夢助だんごは福井の名物グルメ!おすすめメニュー・値段・店舗など紹介

2018年12月2日 (2018年12月3日最終更新)

福井で人気の夢助だんご。焼きたてをいただくことができるということで、福井に行くと必ず訪れるというファンもいるほどの人気のお団子屋さんです。お土産にもぴったりで、数十本持ち帰りするという方もいるほどの人気の夢助だんごについて紹介します。

目次

  1. 福井で人気の夢助だんご
  2. 夢助だんごが人気「米の菓ゆめすけ」とは?
  3. 夢助だんごが買える「米の菓ゆめすけ」の店舗は?
  4. 夢助だんごの魅力は?
  5. 夢助だんごの人気メニューランキング
  6. 夢助だんごは冷凍のお取り寄せもできる
  7. 米の菓ゆめすけで夢助だんごを食べよう!

福井で人気の夢助だんご

ソースカツ丼や越前おろしそば、羽二重餅など名物料理が沢山ある福井。そんな福井で人気が高いのが「夢助だんご」です。厳選された素材を使い、焼きたての種類豊富なお団子を提供してくれるため多くの方が訪れている人気店です。店舗で食べるのも持ち帰りにも人気の夢助だんごのおすすめメニューや店舗などについて詳しく紹介していきます。

Original福井のお土産おすすめ11選!お菓子や名物の食べ物まで一挙紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
自然豊かな福井県には、地元食材を使った美味しいお菓子や名物がたくさんあるんです。福井県でお土...

夢助だんごが人気「米の菓ゆめすけ」とは?

福井のお土産としても人気が高い夢助だんごですが、一体どのようなお店がつくっているのでしょうか。夢助だんごを販売しているのは「米の菓ゆめすけ」というお店であり、地元の方でには非常に有名で、持ち帰りでいただいたものなどで一度は食べたことがあるという方も多いです。そんな米の菓ゆめすけについて紹介します。

福井県の創業60年を超える老舗

米の菓ゆめすけは、1948年(昭和23年)に創業した老舗の米菓製造業です。平成27年に直売所をリニューアルオープンし、それまで以上に多くのお客さんが訪れる人気のお店となりました。創業60年を超えているということもあり、親子三代で通い続けているという常連さんもいらっしゃるほど地域に根付いたお店です。

30種類以上のあられ・かき餅がおいしい

米の菓ゆめすけで販売されているあられやかき餅の種類はなんと30種類以上です。自宅用にはもちろんのこと、贈答用にも多くの方が購入しています。期間限定のあられも販売されており、行くたびごとに新しい味に出会えるということで季節がかわるたびに訪れている方もいらっしゃいます。

手土産にもおすすめで、あられはかき餅は持ち帰りで、夢助団子は店舗で食べるという方も多いです。

注文を受けてから焼く「夢助だんご」が人気

あられやかきもちも人気ですが、米の菓ゆめすけといえばやっぱりなんといっても「夢助だんご」が人気です。米の菓ゆめすけという店名よりも夢助だんごといった方が通じることも多いほど、夢助だんごは米の菓ゆめすけの代名詞にもなっています。

夢助だんごは店舗でいただくのも持ち帰りも注文を受けてから焼くため、焼きたての状態をいただくことができます。ほんのりと温かく、焼きたての香ばしさも楽しむことができるため非常に美味しいと好評です。福井に行くたびに夢助だんごを食べるために米の菓ゆめすけによるという方もいらっしゃるほどです。

店舗でも食べることができますが、持ち帰りされるケースも多く、手土産用にと10本単位で購入される方もいらっしゃいます。持ち帰りでも店舗と同様の美味しさを楽しめます。

夢助だんごが買える「米の菓ゆめすけ」の店舗は?

そんな人気の夢助だんごを購入することができる「米の菓ゆめすけ」ですが、店舗は一体どこにあるのでしょうか。米の菓ゆめすけの店舗のアクセス方法や営業時間、定休日などをご紹介します。ぜひ福井に行かれる際には参考にしてください。

アクセスは?

まずは米の菓ゆめすけのアクセス方法についてです。米の菓ゆめすけの店舗は越前大野駅から徒歩で約10分ほどの場所にあります。

車で行かれる場合には、福井市内からは美山町経由で約45分ほどかかります。R158にある「計石」の分岐を直進で9キロほど進みます。「中挟」の交差点を右折して1キロ進むと左手に店舗が見えてきます。計石の分岐に夢助だんごの看板がありますのでそちらを目印にしてください。

勝山方面からいかれる場合は、下荒井トンネルを抜けて3.3キロほど直進し、手打ちうどん真邑を右折します。そのまま1キロほど直進し、「月美」交差点を左折すると左側に店舗があります。

営業時間は?

