ケンタッキーの糖質量まとめ!ダイエット中でも食べられるメニューは?

2019年1月9日 (2019年1月12日最終更新)

ケンタッキーのメニューの糖質をチェックしましょう。ダイエット中には糖質制限をされる方も多い中、気になるケンタッキーメニューの糖質量を把握しておきましょう。糖質制限中は気になる点となりますが、実際にケンタッキーは糖質が低いメニューもあるので注目してみましょう。

目次

  1. ケンタッキーのメニューは糖質制限ダイエットに向いている
  2. ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧①チキン編
  3. ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧②サンド編
  4. ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧③ツイスター編
  5. ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧④サイドメニュー編
  6. ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧⑤期間限定メニュー編
  7. 糖質制限中にケンタッキーフライドチキンを食べるときの注意点
  8. 糖質制限中はケンタッキーを活用しよう!

ケンタッキーのメニューは糖質制限ダイエットに向いている

ケンタッキーのメニューは糖質制限ダイエットに向いているのかについてご紹介させて頂きます。近年話題となっている糖質制限ダイエットは効果もあり、たくさんのダイエット法の中でも注目されています。

糖質制限は過酷で辛いイメージがありますが、糖質が少ない食べ物であれば安心してチョイスする事が出来ます。

食べたい時に食べれない辛さは、頑張ってダイエットをしても諦めてしまったりリバウンドする可能性もあります。

外食をする時も商品メニューの糖質を知っておくだけでも、安心して楽しむ事が出来ます。今回大人気のフライドチキンのメニューの糖質についてまとめてご紹介させて頂きますので、気になるメニューをチェックしておきましょう。

ケンタッキーフライドチキンは糖質が低い

続いてケンタッキーフライドチキンの糖質についてご紹介させて頂きます。ケンタッキーの看板メニューであるフライドチキンは絶品で、ケンタッキーならではの味や風味やジューシーさが病みつきになってしまいます。

高カロリーでダイエットに不向きと想像しがちなケンタッキーフライドチキンですが、以外にも糖質が低いので糖質制限ダイエットの方にはおすすめのメニューとなります。

フライドチキンに使用されている鶏肉の部位やチキンの種類によっても糖質は変化します。また糖質の計算の仕方は炭水化物のグラム数を食物繊維のグラムを引いた値が糖質のグラム数となるので覚えておきましょう。

チキンを中心に注文すればOK

ダイエット中や糖質制限をされている場合には糖質が低いケンタッキーフライドチキンを中心に注文するのがおすすめとなります。

フライドチキンはケンタッキーのメニューの中でも糖質が低いのでおすすめとなります。実際にケンタッキーのメニューの中でもサンド系メニューは糖質も高く更にカロリーも高いので、ダイエット中には避けたいメニューなので注意しておきましょう。

またケンタッキーで注文する際にはフライドチキンをメインとして注文すれば、糖質制限をしている方にはおすすめとなります。

量を多く食べ過ぎないことが大切

ケンタッキーフライドチキンは糖質が低カロリーでも食べすぎには注意となります。ダイエット中は低カロリーのものでも、食べすぎてしまっては摂取カロリーも多くなってしまいます。

フライドチキンも同じように、お腹いっぱいに食べてしまうと、その分糖質も高くなってしまいます。なので量や食べすぎには注意して制限しながら食べましょう。

ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧①チキン編

続いてケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧をご紹介させて頂きます。ケンタッキーのメニューの中でも大人気のフライドチキンです。更にフライドチキンは以外に糖質が低いのでおすすめのメニューとなりますので大注目しておきましょう。

気になるフライドチキンの糖質についてまとめてご紹介させて頂きます。ケンタッキーフライドチキンの定番メニューの糖質の量を事前に把握しておきましょう。

オリジナルチキン 7.6g

まず初めにケンタッキーフライドチキンの定番メニューでもあるオリジナルチキンの糖質をご紹介させて頂きます。

美味しいケンタッキーフライドチキンは普段の日でも、またクリスマスシーズンには大注目の人気メニューとなります。

オリジナルチキンの原材料は鶏肉でタンパク質が豊富なのでダイエット中でもおすすめのメニューとなります。気になるオリジナルチキンの糖質の量は8.5gとなります。

ダイエット中には気になってしまうカロリーは1本当たり237キロカロリーで、大きさの量によっては多少の違いはあります。

フライドチキンは揚げ物なので高カロリーで糖質も多い様に想像してしまいます。しかし実際は思っているよりもカロリーも低い上に糖質も低いのでおすすめのメニューです。

骨なしケンタッキー 10.7g

続いてケンタッキーの骨なしチキンの糖質についてご紹介させて頂きます。骨なしケンタッキーは食べやすく、そのままかぶりついて食べることが出来ます。

オリジナルチキンも大人気ですが、食べやすい骨なしケンタッキーにも大注目してみましょう。骨なしケンタッキーの糖質は10.7gとなります。

オリジナルチキンと比べても少し糖質が高くなりますが、それでも糖質量は低いのでおすすめです。骨なしなので食べれる量が多いのが、この糖質の差となっています。

更またケンタッキーフライドチキンオリジナルチキンは部位によって糖質は多少違うものの、実際は約0.1g未満程なのであまり気にしないでも問題ありません。

ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧②サンド編

続いてケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧のサンド編をご紹介させて頂きます。美味しいバンズで挟んだ人気のサンドメニューはケンタッキーでも大人気となっています。

