般若寺は奈良で有名なコスモス寺!御朱印・アクセス・駐車場をまとめて紹介!

2018年12月5日 (2018年12月6日最終更新)

奈良のコスモス寺としても有名な歴史スポット「般若寺」。般若寺では御朱印やお守りなど古くから伝わる日本の文化を学ぶことができ、美味しいランチを食べながら奈良観光を満喫できます。歴史あるお寺で、奈良の四季を感じながら充実した時間を過ごせます。

目次

  1. 奈良の観光名所「般若寺」についてご紹介!
  2. 般若寺とは?
  3. 般若寺のコスモスの見頃は?
  4. 般若寺には花がたくさん
  5. 般若寺の見どころは?
  6. 般若寺周辺の御朱印のもらい方は?
  7. 般若寺のアクセス・駐車場は?
  8. 般若寺周辺のおすすめランチスポットは?
  9. 般若寺に綺麗なコスモスを見に行こう!

奈良の観光名所「般若寺」についてご紹介!

奈良でコスモス寺とも呼ばれている観光地「般若寺」。境内には多くのコスモスが植えられており、シーズン時には多くの観光客で賑わっています。見どころが多く、御朱印集めにもおすすめのお寺です。今回はそんな般若寺での見どころをはじめ、ランチ処やアクセス方法、駐車場情報まで詳しくご紹介します。

般若寺とは?

般若寺は、奈良でも飛鳥時代に建設された歴史あるお寺になります。般若寺が最も栄えた時代は鎌倉時代とも言われており、それまでに多くの人々の歴史を目の当たりにしてきました。戦国時代には1度、大部分が破損しています。

奈良の歴史はもちろん、般若寺では今でも古き良き日本の絶景を見渡すことができます。御朱印も般若寺らしい力強さを感じることができ、秋はコスモス寺として多くの人々の心を癒しています。歴史を垣間見ながら散策できます。

般若寺は奈良きたまちを代表するお寺

般若寺は、奈良の「奈良きたまち」北部に位置している観光地です。奈良きたまちはそのまま京都へとアクセスすることができ、真言律宗の寺院として注目を集めています。奈良きたまちでも神秘的な光景を楽しめます。

奈良きたまちは、昔からある奈良の観光地になりますが、近年多くの人々から注目を集めています。その理由がここ、般若寺とも言われており、般若寺の歴史や文化、そしてコスモス寺とも呼ばれる美しい光景を楽しもうと訪れています。

コスモス寺として有名

般若寺と言えば、別名「コスモス寺」とも呼ばれるコスモスの聖地になります。秋には地元の方をはじめ、全国から美しい絶景を一目見ようと多くの人々が訪れています。観光ルート上にもなるので、コスモスの時期には混雑が予想されます。

天候や天気、アクセス方法によってさまざまな角度からコスモスを楽しむことができます。奈良でも珍しい花の寺でもあるので、奈良の大自然を体感することができます。時期の合う方は、ぜひコスモス寺を堪能してください。

般若寺のコスモスの見頃は?

般若寺は境内に約15万本ものコスモスが植えられているお寺になります。毎年6月と10月の2シーズンで楽しむことができ、初夏と秋で同じコスモスですが、また違う表情を楽しめると人気があります。

境内は一面コスモスで埋め尽くされており、遊歩道もしっかりと設置されています。そのため、コスモスの中を優雅に散策することができ、間近で花の香りを満喫できます。般若寺は身も心も癒されるコスモス寺です。

初夏咲きのコスモス

般若寺では6月から初夏に咲き始める最初のコスモスが咲き乱れます。境内にある約3万本ものコスモスが咲き乱れ、初夏にふさわしい光景を楽しめます。雨の降る日には幻想的で神秘的な景色を一望できます。

般若寺の駐車場からコスモスの景色を楽しむことができ、秋よりも人が少ないので穴場の時期としても人気があります。地元の方からも注目を集めており、毎年5月下旬から6月中旬にかけて見頃を迎えています。事前にHPを確認しておくのがおすすめです。

秋咲きのコスモス

般若寺で大人気の時期が9月から11月にかけての秋になります。境内にある約15万本ものコスモスが咲き乱れ、コスモス寺と呼ばれるのにふさわしい光景を一望できます。般若寺がコスモスに埋め尽くされる景色を楽しみたい方は秋がおすすめです。