続いて、米の菓ゆめすけの営業時間についてです。平日と土曜日の営業時間は9時から19時まで、ただし夢助だんごの注文は18時までの受付です。日曜日と祝日は9時から18時まで、ただしこちらも夢助だんごの受付は17時までとなっています。

おかきやかきもちを購入できる時間と夢助だんごを注文できる時間は違いますので、夢助だんごを購入したいという場合はご注意ください。また、営業時間内であってもお団子がなくなり次第終了となります。

定休日は?

米の菓ゆめすけの店舗の定休日は、毎週水曜日と第二火曜日です。ただし、祝日の場合は営業しています。また、。年末年始は12月31日から1月3日まで休みとなっています。ホームページのカレンダーに定休日が表示されていますので気にある方はチェックしてみてください。

住所 福井県大野市吉野町110
電話番号 0120-18-3021

夢助だんごの魅力は?

それにしても夢助だんごはなぜこのように人気が高いのでしょうか。福井に行ったら必ず足を運び、お土産にもぴったりだという夢助だんごの魅力は一体何なのか、夢助だんごを作る際のこだわりについて紹介します。このこだわりがあってこそ美味しい夢助だんごが出来上がるんです。

福井県産の精米したてのもち米を使用

夢助だんごは素材にこだわって作られています。おだんごはもち米から作られていますが、その使用するもち米もこだわりのものを使用しているんです。

夢助団子に使用しているもち米は、主に福井県産のものを使用しています。特にこだわりの製品に関しては、地元である越前大野にある契約農家から玄米で仕入れており、自社で精米しています。

というのも、精米したてのもち米は粘りも強く、香りが非常に良いためお餅にしてもあられにしても抜群のものができあがります。それぞれのお米の産地をしっかりと把握しており、お米の状態によって水分調節を行ってから作り上げています。

名水百選に選ばれた御清水を使用

夢助だんごではもち米の他にも水にもこだわっています。米の菓ゆめすけがある越前大野には、町のいたるところに湧水があり、名水百選に選ばれた御清水もあります。非常に良質で清らかな水を使用していることによって美味しい夢助だんごが出来上がります。

直火焼で香ばしさとカリッとした食感を生む

夢助だんごの美味しさは素材の良さはもちろんのこと、製法にもこだわって作られています。昔ながらの製法を続けていることにより、風味がよく香ばしい最高の夢助だんごが出来上がるんです。

まずはもち米を蒸すことからはじまりますが、こちらはせいろ蒸しにこだわっています。現在では自動蒸しという機械を使って蒸し上げる方法もありますが昔ながらのせいろ蒸しをすることによってもち米本来の美味しさが最も引き出されます。

また、夢助だんごの特徴として注文されてから焼き上げるということが挙げられます。直火焼きで焼きあげていることにより、もち米の美味しさは残しつつ表面がこんがりと香ばしくカリッとした食感も楽しむことができます。

夢助だんご以外にも、おかきは直火で焼き上げられており中の水分が飛んで香ばしい食感が残っています。2代目が改良した直火焼釜を使用して、直火焼製法で作り上げられた製品はどれも最高の美味しさです。

夢助だんごの人気メニューランキング

夢助だんごは定番のメニューが15種類あり、それ以外にも月替わりのメニューがありどれも美味しそうなので迷ってしまうという方も多いです。値段も100円前後とリーズナブルで、2、3本と注文される方もいらっしゃいます。持ち帰りも店舗で食べるのも多い夢助だんごですが、夢助だんごの人気メニューを値段と共にランキング形式で紹介します。

5位 白きなこ/よもぎきなこ 108円

まず人気メニュー5位は「白きなこ/よもぎきなこ」です。値段は108円です。こちらはシンプルな白いおだんご、もしくはよもぎだんごの表面にたっぷりときな粉がまぶされている一品です。

きな粉は京都の丹波産の大豆を100%使用しており、きな粉の香ばしさが感じられます。お団子の表面には全てきなこがまぶされているのでどこを食べてもきな粉の味が口中に広がります。きな粉好きにはおすすめのメニューです。

4位 黒蜜きなこ 118円

人気メニュー4位は「黒蜜きなこ」です。値段は118円です。第5位のメニューである白きなこに黒蜜がかかっているメニューです。黒蜜はコクがあり濃厚な味わいの沖縄産のものを使用しています。きな粉と黒蜜の相性は抜群であり、きな粉だけでも美味しいお団子がさらにパワーアップしたというメニューです。

