西荻窪のキャロットは肉が美味しい洋食店!おすすめメニューや営業時間は?

2018年12月5日 (2018年12月7日最終更新)

西荻窪には美味しいランチを食べられる洋食屋さんが沢山ありますが、その中でも「キャロット」は、昔から西荻窪に住む人たちに愛されているお店です。ハンバーグやフライなど、これぞ洋食!と言うメニューが楽しめます。ではキャロットについてご紹介して行きましょう!

目次

  1. 西荻窪にあるキャロットを調査!
  2. キャロットは西荻窪にある人気の洋食店
  3. そもそも洋食の定義とは?
  4. 西荻窪のキャロットの魅力は?
  5. 西荻窪のキャロットのおすすめメニュー
  6. 西荻窪のキャロットの口コミ
  7. 西荻窪のキャロットの店舗情報
  8. キャロットで老舗の洋食を味わおう!

西荻窪にあるキャロットを調査!

皆さんは洋食店といえばどのようなお店を想像しますか?昔ながらの洋食店は、今主流となっているカフェなどとは違う、温かみのある雰囲気に包まれたお店を想像する方が多いのではないでしょうか。西荻窪にある「キャロット」と言う洋食店はその懐かしさを残した、温かい雰囲気のお店です。では、キャロットの営業時間やメニューなど調査して行きます!

Original西荻窪のランチスポット11選!落ち着く大人な空間をゆっくり満喫しよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
西荻窪は住みたい街ナンバー1の吉祥寺に近い、閑静で落ち着いた街並みが魅力のエリアです。今回は...

キャロットは西荻窪にある人気の洋食店

西荻窪にある洋食店「キャロット」は、昔ながらの洋食メニューを楽しむ事ができる温かみのあるお店です。

一時はキャロット創業者が体調を崩し、営業をしていなかった時期があるようですが、先代の意思を受け継いで、キャロットのお店とメニューを現オーナーが今も継続しているのです。

一時はお店の存続も危ぶまれましたが、今はキャロットの昔からのファンもきっと胸をなで下ろしているでしょう。それほど様々な人から愛される洋食店なのです。

店内はテーブル席とカウンター席があり

いつも常連のお客さんや、新規のお客さんなどで賑わう洋食店「キャロット」の店内は、こじんまりとしており、温かく落ち着いた雰囲気があります。

その落ち着く店内には、テーブル席が4つと、カウンター席が5席があります。決して広くはありませんが、非常に心地よい空間が広がっています。

あまり広くない店内ですので、ファンが多いキャロットにはいつも行列が出来ています。しかし並んででも食べたいと思えるほど、魅力たっぷりのメニューが揃っているのです。

西荻窪のキャロットは、一人で訪れてもグループで訪れてもおすすめの洋食店です。一人でいる時に、どうしてもがっつりとしたお肉系のメニューが食べたいと思っても、ステーキ屋さんには中々一人で入る勇気がでない場合もあるでしょう。そんな時は西荻窪に足を運んで、キャロットへ行ってみて下さい。カウンターでゆっくりとがっつり飯を楽しめます。

そもそも洋食の定義とは?

日本では、一般的にオムライスやカレーライス、ハンバーグといった料理のことを、一括りに「洋食」とカテゴリー分けしますが、洋食とは一体何なのでしょうか。

洋風の「洋」ですから、洋風な食事であることには違いありません。しかし、よく考えて見ると、色々な文化が混ざっていますし、日本のカレーライスが食べられるのは、日本以外にはありません。

実は、洋食と呼ばれる料理のメニューは「西洋文化から取り入れた料理を日本風にアレンジしたメニュー」の事なのだそうです。

日本では、幕末から明治期にかけて西洋料理店が沢山生まれました。その中で独自に進化していったメニューが「カキフライ・オムライス・カツレツ・カレーライス・エビフライ」などのメニューなのだそうです。

材料が揃わない事で生まれた洋食

西洋文化は、戦争によって日本に入ってきた文化ですが、洋食も幕末や明治にかけて広まりました。

西洋人のために作られた西洋料店で下働きをした日本人が技術を習得して、日本各地で自分の店を持った事で広まったようです。

しかし、西洋の料理の技術を習得したといっても、全ての材料を完璧に揃えることはなかなか至難の技でした。その為、それに似た食材などを代用して使ったメニューをあみだしていくうちに、西洋の料理だったものがだんだんと日本独自のメニューへと変化していったのだそうです。

現在はとんかつに味噌汁、白いご飯と漬物のセットは、日本食の代表的なメニューと言えますが、当時は「ポークカツレツ」と呼ばれ洋食のメニューのカテゴリーに入っていました。しかし、それが徐々に日本人が好む味に変化していき、今現在のとんかつのスタイルが確立したのだそうです。現在の日本の食文化は、当時の料理人の工夫によって生まれたのです。

日本のカレーは日本にしかない?

