ゆで太郎のランチは500円で味わえる?人気の日替わりメニューや店舗も紹介

2019年1月5日 (2019年3月1日最終更新)

そばのチェーン店で全国展開をしているゆで太郎。美味しいそばをリーズナブルな値段で食べられるということで多くのお客さんが訪れています。ゆで太郎ではランチも好評で、なんと500円で食べられるメニューもあるんです。そんなゆで太郎のランチについて紹介します。

目次

  1. 全国展開しているゆで太郎のランチ
  2. ゆで太郎ってどういうお店?
  3. ゆで太郎の店舗
  4. ゆで太郎のこだわり
  5. ゆで太郎で人気のランチ
  6. ゆで太郎の日替わりランチとは
  7. ゆで太郎の日替わりランチを食べられる時間帯
  8. ゆで太郎の日替わりランチ1:月曜日
  9. ゆで太郎の日替わりランチ2:火曜日
  10. ゆで太郎の日替わりランチ3:水曜日
  11. ゆで太郎の日替わりランチ4:木曜日
  12. ゆで太郎の日替わりランチ5:金曜日
  13. ゆで太郎の日替わりランチ6:土曜日
  14. ゆで太郎では500円で食べられるランチもある
  15. ゆで太郎でランチに楽しめる人気メニュー1:かけそば
  16. ゆで太郎でランチに楽しめる人気メニュー2:もりそば
  17. ゆで太郎でランチに楽しめる人気メニュー3:中華そば
  18. ゆで太郎でランチに楽しめる人気メニュー4:満腹セット
  19. ゆで太郎のランチでも楽しめるトッピング
  20. ゆで太郎でお得なランチを食べよう

全国展開しているゆで太郎のランチ

全国に200店舗以上展開しているゆで太郎。「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」のおそばをリーズナブルな値段で食べられるということで多くのお客さんが訪れています。そんなゆで太郎では、ランチメニューが非常に安くてお得だと話題になっています。500円で食べられるメニューもあるゆで太郎について紹介します。

Originalゆで太郎の朝ご飯がとってもお得!食べられる時間帯やセットメニューもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
このページでは、そば等のメニューを中心に全国展開する人気チェーン店のゆで太郎の朝ごはんメニュ...

ゆで太郎ってどういうお店?

まずは「ゆで太郎」について紹介します。ゆで太郎は信越食品株式会社と株式会社ゆで太郎システムが展開している、立ち食いそばのチェーン店です。1994年に信越食品株式会社がゆで太郎の1号店がオープンし、2004年に株式会社ゆで太郎システムが設立されました。

信越食品株式会社と株式会社ゆで太郎システムは資本関係はなく、マスターフランチャイズ契約となっています。二社が同一屋号・同一サービスで展開しているのが「ゆで太郎」なんです。

ゆで太郎はフランチャイズシステムを展開しており、年々店舗数を増やしています。2018年6月には全国で200店舗を展開しており、その店舗数はますます増えています。

ゆで太郎の店舗

全国に200店舗以上あるゆで太郎の店舗ですが、自分の家の近くにあるかどうか気になるところではないでしょうか。ゆで太郎の店舗は、北は北海道、南は福岡県までと幅広く展開しています。

ゆで太郎の店舗は関東を中心に広がっており、近畿地方や中国地方、四国地方には店舗がありません。気になる方はぜひお近くに店舗があるかどうかゆで太郎のHPからチェックしてみてください。

関東には非常に店舗が多いため、関東にお住まいの方はゆで太郎を見たことがある方も多いかもしれません。

ゆで太郎のこだわり

ゆで太郎では様々なこだわりがあり、いずれの店舗でも同様に美味しいそばを出せるようにフランチャイズ契約しています。ゆで太郎のおそばは非常に安くて美味しいと一度行かれるとリピーターとしてまた訪れるお客さんも多いですが、こだわって作られたおそばの味のおかげです。そのゆで太郎のこだわりとは一体何でしょうか。

