バイク用ナビおすすめ11選!人気の機種や防水のものも紹介!

2019年2月5日 (2019年2月5日最終更新)

自分の知らない土地へ行く際に欠かせないのが「バイク用ナビ」。最近では防水の機能も搭載され、雨の日でも安心してバイク用ナビを使用することができます。バイクならではの機能が多く搭載され、機種も多く販売されているのでライダーから多くの人気を集めています。

目次

  1. 人気のバイク用ナビをご紹介
  2. バイク用ナビって?
  3. バイク用ナビの選び方1:防水機能はあるか
  4. バイク用ナビの選び方2:画面の見やすさ
  5. バイク用ナビの選び方3:グローブを装着して使えるか
  6. バイク用ナビの選び方4:Bluetooth機能
  7. バイク用ナビおすすめ機種1:FF-BKN432MC
  8. バイク用ナビおすすめ機種2:NV-U35 D
  9. バイク用ナビおすすめ機種3:TNK-BB5000
  10. バイク用ナビおすすめ機種4:D003B
  11. バイク用ナビおすすめ機種5:MAXWIN NV-A006-RE01
  12. バイク用ナビおすすめ機種6:5117MT
  13. バイク用ナビおすすめ機種7:YPL522
  14. バイク用ナビおすすめ機種8:Panasonic CN-G1000VD
  15. バイク用ナビおすすめ機種9:NV-A002D-SET1
  16. バイク用ナビおすすめ機種10:YPB752
  17. バイク用ナビおすすめ機種11:RWC RM-XR500MC
  18. バイク用ナビおすすめスマホアプリ1:TCスマホナビ
  19. バイク用ナビおすすめスマホアプリ2:Googleマップ
  20. バイク用ナビでツーリングを楽しもう

人気のバイク用ナビをご紹介

最近、多くの機種が販売されている「バイク用ナビ」。ツーリングを行う際には必須アイテムとなっており、バイク用ナビを設置することによって、知らない土地へも足を運ぶことができます。今回はそんなバイク用ナビの魅力をはじめ、おすすめの機種や防水機能も搭載されているナビまでまとめてご紹介します。

バイク用ナビって?

バイク用のナビは、基本的に車で使用するナビと同じ機能を使用することができます。設定した目的地まで最短ルートを案内してくれ、初めて行く土地でも優雅にツーリングを楽しむことができ、道を間違えずに目的地まで到着します。

車と違って、バイクは基本的にナビが装着されていません。別途バイク用ナビを購入する必要がありますが、今は防水付きなどさまざまな機能が搭載された便利なナビが販売されています。人気の機種から新しいものまでさまざまです。

ナビのない方は地図を予め覚えておく必要があります。ですが、新しい道ができて居たり、逆に道がなくなっていたりと新しい情報がなかなか更新されません。そのため、バイク用ナビであれば常に新しい道を示してくれます。

Originalソロキャンプへバイクで行こう!道具や関東のおすすめツーリングスポットも紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
1人で自由な時間を過ごせる「ソロキャンプ」。自分のバイクでツーリングを楽しみながら行うキャン...

バイク用ナビの選び方1:防水機能はあるか

バイク用ナビを選ぶ際は、必ず防水機能が付いているか確認するのがおすすめです。車内で利用するカーナビとが違い、バイク用ナビは風や雨にさらされるので、防水機能が付いていないと雨天の際はすぐに壊れてしまう可能性があります。

バイク用ナビの防水機能は、説明書のIP規格欄を見れば確認することができ、2桁の数字の数で強度を知ることができます。防水付きといっても雫が大丈夫な程度や、雨にも水の中に入っても大丈夫な丈夫な防水機能などさまざまです。

防水は0から8までレベルがあり、8が1番の高さを示しています。ツーリングでバイク用ナビを使用する方は、なるべく防水機能が高いものをおすすめします。普段の走行にバイクを使用している方は、そんなに防水機能が高くなくても大丈夫です。

機種の中には長時間雨に打たれても壊れない防水機能もあるので、ツーリングには最適のバイク用ナビになります。バイク用ナビは防水機能があるかないかで、使い方が変わっていくので、選ぶ際は必ず確認するようにしましょう。

バイク用ナビの選び方2:画面の見やすさ

バイク用ナビは画面の見やすさも選ぶのに重視するのがおすすめです。バイク用ナビはどうしても天候に左右されやすいです。防水はもちろん、晴れの日でもバイク用ナビが太陽に反射されず、見やすい画面がおすすめです。

バイク用ナビの液晶画面はどうしても日光で反射し、見づらくなる可能性があります。最初から液晶画面が見やすくなっている機種はもちろん、その日の太陽の向きや見やすさによって設定を変更できる機種もあります。

