糸満漁民食堂は沖縄料理を味わえる人気店!ランチやディナーも絶品!

2019年1月30日 (2019年2月1日最終更新)

沖縄の糸満漁民食堂は、美味しい「沖縄料理」が食べられることで有名です。糸満漁民食堂で沖縄料理を食べるにはは並んで待つことを想定して行くことです。琉球石灰岩で造られたお店は、沖縄料理を食べるには最高の雰囲気です。そんな沖縄の糸満漁民食堂を紹介します。

目次

  1. 漁師の町の糸満にある「糸満漁民食堂」てどんなところ?
  2. 糸満漁民食堂のランチメニューでおすすめは?
  3. 糸満漁民食堂のココがおすすめ
  4. 夜はお洒落な海鮮居酒屋としても利用できる
  5. 糸満漁民食堂はリーズナブル
  6. 糸満漁民食堂の営業時間とアクセス方法
  7. 糸満漁民食堂周辺観光地
  8. 糸満漁民食堂に行くなら予約がおすすめ!

漁師の町の糸満にある「糸満漁民食堂」てどんなところ?

沖縄の最南端に位置する糸満市は、沖縄戦線終焉の地として知られる一方で「海人(うみんちゅう)」の街で有名な地です。そこには美味しい沖縄料理が食べられるお店が多くあります。

そんな中でも、糸満漁民食堂は糸満漁港の近くにある食堂で、沖縄の海の幸を専門に料理して食べさせてくれることで人気のお店です。常に行列の絶えない糸満漁民食堂の沖縄料理メニュー等紹介します。

外観が素敵!沖縄のグスク(お城)のような建物

沖縄糸満市の「糸満漁民食堂」は、行列しても待つ間の楽しみがあります。糸満漁民食堂の外観にあります。それは、海からの心地よい潮風を浴びながら建物の全体を見て過ごす時間です。

糸満漁民食堂は、琉球石灰岩を幾重にも積み上げたさながら「沖縄グスク(お城)」の雰囲気を漂わせる建物の外観です。地元の協力を得て「琉球石灰岩」を積み上げて建てた環境デザインコンペで表彰された程のおしゃれな外観なのです。

地元の人から外国人観光客まで行列

沖縄糸満市の「糸満漁民食堂」で食べる沖縄料理は、その日に仕入れた新鮮魚介をその日のうちに調理して食べさせてくれると評判になりました。

糸満漁港に車で5分という近い距離の場所にある「糸満漁民食堂」は、新鮮な食材で海人料理が食べれると地元の人から国内外の観光客まで大勢が行列して並んで順番待ちをしています。

海人料理の新感覚「美味しさ加減の凝縮」

糸満漁民食堂では、沖縄海人の伝説に触れることができます。そして、海人料理の新感覚に出会います。「イマイユ」いわゆる「新鮮でとれたての魚」を昔から料理して食べていたといわれる海人料理にひと手間加えています。

糸満漁民食堂の、この「ひと手間」が海人料理の新感覚なんです。「イマイユのバター焼き」バターで焼き揚げるというひと手間。「魚汁」一度煮出した出汁を更に煮込んで風味を出すというひと手間。それぞれに新感覚の美味しさ加減が凝縮されています。

Original喜屋武岬は沖縄最南端の絶景スポット!観光でおすすめの過ごし方を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄喜屋武岬は、太平洋と東シナ海の境にある絶景スポットで有名です。沖縄戦線に関わる悲喜こもご...

糸満漁民食堂のランチメニューでおすすめは?

