西成のやまきは大阪で有名なホルモンの名店!おすすめメニューについてもご紹介

2019年1月15日 (2019年9月1日最終更新)

大阪の西成にあるやまきは、大阪で大変有名なホルモンの名店です。大阪の西成の雰囲気にぴったりと溶け込んでいるやまきは、タレが特に美味しく、どのメニューもおすすめです。そこで大阪の西成にあるホルモンの名店「やまき」の特集をお届けします。

目次

  1. 大阪・西成で有名なホルモンのやまきを堪能したい!
  2. 大阪・西成のやまきとは?
  3. 西成のやまきが人気店である理由は?
  4. 西成のやまきのおすすめメニューは?
  5. 西成のやまきはどうやって注文する?
  6. 西成のやまきのアクセス・営業時間は?
  7. 西成のやまきでおいしいホルモンを食べよう!

大阪・西成で有名なホルモンのやまきを堪能したい!

大阪の西成エリアといえば、ディープな大阪にどっぷりとつかれるエリアとしても有名です。大阪の西成エリアは、独特な雰囲気と個性的で面白いお店や宿が軒を連ねており、大阪のディープな文化を体験したい観光客も足を運んだりしているとか。

そんな大阪の西成の有名ホルモン店と言えば、やはりやまきです。大阪の他のエリアでもあまりみかけることがない、やまきの独特の営業スタイルは、大阪の西成だからこそ成り立つともいわれています。

そんな大阪の西成にあるやまきとは、いったいどんなお店なのでしょうか。また定番メニューであるホルモンや、他にもおすすめのメニューはどんなものがあるのか、そして評判のタレはどんな味なのか、やまきの魅力に迫ります。

大阪・西成のやまきとは?

では、まずは大阪の西成エリアで有名な「やまき」がどんなお店なのか、少々ご紹介しておきましょう。大阪の西成エリアと言えば、大阪の中でも特に独特な雰囲気を楽しめるディープエリアです。

500円で宿泊できるような宿があったり、賞味期限切れの飲み物が10円で売っている自動販売機があったり、路上で少々個性的な商品を売っているフリーマーケットのようなお店があったりと、大阪の西成では他ではあまり見ないような光景を目にすることができる、大阪の中でもこういった感じが好きな方にとっては、とても楽しいスポットです。

大阪・西成のホルモン焼の有名店

そんな西成にある有名店と言えば、今回ご紹介している「やまき」です。あの全国的にも有名なスーパーである「スーパー玉出」を横切って、南海萩ノ茶屋駅に向かう路地を入っていくと、そのやまきはあります。

やまきのお店はいつも人だかりができ、沢山の人たちでにぎわっていますので、すぐにわかるでしょう。お店は、アーケード街の入り口、そして鉄道の高架下にありますので、迷うことはないはずです。また大阪の西成にある数多くのお店の中でも大変メジャーなお店ですので、迷った際は道をたずねれば、知らない人はいないというほどです。

Original大阪でホルモンを食べよう!満足グルメの人気店やおいしい・安いお店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪には、おいしいホルモンが食べられるお店がひしめいています。グルメの舌をうならせるおいしい...

店頭で鉄板から直接取って食べるスタイル

実はこのやまきは、店舗のつくりにとても特徴があります。西成のやまきは、まさに立ち食いスタイルで、お店に入って席に座って頂くというものではありません。やまきは店頭に鉄板がありますが、どちらかというと店頭と言うよりは、路上に鉄板がでており、そこで頂くスタイルになります。

その店頭の路上にでた鉄板でホルモンを焼いてくれますので、その鉄板から直接取っていただく形になります。初めて訪れた方は、そのホルモンを鉄板から直接とることと、お店の前の路上に鉄板がでていることに、もしかすると、少々衝撃を受けるかもしれません。

西成のやまきが人気店である理由は?

では、大阪の西成の中でも、独特の営業スタイルを貫くやまきは、なぜそんなに人気があるのでしょうか。この個性的な雰囲気が病みつきになるという声も多くありますが、やはりやまきはどのメニューもおいしく、おすすめのものばかりというという点も、人気の理由のようです。他にもいくつか理由がありますので、みていきましょう。

串一本の値段が安い

西成にあるやまきが人気の理由は、何と言っても串一本の値段が圧倒的に安いというのもあるでしょう。ホルモンのメニューはどれも100円以下ですし、アルコールメニューもどれも300円以下です。そのため、ちょっとふらっと一人で立ち寄って、美味しいホルモンとアルコールメニューを頂いても、1000円以下で済んでしまいます。