バイク用ナビでは、明るさを調整するとどうしてもバッテリーが減るのが早くなります。そのため、バイク用ナビに最初からサンバイザーのついている機種があります。バッテリーも消耗せず、きちんと日光を遮ってくれます。

サンバイザー付きのバイク用ナビはもちろん、別売りでサンバイザーのみも販売されています。すぐに装着することができるので、日光で液晶画面が見づらい時だけに装着することもできます。ツーリングする際は検討してみてください。

バイク用ナビの選び方3:グローブを装着して使えるか

バイクは車と違って、外の風を受けるので、グローブをつけて運転する方が多くいます。その際に、バイク用ナビでグローブを装着したまま操作しにくい機種もあります。バイクを運転する際、グローブをつける方は選ぶ際に注目してみてください。

バイク用ナビを使用する際に、いちいちグローブを外してから使用するのは少し面倒だという方が多くいます。とくに冬にはほとんどのライダーがグローブをつけているので、選ぶ際にタッチパネルの反応の良さを見ておきましょう。

グローブをつけたまま使用できるバイク用ナビは、いつでもすぐに使用することができるのでストレスなくナビを使用することができます。説明書に記載がない機種もあるので、お店のスタッフに機能がついているか確認を取るのがおすすめです。

バイク用ナビの選び方4:Bluetooth機能

バイク用ナビであると便利な機能が「Bluetooth」になります。Bluetoothが搭載されていれば、イヤホンと同期することができ、音声も直接聞くことができます。ナビの液晶画面を見ずに、音声で道を案内してくれるので便利です。

両耳をイヤホンで塞ぐのは法律で禁止されているので注意しましょう。バイクのヘルメットでマイク、そしてイヤホンが搭載しているものがあり、Bluetoothで繋ぐことができます。目線は真っすぐに迷わず目的地に到着できます。

Bluetoothで同期すれば、ヘルメットを被っている状態でもクリアな音声で道を案内してくれます。Bluetooth機能をついていないバイク用ナビもおすすめですが、初めて購入する方はとても便利なので試してみてください。

Bluetoothは無線で繋ぐことができるので、有線のようなコードが邪魔になることもありません。また、ヘルメットに搭載されているスピーカーなら法律で許されているので、安心して快適にバイク用ナビを使用することができます。

Bluetoothは1度繋ぐとすぐにリンクしてくれるので、何度でも使うことができます。高速などでもしっかりと声が聞こえるので、安心して走行することができ、多くの人々から注目されている機能でもあります。

バイク用ナビおすすめ機種1:FF-BKN432MC

数あるバイク用ナビの中でも、シンプルな機能で人気を集めています。ゼンリンの地図を搭載しているバイク用ナビでもあり、50ccサイズの小さいバイクにも取り付けられるサイズになっています。女性からも人気のある機種です。

ゼンリンの地図は大通りや観光地、ツーリングスポットの地図はもちろん、住宅街や一方通行の細かい道までナビしてくれます。そのため、長距離のツーリングはもちろん、会社や学校の普段使いでも充分活用できます。

バイク用に設計されているナビでもあり、アタッチメントも付属しているのですぐに使用することができます。Bluetoothのヘッドセットも付属しているので、音声でのナビも使用することができ、安い値段で購入できます。

長年、多くのライダーから人気の集めているバイク用ナビでもあり、初心者から上級者まで利用することができます。常に最短ルートを示してくれ、抜け道も紹介してくれるので今まで通らなかった新しい路とも出会えます。

バイク用ナビおすすめ機種2:NV-U35 D

バイク用ナビとして、コンパクトなサイズが人気のある機種になります。バイク用としてはもちろん、自転車にも取り付けることができ、長時間ツーリングを楽しみたい方、知らない土地でサイクリングを楽しみたい方にもおすすめです。

重量がとても軽いので、使わない時でも持ち運びしやすいナビとなっています。メニューやボタンをタッチするだけで操作することができ、初めての方でも利用しやすいです。音声ガイドもあるので、安全運転を行うことができます。

急な雨でも対応できる防水機能つきになり、10種類ものジェスチャーコマンドも搭載されています。グルメ情報や宿泊施設の情報なども搭載されているので、知らない土地でも充実した時間を過ごすことができます。

バイク用ナビおすすめ機種3:TNK-BB5000

初めてバイク用ナビを購入する方におすすめの機種になります。付属品が種類豊富に販売されているので、画面の表示切替が簡単にできます。また、防水、Bluetooth、サンバイザー機能が付いており、快適に利用することができます。

