125ccのオフロードバイクおすすめ13選!人気の車種をご紹介!

2019年2月6日 (2019年2月7日最終更新)

125ccオフロードバイクは小型のバイクの魅力が詰まった人気車種になります。2stやフルサイズなどオフロードバイクの特色を掴んでおり、125ccなので女性でも運転しやすいバイクになります。125ccでもスピードを落とさずオフロードを走ることができます。

目次

  1. おすすめの125ccオフロードバイクをご紹介
  2. オフロードバイクとは?
  3. 125cc免許の取り方
  4. 125ccオフロードバイクで技術を上げよう
  5. 車種別おすすめ人気125ccオフロードバイク
  6. 125cc2stおすすめ人気オフロードバイク
  7. 125ccフルサイズおすすめオフロードバイク
  8. 番外編!オフロードもいけるおすすめバイク!
  9. 125ccでオフロードを手軽に楽しもう!

おすすめの125ccオフロードバイクをご紹介

125ccオフロードバイクは小型バイクの魅力の詰まった夢のような車種になり、多くのライダーが注目しているバイクになります。日本でも人気の車種が多く販売されており、2stやフルサイズなどさまざまなバイクから選ぶことができます。今回はそんな125ccオフロードバイクの中でも人気車種をまとめてご紹介します。

オフロードバイクとは?

125ccオフロードバイクは多くのライダーが注目している人気車種になります。オフロードバイクはレースでもよく利用されている車種になり、普通のバイクとは少し違う特徴を持っているのがオフロードバイクです。

125ccオフロードバイクはどんなバイクなのか、他のバイクと違う特徴はどこなのかをご紹介します。オフロードバイクを購入の際にはぜひ、参考にしてみてください。

オフロードバイクを紹介!

オフロードバイクとは、その名の通り整備されていない道も走れる活気的なバイクになります。今まで通れなかった道も通ることができ、山道もスムーズに走行できるので、ツーリングを楽しみたいライダーから人気があります。

オフロードバイクは走行する際の衝撃を和らげるためにサスペンションのストロークは長く設定しており、整備されていない道でも快適に進むことができます。衝撃があまり伝わらないので、通常の道はいつも以上にスムーズに走れます。

オフロードバイクでも2stやフルサイズなどさまざまな車種が販売されており、それぞれオフロードを走れるような工夫がされています。125ccであれば女性や初心者の方でも乗りやすく、オフロードバイクに挑戦したい方にもおすすめです。

モトクロスバイクとトライアルバイクの違い

125ccオフロードバイクにはモトクロスバイク、そしてトライアルバイクの2種類が存在します。車種によって公道を走ることのできないものもあるので、注意しながら購入するようにしてください。

モトクロスバイクとは、基本的にウインカーやライトが付いていないレース用の125ccオフロードバイクになります。公道を走ることができないので、一般的に使用することができません。活気的なバイクなので、ジャンプアクションも可能です。

トライアルバイクとは一切の無駄を省いた競技用のバイクになります。障害物を置いてあるレースで大活躍する125ccオフロードバイクになり、バイクの原型を最小限にしているのが特徴的になります。

125cc免許の取り方

125ccオフロードバイクは免許が必要になっていきます。原付二種免許が必要になり、50ccを超えるバイクは原付では乗れないので注意しましょう。免許なしではオフロードバイクに乗ることができないので注意しましょう。

125ccオフロードバイクを乗りたい方は、事前に免許を取っておくのがおすすめです。原付二種免許は比較的安い値段で免許を取ることができ、操作もコツを覚えればすぐに乗ることができるので気軽に取得できます。

125ccバイクは原付二種免許

先ほども紹介した通り、125ccオフロードバイクは原付二種免許が必要になります。50ccのバイクをボアアップしても原付二種免許がないと乗ることができないので注意しましょう。原付と名前が付きますが、二種になるので別に通う必要があります。

原付二種免許は原付と少し違う講習を受けます。教習所で乗車するバイクの中にはオフロードバイクは設置されていません。オフロードバイクはオフロードバイクなりの特徴があるので、免許を取ってから練習するようにしましょう。

原付二種免許に最低限必要な免許は?

