立川マシマシのメニューを堪能しよう!人気ラーメン・つけ麺が名古屋でも味わえる

2019年1月30日 (2019年1月31日最終更新)

立川マシマシという人気ラーメン店をご存知でしょうか。二郎ラーメンのインスパイア系メニューが揃っている立川マシマシですが、名古屋にも出店があり人気となっています。そこで、名古屋でも人気の立川マシマシのメニューや頼み方などおさらいしてみましょう。

目次

  1. 名古屋で人気の立川マシマシが食べたい!
  2. 名古屋の立川マシマシとは?
  3. 立川マシマシの人気メニューは?
  4. 立川マシマシのラーメンメニューの頼み方は?
  5. 立川マシマシその他の人気メニュー
  6. 立川マシマシのアクセス・営業時間は?
  7. 立川マシマシでおいしいメニューを味わおう!

名古屋で人気の立川マシマシが食べたい!

最近二郎系ラーメンが大変人気となっていますが、インスパイアされたラーメン店も増えてきており、ますます人気は高まるばかりです。

そんな中、二郎ラーメンと同じぐらい人気が出てきているのが、立川マシマシです。二郎ラーメンのインスパイア系とも言われている立川マシマシは、二郎ラーメン同様にボリューム感たっぷりのラーメンです。

そんな立川マシマシは、何と名古屋にも出店しており、名古屋でも大人気のラーメン店となっています。そこで名古屋にも出店している立川マシマシの人気ラーメンメニューについてや、頼み方、店舗情報などについてご紹介していきましょう。

名古屋の立川マシマシとは?

ラーメン二郎のラーメンメニューと言えば、モリモリに積みあがった野菜や背脂などが人気のラーメンですが、その二郎のラーメンにインスパイアを受けて、メニュー作りをしているラーメン店を、最近では俗に「二郎系」や「インスパイア系」と呼んでいます。

そんなラーメン次郎に影響を受けているラーメン店の中でも、群を抜いて人気があるのが、この立川マシマシというラーメン店です。ラーメン次郎より、立川マシマシ派というファンも多いほど立川マシマシは人気店です。

名古屋の二郎系ラーメンメニューが人気の店

そんな立川マシマシが満を持して、名古屋にも出店しています。名古屋で立川マシマシが食べられるとあって、名古屋でも大人気になっている立川マシマシですが、初めて来店した人は、そのインパクトあるメニューや頼み方に、少々面喰う事もあるとか。

しかし、一度頂くと癖になる美味しさで、ついついまた足を運んでしまうリピーターも多いため、名古屋でも立川マシマシは行列のできる人気店になっています。そんな立川マシマシは、名古屋に現在2店舗出店しています。

2017年9月にオープン

名古屋には、2017年9月にオープンした立川マシマシ。名古屋発の店舗は、名古屋駅のKITTE名古屋のそばに出店しています。駅から近いので、出張で名古屋を訪れたサラリーマンなどにも人気があり、いつも多くの人でにぎわっています。

名古屋発の立川マシマシは、「立川マシマシ 9号店」という名称です。名古屋店などという名称ではないため、お店を検索する際は注意するようにしましょう。

黄色い看板とブタのイラストが目印

立川マシマシは、黄色と黒色の看板がとても目を引きます。また大きなブタのイラストもかかれていますので、とても目立ちます。

名古屋の2店舗にも、立川マシマシのこの目立つ看板が掲げられていますので、遠方からでもわかりやすいでしょう。名古屋にも二郎系ラーメンを!をモットーに営業している立川マシマシですので、今後も店舗が増えていくかもしれません。

Original名古屋の二郎系ラーメン有名店特集!おすすめ名店から穴場まであり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大盛りのガッツリ系ラーメンとして人気の「ラーメン二郎」ですが、二郎系と呼ばれるラーメン二郎を...

立川マシマシの人気メニューは?