ヘルメットをしたままでBluetooth機能を使用することができ、雨の中でも問題なく走行することができます。10mの詳細地図も見ることができるので、細かい道や見づらい場所まで地図を確認することができます。

ナビにはドライブメーターモードが搭載されており、その日の走行距離や時間、高度を一瞬にして見ることができます。タッチパネルもグローブを装着したまま操作することができ、バイクへの装着も簡単に行うことができます。

コスパ以上の満足度を得ることができ、口コミでも評価の高い機種でもあります。ナビ情報もすぐに入れることができ、最短ルートを調べるのも早いです。道を間違えてもすぐにルート検索してくれるので、安心して走行できます。

バイク用ナビおすすめ機種4:D003B

KYPLAZAで販売されているバイク用ナビになります。3年間、無料で地図を更新することができるので、常に新しい道を走行することができます。防水機能が搭載されているので、保護ケースなしで走行することができます。

トンネル内でも車速を予測してナビしてくれるので、ナビとしての機能が高いことでも知られています。マウントフォルダーやケーブルがセットになっているので、購入してからすぐにバイク用ナビを使用することができます。

2万円前後で満足度の高いバイク用ナビを購入することができ、長年利用することができます。最短ルートを示してくれ、付属品が多く購入できるので自分用にカスタマイズすることができます。ぜひ1度試してみてください。

バイク用ナビおすすめ機種5:MAXWIN NV-A006-RE01

多くのライダーから人気を集めているバイク用ナビになります。バイク用に設計されたナビでもあり、さまざまな機能が搭載されています。3年間、地図の更新が無料に行うことができ、日除けもあるので液晶画面が見やすいです。

防水やBluetooth機能も搭載されており、快適なツーリングを楽しむことができます。突然の雨でも長時間運転することができ、音声で道を示してくれるので、画面を見ずに前を見ながら安全に運転することができます。

値段は2万円前後で購入することができ、コストパフォーマンスが高いことでも知られています。充実したサービスを受けることができ、発売されて以降、未だに多くの人気を集めている機種でもあります。

バイク初心者の方でも操作しやすい機能になっており、タッチパネルもすぐに反応してくれます。雨に打たれた後は、少し拭いてあげると長年使用することができます。バイク用ナビを初めて購入する方にもおすすめです。

バイク用ナビおすすめ機種6:5117MT

コンパクトサイズのバイク用ナビになり、さまざまな付属品がついているおすすめの機種になります。多くのライダーから人気を集めており、道を間違えてもすぐに再検索してくれます。トンネル内でも走行することができます。

2万円以内で購入できるバイク用ナビになり、サンバイザーやフォルダが付属しており、防水機能も搭載されています。雨の日でも問題なく走行することができ、ケーブル類なども付属しているのですぐに使用することができます。

ナビの基本機能も搭載されており、タッチパネルも反応しやすいです。ズームにして地図を見ることができるので、細かい道でも間違えずに進むことができます。初めて行く土地でも安心して走行できるナビになります。

バイク用ナビおすすめ機種7:YPL522

5インチ画面のユピテルが提供するバイク用ナビになり、ワンセグが搭載されているのでテレビも視聴することができます。どこか遠出でツーリングを楽しみたい方におすすめのナビでもあり、多くの人々から人気を集めています。

タッチパネルの制度が高いことでも知られており、タッチするだけですぐに動いてくれます。そのためストレスなく使用することができ、文字サイズも3段階で設定することができるので小さい画面でも安心して使用できます。

防水ケースが付属しているので、雨天でも使用することができます。現在地、自分の走行するルートは灰色で記載されているので、パッと見て道が分かると人気があります。知らない土地でも安心してツーリングを楽しめます。

Bluetooth機能も搭載されており、サンバイザーもあるのでいつでも安定した走行を楽しむことができます。USB充電にも対応しているので、電池がなくなってしまっても充電しやすい点が人気を集めています。

バイク用ナビおすすめ機種8:Panasonic CN-G1000VD

人気のメーカーであるPanasonicで提供しているバイク用ナビになります。5インチはもちろん、少し画面の大きい7インチも発売されており、地図が見やすいことで人気があります。大型バイクにも搭載しやすいサイズとなっています。

7インチは情報量も増えていくので、より快適なツーリングを楽しむことができます。2画面で道を案内してくれるので、迷ったりする心配がありません。自分の走行しているルートがわかりやすく表示されています。

2019年まで地図が無料更新することができ、常に最新情報で走行することができます。ツーリングスポットや観光地、大通りはもちろん、住宅街など細かい道まで丁寧に紹介してくれるので普段使いにも使用できます。

