551蓬莱のアイスキャンデーはお土産でも大人気!販売期間や値段は?

2018年12月7日 (2019年9月1日最終更新)

大阪の方にはおなじみの、551のアイスキャンデー。夏になるとおなじみのCMでも話題のアイスキャンデーです。豚まんだけじゃない551のアイスキャンデーの美味しさには秘密があります。かわいいパッケージと種類豊富なアイスはお土産にも最適です。

目次

  1. 大阪に立ち寄ったら551のアイスキャンデー!
  2. 551蓬莱ってどんなお店?
  3. 551蓬莱はアイスキャンデーもおすすめ
  4. 551蓬莱のアイスキャンデーの人気の味は?
  5. 551蓬莱のアイスキャンデーどこで買える?
  6. 551蓬莱のアイスキャンデー年中購入できる?
  7. 551蓬莱のアイスキャンデーは大阪のお土産におすすめ
  8. 豚まんだけじゃない!大阪のお土産には551蓬莱のアイスキャンデーがおすすめ

大阪に立ち寄ったら551のアイスキャンデー!

551のアイスキャンデー!のCMでおなじみの551の蓬莱のアイスキャンデーごご存知でしょうか。関西の方はCMでおなじみのアイスキャンデー。その他の地域の方にはなじみがないでしょうか。

お土産に持ち帰りもできる551のアイスキャンデーについてご紹介いたします。大阪土産に最適な商品になっています。販売期間もあるのでしょうか。

551蓬莱ってどんなお店?

関西ではまず551と言えば豚まんが有名です。551の蓬莱の豚まんは大阪の主要地域に店舗が必ずと言っていいほどあります。また551の蓬莱のCMは子供から大人まで耳にしたことのある有名なCM。

そんな551の蓬莱には、豚まん以外に人気のアイスキャンデーがあります。まだほかにも人気商品がありそうな551。大阪の方であってもまだ知らないこともあるかもしれない551について詳しく見て行きましょう。

551の人気商品はなんといっても豚まんではないでしょうか。また中華の定番焼売や餃子もおいしそうに並んでいます。すべてお土産に購入ができる商品。そして中華のお店の中にアイスキャンデーが大人気の551です。

大阪に行った時には、いつも買っているように551の蓬莱に行って、おすすめの商品をゲットしてましょう。その為には少し予習が必要です。

蓬莱には2つ会社がある

ご存知でしょうか。蓬莱は大阪に2つあるんです!大阪の難波に行ってみて、さてアイスキャンデーでも買って帰ろうかなっと思った時に、お店が2つあることに戸惑います。さてどっちが551の蓬莱でしょうか。

関西の方は知っている方も多い理由ですが、どちらも蓬莱という名前で豚まんが販売されています。これはなかなか不思議な2つのお店です。こんななかなかないお店の名前「蓬莱」が2つもあると、姉妹店かなと思ってしまいます。

551蓬莱と蓬莱本館の違い

では、どうして蓬莱が2つあるのでしょうか。そして本当の551の蓬莱はどちらなのでしょうか。せっかく大阪に行ってお土産を買うなら、本命のお店で購入したいところです。

551の蓬莱は「551蓬莱」と明記されています。店名をよく見て確かめてみましょう。そしてもう1つのおみせは「蓬莱本館」。蓬莱と付いているのが同じお店かと感じてしまいます。

こちらの2つのお店は、もともと同じお店でした。3人の方によってお店は始められました、そしてその後更なるお店の発展の為別々の道を歩むようになりました。ですので蓬莱という名前を引き継いでおります。

今回ご紹介するお店は、「551蓬莱」です。今ではこちらの2つは別会社ですので、豚まんの味も製造方法も全く違っています。また楽天市場やネットショッピングで販売されている蓬莱の豚まんは「蓬莱本店」の販売した商品になります。

豚まんやシュウマイが人気

そして551の蓬莱の人気商品は豚まんにシュウマイ。豚肉と玉ねぎの絶妙なバランスで配合された豚まんは、一度食べると551の豚まんの虜になります。じゅわっと溢れ出す肉汁が甘くジューシー。大きさもちょうどよく、満足する豚まんになっています。

