喜屋武岬は沖縄最南端の絶景スポット!観光でおすすめの過ごし方を紹介!

2019年1月24日 (2019年1月26日最終更新)

沖縄喜屋武岬は、太平洋と東シナ海の境にある絶景スポットで有名です。沖縄戦線に関わる悲喜こもごもの思いのある地でもあるのです。そんあ喜屋武岬の約30mの断崖の上からの眺望は素晴らしく観光を楽しませてくれます。喜屋武岬の観光でおすすめの過ごし方を紹介します。

目次

  1. 喜屋武岬ってどんなところ?
  2. 沖縄県南部随一の絶景スポット
  3. 喜屋武岬近くは沖縄戦の悲劇の舞台となった
  4. 喜屋武岬周辺のおすすめ観光スポット
  5. 喜屋武岬の近くカフェ・レストラン
  6. 沖縄のおすすめメニュー
  7. 沖縄でダイビングを楽しもう
  8. 沖縄で釣りを楽しもう
  9. 那覇空港から喜屋武岬までのアクセス方法
  10. 喜屋武岬は南部観光におすすめ!

喜屋武岬ってどんなところ?

沖縄の喜屋武岬は、沖縄戦線の激戦区であったこともあり「沖縄戦跡国定公園」に指定されています。そんな、悲喜こもごもの思い出が残される場所ですが、喜屋武岬からの眺望は絶景スポットとして賑わいがあります。

沖縄最南端と言われる喜屋武岬は、20m30mの断崖が切り立つ「太平洋」と「東シナ海」の境でもあり、その眺望に心打たれるものがあります。そんな喜屋武岬の観光の楽しみ方や過ごし方を紹介します。

沖縄県の最南端の岬

沖縄の喜屋武岬は、那覇空港から約20km南下した場所にあり「沖縄の最南端の岬」と言われています。喜屋武岬一帯は「琉球石灰岩の海岸段丘」で海面から20m30mの断崖で形成されています。

しかし、実際の沖縄最南端の位置は喜屋武岬から400m位先の「荒崎」ですが、一般的には「喜屋武岬」が最南端と言われています。

沖縄県南部随一の絶景スポット

沖縄の喜屋武岬の絶景は、一枚の写真におさまりきれなくて、その全景は「記憶に残る残像」が記念になるほど海洋に大きく広がる景観の素晴らしさがあります。

喜屋武岬の絶景は、記憶に残る景観の素晴らしさが沖縄県南部随一の絶景スポットとして、多くの観光客が訪れています。

写真では写せないパノラマの風景

喜屋武岬から広がる一大パノラマは、遠く水平線まで続く大海原そのものです。その広大な景観はファインダーにおさまりきれない程に際限なく広がります。

喜屋武岬の眺望は、屋根付きでベンチのある展望スペースから一望する「太平洋と東シナ海」を水平線でつながる境目のない様に驚愕します。それは、あまりにも広すぎて写真にはおさまりきれない景観です。