では、二郎系ラーメンと言われている立川マシマシには、どんなメニューがあるのでしょうか。モリモリっと盛り付けられたラーメンが1番メジャーですが、実は立川マシマシには、他にもインパクトのある美味しいメニューが沢山あります。特につけ麺などは、ラーメンメニューと同じぐらい人気があるメニューとなっていますので、要チェックです。

初めて来店する際は、やはり定番のラーメンメニューがおすすめではありますが、他の期間限定メニューなども美味しいので、メニュー選びの際は、目移りしてしまうかもしれません。

またご飯もののメニューをセットにして注文する頼み方も定番となっていますので、ぜひご飯メニューも確認しましょう。

ラーメン

まずは、立川マシマシと言えば、やはりラーメンです。メニューの中でもど定番のメニューですが、立川マシマシにはラーメン派とつけ麺派のリピーター客がいるそうです。そのため、ぜひともラーメンを食べたら、次の来店の際は、つけ麺もチャレンジし、どっちが美味しいか食べ比べてみて下さい。

立川マシマシのラーメンは、丼ぶりに野菜のタワーがそびえたっています。ラーメン次郎に引けを取らないボリューム感で、豚骨ベースの醤油スープに、背脂もたっぷりと入っています。スープがよく絡みつくもちもちの極太麺もボリューム感抜群です。

そして何より圧倒的な存在感を放っているのが、チャーシューの塊です。チャーシューというより、ほぼ肉の塊です。これがさらにボリューム感をアップさせています。

つけ麺

そして先ほどのラーメンメニューと同じぐらい人気があるのが、このつけ麺です。つけ麺という名称ですが、最初何も知らずに提供されると、ラーメンでは?と思ってしまうようなビジュアルです。もちろんつけ麺も大変ボリューム感たっぷりです。

そして麺は別のお皿で提供されます。つまり、つけ麺のつけ汁が、まるでラーメンのようにみえるほど、野菜がたっぷりと入って提供されるので、まるでラーメンの様にみえます。

つけ麺の麺も、中太麺なのでボリューム感たっぷりです。つけ麺は、中つけ麺なら900円、大つけ麺なら1000円です。麺の量が中でも300gあり、大になると450gになります。初めて食べる方は、つけ麺は中からチャレンジしてみて下さい。

マシライス

そしてラーメンやつけ麺と一緒に頼む人もいるほど人気があるのが、このマシライスです。立川マシマシのライスなので、マシライスですが、こちらも「増しライス」と呼ばれているほどボリューム感たっぷりです。

マシライスは、山盛りのたっぷりとよそられたごはんにピリ辛の挽肉がこれまたたっぷりのった、立川マシマシらしいジャンクなメニューなんです。ピリ辛味に味付けられた挽肉で、かなりごはんがすすみます。

このマシライスもラーメンのような頼み方ができますので、ぜひ色々なお好みの分量の頼み方にチャレンジしてみて下さい。

立川マシマシのラーメンメニューの頼み方は?

二郎系のラーメン店では、頼み方に特徴があるお店が多いですが、こちらの立川マシマシも頼み方に特徴があります。

そのため、初めて来店した際は、少々頼み方に戸惑ってしまう人も多いようです。そのため、立川マシマシでは、どんな風に頼んだらいいのか、先に予習しておきましょう。

野菜の頼み方

まずは野菜の頼み方です。野菜は、少なめ、普通、マシ、マシマシの4種類があります。こちらの中でしたら、どれを注文しても無料です。直接店員さんに直前に伝える形になりますので、どれにするのか考えておきましょう。ただし、野菜はマシにしただけでもかなりの量です。

大食いに自信がある人でない限りは、まずは少なめか普通からチャレンジしてみて下さい。あまりにも野菜が多すぎると、麺が食べられなくなってしまいます。

アブラの頼み方

そして次は、アブラです。このアブラは背脂のことです。アブラも、少なめ、普通、マシ、マシマシの4種類があります。こちらの中でしたら、やはり野菜と同様にどれを注文しても無料です。アブラも直接店員さんに直前に伝える形になりますので、野菜と同様にどれにするのか考えておきましょう。

アブラも普通でもかなりギタギタになりますので、よっぽどの背脂好きでなければ、増量するのはご注意ください。

カラメの頼み方

次は、カラメです。味が濃いのが苦手な方は、薄味でと最初に伝えることができます。このカラメは、あとになってからでは変更できませんので、最初に店員さんに伝えるようにしましょう。またニンニクも調整することができ、味と大きくかかわってきますので、こちらもお好みの量に変更することが可能です。

カラメだけは最初に伝えることを忘れなければ、あとは大丈夫です。ただし、野菜もアブラも食べられる範囲で注文しないと、立川マシマシのラーメンは量がとても多いので、楽しく味わう事が出来なくなってしまいますので、ご注意ください。

