仙台で日帰り温泉を満喫するならここ!おすすめスポットランキングTOP17

2019年1月15日 (2019年1月24日最終更新)

仙台には奥座敷と呼ばれてきた秋保温泉と作並温泉の老舗温泉旅館を利用した日帰り温泉と、仙台中心部の日帰り温泉施設(スーパー銭湯)の2種類が楽しめます。ここでは仙台でおすすめの日帰り温泉を風情や格式と入浴料金のバランスを考慮して独自のランキングで紹介します。

目次

  1. 仙台の日帰り温泉とは
  2. 仙台の奥座敷といわれる秋保温泉について
  3. 仙台の奥座敷といわれていた作並温泉について
  4. 仙台の日帰り温泉のランキング方法
  5. 仙台の日帰り温泉ランキング第17位:天守閣自然公園市太郎の湯
  6. 仙台の日帰り温泉ランキング第16位:仙台コロナの湯
  7. 仙台の日帰り温泉ランキング第15位:夢実の国
  8. 仙台の日帰り温泉ランキング第14位:竜泉寺の湯 仙台泉店
  9. 仙台の日帰り温泉ランキング第13位:茶寮宋園
  10. 仙台の日帰り温泉ランキング第12位:ホテルきよ水
  11. 仙台の日帰り温泉ランキング第11位:秋保グランドホテル
  12. 仙台の日帰り温泉ランキング第10位:奥州秋保温泉蘭亭
  13. 仙台の日帰り温泉ランキング第9位:ホテル瑞鳳迎賓館桜離宮
  14. 仙台の日帰り温泉ランキング第8位:かたくりの宿
  15. 仙台の日帰り温泉ランキング第7位:ゆづくしSalon一の坊
  16. 仙台の日帰り温泉ランキング第6位:岩沼屋
  17. 仙台の日帰り温泉ランキング第5位:松島温泉湯元松島一の坊
  18. 仙台の日帰り温泉ランキング第4位:秋保温泉ホテル華乃湯
  19. 仙台の日帰り温泉ランキング第3位:ホテル佐勘
  20. 仙台の日帰り温泉ランキング第2位:鷹泉閣岩松旅館
  21. 仙台の日帰り温泉ランキング第1位:ホテルニュー水戸屋
  22. 仙台の日帰り温泉は多種多彩

仙台の日帰り温泉とは

仙台の日帰り温泉は2種類あります。まず仙台中心部にある安い入浴料の日帰り温泉施設です。仙台駅から地下鉄で十数分のところに点在しています。それから仙台中心部から約40分の秋保温泉と作並温泉です。仙台の奥座敷と呼ばれています。こちらは主に温泉旅館ですので日帰り入浴という形です。仙台のおすすめの日帰り温泉をランキングで紹介します。

Original仙台で温泉に行くならどこがおすすめ?日帰り利用できる旅館やホテルも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東北の中心都市である仙台には、おすすめの日帰り温泉が数多く点在しています。ホテル、旅館など宿...

仙台の奥座敷といわれる秋保温泉について

仙台郊外の秋保温泉は6世紀に欽明天皇が皮膚病を治すためにお湯を使ったことに端を発しています。天皇が利用した温泉を御湯と呼びます。平安時代から戦国時代は伊達家の御殿湯となり、この時から佐藤家が管理し、今の秋保温泉の名旅館「佐勘」のルーツとなります。

江戸時代には岩沼屋、水戸屋が開設され現在に至っています。水戸屋は現在のホテルニュー水戸屋になっています。岩沼屋はその名のまま現在も残っています。

秋保温泉は宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とならんで奥州三名湯に名を連ねています。また諸説ありますが長野県の野沢温泉や別所温泉とならび日本三御湯とも言われます。仙台からも近く比較的安い入浴料金で日帰り温泉としても利用されています。

秋保温泉には現在16館の宿泊施設がありコンベンションホールなどの収容能力は仙台市中心部より多いと言われています。代表的泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉です。

P1080677s秋保温泉の日帰りおすすめ特集!人気施設やグルメスポットもご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
秋保温泉(あきうおんせん)は、非常に人気の高い温泉地です。日帰り入浴プランも充実しているので...