「三たて」のこだわり

ゆで太郎のおそばは「三たて」にこだわっています。「三たて」とは「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の3つのことであり、いずれの店舗でもこれらにこだわっているため美味しいおそばが提供できているんです。

まずは「挽きたて」ですが、ゆで太郎では指定の製麺所で丁寧に挽いた蕎麦粉を使用しています。そして「打ちたて」は店舗にて毎日そば粉を粉から製粉していることです。最後の「茹でたて」は注文が入ってから目の前で茹でることです。

挽きたて・打ちたて・茹でたてのおそばは美味しいおそばを提供する条件としてゆで太郎が大切にしていることです。いずれの店舗でも自分で製粉して、注文が入ってから茹でるということを徹底しています。

「つゆ」のこだわり

美味しいおそばは、麺も大切ですが麺に合わせる「つゆ」も非常に大切です。そのそばつゆもゆで太郎ではこだわった素材を使って作られています。

つゆに使用しているお醤油は銚子のものを使用、出汁をとるのに必要なかつお節は厳選したものをブレンド、そしてみりんは流山で作られた上品な味わいのものを使用しています。いずれもこだわり尽くされたものを使用しているのでおそばにぴったりの絶品のつゆとなっています。

値段へのこだわり

ゆで太郎の特徴として非常に値段が安いことが挙げられます。ランチも500円というリーズナブルな値段で食べることができると人気ですが、この安い値段もゆで太郎のこだわりの結果なんです。

ゆで太郎では、おそばを毎日でも食べてもらいたいと日常食としての位置づけで提供されています。そのため、多くの方に利用してもらうと原材料の仕入れも安くなるということで年々店舗数も増えています。また、様々な工程を店舗にて行ったり、券売機を利用したりと様々な工夫をして現在のように安い値段で提供できるようになっているのです。

ゆで太郎で人気のランチ

様々なこだわりがあるゆで太郎ですが、いずれのメニューも非常にリーズナブルな値段で満足度が高いと口コミでも評価が高いです。そんなゆで太郎で食べられるセットのランチが500円からメニューがあり、サラリーマンを中心に人気が高いんです。

毎日のランチとなるとできるだけ安くて美味しいものを食べたいと思われるのではないでしょうか。ゆで太郎で提供されるランチはまさにその安くて美味しいを満たしているものなんです。美味しくてボリュームがあるランチが食べたくなったらぜひゆで太郎に足を運んでみてはいかがでしょう。

ゆで太郎の日替わりランチとは

ゆで太郎では、ランチメニューとして「日替わりランチ」があります。こちらは曜日によってメニューが決まっており、「日替わり得セット」という名前で提供されています。各曜日のメニューは後述しますが、全ての曜日で様々なジャンルのメニューが用意されているため、一週間ランチで毎日通っても飽きないほどのしっかりとした内容となっています。

ちなみに「日替わり得セット」は以前は「日替わり得ランチ」という名前でランチタイムのみの提供でしたが、2017年12月より時間帯も変わり「日替わり得セット」という名前に変更になりました。値段も500円だったのが550円と変更になっています。

ゆで太郎の日替わりランチを食べられる時間帯

ゆで太郎の日替わり特セットを食べられる時間帯ですが、なんとランチタイムのみならず11時から閉店まで注文することができます。ゆで太郎は特に休憩時間などを設けておらず、通し営業となっていますのでランチを食べそびれてしまったという方でも注文することができます。

ランチメニューの注文は14時までや15時までといったお店が多い中、11時以降であればランチでもディナーでも、どの時間帯でも注文することができるという日替わり得セットは非常に人気が高いです。

周辺のお店がランチタイムが終わったとしてもゆで太郎ではランチでお得なセットメニューが注文できると評判が高いです。日替わり得セットはランチ以外でもディナータイムに注文される方も多いです。ただし、日替わり得セットは11時前の注文は不可なのでご注意ください。

ゆで太郎の日替わりランチ1:月曜日

それでは、ゆで太郎の「日替わり得セット」のそれぞれの曜日の内容を紹介します。提供は月曜日から土曜日まででいずれの値段も550円です。まずは月曜日です。月曜日は「ミニ豚ロース天丼セット」です。こちらはミニ豚ロース天丼におそばがついています。