原付二種は、最低限でも小型二輪免許が必要になります。自動車免許では原付のみの免許となっているので、別で小型二輪免許を取得する必要があります。50ccから125cc未満のオフロードバイクを狙っている方は小型二輪免許を取得しましょう。

小型二輪車の中でもAT車、MT車と車種がわかれています。125ccオフロードバイクを乗車する方は必ずMT車を取得するようにしてください。オフロードバイクはすべてMT車になるので、AT車の方は乗車することができません。

小型二輪車は自動車よりもお金も時間も負担をかけずに取得することができます。そのため、通いでも充分免許を取ることができます。125ccオフロードバイクに挑戦したい方は、近くの免許センターを調べてみましょう。

125ccオフロードバイクで技術を上げよう

125ccオフロードバイクはバイクの技術が数段上がることでも知られています。初めてオフロードバイクに乗る方はその技術の高さに驚きを隠せないはずです。練習すればするほど、バイク技術がどんどん上がっていきます。

サスペンションやハンドルなど125ccオフロードバイクではさまざまな走り方を楽しむことができます。そのため、バイク技術がオフロードバイクだけでレベルを上げることができます。

車種別おすすめ人気125ccオフロードバイク

125ccオフロードバイクは、日本だけでも人気の車種が多く販売されています。初心者や女性におすすめの車種もあり、125ccオフロードバイクを購入する際は迷う方が多くいると思います。それぞれ形や特徴も変わっていきます。

今回は125ccオフロードバイクの中でも特に人気の高い車種をご紹介していきます。それぞれの特徴や見どころが変わっているので、なるべくショップで見てから購入するようにしてください。国内では中古品も多く販売されています。

Kawasakiのオフロードバイク3選

日本でも人気のあるバイクメーカー「Kawasaki」で発売されている125ccオフロードバイクを紹介します。Kawasakiは車種が多く販売されており、外観も良いのでライダーから多くの人気を集めています。

日本でも多く出回っているので、中古で安く手に入れることができます。Kawasakiのデザインは海外からも人気を集めており、安定したスピードでオフロードを進むことができます。初めての方にもおすすめの車種が多くあります。

Dトラッカー125

125ccオフロードバイクの火付け役となったおすすめの車種になります。今でも多くの人気を集めており、気軽に乗れる軽量コンパクトなバイクとなっています。女性や初心者の方でも操作しやすく、安定性に優れています。

オフロードバイク特有のサスペンションが設置されており、見た目からしてオフロードバイクを満喫できます。ブレーキにはペダルディスクを採用しているので、優れた制動力を発揮します。オフロードでも問題なく走行できます。

空冷のシングルエンジンを搭載しており、デジタル表示のスピードメーカーが設置されています。ツーリングはもちろん、会社や学校など普段使いでも優れた機能性を見せることができ、頑丈なので長年使用することができます。

KSR110

昔は2stでもあった125ccオフロードバイクですが、現在は4stになっています。エンジンをかけてキックをして進むタイプのオフロードバイクでもあり、クラッチ操作なしの発進になるので初心者におすすめの車種です。

レース用のオフロードバイクと構造が似ているので、とても頑丈に作られています。荒地でも問題なく走行することができ、レーサー感覚でツーリングを楽しむことができます。カラーバリエーションも豊富にあります。

KSR110は125ccオフロードバイクの中でもあまり中古品で出回っていない車種でもあります。ショップによっては揃えている場所もあるので、近くのショップに問い合わせてみましょう。ネットでは見つからない可能性もあります。

KLX125

125ccオフロードバイクでフルサイズよりサイズダウンしたモデルになり、乗りやすい構造になっているので人気があります。シートがフラットになっており、長時間運転していても疲れを感じにくいオフロードバイクです。

アイドルスピードコントロールも搭載されており、最新型は2016年式となっています。新品でも中古品でも入手することができ、125ccにしては重量が112kgと軽いです。コンパクトでデザイン性も高い125ccオフロードバイクです。

5速マニュアルトランスミッションが搭載されており、人気車種のため中古でも20万円前後で販売されています。満足度の高い125ccオフロードバイクでもあるので、1度乗ると長年乗り続けることができます。

HONDAのオフロードバイク3選

日本を代表するメーカー「HONDA」。海外からも人気のあるメーカーになり、125ccオフロードバイク以外にもさまざまな種類の車やバイクを販売しています。設計にこだわりを感じることができ、頑丈なオフロードバイクばかりです。

