マクドナルドでdポイントを使うとお得?使い方や支払い方法についてもご紹介

2019年2月6日 (2019年2月6日最終更新)

全国にある人気ハンバーガーチェーンの『マクドナルド』では現金のほかにdポイントで支払いをする方法が可能です。dポイントは『マクドナルド』で現金の代わりに使うこともできますし、逆にそのまま貯めておいて別の機会にまとめて使うのもOKでかなりおすすめ度の高いサービスです。

目次

  1. dポイントでマクドナルドの支払いがよりお得に
  2. マクドナルドではdポイントを使うのがおすすめ
  3. マクドナルドでのdポイント支払いの方法は?
  4. マクドナルドでdポイントを貯める方法は?
  5. マクドナルドでdポイントの使い方の注意点
  6. マクドナルドでdポイントが使えない場合の理由は?
  7. dポイントカードにはアプリ版もある
  8. マクドナルドでdポイントを上手に活用しよう!

dポイントでマクドナルドの支払いがよりお得に

美味しいハンバーガーをリーズナブルな値段で、さらにすぐに楽しめることで大人気なのがマクドナルドです。現在日本には数え切れないほどのマクドナルドが展開されていますが、実は現金以外の方法で代金を支払うことができます。今回はお得にマクドナルドを利用できるおすすめのdポイントの特徴や、その支払い方法等をご紹介します。

マクドナルドではdポイントを使うのがおすすめ

マクドナルドでも利用可能なdポイントは簡単に言うと支払いをするごとにお得なポイントが貯まるという一石二鳥のおすすめサービスです。

最近ではいろいろなポイントカードが発行されていますが、マクドナルドで使えるのは今回ご紹介するdポイントをはじめとする数種類だけです。ですからマクドナルドへ頻繁に行く人はdポイントをぜひ持って行って支払う方法がおすすめです。

マクドナルドはdポイントを利用可能

またマクドナルドでは現金等による支払いのほかに貯めたdポイントで支払いをする方法もOKです。

例えばマクドナルドではビッグマックセットが650円くらいなのですがこれを現金ではなくdポイントを利用して購入できるわけです。日頃から意識しておけばdポイントはかなり貯まるので非常におすすめです。

dポイントを使うことも貯めることも可能

たった今「マクドナルドではdポイントで現金の代わりに支払いをすることができる」とご紹介しましたが、もちろんあえてマクドナルドでは使わずに貯める手もあります。

dポイントが使えるお店はマクドナルド以外にもたくさんあります。それこそ普段よく行くマクドナルドでdポイントを貯めて何か別の欲しいものを特に買うといった使い方もあります。

マクドナルドでのdポイント支払いの方法は?

いままでdポイントを利用した経験のない人からすると「マクドナルドでのdポイントの使い方は?」と少し疑問に思うでしょう。

マクドナルドでのdポイントの使い方はとても簡単です。ここではマクドナルドでハンバーガーを買う時のおける具体的なdポイントの使い方をご紹介します。

レジでdポイントカードを提示すればOK

マクドナルドへ行った経験のある方ならわかると思いますがメニューを注文すると店員さんに「お会計は1000円です」といった具合に金額を告げられます。

使い方としてはその時に店員さんに「支払いはdポイントでお願いします」と伝えればOKです。するとdポイントカードの提示を求められます。そうしたらdポイントカードのバーコード部分が見えるように店員さんに提示しましょう。使い方としては以上です。

支払った時はポイントが貯まらない

ただしマクドナルドでdポイント支払いをする使い方では一点だけ注意しておきたいことがあります。それが「支払いと同時にdポイントを貯めるといった使い方はできない」という点です。

例えばマクドナルドで1000円分の支払いをすると従来なら10ポイントのdポイントが貯まるのですが、支払いにdポイントを使った場合はそれが0になります。

1ポイント1円で使用できる

根本的な部分ですがdポイントはマクドナルドで1ポイント1円として利用することができます。ちなみに意外とマクドナルドの常連さんにも知られていないのですがdポイントは現金との併用も可能です。

例えば1100円の支払いをする時にはすべてをdポイントから出す使い方もできますし、それとは別に1000円は現金で端数分の100円分だけdポイントで支払う使い方もOKです。

dポイントを貯めておくとマクドナルドの支払いの端数を省け、お財布がスッキリするのでかなりおすすめです。

マクドナルドでdポイントを貯める方法は?