沖縄糸満市の「糸満漁民食堂」のメニューには、沖縄近海でとれる新鮮な魚介を使った沖縄料理がラインナップされています。

そんな糸満漁民食堂のメニューには、好みの魚を選んで調理してもらえるなど「魚と調理の仕方」で、それぞれの沖縄料理を味わえます。人気の糸満漁民食堂おすすめのランチメニューを紹介します。

イマイユのバター焼き定食

糸満漁民食堂のおすすめのランチメニューに「イマイユのバター焼き定食」があります。そもそも「イマイユ」とは、沖縄の方言で「新鮮な魚」を意味していて、沖縄近海の魚をカラッと焼き上げてくれる魚料理です。

イマイユ定食の値段は、その日の魚によって値段が決められる「時価」というものですが、白身の魚をバターで焼き上げたイマイユは、沖縄の磯の香りが楽しめるおすすめのランチメニューです。

昔ながらの魚汁定食

糸満漁民食堂のおすすめのランチメニューに「昔ながらの魚汁定食」があります。沖縄の魚を水から魚の旨味が出るまでじっくり煮込んだ味噌汁風味の魚汁です。

沖縄の食文化で「味噌汁が主食」になるという習慣を利用して造られる料理です。煮込んだ出汁は濾して透明感を出して旨味のある魚汁にこしらえています。昔ながらの魚汁定食は、1030円で食べられるおすすめのランチメニューです。

土鍋で食べる魚汁定食

糸満漁民食堂のおすすめランチメニューに「土鍋で食べる魚汁定食」があります。昔ながらの沖縄海人料理が、魚汁です。味噌汁ベースの出汁と魚等メインの具沢山の魚汁を土鍋で楽しみます。

そもそも土鍋仕様のメニューは、お客様に最後まで冷めないで温かいままに食べてもらおうとする発想から産まれたランチメニューです。1200円チョットの値段で食べれる「土鍋で食べる魚汁定食」はおすすめのランチメニューです。

ランチの予約

糸満漁民食堂は、行列のある沖縄料理の店で有名です。予約無しでお店に行くと最短でも「20分以上」は並ぶことを覚悟したいです。

糸満漁民食堂で行列は、想定内と思えば絶えられますが美味しいものを目の前にして待つよりも「予約」して、のんびりとランチを食べるには予約して行くことがおすすめです。

糸満漁民食堂のココがおすすめ

沖縄糸満市の「糸満漁民食堂」は、新鮮な沖縄近海の魚をベースの沖縄料理が美味しく食べられると評判のお店です。そんな糸満漁民食堂には、メインの沖縄料理を引き立ててくれるおすすめ調味料などがあります。

それは、自家製の「しびれ醤油」と「特製ソース」です。それぞれメインの魚料理の味を引き立てる名脇役なのです。そして、更に糸満漁民食堂の食後に食べる「プリン」の絶品な味わいがたまらなく良いのです。

自家製「しびれ醤油」

糸満漁民食堂の自家製「しびれ醤油」で白身魚の刺身につけて食べる食感は、舌先にピリッとしびれる「しびれ醤油」の感触がたまらなく刺激的です。

糸満漁民食堂自家製の「しびれ醤油」は、花椒(ホアジャオ)という中華料理で使われる山椒をふんだんに使った醤油で、ピリッとした食感とほのかな山椒の香りが刺し身にマッチするしびれ醤油です。

特性ソースが魚の旨味を引き出す!

糸満漁民食堂の特製ソースが、格別な旨味を引き出してくれます。イマイユのバター焼きに欠かせないソースがあります。にんにくのたっぷり効いたソースは、濃厚でイマイユの味を引き出してくれます。

沖縄の白身魚の全体に広がるソースは、沖縄のあおさ(アーサー)を使った濃厚で磯の香りがするソースです。カラッと仕上がったイマイユとは相性の良い特製ソースが、味を引き立ててくれます。

食後のプリンが絶品

糸満漁民食堂のいくらか濃い目の魚料理を食べた後の口直しに、スイーツがおすすめです。「自家製さんぴん茶のプリン」や「冷やしぜんざいココナッツミルクがけ」「黒糖くず餅入りごまアイス」などがあります。

中でも自家製さんぴん茶(ジャスミンティー)のプリンは、食後のデザートとしておすすめです。甘さを控えめにしたさっぱり感のある大人の味わいのプリンは、イマイユを食べた後にはおすすめのスイーツです。

海の幸メニューが盛りだくさん

糸満漁民食堂のメニューは「イマイユのバター焼き」「魚汁」に人気が集中していますが、新鮮な沖縄近海の魚貝料理ということからすると、まだまだたくさんのおすすめメニューがあります。

