タイヤチェーンおすすめ13選!選び方から耐久性までご紹介!

2018年12月30日 (2019年1月7日最終更新)

冬道を走行するのに必要になのがスタッドレスタイヤです。それだけでは不安な方は、タイヤチェーンが必要だとお考えでしょうか。この時期は、天候や道路状況も変化しやすいです。そこで、タイヤチェーンのおすすめ13選をご紹介!おすすめの他に、選び方や耐久性もご紹介!

目次

  1. タイヤチェーンのおすすめ13選をご紹介!
  2. タイヤチェーンには種類がある
  3. タイヤチェーンの種類1【金属製】
  4. タイヤチェーンの種類2【非金属製】
  5. タイヤチェーンの種類3【布製】
  6. タイヤチェーンの選び方
  7. 金属製と非金属製のタイヤチェーン比較
  8. おすすめ人気タイヤチェーン1:イエティ スノーネット
  9. おすすめ人気タイヤチェーン2:バイアスロン クイックイージー
  10. おすすめ人気タイヤチェーン3:エコメッシュ2
  11. おすすめ人気タイヤチェーン4:救急隊ネット
  12. おすすめ人気タイヤチェーン5:サイバーネット ツインロック2
  13. おすすめ人気タイヤチェーン6:非金属スノーチェーン
  14. おすすめ人気タイヤチェーン7:コムテック スピーディアSH
  15. おすすめ人気タイヤチェーン8:雪道楽Q2
  16. おすすめ人気タイヤチェーン9:オートトラック
  17. おすすめ人気タイヤチェーン10:コーニック P1マジック
  18. おすすめ人気タイヤチェーン11:デリバリーチェーン
  19. おすすめ人気タイヤチェーン12:バイスソック
  20. おすすめ人気タイヤチェーン13:スノーテックス
  21. 冬道走行にタイヤチェーンを準備しておくのがおすすめ!

タイヤチェーンのおすすめ13選をご紹介!

冬道の走行に欠かせないのがスタッドレスタイヤですが、道路状況によっては、スタッドレスタイヤだけでは不安になることもあります。そこで、車に積んでおくと良いアイテムがタイヤチェーンです。

タイヤチェーンには、いくつか種類があります。「金属製」「非金属製」「布製」と、走行する路面や車種によって、装着するタイヤチェーンを選びます。そこで、タイヤチェーンのおすすめを13選をご紹介します。他にも選び方や耐久性なども、合わせてご紹介します。

タイヤチェーンには種類がある

タイヤチェーンには、いくつか種類がありますので、知っておくと良いでしょう。タイヤチェーンには、金属製・非金属製・布製と種類があります。それぞれに、メリットやデメリットもありますので、タイヤチェーンの選び方の参考にするとよいでしょう。

選び方の選択肢がいくつかあり、サイズが合っているものやJASSA認定を受けているものは、もちろんのことですが、取り付けやすさも重要です。タイヤチェーンの種類によって、簡単なものと難しいものがあります。走行する道路状況や特性を考えておくと、種類を絞ることができます。

タイヤチェーンの種類1【金属製】

金属製のチェーンは、耐久性が高く、信頼性も高いので、しっかりとした安全性をとお考えでしたら、金属製のタイヤチェーンを選んだ方がよさそうです。しかし、金属製のタイヤチェーンのメリットとデメリットを知った上で、購入を考えましょう。

金属製タイヤチェーンの価格帯は幅があります。安価ですと数千円から、1万円以上の高価なものもありますが、選び方によっては、非金属製タイヤチェーンと同じように装着ができるものもあります。検討されてはいかがでしょうか。

金属製タイヤチェーンのメリットとデメリット

金属製タイヤチェーンのメリットを考えます。安価な価格帯でありながら、雪道の走行をする際の安全性は抜群です。金属製タイヤチェーンは大変丈夫なので、メンテナンス次第では、長期使用が可能です。場所を取らずに収納できます。

丈夫で安価なのは魅力的ではありますが、デメリットもあります。雪道や凍結している路面以外では、タイヤチェーンが切れてしまうので、こまめに脱着をする必要があります。車の乗り心地は、振動が大きいので良いとは言えず、騒音が大きく、スピードを出すには向かないのです。