ここまでマクドナルドにおけるdポイントの使い方をご紹介しましたが、なかには「マクドナルドではdポイントを貯めることに専念したい」という人もいるでしょう。

そんな人に向けてここからはマクドナルドでdポイントを貯めるための方法をイチから丁寧に解説していきます。

レジでdポイントカードを提示すればOK

ちなみにマクドナルドにおけるdポイントを貯める方法の流れは支払いの方法の流れとほぼ同じです。

ハンバーガーを注文し終わると店員さんに金額を言われて支払いに入りますが、その時にdポイントカードを提示すればOKです。

基本的には支払いのたびに「dポイントカードはお持ちですか?」と店員さんが聞いてくれますが、なかにはつい問いかけを忘れてい待っている店員さんもいます。そんな時は「dポイントカードを持っています」と一言いえばすぐに対応してもらえます。

ポイントではなく現金やクレカで支払った場合のみ加算

前述したようにdポイントは現金等で支払った時のみに貯めることが可能です。dポイントで支払って、なおかつdポイントを貯めるというのは不可能です。

ちなみにdポイントは現金による支払いではなくでも貯まります。例えば最近ではキャッシュレス化が進んできていてマクドナルドでもクレジットカードや電子マネーによる支払い方法がOKとなっています。

マクドナルドではこの支払い方法の時にもdポイントカードを提示すればdポイントは貯めることができます。

dカード・dカード GOLDならポイントの二重加算が可能

実はdポイントを貯められるカードにはいくつかの種類があります。大きく分類するとdポイントを貯めるだけのdポイントカードとクレジットカード機能の付いたdカードです。

もし「よりお得にdポイントを貯めたい」と考えているのであればぜひdカードをおすすめします。このdカードには電子マネーの『iD』が搭載されているのですが、それで支払うと100円ごとにさらにdポイントが1ポイントたまります。

例えば1000円分の買い物をマクドナルドでした時にdポイントカードだと10ポイント分しか貯まりません。

これに対してdカードでマクドナルドの支払いを済ませる方法だとさらに10ポイントが加算されて合計20ポイントもたまるのです。

マクドナルドでdポイントの使い方の注意点

マクドナルドではdポイントを上手に活用すればかなりお得に買い物ができます。ただしマクドナルドでdポイントを使ったり貯めたりする際にはいくつか注意しておきたい点もあります。

それを知らずにマクドナルドへ行ってしまうと思いがけず「お金が足りない」といったケースにも陥りかねないのであらかじめ理解しておきましょう。

一部ポイント払いにした場合の支払い方法

例えば先ほど「マクドナルドでは支払いdポイントと現金を併用した支払い方法が可能」とお伝えしました。

この時にもdポイントカードを提示すればdポイントを貯めることができるのですが、その際に貯まるのは現金の部分だけです。ですからdポイントで支払った部分の金額に関しては対象外となるので注意してください。

マックデリバリーでは使用できない

マクドナルドには自宅や会社までハンバーガーを届けてくれる「マックデリバリー」と呼ばれるサービスがあります。

そのマックデリバリーの支払いに関してはdポイントを貯めることができません。これは支払い方法が現金でもクレジットカードでも同じです。

ですから逆に言うとマクドナルドのマックデリバリーを利用する時は積極的にdポイントを利用するのがおすすめです。

一部使用できない店舗もある

さらに基本的には全国のほとんどのマクドナルドでdポイントは使ったり貯めたりすることができるのですが一部使用できない店舗もあります。

ですから普段当たり前のように利用している感覚でマクドナルドへ行きdポイントカードを提示しても場合によっては断られてしまうケースも十分に考えられます。

マクドナルドでdポイントが使えない場合の理由は?

