トイ・ストーリー・ホテルでディズニーの世界を満喫!料金やアクセスは?

2019年1月28日 (2019年1月28日最終更新)

トイ・ストーリーをコンセプトとしたトイ・ストーリー・ホテルは上海ディズニーランドのオフィシャルホテルです。上海ディズニーランドからアクセスも抜群でアメニティなども人気もあり、おすすめです。トイ・ストーリー・ホテルの情報をまとめました。

目次

  1. トイ・ストーリー・ホテルは魅力がいっぱい
  2. トイ・ストーリー・ホテルがあるのは上海だけ
  3. トイ・ストーリー・ホテルは上海ディズニーのオフィシャルホテル
  4. トイ・ストーリー・ホテルの客室数は全部で800
  5. トイ・ストーリー・ホテルなら優先入場券の購入が可能に
  6. 無料シャトルバスで抜群のアクセスを実現
  7. トイ・ストーリー・ホテルはフォトジェニック
  8. キャラクター達と記念写真をとることも
  9. トイ・ストーリー・ホテルはかゆいところにも手が届く仕様
  10. トイ・ストーリー・ホテルは東棟と西棟で内装が違う
  11. トイ・ストーリー・ホテルは内装も素敵に
  12. トイ・ストーリー・ホテルの客室の大きさは
  13. トイ・ストーリー・ホテルではベッドの数に注意
  14. トイ・ストーリー・ホテルはアメニティもしっかり
  15. トイ・ストーリー・ホテルの客室タイプは3つ
  16. トイ・ストーリー・ホテルはレストランも充実
  17. トイ・ストーリー・ホテルの宿泊料金
  18. トイ・ストーリー・ホテルまでのアクセス方法
  19. トイ・ストーリー・ホテルは日本にはやってこないの?
  20. トイ・ストーリー・ホテルで優雅な休日を楽しもう

トイ・ストーリー・ホテルは魅力がいっぱい

上海ディズニーランドのオフィシャルホテルとして提携しているのが、トイ・ストーリー・ホテルです。映画トイ・ストーリーの世界に肩まで浸かるような体験を、テーマパーク内だけでなくホテルでも味わえるのは幸せです。

トイ・ストーリー・ホテルをきっかけに、上海ディズニーランドに行く人も増えています。トイ・ストーリー・ホテルの料金や人気、アクセス方法やアメニティ情報など国外にいるといまいちつかみにくい情報をまとめました。

トイ・ストーリー・ホテルがあるのは上海だけ

開業していれば人気が爆発すること間違いなしに見えるトイ・ストーリー・ホテルですが、残念ながら今のところ上海にしかありません。中国は観光客も多く、テーマーパークの需要も高いため、最初の場所として選ばれても不思議ではありません。

日本のディズニーランドと提携しているオフィシャルホテルの中には、まだトイ・ストーリー・ホテルはありません。人気のトイ・ストーリー・ホテルを今すぐ楽しみたいという方は上海まで行くことになります。

トイ・ストーリー・ホテルはおすすめされることも多く、上海にしかないホテルだということで注目度も非常に高いです。トイ・ストーリー・ホテルを楽しむために上海に行く、ディズニーランドに行くというのも素敵な体験になること間違いなしです。

Original上海ディズニーグッズおすすめお土産11選!ここでしか購入できない限定商品は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
上海ディズニー限定のお土産グッズが大注目です。日本からも比較的にアクセスしやすい上海ディズニ...

トイ・ストーリー・ホテルは上海ディズニーのオフィシャルホテル

トイ・ストーリー・ホテルは、しっかりとディズニーの傘下として経営されているホテルです。人によってはアンダーグラウンドなホテルを想像するかもしれませんが、あやしいパチモノホテルではないため、安心して使うことができます。

オフィシャルホテルの分サービスも行き届いていますし、人気も高くおすすめです。その分宿泊料金やレストランの料金もリゾート価格となっているため、国外だからといって日本国内とそれほど出費が変わるわけではありません。

Cldwxozxiaaouyk上海ディズニーランドの人気アトラクションは?ランキングで解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
上海ディズニーランドは、2016年6月にオープンしたばかりの出来立ての夢の国です。そんな上海...