日本の洋食で外す事ができないメニュー「カレーライス」ですが、こちらは、インドカレーでもブリティッシュカレーでもなく、独自の進化を遂げている日本独自のカレーメニューです。

日本に訪れる海外の人たちからは「ジャパニーズカレー」と呼ばれ、優しい味わいが人気となっています。

元々カレーは、インドからイギリスに渡り、それが日本に1860年代に入ってきたのが始まりのようです。そのブリティッシュカレーが日本で独自の進化を遂げていくことになります。

インドでは単品のスパイスを混ぜ合わせてカレーを作りますが、ブリティッシュカレーはそれを簡易的に行うために、様々なスパイスがすでに混ざっている「カレー粉」を使用します。

その文化が日本ではさらに進化していき、家庭でも簡単に食べる事ができるカレールゥが発明されました。今、美味しいカレーを自宅で楽しむ事ができるのは、このカレールゥのおかげです。発祥は同じ場所ですが、伝わる場所が変わっていくにつれて、その国の人たちの文化が融合していき、独自に変化していくのは何だか興味深く面白いものです。

西荻窪のキャロットの魅力は?

西荻窪は、色々なランチを楽しむ事ができるお店が沢山軒を連ねています。しかしその中でも昔ながらの洋食店「キャロット」は、多くの人から人気のあるおすすめのお店です。

西荻窪には、様々な人気のお店がありますが、その中でもキャロットが人気なのには訳があります。その人気の秘密は一体なんなのでしょうか。

飲食店で人気がでる理由には、まず「美味しい」は欠かせません。そしてもちろんキャロットは美味しさでも定評があります。

しかし、美味しいだけではない魅力がキャロットにはあり、それがキャロットの売りとなっているのです。では、そのキャロットの一番の魅力を下記でご紹介いたします!

コスパ抜群のメニュー!

西荻窪の人気洋食店「キャロット」の魅力は、何と言っても「コスパの良さ」です。ボリュームと味に対してのコスパが良すぎると人気があるのです。

まずおすすめの点は、全部のメニューにライスとお味噌汁、そしてドリンクがついてくるという点です。

一番お手頃なメニューは780円からと、とてもリーズナブルな設定になっています。しかもボリュームは満点ですので、いう事なしのおすすめメニューばかりです。

キャロットのメニューはステーキ屋さんで食べたら「この金額では食べる事が出来ないだろう」と言うほどの美味しさとボリューム感で、初めて訪れた人たちを驚かせてしまいます。がっつりとしたご飯が食べたいお肉好きの方は、ぜひ試していただきたいメニューばかりが揃っています。メニューを眺めていると、どれを食べていいか分からなくなるほどです。

西荻窪のキャロットのおすすめメニュー

西荻窪で人気の洋食店「キャロット」には様々なメニューが揃っています。主にお肉メニューがメインですが、バリエーションが豊富なので何にしようか悩んでしまうでしょう。

もし西荻窪のキャロットに訪れた際に、あまり悩まずに済むように、人気のメニューをいくつかご紹介しておきましょう。

もちろんどれも人気で美味しいメニューばかりですが、より多くの人に愛されるメニューというのは、コスパもよく味にも定評があるものばかりです。そんなキャロットで人気のメニューは以下の通りですのでご覧ください。

サーロインステーキ

まずはお肉が好きな人には欠かせない人気メニュー「サーロインステーキ」です。サーロインステーキは普通に考えると、ランチ営業時間に食べるのは贅沢なメニューかもしれません。

しかし、こちらの西荻窪キャロットでは、1880円でサーロインステーキとハンバーグがセットになったメニューを楽しむ事ができるのです。

そして驚くのはその金額だけではなく、お肉のボリューム感にも驚きを隠せません。目の前に出されると、食べきれるかどうか心配になってしまうほどです。

分厚いサーロインステーキとハンバーグが乗った鉄板からは、湯気が立ち込めて熱々な食事が楽しめます。美味しいサーロインステーキが食べたくなったら、ぜひ営業時間内にキャロットへ足を運んでみて下さい。お腹も満たされますし、幸せな気持ちになる事ができます。

ステーキ盛り合わせ

次におすすめで人気のメニューは「ステーキ盛り合わせ」です。こちらのメニューのボリューム感は、沢山ご飯を食べる事が出来ないと完食が難しいかもしれません。

キャロットの人気メニュー「ステーキ盛り合わせ」の内容は、「チーズハンバーグ・牛とうがらしステーキ・エビフライ・クリームコロッケ」というボリューム感です。

その鉄板に乗せられたメニューはどれもボリュームがあって、そのうちの1種類だけでも満足できそうな大きさです。

どれも主役級のボリュームのおかずが4種類も乗ったステーキ盛り合わせは、多くの人から愛されているメニューです。その中のステーキのおすすめの食べ方は「ニンニク醤油でいただく」という事です。ミディアムレアに焼かれたお肉にニンニク醤油をかけて食べるとなんとも癖になる味がたまりません。一度食べたら病みつきになってしまうでしょう。

