嘉島内の交通は何が使える?
  11. フェリーで行ける阿嘉島でしたいアクティビティ
  12. フェリーで行ける阿嘉島のおすすめスポット
  13. フェリーで行ける阿嘉島のおすすめビーチ
  14. フェリーで行ける阿嘉島であえる天然記念物の鹿
  15. フェリーで行ける阿嘉島のグルメどころ
  16. 他にもあるフェリーで行ける近くの離島
  17. フェリーで行く阿嘉島での極上旅

阿嘉島にフェリーで行くのんびり旅がおすすめ!

阿嘉島は沖縄県の本島周辺にある、小さな島々が集まった慶良間諸島の中の1つです。本島からのアクセスも良く、40kmとさほど離れていない場所にあります。海の透明度がとても高く、世界中のダイバーが一度は見たいと足を運ぶ、マリンブルーが美しい島です。その青さはケラマブルーとも呼ばれ、世界でも屈指の美しい海として称賛されています。

阿嘉島ってどこにあるの?

阿嘉島の魅力を語っていく前に、まず阿嘉島はどこにあるのか、アクセスするにはどうすればよいのかなどについて触れておきます。阿嘉島は沖縄県の周辺に点在する慶良間諸島の1つで、慶良間諸島の中でも1番西側に位置しています。本島からの距離は40km程度で、日帰りでも行ける距離にあります。隣にある座間味島の座間味村の1つでもあります。

慶良間諸島は沖縄本島の西側にあり、那覇からのアクセスもとても良い離島です。離島めぐりとして、沖縄へ来た観光客の方々が日帰りで立ち寄ったり、中には数日離島で宿泊してから本島に戻る人もいます。

77e9415a8e744cef沖縄阿嘉島観光ご紹介!国立公園に指定された島でダイビングもできる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
2014年3月に国立公園に指定された沖縄阿嘉島は、渡嘉敷島や座間味島よりも観光客も少なめで、...

阿嘉島へアクセスできるフェリーや乗り場は?

阿嘉島へアクセスできるフェリーは、那覇市にある泊港から出ています。阿嘉島に向かう船は2種類あって、「フェリーざまみ」と「高速船クイーンざまみ」となっています。フェリーの方は1日1往復、約90分で阿嘉島に到着します。高速船の方はシーズンにより1日2~3往復になることも。こちらは高速船だけあって約50分で阿嘉島に到着となっています。

フェリーは、那覇の泊港から阿嘉島の阿嘉港、そして座間味島の座間味港というルートで運航しています。阿嘉島に行くには、経由地になりますのでくれぐれも乗り過ごしにはお気を付けください。また、高速船については阿嘉港によらない船もあるのでお気を付け下さい。

阿嘉島行きフェリー乗り場「とまりん」はこんな所

阿嘉島行くために利用するフェリー乗り場である泊港。そこに立つ「とまりん」は沖縄の中でもメジャーな旅客ターミナルです。船に乗るための乗船券の発券所のほか、コンビニや沖縄料理店、カフェにレンタカー営業所など、あちこち周らなくても一カ所で用事が足せる便利な複合施設となっています。
 

フェリー乗り場で旅の始まりを味わうにはもってこいのとまりん。たかがフェリー乗り場とあなどるなかれ。乗船までの間に、観光情報を集めたり、腹ごしらえに沖縄料理を味わったり、カフェで行きかう船や人を眺めながらのんびりしたり思い思いの過ごし方が出来るのです。

この泊港は様々な離島へアクセスできる船の乗り場ともなっています。渡嘉敷島や座間味島、渡名喜島や久米島など、離島めぐり、離島への旅を楽しむことが出来ます。

20160725141056000000 9039249日帰りで行ける沖縄離島をご紹介!車やフェリーで気軽に旅行! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄本島の観光も不動の人気を誇っていますが、沖縄本島から日帰りで行ける離島にも魅力が沢山ある...

阿嘉島行きフェリーの料金

阿嘉島に船でアクセスするための料金は、フェリーでいくか、高速船で行くかによっても違います。フェリーで行く場合の料金は、片道大人2,120円、子供は1,060円となっています。往復の場合は、大人4,030円、子供は2,020円となります。高速船でアクセスする場合は、片道大人3,140円、子供1,570円、往復の場合は大人5,970円、子供2,990円という料金です。

高速船を利用する方が料金がやや高くなりますが、その分時間を作ることが出来ますので、日帰りで多くの観光地を楽しみたい人や、島での滞在時間をできる限り長くしたい人には高速船の利用がおすすめです。

フェリーの料金は小学生以下は小児運賃となっていて、5歳以下のこどもは大人1人につき1名まで無料で乗船することが出来ます。その他団体割引や身体障害者割引の適用もあります。

阿嘉島行きフェリーは予約がいる?

