めしの助は名古屋で行列ができる人気店!海鮮丼などおすすめランチは?

2019年1月10日 (2019年1月10日最終更新)

名古屋駅前には数多くの飲食店が立ち並ぶ中で群を抜いて高い人気を誇っているのが『めしの助』です。この『めしの助』は名古屋駅から歩いてすぐと言う好立地にある定食屋さんで、リーズナブルな値段で海鮮丼を求めてランチタイムには行列ができるほどです。

目次

  1. めしの助はコスパ最高の定食屋さん
  2. めしの助は名古屋で人気の和食屋
  3. めしの助は朝食やランチにおすすめ
  4. 金曜は夜にもオープンするめしの助
  5. 気になるめしの助の口コミ
  6. めしの助の店舗情報
  7. めしの助の支払い方法
  8. 人気のめしの助で美味しい海鮮を食べよう

めしの助はコスパ最高の定食屋さん

愛知県の名古屋市は三大経済圏のひとつに数えられるだけあって非常に大きな街です。特に名古屋駅の周辺は人の往来が激しく、それを狙って数え切れないほどのお店が軒を連ねる飲食店の超激戦区です。そんな名古屋駅前からすぐのアクセスしやすい場所にあるのが『めしの助』です。今回はこの『めしの助』のメニューや営業時間などをご紹介します。

4e5bd5f141c528d2a5c18d6667dc21ef89cabe56 p名古屋駅・グルメランキング!ランチはもちろん夜も安いと評判のお店など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
数々のご当地グルメが存在している、愛知県名古屋市。そんな名古屋の特徴は、駅周辺でご当地グルメ...

めしの助は名古屋で人気の和食屋

名古屋の『めしの助』は名古屋駅から歩いてすぐの場所にあり、この一帯では珍しく朝食とランチを中心に営業している定食屋さんです。

この『めしの助』はリーズナブルな値段で海鮮丼をはじめとしたボリューム満点のメニューが楽しめると大人気です。

お昼時になると名古屋駅周辺で働いているサラリーマンなどがこぞって『めしの助』にやって来ます。営業時間が限られていることも相まって『めしの助』は行列ができることも珍しくありません。

「魚 しんのすけ」をリニューアルした店

名古屋駅前にはかつて『魚 しんのすけ』という絶品の定食メニューが人気のお店がありました。しかしいろいろな事情が重なって2014年に惜しまれながら『魚 しんのすけ』は閉店します。

そんな『魚 しんのすけ』をリニューアルしてオープンさせたのが今回ご紹介している『めしの助』です。

かつて『魚 しんのすけ』をやっていた同じオーナーの方が同じ場所で再び営業を始めたのが『めしの助』になります。当時から根強いファンがいたお店で、オープンと同時に瞬く間に人気店となりました。

店内はカウンター・テーブル・掘りごたつの席

名古屋『めしの助』は座席数が16ほどと非常に小さなお店です。間口はそこまで大きくないですが奥行きがあって座席が奥の方に向かって伸びています。

ちなみに『めしの助』のカウンター席だけでなく4人用のテーブル席もひとつあり、さらには3人用ではあるのですが掘りごたつも用意されています。

ですから名古屋の『めしの助』はひとりでふらっと海鮮丼を食べに行くのもおすすめですし、大人数でワイワイしながら絶品メニューに舌鼓を打つのもおすすめです。

47213f53c97af54ee64a8d98b6aaf49b名古屋で和食ならココがおすすめ!個室の人気店や隠れ家の店まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
名古屋で和食が美味しい人気のお店を紹介します。個室でゆっくりと和食を楽しめるお店や「こんな所...

めしの助は朝食やランチにおすすめ

名古屋の『めしの助』にはいろいろなメニューがありますが、やはり1番おすすめなのが海鮮丼です。ちなみに『めしの助』では朝食メニューのなかにも海鮮丼があります。

これをお伝えすると「朝から海鮮丼なんて重たいのでは?」と考えてしまう人も多いでしょう。しかしながら『めしの助』にはそんな人でも大丈夫なように「朝の少し小さめの海鮮丼」という名前の特別メニューが用意されています。

お茶碗サイズの非常に小さな海鮮丼なので食が細い人でも安心です。もちろん「朝食からガッツリ食べたい」という人向けの大きなサイズの海鮮丼もメニューにあります。

平日は朝から昼にかけての営業

名古屋『めしの助』は詳細は後述しますが平日の朝から営業しています。海鮮丼以外にも絶品の朝食メニューがいっぱいで、例えば和朝食の定番中の定番とも言える焼き鮭定食はおすすめです。