メインはミニ豚ロース天丼です。こちらはミニと名前はついていますが、想像よりも大きな丼で提供されたという口コミが多く見られます。豚ロース肉は2枚も入っておりランチとしても食べごたえも抜群です。豚肉を揚げるといえばとんかつのイメージが強いですが、天ぷらにするととんかつとはまた違った味わいを楽しむことができます。

セットについているおそばは温かいそば、もしくは冷たいそばから選ぶことができます。揚げ物である天丼を食べながらおそばを食べると口の中がさっぱりとして、どちらも最後まで美味しくいただくことができます。

ちなみにおそばはミニサイズではなく通常サイズのものがセットになっています。もりそばやかけそばは単品で注文すると320円ですので、プラス180円でミニ丼がついてくることになります。単品ごとをそれぞれ注文するよりも圧倒的にお得な値段でランチがいただけます。

ゆで太郎の日替わりランチ2:火曜日

続いて日替わり得セットの火曜日の内容です。仕事が始まって二日目の火曜日、まだまだ週末までは長いのでランチでしっかりと精をつけませんか。火曜日は「ミニかつ丼セット」であり、ミニかつ丼におそばがついています。

ミニかつ丼セットは一週間のメニューの中でも一番人気が高いメニューとなっています。さっくりとしたとんかつを卵でとじてあるのでふんわりとした食感も楽しむことができ、お肉の旨味をしっかりと引き出しています。ランチにボリュームがあるかつ丼を食べて火曜日を乗り切りましょう。

ゆで太郎の日替わりランチ3:水曜日

続いて日替わり得セットの水曜日の内容です。週の真ん中である水曜日、少し疲れがたまってくることではないでしょうか。そんなときにおすすめのランチが水曜日の「メンチカツカレーそばセット」です。こちらはメンチカツカレーそばにご飯がついており、一週間で一番ボリュームがあるのではないでしょうか。

ゆで太郎のおそばはそのままシンプルにかけそばで食べても美味しいのですが、その美味しいおそばにカレーをかけたカレーそばもおすすめなんです。

カレーのとろみや辛味がシンプルなおそばにぴったりです。そのカレーそばにさらにメンチカツものっているという夢のようなボリューム満点のおそばです。

おそばにかかっているカレーは、おそばと一緒に食べても美味しいですしメンチカツと一緒に食べても美味しです。このセットにはご飯もついていますが、カレーとご飯の相性ももちろんばっちりです。カレーがかかったメンチカツはおそばでもご飯でも美味しくいただけます。

ゆで太郎の日替わりランチ4:木曜日

続いてゆで太郎の日替わり得セット、木曜日の内容です。木曜日は「ミニ海老天とじ丼セット」であり、こちらもミニ海老天とじ丼におそばがついています。ゆで太郎では、おそばのトッピングとして海老天が非常に人気が高いですが、この海老天はご飯との相性も抜群なんです。ランチとして人気が高いメニューです。

大きな海老天が2匹入っているミニ海老天とじ丼ですが、そのまま食べても美味しい海老天が卵でとじてあるためふんわりと軽めの食感になり美味しくいただくことができます。少し甘めの出汁に包まれた海老天とじ丼はご飯が進んで困ってしまいます。

ゆで太郎の日替わりランチ5:金曜日

ゆで太郎の日替わり得セットの金曜日の内容は何でしょうか。金曜日は「ミニカツカレーセット」です。ゆで太郎はそもそもおそばの専門店ですが、ランチにカレーも非常に高い人気があるメニューなんです。そのカレーにとんかつがのったカツカレーはもちろん人気のメニューです。

カレーの上にサクサクのとんかつがのったカツカレーは間違いない組み合わせです。ランチにおそばもいいけれどご飯も食べたいという金曜日を狙って訪れるお客さんもいらっしゃるようです。