10月中旬には見頃を迎えており、地元の方をはじめ全国からコスモスを見に多くの人々が訪れています。般若寺がピンク色に染まっていく様子は奈良の四季を感じることができ、観光しやすい気候なのでゆったりと散策することができます。

般若寺には花がたくさん

般若寺で有名なのはコスモスになりますが、般若寺には他の季節でもさまざまな花の景色を楽しむことができます。コスモス寺はもちろん、地元の方からは花寺とも呼ばれ、多くの花見スポットとして選ばれています。

初夏、そして秋のシーズンではもちろん、春でも楽しめる花があり、1年中絶景を見渡せます。コスモス以外は穴場の時期でもあるので、ぜひチェックしてみてください。

紫陽花

初夏のシーズンにおすすめなのが、紫陽花になります。初夏に咲くコスモスとのコラボレーションを楽しむことができ、秋には見らえない光景を一望できます。雨の降る日には幻想的な光景を生み出しています。

紫陽花は境内に約300株植えられており、咲き乱れる様子は古き良き日本の絶景を生み出しています。本堂の周辺に植えられているので、般若寺のフォトスポットとしても人気があります。

ヤマブキ

般若寺で春に見られる花「ヤマブキ」です。4月いっぱい楽しめる花でもあり、コスモスのピンク色とは違った黄色の世界を楽しむことができます。穴場の時期でもあるので、比較的人が少ない中、ヤマブキの絶景を堪能することができます。

一重ヤマブキ、八重ヤマブキが植えられており、全部で200株ものヤマブキが咲き乱れます。香りがとても良いことでも知られており、春らしい黄色で般若寺を彩ります。時期の合う方は、昔から日本で愛され続けた花の景色をぜひ見てみてください。

般若寺の見どころは?

般若寺はコスモスだけでなく、多くの見どころが点在しています。レトロな雰囲気を感じながら境内を巡ることができ、日本の文化を学ぶことができます。古い歴史がある分、見どころも多くいくつか重要文化財にも登録されています。

場所によっては鎌倉時代から建設されている建物もあり、間近で見学することができます。細かい場所まできっちりと建設されており、昔の人々の技術に驚きを隠せないはずです。奈良の歴史に大切な物も保管、展示されています。

楼門

般若寺の見どころの1つになり、国宝にも登録されている建物です。残念ながら現在は実際に出入りすることができませんが、堂々たる門の姿を間近で観察することができます。楼門は鎌倉時代に建設された建物になります。

かつては京街道の西門として活躍しており、多くの人々が行き交う門としても知られています。日本に現在ある中で、最古の楼門とも言われており、日本建築だけでなく中国古来の建築方法も取り入れているのが特徴的です。

般若寺では堂々たる姿を見せてくれ、長年の歴史を体感することができます。また、室町、戦国時代に般若寺では幾度となく戦争が行われてきましたが、運よく被害が少なかった門でもあります。ぜひ1度足を運んでみてください。

本堂

コスモスの時期にも有名な般若寺の本堂になります。境内の中央部分に位置しており、本堂には本尊文殊菩薩騎獅像が安置されていることでも知られています。江戸時代に建設された本堂になり、般若寺では比較的綺麗な建物です。

コスモスの中を進んでいき、日本の古き良き景色を楽しむことができます。本堂は外観はもちろん、拝観料がかかりますが内部も見学することができます。歴史ある光景を楽しめ、ついつい時間を忘れてのんびりと過ごすことができます。

十三重石塔

般若寺のシンボルとして有名な塔になります。約14mもの高さがある日本でも有数の石塔になり、般若寺でも存在感を放っています。先ほど紹介した楼門の目の前に位置しており、フォトスポットとしても人気があります。

重要文化財にも登録されており、今見られるものは昭和39年に再建設されたものになります。日本全国に設置されている石塔は、般若寺の石塔をモデルにして作られていると言われています。美しい外観を楽しんでみてください。

経蔵

境内にある鎌倉時代に建設された建物になります。建設当時は建物を使用する目的が判明していませんでしたが、お経の全集である「一切経」を保管するために作られたと言われています。鎌倉末期に再建設された建物です。