金属と言う素材から、メンテナンスを怠ると錆びてしまいます。そして、脱着に関しては、手間がかかるデメリットもありますが、坂道の走行に向いているタイヤチェーンです。選び方の選択時に参考にされてはいかがでしょうか。

はしご型

はしご型のタイヤチェーンは、タイヤにフィットするため、坂道の走行性は抜群に上がります。しかし、横滑りには弱いので、凍結している路面での走行に注意が必要になります。乗り心地は、良いとは言えないです。

亀甲型

亀甲型は、はしご型とは違い、雪道や坂道にも強く、横滑りにも強いです。金属製タイヤチェーンをお考えでしたら、亀甲型がおすすめです。乗り心地は、はしご型に比べると少し静かに感じます。同じ金属製タイヤチェーンでも特性が違いますので、念頭に置いておくと選び方に迷うことが軽減されます。

タイヤチェーンの種類2【非金属製】

非金属製のタイヤチェーンの素材は、ゴムやウレタンが多く、金属製タイヤチェーンのように錆びる心配もありません。軽量で扱いやすく、スパイクピンが付いているので、グリップ力があります。タイヤのサイズにもよりますが、価格帯は1万円くらいが多いです。

非金属製タイヤチェーンのメリットとデメリット

非金属製タイヤチェーンは、雪道や舗装されている道路問わず、振動は静かなので、乗り心地は安定しています。乾燥している路面でも心配なく走行できるのがメリットです。道路状況の変化が多い地域で重宝します。軽くて装着が簡単なものが多く出回っており、人気が高いのは非金属タイヤチェーンの方でしょう。

走行するにはメリットの多い非金属製タイヤチェーンではありますが、デメリットもあります。それは、折りたたむことができないものが多く、収納スペースを使ってしまうことと、金属製タイヤチェーンよりも耐久性が劣ってしまう点です。ゴムやウレタン素材が多いので劣化が早い点がデメリットです。

タイヤチェーンの種類3【布製】

布製で、タイヤ全体を覆うタイプとなっています。布製なので、タイヤチェーンとは言い切れないものではありますが、扱いやすさは、金属製や非金属製のタイヤチェーンと比べても楽に装着できます。タイヤのサイズにもよりますが、価格帯も1万円以下が多くあり、安価です。

布製タイヤチェーンのメリットとデメリット

メリットは、布製なので装着しても振動がほどんと無いため、乗り心地は抜群です。重さも軽く、コンパクトに収納できるので場所を取りません。半面、耐久性が弱いこと、高速道路等のチェーン規制には対応できないことがデメリットです。

タイヤチェーンの選び方

タイヤチェーンの選び方ですが、いくつかのポイントを押さえておくと、選び方に困ることが減るでしょう。「タイヤのサイズ」「タイヤチェーンの脱着が容易であるか」「JASSA認定されているか」がポイントです。

タイヤのサイズがあっているものを

タイヤチェーンの選び方の中で、一番重要なのがタイヤサイズが合っているかどうかです。合わないタイヤチェーンは、装着することで、走行が危険な状態になってしまいます。

タイヤのサイズは「155R14」や「175/60R16」のように、タイヤに記してあるため、分かるようになっています。このタイヤのサイズに合ったタイヤチェーンを探します。分からなかったり不安がある時は、販売店のスタッフに確認をしてもらいましょう。

タイヤチェーンの脱着が容易であるか

タイヤチェーンの脱着は、容易でしょうか?ジャッキアップが必要になってしまったり、車を動かなさければならないのでしたら、持っていても使わない可能性が高くなってしまいます。

様々なタイヤチェーンが販売されていますが、脱着が容易なワンタッチタイプも多くなっています。自分が扱いやすいタイヤチェーンを選ぶことも視野に入れましょう。選び方のひとつに入れておきたい大きなポイントです。

JASSA認定されているものがおすすめ

様々なタイヤチェーンが出回っていますが、お考えのタイヤチェーンは「JASSA認定」をされているものでしょうか?JASSAとは、一般財団法人日本交通安全用品協会の通称です。タイヤ滑り止め装置認定委員会で、タイヤチェーンの独自の基準を定めているのです。

JASSA認定は、どのタイヤチェーンでもと言うわけではなく、「非金属製」のタイヤチェーンのみの基準を作っており、基準を超えているものに対して認定をしているのです。タイヤチェーンの選び方のひとつに入れておきましょう。

Originalタイヤチェーンの付け方は?鎖・ゴムを使っての方法やフックの向きも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
冬の雪道を走るのにタイヤチェーンは必須アイテムであり、その付け方を学んでおくことは大切なこと...

