フヴァル島は綺麗なビーチが魅力のおすすめスポット!行き方やレストラン情報も

2018年12月24日 (2018年12月26日最終更新)

碧い海、そして緑豊かな大自然に囲まれたクロアチアの観光名所「フヴァル島」。ビーチや街中でのんびりと過ごすことができ、クロアチアならではの文化や歴史を学ぶことができます。フヴァル島はリゾート地としても知られており、アドリア海で人気の観光地でもあります。

目次

  1. クロアチアの観光名所「フヴァル島」についてご紹介!
  2. フヴァル島ってどんなところ?
  3. フヴァル島で人気の透き通る海
  4. フヴァル島はラベンダー島?
  5. フヴァル島おすすめ観光地1:フヴァル島旧市街
  6. フヴァル島おすすめ観光地2:フヴァル城塞
  7. フヴァル島おすすめ観光地3:スタリー・グラード
  8. フヴァル島おすすめ観光地4:パクレニ島
  9. フヴァル島おすすめ観光地5:ムリニビーチ
  10. フヴァル島おすすめレストラン1:Dalmatino
  11. フヴァル島おすすめレストラン2:Luna
  12. フヴァル島おすすめレストラン3:Central Park hotel Bar
  13. フヴァル島の物価は?
  14. フヴァル島への行き方
  15. 隠れたリゾート地「フヴァル島」へ行こう

クロアチアの観光名所「フヴァル島」についてご紹介!

1000を超える島々が点在している国クロアチア。そんなクロアチアで人気のある観光名所「フヴァル島」。フヴァル島では大自然に囲まれながら癒しの時間を過ごすことができ、クロアチアの魅力を知ることができます。今回はそんな観光名所であるフヴァル島でおすすめの観光地をはじめ、行き方やレストランなどまとめてご紹介します。

フヴァル島ってどんなところ?

アドリア海に浮かぶクロアチアのリゾート地「フヴァル島」は、ビーチや要塞などクロアチアの観光名所が点在しています。本土からはフェリーで気軽にアクセスすることができ、ホテルやレストランなど充実した時間を過ごせます。

美しい大自然に囲まれているフヴァル島は、その美しさからヨーロッパのセレブたちから人気を集めており、「隠れ家リゾート」と呼ばれています。雰囲気のある旧市街地も設置されており、クロアチアの歴史を辿ることができます。

碧い海を目の前にのんびりと過ごせる広いビーチが人気あり、自由気ままに過ごすことができます。レストランでは大自然の生み出した美味しい食材を味わうことができ、フヴァル島では身も心も充実した休日を過ごすことができます。

D844596c1bb2731634659506クロアチア観光の見どころを厳選!世界遺産やおすすめの名所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
クロアチアには美しい海と古い街並みが魅力的な人気の観光地です。世界遺産や自然が見せる絶景、そ...

フヴァル島で人気の透き通る海

フヴァル島といえば透き通るような美しいアドリア海が魅力的です。そのため、いくつものビーチが点在しており、港にはカラフルで可愛らしい船やボートが停まっています。日本では見られない感動的な絶景を楽しむことができます。

フヴァル島への行き方にもよりますが、ついてそのままビーチに向かうことができます。種類豊富な海の生物に出会うことができ、シュノーケリングの名所としても知られています。陸地からでも海の中を覗ける透明度の高さです。

海はもちろん、島は森林にも囲まれています。日本では見られない珍しい動植物に出会うことができ、ただ街中を散策しているだけでさまざまな発見を楽しめます。フヴァル島では目的地を明確にせず、自由に過ごすのがおすすめです。

波が穏やかな日は、ビーチからまるで鏡のようになっているボートや船の絶景を楽しめます。ビーチごとに家族連れ、カップルと客層が変わっており、ホテルによってはプライベートビーチも設置されています。

フヴァル島の街中を歩いているだけでも海の絶景を見渡すことができ、海風を感じながらリフレッシュすることができます。シーズン時には多くの人々で賑わっていますが、不思議とのんびりと過ごせるのでおすすめです。

フヴァル島はラベンダー島?