ステ盛りチキン

続いてのおすすめは「ステ盛りチキン」です。先ほどご紹介したステーキ盛り合わせのメニューが、エビフライからチキンソテーに代わったメニューになっています。

エビフライがチキンソテーに変わったメニューですが、金額はこちらの方が220円安く、1580円で注文する事ができます。

チキンソテーの方がお好きな方は、こちらのメニューがおすすめです。お肉感がより増しますし、ボリュームがあってコスパも抜群です。どれを取ってもいいとこばかりのこちらのメニューは、沢山お肉を食べたい方におすすめのメニューです。

西荻窪のキャロットの口コミ

西荻窪のキャロットは、昔ながらの常連さんも大勢いますし、新規のお客さんも毎日増え続けています。

そんな中で、様々な口コミを耳にする機会がありますが、キャロットの口コミは「キャロットへの愛」を感じる口コミが多く見受けられます。そのほとんどが高評価で人気ぶりが伺えます。

しかし中には、長年キャロットへ通ってきた方の口コミには「先代の味と違う」などの口コミも投稿されたりもしています。作っている人が違うのですから、味が変わるのは仕方のない事でしょう。

しかし実際に、現在のキャロットへ足繁く通う人も大勢おり、その現状がキャロットの美味しさを素直に表しているのではないでしょうか。沢山の人が現在のキャロットの味を美味しいと感じ、満足して何度も足を運んでいます。それが口コミ見るよりも明らかな事実であり、人気の証拠です。ぜひご自分の口で味わってみて下さい。

西荻窪のキャロットの店舗情報

そんな西荻窪の人気洋食店「キャロット」の気になる情報は、営業時間や場所でしょう。営業時間を事前に知っておかないと、いつがいいタイミングなのかわかりません。

もしもキャロットの営業時間内に時間がある場合は、近くへ訪れた際に気軽に立ち寄ってみて下さい。もちろんお腹をすかして訪れないと、いくら営業時間内に行く事ができても完食できませんので、お腹の空き具合と営業時間を調整して訪れてみるのがおすすめです。ではまず、西荻窪のキャロットの営業時間をご紹介いたします。

営業時間

西荻窪の人気洋食店「キャロット」の営業時間は、ランチタイムとディナータイムに別れています。

まず、ランチタイムの営業時間は11:30〜15:00(LO14:30)です。そしてディナータイムの営業時間は17:00〜21:30(LO21:00)となっています。

ランチとディナーの営業時間に少し休憩時間がありますので、間違ってその時間帯に足を運んでしまわないように注意して下さい。

西荻窪のキャロットは、ランチタイムもディナータイムも営業していますので、時間の都合がいい時に訪れる事ができて便利です。お腹が空いて、お肉が食べたいと思ったらすぐにキャロットに足を運んでみましょう。

アクセス方法

では、西荻窪のキャロットへのアクセス方法をご紹介いたします。西荻窪のキャロットは、駅から近いのでアクセスがしやすいこともおすすめのポイントです。

西荻窪のキャロットへ行くには、JR中央線に乗って、西荻窪駅(北口)で降りると徒歩5分でアクセスする事が可能です。その際西友の中を通り抜けると近くてアクセスに便利です。

車でアクセスしたい方は、専用の駐車場はありませんので、近くのコインパーキングなどに車を停めてアクセスして下さい。駅の近くには色々と駐車場がありますので、すぐに見つける事ができるでしょう。しかし、駅から近いので、おすすめのアクセス方法は電車です。駐車場を探す手間もありませんし、手軽にアクセスする事が可能です。

住所 東京都杉並区西荻北3-13-7ベルハイム西荻窪1F
電話番号 03-3395-8989

キャロットで老舗の洋食を味わおう!

西荻窪には沢山の飲食店があり、人気店も多く軒を連ねています。しかしその中でも美味しいステーキや肉料理を味わいたい方は、ぜひキャロットに足を運んでみて下さい。肉厚でジューシーな味が楽しめますし、昔ながらの温かい雰囲気を感じることもできます。ノスタルジックな雰囲気に包まれながら、ぜひ美味しいお肉料理を思う存分楽しんでみて下さい!

関連記事

Original
この記事のライター
小鉄

中野・西荻窪の人気ランキング

中野・西荻窪の新着のまとめ