金属製と非金属製のタイヤチェーン比較

タイヤチェーン選びに迷う時は、降雪状況や変化する路面状況を考えましょう。例えば、滅多に雪は降らないけれど、雪道を走行する可能性があるのでしたら非金属製か布製にする。路面状況が悪くアップダウンがある、悪路を走行するのであれば金属製にするなどです。タイヤチェーンの比較をして合った方を候補に入れてはいかがでしょうか。

耐久性を比較

耐久性能を一番に考えるのであれば、金属製に勝るものはありません。素材の特性から、手入れをする必要がありますが、錆びさせるようなことがなければ長持ちします。非金属製のタイヤチェーンは、ゴムやウレタンなどの軽い素材を使用しているので、耐久性を見ると、金属製と比べて、タイヤチェーンの劣化は早いです。

性能の比較

金属製タイヤチェーンは、坂道に強い特性があり、平坦な道を走る時に性能をしっかりと発揮します。しかし、横滑りと凍結路面に弱いた特性があります。非金属製タイヤチェーンですと、ゴムにピンが付いていることもあり、横滑りや凍結路面にも強く、舗装面を走行することもできます。オールマイティなタイヤチェーンです。

装着しやすさを比較

金属製タイヤチェーンの場合、装着しやすいとは言いにくいのですが、非金属製と同じように装着しやすいタイヤチェーンもありますので、チェーンによって装着しやすさに差があるようです。非金属製タイヤチェーンは、素材がゴムやウレタン等で軽いこともあり、装着しやすさは金属製よりも楽に装着できます。

乗り心地比較

金属製タイヤチェーンは、しっかりとした作りのため、装着した時の乗り心地は良いとは言えません。非金属製タイヤチェーンは、凹凸が少ないので、金属製と比べると、乗り心地の違いがはっきりと分かるほどです。

おすすめ人気タイヤチェーン1:イエティ スノーネット

しっかりとした性能を重視したいのであれば、「イエティ スノーネット」がおすすめです。非金属製のタイヤチェーンで、素材はゴムで、細かいネットにスパイクピンが付いているのが特徴です。ゴムがネット状になって、タイヤ全体をゴムで覆うタイプです。JASSA認定品です。

スパイクピンは、ゴムの中に埋め込むように入っているので、抜けにくくなっています。他にもゴムの内側に補強芯が入っていますので、安心して走行することができます。しっかりとした構造とロックシステムを採用し、装着しやいです。半ロック状態で走行すると必ず外れるのでお気をつけ下さい。ネット全体がゴムなので、乗り心地は抜群です。

おすすめ人気タイヤチェーン2:バイアスロン クイックイージー

クオリティが高く、簡単装着が人気のタイヤチェーン「バイアスロン クイックイージー」もおすすめです。タイヤチェーンの素材はウレタンで、形状は分割タイプとなっており、取り付けが簡単で人気があります。ジャッキアップも必要ありません。JASSA認定を受けています。

ウレタン素材にスパイクピンが108本あり、雪道や凍結、シャーベット状など、様々な路面状況に対応し、走行スピードも50kmほど出すこともできます。ピンがタイヤに当たらない構造なので、タイヤを傷つける心配もありません。対応サイズはカーメイトの適合表で探すことができます。

おすすめ人気タイヤチェーン3:エコメッシュ2

様々な道路状況に対応し、グリップ力もとお考えでしたら「エコメッシュ2」がおすすめです。ウレタン素材で軽く、金属製の大きめのピン(4.18mm)がしっかりとグリップします。横方向の滑りにも強いので、凍結路面や積雪路面でも安心して使用できるタイヤチェーンです。