「汁物」「焼き物」「そば」「天ぷら」や「丼」とそれぞれにカテゴリ分けされた中に、とれたての新鮮魚貝をベースとした沖縄料理がラインナップされています。糸満漁民食堂では、様々な新感覚の沖縄料理が楽しめます。

夜はお洒落な海鮮居酒屋としても利用できる

沖縄糸満市の「糸満漁民食堂」は、昼間のランチタイムとは異なる洒落た雰囲気があるお店に変身します。そこでは、食事を楽しむ人はディナーで、お酒がチョッピリほしい方は「海鮮居酒屋」感覚で利用する事もできます。

糸満漁民食堂のシックで落ち着いた雰囲気のある店内は、ディナータイムになると余計にその雰囲気が高まり美味しいディナーが食べられて、更に海鮮居酒屋として沖縄のお酒で沖縄気分を満喫できます。

おすすめのディナーメニュー

糸満漁民食堂のディナーは、イマイユのバター揚げや魚汁等昼と変わらないメニューがディナーでもおすすめになります。そしてディナーメニューで意外に「魚とイカの天ぷら」を五香スパイスで食べるのもおすすめです。

更に、こざっぱりとディナーを楽しむには「魚汁そば」もおすすめです。糸満漁民食堂のディナーは、あっさり派とこってり派に分かれるようですが、外せないのは「イマイユのバター焼き」はディナーでもおすすめです。

ディナーの予約

糸満漁民食堂の小洒落た夕景に映える外観と店内の雰囲気を味わいディナーを食べる計画のときは、予約をしておくと便利です。

予めディナーの予約を取り、熱々のイマイユのバター焼きを食べて、軽くシークワーサーサワーなどで流し込むという沖縄気分に浸るには予約して、テーブルを確保しておくと安心して観光が楽しめます。何しろ行列は想定内の糸満漁民食堂ですから予約はおすすめです。

糸満漁民食堂はリーズナブル

沖縄糸満市の「糸満漁民食堂」では、沖縄の海の幸が美味しく食べられると評判で行列が絶えないほどの人気食堂です。そして、グスク(お城)の雰囲気満載の外観で観光気分を盛り上げてくれます。

そんな、気の利いた沖縄料理のお店「糸満漁民食堂」で、更に嬉しいことが「リーズナブルな予算で沖縄海人料理が食べられる。」というところです。ランチ平均予算「1000円」ディナー平均予算「2000円」という風です。

糸満漁民食堂の営業時間とアクセス方法

沖縄糸満市の「糸満漁民食堂」は、地元の人はもとより国内外の観光客が行列する沖縄料理の人気店です。瀟洒な沖縄のグスクを思い起こさせる外観に驚きを隠せない人達でいっぱいです。

そんな糸満漁民食堂の美味しい沖縄料理を食べるには、営業時間やアクセス方法を予め知っておくと便利です。那覇空港からのアクセス方法と合わせて営業時間も紹介します。

営業時間(ランチ&ディナー)

糸満漁民食堂の定休日は「火曜日」です。営業時間は「ランチ」と「ディナー」に別れています。そして、ランチの営業時間が終わる3時間後からディナーの営業時間が始まります。

ランチの営業時間は「11時30分から15時」までです。ディナーの営業時間は「18時から22時」までと、それぞれ営業時間が設定されています。糸満漁民食堂の営業時間ですが、ランチの営業時間前からの行列は絶え間なく続いていることが多いいです。

那覇空港からの糸満漁民食堂までアクセス方法

糸満漁民食堂への那覇空港からのアクセスは空港南口交差点を直進して、「ゆいレール」沿いに安次嶺交差点まで走ります。交差点を右折して国道331号線を南下します。約9km先の西崎(南}交差点を右折するとその先に「糸満漁民食堂」があります。那覇空港からは、車で約20分のアクセスになります。周辺は水産会社や物流センターが建ち並んでいます。

住所 沖縄県糸満市西崎町4-17
電話番号 098-992-7277

Original「道の駅いとまん」は最南端にある!糸満ならではのお土産や食事も充実! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄本島の最南端にある「光」と「緑」と「祈り」の町、糸満市は南山城跡等の史跡やひめゆりの塔等...