小型バイクは7インチでは少し大きすぎるので、5インチをおすすめします。中型、大型から7インチを使用するのにおすすめです。自分のバイクサイズ、そして使い方を把握してからバイク用ナビを購入するのがおすすめです。

バイク用ナビおすすめ機種9:NV-A002D-SET1

ライダーから人気のあるバイク用ナビになり、防水ケースが付属されているので雨の日でも走行することができます。3年間、無料で地図を更新することができるので、新しい道や通行止めになっている道も把握することができます。

microSDカードを入れることができ、音楽や動画をその場で再生することができます。2万円以下で購入することができ、ワンセグも搭載されているのでテレビも視聴することができます。付属品が多いことでも人気があります。

細かい道まできちんと伝えてくれるので、知らない土地でも安心して走行することができます。3年間、地図を更新することができるので今まで知らなかった細かい道も把握することができます。ぜひ1度試してみてください。

Originalバイクでキャンプツーリングならコレを準備!初心者おすすめの道具を解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
バイクでキャンプツーリングの準備はどうすればいいのか?バイクにキャンプ用品を積んでツーリング...

バイク用ナビおすすめ機種10:YPB752

大画面のバイク用ナビになり、中型から大型バイクを乗っている方におすすめです。5インチでもともと人気だった機種を7インチに変更したナビでもあり、古くから多くのファンがいることでも知られています。

画面が大きいので、タッチパネルの文字が大きいことでも人気があります。タッチしやすく、スペックも5インチよりアップしています。スピード違反を取り締まる装置も設置されているので、安全に走行できます。

スピード違反の取り締まりをしっかりと知らせてくれるので、長距離運転していても、一定のスピードで走ることができます。知らない土地でもスピードに注意しながら走行することができ、快適なツーリングを満喫できます。

操作がしっかりとしており、タッチパネルの反応も良いです。装備品が種類豊富なのですぐにでも使用することができます。バイクにも取り付けやすく、一目でどこを走っているか分かるので安心して目的地を目指せます。

バイク用ナビおすすめ機種11:RWC RM-XR500MC

バイク用ナビの中でも3Dの地図が見られるおすすめのナビになります。より詳しく道を知ることができ、3Dなのでとても分かりやすいです。バイク専用にチューニングされているナビでもあり、初心者でも使いやすいです。

走行距離や速度の分かるドライブメーターモードをはじめ、アローモード、GPSログ出力機能などさまざまな機能が搭載されていることでも知られています。走行データを見ることができるので、ツーリングが趣味の方にはおすすめです。

バイク用ナビの中でも強い防水機能があることで知られています。天候の変わりやすい山でも気軽に使用することができ、雨の中でも長時間運転することができます。3Dで高低差も確認できるので、安全に運転することができます。

通常のナビはもちろん、バイク用のナビ設定に変更することができます。そのため、バイクだけでなく車でも使用することができ、1台あるだけでとても便利に使用することができます。値段も安く、満足度の高いナビです。

バイク用ナビおすすめスマホアプリ1:TCスマホナビ

バイク用ナビではありませんが、低コストでナビを使用したい方におすすめなのがスマホアプリになります。使用する際は、バイクに取り付けるアイテムが別途必要となってくるので、購入しておくようにしましょう。

TCスマホナビでは、トヨタが提供しているナビ専用のアプリでもあり、ルート検索がしやすいことで人気があります。1度通った道はアプリが記憶しているので、同じ場所に通う際に便利なナビでもあります。

1度通った場所ならオフラインでも使用することができます。また、無料で使用できるアプリでもあり、多くのライダーが使用しています。5種類の検索モードを体験することができ、きちんと道案内してくれます。

バイク用ナビおすすめスマホアプリ2:Googleマップ

多くの人々が利用しているナビ「Googleマップ」です。正確な地図を見せてくれ、バイク用ナビとしても活用することができます。航空写真も表示されるので、事前に道を把握しておくことができ、操作も簡単にできます。

Googleマップでは基本的に、有料道路から検索がかかります。そのため、一般道路を使用したい際は、予め設定を変更してからルート検索をかけるようにしてください。電波の入らない場所では使用することができません。

スマホやiPhoneに最初からアプリが入っているマップでもあるので、使いたいときに使うことができます。無料で使用することができ、音声をかけて道案内してくれるので前を見ながら運転に集中することができます。

バイク用ナビでツーリングを楽しもう

知らない土地へツーリングを楽しめるアイテム「バイク用ナビ」。紹介した以外にもさまざまな種類のナビが販売されており、多くのライダーが注目しています。機能に特化したナビが多く、バイク用に作られたナビも種類豊富にあります。ぜひ、いろんな場所へツーリングを楽しみたい方はバイク用ナビを試してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mdn

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