仙台の奥座敷といわれていた作並温泉について

仙台から約40分の作並温泉は8世紀に行基が東北地方巡礼のときに発見し、源頼朝が奥州藤原氏征伐の際に兵馬をは休ませたという言い伝えがある温泉です。

正式な開湯は1796年に岩松喜惣治が仙台藩の許可を得て行っており、これが現在の鷹泉閣岩松旅館の前身になります。これを古湯と呼び、1855年に開かれた新しい温泉を新湯と呼んでいます。かつては仙台の奥座敷は作並温泉でしたが、秋保温泉がその後発展しました。

Original作並温泉を日帰りで満喫できるおすすめスポット21選!ランチが美味しい施設も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
作並温泉は人気がある温泉施設で、周辺には多くの観光スポットやランチスポットがあります。美味し...

仙台の日帰り温泉のランキング方法

ここでは仙台の日帰り温泉について温泉の趣、風情や格式と入浴料が安いかのバランスを元に独自にランキングしました。秋保温泉や作並温泉は歴史も古く風情があり格式のある温泉旅館が多いですが、日帰り温泉として利用できるおすすめの旅館が多くあります。

さらに料金も安いところが多いのでランキングでは温泉旅館の日帰り利用が上位に来ています。一方日帰り温泉施設は趣や風情がありサービスのいいおすすめ施設を選びました。

仙台の日帰り温泉ランキング第17位:天守閣自然公園市太郎の湯

天守閣と聞くと仙台では有名な伊達政宗騎馬像がある仙台城跡(青葉城)を思い浮かべますが、天守閣自然公園は秋保温泉近くにある室町戦国時代の館跡です。当時出城のようなものであったため、このような名前がついています。この地に日帰り温泉があります。

自然公園内にある入浴料800円の日帰り温泉施設ですが、天井や壁が檜で組まれた浴室は檜の香りに包まれ開放感いっぱいで風情があります。自然に囲まれた日帰り温泉施設です。

住所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元源兵衛原10
電話番号  022-398-2111

仙台の日帰り温泉ランキング第16位:仙台コロナの湯

仙台駅から地下鉄東西線に乗り終点の荒井駅からタクシーで10分の仙台コロナの湯は全国チェーンになっている大江戸温泉物語の日帰り温泉施設です。料金は700円と仙台では安い部類の日帰り温泉になります。個室ではありませんが座敷で食事ができます。

仙台コロナ湯では座り湯、岩炭酸風呂、薬湯風呂などの7種類のお風呂を楽しめ、岩塩洞、麦飯石洞、玉石洞の3種類の岩盤浴を楽します。さすが大江戸温泉物語でおすすめです。

住所 宮城県仙台市宮城野区福室田中前一番53-1
電話番号  022-786-1426

仙台の日帰り温泉ランキング第15位:夢実の国

仙台駅から直線距離で約16kmの東北本線松島駅でタクシーに乗り継いで1時間弱かかる「夢実の国」は階段状の露天風呂と松島ビールが名物の日帰り温泉です。

泉質は仙台周辺に多いナトリウム-塩化物泉で最上段の「源泉の湯」から内湯の「トルマリンの湯」まで3つの露天風呂を流れていきます。日帰り温泉施設の露天風呂の造りでは珍しいのでおすすめです。

また本場ドイツの製造設備を導入し、主原料の麦芽やホップもドイツから取り寄せているという松島ビールもおすすめです。入浴料金は大人600円と安い設定になっています。

住所 宮城県黒川郡大郷町東成田新田11-1
電話番号  022-359-5555

仙台の日帰り温泉ランキング第14位:竜泉寺の湯 仙台泉店

「竜泉寺の湯」はスーパー銭湯(日帰り温泉)の草分けといわれていて1号店は愛知県守山に平成2年オープンしました。現在は全国に7店あり仙台にも進出しました。また今ブームになっている炭酸泉を初めて日帰り温泉に導入したのも「竜泉寺の湯」と言われています。