ランチやディナーでケンタッキーで食べる際には、サンド系のメニューを注文して更にチキンやサイドメニューを注文するのが多いので気になる糖質の量を把握しておきましょう。ケンタッキーで大人気の定番サンドメニューの糖質量に大注目してみましょう。

チキンフィレサンド 31.8g

まず初めにケンタッキーの定番のサンドメニューのチキンフィレオサンドをご紹介させて頂きます。美味しい骨なしケンタッキーをサンドしたチキンフィレオは大人気メニューとなります。

気になるチキンフィレオサンドの糖質量は31.8gと糖質は高めとなりますので注意しておきましょう。更にチキンフィレオサンドのカロリーは404キロカロリーで糖質が高くなっているのは、やはりサンドのバンズの糖質が高めなので注意しておきましょう。

和風チキンカツサンド 38.3g

続いてケンタッキーの人気メニューの和風チキンカツサンドの糖質をご紹介させて頂きます。チキンフィレオサンドに続く人気メニューで、和風カツサンドが絶品です。

気になる和風チキンカツサンドの糖質量は38.3gです。炭水化物が40.1gに対して食物繊維の量は1.8gなので糖質は高めです。更に和風チキンカツサンドのカロリーは474キロカロリーとなります。

また期間限定メニューで登場するケンタッキーのサンドメニューはチキンフィレオサンドや和風チキンカツサンドとだいたい同じ糖質量で30gから40g程となります。

カロリーも400キロカロリー以上となりますので、ダイエットや糖質制限をしている方は注意しておきましょう。

ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧③ツイスター編

続いてケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧のツイスター編をご紹介させて頂きます。ケンタッキーでサンドメニューと並ぶ程に人気のツイスターは、クリスピーチキンと野菜を薄いナンで細長く巻いたメニューとなります。

野菜がたっぷり入っているのでダイエット中の方やヘルシー志向の女性には大人気のメニューとなっていますので注目しておきましょう。

野菜たっぷりツイスター(ペッパーマヨ) 30.1g

まずケンタッキー定番メニュー野菜たっぷりツイスターのペッパーマヨの糖質についてご紹介させて頂きます。

ツイスターで主に使用されているのはナンと野菜とクリスピーチキンとなりますが、中に入っているソースにはペッパーマヨネーズが使用されています。

気になる糖質量は30.1gで炭水化物32.1gで食物繊維は2gとなります。気になるカロリーは340キロカロリーでサンドメニューよりは糖質も低い上にカロリーも低いのでおすすめです。

野菜たっぷりツイスター(てりやき) 33.6g

続いてケンタッキーで人気のツイスター2つ目の野菜たっぷりツイスターのていやき味の糖質をご紹介させて頂きます。

上記でご紹介させて頂いたペッパーマヨのソースからてりやきソースにチェンジをしたメニューとなります。気になるツイスターてりやきの糖質量は33.6gとなりますが、ペッパーマヨのよりは3.5g程の違いがあります。

てりやきソースの糖質の違いとなりますが、カロリーも20キロカロリー程の違いとなります。多少の糖質ではありますが、てりやきよりもペッパーマヨの方は糖質もカロリーも低いのでチェックしておきましょう。

Originalケンタッキーツイスターのメニューは?味やセット・値段なども調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ケンタッキーのツイスターは、誰もが知っているケンタッキーの人気商品です。知っているけどまだ食...

ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧④サイドメニュー編

次にご紹介するのはケンタッキーフライドチキンメニューのサイドメニューの糖質一覧について注目しておきましょう。

フライドチキンやサンドやツイスターのメニューをご紹介させて頂きましたが、セットで注文すれば付いてくるサイドメニューの糖質にも注目しておきましょう。

サイドメニューの種類はたくさんあり、1品だけでは物足りない方も糖質が低いサイドメニューをセットで注文しましょう。またその場合には糖質が低いサイドメニューをチョイスしておくのがポイントとなります。