またシュウマイも通常スーパーなどで販売されているものより大きめ。このまま食べてももちろん美味しい中、ちょっとおうちで焼いてみたり、おでんや鍋の中に入れて頂く方も沢山います。大阪で人気の551の商品は大阪の家庭の食卓に頻繁に登場するお土産になっています。シュウマイのお値段は10個650円になっています。

他にも焼き餃子も大人気。お父さんのビールのお供に最適な餃子。お土産で持って帰ってそのまま食卓に並べて頂くことができます。お値段は15個450円になっています。

551蓬莱はアイスキャンデーもおすすめ

そんな人気の中華の商品がたくさんある551ですが、アイスキャンデーも人気です。夏にはたくさんのアイスキャンデーをお土産に買って帰る方もいるほど。大阪でアイスキャンデーと言えば551と言っても過言ではありません。

テレビCMでもおなじみのお土産に人気のアイスキャンデーです。このアイスはとっても種類豊富で専用ボックスで購入も可能。お土産にアイスはちょっと持ち運びに困ると言う方にもしっかり配慮したアイスキャンデーになっています。

値段は1本120円

白熊のパッケージが可愛いアイスキャンデーはお値段1本120円。いろんなところで販売されている551のアイスキャンデー。大阪の百貨店や駅でも購入可能です。いろんな味があるので色んなものに調整してみましょう。また季節限定メニューもありますので、そちらも楽しみです。限定フレーバーは販売期間が短いので見逃さないように!

シャリっとしたなつかしい味

551のアイスキャンデーの人気の秘密は、この昔ながらのアイスのシャリっとした食感と、素朴な飽きの来ない味ではないでしょうか。大人も昔懐かしい、子どももシャリシャリと優しい味の虜になります。

暑い夏にもさっぱりと口の中で溶けて行くアイスキャンデー。551でしか味わえない美味しさ広がる商品になっています。

551蓬莱のアイスキャンデーの人気の味は?

551で人気のアイスキャンデー。たくさんの人気の味はある事でも有名です。種類豊富な味はいろんな種類を買ってみんなでどれにしようか悩むほど。定番の味から季節限定の味もありますので、いろんな時期に購入してみましょう。ではおすすめのフレーバーを見て行きましょう。値段はどれも120円です。

フレーバーは定番の6アイテム

まず定番の味からご紹介です。6種類あり、やさしい甘さのミルク、色んな世代に人気のあずきに抹茶、お子さんに人気のチョコにフルーツ。またパイン味も人気のため復活して6種類になっています。パイン以外には原料に乳が入っています。またフルーツには卵が入っていますので、アレルギー等がある方はご注意ください。販売期間は通年です。

フルーツ味が人気!

特に人気なのはフルーツ味。ミルクアイスのさっぱりとした練乳味のアイスの中にフルーツが入っています。フルーツはみかんにいちご、パインになります。他の会社が出しているフルーツアイスうよりもあっさりと食べられると人気の551のフルーツ味になります。

毎年変わる販売期間限定フレーバー

いろんな期間限定のフレーバーが出ています。その中の少しをご紹介致します。まず人気の定番フルーツ味に、苺・マンゴー・ぶどうを追加してできた「フルーツ・フルーツ」というフレーバーがでたことがありました。贅沢にフルーツを増量したアイスキャンデーになります。こちら値段は少し上がり150円になっていました。

他にも胡麻の風味が香ばしい「金ごま」値段120円や、ヨーグルト味はとっても人気でした。他にもチーズやオレンジもおすすめ。金ごまの販売期間は6月頃で、ヨーグルト味の販売期間は7月8月でした。7月の期間限定として違う年にはオレンジも出ています。

要注意!一歳未満にはNGのフレーバーも

あかちゃんにはちみつを食べさせてはいけないとご存知でしょうか。離乳食にちょっと甘味を足すため、おやつの味に変化をつけるため、手軽に利用できるはちみつに手が伸びそうになります。しかしはちみつは小さなお子さんには与えないでください。

はちみつには「ボツリヌス菌」が含まれていますので、毒素型の食中毒菌の代表格ともいえます。

はちみつを使っているフレーバーもあるので要注意

定番商品に加えて、毎年季節限定の販売期間限定のフレーバーも沢山出されます。その中にも優しい甘さのはちみつを使っているものもあります。はちみつ入りのフレーバーは少し注意が必要です。特に1歳未満のお子さんには揚げないように心がけましょう。

551蓬莱のアイスキャンデーどこで買える?