トイ・ストーリー・ホテルの客室数は全部で800

世界初であるトイストーリーのテーマホテルですが、実験的な小さいものではなくその客室数は800となっています。東京ディズニーランドのオフィシャルホテルである東京ベイ横浜ホテルが428室、サンルートプラザ東京が696室です。

このことを踏まえても、オフィシャルホテルの中でも大型に属する客室数と言えます。なお、800のうち700は同じ大きさの客室となっています。泊まるときは景色からの景観は違いますが、客室の内装は同じと考えてよいでしょう。

トイ・ストーリー・ホテルなら優先入場券の購入が可能に

トイ・ストーリー・ホテルの宿泊客であれば、上海ディズニーランドの優先入場券が購入できます。オフィシャルホテルならではのアクセスのしやすさもそうですが、入場券の優待を受けられるのもトイ・ストーリー・ホテルがおすすめされる理由です。

上海ディズニーランドをめいっぱい楽しむためにも、すぐに移動できるトイ・ストーリー・ホテルに宿泊することはおすすめです。1日単位の入場券のため「早く行って1日使ってめいっぱい遊び尽くしたい」という考えにもマッチしています。

せっかく遠征に来ても、当日券が購入できないのでは元も子もありません。宿泊と優先入場券購入の権利を、両方同時に満たせるのはありがたいです。トイ・ストーリー・ホテルの強みをあますことなく使っていきましょう。

Img 2563上海ディズニーランドの見所!チケットの入手法・周辺ホテルや食事・混雑情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
2016年6月にオープンしたばかりの上海ディズニーランド。東京から上海まで3時間で行けるので...

無料シャトルバスで抜群のアクセスを実現

また、トイ・ストーリー・ホテルはそのアクセスのよさでも人気がありオススメされています。トイ・ストーリー・ホテルからは無料のシャトルバスが出ており、上海ディズニーランドまで労せず辿り着くことができます。

1日遊び尽くして疲れた後も、トイ・ストーリー・ホテルでの夕食を楽しむことができます。食事やホテル、テーマパーク間それぞれのアクセスが便利であることはオフィシャルホテルにとって必須です。6時半から23時までの間、15分間隔で運行されています。

ホテルから上海ディズニーランドまで直通でアクセスできます。ディズニーリゾートを満喫する人のためのバスと言えますが、バスの内装自体はシンプルです。特別な仕様があるわけではないため、見逃さないようにしましょう。

トイ・ストーリー・ホテルはフォトジェニック

トイ・ストーリー・ホテルはリゾートホテルというだけあって、写真映えのするスポットが数多く用意されています。トイ・ストーリーのキャラクターたちと一緒に撮影できるホテルは全世界でもここだけです。

人気のSNSで写真や動画を投稿したいという人の話題づくりにも貢献しています。特に客室や廊下、内装など宿泊客しか見ることのできないリアルな部分は人気が高いです。ホームページの写真と比べて口コミを載せる人も多くいます。

メインエントランスで

そんなトイ・ストーリー・ホテルのおすすめ撮影スポットの1つはメインエントランスです。エントランスはアクセスした後、一目でトイ・ストーリー・ホテルだと分かる外観をしており、ホテル自体の大きさにも圧倒されるでしょう。

エントランスの扉自体も大きく、脇にあるキャラクターパネルとあいまって外国らしさを演出するのにも一役買っています。まずホテルについたら写真を撮りたいという人にとって、分かりやすくキャッチーな撮影スポットと言えるでしょう。

中庭で

おすすめの人気撮影スポット、続いては中庭です。広々とした中庭は撮影するのにも適していますが、ここにはトイ・ストーリーのキャラクターたちのモニュメントが配されています。庭園自体も整備されており、リゾートホテル感を味わうことができておすすめです。

きれいな中庭で、トイ・ストーリーの大型モニュメントと記念撮影するのは想像するだけでも心躍る風景です。中庭のため青空をバックに撮影できることも人気の秘訣です。フォトジェニックなスポットである中庭での記念撮影は外せません。

キャラクター達と記念写真をとることも

トイ・ストーリー・ホテルでの記念撮影はパネルやモニュメントだけにとどまりません。確かにモニュメントと一緒に記念撮影できるのは嬉しいですが、できればディズニーランドを訪れたときのように、キャラクターと記念写真も撮りたいものです。

そんな願望を叶えられるのもトイ・ストーリー・ホテルの利点です。先ほど紹介した中庭では、トイ・ストーリーのキャラクターたちによるウェルカムグリーティングが毎日行われています。

ホテルの宿泊者だけがキャラクターたちと写真を撮ることができる上、静かな場所で他の通行客などを写さずに撮影ができるのもトイ・ストーリー・ホテルの魅力です。少し違ったホテルを楽しみたいという方は、1度トイ・ストーリー・ホテルに宿泊してみてください。

