京味は日本最高峰の京料理店!美味しんぼにも登場した店主が振舞う絶品料理とは?

2019年1月10日 (2019年1月11日最終更新)

日本で最高峰とも言われる京料理を味わえる「京味」。新橋にお店を構えており、京味では絶品のメニューを味わうことができます。人気の漫画、美味しんぼでも紹介されており、今では予約の取れない人気の京料理店として多くの人々から注目を集めています。

目次

  1. 日本最高峰の京料理「京味」についてご紹介
  2. 新橋にある京味は絶品の京都料理が味わえる名店
  3. 京味はアットホームな店内
  4. 京味はあのミシュランの掲載を断ったお店
  5. 京橋で味わえるメニュー
  6. 一見さんお断りの京味で食事をするには?
  7. 京味のランチやディナーの料金
  8. 京味の予約方法
  9. 京味で最高峰の京都料理を堪能しよう!

日本最高峰の京料理「京味」についてご紹介

日本中のシェフが訪れているおすすめの京料理店「京味」。東京の新橋で京料理を味わうことができ、ミシュラン掲載も断ったと言われている興味深いお店でもあります。今回は日本最高峰の京料理を味わえる「京味」で人気のメニューをはじめ、気になる料金や予約方法など詳しい情報をまとめてご紹介します。

新橋にある京味は絶品の京都料理が味わえる名店

新橋に位置している京味は、絶品の京料理を味わうことができます。一見さんお断り、そしてあのミシュラン記載にも断りを入れたとも言われる日本中で注目されているお店です。ランチも営業しており、本格的な日本の食文化を感じられます。

京料理ならではの深い味わい、そして見た目からも料理を楽しむことができ、日本中のシェフが一度は訪れているお店とも言われています。シェフの中でもファンの方が多く、京味は予約の取れない人気店としても知られています。

有名マンガ「美味しんぼ」にも登場

京味は日本で大人気の漫画「美味しんぼ」でも紹介されたことでも知られています。美味しんぼの30巻に登場しており、漫画には京味自慢の「鱧」が紹介されています。店主も登場しており、京料理について語り合っています。

美味しんぼの影響を受けて多くの人々が訪れたこともあり、昔ながらの京料理を味わって元気が出るというストーリーになっています。お店の雰囲気もそのままに描かれているので、訪れる前に美味しんぼで予習しておくのがおすすめです。

美味しんぼで紹介されている鱧は、京味で8月の名物となっています。美味しんぼのファンをはじめ、京味では季節ごとの旬の食材を使用して京料理を作り上げているので、何度足を運んでも飽きずに通うことができます。

京味はアットホームな店内

京味はとても小ぢんまりとしたお店になり、アットホームな空間を楽しむことができます。カウンター席が10席並んでおり、お忍びで訪れる方には個室として部屋がいくつか用意されています。基本的にはカウンターでの案内になります。

カウンター席では10名ほど座れる席に対し、厨房には料理人が10名同じ空間で働いています。そのため、お客とは1対1の空間で食事を楽しむことができ、サービスが充実しているので満足度の高い席となっています。

料理人との対談を楽しめる

京味ではお酒や料理を楽しむのはもちろん、腕を磨いた料理人との対談を楽しむことができます。そのため、カウンター席は常連さんから人気のある席でもあり、何度もお店に通っている人は楽しそうな会話を満喫しています。

京味では料理人との対談をはじめ、常連同士で仲良くなれる可能性もあります。カウンター席は10名で席が近いので、隣同士で会話を始める方もいます。高級な京料理屋でもあるので、思わぬ人と知り合える可能性もあります。

料理人は会話を楽しみながらお客の食べるスピードを見ています。そのため、絶妙なタイミングで料理を提供してくれるので、接客の満足度が高いことでも知られています。口コミでも何度か紹介されており、料金以上のサービスを受けられます。

料金の高いコースがあり、京味に行くまでは敷居の高いお店として知られていますが、いざ足を運ぶとアットホームな空間でとても居心地が良いです。その日におすすめのお酒やグルメも紹介してくれるので、安心して味わうことができます。

京味はあのミシュランの掲載を断ったお店

京味は本格的な京料理を味わえることから有名なミシュランガイドから掲載の申し込みを受けたことがあります。ですが、そのミシュラン掲載を断ったことでも有名なお店になり、掲載されていませんがミシュランに記載されるほどの腕前を世に伝えました。

