空港食堂はリーズナブルな価格の人気店!おすすめメニューや営業時間は?

2019年2月6日 (2019年9月1日最終更新)

空港食堂は沖縄県那覇市の那覇空港ビルディング1階にある食堂です。この食堂は目立たない場所にあるものの、那覇空港職員御用達のお店で、一般客も多数利用している食堂です。空港食堂では、沖縄の家庭料理のメニューが豊富に揃い、多くの観光客を喜ばせています。

目次

  1. 那覇にある空港食堂とは?
  2. 那覇にある空港食堂ってどんなお店?
  3. 那覇にある空港食堂が人気の理由
  4. 那覇にある空港食堂の営業時間は?
  5. 那覇にある空港食堂のおすすめ沖縄家庭料理は?
  6. 那覇にある空港食堂のおすすめメニュー
  7. 那覇にある空港食堂の口コミや評判は?
  8. 那覇にある空港食堂の店舗詳細
  9. 場所はわかりにくいけど探してみる価値ありの空港食堂!

那覇にある空港食堂とは?

空港食堂は、沖縄県那覇市にある那覇空港ターミナルビル1階の端にある食堂で、ロケーションのわかりにくい場所にありますが、沖縄家庭料理や一般料理がリーズナブルな価格で提供され、味も良いと評判を呼んでいる食堂です。ここではそんな空港食堂について、営業時間やモーニング、ソーキそばなどのおすすめメニューを含めて紹介します。

Original那覇空港内の人気レストランをランキング!おすすめグルメの口コミもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
那覇空港内のレストランのなかから、口コミでも人気のおすすめ店をご紹介します。味にうるさいグル...

那覇にある空港食堂ってどんなお店?

空港食堂は、那覇空港に到着後、2階から1階の手荷物受取場へ降り、到着口からロビーに出た後、建物の奥に進んだところにある食堂です。一見して通り過ぎてしまいそうな目立たない食堂ですが、このお店は那覇空港職員御用達の食堂で、一般客も入店でき、実は多くの人に愛されている食堂なのです。

那覇空港にある食堂

空港食堂は那覇空港の到着ロビー1階の端にある目立たない食堂ですが、沖縄ランチ以外のメニューの価格がほとんど650円以下という安い食堂で、ソーキそばやゴーヤチャンプルといった沖縄の家庭料理が楽しめると同時に、一般的な料理メニューも豊富に揃った、人気のある食堂です。

主に職員さんが利用

空港食堂は元々、那覇空港の職員のために作られた食堂のようで、入口のメニュー掲示ディスプレーも少し暗めで目立たない造りになっています。職員の利用は勿論ですが、片隅の目立たない場所にあるにも関わらず、多数の一般客が入店し、いつも賑わっています。沖縄料理を含めた安くて美味しい料理が心行くまで味わえるというのがその理由です。

沖縄料理の家庭料理が食べられる

空港食堂では、沖縄の家庭料理がリーズナブルな値段で楽しめます。おすすめの沖縄そばやソーキそば、てびちそば、ジューシー、ゴーヤチャンプルーといった沖縄の郷土料理メニューが600円前後のリーズナブルな価格で並び、来店客を喜ばせています。このお店では、ほとんどのメニューが650円以下で楽しめます。

那覇にある空港食堂が人気の理由

那覇空港内にある空港食堂は、ロケーションが良くなく、一見地味な普通の食堂であるにもかかわらず、大変人気があります。その理由は、沖縄家庭料理を含む数多いボリュームのあるメニューのほとんどが650円以下の価格で楽しめることと、美味しい泡盛などのお酒が飲めることにあります。

ボリュームがあってリーズナブル

空港食堂のメニューは、ソーキそば、ゴーヤチャンプルなどの沖縄特有の料理以外にも、カレーやそば、日替わり定食、丼ものなど様々なメニューがどれもボリュームたっぷりに用意されます。ほとんどのメニューが650円以下というリーズナブルな価格で提供され、モーニングセットなどは430円で楽しめます。

汁物以外はすべてテイクアウトできる

空港食堂では、汁物以外のメニューはすべてテイクアウトができ、電話で前もって注文しておけば、希望の時間に合わせて作ってもらうことができます。また、汁物類でも、ソーキそばのセット(4人前)のみは持ち帰りができますが、電話での注文ができないため、店内で注文してからソーキそばセットができ上がるまで、20分ほど待つことになります。

お酒も飲める!