トイ・ストーリー・ホテルはかゆいところにも手が届く仕様

ここからはトイ・ストーリー・ホテルの宿泊施設としての面をまとめていきます。トイ・ストーリー・ホテルはアクセスや撮影スポットの他に、内部施設も充実しています。

室内に用意されるアメニティやレストランなど、いかに付加価値がついているかもオフィシャルホテルとしては見逃せないポイントです。かゆいところにも手が届くトイ・ストーリー・ホテルの仕様は様々な箇所にちりばめられています。

wi-fiはもちろん完備

客室やロビーでは、wi-fiが利用可能となっています。明日の予定の確認や友達との待ち合わせ、おすすめ人気スポットの検索など様々な用途でwi-fiが使えるのはうれしいです。

特に国外からの宿泊客も多いトイ・ストーリー・ホテルでは、短い滞在期間のお客さんも多いです。数日で帰国するという人は、現地でスマホのSIM購入を避けたいこともあるでしょう。

そんなときに宿泊施設に常備されているwi-fiシステムは助かることが多いです。上海に限らず国外にいるときは、思いもがけないトラブルに見舞われるものです。調べものは常にできる状態にしておくに越したことはありません。

変圧器の貸し出しも

また上海と日本では電圧が違うため、そのままでは電化製品が使えません。こういう小さなところに海外の落とし穴はあることはとても多いです。コンセントの形状も国によって違うことが多いですが、5種類ある中でも上海のコンセントはAタイプで日本と同じです。

肝心のコンピューターやスマホですが、こちらはアダプターが自動的に変圧器の役割をするため、直に充電してもショートしたり壊れたりということはありません。海外出張のビジネスマンなども多いため、今の電化製品は変圧器が要らないことが多いです。

注意しなければいけないのは自分で持って来たドライヤーや子供のゲーム機などでしょう。特にドライヤーは消費電力も多いため、電圧が違うとスイッチを入れただけでショートして使えなくなってしまいます。気をつけましょう。

トイ・ストーリー・ホテルは東棟と西棟で内装が違う

トイ・ストーリー・ホテルの内側はフロントを挟んで東棟と西棟に分かれています。東側がウッディを、西側はバスをモチーフとしたコンセプトデザインが施された内装となっています。

ウッディの方は赤を強く押し出しており、廊下や客室の扉、エレベーターホールはモダンな落ち着いた雰囲気を醸し出しています。一方バスの方は緑を基調としており、どことなくポップで楽しい雰囲気が持ち味となっています。

ホテル内装の雰囲気が東西でガラっと変わるトイ・ストーリー・ホテルですが、残念ながら東西どちらの棟に泊まるかの指定は宿泊客側ではできません。当日チェックインしてからのお楽しみということで、ワクワクして待ちましょう。

トイ・ストーリー・ホテルは内装も素敵に

ウッディ、バズのテーマカラーを基調とした廊下を抜けると客室になります。トイ・ストーリー・ホテルの客室はシンプルな中にトイ・ストーリーの作品の世界を詰め込んだかたちとなっています。

ベッドカバーや壁に掛けられた絵、室内の装飾などは全てトイ・ストーリーをテーマにしており、作品の世界に浸ることができるインテリアとなっています。

1つ注意する点としては、サイドテーブルや椅子、スリッパやアメニティなど家具や小物が全てトイ・ストーリーデザインというわけではないことです。ですが衛生面やセーフティボックス、冷蔵庫にエアコンなど室内の設備は充実しています。

トイ・ストーリー・ホテルの客室の大きさは

続いては気になる客室の大きさです。1つの客室の大きさは15~20平方メートルとなっています。大型のホテルとは言え、800室もの部屋数を有するホテルですから、1室自体はそれほど大きいわけではないことが分かります。

それでも一人暮らしの家とは違い、客室はほぼくつろぐだけのスペースとなります。キッチンや物置スペースがないことを考えると、充分ゆったりした時間を過ごせるだけの広さは用意されています。

800ある部屋のうち、700はこの部屋タイプとなっておりダブルベッドが2つ配置されています。ダブルベッドのため、1つのベッドに2人寝ることは充分可能な大きさですが、部屋の広さを考えると1つの部屋には2人で宿泊するのが妥当でしょう。

日本のディズニーホテルと比べると

参考までに狭さがどれくらいか、人気の高いディズニーアンバサダーホテルと比較してみましょう。ディズニーアンバサダーホテルは、東京ディズニーランドからアクセスもよいディズニーオフィシャルホテルです。