「竜泉寺の湯 仙台泉店」は仙台駅から地下鉄南北線で北に約16分の泉中央駅からさらにバスでアクセスする場所にありますが、この地域は仙台の日帰り温泉施設の激戦区です。

「竜泉寺の湯 仙台泉店」には露天風呂のほかに、おすすめの炭酸泉(竜泉寺の湯が日本で初めて導入)、超微細気泡のシルクバス、電気風呂、火山岩サウナ、塩サウナなど多彩なお風呂がそろい、さらに岩盤浴もできます。

これだけ設備があって入浴料は600円と安いです。元は銭湯から発展した元祖スーパー銭湯だけあって低料金になっています。営業時間が朝6:00から深夜3:00というのも驚きです。

住所 宮城県仙台市泉区大沢2-5-9
電話番号  022-374-2683

仙台の日帰り温泉ランキング第13位:茶寮宋園

仙台近郊の秋保温泉で最高級旅館と言えば茶寮宋園と言っても過言ではないでしょう。それを感じさせるのが門構えと数寄屋造りの建物と本格懐石料理と温泉と庭園です。純和風をコンセプトにした大人の温泉旅館で豪華さと格式では秋保温泉でランキングTOPになります。

イメージ的に日帰り温泉ではないと思われましたが、数寄屋造りの個室でくつろぎ、夕食をいただける日帰りコースがあります。1人19510円からと宿泊に匹敵する料金になります。

茶寮宋園は江戸時代に開設された歴史ある老舗旅館の水戸屋を前身とするホテルニュー水戸屋の系列旅館です。ホテルニュー水戸屋を比較的安い価格帯の旅館と位置づけ、茶寮宋園を思いっきり高価格設定にしています。そういうお客様がターゲットです。

特別な人との特別な日の会食や、重要な商談に使うことの多い日帰りコースになり、いわゆる「日帰り温泉」ではありませんのでランキング上位にはなりませんでした。

秋保温泉 茶寮宗園

4789.original
住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字釜土東1
アクセス:
車/東北自動車道~仙台南IC~国道286号線山形方面へ15分、県道62号線秋保二口方面へ5分 車以外/JR東北線仙台駅 タクシーで約30分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第12位:ホテルきよ水

仙台の奥座敷・秋保温泉のホテルきよ水は離れの特別室2部屋が際立って豪華なのが特徴です。部屋には露天風呂と内風呂の両方がついており、それだけで旅館の大浴場のようです。

ホテル全体の大浴場では岩風呂の露天風呂の広さが際立ちます。日帰り入浴では離れの部屋は使えませんのでこのホテルの良さが味わえませんが、大人1350円で広々した岩風呂の露天風呂が楽しめます。ランチ付きプランは3500円からで、別途料金で個室を使えます。

仙台 秋保温泉 ホテルきよ水

4790.original
住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元平倉1
アクセス:
車/東北自動車道~仙台南IC~仙台南ICから国道286号を山形・秋保温泉方面へ15分 車以外/JR仙台駅よりバス50分、タクシー30分
料金の目安:
14,040円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第11位:秋保グランドホテル

秋保グランドホテルは秋保温泉の名所である磊々峡を眺めることができる唯一のホテルです。磊々峡には奇石奇岩が並んでいます。部屋からもお風呂からものぞむことができます。

秋保グランドホテルには4種類のお風呂があり、それぞれに露天風呂と内風呂があります。泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物泉ですが、それぞれのお風呂の風情を堪能できて、日帰り入浴料は1200円です。2800円からランチ付もあり別途料金で個室も利用できます。

秋保グランドホテル

4776.original
住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字枇杷原12-2
アクセス:
車/東北自動車道を仙台方面へ約4時間~東北自動車道、仙台南IC~R286号を山形方面へ途中県道62号線を経由して秋保温泉約15分 車以外/JR仙台駅下車。宮城交通バス乗場8番より秋保温泉行で約50分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第10位:奥州秋保温泉蘭亭

仙台中心部から約30分の秋保温泉の蘭亭は温泉旅館ですが、旅館の日帰り温泉料金の1000円を下回る大人900円という安い料金で日帰り入浴できます。男女別の内風呂と露天風呂があり女性用の内風呂は宮城県で初めての畳敷きになっています。