日本を代表すると言っても過言ではない料理人「西健一郎」のお店としても有名になり、ミシュランも目をつけていました。ミシュランの注目した京料理の味だけでなく、1人1人への気配りも良く、従業員のサービスが充実していることでも人気があります。

ミシュランガイドは世界中の人々が注目している料理店の掲載誌になります。そのため、ミシュランに掲載されたと言うだけで、いつもより倍以上のお客から予約が入り、お店が賑わっていくのが傾向にあります。

そのため、京味では今まで通ってくれている常連さんを優先してミシュラン掲載を断ったと言われています。どうしても予約が取りづらくなってしまうので、京味のファンの方に迷惑がかからないようにミシュランを断りました。

お客を第一に思ってる京味だからこそ、常連が今でも多く残っています。ミシュランには掲載されませんでしたが、世間では3つ星レストランよりも高いサービスや食事を楽しめると人気があります。気軽に予約の電話をしてみてください。

京橋で味わえるメニュー

京味ではその名の通り、本格的な京料理を味わうことができます。基本的にメニューはシェフのおまかせとなっており、小鉢やお吸い物、焼き物、炊合せなど京料理のフルコースを味わうことができます。どれも京料理を代表する絶品料理です。

京味は日本料理特有の素材の味を活かした料理方法になっており、素材選びにとことんこだわりを感じることができます。時期によってメニューも少しずつ変わっていくので、何度足を運んでも飽きずに通うことができます。

旬の野菜や新鮮な魚が味わえる

京味では新鮮な野菜、そして旬の活き活きとした魚を利用した京料理を味わうことができます。上品に盛り付けられており、焼き加減や塩加減など細かい場所にまで気を配っており、野菜や魚本来の味を楽しむことができます。

野菜、魚と旬のものを多く取り入れているので、季節感を感じながら食事を楽しむことができます。提供される際に料理の説明をしてくれるので、見た目ではわからない食材も安心して最後まで味うことができます。

京味では食材の味を活かすのはもちろん、その食材に合う調味料を研究しています。そのため、他ではあまり見られない組み合わせの新しいメニューも楽しむことができ、ワクワクできると常連からも人気を集めています。

京味のある日のメニュー

新橋の京味には美味しい京料理を味わえるメニューが充実しています。ランチ、ディナーともにこだわりのあるメニューを味わうことができ、おまかせコースとして多くの種類を味わうことができます。

過去に出されたメニューの中には百合根と隠元の胡麻和え、茗荷寿司、湯葉巻き、鱧の湯引きと炙り焼きなどさまざまなメニューが提供されています。他にも多くのメニューが存在しており、お造りや揚げ物などお腹を満たすメニューばかりです。

新橋では美味しいお酒と一緒に京料理を味わうことができ、それぞれの料理に合うお酒を薦めてくれます。そして1番の人気メニューが鱧松茸鍋となっており、先ほど紹介した通り美味しんぼにも紹介されている代表するメニューです。

Original新橋で魚料理が美味しい店特集!ランチも居酒屋もココで決まり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
多くのビジネスマンで賑わう新橋には美味しい魚料理が味わえるお店が数多くあります。居酒屋の数も...

一見さんお断りの京味で食事をするには?

京味で有名なのが一見さんお断りのお店ということです。新橋では珍しく、常連さんの紹介でのみ一見さんも料理を味わうことができます。ミシュランに掲載されない理由の1つでもあり、一見さんは予約を取ることができません。

そのため、京味ではどのようにして多くのお客を増やしているのか、気になる方も多いと思います。また、京味で食事を楽しみたい方で周りに常連がいない方はどのようにお店に予約が取れるのか詳しくご紹介します。

ランチのみ一見さんOK

新橋の京味ではランチタイムも食事を提供しています。ディナーでは一見さんお断りの京味でもランチであれば一見さんも予約を取ることができます。ランチも予約制となっており、初めての方でも気軽に取ることができます。

京味ではランチに多くの一見さんが揃うので、和みやすい雰囲気になっています。ランチタイムは12時から営業しており、休日には多くの人々で賑わっているので日程が決まり次第予約を取っておくのがおすすめです。

何度かランチタイムに通って、常連さんのように顔を覚えてもらうのがおすすめです。顔を覚えてもらったり、名前を覚えてもらうとディナーも京味を利用できるので、ぜひ1度ランチに訪れてみてください。