阿嘉島にアクセスするフェリーに乗るためには予約がいるかどうかについても事前に知っておくと安心です。基本的には席が空いていれば予約をせずに乗ることも出来ますが、7月~8月といった夏季など人が多く利用するシーズンは早い段階で満席になりがちです。確実に利用したい方は予定の日時にあらかじめ予約をして席を抑えておくほうが無難と言えます。

予約はとまりんにある「座間味村役場那覇出張所」に電話することで予約を取ることが可能です。また最近はネットからも予約ができるようになりました。座間味村役場那覇出張所へ電話をかけ、利用する人数や氏名を伝えることで、口頭で予約番号を発行されます。

当日船のチケット売り場にてその予約番号を伝えることで発券となり、その場で料金を支払えば、乗船することができます。予約の際にその他のわからないことについても尋ねることが出来ますので電話予約ですと安心が大きいかと思います。

阿嘉島行きフェリー乗り場へ那覇からのアクセス

阿嘉島行くためのフェリー乗り場である泊港へのアクセスはさまざまな方法があります。那覇空港からタクシーで行く場合は、約12分程度で料金は約1,000円。那覇空港からゆいレールを利用する場合には、約14分程度で料金は260円となっています。那覇空港からバスを利用する方法もあります。

那覇空港からバスを利用する場合は、那覇空港国内線ターミナルバス乗り場から、99番系統の泊港に向かうバスを利用します。乗車時間は約21分で、料金は220円となっています。泊港高橋というバス停を下車し、フェリー乗り場のある泊港まで徒歩約8分で到着です。

那覇の港、那覇新港から泊港のフェリー乗り場まで船で移動するという方法もあります。乗船時間は約5分程度で、料金は500円。あっという間についてしまうので時間を有効に使いたい方にはおすすめです。

フェリーで行ける阿嘉島ってどんな島?

本島からフェリーでいける穴場の観光スポットでもある阿嘉島。まさに南国リゾートという言葉がふさわしいプライベート感あふれる穴場スポットなのです。島の周囲は約12km程度、人口は約300人程の小さな島です。ずっとみていても飽きない美しい風景が広がる阿嘉島は、慶良間国定公園の一部としても指定されています。

観光客が多い7月~8月といったハイシーズンも比較的人が少ないので、のんびりと島巡りを満喫することが出来ます。その美しさに何度も訪れるリピーターも多く、本島へ観光に来たついでに日帰りで立ち寄っていく人も。

フェリーで行ける阿嘉島の絶景

360度エメラルドブルーの海に囲まれた阿嘉島。その海は透明度がとても高く、海の底までが透けるように見え多くの魚や海の生き物が優雅に泳ぐ姿を見ることが出来ます。世界中のダイバーが一度はもぐってみたい海として名をあげるほどに美しい海。阿嘉島に足を運んだならば、ダイビングをしたことがない人もぜひ一度は潜ってみることをおすすめします。

阿嘉島は慶良間諸島の中でも一番西側に位置しています。その位置からも分かる通り、慶良間諸島の中でも夕陽が一番きれいに見えることでも知られています。また、遮るものがほとんどないため夜には満点の星空を見ることもできるのです。

フェリーで行ける阿嘉島内の交通は何が使える?

島内の面積は約3.8平方キロメートルとなっている小さな島なので、電車やバスといった大きな交通機関はありません。島内の移動には主に徒歩か、レンタルで利用できるレンタサイクル(自転車)などがメインになります。また、島内にもタクシーはありますが1事業者しかなく、車も1台のみとのことなので、徒歩や自転車の利用が身軽で便利と言えます。

阿嘉島にあるレンタサイクルは3店舗ほどあり「レンタルショップしょう」「辰登城(たつのじょう)」「ハナムロイン・あかじま」さんとなっています。「レンタルショップしょう」には、自転車の他、バイクやバギーといったものも借りることが出来ます。

フェリーで行ける阿嘉島でしたいアクティビティ

阿嘉島に来たならば、その大自然を活かしたアクティビティを堪能したいところ。海水浴はもちろんのこと、シュノーケリングやダイビングが一番のおすすめ。島内には世界中から集まるダイバーのためにダイビングショップも数多くあり、はじめての人もプロの指導の元、道具を借りトライすることが出来ます。

阿嘉島の海に一度潜れば、あまりの美しさに人生観が変わるとまで言われています。海の中から見上げてみる太陽の光はまばゆく、キラキラと水面に反射して光る様はまるで天国のようだとか。人生は一度きり、ぜひ阿嘉島に来たらトライしてみて下さい。

フェリーで行ける阿嘉島のおすすめスポット

小さな島の阿嘉島ですが、歩いて周れる観光スポットも点在しています。中でも地元の人も一押しなのが、天城展望台(あまぐすくてんぼうだい)。島の西側にあり、阿嘉集落からも徒歩圏内のこの天城展望台は360度の大パノラマでケラマブルーの海と諸島の数々を見渡すことが可能。ここから見る夕日は島内で見る夕日の中でもずば抜けて美しいのだとか。

