コロンビア観光の人気スポット19選!秘境や世界遺産などおすすめの場所は?

2019年2月10日 (2019年2月14日最終更新)

日本から遠く離れた南米のコロンビアには、絶景の秘境から荘厳な建造物まで見どころいっぱいの観光スポットが至る所にあります。コロンビアで人気の観光スポットをご紹介しながら、コロンビアの治安や生活事情など、旅行のお役立ち情報をお伝えします。

目次

  1. コロンビアの人気観光スポットをご紹介!
  2. コロンビアってどんな国?
  3. コロンビアならではのおすすめの見どころ
  4. コロンビアのおすすめ人気観光スポット[教会編]
  5. コロンビアのおすすめ人気観光スポット[公園・島編]
  6. コロンビアのおすすめ人気観光スポット[秘境編]
  7. コロンビアのおすすめ人気観光スポット[絶景編]
  8. コロンビアのおすすめ人気観光スポット[街並み編]
  9. コロンビアのおすすめ人気観光スポット[夜景編]
  10. コロンビアのおすすめ人気観光スポット[農園編]
  11. コロンビアのおすすめ人気観光スポット[お店編]
  12. コロンビアのおすすめ人気観光スポット[建造物編]
  13. コロンビアは自然あふれる観光スポットがたくさん!

コロンビアの人気観光スポットをご紹介!

コーヒーの一大産地として有名なコロンビア。日本から遠く離れた南米にあるコロンビアですが、見どころいっぱいの観光スポットとして注目されています。

今回は、まだコロンビアへ行ったことがない人のために、コロンビアの人気観光スポットや気になる治安情報をご紹介します。

コロンビアってどんな国?

コロンビアは正式名称をコロンビア共和国といい、ブラジルとペルーの北側に位置しています。首都はコロンビアのほぼ中央にあるボゴタです。

コロンビアの人口は2016年の時点でおよそ4800万人で、ブラジル、メキシコに続いて南米第3位となっています。公用語はスペイン語です。日本との時差は14時間で、日本の方が進んでいることになります。

50年の内戦が集結!治安の良い平和な国へ!

コロンビアを始め、南米の国を観光するのは治安が心配なところです。コロンビアでは1964年から内戦が勃発し、コロンビア革命軍によるゲリラ活動が活発だった時期は治安が悪化していました。

1991年には憲法が改正され、警察が都市に多く配備されるようになると、コロンビアの治安は徐々に改善してきました。

特に首都ボゴタの中心部は警察が多く、観光客にも気を配ってくれるので治安は良いと言えますが、郊外にはまだまだ治安の悪い場所もあるので注意が必要です。

一般的に、建物や道路が整備されている地域は治安が良く、壁に落書きがあったり道路が舗装されていなかったりする場所は治安が良くない傾向があります。街並みの雰囲気を写真などでチェックして、治安を判断するのもおすすめです。

また、コロンビア南部や国境の一部地域は治安が安定せず、外務省の海外安全情報で「不要不急の渡航中止」や「渡航中止勧告」が出ている地域があります。コロンビアに限らず、旅行の前には最新の治安情報をチェックするようにしましょう。

物価が安く観光にもおすすめ

少ないお金で気軽に旅行をしたい人にとっては、コロンビアはおすすめの場所です。コロンビアは日本に比べて物価が安く、食堂は1食あたり200円台で食べられるお店が多いです。

また、きれいでおしゃれな高級ホテルでも1万円以下で宿泊できる所が多いのもおすすめのポイントです。ホテルによっては1000円台のホテルもあり、旅行費用を安く抑えることができます。

Originalコロンビアの治安・物価は?観光で危険な場所と注意すること! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
コーヒー生産地として有名なコロンビアは昨今の世界的なコーヒーブームにより景気が上向きになりつ...

コロンビアならではのおすすめの見どころ

行き当たりばったりの旅行も楽しいものですが、コロンビアを観光するにあたって見どころを事前にチェックしておくのもおすすめです。

特に、有名な名所旧跡だけでなく、他の国ではなかなか見られないコロンビアならではの風景や見どころを楽しみたいものです。

コロンビアの街並み

コロンビアの街並みは地域によって様々で個性的です。中でもグアタペの街並みは、建物や車がカラフルに塗装されていてテーマパークのような雰囲気となっているのが見どころのひとつです。

また、メデジンはおしゃれなカフェやショップが立ち並ぶ洗練された街並みです。街の風景を写真に収めながら散策するのがコロンビア観光の見どころのひとつと言えます。

コーヒー農園見学

コロンビアは世界的なコーヒーの産地として有名です。コロンビアにはコーヒー農園が数多くあり、中には観光客の見学を受け入れている場所もあります。

コロンビアで大人の社会科見学を楽しむのも見どころのひとつです。もちろん、コロンビアで本場のコーヒーの香りや味を楽しむのも忘れずに。

コロンビアのおすすめ人気観光スポット[教会編]