ほかにもマクドナルドへ買い物へ来たもののいざ支払いをする時に財布のなかをのぞいてみたら「dポイントカードを忘れてしまった」というケースも考えられるでしょう。

ちなみにポイントカードのなかには忘れてしまっても次回以降の支払いの時に後付けしてもらうことが可能なものもあります。

dポイントカードを忘れても後付けはNG

しかしながら結論から言うとdポイントではその後付けができません。これはマクドナルドに限った話ではなくdポイントを使えるすべての店舗で共通です。

ですからマクドナルドへハンバーガーを食べに行く時は必ず事前にカバンのなかにdポイントカードがあることを確認してから出発しましょう。

基地や社食のマクドナルドは対象外店舗もある

「dポイントカードを使えないマクドナルドの店舗がある」と先ほどご紹介しました。しかしdポイント対象外の店舗は全国でたったの4店舗だけです。

そのためその店舗の場所や名前を覚えておくといらぬトラブルに巻き込まれるリスクを大幅に減らすことができます。簡単に言うと基地や社食のマクドナルドは対象外です。

dポイント対象外のマクドナルド店舗1:横須賀基地店

神奈川県の横須賀基地の敷地内にマクドナルドがあります。それがマクドナルドの横須賀基地店です。このマクドナルドの横須賀基地店ではdポイントで支払う方法を選択することができません。

そのため横須賀基地店へ行く時にはきちんと現金を持って行きましょう。マクドナルド横須賀基地店の営業時間は午前6時から午後23時までで年中無休です。

ちなみにマクドナルドの横須賀基地店は審査をパスしないと入れません。ただしきちんと申請をすれば一般の方でも入館できます。

住所 神奈川県横須賀市本町1-1米海軍横須賀基地
電話番号 046-827-1497

dポイント対象外のマクドナルド店舗2:厚木基地店

神奈川県にある厚木基地のなかにもマクドナルドがあり、それが厚木基地店です。このマクドナルドの厚木基地店は日本ではなくアメリカのメニューが用意されているので、近所にあるマクドナルドでは絶対に食べられないメニューが楽しめる大人気店です。

ただしマクドナルドの厚木基地店もdポイントによる支払い方法が不可能で現金のみの対応となっています。営業時間は午前10時30分から午後22時30分までです。

住所 神奈川県綾瀬市深谷大上米海軍厚木基地
電話番号 0467-76-6363

dポイント対象外のマクドナルド店舗3:佐世保基地店

長崎県の佐世保基地のなかにあるマクドナルドの店舗もdポイントを用いた支払い方法がダメです。

ただしこのマクドナルド佐世保基地店ではクーポン等が利用できるためお得に買い物をしたい時はそれらを使うのがおすすめです。マクドナルドの佐世保基地店の営業時間は午前5時30分から深夜24時までです。

住所 長崎県佐世保市立神町米海軍佐世保基地
電話番号 0956-26-0078

dポイント対象外のマクドナルド店舗4:ローム店

京都にあるマクドナルドのローム店でも支払い方法としてdポイントを選ぶことができず、現金のみOKとなっています。ちなみにこのマクドナルドのローム店は『ローム株式会社』のなかにある社員食堂の店舗です。

そのため基本的に一般の人は利用できないのでこの店舗に関してはそこまで意識して覚えておかなくても大丈夫です。マクドナルドのローム店の営業時間は午前7時から午後19時30分までです。

住所 京都府京都市右京区西院溝崎町1-1
電話番号 075-325-2531

dポイントカードにはアプリ版もある

「dポイントは後付けする使い方ができない」と先ほどご紹介しましたがそんな時におすすめなのがアプリ版のdポイントカードです。

アプリをスマートフォンのなかにダウンロードしておけばかなりの確率で忘れてしまうのを防げます。ダウンロードも無料なのでインストールして損はないおすすめのサービスです。

Originalマクドナルドのアプリのダウンロード方法や使い方まとめ!使えない場合の対処法も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんはマクドナルドのアプリをもう手に入れていますか?マクドナルドのアプリは便利でお得にマク...

マクドナルドでdポイントを上手に活用しよう!

マクドナルドの支払い方法というと現金のイメージが強いですが実はdポイントをその代わりに利用することが可能です。dポイントは支払いの時にカードを提示して貯めることも、逆に支払いに使うこともできます。たった数円分ですが塵も積もれば山となるのでぜひマクドナルドでは積極的にdポイントを使ってみてください。

関連記事

Missing
この記事のライター
おまあす

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