焼き鮭に白いご飯と味噌汁と生卵、ここにお漬物などが付いた非常にシンプルな定食です。ここ『めしの助』では朝食のメニューであっても作り置きはしません。

注文を受けてから焼くのでできたて熱々なのが嬉しいです。白いご飯と相性抜群のおかずばかりなので圧倒いまに茶碗が空になることでしょう。

ちなみに『めしの助』ではありがたいことに朝食の時間帯は白いご飯のお代わりが自由です。店内の一角に大きな炊飯ジャーが置かれていてそこから好きにご飯をお代わりできるセルフタイプです。

まずは白いご飯を焼き鮭などのおかずと一緒に食べ、次にお代わりをして生卵をかけて食べるのがおすすめのスタイルです。

これだけ至れり尽くせりで『めしの助』の朝食は値段が1000円を切るのでガッツリと食べたい人にはかなりおすすめとなっています。

一番の人気は海鮮丼

『めしの助』で最も人気なのが海鮮丼です。そして朝食やランチのメニューにある海鮮丼はどんな魚介類が出て来るかは日によって違います。

その日に仕入れた魚介類のなかで特にいいものを海鮮丼として使っており、このランダム感も『めしの助』の魅力のひとつとなっています。

ちなみに『めしの助』のメニューで使われている食材はお店からすぐの場所にある名古屋の台所・柳橋中央市場から仕入れているので鮮度は抜群です。とても美味しいので朝食からでもペロッと食べられます。

海鮮丼の主役と言えば言うまでもなく魚介類です。しかし『めしの助』の海鮮丼の主役はそれだけではありません。

海鮮丼を注文するとどんぶりのてっぺんに卵の黄身が乗って出てきます。これがとにかく絶品で大人気です。しかも『めしの助』で海鮮丼に使われている黄身はただ卵を割って乗せただけのものではありません。

醤油をはじめとした調味料に一度漬け込んだ「漬け卵」なのです。ほのかに醤油風味に味付けされた漬け卵をお箸で崩すと海鮮丼の味わいがガラッと変わり、濃厚かつクリーミーな黄身の味わいが食欲を一気に暴走させます。

定食の種類も豊富

名古屋駅そばの『めしの助』というと海鮮丼をはじめとした魚介系のメニューのイメージが強いですが、なかにはお肉を使ったメニューもあります。

例えば少しパンチのあるものを食べたい時には豚汁定食がおすすめです。ここ『めしの助』の豚汁定食はまず手のひらから溢れんばかりに大きな器に入った豚汁が出てきます。

それに白いご飯とアジの干物やイワシの丸干しが一皿、そして生卵と塩こんぶなどが付いてきます。魚の美味しさと肉の美味しさを両方とも楽しめる何とも贅沢な朝食メニューです。

こちらも先ほどと同様に白いご飯がおかわり自由です。豚汁定食を注文した人のなかには何杯もおかわりをしてそこから仕事等へ行く猛者もいるほどです。

もちろん豚汁定食のほかにもカレイのみりん干し定食など魅力的なメニューがいっぱいなのでぜひ何度も足を運んで全制覇をおすすめします。

食事後にはコーヒーが飲める

名古屋の『めしの助』では朝食を頼むとセットで美味しいコーヒーが付いてきます。モーニングの文化が根付いている名古屋ならではのサービスと言えるでしょう。

こう言うと「どうせ無料なのだから安いコーヒーでしょ?」と思う人もいるかもしれません。しかし『めしの助』のコーヒーはかなり本格仕様です。『めしの助』の店内にはエスプレッソマシンが完備されており、それを使って挽いて入れたコーヒーは香りが良くて本当に美味しいです。

メインの海鮮丼をはじめとしたメニューだけでなくセットのコーヒーにまで手を抜かないのが『めしの助』の流儀です。

金曜は夜にもオープンするめしの助

名古屋『めしの助』は基本的には朝食とランチのみの営業なのですが、金曜日の夜だけは定休日の前の日ということもあって夜の営業があります。

なかには夜限定のメニューもいくつかラインナップされており、これらは金曜日の夜に行かないと味わうことができません。

新鮮な魚介類を使って作った料理は白いご飯と相性抜群ですがお酒との相性も最高です。絶品の魚料理と日本酒をはじめとして美味しいお酒が仕事終わりの疲れた身体にしみわたります。

満席の場合が多いので予約をしよう

ただし金曜日の夜に『めしの助』にアクセスする場合には1点だけ注意しておきたい部分があります。それはあっという間に満席になるという点です。

ですから夜にふらっと『めしの助』にアクセスしても満席で入れないというケースがかなりの確率で起こります。

もし夜の『めしの助』に行きたい場合は予約をしておいた方が確実でしょう。もちろん予約なしでも空いていれば大丈夫ですが、満席の可能性が非常に高いことを考えるとアクセス前の予約が吉です。