フヴァル島は別名を「ラベンダー島」とも呼ばれています。ラベンダーの栽培が盛んな島でもあり、フヴァル島の定番お土産品としてラベンダーグッズが種類豊富に販売されています。島内に滞在しているとラベンダーの香りを楽しめます。

ラベンダーを使用したオイル、石鹸、ポプリなど女性に人気のお土産品が多く、露店でも販売されています。日本ではあまり見られないラベンダー商品も販売されているので、観光がてら気軽に足を運んでみてください。

フヴァル島では毎年初夏の時期にラベンダーフェスティバルが行われます。島内で栽培されているラベンダーが一気に咲き誇り、日本では見られない幻想的な景色を楽しむことができます。時期の合う方はぜひ足を運んでみてください。

フヴァル島おすすめ観光地1:フヴァル島旧市街

フヴァル島の観光名所になり、古い歴史の残る街並みを散策することができます。クロアチアの歴史を感じることができ、田舎の農村風景を今でも楽しむことができます。石畳の道はまるで迷路のように島中に続いています。

レストランが多く点在しており、石造りの家の道を進んでいくことができます。実際に地元の方が住んでいる家もあり、洗濯物が干してあったりと普段の生活ぶりを垣間見れます。細い路地には穴場のお店が点在しています。

昔のヨーロッパの街並みを散策することができ、中には暮らすように滞在できるホテルも点在しています。まるで遺跡の中に迷い込んだような風景を見渡すことができ、日本の文化との違いを学ぶことができます。

オレンジの屋根が特徴的になり、道端に置かれている植木鉢も神秘的な光景を生み出しています。旧市街地では目的地を決めずに、気になる場所を自由気ままに観光していくのがおすすめです。クロアチアの歴史、文化を感じられます。

フヴァル島おすすめ観光地2:フヴァル城塞

フヴァル島の丘の上に設置されているシンボル的な観光地です。フヴァル島の市街地から徒歩で向かうことができ、街並みを散策しながら気軽に足を運ぶことができます。フヴァル島の港を一望できる絶景が見られます。

城塞は昔と変わらない歴史的建築物でもあり、夜にはライトアップを施されるのでロマンチックな景色を生み出しています。城塞の中は有料ですが自由に散策することができ、フヴァル島の街並み、そしてアドリア海を一望できます。

今でも昔の大砲がそのまま設置されており、かつてクロアチアを守り続けた場所でもあります。また、オスマントルコの侵略からフヴァル島を守るために建設されたと言われています。現在は観光客に人気のフォトスポットになっています。

フヴァル島おすすめ観光地3:スタリー・グラード

フヴァル島において、フヴァル街に次ぐ人口の多さを誇る街になります。観光地が多く点在しており、レストランも多いので観光客からも人気があります。港も設置されており、フェリーでもアクセスできます。

フヴァル島で唯一の世界遺産にも登録されており、昔ながらの街並みを散策することができます。中でも古い建物が多く、観光客の中には観光の拠点として計画している方が多いです。海風を感じ、移動に時間をかけたくない方におすすめです。

フヴァル島で最も集落の古い街でもあるので、フヴァル島でのんびりと過ごしたい方におすすめです。ビーチも設置されているので、水着姿でのんびりと過ごしている方もいます。自由な時間を過ごし、リフレッシュできます。

フヴァル島おすすめ観光地4:パクレニ島

フヴァル島のおすすめ観光地になり、フヴァル島からフェリーでアクセスすることができます。きれいなビーチが多く点在しており、リゾート気分を味わえるのでフヴァル島と併せて観光を計画している方が多いです。

行き方は一般的にウォータータクシーを利用しています。島ならではののんびりとした時間を過ごすことができ、島全体が大自然に囲まれてます。アドリア海、そして森林に囲まれており、日本では見られない絶景を見渡せます。

人の少ない穴場のビーチもあるので、時間のある方は島内を散策してみるのがおすすめです。カフェやレストランなど観光客向けの施設も充実しており、ヨーロッパのセレブ達からも人気のある観光地です。

さまざまなマリンスポーツを楽しむことができ、大自然の中で身体いっぱい使って遊ぶことができます。夕方にはアドリア海に沈む美しい夕日を眺めることができ、ロマンチックでのんびりとした時間を過ごすことができます。

フヴァル島おすすめ観光地5:ムリニビーチ

フヴァル島の数あるビーチの中でも静かなビーチとして有名なおすすめの観光地です。静かな波音だけを楽しむことができ、フヴァル島のビーチでのんびりと過ごしたい方にもおすすめの観光地です。

すぐの場所にレストランが設置されていますが、ほとんどの観光客が街中で食事を持参してビーチで食べている方が多いです。地元の方からは「小さな天国」とも呼ばれており、絶景の一言に尽きる光景を見渡すことができます。

シュノーケリングの聖地としても知られており、さまざまなマリンスポーツを楽しむことができます。ビーチにバーも併設しており、お酒片手に大人の時間を過ごせます。フヴァル島でビーチを探している方はぜひ足を運んでみてください。

フヴァル島おすすめレストラン1:Dalmatino

フヴァル島で地元の方からも人気のあるレストランになり、クロアチア料理を味わうことができます。コース料理を味わうことができ、コースの中で3回ほど無料でアルコールを提供してくれます。大人の時間を過ごせるレストランです。