ディズニーアンバサダーホテル、スタンダードの客室の広さは34~38平方メートルとなっています。トイ・ストーリー・ホテルと比べるとスタンダードの客室の広さはおよそ倍弱あることが分かります。

ディズニーアンバサダーホテルでは、エクストラベッドを使って3人で宿泊することも可能になっています。その分宿泊料金もトイ・ストーリー・ホテルより高めに設定されています。トイ・ストーリー・ホテルは2名での宿泊を念頭に置いておくことをおすすめします。

トイ・ストーリー・ホテルではベッドの数に注意

トイ・ストーリー・ホテルの客室の大きさについて分かったところで、日本のディズニーホテルとの違いをもう1つ確認しておきましょう。トイ・ストーリー・ホテルではディズニーアンバサダーホテルで紹介したようなエクストラベッドを導入することができません。

2人で行く分にはちょうどよいですが、子供を1人連れて3人で宿泊する際などはどちらかのダブルベッドに2人で寝るか、もう1室借りなくてはならないということです。ネットの口コミでもエクストラベッドを使えなかったという人がいました。

あらかじめ人数確認を

上海のトイ・ストーリー・ホテルでは、子供や怪我人の有無に関わらず例外なくエクストラベッドは使えません。部屋の大きさ的にもエクストラベッドが入る大きさではないため、正当な判断と言えるでしょう。

日本を出発する前にあらかじめ、宿泊する人数の確認はしっかりと行いましょう。現地についてから知ったとしても、中国語が英語で説明しなくてはならず、また当日別の客室が空いているかどうかにもよります。

1日楽しんだ後に宿泊先でトラブルにならないよう、3人や5人など奇数人で行く場合は特に、配分をどうするか事前に決めてから予約をとるよう心がけましょう。

トイ・ストーリー・ホテルはアメニティもしっかり

トイ・ストーリー・ホテルは客室のアメニティも豊富です。歯ブラシやバスタオル、コップやシャンプー石鹸などはしっかり人数分用意されています。もちろん、バスタオルは交換することも可能で、ルームサービスに繋ぐことで新しいものを手に入れることもできます。

トイ・ストーリー・ホテルのアメニティは充実していて、アメニティにトイ・ストーリーのキャラたちがデザインされています。ホテルに泊まったときはアメニティの充実度もリッチな満足感に繋がります。

アメニティ以外にも、バスタブがしっかりとあることも特徴です。海外のホテルのバスルームには、バスタブがそもそも設置されていないことも多いです。トイ・ストーリー・ホテルはバスタブも用意されているため、日本人でも安心して楽しめるでしょう。

アメニティの持ち帰りは?

これらトイ・ストーリー・ホテルのかわいいデザインのアメニティは持ち帰ることも可能となっています。アメニティを持ち帰ることは違法ではなく、余った分であればウェルカムドリンクなどと一緒で持ち運ぶことが可能となっています。

持ち帰った後、家でシャンプーやボディソープの節約にもなりますし、海外旅行の思い出に浸ることもできるでしょう。アメニティは非日常から日常への架け橋となってくれること間違いなしです。

トイ・ストーリー・ホテルに宿泊した際は、アメニティのチェックも忘れずにしておきましょう。きっとバスタイムを豊かにしてくれるようなアメニティが、あなたを待っているはずです。

トイ・ストーリー・ホテルの客室タイプは3つ

トイ・ストーリー・ホテルの客室タイプは3つに分かれています。3種類あると言っても、部屋の内装や大きさが変わるわけではなく、部屋の内側からの風景がどこに向いているかで客室タイプが変わります。

そのため、どこの風景を見たいかによって部屋を決めるのが1番自然な流れとなります。もちろん部屋によって料金は違う上、時期や曜日によっても料金は大きく変動します。

ガーデンビュールーム

ガーデンビュールームは1番安い価格で泊まれる部屋タイプとなっています。まぎらわしいですがガーデンビューというのは中庭を見れる部屋タイプと言うわけではありません。

トイ・ストーリー・ホテルに隣接する駐車場やその他の建物などのエリアに面しています。トイ・ストーリー・ホテル自体が、元々絶景を眺めることができるロケーションでもないため、お値打ち価格を重視する人はこちらがおすすめです。

コートヤードビュールーム

コートヤードルームは中庭を見れる部屋になります。トイ・ストーリー・ホテルには中庭が2ヶ所あり、その中庭をホテルの客室から一望できる部屋となっています。

記念撮影の見出しで取り上げたように、ここにはバズとウッディのモニュメントがあり、部屋から眺めることができるのもうれしいポイントです。中庭に行ったときとはまた違った写真が撮影できるのもおすすめです。