糸満漁民食堂周辺観光地

沖縄県糸満市は、沖縄戦線終焉の地という忌まわしい歴史の足跡を残す町としても有名な地です。そして、沖縄最南端の糸満市は自然に恵まれた観光地でもあるのです。

そんな「暗と明」が融合した観光地には、多くの観光客が訪れます。沖縄平和祈念公園で戦跡を悼み喜屋武岬の絶景に心が踊り、糸満漁民食堂で美味しい沖縄料理を食べるという楽しみが広がる沖縄糸満漁民食堂周辺の観光スポットです。

糸満市おすすめ観光スポット1:喜屋武岬

糸満市おすすめの観光スポット「喜屋武岬」です。一般的に沖縄最南端の岬として言われている喜屋武岬です。岬からパノラマに広がる海洋は、太平洋と東シナ海の境界点でもあります

喜屋武岬は、海面から20m30mという琉球石灰岩の断崖が続き、海と断崖の眺望はただ眺めているだけで、心が洗われパワーを感じる絶景ポイントです。

糸満市おすすめ観光スポット2:沖縄県平和記念公園

沖縄県平和記念公園は、琉球政府の時代に公園整備が始まり昭和47年の復興後から本格的な都市公園に整備されました。平和記念公園は「沖縄戦線終焉の地」糸満市文仁の丘を南に望む絶景の場所にあります。

平和記念公園には「平和記念資料館」や「平和の礎」などがあり戦争の悲惨さを思い知る戦跡などの施設があります。一方で、平和記念公園の観光を楽しめるという平和な風景が伺い知れる開かれた沖縄県平和記念公園です。

糸満市おすすめ観光スポット3:ひめゆりの塔

第二次大戦史で、最も傷ましい思い出の地です。今では、観光地化しているのですが訪れると自然に心の奥底が熱くなるという、忌まわしい思いがよぎる「ひまわりの塔」です。

慰霊碑の前にあいた洞窟が「沖縄陸軍病院第三外科壕」の跡がです。ひめゆり学徒や病院関係者や住民など約80人が逃げ場もなく、米軍の攻撃で亡くなられたという涙なくしては見られない場所です。

糸満市おすすめ観光スポット4:具志川城址

具志川城址は、喜屋武岬に向かう途中にあります。見た目では、ただ単に石積みだけが残る場所ですが、13世紀から15世紀中の間に、久米島から逃れた具志川城主によって使われたグスク(お城)と言われています。

三方を海に囲まれた断崖の上に立つ具志川城址は、太平洋と東シナ海を一望にできる絶景ポイントで城址を見学する観光客や海を楽しむ人達で賑わっています。

糸満市おすすめ観光スポット5:ハーレー

糸満市最大のイベントが海人の名誉をかけて競う爬竜船(はりゅせん)競漕です。毎年旧暦5月に行われます。糸満の人々が熱く燃える伝統行事の「ハーレー」です。

このハーレー見物を目的に、県内外から大勢の観光客が訪れハーレー一色に染まる糸満市の一大イベントです。同様に「クンヌカセー(転覆競漕)」も見どころです。

30b624b77fc2a89b2fc602602de63e31糸満市の人気観光スポットをご紹介!定番から穴場まであり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
糸満市は沖縄本島の最南端に位置する市となっております。他国や他郷などの景色や文化などに触れる...

糸満漁民食堂に行くなら予約がおすすめ!

沖縄糸満市の「糸満漁民食堂」で沖縄料理を美味しく食べるには、営業時間を確認して予約をしておくことがおすすめです。イマイユのバター焼きなど新鮮料理がいただけます。

沖縄のグスク(城)を思わせる外観とシックで落ち着いた店内で食べる沖縄料理は最高の贅沢です。沖縄に行ったときには、予め予約して是非足を運んでみてください。沖縄料が食べられる「糸満漁民食堂」おすすめです。

関連記事

Missing
この記事のライター
garameki4908

那覇の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

那覇の新着のまとめ