3位 よもぎこしあん 118円

人気メニュー3位は「よもぎこしあん」です。値段は118円です。よもぎの風味をしっかりと感じられるおだんごにたっぷりのこしあんがのっているメニューです。

こしあんは十勝産小豆を使用してあり、上品な味わいで非常になめらかです。よもぎの風味とあんこの組み合わせは間違いない美味しさです。

ちなみに「よもぎつぶあん」というメニューもあり、こちらも人気が高いです。あんこは粒あん派だという方はよもぎつぶあん、こしあん派の方はよもぎこしあんと人気を二分しています。

2位 焼醤油 97円

人気メニュー2位は「焼醤油」です。値段は97円です。表面に特製の醤油を塗って焼き上げたこちらのメニューは老若男女問わず人気です。特に甘いものが苦手だという方でも美味しくいただくことができるため、持ち帰りでも必ず一本は入れるという方が多いおすすめのメニューです。

使用されている特製醤油は越前大野の醤油をブレンドしたものであり、注文されてから焼き上げているので醤油の風味がしっかりとしています。焦げ目がついた醤油は香ばしく甘いお団子と交互に食べるとどれだけでも食べられてしまいそうです。

1位 みたらし 97円

人気メニュー1位は「みたらし」です。値段は97円です。お団子といえばやっぱりみたらし団子は外せないという方も多いのではないでしょうか。夢助だんごでもやはりみたらしが一番人気であり、みたらしだけを沢山持ち帰りで注文するという方もいらっしゃるようです。

みたらしに使われているタレは地元である越前大野の醤油をブレンドして作られています。注文を受けて焼き上げている香ばしいお団子と甘しょっぱいタレは最高の美味しさです。持ち帰りでもみたらしと焼醤油の組み合わせで注文される方も多いです。

夢助だんごは冷凍のお取り寄せもできる

非常に美味しい夢助だんごですが、食べたいけれどなかなか店舗まで行く機会がないという方も多いのではないでしょうか。そういった方は、冷凍の夢助だんごをお取り寄せすることも可能です。自宅にいながらにして夢助だんごを楽しむことができると全国から多くの方がお取り寄せを行っています。

冷凍の夢助だんごをオンラインショップで注文可能

米の菓ゆめすけではオンラインショップがあり、そちらで冷凍の夢助だんごを注文することができます。夢助だんごは単品の5本入りや様々な味が入っているギフトセットなど自分用にも贈答用にもと様々なケースで利用されています。

オンラインショップでは冷凍の夢助だんご以外にも、あられやかきもち、豆菓子なども販売されています。季節限定でひなあられや名水もちなどもありお中元やお歳暮にもよく利用されています。

おすすめメニュー①冷凍夢助だんごギフト

それでは、お取り寄せができる夢助だんごのおすすめメニューを紹介します。まず一つ目のおすすめは「冷凍夢助だんごギフト」です。こちらは20本入りと30本入りがあります。20本入りの値段は2750円、30本入りの値段は4690円です。

20本入りの内容は、みたらし5本、焼醤油5本、ごまだれ5本、よもぎつぶあん5本です。30本入りのないようはみたらし10本、焼醤油10本、ごまだれ10本、よもぎつぶあん5本です。どれも人気のメニューばかりで、ギフトという名前ですが自分用にお取り寄せしている方もいらっしゃいます。

冷凍したお団子なので、店舗で食べるのとは違うのではないかと思われがちですが、この冷凍夢助だんごは自然解凍を行ったあと軽くあたためてから食べるとまるで出来立てのような味わいを楽しむことができます。

おすすめメニュー②冷凍四季のおまかせだんご

続いて、お取り寄せのおすすめメニュー2つ目は「冷凍四季のおまかせだんご」です。こちらは5本入りが4袋のセットと5本入りが6袋のセットの2種類があります。値段は4袋の方が3564円、6袋の方が5076円です。

こちらは季節によって内容が変わり、その時期に一番美味しいお団子が5本セットになっています。春はさくらあん、秋は金時あんといったようにお団子で季節を感じることができます。

季節の団子の他はみたらしや焼醤油などの定番メニューも入っています。冷凍四季のおまかせだんごの内容はオンラインショップに記載されていますので注文時にチェックしてみてください。

ちなみに熨斗やギフトでの対応も可能ですので、贈答用でご利用の方は注文時に一言添えてください。また、先ほど紹介した値段にプラスして送料がかかることをご注意ください。

米の菓ゆめすけで夢助だんごを食べよう!

いかがでしたか。福井でおすすめの夢助だんご、米の菓ゆめすけについて紹介しました。焼きたての美味しさを味わえる夢助だんご、店舗で食べても持ち帰りにしても、オンラインショップでお取り寄せしてもと様々な楽しみ方ができます。気になる方はぜひ、福井に行ったら足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
reiko