パークビュールーム

パークビュールームは上海ディズニーランドを部屋から望むことができる部屋タイプです。ディズニーランドにせっかく来たのであればこの部屋!と考える人もいます。特に高い目線からディズニーランドを眺められる機会はなかなかありません。

トイ・ストーリー・ホテルには3種類の客室タイプがありますが、変わるのは部屋の位置とそこからの展望のみです。部屋タイプ自体は3つともスタンダードのため、料金が変わってもサービス内容が変わるということはありません。

トイ・ストーリー・ホテルはレストランも充実

トイ・ストーリー・ホテルはレストランも充実しており、大きく2種類に分かれています。1つはガッツリ食べられるフードコートタイプのお店で、もう1つは持ち運びしやすいサンドイッチなどの軽食を取り扱っているお店です。

1階の「サニーサイドカフェ」は朝昼晩いつでも食べられるレストランとなっています。1番食べたいであろうお昼にはメニューも選べるフードコートに、朝晩はビュッフェを提供しているため、晩ご飯をゆっくり食べたいという方におすすめです。

一方「サニーサイドマーケット」はカフェになっています。イートイン可能なカフェで、軽食で済ませたい方や、持ち帰って食べたい方にはこちらの方がおすすめと言えます。目的に合わせて食事する場所が選べるのも、トイ・ストーリー・ホテルの利点です。

トイ・ストーリー・ホテルの宿泊料金

次はトイ・ストーリー・ホテルの宿泊料金です。リゾートに来たからにはお金をケチって遊ぶ人はいないと思いますが、それでもやっぱり抑えられるのであれば安い方がいいのは間違いありません。

1番安く済むガーデンビュールームが日本円で13,700円ほどです。コートヤードビュールームは17,000円ほどで、1番高いパークビュールームは22,000円ほどとなっています。

為替変動の影響を受けますが、大体の目安はこれくらいとなっています。日本でディズニーオフィシャルホテルに泊まろうとすると更に値が張るため、お部屋の狭さを考慮しても若干お得と言えるのではないでしょうか。

トイ・ストーリー・ホテルまでのアクセス方法

最後はトイ・ストーリー・ホテルまでのアクセス方法についてです。トイ・ストーリー・ホテルに1番近い空港は浦東空港で、そこから最寄り駅の迪士尼駅まで向かうことになります。

空港からまずはリニアモーターカーでおよそ8分かけて龍陽路駅へ向かいます。そこから地下鉄16号線に乗り換え、16分ほどかけて羅山路駅に到着します。更に地下鉄11号線に乗り換え、10分かけて迪士尼駅に向かうことになります。

電車の乗り換えが空港から最寄り駅までのアクセスで2回あるため、荷物を多く持っている人にとってはタクシーの方がアクセスが楽でしょう。空港でディズニーランドと言うだけで大丈夫ですし、料金も1,500円ほどです。

トイ・ストーリー・ホテルは日本にはやってこないの?

上海で人気のある世界唯一のスポット、トイ・ストーリー・ホテルですが日本にはやってこないのでしょうか。トイ・ストーリー自体は日本でもとても有名なため、トイ・ストーリー・ホテルが日本でオープンしたら人気間違いなしと言えそうです。

実はトイ・ストーリー・ホテルは日本での開業も既に決まっており、2021年にオープン予定とのことです。上海のトイ・ストーリー・ホテルが2016年のオープンのため、5年遅れてですが遂に日本にもトイ・ストーリー・ホテルがやってきます。

もちろん上海のトイ・ストーリー・ホテルのように優先入場券の発売や、宿泊客向けの無料シャトルバスなども運行します。トイ・ストーリーファンの人は2021年のオープンを首を長くして待ちましょう。

トイ・ストーリー・ホテルで優雅な休日を楽しもう

上海にあるトイ・ストーリー・ホテルはトイ・ストーリーテーマのオフィシャルホテルとして人気です。世界で唯一や、アクセスもよいことからおすすめされており、上海のディズニーランドと提携した数々のサービスがあることも人気の要因となっています。

トイ・ストーリーファンの人はもちろん、友達やネットのおすすめを見て興味を持った人にも、ぜひ1度訪れてみてほしいスポットです。次の海外旅行に、上海ディズニーランドとトイ・ストーリー・ホテルはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Daisuke.U

上海の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

上海の新着のまとめ