カーネリングポテトS 19.5g

まず初めにケンタッキーフライドチキンのサイドメニューのカーネリングポテトSサイズの糖質をご紹介させて頂きます。

ケンタッキーではセットを注文すると必ず付いてくるフライドポテトは必見となりますので注目しておきましょう。まず気になる糖質量は19.5gで、ポテトなのでじゃがいもなので糖質が高めとなってしまいます。

カーネリングポテトR 39.1g

続いてご紹介させて頂くのはケンタッキーのカーネリングポテトRサイズの糖質に注目しておきましょう。食べ応えのあるRサイズのポテトの糖質量は39.1gで炭水化物42.6gに食物繊維が3.5gとなります。

カロリーも432キロカロリーと高カロリー気味なので注意しておきましょう。美味しいポテトはレギュラーサイズでも39.1gだと糖質がオーバーしてしまいます。

カーネリングポテトBOX 85.5g

続いてケンタッキーのカーネリングポテトのBOXサイズの糖質をご紹介させて頂きます。糖質の高いケンタッキーのポテトですが注文の糖質は85.5gとなります。

驚きの糖質で一人向きではなく、パーティ用や数人でシェアするのがおすすめとなります。ポテトは糖質量も高いので糖質制限ダイエットをしている方はポテトは極力さけておくのがおすすめです。

ビスケット 22.5g

続いてケンタッキーのサイドメニューのビスケットの糖質をご紹介しさせて頂きます。長年ケンタッキーの人気商品となっているビスケットはリング状の厚みのある独特でパンケーキの様なメニューです。

気になるケンタッキーのビスケットの糖質量は22.5gとなります。生地も炭水化物が多く、メープルシロップをかけて食べるので少し糖質は高めとなっています。

カーネルクリスピー 6.6g

続いてケンタッキーのサイドメニューのカーネルクリスピーの糖質をご紹介させて頂きます。カーネルクリスピーは先程ご紹介させて頂いた、クリスピーに使用されているチキンとなります。

カーネルクリスピーの原材料は鶏肉の部位は胸肉を使用しています。ダイエット中は人気となっています。低カロリーであり高たんぱく質でおすすめのです。

気になるカーネルクリスピーの糖質は6.6gとなります。カロリーも1本当たり130キロカロリーで糖質も低い上に、低カロリーなのでおすすめのメニューとなります。

オリジナルチキンよりもカーネルクリスピーは低糖質で低カロリーなのでダイエット中はおすすめのメニューなのでチェックしておきましょう。

ナゲット5ピース 14.5g

続いてケンタッキーのサイドメニューのナゲット5ピースをご紹介させて頂きます。国内産チキン100%使用しています。

気になるケンタッキーのナゲットは5個入りで糖質14.5gとなります。ケチャップソース入りの糖質となっています。

コールスローS 5.3g

続いてケンタッキーのサイドメニューのコールスローS 5.3gの糖質をご紹介させて頂きます。ケンタッキーのサイドメニューの中でもサラダメニューとして大注目してみましょう。

コールスローSサイズの糖質は5.3gとなります。コールスローはケンタッキーのチキンとの相性も良く、ダイエット中の方や糖質制限されている方は大注目のメニューとなります。

コールスローM 8.6g

続いてケンタッキーのサイドメニューのコールスローMサイズの糖質をご紹介させて頂きます。低糖質で低カロリーのコールスローのMサイズの糖質は8.6gとなります。

SサイズとMサイズとの差もほとんどなく、糖質が低いのでおすすめのメニューとなります。また気になるカロリーはMサイズでも150キロカロリーとなります。

コールスローはケンタッキーメニューの中で最も糖質が低くて、低カロリーメニューとなりますので把握しておきましょう。

コーンサラダ 13.0g

ケンタッキーのサイドメニュー最期にご紹介させて頂くのはコーンサラダに注目しておきましょう。ケンタッキーメニューの中でも低カロリーで糖質も低いコーンサラダの糖質は13.0gとなります。

炭水化物も少なく、更に食物繊維は多いので糖質も低いのでおすすめとなります。ケンタッキーのメニューの中でもコールスローに続く低糖質のメニューとなりますので大注目しておきましょう。

ケンタッキーフライドチキンメニューの糖質一覧⑤期間限定メニュー編

続いてケンタッキーフライドチキンの糖質一覧の期間限定メニューをご紹介させて頂きます。ケンタッキーでは年間を通して期間限定メニューが度々登場します。

人気の限定メニューの糖質に大注目しておきましょう。チキンやドリンクメニューまでをご紹介しますのでチェックしておきましょう。

レッドホットチキン 9.3g

ケンタッキーフライドチキンの中でもトップ2の人気を誇る期間限定のレッドホットチキンの糖質についてご紹介させて頂きます。

ケンタッキーでレッドホットチキンを発売した当初は夏限定のメニューですが、現在は期間限定メニューではありますが夏の季節以外でも登場する大人気メニューとなります。

気になるレッドホットチキンの糖質は1本あたり9.3gとなります。オリジナルチキンよりも少し高カロリーとなりますが、それでも糖質とカロリーは低めで楽しむ事ができるので大注目しておきましょう。