では、大阪に遊びに行った時にどこでアイスキャンデーを買うことができるのでしょうか。アイスですので、大阪滞在中にずっとお土産として持っておくことができません。その為どこで購入するのか悩むところ。出来れば帰りの新幹線や電車の駅からアクセスのいいところで購入したいアイス。ぜひその時期だけの販売期間のアイスもゲットしてみましょう。

551蓬莱のアイスキャンデーの取り扱い店舗

では実際に551蓬莱のアイスキャンデー取扱い店舗を詳しく見て行きましょう。大阪のどこの地域で買うか、帰りのアクセスを考えながらお土産として買う時に参考にしてみてください。

大阪のたくさんの場所で販売されているアイスキャンデーですが、その場で食べる場合は見つけたらすぐ購入で大丈夫。しかしお土産となると話は違ってきます。

梅田で買うなら『JR大阪駅御堂筋口店』

梅田駅近くで購入するなら、JR線の大阪駅御堂筋口店の店舗に行ってみましょう。こちらの店舗は2018年8月8日にオープンしたての店舗です。

10時から22時までの販売で年中無休です。年中無休で販売しております。またJR大阪駅にはJR大阪駅中央口店の店舗もありますのでお間違いのないように。こちらの店舗はチルド商品のみの販売です。

住所 大阪府大阪市北区梅田3-1-1
電話番号 06-6348-2551

なんばで買うなら『551蓬莱本店』

各路線の「なんば」駅下車、戎橋筋商店街内の551の大きな看板が目印の本店です。レストランにテイクアウトに地方配送が可能な店舗になります。

10時から22時まで営業し、第3火曜日がて定休日の店舗になります。大きな商店街の中のお店ですので、買い物のついでに立ち寄ることができる店舗です。

蓬莱 本館

P012767672 168
ジャンル:
なんば / 中華
住所:
大阪府大阪市中央区難波3-6-1
営業時間:
月~日、祝日、祝前日: 11:15~22:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:00)
平均予算:
2,001〜3,000円
提供: Hotpepper s

天王寺で買うなら『天王寺駅店』

こちらの店舗はJR「天王寺」駅、中央口改札外すぐにある店舗になります。コンコース西口、宝くじ売場隣にあり、帰宅帰りに立ち寄りやすいお店になります。こちらのお店は期間限定で変わった形の豚まんが出ることもあるとか。

営業時間は8時半から21時半までになります。バレンタインやホワイトデーに期間限定の豚まんをゲットしてみましょう。販売期間が限られていますので詳しくは店舗まで。

住所 大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-45
電話番号 06-6771-3081

新大阪で買うなら『アルデ新大阪店』

新大阪駅の店舗はアルデ新大阪店です。チルド商品専門の販売店舗で、JR新大阪駅2階アルデ新大阪内にあります。
 

イートインのスペースもある店舗で、お得なランチを頂くこともできます。もちろんアイスキャンデーや豚まんなどもテイクアウト可能です。

住所 大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1 JR新大阪駅2F アルデ新大阪
電話番号 06-6309-0551

ネットでも購入可

551の蓬莱はネットでも注文が可能です。551蓬莱のオンラインショップでは豚まんやシュウマイ、アイスキャンデーにといろんな種類の商品を購入することができます。

また他にも電話やファックスでも注文を受け付けていますので、お気に入りの商品がある場合は気軽に電話をかけて頼んでみましょう。

Original京都駅周辺で551蓬莱が買える場所は?イートインや弁当売り場などを紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪お土産の定番「551蓬莱」は、京都でも大人気。多くの観光客が利用する京都駅周辺では、お土...

551蓬莱のアイスキャンデー年中購入できる?