さらには、中岳展望台(たきばるてんぼうだい)というスポットも。こちらは島の中央部辺りにあり、やや険しい道をのぼった先にあるとのことで、歩きやすい服装や靴をおすすめされています。道中は険しいですがその疲れが吹き飛ぶほどの絶景が見れると評判です。

阿嘉島のシンボルともいえる阿嘉大橋もおすすめです。阿嘉島と慶留間島を結ぶ約530mの大橋で1998年に開通されました。阿嘉港からも近く、最初の立ち寄りスポットとしてもおすすめです。橋の上から海をのぞくと優雅に泳ぐウミガメに出会えることも。

フェリーで行ける阿嘉島のおすすめビーチ

阿嘉島にはぜひとも足を延ばしたい美しいビーチがたくさん点在しています。阿嘉島でもっともポピュラーなビーチは、ニシバマ(北浜)ビーチ。阿嘉島の阿嘉集落から2kmほど離れているので、アクセスするにはレンタサイクルが便利です。海は遠浅で監視員も常勤してくれているので、小さな子供連れファミリーも安心して遊べるとの評判もあります。

海の透明度は抜群で、このビーチのサンゴは沖縄の中でもとびきり美しい!との声も聞かれるほど。さらにビーチを周りたいならば、阿嘉ビーチがおすすめ。ウミガメとの遭遇率も高いと言われる美しいビーチで、200m~300mほどの砂浜が広がっています。

阿嘉ビーチとは反対側にあり、阿嘉港のすぐそばにある前浜ビーチもおすすめ。日帰りの方やあまり時間のない方も利用しやすいビーチとして、多くの方が訪れる場所でもあります。

フェリーで行ける阿嘉島であえる天然記念物の鹿

阿嘉島に来たら一目あいたい生き物はウミガメの他にもまだまだいます。豊かな自然の阿嘉島とその周辺の島々にしか生息しない天然記念物のケラマジカ。慶良間諸島に分布する野生のシカで、島と島にかけられた橋を渡って行き来しています。繁殖期には海を泳いで渡る”島渡り”という姿もみれるのだとか。

ケラマジカは日本に生息する鹿の中でも最も小柄で、大人になったオスの鹿でも30㎏程度と言われています。夜行性で警戒心も強いケラマジカですが、最近は徐々に人慣れし、近づいても逃げていかない鹿もいるのだそう。

フェリーで行ける阿嘉島のグルメどころ

小さな島の阿嘉島ですが美味しいものが味わえるお店も存在しています。人気が高いのは、阿嘉港のすぐ近くにある「パーラーみやま」さん。阿嘉集落の中にあり、目の前は前浜ビーチというロケーションも抜群の食堂です。テラス席があるので、お天気のいい日は絶景の海を眺めながらの食事が最高。営業はランチタイムの11:30~14:30のみなのでご注意を。

特に女性に人気なのが、パスタやピザが食べれる「はぁなcafe」。島らっきょや沖縄特産のよもぎ、ふぅちばーを使ったピザは観光で訪れた方に大人気。営業時間は12:00~17:00となっており、ランチタイムからビールが飲めるお店としても好評です。

阿嘉島の夜を美味しいアルコールを飲みながら堪能したいならば「ヨナミネハウス」がおすすめ。赤瓦の古民家風の建物が離島の夜をさらに盛り立ててくれます。泡盛をはじめ、ワインやカクテル、ウイスキーから定番のビールまでメニューも豊富。

他にもあるフェリーで行ける近くの離島

慶良間諸島の1つである阿嘉島の周りには、まだまだ美しい島々がたくさん。阿嘉島を中心にいろんな島を周りたい時はまずは阿嘉大橋を渡り、お隣の慶留間島(げるまじま)へ。その後は慶留間島から橋を渡り、隣の外地島(ふかじしま)へ散策することが出来ます。さらに足を延ばしたい時は、フェリーに乗って航路の終点、座間味島へ渡ることも可能。

フェリーで行けるお隣の座間味島は、広さは阿嘉島の2倍近くあり、座間味村役場も置かれている場所です。阿嘉島同様美しい海と緑が広がり、その光景を一目見ようと世界中から観光客が訪れる人気スポットでもあります。

Kera慶良間諸島の魅力に迫る!ケラマブルーと呼ばれるサンゴ礁の国立公園! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
あなたは、慶良間諸島と聞いたら何を連想するでしょうか。慶良間諸島は、ケラマブルーと言われる独...

フェリーで行く阿嘉島での極上旅

阿嘉島はどこまでも透き通るその美しい海と、時間の流れがまるでゆったりと遅くなったかのようなのんびりした雰囲気が魅力の穴場観光スポットです。人も比較的少なく、沖縄に来たという感覚をどっぷりと味わうことが出来ます。阿嘉島でしか見れない景色、できない体験を味わいにぜひ足を運んでみて下さい。

関連記事

Original
この記事のライター
とも

本島周辺離島の人気ランキング

本島周辺離島の新着のまとめ