眼下には紺碧の海と絶壁喜屋武岬

喜屋武岬は「琉球石灰岩の海岸段丘」で形成される断崖の続く景勝地です。海面からの高さも20m30mの断崖の真下には紺碧の海が広がります。

喜屋武岬から見下ろす眼下の景観は打ち寄せる波音と潮風が心地よく伝わり、断崖絶壁の先に続く遥かな紺碧の海に飲み込まれるほどのスケールの大きさを体感します。

白亜の美しい喜屋武灯台が見える

喜屋武岬に白亜の灯台があります。戦後アメリカ軍によって設置された「荒崎灯台」が前進で、1972年に現在の場所に設置・初点灯しています。

喜屋武岬灯台の周辺は「沖縄南部戦跡国定公園」に指定されていて観光資源に恵まれ、眼下に広がる海岸の景観は素晴らしさに思わず絶句してしまいます。

喜屋武岬近くは沖縄戦の悲劇の舞台となった

沖縄の喜屋武岬付近は、大戦の惨劇の思いが残る地です。米軍の攻撃にあった日本軍司令部が沖縄本島南部に撤退し、沖縄戦線最大の激戦地になってしまいました。

そして、一般島民と撤退する軍人と抗戦する軍人とで混乱した激戦地沖縄南部の喜屋武岬付近で、自決のために身を投げたという惨劇の歴史の舞台になった地です。

喜屋武岬周辺は沖縄戦の激戦地喜屋武岬

沖縄の喜屋武岬周辺は、沖縄戦最大の激戦地でもあり終焉の地でもあります。日米敵味方入り乱れた抗戦は、壮絶で悲惨なものでありました。

戦線視察中の米軍将校の負傷戦死などもありました。日本軍の組織的抗戦も終いには、1945年6月に日本軍司令官の自決したことで終わったのですが、米軍の掃討戦が続くなど激戦の地と化した喜屋武岬周辺でした。

沖縄戦跡国定公園に指定喜屋武岬

沖縄の喜屋武岬一帯は激戦の痛ましい歴史を悼み、沖縄戦線激戦地であり、終焉の地であるこの周辺と海岸線(約15km)の自然景観を含め「沖縄戦跡国定公園」に指定されています。

喜屋武岬の周辺には「ひめゆりの塔」「平和之塔」や「平和記念公園」などの数多くの戦跡が喜屋武岬周辺にあります。そんな喜屋武岬を中心とした沖縄戦跡国定公園は、観光スポットとして賑わいをましています。

喜屋武岬周辺のおすすめ観光スポット

沖縄の喜屋武岬周辺には、観光スポットが数多くあります。約15km続く琉球石灰岩の海岸線と紺碧の海に広がる景観や沖縄戦跡にまつわる観光施設などがあります。

壮大な景色が堪能できる喜屋武岬には、沖縄戦線の悲劇の足跡が混在するなど悲喜こもごもです。そんな喜屋武岬周辺のおすすめの観光スポットを紹介します。

平和の塔喜屋武岬

沖縄の喜屋武岬周辺のおすすめの観光スポットに「平和の塔」があります。太平洋と東シナ海の境界線上の海面から約30mの断崖上に平和の塔は建てられています。

沖縄戦最後の激戦地として知られる喜屋武岬の断崖から、追い詰められた多くの住民や日本兵が身を投じたという惨劇を物語る場所の大海原に向かって平和の塔は建てられています。

平和記念公園

沖縄の喜屋武岬周辺のおすすめ観光スポットに「平和記念公園」があります。沖縄戦線終焉の地である糸満市摩文仁の丘を望む絶景の海岸線を眺望できる台地にあります。

公園内には「平和資料館」や「平和の礎」などがあり、戦争の悲惨さを伝え二度とこの様な惨劇がないよう世界平和を訴える公園として整備されています。訪れる人は、戦争の恐ろしさを知り平和への意識の高まりを再認識しています。

具志川城址

沖縄の喜屋武岬周辺のおすすめ観光スポットに「具志川城址」があります。具志川城址は、三方を海に囲まれた喜屋武海岸の断崖にあります。

久米島の覇権嵐に破れた「真金声」が築いたと伝えられている具志川城は、遺跡のように石だけが残る城址ですが、残された石積みの重厚さに歴史を感じながら歩くと足元の危険を忘れるほどの喜屋武海岸の絶景が目に入ります。

ひめゆりの塔

沖縄の喜屋武岬周辺のおすすめ観光スポットに「ひめゆりの塔」があります。沖縄に行くと一度は訪ねたくなる「ひめゆりの塔」です。沖縄戦禍の傷ましさを思い知らされます。

沖縄戦の第三外科壕の学徒隊の壕にいた96人の学徒隊のうち、87名が壕への攻撃で死亡し、残りの何名かが脱出後に死亡して生き残った学徒隊は何人もいなかったという、惨劇の傷ましさを伝えるひめゆりの塔です。

0142eb31bc526dd2447c1ba5b6bab99d「ひめゆりの塔」ご紹介!アクセス方法や料金は?駐車場は無料? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県南部の糸満市は、誰もが聞いたことのある「ひめゆりの塔」が有名な観光地です。今回はひめゆ...