空港食堂にはドリンクメニューがあり、アルコール類も置いています。ジョッキのビールが450円で楽しめる他、瓶ビールも500円となっています。また沖縄産の、アルコール度の強い焼酎で知られている泡盛1合が540円で楽しめる他、コーラやコーヒーも270円で味わえます。

泡盛がボトルでおいてある

空港食堂では、泡盛1合が540円となっていますが、泡盛をボトルごと注文することもできます。泡盛1本の価格は2160円となっており、旅行仲間と食事を楽しみながら美味しい沖縄焼酎を心行くまで堪能することができます。ただ、沖縄に着いた初日から飲み過ぎると楽しい旅行ができなくなりますので、十分な注意が必要です。

那覇にある空港食堂の営業時間は?

空港食堂は1年を通して無休で営業しており、営業時間は朝9時から夜8時までとなっています。朝9時から11時までの営業時間中にはモーニングセットが楽しめる他、カレーライスや、すき焼き定食、アジフライ定食などの日替わり弁当などもあります。

また、11時から20時までの営業時間帯には、かつ丼や親子丼などの丼ものも充実しており、ほとんどのメニューが600円から650円で楽しめます。ただしラストオーダーは19時半までとなります。

年中無休

空港食堂は、うれしいことに年中無休で営業しています。年末から正月にかけて沖縄旅行を楽しむ場合でも、この食堂は毎日営業しており、営業時間帯には安心して入店することができます。メニューも豊富でリーズナブルな上、泡盛やビールなどの酒類も楽しめるため、この食堂は常に観光客で賑わいを見せています。

9:00~20:00 (ラストオーダー19:30)

空港食堂は朝9時から夜20時までの営業時間となっており、年中無休で営業していますが、ラストオーダーが19時30分までとなっているため、早めの来店をおすすめします。

食堂では、入口のサンプルメニューを見てオーダー品を決め、食券を買ってでき上がりを待つスタイルとなります。沖縄料理のメニューには、親切なことに料理の説明文が添付されていますので、どんな料理なのか良くわかります。

モーニングセット・カレーライス・日替り弁当のみ提供可能

空港食堂では、朝9時から11時までの営業時間帯限定のモーニングセットが430円で提供されます。メニューの内容は、トーストに目玉焼きやソーセージ、サラダなどが付いたごく一般的な組み合わせのメニューです。モーニングタイムの営業時間帯には、この他にカレーライスと日替わり弁当のみがオーダーできます。

09:00~11:00

空港食堂では、9時から11時までのモーニングの営業時間帯には定番のモーニングセットが楽しめます。この430円のモーニングセットは、玉子焼き、目玉焼きなど、好みの卵の焼き方を選ぶことができ、ベーコンとソーセージ、サラダ、飲み物が付き、トーストかライスのどちらかを選ぶことができます。

モーニングセット以外提供可能

9時から11時までの営業時間帯には、定番のモーニングセット以外にも日替わりセットとカレーライスがオーダーできます。日替わりセットは月ごとにメニューが変わりますが、どれも一律650円で楽しめる他、カレーライスは540円とリーズナブルな価格で堪能できます。

11:00~19:30

空港食堂では、11時から閉店の20時までの営業時間帯には幅広いメニューが楽しめます。860円の沖縄ランチはこの食堂で最高級の料理となります。

このおすすめの沖縄ランチは、正方形の大きめの弁当箱に仕切りのある松花堂弁当タイプのランチで、中には主菜、副菜とご飯、サラダが盛りつけられています。

また、丼物やご飯ものも充実しています。メキシコ料理のタコスの具がご飯に乗っているタコライスがコーラまたは味噌汁付きで650円、かつ丼が味噌汁、漬物付きで600円、カツカレーが540円、チャーハンが味噌汁、サラダ、漬物付きで540円、オムライスがサラダ、漬物付きで540円など、種々の安くてボリュームのあるメニューが揃っています。

