東京のかりんとう専門店でおすすめはどこ?老舗や有名店を厳選して紹介!

2018年12月21日 (2019年9月1日最終更新)

東京のかりんとう専門店は東京のお土産にもぴったり。老舗の有名店や人気のかりんとうなど厳選した東京のかりんとう事情について価格や種類等たっぷりご紹介します。お土産にはもちろん、自分でも食べてみたくなるかりんとうがきっと見つかります。

目次

  1. 気になる東京の美味しいかりんとう
  2. かりんとうは歴史あるお菓子!
  3. 東京で有名な老舗3大かりんとう①湯島「ゆしま花月」
  4. 東京で有名な老舗3大かりんとう②浅草「かりんとう小桜」
  5. 東京で有名な老舗3大かりんとう③銀座「たちばな」
  6. 東京のお土産に人気のかりんとう屋はどこ?
  7. いろいろな味が楽しめる東京のかりんとう屋さんは?
  8. お土産にも自分用にも!東京の美味しいかりんとうを味わおう

気になる東京の美味しいかりんとう

かりんとうといえば昔ながらの懐かしいお菓子のひとつ。最近の子供たちはあまり食べることもなくなってしまっていますが、細々ながらファンも多いお菓子の一つでもあります。斬新なデザインでお土産にもぴったりな人気のかりんとうや有名な老舗のかりんとうなど厳選した東京のかりんとうをご紹介します。

かりんとうは歴史あるお菓子!

かりんとうは昔ながらの庶民の駄菓子として広い地域で食べられてきたお菓子です。現在では高級和菓子として扱われている老舗商品もあり、実は根強いファンの多いお菓子でもあります。

おやつにはもちろん、疲れてスタミナ切れを感じた時などに食べるとたちまちエネルギーが沸いてくるかりんとう。長く愛され続けている理由もわかる気がします。現在ではお土産としても人気のかりんとうについてちょっとばかり詳しくなってみませんか?

かりんとうの歴史は奈良時代?

東京でも人気店があるという日本の昔ながらの駄菓子、かりんとう。実はそのかりんとうが生まれたのは遠く奈良時代ではないかといわれています。

遣唐使によって献上された唐の菓子が始まりと言われ、当時は穀物を油で揚げただけのものだったそう。その後に江戸の人たちの好みの雑菓子として進化し、江戸の後半には町中をかりんとう売りが歩いてしたというほど庶民に愛されるお菓子になったとされています。

語源は果物のかりんの熟した実が黒く太いかりんとうに似ているところからついたという説と、かりんとうを食べた時にカリカリと音がするところからついたという2つの説に分かれています。

かりんとは黒糖を使った黒いかりんとうと白砂糖を使った白いかりんとうの2種類あり、黒いかりんとうのほうは強い香りを持つのが特徴でかりんとう販売量の6割は黒糖を使ったもの。かりんとうというとこの黒糖を使った黒いかりんとうを思い浮かべる人がほとんどです。

白砂糖を使った白色のかりんとうは色々な素材の味を引き出すことができ、様々な食材と一緒に組み合わせたり、形状もバラエティに富んでいます。

かりんとうは何でできている?

かりんとうの原料は先にも紹介した砂糖、そして小麦粉です。小麦粉に砂糖と水を加えて発酵させて揚げたものが基本のかりんとうです。

油菓子製造企業の組合、油菓子工業協同組合によるとかりんとうとは、「小麦粉を主原料として水、酵母等を加え、練り合わせ熟成させた生地を棒状等に形成し、これを食用油脂で揚げた後にみつかけしたもの(これに砂糖等を付着させたものを含む)を乾燥させたもの又はこれに風味原料を加えたものをいう。」とされているようです。

かりんとう誕生から現在までの長い歴史の中では、一時期各会社が生産利益を得ようとしてかりんとうに炭酸カルシウムを入れ、粗悪なかりんとうが出回っていたこともあったのだとか。

東京で有名な老舗3大かりんとう①湯島「ゆしま花月」

ゆしま花月は東京都文京区にある昭和22年創業の駄菓子屋から始まったお店。創業後しばらくしてからかりんとうが大評判となり、それからかりんとう屋として名をはせるようになりました。60年経った現在でも昔と変わらない美味しさで地元の人たちにも愛されているかりんとうです。