ランチ付日帰り入浴プランもあります。最も安い料金設定が釜飯しセット2000円でおすすめです。また個室でいただける松花堂プランや、朝食バイキングのプランもあります。

奥州 秋保温泉 蘭亭

4793.original
住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字木戸保7
アクセス:
車/東北道~仙台南IC~国道286号線を山形方面へ進み秋保温泉入口を右折15分 車以外/仙台駅東口より14:00発シャトルバス平日運行(要予約) 
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:30 (IN) 〜 10:30 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第9位:ホテル瑞鳳迎賓館桜離宮

仙台の奥座敷・秋保温泉のホテル瑞鳳迎賓館桜離宮は湯量たっぷりの大浴場とバラエティー豊かな6種の露天風呂を誇る大型ホテルです。泉質は秋保温泉で代表的なナトリウム・カルシウム-塩化物泉になります。

これだけ豪華な温泉に日帰り入浴のみも可能で、食事付きの日帰り入浴ももちろんあります。日帰り入浴のみは1260円で、個室利用ではありませんがランチ付が2800円からです。

ランチ付の日帰り入浴の桜コース(3800円)にはほぐし処でのマッサージもセットにしたリフレッシュコースも用意されていておすすめです。1700円アップの5500円になり、比較的安い料金設定になっています。

またホテル瑞鳳迎賓館桜離宮のユニークな点は全天候型温水プールがあることです。このプールは土日祝と特別期間のみ温泉入浴とセットで日帰り利用(1890円)も可能です。

仙台 秋保温泉 ホテル瑞鳳(ずいほう)

4777.original
住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字除26-1
アクセス:
車以外/JR仙台駅よりバス約45分、タクシー約30分
料金の目安:
19,950円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第8位:かたくりの宿

作並温泉にある「かたくりの宿」は山間に面した源泉掛け流しの温泉が目玉です。循環もせず、消毒もしない純粋の温泉を提供しています。あふれたお湯はそのまま流れていきます。

また「かたくりの宿」のお風呂は内風呂も木のぬくもりを感じ開放感があるのも特徴です。日帰り温泉としての料金は大人平日700円と旅館の日帰り利用としては非常に安い料金設定でスーパー銭湯並みになっています。ランチ付プランはありません。

かたくりの宿

4785.original
住所:
宮城県仙台市青葉区作並字元木-2
アクセス:
車/東北自動車道~仙台宮城IC~仙台宮城ICから国道48号線を山形方面へ。約30分で作並温泉 車以外/JR東北新幹線仙台駅乗換、仙山線作並駅より車で5分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第7位:ゆづくしSalon一の坊

仙台近郊の作並温泉の「ゆづくしSalon一の坊」は宮城県に複数の旅館を展開する株式会社一の坊が運営する旅館で、他に松島や蔵王があります。一の坊のコンセプトは「オールインクルーシブ」で館内のあらゆる施設の利用料が宿泊代に含まれる滞在型になっています。

料理人が目の前で腕を振るうビュッフェ形式のダイニングは食べ放題は当然ですが、アルコールを含めたフリードリンクが40種類あります。もちろんsalonでの飲食も無料です。

3つの源泉と8つの趣の異なるお風呂は圧巻です。広瀬川源流に手が届きそうな所にある「広瀬川源流露天風呂」にはここだけで4種の露天風呂と蒸し風呂があります。さらに湯底から湯が沸き出る「自然風呂」、広々として木のぬくもりを感じる内風呂が2つあります。

日帰り入浴料は2000円と少し高めですが、これだけの温泉に入れて、日帰りでもsalonのサービスが無料で、無料送迎バスも使えるというのはお得です。ランチは別途レストランで。

作並温泉 ゆづくしSalon一の坊

4788.original
住所:
宮城県仙台市青葉区作並字長原3
アクセス:
車/東北道~仙台宮城IC~国道48号を山形方面へ30分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第6位:岩沼屋