クロアチアで採れる旬の食材を使用しており、季節ごとにメニューが少しずつ変わっていきます。店内はおしゃれなインテリアに囲まれており、家族連れ、カップル、1人旅の方でも気軽に楽しむことができます。

1つ1つの料理が盛り付け方にもこだわりを感じることができ、料理の質が高いことでも知られています。少しお値段もはりますが、記念日や誕生日など大切な日のディナーやランチにもおすすめのレストランです。

フヴァル島おすすめレストラン2:Luna

フヴァル島で1番美味しいと言われているおすすめのレストランです。3階建てのアットホームなレストランでもあり、歴史を感じる石造りの建物になります。このお店でしか味わえない美味しい食材を味わうことができます。

天気の良い日にはテラス席も使用することができ、アドリア海をはじめフヴァル島の景色を楽しむことができます。テラス席ではお酒片手に優雅な時間を過ごすことができ、カップルや家族連れからも人気のあるレストランです。

おしゃれなインテリアに囲まれており、フヴァル島の歴史や文化を感じることができます。オーナーはとても気さくな方になり、ウェイターの方は笑顔で対応してくれ、観光客にも親切に案内してくれます。

すべての料理がオーナーの創作料理となっており、大自然で育て上げられた美味しい食材のみを使用しています。採れる魚介類、野菜によってメニューが少しずつ変わっていくので、飽きずに通うことができます。

フヴァル島おすすめレストラン3:Central Park hotel Bar

フヴァル島で人気のホテルで併設しているおしゃれなバーになります。美味しいお酒を種類豊富に扱っており、宿泊者以外の方でも気軽に利用することができます。オリジナルのカクテルは大人の時間を過ごさせてくれます。

お酒に合う軽食も用意されており、2次会にも利用できるおすすめのレストランです。地元の方からも記念日や誕生日などさまざまなシチュエーションで利用することができ、休日のディナーには地元の方をはじめ多くの人々で賑わっています。

ディナータイムにはロマンチックなライブミュージックが流れているので、いつもより少し贅沢な時間を過ごすことができます。メニューにないカクテルも注文すれば作ってくれる可能性があるので、気軽に相談してみてください。

Originalクロアチアの伝統料理19選!現地のおすすめ店や日本の人気店も紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
クロアチア料理と言ってもどんな料理か馴染みがない方が多いのではないでしょうか。クロアチア料理...

フヴァル島の物価は?

フヴァル島はヨーロッパのセレブが集う隠れ家的リゾート島になります。そのため、クロアチアの数ある観光地の中でも物価が高いことで知られており、ホテルやレストラン、お土産品まで本土の1倍か2倍ほど高いと言われています。

フヴァル島で滞在したい方は、予め物価や予算を決めてから観光に行くのがおすすめです。ホテルでも場所によって値段が全く違ってくるので、無理せず自分たちの予算内に収まるホテルやレストランを探してみてください。

フヴァル島はクロアチア本土からは日帰りで行ける観光地でもあるので、物価が気になる方は日帰りで訪れるのがおすすめです。新婚旅行や記念日などいつもより贅沢な旅をしたい方にフヴァル島はおすすめの観光地になります。

フヴァル島への行き方

フヴァル島への行き方は2通りあります。カタマランと呼ばれるスピード船を利用するか、フェリーでの行き方があります。フェリーでの行き方が一般的になり、クロアチア本土から多くの観光客がフェリーを利用しています。

フヴァル島でフェリーの玄関口は3つあります。Hvar、Stari Grad、Sućurajが設置されており、どの港からもフェリーでアクセスできます。自分の宿泊する場所、観光地を決めてから行き方やフェリーを選ぶのがおすすめです。

フェリーでの行き方は、現地でチケットを購入することができます。ですが、観光のベストシーズンの際は早々にフェリーが予約で埋まってしまいます。そのため、観光の日程が決まり次第、HPでフェリーを予約しておくのがおすすめです。

フェリーでの行き方はクロアチアの海風を感じ、大自然に囲まれながらフヴァル島へアクセスすることができます。行き方、アクセスする港、フェリーの時間帯を予め調べておき、時間を無駄にしないようにしましょう。

隠れたリゾート地「フヴァル島」へ行こう

セレブの間で隠れたリゾート地として有名な観光名所「フヴァル島」。森林や海といった大自然をはじめ、クロアチアの文化や歴史を学ぶことができます。フヴァル島は島ならではののんびりとした時間を過ごすことができ、美味しい食事に絶景と身も心も癒すことができます。ぜひ、クロアチアへ観光の際はフヴァル島へ足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する