琉球ガラス村

沖縄の喜屋武岬周辺のおすすめの観光スポットに「琉球ガラス村」があります。沖縄県内最大級の手づくり琉球ガラス工房です。明治時代に長崎や大阪から来たガラス職人によって「吹きガラス技術」が伝えられました。

戦後に駐留米軍が飲んだコーラ瓶などを再生して作られたガラス工芸品から琉球ガラスが誕生したと言われます。琉球ガラス村では、そんな吹きガラス工芸の体験などを通してカラフルで独創性のある琉球ガラスの伝統工芸を紹介しています。

Ks00006101000000681「琉球ガラス村」特集!体験もできて大人から子供まで楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
琉球ガラス村は糸満市にあり、県内最大の琉球ガラス工房です。沖縄の海や花を思わせるカラフルなガ...

沖縄県平和祈念資料館

沖縄の喜屋武岬周辺の観光スポットに「沖縄県平和祈念資料館」があります。沖縄戦では、軍人よりも一般住民の戦死者が上回ったというように痛ましい戦禍の歴史があります。

その状況は壮絶で残酷極まりないもので、戦争の犠牲になった人達を弔い、資料に残して戦争の悲惨さを後世まで伝え恒久平和を訴え設立されています。

Img 8498 1024x683沖縄平和祈念公園資料館を巡る!沖縄戦跡の国定公園をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
毎年沢山の観光客が訪れる、美しい海に囲まれた沖縄!しかし激しい沖縄戦の跡地でもあります。そん...

喜屋武岬の近くカフェ・レストラン

沖縄の喜屋武岬周辺には、おすすめのカフェやレストランがあります。沖縄郷土料理の歴史は、琉球王朝の時代から伝承された料理が多くあります。

琉球料理ともいわれる沖縄料理の歴史を伝承しながらも、現代にマッチした料理の数々が名物料理として多くの人に親しまれています。そんな沖縄料理のカフェやレストランを紹介します。

CAFE de 釣り(カフェ・デ・ツリー)

喜屋武岬周辺のおすすめカフェ・レストラン「CAFE de 釣り(カフェ・デ・ツリー)」があります。このお店は、店内に入ると大きな生簀があります。店内で、この生簀に泳ぐ魚を釣る事ができるというユニークなカフェです。40分1000円で生簀を囲むカウンターから釣りができて、釣り上げた魚10匹までを唐揚げにして食べられるというものです。

住所 沖縄県糸満市大度397-1
電話番号 098-997-3333

Cafeブリーガーデン

喜屋武岬周辺のおすすめのカフェ・レストラン「Cafeブリーガーデン」があります。ひめゆりの塔の前にある前面がガラス張りの店内からは、ハイビスカスやブーゲンなど季節の花々を眺めながら、自家菜園で育てた自家野菜の料理はおすすめ料理です。おまかせランチや自家製野菜たっぷりのカレーセットなどおすすめのメニューがたくさん揃っています。

住所 沖縄県糸満市伊原190-1
電話番号 098-997-3111

茶処 真壁ちなー

喜屋武岬周辺のおすすめカフェ・レストラン「茶処 真壁ちなー」があります。戦前からの歴史ある古民家で美味しい沖縄料理が食べられます。沖縄の風を感じながら食べる沖縄料理の「皿そば」「チャンプルー」や「沖縄そば」などのメニューがあります。喜屋武岬の絶景を見て、沖縄戦線の悲しみを体感した後の沖縄料理は、美味しさの中に郷愁さえ覚えます。