仙台の奥座敷・秋保温泉には江戸時代に開設された温泉旅館が2つあります。水戸屋と岩沼屋です。岩沼屋は創業400年の歴史を誇り、現在は148室の大型旅館になっていますが、代々受け継がれてきた「おもてなしの心」を大切にしています。

太い柱の総木造造りと天然石造りの神嘗の湯(かんなめのゆ)は壮観で広い気持ちになれます。石にもこだわりがあって御影石、鉄平石、鮫川石が使われています。

もう一つの大浴場・露天風呂(湯の舞の湯)もライトアップなどの工夫がされています。また大浴場で39度、40度、42度の3種類の湯温が選べるのも「おもてなし」の一つです。

これらの温泉の日帰り温泉としての利用は、入浴のみが1260円になります。個室なしのランチ付で3850円(フェイスタオル付)、個室利用で4930円から(フェイスタオル・バスタオル付)、客室利用で7630円から(フェイスタオル・バスタオル付)になります。

創業寛永二年 仙台 秋保温泉 岩沼屋

4797.original
住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師107
アクセス:
車以外/西部ライナー:仙台駅西口63番のりばかわさきまち行→佐勘前下車
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第5位:松島温泉湯元松島一の坊

仙台から作並温泉へのアクセスと同様の約40分から約1時間で行ける松島にも温泉があります。作並温泉の「ゆずくしsalon一の坊」と姉妹旅館の松島温泉湯元松島一の坊には松島湾の絶景を望める露天風呂があります。泉質はアルカリ性単純温泉です。

内風呂からも大きなガラス張りの窓越しに松島湾を一望できます。露天風呂も内風呂も最上階にありますので、まわりに遮るもののない絶景を楽しめます。

アクセスは仙台駅からJR仙石線で松島海岸駅まで約35分その後徒歩20分、又は東北本線で松島駅まで約25分その後徒歩15分になります。松島駅、松島海岸駅からは宿泊者向けに15時台、16時台、17時台に無料送迎バスがありますのでこの時間帯がおすすめです。

この松島湾の絶景を日帰り温泉として楽しめます。入浴料金は大人1500円ですが入浴可能時間が12:00から15:00と短時間ですので要注意です。ランチは館外の姉妹レストランで。

松島一の坊

4803.original
住所:
宮城県宮城郡松島町高城浜1-4
アクセス:
車/ホテルより車で15分~松島海岸IC~車で15分 車以外/東北新幹線仙台駅経由東北本線松島駅よりタクシー5分
料金の目安:
14,364円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第4位:秋保温泉ホテル華乃湯

秋保温泉のホテル華の湯は川沿いの露天風呂、山沿いの露天風呂、展望大浴場と多彩なお風呂を用意しています。子供にも様々な配慮がされておりお子様連れにおすすめです。また日帰り温泉としての利用客にも個室でのくつろぎを含む多彩なプランを用意しています。

日帰り温泉プランに4種類あります。入浴のみ、カレーランチバイキング付、広間での休憩とランチ付、個室食事会場での休憩とランチ付の4つです。利用は10:30-15:00です。

入浴のみは大人(中学生以上)900円でこれでも安いほうですが、毎月7と8はハナの日ということで600円とさらに安い料金になります。もはや温泉旅館の入浴料ではありません。

カレーランチバイキング付では大人1980円ですが日曜日限定です。広間での休憩とランチ付は平日2000円、個室食事会場での休憩とランチ付は平日2名3000円からで、お子様ランチもあります。個室と広間プランでは追加料金で貸切風呂も利用できます。

仙台・秋保温泉 ホテル華乃湯

4779.original
住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元除33—1
アクセス:
車/東北自動車道~仙台南ICまで8km~R286を秋保方面へ向い約10分。 車以外/JR仙台駅よりバス45分、タクシー30分。
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第3位:ホテル佐勘

秋保温泉といえばここと言えるのがホテル佐勘です。室町時代から戦国時代にかけて秋保温泉の湯守役をしていたのが佐藤家で伊達家の御殿湯としての整備をしていました。この佐藤家がホテル佐勘の祖なのです。秋保温泉の草分けです。