現在では元版一切経が収蔵されており、その数は880巻余りとも言われています。もともとは床のない建物でしたが、一切経を保管するために後から床を追加した建物でもあります。内部も見学できるのでぜひ足を運んでみてください。

笠塔婆

死者を供養する際に建設する卒塔婆の一種、笠塔婆です。かつて中国からの渡来人によって建設された笠塔婆になり、梵字で供養の言葉が刻まれています。日本全国でも大きな笠塔婆を見られるのは般若寺のみとなっています。

かつては京街道に建設されていましたが、妨げになると境内に移動した経緯があります。般若寺でも日本の文化とは少し違う光景を楽しむことができ、経蔵の近くに位置しているので併せて観光を楽しむ方が多いです。

力だめしの石

般若寺には観光客から人気のある力だめしの石が設置されています。男性用、女性用と石がわかれて設置されており、それぞれ重さが違っていきます。より重い石を持てるほどモテるいう伝説があり、男女ともに挑戦している方が多くいます。

最高の重さが51kgとなっており、持てたら達成感を得ることができます。怪我をしないように大きな石にも挑戦してみてください。女性も重い石が設置されているので、大人数でも挑戦することができます。

般若寺周辺の御朱印のもらい方は?

奈良で人気のある般若寺でも、人気の御朱印をもらうことができます。御朱印集めをしている方にはたまらない場所でもあり、境内を散策する前に御朱印帳を渡しておくのがおすすめです。般若寺らしい力強い御朱印になります。

般若寺では御朱印帳も販売しているので、御朱印を始めたい方にもおすすめの場所でもあります。直接書いてもらう御朱印や、書置きのみの種類もあり、般若寺だけでもいくつもの御朱印を手に入れることができます。

御朱印がもらえる場所・時間は?

般若寺の御朱印は本堂で受け取ることができます。本堂の内部で御朱印帳を渡すと御朱印を記入してくれ、帰り際に完成品を受け取ることができます。本堂の拝観できる時間帯であれば、御朱印を手に入れることができます。

受け取れる時間帯は基本的に9時から17時までとなります。受け付けは16時30分に終わるので、御朱印を頼みたい方は16時30分までに本堂に訪れるようにしましょう。混雑時には時間帯が変更する可能性があるので、事前に確認しておきましょう。

もらえる御朱印の種類は?

般若寺はもらえる御朱印が数種類あります。中でも人気あるのが本堂に安置されている文殊菩薩の別名「妙吉祥」と刻まれてる御朱印になります。直接御朱印帳に記載することができ、300円で注文することができます。

書置きのみとなりますが、「舎利宝塔」と描かれているコスモス寺ならではの御朱印も人気があります。見開きとなっており、般若寺のシンボルでもある十三重石塔とコスモスが描かれています。カラーなのでより一層般若寺の魅力を感じられます。

般若寺のアクセス・駐車場は?

般若寺は、専用の駐車場も設置されており、アクセスしやすい寺としても知られています。車ではもちろん、バスや電車でもアクセスすることができるので、事前に1番アクセスしやすい方法を確認しておきましょう。

コスモスの咲き乱れる時期には駐車場が満車になっている可能性があります。駅周辺でも駐車場が設置されており、駅からはバスで移動する方もいます。観光シーズンや平日、土日でアクセス方法を変えていくのがおすすめです。

アクセスは?

般若寺への一般的なアクセス方法は最寄駅からのバス移動になります。基本的にはJP奈良駅もしくは近鉄奈良駅からアクセスすることができ、駅のバス亭から般若寺バス停までアクセスすることができます。

奈良駅からは約15分前後で到着することができ、運賃は210円です。駅から徒歩でもアクセスすることができ、般若寺周辺のレトロな街並みを散策しながらアクセスできます。徒歩の場合はだいたい30分前後で到着します。

駐車場の台数・料金は?

般若寺には専用の駐車場が設置されています。専用の駐車場は境内の南側に位置しており、平成29年に新しくなった駐車場でもあります。般若寺専用の駐車場は県道754号線からしかアクセスできないので注意しましょう。

般若寺の駐車場は数十台駐車することができ、普段は無料で使用することができます。ですが、人気のあるコスモスの時期には駐車場が有料となり、乗用車なら1台500円、バスなら1台1000円と料金がかかってきます。

般若寺駐車場では2時間までこの値段となっています。2時間を超えると追加料金が発生していくので注意しましょう。また、最寄り駅である奈良駅でも駐車場が設置されていますが、少し距離があるのでなるべく早めに訪れるのがおすすめです。

開門時間・入場料金は?