住所 沖縄県糸満市真壁223番地
電話番号 098-997-3207

沖縄家庭料理の店 三姉妹

喜屋武岬周辺のおすすめのカフェ・レストランの「沖縄家庭料理の店 三姉妹」があります。昭和55年に脱サラした三姉妹が開店した沖縄家庭料理のお店です。きれいで落ち着いた雰囲気の中で「おばあ」が糸満魚市場から仕入れた新鮮な刺し身やゴーヤの煮物など沖縄の家庭料理を美味しく食べさせてくれます。普段着の沖縄料理が楽しめるお店です。

住所 沖縄県糸満市字喜屋武44
電話番号 098-997-4077

レストランひめゆり会館

喜屋武岬周辺のおすすめカフェ・レストランに「レストランひめゆり会館」があります。ひめゆり会館には、レストランの他に県産品ショップや伝統工芸体験などのコーナーもあります。レストランには、定番メニューの「ひめゆり御膳」や「海ぶどう丼」などの他に地元特産の食材を使った「和琉紅型膳」や「琉家そば膳」などの予約限定メニューなどがあります

住所 沖縄県糸満市伊原734番地
電話 098-997-3000

沖縄のおすすめメニュー

沖縄のおすすめ料理メニューは、様々あります。沖縄の絶景を楽しんだ後のランチやディナーに沖縄の風情をたっぷり味わいながらの沖縄メニューは、沖縄の絶景を堪能した余韻そのままに楽しめる料理がたくさんあります。

沖縄民謡を楽しみながらテーブルを囲む沖縄料理やヒョイと立ち寄って気軽に食べるソーキそばやチャンプルーそして、なぜか沖縄で食べたくなる「ステーキ」など沖縄おすすめのメニューがたくさんあります。

ゴーヤチャンプルー

沖縄の郷土料理の代表格とも言える「ゴーヤチャンプルー」があります。チャンプルーとは、沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味で、そのまんま食材をごちゃまぜにして食べる料理です。

夏バテに効果があると言われる沖縄特産の「ゴーヤ」をベースに、豚肉・野菜・豆腐などを炒めた沖縄の家庭料理です。今やゴーヤは全国に普及している苦味のある野菜です。

沖縄そば

沖縄で人気のそばというと「沖縄そば」です。チャンプルーと並ぶ人気メニューで、沖縄の街なかのあちらこちらで目にする「沖縄そば」です。

小麦粉からつくった麺を使って豚骨・鰹節で取った出汁をスープにして食べます。肉・かまぼこ・ねぎをのせた沖縄独特の食感のそばです。ソーキそばとしても有名ですが、ソーキそばには三枚の豚肉に変わって「ソーキ(骨付き肉)」がのっています。

ラフティー

沖縄の「ラフティー」も人気メニューです。ラフティーには歴史があります。琉球王朝の大交易時代に、中国料理の技法を取り入れてつくられた宮廷料理です。

ラフティーは、豚皮がついた角切りの豚肉をじっくりと煮込んで、無駄な脂分などを取り除いて柔らかく歯ざわりを良くした、風合いは異なりますが「豚の角煮」のようなものです。仕込みの大変さもあり、一般家庭では祝い事などのご馳走になったりします。

タコライス

沖縄では比較的新しいメニューですが大衆受けする味わいは、いつの間にか沖縄を代表する食べものにまでなった「タコライス」です。

沖縄県の金武町が発祥の地と言われています。もともとは、メキシコ料理のメニューでもあったのですが、沖縄では「タコの具」にご飯・サルサソースをかけて食べる沖縄生まれの料理に変わったものです。

ステーキ

沖縄の料理メニューに、沖縄に行ったら一度は食べたい「ステーキ」があります。もともと、戦後の米軍当占領下の頃に頻繁に食べられた米軍の主食と言えるステーキが沖縄に根付いたのでした。

そんな沖縄の戦時戦後の歴史の中で「アメリカンなボリュームたっぷりのステーキ」が沖縄で食べられるようになったのです。沖縄では、ステーキを焼きながらのパフォーマンスが見られるお店などもあり美味しいステーキが食べられます。

沖縄でダイビングを楽しもう

やっぱり沖縄は「海」です。沖縄の紺碧の海に魅せられて、海中散歩がしたくなります。沖縄の海でダイビングを楽しむ醍醐味は、サンゴ礁や近づいてくる魚たちと触れ合うダイビングがしたくなります。