沖縄でご飯を意味するちゃんぽんは、ご飯の上に玉子で閉じた野菜炒めが乗っているメニューで690円となっています。また、ポーク玉子はご飯、味噌汁、漬物が付いて600円で楽しめます。

この他にも、サイドメニューとしてウインナーやシューマイ、あたりめ、アーサボールなどがすべて540円で注文できます。

那覇にある空港食堂のおすすめ沖縄家庭料理は?

空港食堂には沖縄の家庭料理メニューが充実しており、旅行者は空港でに居ながらにして沖縄の味を楽しむことができます。空港食堂では、おすすめの沖縄そばやチャンプルー、ジューシーといった沖縄独特の家庭料理がリーズナブルな価格で楽しめる上に沖縄の焼酎・泡盛も飲めるとあって、この食堂の人気は高まるばかりです。

沖縄そば

空港食堂の目玉とも言えるおすすめの沖縄そばは、蕎麦粉を使用せず、小麦粉で作られているため、本州で言ううどんに近い太目の麺が特徴です。柔らかい3枚肉と弾力があって食べ応えのある素朴な麺の組み合わせが絶妙で、美味しいと評判のメニューです。

沖縄そばの具材は店内で仕込まれており、そばの出汁も手作りです。沖縄そばの若干甘みのある家庭的なテーストは、また食べてみたくなるやさしい味です。おすすめの沖縄そばは540円で堪能できます。

ジューシー

空港食堂の人気メニューの一つであるジューシーは、豚バラ肉とひじきやにんじんなどの野菜を具に、豚肉のゆで汁や昆布の出汁で炊き込んだ沖縄風炊き込みご飯のことを言います。このおすすめのジューシーをおじやのようにして食べるのも美味しい食べ方で、沖縄では最後の締めとしても良く使われます。わずか160円という価格で楽しめます。

チャンプルー

空港食堂にはチャンプルー料理のメニューがありますが、チャンプルーは混ぜこぜを意味し、チャンプルーという名称は野菜などの素材を混ぜ合わせて炒めた料理を指します。

空港食堂にはおすすめのゴーヤチャンプルーやとーふチャンプルー、フーチャンプルー、野菜炒めなどがありますが、フーチャンプルーのフーは麩のことを言い、沖縄では、豆腐や麩を主体にした料理が一般的です。

那覇にある空港食堂のおすすめメニュー

空港食堂でのおすすめメニューはいくつもありますが、やはり代表的なものは沖縄特有のソーキそばやゴーヤチャンプルーでしょう。ゴーヤチャンプルーなどは本州でも食べられますが、本場で本物の味が楽しめるゴーヤチャンプルーの味わいは格別です。また、日替わり定食も根強い人気があります。

やさしい味わいの出汁がきいてる『ソーキそば』

空港食堂の中で一押しのメニューは650円のソーキそばです。ソーキそばは沖縄の代表的なそば料理で、ソーキは皮付き豚バラ肉のことを言います。また、同じく650円のテビチそばは、豚足入りのそばのことで、ソーキそば、テビチそば、どちらのメニューも、柔らかい豚肉、さっぱりした脂、少し甘めのテーストが楽しめます。

4人前1セットでテイクアウトもできる

空港食堂では汁物はテイクアウトができませんが、例外として4人前のソーキそばセットのみは持ち帰りができます。ただし、電話で前もって注文しておくことができないため、店内での注文となります。店内でテイクアウトを申し込むと、でき上がるまで約20分から25分かかります。

ボリューム満点『日替わり定食』

空港食堂の日替わり定食は、日替わりのみでなく月ごとにメニューが変わります。豚肉ピーマン炒め定食やチキンカツ定食、サバごま味噌定食、生姜焼き定食、すき焼き定食、茄子みそ炒め定食、エビフライ定食、煮込みハンバーグ定食、レバニラ炒め定食など、どれも650円で楽しめるものばかりで、多彩なバリエーションを誇っています。