ではとっても食べてみたくなった、551のアイスキャンデーはいつ販売されているのでしょうか。やはり暑い夏だけの販売期間でしょうか。

暑い夏にもさっぱり食べたいですが、こたつに入っても食べたくなるアイスキャンデーの販売期間も見て行きましょう。

定番の6アイテムは通年で購入可

うれしいことに定番の6種のアイスキャンデーは通年販売されています。販売期間が夏だけではない商品です。

オンラインでも店舗でも通年販売されていますので、食べたくなったらお近くの蓬莱へ行ってみましょう。

限定フレーバーは毎年変わるのでネットでチェック

期間限定のアイスキャンデーは毎年販売されます。しかしその年に何になるのかはその年になってからのお楽しみです。

前に食べた美味しかったフレーバーも再販される可能性もあります。ぜひ毎年違ったものを食べてみましょう。アイスキャンデーの新たな美味しさ発見です。

551蓬莱のアイスキャンデーは大阪のお土産におすすめ

では、アイスキャンデーは最寄りの店舗、ご自宅に近い店舗でしか買えないのでしょうか。アイスですので溶けてしまうことが心配です。

大阪の方は近くにたくさんの店舗がある場合は多いのでさほど心配の必要はありません。しかし他府県の方が買う場合はどうでしょう。

持ち帰るにはどうする?

アイスを新幹線や飛行機で持ち帰る時はちょっと考えてしまいます。15分もすれば溶けて食べられなくなってしまうアイス。やはりご近所の店舗でしか購入は難しいのでしょうか。

そんな際に店舗の方が入れてくれるのは、ドライアイス。今ではスーパーでも有料となっているところもあります。551ではどうでしょうか。

6本より箱入り(2時間OKのドライアイス)

551の蓬莱ではテイクアウト用のドライアイスと保冷バックが用意されています。そちらを購入すれば、お好きな量だけ購入して持ち帰ることができます。

店頭にも案内がありますので、持ち帰りの時間をお店の方に伝えて相談してみましょう。お店の方も慣れていますのでドライアイスのもつ時間を教えてくれます。6本購入すれば箱入りでドライアイス入りになります。

5本以下は別途30円でドライアイス

そのドライアイスは、アイスキャンデーを買う本数によって、値段が異なってきます。5本以下の購入本数では、ドライアイスが必要な場合は追加で30円の料金が必要です。

数本でも30円のお値段をプラスすれば持ち帰りが可能と言う事です。お土産にされる方にはとっても嬉しいドライアイスです。

東京へのお土産にもOK

新大阪から東京までの新幹線の所要時間は2時間半です。この間ドライアイスが冷たさを保持できればお土産として、アイスキャンデーを持ち帰ることができます。

通常の販売では6本以上で白熊のアイスキャンデー専用の箱に入れて販売してくれます。この箱の中にアイスキャンデーを入れて溶けない時間は2時間になります。

有料(200円)の保冷バッグなら5時間もつ

これでは少し東京に持ち帰るのは厳しい時間。そんな時はもう一つある保冷バックを購入してみましょう。

オリジナルの保冷バックはなんと5時間までアイスを持ち運ぶことができます。こちらのバックの値段は200円の追加料金がかかりますが。東京の方にもこのおいしいアイスキャンデーを食べてもらうにはこの方法しかありません。

豚まんだけじゃない!大阪のお土産には551蓬莱のアイスキャンデーがおすすめ

いかがだったでしょか。551の蓬莱には人気のアイスキャンデーが種類にあります。また毎年期間限定販売のフレーバーも楽しみ。お値段120円でしゃりっと食感のアイスキャンデーを楽しめます。

大阪に寄った時は、ぜひ豚まんと一緒にアイスキャンデーもどうぞ。その際は保冷バックに入れて溶けるのを気にすることなくお土産にしてみましょう。

関連記事

関連するキーワード

305.thumb
この記事のライター
tomo
兵庫在住、旅行すること、食べること、遊ぶことが大好きなtomoです。次の週末はどこに行こうか日々計画中!

大阪府の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

大阪府の新着のまとめ