滋賀農業公園ブルーメの丘の料金やアクセスは?人気のランチや体験もあり!

2018年12月26日 (2018年12月29日最終更新)

滋賀県ののどかな田園風景の蒲生郡に、広大な敷地をもつ農業公園ブルーメの丘があります。ブルーメの丘では動物とのふれあい、BBQにバイキング、身体をいっぱいに動かすことができる遊具も沢山あります。入場料のみで1日のんびり過ごすこともできます。

目次

  1. 滋賀農業公園ブルーメの丘へ行ってみよう!
  2. 滋賀農業公園ブルーメの丘はどんなところ?
  3. ブルーメの丘の花ごよみ
  4. ブルーメの丘の動物とのふれあい体験
  5. ブルーメの丘の人気ランチ
  6. ブルーメの丘のあそびゾーン
  7. 滋賀農業公園ブルーメの丘「ランタンフェスティバル」
  8. 滋賀農業公園ブルーメの丘の基本情報
  9. 滋賀農業公園ブルーメの丘のアクセス
  10. さまざまな体験や美味しい食事が人気の滋賀農業公園『ブルーメの丘』で1日楽しもう!

滋賀農業公園ブルーメの丘へ行ってみよう!

滋賀県の琵琶湖の湖東にある滋賀農業公園ブルーメの丘。季節によって咲き乱れる花畑、夏には水遊び場、年中通して動物と触れ合える滋賀の人気観光スポットになっています。

滋賀農業公園ブルーメの丘では、食事に動物とのふれあい、体験も様々なものが用意されています。ブルーメの丘のアクセスや料金も詳しく見て行きましょう。

滋賀農業公園ブルーメの丘はどんなところ?

さて、人気の観光スポット滋賀農業公園ブルーメの丘。いったいここで何ができるのでしょうか。このブルーメの丘は牧場でしょうか?動物園のようなものでしょうか?ランチスポットはあるでしょうか?

少し詳しく滋賀農業公園ブルーメの丘について概要をご紹介いたします。どなたと一緒に行くのに最適なスポットなのかも気になります。またおすすめのランチスポットもたくさんあります。

ブルーメの丘は体験型農業公園

ブルーメの丘は、体験型の農業公園になります。入場料を支払って広大な公園内を散策して回ります。のんびりと季節の花々を見て回るのもおすすめ。また放牧されている動物たちを見て回るのにもおすすめのスポットです。天気のいい日はゆっくりと時間を過ごす事ができるスポットです。

体験では、メロンやシフォンケーキ作り、フローラルウォーター作りなどもできます。他にもマグカップに絵付けしたり、人気のハーバリウム作りも。大人から子供まで楽しめる体験メニューが豊富に揃います。

また沢山いる動物とのふれあいでは、えさを購入してまじかに動物と触れ合えることができます。ふれあいは無料ですので、近くによって触れてみましょう。また季節によって遊ぶ場所も沢山。食事場所にも困らない1日楽しめる観光スポットになっています。

大きさは甲子園球場の約9倍の広さ?

滋賀農業公園ブルーメの丘は、なんと甲子園球場9個分の広さがあります。とっても広いブルーメの丘の公園内では、自然をテーマにした触れ合いスポットが沢山用意されています。

日常ではなかなか触れ合うことができない動物たちを膝にのせて餌やりをしたり、自然の恵みを収穫したり、自分オリジナルの作品を作ることもできます。

また遊びにおいても、小さなお子さんから大人までも本気で楽しめるような次世代の遊具も沢山。かと思えば芝滑りで、お子さんと競争してみるのもおすすめ。

Original滋賀の公園特集!子供におすすめの遊具やデートにも人気のスポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
滋賀県内にある人気の公園を厳選して紹介します。子供向けの遊具があったり、おしゃれな雰囲気があ...