ゆで太郎の日替わりランチ6:土曜日

ゆで太郎の日替わり得セット、最後の土曜日の紹介です。土曜日は「ミニ海老天丼セット」です。ミニ海老天丼におそばがついている組み合わせであり、天丼もおそばも人気のゆで太郎ではこちらもランチに多くのお客さんが注文しているメニューです。

ミニ海老天丼は、ミニサイズといいながらも大きな海老天が2尾の他にナスなどの野菜も入っており海老天丼だけでも充分満腹になるほどのボリュームがあります。サクサクの天ぷらに甘辛いタレがかかっておりご飯にも染み込んで非常に美味しいと評判なんです。

おそばのトッピングとしても人気が高い海老天などの天ぷらも、ご飯もおそばも楽しむことができる土曜日のセットは、仕事の合間のランチはもちろんのこと、土曜日の仕事が休みの日であってもランチを食べに行かれる方が多いほど人気が高いメニューです。

ゆで太郎では500円で食べられるランチもある

ゆで太郎の日替わり得セット550円と非常にお得ですが、ゆで太郎では500円で食べられるランチもあるんです。500円のワンコインセットは曜日関係なくいつでも注文可能であるので日替わり得セットで食べたいメニューではなかったときに注文される方が多いです。ちなみに500円ワンコインセットはランチタイムのみならず一日中注文が可能です。

500円で食べられるワンコインセットは3種類あり、「ミニおろし焼さばめしセット」と「ミニかきあげ丼セット」、「ミニカレーセット」です。

いずれのメニューもおそばがついており、ボリューム満点です。500円でこれだけの内容のランチを食べることができるお店はなかなかありません。

「ミニおろし焼さばめしセット」は、ご飯の上にたっぷりのほぐした焼さばがのっており自宅で普段魚料理をしない男性を中心に人気が高いメニューです。大根おろしもついているので、一緒に食べると消化によく脂がのっている焼さばもあっさりと食べることができます。ランチにもおすすめのメニューです。

「ミニかきあげ丼セット」はご飯の上に見えなくなるほどの大きなかき揚げがのっています。おそばに乗せても美味しいかき揚げが丼になっており、もちろん美味しいと人気です。

「ミニカレーセット」はカレーもおそばも食べたいという方におすすめです。他店であれば、カレーやおそば単品でも500円では食べられないというところが多い中、ミニサイズとはいえどもカレーとおそばのセットで500円とは非常にリーズナブルです。

ゆで太郎でランチに楽しめる人気メニュー1:かけそば

ゆで太郎でお得にランチが食べられる「日替わり得セット」や500円で食べられる「ワンコインセット」を紹介しました。続いて、一日中注文することが可能なグランドメニューからおすすめのメニューを紹介します。ランチでも、ディナーでも楽しむことができる最初のおすすめは「かけそば」です。

やはりゆで太郎に行ったらまずはおそばの味をしっかりと楽しんでほしいということで「かけそば」は外せません。かけそばの値段はなんと320円という非常にリーズナブルであり、ボリュームもしっかりあるんです。

ゆで太郎のこだわりである「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」を堪能できるのがこのかけそばではないでしょうか。余計なものが入っていないので純粋におそばの味と出汁の味を楽しむことができます。

ちないに麺類やご飯類をプラス100円で大盛りにすることも可能です。ゆで太郎のおそばは通常でも非常に量が多いことで有名ですが、大盛りにするとさらにボリューム満点、特にお腹が空いたときに大盛りにすることをおすすめします。

シンプルなかけそばもいいですが、何か少し付け加えたいという方はトッピングもあります。トッピングについては後述しますが、トッピングをすることによって自分だけのオリジナルそばを作ることができます。

ゆで太郎でランチに楽しめる人気メニュー2:もりそば

続いてゆで太郎でのランチでおすすめなのが「もりそば」です。温かいおそばもいいけれど、冷たいおそばも好きだという方も多いのではないでしょうか。シンプルなもりそばもサッと食べるのにぴったりでランチで人気のメニューなんです。