ホテル佐勘は1000年の歴史もさることながら、現在の建物の外観も内装もその荘厳さに心を奪われます。また風情や趣と規模の大きさ(140室)を兼ねています。

お風呂もスケールの大きさの中に太い木の柱と梁でぬくもりを与えており、伝統の温泉宿らしさを表現しています。歴史ある温泉宿というと「ひなびた温泉」をイメージしますが大規模ホテルなりの表現になっています。

残念ながら日帰り温泉として入浴のみの利用はできません。ランキング3位の理由です。しかし個室でのランチ付で3800円からですのでこの挌のホテルとしては安い方になります。

伝承千年の宿 佐勘

4780.original
住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師28
アクセス:
車/東北自動車道にて4時間~仙台南IC~国道286号を秋保方面へ15分。 車以外/JR仙台駅下車。宮城交通バス乗場8番より秋保温泉行で60分
料金の目安:
14,040円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第2位:鷹泉閣岩松旅館

作並温泉といえばここと言えるのが岩松旅館です。7世紀の高層行基による発見説や12世紀の源頼朝が兵馬を休ませた説を乗り越え、正式に1796年に作並温泉を開湯したのが岩松喜惣治です。鷹泉閣松旅館の祖になります。

鷹泉閣という名前は、源頼朝が飛ぶ鳥に矢を放ち、その鳥を追っていくとお湯で傷を癒しており、その後元気に飛び立ったと伝説からつけられたと言われています。

岩松旅館には5つの源泉と6つのお風呂があります。開湯当時の面影を残す4つの天然岩風呂に4つの源泉が使われ、内風呂の大浴場にもう一つの源泉が使われています。広瀬川のせせらぎを感じる天然岩風呂は混浴で、別途女性専用の半露天風呂があります。

岩松旅館には「日帰り温泉入浴」と「個室休憩」と「個室でランチ」がセットになった日帰り温泉プランがあります。1人5400円からです。

仙台・作並温泉 鷹泉閣岩松旅館

4796.original
住所:
宮城県仙台市青葉区作並元木16
アクセス:
車/東北自動車道~仙台宮城IC~国道48号線を山形・作並温泉方面へ21km約25分 車以外/仙台駅より仙山線経由で作並駅下車/作並駅より無料送迎バスあり
料金の目安:
6,540円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉ランキング第1位:ホテルニュー水戸屋

ホテルニュー水戸屋は「ホテル佐勘」のルーツである佐藤家(室町時代から秋保温泉を管理)から分かれて江戸時代に開設された歴史ある旅館です。現在は3つの大浴場と16趣の浴槽をもつ大規模温泉旅館に発展しています。高級旅館「茶寮宋園」も系列です。

歴史ある老舗旅館には食事付きの日帰り入浴しかない中、日帰り温泉としての入浴のみを可能にしているのが評価できる点です。しかも1080円という安い料金に設定されています。

ランチ付の日帰り入浴も個室での食事と休憩ができますのでうれしいです。3つの大浴場は男女入替で、宿泊者が夕方と朝に入浴してもすべての湯船に入るのは至難の業だという珍しい温泉旅館になっています。従って日帰り温泉での利用でもすべての湯船に入れません。

一方日帰り温泉としての利用でも別途料金で貸切風呂に入浴できるのが特徴になっています。また日帰りでプールも利用できます。

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋

4786.original
住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師102
アクセス:
車/東北自動車道盛岡方面~仙台南IC~国道286号線山形方面から県道62号線経由秋保温泉約15分 車以外/JR仙台駅下車、路線バス秋保温泉行で約50分、特急バスで約30分
料金の目安:
7,020円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 14:30 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

仙台の日帰り温泉は多種多彩

仙台の日帰り温泉といえば、かつては仙台の奥座敷と言われてきた秋保温泉や作並温泉の老舗旅館の日帰り温泉としての利用が主でしたが、近年は松島温泉もでき、仙台中心部の日帰り温泉施設(スーパー銭湯)も増えてきました。これだけ日帰り温泉の選択肢が多いエリアは全国でも珍しい存在です。仙台のおすすめ日帰り温泉を体験しましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
一彩

仙台の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

仙台の新着のまとめ