HONDAならではのデザインが多く販売されており、カスタマイズできるので自分だけの125ccオフロードバイクを作ることができます。機能、デザインも優れており、エアバックなど安全面にも力を入れています。

XR100

125ccオフロードバイクの中でもシートが低いことで人気があります。フルサイズよりも小さいサイズになり、前後ホイールは12インチが採用されています。操作性も良く、長時間運転していても疲れにくいです。

4stバイクになっており、同じ時期にXR50という車種も販売されています。125ccとは思えないほどの軽量となっており、加速も安定しています。今は新車で購入できませんが、日本でも中古品が多く出回っています。

見た目もスタイリッシュなのでかっこ良く乗ることができ、カスタマイズも楽しむことができます。エンジン始動はキックとなっているので、レース気分で走行を楽しむことができます。1度は憧れる125ccオフロードバイクです。

CRF125F

125ccオフロードバイクの中でも本格的なテクニックを披露できるおすすめの車種です。フルサイズとなっており、レーサー使用になっています。電子制御燃料噴射装置が搭載されており、燃費消費を抑えてくれます。

新車でも中古車でも入手することができ、125ccオフロードバイクの中でも低価格で販売されています。精悍なスタイリングが多くのライダーの心を掴み、4速ミッションはスピードの加速も早く安定感もあります。

日本でも多く出回っている車種でもあるので、入手しやすいのも人気の理由の1つです。モトクロスやトライアルの練習をしたい方にもおすすめになり、私有地でオフロードバイクを練習しやすい車種になります。

CR125R

125ccオフロードバイクとは思えないほどの軽量化した車種になります。車体重量が90kgとHONDAでも軽い車種になり、女性や初心者から人気のあるオフロードバイクです。サーキットや私有地で乗るのに適した車種でもあります。

世界で開催されているモトクロスレースで採用されている車種でもあり、とても頑丈に作られています。磨いた技術をすべて発揮することができ、スピードの加速はもちろん軽快なハンドリングを楽しむことができます。

フルサイズの125ccオフロードバイクとなっており、馬力が強いのでスピードを出したい方におすすめの車種でもあります。荒地でも身体に負担がなく進むことができ、中古品でも購入することができます。ぜひ1度試してみてください。

YAMAHAのオフロードバイク2選

現役レーサーからも多くの注目を集めている125ccオフロードバイク。YAMAHAのオフロードバイクはレースにはもちろん、公道でも使用できるような新しいバイクを生み出しています。125ccならではの魅力を感じられます。

YAMAHAの125ccオフロードバイクは、オフロードバイクの楽しさを充分に感じることができます。荒地でも身体に負担が少なく進むことができ、YAMAHAの国産車は海外のライダーからも多くの人気を集めています。

YZ125X

レースで勝つことを意識して作られた125ccオフロードバイクになります。パワフルなエンジンが人気を集めており、操作性も充分発揮することができます。YZ125Xは初心者よりもレーサーや上級者向けの車種です。

レーサーバイクのため、中古品ではあまり出回っていません。新車でも安い値段で販売されていますが、だいたい50万円前後での購入となります。カラーはブルーとなり、スタイリッシュなデザインが人気あります。

とにかく加速にこだわりを感じることができ、スピードを楽しむことができます。サーキットで本来の力を発揮できるオフロードバイクでもあるので、ぜひサーキットや私有地で周りを気にせず走ってみてください。

WR125R

125ccオフロードバイクの中でも新しい機能が搭載されている人気の車種になります。シャープで現代分のデザインがおすすめになり、21インチのホイールを装着しており見た目だけでは小型の125ccとは思えない迫力です。

レーサー使用のフルサイズオフロードバイクになりますが、公道も走れるようになっています。そのため、今まで行ったことのなかった道も進むことができ、ツーリングが今まで以上に楽しくなるはずです。

マフラーは小ぶりなものになっており、エンジンパワーにこだわりを感じることができます。車体重量は133kgとなっていますが、全体的にコンパクトに作られているので風を切りながら早いスピードで進むことができます。

Original250ccのオフロードバイクおすすめ13選!初心者にも人気の車種もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スペックの高い車種の多い人気の「オフロードバイク」。日本人の体格にも合う250ccのオフロー...

