目黒のプール情報まとめ!おすすめ施設の料金や営業時間は?

2019年1月21日 (2019年1月24日最終更新)

東京23区の中でも治安の良さや交通面の利便性などから、住宅街として人気なのが目黒区です。中でも子育て世代にも人気が高いポイントとして気軽に行けるプールがたくさんある、というのです。目黒のプール情報をあれこれまとめてご紹介してまいりましょう。

目次

  1. 目黒にプールは多い?
  2. 目黒のおすすめプールの料金・アクセス紹介①屋外プール編
  3. 目黒のおすすめプールの料金・アクセス紹介②屋内プール編
  4. 目黒区のプールに子供と行くときの注意事項
  5. プールと健康
  6. 目黒区のプールに親子で行ってみよう!

目黒にプールは多い?

東京都内の南西部に位置する目黒区は、高級住宅街としても有名でその暮らしやすさが人気を呼んでいます。なかでも目黒には気軽に利用できるプールがけっこうたくさんある、というのです。どのようなプールがあるのか、また簡単な目黒のプール施設概要とともに料金などの情報も含めておすすめポイントをご紹介してまいりましょう。

小さな子供でも使えるプールがある

治安の良い住宅地としても人気の目黒では、子供連れのファミリー層にも安心しておすすめできるプールであることも前提となります。小さな子供連れのプールは何かと準備も大変ですが、せっかくだから広いプールで遊ばせてあげたいものです。ただし、施設によっては子供の年齢やオムツの有無などにより利用を制限される場合がありますので確認が必要です。

親子でスポーツ教室や水泳教室が受けられるプールも

目黒のプールのおすすめポイントのひとつに、屋内プールの多さがあげられます。屋内ということは年中季節を問わずプールを楽しむことができるのです。さらに、今回ご紹介するのは目黒区立の公共施設としてのプールなのですが、親子で水泳教室に参加できたり、スポーツ教室を受講することができるのです。これはとてもお得です。

小学校内に位置するプールもある

目黒区立のプール、というけれど、そんなにプールって作るものなの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。これは「小学校の敷地内にある」という点で納得がいくことでしょう。子供たちが体育の授業の一環として利用するプールを、そのまま目黒区立のプールとして一般公開して管理できれば良いのです。便利だし、敷地の問題もクリアです。

Original東京都内でおすすめのプール15選!人気のスライダーや穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京都内には子供も大人も楽しめる人気でおすすめのプールが点在しています。大人も度肝を抜かれる...

目黒のおすすめプールの料金・アクセス紹介①屋外プール編

屋外プールの良いところは、やはり夏の暑い日差しの中、なみなみと水をたたえる涼やかな風景でしょうか。

子供たちにとっては、夏の屋外プールといえば至高の喜びです。屋外の暑さをじりじりと感じながら、同じく屋外の涼やかなプールに飛び込みたい気持ちをおさえて、準備体操をするその時間が待ちきれない!

それでは、目黒にあるおすすめの屋外プールについて、料金などの詳細情報いろいろとご紹介してまいりましょう。

目黒区民センター屋外プール

目黒区民センターにある屋外プールは、7月1日から9月10日の夏季限定の一般公開となっています。50mプールと幼児用プールがあり、オムツの取れていない子供でも、水着の下にスイミング用オムツを着用していれば利用可能です。

基本利用時間が2時間までとなっており、超えるときには基本料金にプラスして超過料金を支払います。また、入場のみでも利用料金はかかりますのでご承知おきください。

大人料金は200円、3歳から中学生の子供料金が100円となっています。利用時間は50mプールのほうが10:00~20:00、幼児プールは10:00~17:00です。目黒区立施設のため、スポーツ大会やイベントなどが行われる場合がありますので、営業時間などの詳細はホームページでもご確認ください。

住所 東京都目黒区目黒二丁目4番36号
電話番号 03-3711-1139

目黒のおすすめプールの料金・アクセス紹介②屋内プール編

屋内プールのおすすめポイントは、季節や天候を問わず利用できるのが一番にあげられます。また、強い日差しや紫外線を気にせずに安心して水泳が楽しめること、プールサイドも温度が保たれていて快適なことなどもあげられます。

それでは、目黒にあるおすすめの屋内プールについて、料金などの詳細情報いろいろとご紹介してまいりましょう。

目黒区立駒場体育館 プール

目黒区立駒場体育館にある屋内プールも目黒のおすすめ屋内プールのひとつです。その充実したスポーツ施設を利用した各種のスポーツ教室が開かれています。営業時間は曜日によって異なるため事前の確認が必要です。

目黒区立駒場体育館の屋内プールでは、小学生向けの水泳教室、ウォーターエクササイズ、アクアビクスなど、年間を通して開かれており、参加しやすくなっています。無料のショートレッスンなどもあるので、子供たちも気軽にスポーツに親しむことができます。

大人料金は400円、3歳から中学生の子供料金が200円となっています。25mプールしかないため、3歳未満の子供は利用不可となっています。また、浮き輪やフィンなどの利用も不可ですので、泳げる人向け、といった感じの屋内プールです。