濃厚香味バターチキン 9.9g

続いてケンタッキーの期間限定メニューの濃厚香味バターチキンの糖質をご紹介させて頂きます。人気の期間限定メニュの濃厚香味バターチキンの気になる糖質は9.9gとなります。

カロリーは1本あたり270キロカロリーで糖質制限中でもおすすめとなります。またケンタッキーのフライドチキンは基本糖質量は10g程度となりますので、低糖質メニューなのでチェックしておきましょう。

贅沢ビターショコラ ザ・ショコラ 47.0g

続いてケンタッキーの期間限定メニューの贅沢ビターショコラ ザ・ショコラをご紹介させて頂きます。ケンタッキーのメニューの中でも糖質を気にするのは食べ物だけではありません。

期間限定で登場するドリンクメニューの糖質にも注目しておきましょう。濃厚でおいしい限定の贅沢ビターショコラ ザ・ショコラの糖質は驚きの47.0gとなります。

糖質がとても高くて、この糖質量は何とごはん一杯分の量に相当する糖質となりますので注意しておきましょう。

糖質制限中にケンタッキーフライドチキンを食べるときの注意点

最後に糖質制限食中にケンタッキーフライドチキンメニューを選ぶ時の注意点についてご紹介させて頂きます。

近年大注目されている糖質制限ダイエットですが、カロリーよりも糖質量に重点を置いた上で選びます。

ダイエット中は特に外食は難しくて敷居が高く感じられますが、事前にメニューの糖質を把握しておけば問題ありません。

ケンタッキーで注文をする際には低糖質メニューを上手くチョイスしながら選ぶのがポイントとなります。低糖質ダイエットの際は是非参考にしみましょう。

サンドやツイスター、ポテトは避ける

まず始めにケンタッキーフライドチキンでメニューを選ぶ際にはサンドやツイスター、ポテトのメニューは避けるようにしましょう。

お腹が空いている時にはサンドやツイスターのメニューを選びがちですが、糖質は高く制限している人はおすすめしません。

ツイスターも野菜がたっぷり入っていて、カロリーもサンドメニューに比べると少ないですが糖質は高いです。またポテトも原材料はじゃがいもなので糖質が高いので注意しておきましょう。

チキンとサラダ以外は注文しない

続いてケンタッキーフライドチキンではおすすめのケンタッキーセットのメニューをあえて選ばずに、チキンとサラダを単品としてメインで注文するようにしましょう。

ケンタッキーの低糖質でおすすめのチキンとサイドメニューのサラダ以外は基本、糖質が高めなので注意しておきましょう。

なのでケンタッキーで注文する際にはチキンとサラダは糖質制限ダイエット中でもおすすめなので、それ以外の糖質が高いメニューは極力注文しないようにしましょう。

部位はキールかリブがおすすめ

最後にケンタッキーフライドチキンのオリジナルチキンで選ぶチキンの部位についてご紹介させて頂きます。ケンタッキーのオリジナルチキンの中でも鳥肉の部位があります。

更に部位によっては味や食感などが違います。ケンタッキーフライドチキンの部位は大きく分けて5種類あります。

1番人気のドラムは足の部位、ウィングは手羽先部分、サイは腰の部位、キールは胸肉、リブはあばらの部位となります。更に糖質制限の時にはチキンのキールやリブの部位がおすすめとなります。

キールは脂身の少ないあっさりした胸肉の部位となりますのでおすすめです。更にリブは骨が多い場所ではありますが、他の部位に比べると糖質制限中にはおすすめとなりますので大注目しておきましょう。

Originalケンタッキーは部位指定して注文できる?各種類の名前や注文のコツまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ケンタッキーフライドチキンは部位を指定して購入することが可能です。ケンタッキーで使われている...

糖質制限中はケンタッキーを活用しよう!

大人気のケンタッキーはダイエット中や糖質制限をしている方には嫌煙されがちですが、実際は糖質制限中はケンタッキーのフライドチキンが糖質の量が低いのでおすすめのメニューとなっています。

ケンタッキーフライドチキンはその他にもたくさんのメニューがありますが、糖質が高いメニューは極力避けて注文するのがおすすめです。

美味しいケンタッキーでの外食を更に楽しむ為にも糖質の低いメニュー選びや食べる量を上手く調整しながら注文する事によって、ダイエットや糖質制限中でも楽しめるのでおすすめです。ケンタッキーフライドチキンのメニューの糖質量を事前に把握しておきましょう。

関連記事

Missing
この記事のライター
LOOK

日本の人気ランキング

日本の新着のまとめ