耐久性は金属製チェーンと比べて5倍と長く、価格帯も1万円ほどとコストパフォーマンスもよいです。JASSA認定も受けている製品です。装着手順は、分かりやすいのですが、「事前に練習をしておく」と早く装着できます。その点がデメリットなのかもしれません。

タイヤの適応サイズは、夏タイヤとスタッドレスタイヤによって選び方が変わってきます。適応サイズ表を必ず確認し、合っているサイズのチェーンを選びましょう。心配であれば、店頭スタッフに相談しながら探すとよいでしょう。

おすすめ人気タイヤチェーン4:救急隊ネット

軽量でネットタイプのタイヤチェーン「救急隊ネット」があります。車を動かすことなく装着できるタイヤチェーンです。素材はウレタンエラストマーを使用しており、振動や音が少ないです。薄くて軽いので、収納もコンパクトにできます。

独自のネットパターンで、滑りにくいのが特徴です。スパイクピンがしっかりと雪や凍結路面をグリップします。フックと面ゴムを使って装着するのですが、最初の取り付け時は、少々硬いと感じられる方が多いようです。何度か脱着の練習をしておくと柔らかくなってきます。

おすすめ人気タイヤチェーン5:サイバーネット ツインロック2

ジャッキアップしなくても取り付け可能なタイヤチェーン「サイバーネット ツインロック2」がおすすめです。車両を動かさなくても良いので、取り付けも楽です。外側のロックは専用ハンドルで回すだけですし、内側のロックは差し込むだけです。簡単に装着できるのがメリットです。

素材はウレタンエラストマーで、軽くて持ち運びは楽です。摩耗と寒さに強いので、凍結路面にも強く、スパイクピンが雪上でもしっかりとした走行を実現しています。ゴム製のタイヤチェーンと比較すると、音や振動がありますが、取り付けやすさは抜群です。

おすすめ人気タイヤチェーン6:非金属スノーチェーン

ゴム製タイヤチェーンとウレタン製タイヤチェーンを合わせ持っているような素材の「非金属スノーチェーン」もあります。素材は、熱可塑性ポリウレタン素材で、ゴムの弾力性を持ち、硬化プラスチックの丈夫さを持っています。

タイヤを覆うような形状のタイヤチェーンで、タイヤにフィットするチェーンです。スパイクピンが16mmと大きく、変わりやすい雪道をしっかりとしたグリップ力で走行できます。耐久性も高く、金属製チェーンの2倍ほどあります。価格はリーズナブルで1万円以下となっています。

おすすめ人気タイヤチェーン7:コムテック スピーディアSH

安価で耐久性がある金属製タイヤチェーン「コムテック スピーディアSH」(SX-108)があります。横滑りや坂道にも強い亀甲型のタイヤチェーンです。ジャッキアップが不要で、金属製タイヤチェーンの中でも取り付けやすいです。価格帯も数千円とリーズナブルです。

金属製タイヤチェーンは、数十メートルの走行後に締め直しが必要になるのがデメリットです。積雪路やアイスバーンに強く、はしご型のタイヤチェーンよりも振動が少ないです。説明書もありますが、動画を見る方が、装着手順が理解しやすいでしょう。何度か練習をしておくことをおすすめします。

おすすめ人気タイヤチェーン8:雪道楽Q2

金属製タイヤチェーンの大きな特性として、坂道の走行です。登り下りともに、しっかりとした走行性能を発揮します。スタッドレスタイヤでは登れない坂道も安心して上がることができます。装着は以前のモデルと比べて簡単になりました。サイズは乗用車とミニバンのみなので、軽自動車には装着できないのがデメリットです。

しっかりとした走行性を重視する金属製タイヤチェーン「雪道楽Q2」は、亀甲タイプのタイヤチェーンです。金属製タイヤチェーンにありがちな、増し締めが必要なく、チェーンの張りは自動なので安心です。

おすすめ人気タイヤチェーン9:オートトラック

軽量でコンパクトな金属製タイヤチェーン「オートトラック」は、深雪や横滑りに強い亀甲型のタイヤチェーンです。タイヤチェーンを初めて装着するといった方でも、簡単にしっかりと装着できるのがおすすめのポイントです。