もりそばの値段は、かけそばと同じく320円です。もりそばは2枚もりや特もりもあり、2枚もりの場合は470円、特もりの場合は600円です。ちなみに特もりは3枚もりのこととなっています。

茹で上がったおそばを冷やしてあることによってコシがありしこしことしたおそばはついつい箸が進んでしまいます。夏の暑い日など食欲があまりでないといったときのランチに特に人気があるメニューです。

ゆで太郎でランチに楽しめる人気メニュー3:中華そば

ゆで太郎はおそばのお店ですが、ランチで中華そばも人気が高いメニューの一つなんです。おそばのチェーン店で中華そばとは不思議な感じがしますがゆで太郎ではランチとして中華そばを注文しているお客さんも多く見受けられます。中華そばの値段は390円です。

中華そばにはチャーシューとわかめ、メンマがトッピングされており町の中華料理店と同様のビジュアルです。中太の縮れ麺に出汁がきいたスープが絡んであっさりと食べきれてしまいます。スープはかつお節・鶏・豚・煮干しで出汁が取られており万人受けする味わいとなっています。

冷たい麺がお好きだという方にはランチに「ざる中華」もおすすめです。ざる中華の中華そばと同様値段は390円です。夏の暑い日のランチにざる中華は人気が高いです。

ゆで太郎でランチに楽しめる人気メニュー4:満腹セット

おそば単品もいいけれど、おそばと丼やおそばとカレーなど二つの味を楽しみたいという方のランチにおすすめなのが「満腹セット」です。こちらは冷たいおそばもしくは温かいおそばプラスカツ丼がセットになった「満腹カツ丼セット」もしくはカツカレーがセットになった「満腹カツカレーセット」があります。

おそばもカツ丼もカツカレーも、いずれも通常サイズなのでボリューム満点です。特に沢山食べたい男性がランチに注文されています。満腹カツ丼セットも満腹カツカレーセットも値段はどちらも880円です。

ちなみに丼やカレーはミニサイズで良いという方にはミニ丼セットもあります。ミニ丼の場合は680円となり、様々な丼が用意されています。食べたいものと訪問した曜日がぴったり合えばミニ丼セットよりも日替わり得セットがお得ですので、まずはランチのメニューとして日替わり得セットをチェックしてみてください。

ゆで太郎のランチでも楽しめるトッピング

ゆで太郎では、様々なトッピングが用意されており自分で好きなトッピングを選ぶことによってオリジナルのおそばを食べることができます。おそばにぴったりの海老天やかきあげ、とろろやわかめなど様々なものが揃っています。

おそばにのった天ぷらもいいけれど、天ぷら単独で食べたいという場合には天ぷら盛り合わせもおすすめです。さっくりとした天ぷらはそのまま食べてももちろん美味しく盛り合わせになっているので様々な味を一度で楽しむことができます。

その他にもメンチカツやコロッケ、いなり寿司やご飯など様々なメニューがありトッピング次第で全く違うメニューとして楽しむことができるのもゆで太郎の魅力の一つです。お酒にもぴったりなのでお酒のおつまみとして注文される方もいらっしゃいます。

変わったトッピングとしてカレールーもあります。こちらはご飯にかけてカレーライスとして食べても、おそばに乗せてカレーそばとして食べても美味しくて様々な楽しみ方ができるトッピングです。

トッピングの他にも、ゆで太郎では様々な薬味が揃っています。揚げ玉や一味唐辛子の他に、紅ショウガやネギ、柚子粉、醤油、すりごま、とんかつソースにワサビ、福神漬けなどがありお好きなものをとることができます。薬味のネギも増量することが可能なのも嬉しいポイントです。

ゆで太郎でお得なランチを食べよう

いかがでしたか。ゆで太郎でお得に食べられるランチをご紹介しました。もりそばやかけそばが単品で320円、500円で食べられるワンコインセット、550円の日替わり得セットなど様々なお得なメニューが揃っているゆで太郎。ぜひランチのお店選びで迷ったときにはぜひゆで太郎に足を運んでみてはいかがでしょう。

関連記事

Original
この記事のライター
reiko

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