現在はオンラインショップなどでもかりんとうは購入することが出来ます。日本の風情を感じる可愛いパッケージは外国の方への贈り物としても喜ばれます。

様々な種類や詰め合わせ等があるので選ぶ楽しみもあり、ぜひおすすめです。東京のかりんとう店としてはとても有名です。

所在地

店舗は東京都文京区の湯島にあります。趣のあるこじんまりとしたお店で昔ながらの駄菓子屋を連想させるような雰囲気は東京観光の一コマにもピッタリです。伊勢丹や三越等の百貨店などでの催事も行っているので東京に出かけた時にはぜひチェックしてみるのも良いでしょう。

店舗情報

ゆしま花月の営業時間は月曜から金曜が9時半から20時まで、土日祝日は10時から17時までです。

お店へのアクセスは景品東北線の御徒町駅から徒歩4分ほど。東京駅からは約10分で到着します。ぜひ東京観光のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょう。

おすすめ商品・価格

ゆしま花月のおすすめはまるでガラスのように艶やかでつやつやしている定番で人気のかりんとう単衣がおすすめ。ピンクベースのかわいらしいパッケージは干支や桜など日本らしい和のデザインです。900g入ったかりんとう単衣は製造より2か月の賞味期限があります、価格は540円。通販サイトでも購入が可能です。

住所 東京都文京区湯島3-39-6
電話番号 03-3831-9762

東京で有名な老舗3大かりんとう②浅草「かりんとう小桜」

かりんとう小桜は浅草の有名料亭、「福し満」の手土産として生まれたかりんとう専門店です。東京の三大かりんとうの一つとされ老舗料亭の女将がデザインしたという紺地に散りばめられた桜の花の包装紙が有名です。

見た目のインパクトも味もとても上品なので目上の方や年配の方へのちょっとした手土産にもぴったりです。種類も色々あり、佐藤も沖縄産の黒砂糖やカナダ産のメープルシロップなど厳選された最高級の原材料を使っています。

一口サイズの小さなかりんとうなので年配の方はもちろん、小さいお子さんでも食べやすくおすすめです。

所在地

かりんとう小桜の浅草本店は東京浅草にあり、浅草駅からは徒歩15分ほどのところです。他にも日本橋三越本店、西武池袋本店、日本橋高島屋横浜店、新宿高島屋店など百貨店のデパ地下の銘菓コーナーにも取り扱いがあるので気になる方はぜひ問い合わせてみてください。

店舗情報

浅草本店の営業時間は10時から17時半までで日曜日が定休日になります。商品は高島屋オンラインショップ、三越・伊勢丹オンラインショップなどでも販売されているので自宅に居ながらにしてもかりんとう小桜の商品を購入することも可能です。東京まで出向けない方は是非そちらも利用してみてください。

おすすめ商品・価格

かりんとう小桜のおすすめの商品はゆめじ、おもいで、ふるさと、かえで、きなこ、さくら、生姜といった小桜のかりんとうの味わいをたっぷり堪能できる人気の詰め合わせ、東京・きさかた。価格は小・中・大とあり、それぞ1188円、2376円、4320円です。賞味期限は製造日から60日間です。

住所 東京都台東区浅草4-14-10
電話番号 03-5603-5390

東京で有名な老舗3大かりんとう③銀座「たちばな」

昭和42年創業の100年以上も続く歴史ある有名老舗のかりんとう専門店。東京かりんとう御三家の大御所です。遠方からのお客さんも多いお店で2種類のかりんとうのみの販売です。何層にもわたってコーティングされているかりんとうは見た目にもとてもつややかで噛み応えもあります。

所在地

たちばなの店舗は銀座8丁目にひっそりと佇んでいます。デパートなどでの販売も一切しておらず、店舗に出向いた人しか購入できないプレミア感のあるかりんとうです。店舗へのアクセスは新橋駅から徒歩5分、銀座駅から徒歩8分ほどです。お店の駐車場はありませんが、車でアクセスする場合は首都高速都心環状線汐留ICから車で2分ほどです。

店舗情報

たちばなの営業時間は月曜から金曜が11時から19時まで。土曜日が11時から17時までで日曜と祝日がお休みです。

まるで小料理屋のようなたたずまいの店舗ですが、お店のわきにサンプルのかりんとうが展示されているのでそれを目印に。

おすすめ商品・価格

たちばなのかりんとうはコロンと可愛く作られた「ころ」と小枝のように細長く作られた「さえだ」の2種類。価格は袋に入ったタイプのかりんとうがそれぞれ900円。角缶入りの価格は1600円です。

缶入りは2種類のかりんとうが楽しめます。さらにお土産にも人気の丸缶に入ったタイプは小が1400円、中が3100円、大が6200円です。小と中は1種類のみですが、大は2種類入っています。贈り物にもぴったりの高級感のある缶です。

Original「たちばな」のかりんとうは銀座が誇る老舗の味!気になる種類や値段は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
たちばなのかりんとうは銀座だけでなく東京の銘菓として全国的に人気のかりんとうになります。店舗...