オートトラックのタイヤチェーンは、自動増し締め機(オートコネクター)が2ヶ所ついているので、走行しながら、チェーンがタイヤにフィットするように締まっていきます。そのため、少し走行したのちの増し締めが必要ありません。

こちらのチェーンは、乗用車と小型RV車が対応している車種です(小型トラック装着不可)。ノーマルタイヤ・オールシーズンタイヤ・スタッドレスタイヤに対応していますが、装着できないタイヤもあります。必ずサイズや適応車種の確認をおすすめします。

おすすめ人気タイヤチェーン10:コーニック P1マジック

簡単に装着ができ、取り外しも簡単なタイヤチェーン「コーニック P1マジック」です。コーニックには、様々な種類のタイヤチェーンがありますが、共通項である「マジックテンションシステム」(装着後の増し締め無し)を採用しています。

簡単に装着できる上に、走行中にベストなポジションに修正してくれるのが魅力的の金属製タイヤチェーンです。走行時も安定しているため、横滑りやふらつきが起こりにくく、非対称の亀甲型が安定走行のカギを握っているようです。

対応している車種が幅広く、軽自動車や乗用車、1BOXやミニバンにも対応しております。価格帯は2万円以下で購入できますが、リーズナブルなチェーンと比較すると高く感じます。脱着や増し締めの事を考えると、持っていて安心の、おすすめタイヤチェーンです。

おすすめ人気タイヤチェーン11:デリバリーチェーン

はしご型のタイヤチェーン「デリバリーチェーン」は、耐久性が高くて壊れにくく、乗り心地も悪くないタイヤチェーンです。はしご型は、一般には横滑りに弱いと言われているのですが、横滑りが起こりにくいのです。

ケーブルチェーンのスプリングが回転することで、路面からの衝撃を分散してくれるため、横滑りが起こりにくくなっています。積雪路面や凍結路面でポテンシャルを発揮しますが、乾燥路面では空転することがあります。

夏タイヤやスタッドレスタイヤの適合サイズが、195/80R16から235/60R17.5と幅広いのです。重量でいうと、2tから25tまでの車両に対応しています。そのため、小さな車両には向かないのがデメリットです。

おすすめ人気タイヤチェーン12:バイスソック

布製タイヤチェーン「バイスソック」は、特殊繊維を用いることで、撥水性が高く駆動力をしっかりと伝える構造になっています。積雪がある路面、氷のある路面からの脱出用となっているので、高速道路では使用が難しいので、この点は注意が必要になります。

布製なので、ブレーキの利きもよく、凍結路面でも、しっかりとした走行が可能となっています。走行時の音や振動が静かなのですが、長距離の移動には向かないので、緊急脱出用に持っておくことをおすすめします。

おすすめ人気タイヤチェーン13:スノーテックス

布製タイヤチェーンのおすすめ「スノーテックス」(雪道走行用)があります。スノーテックスの特徴は、排水性が高い特殊繊維にあります。伸縮性のある繊維がタイヤにフィットして、快適に雪道の走行を可能にしています。

高速道路など、チェーン規制がある場所では使うことが難しいですが、緊急用の応急処置でお持ちになっていると良いでしょう。装着も簡単で、急な雪道の走行に対応に良さそうです。タイヤの対応サイズは、175/80-13から、215/50-15と幅広く対応していますが、購入前にサイズの確認をおすすめします。

冬道走行にタイヤチェーンを準備しておくのがおすすめ!

タイヤチェーンのおすすめ13選をご紹介しましたが、いかがでしょうか?スタッドレスタイヤだけでは、冬道の走行が不安になる方や、山道を走行される際に、車に常備しておくと安心なのではないでしょうか。

もちろん、タイヤチェーンがどれを購入しても適応しているわけではありません。車種によって適応サイズがあり、種類も非金属やゴム製などがあり、走行する道によっては選び方も重要なポイントになってきます。

タイヤチェーンを付ければ、大丈夫だと安心するのではなく、時間に余裕を持ち、速度を落として走行することも大切なことです。タイヤチェーンを装着することで、少しでも危険を回避し、安全に走行するサポートになれば幸いです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
kana

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