ブルーメの丘の花ごよみ

ではまず始めに、季節によってきれいに咲き誇る花畑エリアからのご紹介です。滋賀農業公園ブルーメの丘の4つ大きな丘には、1年を通じて花が楽しめるように季節の花が植えられています。

まるで海外にいるかのような色とりどりの景色が広がる花畑。特に春の花は見ごたえがあり、色とりどりの花が咲き誇ります。

また時期によっては花の摘み取り体験も200円程でできるとの口コミも。きれいなお花をお手頃価格でお土産にできる機会があります。

ブルーメの丘の『春』に咲く花

では一番きれいに花が見られる季節「春」の花のご紹介です。場所は遊びエリア奥、ブルーメ美術館裏に「セイヨウスイセン」が一面咲き誇ります。

3月中旬から4月上旬と短い期間ですが、一面黄色に染まった花畑は目の覚めるような鮮やかさです。

また春の花と言えばチューリップ!メインの花畑には、4月中旬から5月上旬にかけて、約120種類ものチューリップが色とりどりに咲き乱れます。

1年で一番見てほしい綺麗なチューリップがグラデーションで登場です。まるでオランダでチューリップを見ているかのような、一面チューリップの景色が広がります。

また春らしい桜も滋賀農業公園ブルーメの丘の敷地周辺に沢山植えられています。駐車場もボート池周辺でも、開園当初に植えられた桜の木が、花を満開にさせます。

6000平米のバラ園もお見逃しなく!

滋賀農業公園ブルーメの丘の中央にある、バラ園はなんと6000平米もの敷地があります。この広大な敷地には200種、1200株ものバラがドイツ国旗の模様のように配置されています。

こちらのバラ園は5月下旬から8月、10月中旬までいろんな種類のバラを楽しむことができます。

ブルーメの丘の『夏』に咲く花

夏の梅雨の時期の花は、あじさいです。6月中旬から7月上旬に咲くあじさいは、大きくブーケのように咲く「手まり咲き」が特徴の紫陽花です。

また梅雨が終わる頃には、滋賀農業公園ブルーメの丘の中央にきれいな太陽の様に咲き乱れるひまわりを楽しむことができます。

澄み渡る抜けるような青空に、鮮やかな黄色が映えてとってもきれいな夏の景色を作り出します。

ブルーメの丘の『秋』に咲く花

滋賀農業公園ブルーメの丘の緩やかな傾斜を利用して、秋にはたくさんのコスモスが咲き乱れます。

100万本のコスモスは見渡す限り広がる花畑を作り出します。9月下旬から11月上旬まで楽しめるコスモスは秋の代表的な花になります。

ブルーメの丘の『冬』に咲く花

冬にもたくさんの花と出会うことができます。11月下旬から春まで楽しめるのは「パンジー・ビオラ」になります。

8000本もの花は冬の大花壇や沿道できれいに咲いているのを楽しむことができます。寒い冬にもきれいに手入れされた花畑を楽しむことができます。

ブルーメの丘の動物とのふれあい体験

滋賀農業公園ブルーメの丘の奥まで行ってみましょう。牧場の手前のどうぶつエリアでは、たくさんの動物と触れ合い体験ができます。

雨の日も楽しめる動物とのふれあい体験をしてみましょう。放し飼いの動物にも鵜hㇾることができますので、自然な動物の様子をみることができます。もちろん餌やりもできます。

ふれあえる動物

触れ合える動物は、馬やヤギに羊に豚。よく見かける動物はもちろん、フクロウにアルパカやカピバラにも出会えます。

カピバラはなんと放し飼いです。自由に動き回る動物たちをほのぼの見ているのも癒されます。またこちらの動物たちとふれあい体験をしたい方は、エサを料金200円で購入してみましょう。

動物とのふれあい時間・料金

カピバラは、土日祝10時から17時にふれあいタイムがあり、平日は13時から16時に開催しています。ふれあいは無料で、料金はエサ代のみ200円必要です。ふれあいのみでは無料でできるのがとっても嬉しいブルーメの丘です。