125cc2stおすすめ人気オフロードバイク

125ccオフロードバイクは最近では4stの車種が多く出回っています。ですが、昔から2stのオフロードバイクが人気を集めており、ライダーは1度は憧れる車種とも言われています。2stはとにかく加速が強いことで知られています。

2stは基本的に4stの倍スピードが出るので、初心者の方にはあまりおすすめできません。ある程度バイクの技術を磨いてから2stの125ccオフロードバイクに挑戦するのがおすすめです。オフロードバイクに馬力が欲しい方におすすめです。

DT125R

発売当時、2stのオフロードバイクとして多くの人気を集めた車種になります。今でも中古で探すのは難しく、125ccオフロードバイクの中でも憧れの存在として今でも注目を集めています。2stの中でも馬力が強いです。

日本ではもちろん、海外でも根強い人気のある車種でもあり、海外でも見かけるケースが多くあります。YAMAHA独自の2stエンジンが搭載されており、レアな車両なので走っていれば一目でわかります。

TS125R

1980年、そして1990年代の2stオフロードバイクの代表と言われており、今でも多くの人々から注目を集めています。SUZUKIで提供している125ccオフロードバイクになり、2種類のエンジンを同じフレームに搭載しています。

当時は125ccオフロードバイクの中でも最大の出力を出しており、スピードにバイクのこだわりを感じることができます。シートは高めに設定されていますが、その分荒地でも身体への負荷が少なく、スムーズに運転できます。

KDX125

KDX125は昔から愛され続けた2stオフロードバイクになり、今でも多くの中古品が出回っています。エンジンはキック式になっており、車体重量は117kgとなっています。当時の125ccオフロードバイクの中でも軽いです。

2stオフロードバイクでもスピードを重視しており、馬力が強いことでも知られています。2stの魅力であるエンジンにもパワーを感じることができ、2stオフロードバイクのファンの方から多くの人気を集めています。

125ccフルサイズおすすめオフロードバイク

125ccオフロードバイクにはフルサイズの車種も多く販売されています。125ccは原付ですが、ホイール径が普通のバイクと同じサイズをフルサイズと呼んでいます。馬力が強く、安定性に優れていることで知られています。

125ccオフロードバイクのフルサイズは見た目ではあまりわかりません。そのため、説明書やスタッフにきちんと確認を取るようにしましょう。オフロードバイク初心者の方にもおすすめです。

ジェベル125

フルサイズでも軽量で、足つきが良いことで知られているおすすめの車種です。ガソリンタンクが大容量となっており、SUZUKIでも注目されている125ccオフロードバイクです。

フルサイズのオフロードバイクになりますが、軽量で足つきが良いことでも知られています。大容量のガソリンタンク、航続距離が長いです。林道でも問題なく進むことができ、125ccオフロードバイクとは思えないほどの迫力があります。

XLR125R

125ccオフロードバイクで空冷124ccエンジンを搭載しており、フルサイズとして人気のある車種になります。オフロードの魅力を感じることができ、フルサイズなので安定感のある走行を楽しむことができます。

セルスターター付きのオフロードバイクでもあり、モデルがどんどん改良されていることでも知られています。フロントブレーキの利きが良いので、荒地でも安心して走行することができます。

番外編!オフロードもいけるおすすめバイク!

125ccオフロードバイクの中には、オフロード専用のバイクでなくてもオフロードを走行できる車種が多く販売されています。通常使いにはもちろん、たまに走る林道なども問題なく進むことができます。今回はそんなオフロード向きの125ccバイクの中でも人気の高い車種をご紹介します。

HONDA・クロスカブ

デザイン性が高いことで人気のあるバイクになります。日本だけでなく、海外からも人気のあるクロスカブになり、街乗りはもちろん、ツーリングでも人気があります。オフロードでも走行できる構造になっています。

エンジンのパワーはもちろん、安定性にも優れています。バイク初心者の方でも気軽に乗ることができ、おしゃれな感覚で乗ることができます。ぜひ1度試してみてください。

Original250ccアメリカンバイクランキングTOP9!カスタムできるおすすめ商品も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
少し前まではアメリカンバイクは250ccといえ「男の人が乗る物」という印象がありました。しか...

125ccでオフロードを手軽に楽しもう!

スポーツバイクとして人気のある125ccオフロードバイク。オフロードバイクは多くの種類が販売されており、ライダーから注目を集めています。レーサー向けの車種から、公道でも走れる車種までさまざまです。ぜひ、125ccオフロードバイクを探している方は、この記事を参考にしてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mdn

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