般若寺の開門時間は朝9時から17時までとなっています。最終受付が16時30分となっているので、16時30分を過ぎると内部に入れない可能性があります。人の少ない時間に訪れたい方は9時か16時ころを目指すのがおすすめです。

拝観料金は年齢によって変わっていきます。まず、大人が500円となり、中高生が200円、小学生が100円となります。小学生以下の子供は無料で拝観できるので、家族連れからも人気があります。ぜひ足を運んでみてください。

般若寺周辺のおすすめランチスポットは?

般若寺の周辺には美味しいランチを味わえるお店が数多く点在しています。そのため、お腹が空いたらす具に満たすことができ、奈良でも人気のあるランチスポットが集結していることでも有名です。

ランチがてら気軽に般若寺にも足を運ぶことができ、女子会やデートでもよく利用されています。奈良のご当地グルメも味わうことができ、般若寺ならではのランチ処もあります。

カフェレストランいちづ

奈良で人気のある牧場「植村牧場」内に設置されているおすすめのランチ処です。牧場で育てている牛から出る牛乳を料理に取り入れており、ランチタイムから牧場ならではの新鮮な味わいを楽しむことができます。

いちづランチ、パスタランチ、いちづスペシャルランチとコースがわかれており、季節ごとの旬の食材を使用しているので何度でも足を運びたくなるレストランです。デザートやコーヒーもこだわりがあるので、カフェとしても利用できます。

住所 奈良県奈良市般若寺町168
電話番号 0742-26-7776

イルベーネ

美味しいランチバイキングを味わえるおすすめのお店になります。バイキングはピザやパスタなどが中心となり、ドリンクも飲み放題なので充実した時間を過ごすことができます。男性でもお腹いっぱい味わうことができます。

外の光を取り入れた明るい空間が作り出されており、野菜やデザートまでこだわりを感じることができます。時間帯によっては出来立てを味わうことができ、季節ごとのメニューも増えるので飽きずに通うことができます。

住所 奈良県奈良市法蓮佐保山3-2-16
電話番号 0742-27-8880

花鹿

奈良で美味しい日本料理を味わい方におすすめのお店です。ランチタイムから営業しており、懐石料理や鍋料理など種類豊富なメニューで味わうことができます。創業35年と歴史あるお店でもあり、レトロな雰囲気を堪能できます。

寿司やオードブル、御膳などメニューがあり、小さい子供用にお子様メニューも用意されています。プロジェクションマッピングの設置されている宴会場もあり、奈良ではお祝いごとでもよく利用されているレストランです。

住所 奈良県奈良市奈保町2-12
電話番号 0742-22-0505

ニュー大黒

奈良でレトロな雰囲気を楽しめるおすすめの定食屋になります。ランチタイムには多くの家族連れで賑わっており、素材はもちろん、ソースにもこだわりのあるレストランです。ここでしか味わえないグルメを堪能することができます。

懐かしいメニューもあり、地元のタクシーやバスの運転手が休憩がてら利用するお店でもあります。地元の雰囲気を感じることができ、店主は気さくな方になるので観光客にも優しいです。ランチは混み合うので、なるべく早めに訪れるのがおすすめです。

住所 奈良県奈良市法蓮佐保山3-2-26
電話番号 0742-22-5755

Images?1491619407奈良市のレストランでランチ!おしゃれな隠れ家的人気店をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本の観光スポットに名をあげる奈良。今回は奈良市でランチにおすすめのおしゃれなレストランを2...

般若寺に綺麗なコスモスを見に行こう!

コスモス寺とも呼ばれている般若寺では、美しいコスモスをはじめ、多くの見どころが点在しています。訪れた人にしかわからない神秘的な景色を一望することができ、日本の歴史を学びながら充実した時間を過ごすことができます。ぜひ、奈良へ観光の際は般若寺へ足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

奈良・生駒・大和郡 の人気ランキング

奈良・生駒・大和郡 の新着のまとめ