うさぎとモルモットは、水曜日が定休日になっていますのでご注意ください。こちらもエサ代金200円になっています。詳しい各動物の時間はHPで確認してみましょう。

他にも乗馬体験は大きい馬は600円の料金で、ポニーは300円の料金で乗馬体験が可能です。そんな馬の餌やりは1回500円の料金。先着1日20名になっています。

ドッグフリー&ドッグラン

なんと2018年には滋賀農業公園ブルーメの丘でも、ワンちゃんを連れて行けるようになりました。園内の無料のドックランで、思いっきりワンちゃんを走らせてあげることができます。

料金が無料になっておりますので、ワンちゃんの滋賀農業公園の入場料金は1匹300円になります。ドックラン利用には、1年以内に接種された「混合ワクチン・狂犬病ワクチンの接種証明書」が必要です。

ブルーメの丘の人気ランチ

ではたくさん見学して回った後は食事をしてみましょう。滋賀農業公園ブルーメの丘では食事エリアも充実しています。レストランやBBQエリアもあります。食事を楽しみに行くのもおすすめのスポットです。ランチの時間帯の営業になっています。

滋賀農業公園ブルーメの丘では、野菜を中心としたバイキングレストラン、BBQエリアに、焼肉食べ放題、ちょっとの休憩にランチにおすすめのカフェもあります。

農村レストラン『旬菜バイキング』

出来立ての野菜を中心としたバイキングレストラン「旬菜バイキング」。野菜中心のメニューは50種類もあります。サラダバーは新鮮採りたての色鮮やかな野菜がたくさん。やさしい味のお惣菜や、焼き立てのウインナーや揚げたての天ぷらも絶品。

営業時間はランチの時間帯の11時から16時になります。ラスト入店時間は15時になりますので、早めの来店でゆっくりランチを楽しんでみましょう。

料金は大人1750円、子ども900円、3歳から6歳が500円になります。ランチに食事に来られるのがおすすめです。

本格バーベキュー『ワイルドキッチンガーデン』

滋賀農業公園ブルーメの丘の気持ちのいい自然の中で、BBQでランチもおすすめです。網でお肉や野菜を焼いて、ダッチオーブンで本格的なアウトドアの食事を楽しんでみましょう。

メニューは串焼きダッチオーブンセットが、3~4名分で4500円の料金になっています。ランチには程よい量ではないでしょか。賑わいエリアでみんなでわいわい食事をするのも気持ちがいいものです。

ブルーメの丘のあそびゾーン

では、ランチも終わったら次は本格的に遊びたい方はこちらがおすすめです。小さなこどもさんは動物と触れ合いと満喫し、幼稚園から小学生、大人までもが楽しめる遊具がたくさんあります。

時間を忘れて大人も夢中になる遊具がたくさんあります。馴染のあるの滑り台やブランコの域を超えた、次世代の遊具がたくさんあります。

1日遊べる遊具ゾーン

たくさんある遊具で遊ぶにはチケットの購入が必要です。1つの遊具につき、時間と料金が設定されています。上からゴムひもでつられた「エアージャンパー」は1回3分600円。芝滑りは20分400円。ゴーカートは1周800円等になっています。

他にもセグウェイ600円といのもあります。まだセグウェイに乗ったことのない方はここで体験してみるのもいいでしょう。

またのんびり遊びたい方には釣りや、SLに乗ってみたり、パターゴルフもおすすめです。食事終わりにゆっくり遊ぶこともできます。

シルバニアファミリーあそびのお部屋

また小さいお子さんに人気のシルバニアファミリーの遊び場があります。こちら雨の日でもゆっくり楽しめる室内の遊具で、大型プレイルームでは自由に遊ぶことはできます。またなりきり撮影コーナーでは1回300円で撮影ができたり、巨大ジオラマが設置されていたりと、シルバニアファミリーの世界を楽しむことができます。

滋賀農業公園ブルーメの丘「ランタンフェスティバル」

またブルーメの丘では、2018年8月に開催された「ランタンフェスティバル」。夏の夜空にきれいなランタンが放たれました。

ランタンフェスティバルではチケットが販売され、ブルーメの丘の入場チケット付きで、前売り券は3000円で販売されていました。ここにランタンの料金も含まれています。

ブルーメの丘「ランタンフェスティバル」概要

こちらのランタンは、安全性の高いLEDを使用したランタン。四角柱の紙の中に特殊なヘリウムガス入り風船とLEDが装着されています。

その為お子さんもランタンを自らとばすことができると大変人気のイベントでした。参加者が一斉にランタンを夏の夜空に放つ瞬間はわくわくして待機。スタートの合図で一斉に放たれました。