気になるめしの助の口コミ

もし『めしの助』のメニューや評判が気になる場合にはアクセスする前に口コミ等をチェックしてみるのもおすすめです。

例えば口コミを読んでいると多くの人が海鮮丼を注文していることから「最も美味しいメニューが海鮮丼なんだ」といったことがわかりますし、さらになかには写真も一緒にアップロードしてくれている方もいるのでどんな料理なのかをあらかじめ把握できるのも大きいです。

『めしの助』は非常に小ぢんまりとした定食屋さんなので初めてだと少し入りづらいと感じる方もいるでしょうが、そんな時には口コミで情報を収集して不安を和らげてみてはいかがでしょうか。

めしの助の店舗情報

名古屋の『めしの助』は座席の数が16ほどという非常にコンパクトなお店であることは前述したとおりです。

なかには新年会をはじめとした宴会で『めしの助』を利用したい人もいるでしょう。しかしながら結論をお話しすると『めしの助』には個室等は用意されておらず、さらには貸切も基本的に承っていません。

また『めしの助』の店内は完全禁煙となっています。これは朝食の時間帯もランチの時間帯もタバコはNGとなっています。

営業時間

名古屋にある『めしの助』の営業時間は基本的には朝食とランチの二部構成です。具体的な『めしの助』の営業時間は朝食が午前7時から午前8時30分までで、ランチが午前10時から午後15時まででラストオーダーは閉店30分前の午後14時30分となっています。

ただし名古屋『めしの助』では朝食やランチの営業時間内であってもお米やネタがなくなり次第閉店となります。

朝食にお米やネタがなくなることはあまり考えなくても大丈夫ですが、ランチの場合は普通に海鮮丼をはじめとした人気メニューは売り切れるのでぎりぎりに行く際はある程度覚悟が必要です。

ちなみに名古屋の『めしの助』は金曜日だけ営業時間が変わります。朝食の時間帯が休みになってその代わりにディナータイムにお店を開けてくれるようになります。

ランチの方の営業時間は月曜から木曜と同じで午前10時から午後15時までで、ディナータイムは午後17時から深夜23時までです。

ディナーのラストオーダーはクローズから1時間前の午後22時となります。また名古屋『めしの助』の定休日は休みの日全般で土曜日や日曜日や祝祭日です。

アクセス方法

名古屋の『めしの助』で海鮮丼をはじめとした絶品メニューを味わいたい場合には電車にアクセスするのがおすすめです。

『めしの助』の最寄り駅は名古屋駅で、どこの出口からアクセスするかで多少距離は変わりますが最短だと100mくらいです。

もちろん名古屋駅の構内はそこそこ歩くことになりますが屋根が付いているので悪天候でも気にせずにアクセスできるのは電車の強みです。ちなみに『めしの助』に最もスムーズにアクセスできる出口は1番です。

住所 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-5
電話番号 052-446-7537

めしの助の駐車場情報

名古屋市は日本でも指折りの商業エリアですが土地柄から車で移動する人が多いことでも有名な地域性です。

そうすると「めしの助に自分の車で行きたい」と考える人が出てきても不思議ではありません。しかし残念ながら『めしの助』にはお客様専用の駐車場がありません。

そのためもし車を使って『めしの助』へアクセスしたい場合には自分でコインパーキング等を探す必要があります。

そうは言ってもそこは車社会の名古屋です。名古屋駅の周辺にはコインパーキングをはじめとした有料駐車場がかなりの数設置されています。

アクセスに便利な近いところから料金の安いところ、さらには悪天候でも大丈夫な地下にあるものまでいろいろな駐車場がありますから車でのアクセスも悪くはありません。

めしの助の支払い方法

最近では飲食店でもキャッシュレス化が進んでおり、クレジットカードや電子マネーで支払いできるお店が増えています。

それこそ名古屋は日本屈指の商業エリアなのでキャッシュレス決済が可能なお店も多いです。しかしながら今回ご紹介している『めしの助』ではキャッシュレス決済ができません。

『めしの助』ではクレジットカードや電子マネーをはじめとした支払いには対応しておらず、基本的には現金のみになるのでアクセスする時は要注意です。

人気のめしの助で美味しい海鮮を食べよう

名古屋駅から歩いてすぐの場所にある『めしの助』はこの辺りで働いている人であれば知らない人はいないと言っても過言ではないほどの有名店です。それだけに店の前に行列ができることも多く、場合によっては待たないと海鮮丼にありつけないケースもあり得ます。ただしそれだけしてでも味わう価値が『めしの助』にはあります。

関連記事

Missing
この記事のライター
おまあす

名古屋の人気ランキング

名古屋の新着のまとめ