東京のお土産に人気のかりんとう屋はどこ?

東京には有名な三大かりんとう専門店の他にもお土産にピッタリの人気のかりんとう屋さんがたくさんあります。手軽に買いやすい人気のかりんとう屋さんをいくつかご紹介しましょう。東京観光のついでに立ち寄るにもピッタリの立地です。普段は食べないかりんとうでも旅先で食べればまた新たな発見があるかもしれません!

浅草「かりんころん」

東京の人気かりんとう店、かりんころんは浅草駅から徒歩4分ほどのところにあるかりんとうと豆の専門店です。10種類以上のかりんとうが並んでいて選ぶ楽しみもあります。ピーナッツを蜜で絡めた蜜絡めピーナツは売り切れ注意の人気商品。固めの食感でピーナツの香ばしさが癖になる美味しさです。価格は1袋422円です。

人気の秘密はパッケージにも!ポップでレトロなデザインはお土産にもピッタリ。浅草ならではのデザインは外国人にも人気です。営業時間は9時半から18時半までで年中無休で営業しています。

住所 東京都台東区浅草2-2-4
電話番号 03-5830-2311

西東京市「旭製菓本社直売所」

保谷駅から徒歩10分ほどのところにあるお店、旭製菓。伝統の黒糖香るかりんとうやわさびかりんとう、価格が307円のクッキーかりんとうなどちょっと気になる商品があります。

小粒のかりんとうにがっちりザラメのついたこゆきかりんとうが有名。店内では試食もできるのでぜひおすすめです。営業時間は8時半から18時半までで年末年始のみ定休です。

住所 東京都西東京市泉町5-16-3
電話番号 042-421-4156

いろいろな味が楽しめる東京のかりんとう屋さんは?

色々な味のバリエーションを楽しめるかりんとう店もご紹介します。少しずつ味わうことが出来るのでちょっとしたお土産にもぴったり。おしゃれなパッケージとバリエーションの豊富さで若い世代からも注目を集めている人気のかりんとうをご紹介します。東京出張のお子様へのお土産にもぜひおすすめです。

麻布十番「麻布かりんとう」

麻布かりんとは斬新なデザインパッケージが目をひくおしゃれなかりんとう。味も抜群で全国に店舗を展開しています。かりんと饅頭のかりんとまんも人気でウェブショップも展開しているので気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。人気の80g入ったパックは530円ほどとお手頃価格です。

麻布十番本店の店舗の営業時間は10時から20時で火曜日が定休日です。アクセスは麻布十番駅から徒歩4分ほど。

住所 東京都港区麻布十番1丁目7-9
電話番号 03-5785-5388

日本橋「日本橋錦豊琳」

まるで珈琲缶のような渋いパッケージに入ったおしゃれなチョコかりんとうが人気の日本橋錦豊琳。チョコレートがかりんとうの生地の中までしみこんでいる人気のかりんとうで一度食べたらやめられない病みつきになるかりんとうです。他にもきんぴらごぼうかりんとうなど奇抜なかりんとうのラインナップが魅力的です。

日本橋本店の営業時間は10時から18時半までで土曜不定休の日職祝日が定休です。アクセスは小伝馬町駅出口2徒歩5分、馬喰町駅出口2徒歩2分ほど。

ウェブショップもあり、人気のかりんとう3個箱の価格は1130円できんぴらごぼうとむらさきいもかりんとう、野菜かりんとうの3種類の詰め合わせです。

住所 東京都中央区日本橋小伝馬町16-14
電話番号 03-6661-1472

お土産にも自分用にも!東京の美味しいかりんとうを味わおう

いかがでしたでしょうか。昔ながらのお菓子、かりんとうは東京土産にもなる注目のお菓子。自分用にはもちろんですがぜひ東京のお土産として買って帰ってみてはいかがでしょう。古くて新しい東京土産としてぜひおすすめです。熱い緑茶と一緒に老舗の味わいで日本伝統のお菓子を堪能してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
nyaokaka

東京都の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

東京都の新着のまとめ