ランタンが空に上がった景色は、夜空に満天の星を投げ入れたかのよう。とっても幻想的なランタンと夏の夜空の景色が広がりました。

滋賀農業公園ブルーメの丘の基本情報

ではブルーメの丘に実際にアクセスしてみましょう。滋賀にはたくさんの観光地が琵琶湖周辺にあります。

旅の行程にぜひ滋賀農業公園ブレーメの丘を入れてみましょう。詳しい住所と営業時間のご案内です。

所在地

住所 滋賀県蒲生郡日野町西大路843
電話番号 0748-52-2611

営業時間

滋賀農業公園ブレーメの丘の営業時間は、シーズン中(3月1日から11月)は、土日祝9時半から18時となっています。平日は10時から17時になります。

冬季期間中(12月1日から2月28日)は、前日10時から17時が営業時間になっています。食事に入る時間もラスト入店時間がありますのでご注意ください。

休園日

休園日は、シーズン中は毎週水曜日。春休み、4月、GW、夏休みは営業をしていますので、詳しくはHPをご覧ください。

冬季期間中は水曜日と木曜日がお休みになっています。また冬季は積雪により臨時休園もありますので、お天気の思わしくないときは、ブレーメの丘にお問い合わせください。

料金

ブルーメの丘の入園料金は、3月から11月のシーズン料金は1人1000円。4歳から小学生のお子さんは600円になっています。

12月から2月は500円の入場料金になりますので、お得に楽しむことができます。ワンちゃんは300円で、団体料金や障害者割引もありますので、参考にしてみてください。

滋賀農業公園ブルーメの丘のアクセス

では、気になるブルーメの丘のアクセス方法について詳しくご紹介いたします。車でのアクセスや公共交通機関でのアクセスも可能ですので参考にしてみてください。

無料シャトルバスや駐車場料金も一緒にご紹介いたします。アクセス楽々なブルーメの丘になっています。

車でのアクセス

車でのアクセスは、蒲生スマートインターチェンジから20分になっています。名神高速道路「八日市I.C」より約20分、新名神高速道路「甲賀土山I.C」より約25分になっています。

周辺はのどかな田畑が広がる山の中。こんなところに公園があるのかと思われますが、進んでいくと大きなブルーメの丘が見えてきます。

駐車場情報

ブルーメの丘の駐車場は年中無料になっています。気軽に車でアクセスができるのでおすすめです。

また乗用車3000台に駐車可能な駐車場で、大型バスも60台駐車可能です。団体での旅行にもおすすめのスポットです。

公共交通機関でのアクセス

公共交通機関でもアクセスも可能です。JR近江八幡駅南口から近江バス「北畑口」行きご乗車で約50分ほどで到着致します。

バスの料金は710円かかります。しっかりとバスの運行状況を確認してから、ブルーメの丘で楽しむようにしましょう。

無料シャトルバス情報

土日祝日限定ですが、日野駅とブルーメの丘の間を無料運行しています。平成29年10月まで「彦根ご城下巡回バス」で活躍していたバスが、ブルーメの丘で活用されています。

駅からは、ほぼ1時間間隔でブルーメの丘に行きますので、とっても利用しやすい無料シャトルバスになります。

さまざまな体験や美味しい食事が人気の滋賀農業公園『ブルーメの丘』で1日楽しもう!

いかがだったでしょうか。子どもから大人まで楽しむことができる滋賀農業公園ブレーメの丘。動物とのふれあい体験や食事や遊びも充実。

また春にはきれいな花々がきれいに植えられ、園内を見て回るだけでもとっても気持ちのいい公園になっています。ぜひ次のお休みにブルーメの丘に行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

Original
この記事のライター
zasxp

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する