またやまきは、昼間も営業していますので、小腹が空いた際にも、ふらりとホルモンを鉄板からとってつまんで、ちょっとアルコールメニューをひっかけて、いい気分で帰りたい際も、手ごろな価格で済むのでおすすめです。

西成ならではの独特の雰囲気を体感できる

他にも、先ほどからご紹介しているように、やまきは少々独特の雰囲気があるお店です。大阪の中でも西成にあるお店なので、お店の雰囲気だけでなく、お客さんも雰囲気も個性的です。そのため、そんな西成の雰囲気が癖になるという方も多く、それもやまきの人気の理由でしょう。

そんなやまきでは、新しいお客さんを見つけると、常連客の方が話しかけてくれることもあるようなので、ぜひ西成の街にマッチしているやまきの世界を堪能してみて下さい。

にんにくと唐辛子が効いたタレが美味い

他にもやまきがホルモンの人気店である理由があります。それは、ホルモンをつけて食べるタレが美味しいからです。やまきのホルモンは、店頭にある鉄板から直接とっていただきますが、その際にやまきオリジナルのタレをたっぷりとつけて頂くのがおすすめなんです。

このやまきのタレは、見た目からもどろっとしており、ニンニクと唐辛子がたっぷりはいっており、ここでしか味わえない美味しさのあるタレになっています。そのため、最初はタレを遠慮してつけがちですが、タレの二度づけは禁止のため、ぜひ遠慮せずにホルモンをどっぷりとタレにつけて頂くのがおすすめです。

西成のやまきのおすすめメニューは?

では、そんな西成にあるやまきはどんなメニューがあるのか、おすすめのメニューをみていきましょう。といっても、やまきのメニューは、そんなに数は多くないので、どれもおすすめのメニューばかりですが、このメニューしかないことがわかれば、来店時に驚くことがなくスムーズにメニュー選びができるはずです。

ホルモン 70円

まずは、やまきといえば、このホルモンです。なんとお値段70円ですので、ついつい何本も手が伸びてしまいそうです。このやまきのホルモンというメニューは、俗にいうシロです。他店でいただくと、このホルモンは70円という値段では、まずいただけないでしょう。

やまきのホルモンは70円ですが、とても新鮮で臭みもなく、食感もぷりっぷりです。このぷりぷりのホルモンを、先ほどご紹介したやまきのタレにたっぷりつけていただけば、ニンニクと唐辛子がいいアクセントとなり、あっという間に1串無くなってしまうでしょう。

キモ 70円

次にご紹介するやまきのおすすめメニューは、キモです。このキモは俗にいうレバーです。たっぷりとボリューム感のあるキモは、注文すると目の前で焼いてくれます。そして焼き終わると一口サイズにカットしてくれますので、空き缶に刺さっている串で刺していただきましょう。

このキモも、タレとの相性がよくたっぷりつけるのがおすすめですので、ぜひ忘れずタレをつけて下さい。そして何と言っても、このキモも70円と破格の価格です。

アブラ 70円

次にご紹介するやまきのおすすめメニューは、アブラです。実は、こちらの西成のやまきには、このホルモン、キモ、アブラの3種類しかメニューはありません。あとはアルコールメニューのみとなりますので、この3種類を楽しむお店となります。

そしてこのアブラは、実は裏メニューとなるため、メニューには掲示されていません。常連さんが好んでオーダーしているメニューになっていますので、ぜひ思い切ってオーダーしてみましょう。こちらも70円ですので、激安です。

西成のやまきはどうやって注文する?

独特な雰囲気を楽しめるやまきですが、路上に鉄板が出ていて、そこで頂く立ち食いスタイルのお店なので、どんな風に食べるのか、どんな風に注文するのか、何も知らずに行ってしまうと戸惑ってしまう方も多いようです。そこで、やまきに来店する前に、少しだけやまきに来店した際の流れをおさらいしておきましょう。

これで、やまきにいって、雰囲気と注文方法に立ち往生してしまうことはないはずです。また常連さんや店主の方もとてもフレンドリーですので、ぜひ迷った際は思い切って質問してみてましょう。

ホルモンは焼かれてあるのを勝手にとって食べる

まずやまきの定番メニューのホルモンですが、いくつかのホルモンが串に刺された状態で鉄板で焼かれていますので、焼きあがったものをセルフでお客さんが鉄板から直接とって頂くスタイルとなります。そのため、オーダーして目の前に来るわけではありませんので、待ちぼうけをくらわないようにしましょう。