初来店でのマシ・マシマシは避ける

名古屋の立川マシマシに来店すると、ある注意書きがあります。それは、「初来店でのマシ・マシマシは避けてください」というものです。想像以上に普通でも量が多いので、初めて来店した方が、全部マシやマシマシにすると、大体食べきれないからです。

ご自身の食べられる範囲で注文するように、まずは様子をみるということで、マシやマシマシを注文するのはやめておきましょう。

トッピングメニューも豊富

そして、立川マシマシには、トッピングも豊富にあります。生卵や魚粉は、50円でトッピングできます。他にも、ちょいライスや味玉、玉ねぎ、ニラキムチ、粉チーズなどは、100円になります。まだまだトッピングは種類があり、うずら、タルタル、エビ辛は150円になります。

豚マシは200円、ハーフマシライスは350円、豚マシマシは400円でトッピングが可能です。こちらはトッピングと言うよりは、一品という量ですので、注文する際は気を付けましょう。

立川マシマシその他の人気メニュー

名古屋の立川マシマシには、その他にもメニューがあります。期間限定メニューなどもありますので、来店した際は、ラーメンやつけ麺のような定番以外のメニューもチェックしてみて下さい。

立川マシマシのメニューは、どれも個性的ですので、ぜひ1度召し上がってみてはいかがでしょうか。ここでしかいただけないメニューばかりです。

すごい冷やし中華

まずは夏期限定のすごい冷やし中華です。メディアでも取り上げられた、インパクト大のメニューで、通常の冷やし中華とは何から何まで違います。たっぷりとのった野菜だけでもお腹がいっぱいになるほどボリューム感たっぷりです。

すごい冷やし中華という名前の通り、こちらのメニューも野菜も麺も沢山盛り付けられていて、まさにすごい冷やし中華となっています。夏にぴったりのメニューですので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

焼肉重

そしてご飯好きの方に人気があるのが、この焼肉重というメニューです。ラーメンのメニューに負けない位ボリューム感があり、お肉がたっぷりと食べられるメニューです。

こちらの焼肉重にはタルタルがのった、タルタル焼肉重というメニューもありますので、タルタル好きにもおすすめのメニューです。

立川マシマシのアクセス・営業時間は?

立川マシマシのおすすめメニューや頼み方についてご説明してきましたが、実際に来店してみたくなったのではないでしょうか。名古屋には、立川マシマシは2店舗ほどあります。

どちらも駅からアクセスしやすい場所にありますので、ぜひ名古屋に行かれた際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。またお持ち帰りが可能な店舗もありますので、テイクアウトもおすすめです。

アクセスは?

まずは、名古屋に最初にできた立川マシマシ 9号店ですが、名駅通「中央郵便局北」交差点を西へ約100m進むとあります。名古屋駅からは349mと非常に近いので、徒歩でアクセス可能です。

住所 愛知県名古屋市西区名駅1-1-16
電話番号 052-561-7533

立川マシマシ 栄住吉店にも行ってみよう

また2店舗目である「立川マシマシ 栄住吉店」は、栄駅から556mのところにあります。飲食店が周辺には沢山ありますので、飲んだ帰りに立ち寄る人も多いそうです。

住所 愛知県名古屋市中区栄3-10-18
電話番号 052-251-4180

営業時間は?

立川マシマシの営業時間もご紹介しておきましょう。まずは、立川マシマシ 9号店ですが、定休日はなく、11:00から15:00(L.O.14:30)、そして16:00から翌1:00まで営業しています。ランチ営業と夜営業の間に1時間休みがありますので気を付けましょう。

そして同じように、立川マシマシ 栄住吉店も定休日はなく、11:00から15:00(L.O.14:30)、そして16:00から翌1:00まで営業しています。

立川マシマシでおいしいメニューを味わおう!

いかがでしたでしょうか。名古屋にも出店している立川マシマシのラーメンメニューは、どれもインパクトあるメニューばかりでした。しかし、立川マシマシのメニューは、ビジュアルのインパクトだけでなく、どのメニューも美味しいと評判です。

立川マシマシのメニューは、ここでしか食べられないメニューばかりですので、ぜひ色々と試してみてください。また頼み方によっても、ボリューム感や味も異なってきますので、ぜひ頼み方も今記事を参考に、色々と試行錯誤してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Liona-o

名古屋の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

名古屋の新着のまとめ