ランチもディナーと変わらないメニュー

一見さんも利用できるランチのメニューは、ディナーと一緒のメニューを味わうことができます。そのため、ランチタイムでも京味の味を楽しむことができ、ディナーと同じ内容なので満足度の高いメニューを味わうことができます。

ランチタイムもディナーと一緒におまかせコースを味わうことができます。1つ1つの食材にこだわりを感じることができ、一見さんにも抜かりないサービスで日々多くのファンが集まっています。

ランチもディナーも変わらない内容なので、料金も同じ内容になっています。新橋のHPでも料金やメニュー内容は記載されているので、予約の前に確認しておくのがおすすめです。常連さんからも人気のあるランチなので、ぜひ足を運んでみてください。

京味のランチやディナーの料金

京味ではランチ、ディナーともにおまかせコースとなっています。おまかせコースの料金は予算として3万円程度となっています。料金はランチ、ディナーともに同じ料金となっているので安心して予約することができます。

京味は料金が新橋のグルメ屋の中でも高い料金設定となっています。3万円が基本的な料金になっており、そこにお酒などドリンク代が追加されていきます。頻繁に通うことは無理でも、たまに贅沢な時間を過ごしたい方におすすめです。

お酒を飲む方は、だいたいの料金予算が3万円から4万円となっています。2人で利用の際は8万円程度の料金となっているので、記念日や誕生日など特別な日の食事にもおすすめです。料金は多少の差があるので、予算として考えておきましょう。

お店ではカードを使用することができるので、現金を持ち合わせていなくても安心して利用することができます。法人で利用する際は予め料金を決めておくのが難しいので、予算をお店側に確認しておくのもおすすめです。

少し高いイメージがありますが、料理の他にも充実したサービスを受けることができ、むしろ安いと考える方もいます。人気のある京料理屋でもあるので、京味で食事を楽しみたい方は奮発して料理だけを楽しむのがおすすめです。

Original新橋で日本酒が「ウマい店」特集!バーや専門店・隠れ家も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新橋は、あらゆる路地に飲み屋が軒を連ねる街。その中には、日本酒に特化した品揃えの日本酒バーや...

京味の予約方法

京味は新橋でも人気の高いお店になるので、予約必須のお店になっています。休日にはかなり先まで予約が埋まっている可能性があり、日程を決めても予約が取れないこともあります。ランチ、ディナーともに予約を確認しておきましょう。

京味は小ぢんまりとしたお店になるので、予約がすぐに埋まってしまいます。季節の変わり目は人気のシーズンでもあり、京味の予約がより一層取れなくなります。人数、日程が決まり次第、すぐに連絡を入れておくのがおすすめです。

電話での予約のみ

京味ではHPやネットでの予約を受け付けていません。そのため、京味は電話のみでの予約となっており、電話で対応することによって相手の人相や状況を把握することができます。ネットでは予約状況を確認できないので注意しましょう。

人気のあるお店になるのでなかなか電話が繋がらない場合もあります。ですが、根気よく電話をかけていけば繋がります。京味は法人でも良く利用されるお店なので、まず法人なのか個人での利用なのかを説明してください。

営業時間帯であれば予約の電話を受け付けることができます。キャンセル待ちの予約は取ることができないので、基本的には空いている日取りで予約を取っていきます。予約の際は京味のお店へ直接電話するようにしてください。

人気店なので半年まで予約が埋まってることも

京味は日本でも有名な京料理屋でもあるので、全国から多くの人々が訪れています。そのため、予約の取れないお店としても知られており、休日に関しては半年先まで埋まっている可能性があり、なかなか予約を取ることができません。

そのため、1年先でも予約を受け付けています。季節の変わり目は予約が殺到しはじめるので、もし利用したい方はなるべく早く予約を入れておきましょう。キャンセルは他のお客の迷惑になるので、必ず訪れられる日にしてください。

どこのお店でもそうですが、基本的に平日のほうが予約が取りやすいです。ランチであれば休日でも予約を取ることができるので、日程を決める際に休日を避けるのもおすすめです。ぜひ1度問い合わせてみてください。

京味で最高峰の京都料理を堪能しよう!

新橋で大人気の京料理屋「京味」。予約が取りづらく、一見さんお断りのお店でもありますが、京味では贅沢で充実した時間を過ごすことができます。いつもとは違う贅沢な食事を満喫することができ、大人の優雅なひと時を楽しめます。ぜひ、初めての方はランチタイムの京味へ足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mdn

銀座・新橋・有楽町の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

銀座・新橋・有楽町の新着のまとめ