住所 東京都目黒区駒場二丁目19番39号
電話番号 03-3485-7761

目黒区立五本木小学校内 中央地区プール

目黒区立五本木小学校の敷地内にある屋内プールは、目黒区の中央地区プールとしても管理されていますが、基本的には小学校の子供たちの学校利用時間以外の時間を一般公開としています。そのため営業時間の設定はありますが、小学校の利用の都合により変更される場合もあります。

大人料金は400円、3歳から中学生の子供料金が200円となっています。25mプールしかないため、3歳未満の子供は利用不可となっています。

小学生以上向けの初心者水泳指導や、中学生以上から受けることができる水中ウォーキング、アクアエクササイズなどの指導も行われています。

住所 東京都目黒区五本木二丁目24番3号
電話番号 03-3714-8511

目黒区立碑小学校内 南部地区プール

目黒区立碑(いしぶみ)小学校内の屋内プールも、先にご紹介した目黒区立五本木小学校の中央地区プール同様に、目黒区の南部地区プールとして運営されていますが、あくまでも小学校の子供たちによる学校利用が優先の屋内プールです。

大人料金は400円、3歳から中学生の子供料金が200円となっています。屋内は25mプールのみで、3歳未満の子供は利用不可となっています。車椅子でも入水できるようにスロープが設置されています。また、ビート板やアームヘルパーがプール内にあるのでそちらも利用可能です。

様々な水泳教室などの開催もあるのですが、交通アクセスがあまり良くはなく、周囲も住宅街のため店舗もあまりありません。そのため、比較的空いている、というおすすめポイントがあります。泳ぎまくりたい!というスイマーにはおすすめの屋内プールです。

住所 東京都目黒区碑文谷一丁目18番14号
電話番号 03-3793-2606

目黒区立緑ヶ丘小学校内 西部地区プール

目黒区立緑ヶ丘小学校内の屋内プールも、先にご紹介したプール同様に、目黒区の西部地区プールとして運営されていますが、子供たちの体育授業などでの利用が優先となります。屋内部分は25mプールのみとなり、オムツの取れている3歳以上の利用のみとなっています。

大人料金は400円、3歳から中学生の子供料金が200円となっています。屋外に小さめな幼児用プールの設置はありますが、何しろ屋外ですから、夏季限定での利用となります。

他の小学校内の目黒区民用プール同様に、様々な水泳教室が開かれていますので、健康促進のためにもお出かけついでにぜひ足を運んでみてください。近隣の人気お出かけスポット、自由が丘はアクセス圏内です。

住所 東京都目黒区緑が丘二丁目13番1号
電話番号 03-3718-3130

Original中目黒でショッピング!服や安いお買い物スポットのおすすめも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中目黒界隈は、様々な買い物に最適なショッピングスポットの宝庫。中でも、おしゃれな古着服が安い...

目黒区のプールに子供と行くときの注意事項

お子様連れでプールにお出かけするには、それなりに準備が必要です。幼児を連れていくには荷物の心配や、そもそも目的のプールには、子供も入って良いのかどうかも重要なチェックポイントです。ある程度成長した子供、今度は活発に動き回り、次の行動が予測できないところもあるため、大人の目がどうしても必要です。

目黒のプールだけでなく、全国どこのプールでもそれぞれの対応は異なりますので、事前に確認しておくべき項目を簡単にご説明します。

オムツが取れていない幼児は対応可能か確認する

それぞれのプールについての詳細情報でご紹介しておりますが、今回ご紹介した目黒のプールについては、目黒区民センターの屋外プール以外はすべて非対応となっています。オムツがとれていたとしても、3歳未満の子供は利用不可です。

ただ、今回こちらでご紹介する目黒以外の施設につきましては、それぞれに対応・非対応とも条件などが異なりますのでその都度ご確認されることをお勧めいたします。

小学校低学年未満の子どもは常に目を離さない

小さな子供たちの運動量や次に起こす行動は、大人にとって未知の世界です。プールは、子供にとって楽しい場所であることは確かですが、常に溺れる危険性と隣り合わせの場所です。言って聞かせることも大切ですが、まずは大人が、目を離さずにしっかり見守ることが重要です。

大人一人の付き添いに子供は原則二人まで

子供たちの行動は予測不能です。常に見守ることが大切ですが、いくら大人でも限界はあります。一人で何人もの子供たちの面倒を見るのも、陸上でならできるかもしれませんが、命の危険を伴うプールでは別です。目黒のプール施設では、大人一人につき子供は原則二人まで、と制限があります。

プールと健康

プールで泳ぐことは、なぜ健康に良い、と言われるのでしょうか。それは、水による浮力のおかげで、体に負担なく全身を動かすことができるからです。また、水に潜っている間は息をとめているため、心拍数があがって心臓や肺活量の強化を見込めるからです。また、何もせずに浮かんでいるだけ、というのも心身のリラックス効果が期待されます。

目黒区のプールに親子で行ってみよう!

目黒にあるプールについてあれこれご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?目黒区立の公共施設なのに屋外プールも屋内プールもいろいろあり、それぞれで水泳教室やアクアエクササイズなどのクラスも充実しています。目黒のプールを利用することで、リーズナブルな価格で様々な効果も期待できる水泳、この機会にはじめてみませんか?

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Maria

広尾・白金・目黒の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

広尾・白金・目黒の新着のまとめ