ところが、ダイビングするにはライセンスの関係もあり簡単にダイビングができるわけではありません。しかし、沖縄でのダイビングには体験ダイビングというものがあります。

インストクターの適切な指導で、体験ダイビングができるのです。「体力に自信はなけどダイビングはしてみたい。」「ダイビングの経験はないけど不安はない。」という2パターンからコースを選びます。

そして、ダイビング所要時間が「半日(2時間から5時間)」か「1日(6時間から9時間)」更に「ビーチからダイビング」か「ボートからのダイビング」を選びます。相応の費用はかかりますが、後はダイビングインストラクターが指導してくれます。

沖縄で釣りを楽しもう

沖縄の楽しみに「釣り」もあります。目の前に広がる大海原と岩礁の切り立った海を見ると、釣り好きでなくても「釣り」をしたくなる衝動にかられます。沖縄では、手ぶらで釣りができます。

沖縄の釣りツアーは、大人子供関係なくインストラクターが「釣り」を教えてくれます。それこそ釣り未経験者でも沖縄の釣りツーに参加できます。

沖縄の海には亜熱帯地方特有のカラフルな魚がたくさんいます。そんな中で、釣りツアーが組まれたりしていますから、釣りツアーに参加すると手ぶらでも釣りを楽しめます。

船で沖合に出て船釣りの醍醐味を体験する。或いは、磯場の磯釣りなど沖縄での釣りのチャンスはたくさんあります。そして釣りの楽しみが、釣り上げた魚を調理してもらい釣り自慢をしながら食べられるという沖縄の釣り体験です。

那覇空港から喜屋武岬までのアクセス方法

那覇空港から喜屋武岬へのアクセスは、車かバスを利用するアクセスになります。実際、鉄道が走っていない沖縄ではアクセスの手段が、車・バス・タクシーというようになります。

那覇空港からのアクセスは、モノレールも走ってはいるのですが那覇市内だけで、糸満市までのアクセスはありません。糸満市喜屋武は、那覇空港から南に約18kmのところに位置しています。

車での行き方

那覇空港から車で「喜屋武岬」にアクセスするには、空港ターミナルからゆりレール沿いに安次嶺交差点までアクセスします。この交差点を右折して国道331号線を南下するアクセス方法です。

国道331号線(糸満道路)から県道3号線にアクセスします。この間約15km走行し喜屋武岬にアクセスします。喜屋武岬に近くなると道幅が狭くなりますから運転には要注意です。

バスでの行き方

那覇空港から喜屋武岬までのバスでのアクセスは、那覇空港から琉球バス具志川バスターミナル行バスで「具志頭」までアクセスします。この間約1時間のアクセス時間距離です。

具志頭で糸満バスターミナル行のバスに乗り換えて「波平入り口」までアクセスします。この間約20分のアクセス時間距離です。この様に、那覇空港から喜屋武岬のバスでのアクセスは、乗り換えを含み約1時間30分運賃1000円前後でアクセスできます。

30b624b77fc2a89b2fc602602de63e31糸満市の人気観光スポットをご紹介!定番から穴場まであり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
糸満市は沖縄本島の最南端に位置する市となっております。他国や他郷などの景色や文化などに触れる...

喜屋武岬は南部観光におすすめ!

いかがでしたか。沖縄の喜屋武岬周辺の観光スポットでした。沖縄戦線の痛ましい残像を喜屋武岬の自然が覆い尽くすようにメジャー級の観光スポットに変身しています。

喜屋武岬の海岸線に広がる30mクラスの断崖と180度のパノラマの絶景は、記録よりも「記憶」に残る観光スポットです。そんな「喜屋武岬」は沖縄南部のおすすめの観光スポットです。沖縄の南部地域観光おすすめします。

関連記事

Missing
この記事のライター
柄目木036

那覇の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

那覇の新着のまとめ