勘定は串の数で計算する

やまきでは、メニューが3種類しかなく、すべて70円になっているため、串の数でお会計の計算をします。そのため、食べ終わった串は、隅っこにまとめておいておき、捨てないようにしましょう。また、串刺しで出てこないキモやアブラを注文した際も、串をとって食べるスタイルになりますので、その串を同じようにまとめて置いておきましょう。

またアルコールメニューは、それぞれ微妙に料金が違いますので、空き缶などをみて計算することとなります。ちなみに、缶ビールは300円、チューハイは270円、酒は280円です。またお酒が全く飲めないかたでも、お茶は100円で頂けますので安心です。

肝は注文したら缶の中の串を刺して食べる

先ほど、ホルモンは鉄板から串刺しの焼きあがったものを、セルフでお客さんがとるスタイルとご紹介しましたが、キモとアブラは、オーダーすると店主が鉄板で焼いてくれ、焼きあがると目の前に移動してくれますので、それを缶の中から空串を出してそれで刺して頂く流れになります。

そのため、オーダーし頂く際はかならず缶から串をとるのを忘れないようにしましょう。この串の数で、お会計を計算するためです。

タレの二度付けは厳禁

いくら西成のやまきのタレが美味しいからと言って、二度づけは禁止です。やまきのタレは、ドロッとしていますので、最初にたっぷりとつけておけば、二度づけは必要ありません。またタレはお客さん全員が使用するものになりますので、口をつけたものは入れないようにしましょう。

西成のやまきのアクセス・営業時間は?

そんな西成エリアにある、個性的で魅力的なお店やまきは、いつがお休みで、どんな時間帯に営業しているのでしょうか。ホルモン焼きとなると夜のイメージが強いですが、やまきはお昼もちゃんと営業してくれていますので、お昼どきもおすすめです。

開放感ある路上で、美味しいホルモンやキモなどをつまみながら、お酒を頂くのは極上の時間となるでしょう。

アクセス

まずはやまきへのアクセス方法からご説明しておきましょう。やまきは、大阪府大阪市西成区の萩之茶屋にあります。最寄り駅は複数あり、阪堺電気軌道今池駅からなら徒歩1分です。また南海電鉄萩之茶屋駅からなら徒歩5分ほど、新今宮駅 からでも徒歩10分です。

他にも、JR大阪環状線新今宮駅からでも徒歩8分ですし、大阪市営地下鉄御堂筋線や堺筋線の動物園前駅からでも、9番口から出れば徒歩10分程度です。

やまきは、いつも多くの人だかりができていますし、高架下にあるお店ですので、初めての来店でも迷うことはないでしょう。

住所 大阪府大阪市西成区萩之茶屋2-2-7
電話番号 06-6634-3535

営業時間

次に西成のやまきの営業時間ですが、曜日によって異なりますので、来店する際は事前にチェックするようにした方が賢明です。

月曜日から金曜日の平日は、14:00~21:00まで営業しています。そのため、お昼すぎからの営業になりますので、ランチタイムは営業していません。

そして、土曜日と日曜日は11:00~21:00まで営業しています。週末なら、11:00から営業していますので、ランチの時間帯に訪れても、やまきのホルモンを堪能することが可能です。

定休日は?

西成の人気店であるやまきに行ったのに、お休みだったというのでは、とても悲しい思いをしてしまいます。そのため、来店する際は営業時間とともに、定休日もチェックしておきましょう。やまきの定休日は、実は決まっていません。店主が1人で営業しているため、お休みも不定期です。

そして路上に鉄板をだして営業しているため、雨が降る時はお休みになることも多いとか。そのため、天候が悪い際などは、事前に電話で営業しているか確認してみて下さい。またお店が大変混雑している場合は、テイクアウトも可能ですので、併せて検討してみましょう。

西成のやまきでおいしいホルモンを食べよう!

いかがでしたでしょうか。大阪の西成にあるやまきは、独特の雰囲気と、美味しいタレと共に頂くホルモンが魅力的なお店でした。やまきのような営業スタイルのお店は、他ではなかなか簡単にはありません。

せっかく大阪の西成周辺に足を運ぶ機会がありましたら、ぜひ一度やまきへ訪れてみて下さい。個性的なやまきの雰囲気と、極上のホルモンの美味しい味に、きっと魅了されること間違いなしです。

タレも絶品のホルモンを味わえるやまきワールドを、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。きっと大阪観光のいい思い出となるでしょう。

関連記事

292.thumb
この記事のライター
Liona-o
海外在住経験あり。旅と車と料理が大好きです。

大阪市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

大阪市の新着のまとめ