沖縄料理の定番『ゴーヤチャンプルー定食』

チャンプルー料理の中でも最も人気のあるのがゴーヤチャンプルーです。沖縄では、独特の苦みを持つゴーヤは料理に欠かせない上に、他の野菜と混ぜ合わせると絶妙の味付けとなり、やみ付きになる人も多い定番料理です。ゴーヤチャンプルー定食は、このゴーヤチャンプルーにご飯とみそ汁、漬物が付いて600円で堪能できます。

那覇にある空港食堂の口コミや評判は?

空港食堂は口コミでも評判の良いお店です。お昼時はいつも混み合い、外まで並んで待っている人が多いようですが、15時を過ぎると着席できるようになるそうです。昔の定食屋の雰囲気を持つ大衆食堂ですが、気取った食事処などと比べ、地元の素朴な食堂という雰囲気が感じられて、居心地が良いといった口コミが多いようです。

口コミや評判は?

空港食堂の口コミでは、定食などのご飯ものが600円で腹いっぱい味わえるのはお得感があるといったものや、ソーキそばとオリオンビールを注文しても、合わせて1100円前後と安く、三枚肉のトロトロ感がたまらなく美味しいといった口コミの評判が多いようです。街の安くて美味しい食堂がたまたま空港にあるという受け取られ方がされています。

那覇にある空港食堂の店舗詳細

空港食堂は、沖縄県那覇市にある那覇空港ターミナルビル・国内線到着ロビー1階の目立たない場所にある食堂です。この食堂は、那覇空港の職員によって日常的に社員食堂として使用されているようですが、一般客にも人気があり、常に客足が絶えない評判の食堂です。

この食堂では沖縄家庭料理を始め、種々のメニューがリーズナブルな価格で提供され人気を呼んでいます。

基本情報

沖縄県那覇空港・国内線到着ロビー1階の端にある空港食堂は、年中無休で営業しており、営業時間は朝9時から20時までとなっています。朝9時から11時まではモーニングセット、カレーライス、日替わり弁当のみの注文となりますが、11時以降は沖縄家庭料理を含む様々なメニューが加わり、更に賑わいを見せます。

アクセス

羽田空港から那覇空港までは種々の航空会社の飛行機が飛んでおり、約3時間の飛行時間で那覇空港に到着します。

那覇空港に到着後、2階から1階の手荷物受取場へ降ります。そして到着口Aから到着ロビーへ出た後、建物の右奥に進むと琉球銀行があり、その奥の通路の先に空港食堂があります。空港ビル入口からは左方向となります。

航空会社で言うと、JTA、JAL、RAC、Jetstarは到着口A側となり、ANA、ソラシドエアは到着口B側となります。また、スカイマークは、到着便によってA側、B側どちらにも着きます。到着口Bに着いた場合は到着口Aに進み、更にその一番奥まで進んだところに空港食堂があります。青い暖簾が目印となります。

住所 沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港ビルディング1F
電話番号 098-840-1140

場所はわかりにくいけど探してみる価値ありの空港食堂!

沖縄県那覇市・那覇空港にある空港食堂は、空港の端に設けられた食堂で、わかりにくい場所にありますが、リーズナブルな価格で沖縄家庭料理を含む様々な料理が満喫できる人気の食堂です。ここではそんな那覇の空港食堂について、営業時間やおすすめメニュー、モーニング、ソーキそばなどの情報を取り入れながら説明してみました。

関連記事

1198.thumb
この記事のライター
南真州
長野県出身の南真州と申します。仕事の関係で国内、海外の販売や商品企画の業務に携わってきました。その間、大阪、福岡、ドバイ、香港等への転勤を含め、種々の地域や国を廻ってきました。読者の皆さんには、今までの経験を生かしつつ、各地の新鮮な情報をお届けしたいと思います。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

那覇の新着のまとめ