コロンビアでは、人口の95%がキリスト教徒だと言われるほどキリスト教が普及しています。古くからスペインからの移民が多かったため、コロンビアにはヨーロッパで見られるような荘厳なキリスト教教会も数多くあります。

ここでは、コロンビアにある教会の中でも特に人気の観光スポットとなっている、ユニークな教会をご紹介します。

シパキラ「塩の大聖堂」

首都ボゴタからバスで1時間半ほどの場所にあるシパキラという街には、「塩の大聖堂」と呼ばれる観光スポットがあります。

塩の大聖堂は、岩塩の採掘場だった洞窟の内部にあります。昔、洞窟内の塩の採掘という危険な仕事をする人々のために、洞窟内部に教会が作られたのだそうです。

塩の大聖堂は広く、14のエリアに分かれています。それぞれの場所は様々な色にライトアップされ、スピリチュアルな印象です。

また、天使の彫刻や「塩の滝」と呼ばれる壁一面の塩の結晶など、見どころもたくさんあります。じっくり見学したい人には、塩の大聖堂内を案内してくれるガイドツアーもおすすめです。

コロンビアの丘「モンセラッテ」

ボゴタにある「モンセラッテの丘」の頂上にも教会があります。500mの高さの丘をロープウェイで一気に上るモンセラッテの丘は、ボゴタでも人気の観光スポットとなっています。

教会では毎日礼拝が行われ、観光客も参加することができます。また、教会の周囲は散策路が整備され、キリストの像が点在しているのも見どころです。

休日には観光客の他に現地の人もモンセラッテの丘に訪れるため、ロープウェイが混雑するようです。待ち時間に余裕を持って観光に出掛けましょう。

コロンビアのおすすめ人気観光スポット[公園・島編]

カリブ海に面したコロンビアでは、自然に親しむ旅も人気です。コロンビアには大規模な国立公園があり、自然や治安を維持しながら快適に観光が楽しめるよう整備されています。

ここでは、自然に囲まれてゆっくりとバカンスを過ごせるコロンビアの国立公園やリゾート地をご紹介します。

ナトゥラル・タイロナ国立公園

「ナトゥラル・タイロナ国立公園」は、カリブ海とシエラネバダ山脈に囲まれた広大な自然公園です。楽園と称されるナトゥラル・タイロナ国立公園は、トレッキングや海水浴など自然と親しむレジャーが楽しめます。

ナトゥラル・タイロナ国立公園にはキャンプ場があるので、宿泊して思い切り自然を満喫するのもおすすめ。ハンモックに揺られて、カリブ海を眺めながらのんびり過ごすバカンスはたくさんの観光客に人気があります。

サンアンドレス島

コロンビアでカリブ海の美しさを満喫したいなら、「サンアンドレス島」もおすすめです。カリブ海に浮かぶサンアンドレス島は、南北12.5km、東西3kmという小さな島です。

サンゴ礁に囲まれた海は透明度が高く、泳いでいる魚も上からはっきりと見えるほどです。また、島内にはカリブの海賊ヘンリー・モーガンが財宝を隠したと伝えられる洞窟があり、探検することもできます。

サンアンドレス島は宿泊施設もあり治安の良いリゾート地なので、ゆっくり滞在して離島巡りや島内散策をする観光客が多いです。

マルペロ島

コロンビアの西海岸からおよそ500km離れた太平洋に浮かぶ「マルペロ島」は、面積3.5平方kmの小さな島です。マルペロ島は火山活動によってできた岩山で、自然動物保護区として世界自然遺産に登録されています。

マルペロ島の周囲は禁漁区となっていて、絶滅の恐れがあるウミガメを始めとした多様な生き物の宝庫となっています。また、島の岩の斜面にはアオツラカツドリの大群が巣を作り、子育てをする姿も見どころです。

マルペロ島にはビーチがなく海水浴はできませんが、船で行くダイビングツアーが人気です。マルペロ島の周囲には様々な種類のサメが生息していて、スリル満点のシャークダイビングが見どころです。

ロス・ネバドス国立自然公園

「ロス・ネバドス国立自然公園」は、ボゴタの西にある名峰「ネバド・デル・トリマ」を擁する公園です。ネバド・デル・トリマへ登山するために、世界中から登山者が集まっています。

ネバド・デル・トリマは標高5215mで、5000mを超える場所は氷河となっている過酷な環境の山です。登山コースには山小屋があり、数日かけて登山をします。ガイドと登山用具つきの登山ツアーがおすすめです。

コロンビアのおすすめ人気観光スポット[秘境編]

日本ではなかなか目にすることのできない神秘的な風景が見られるのも、コロンビア観光の見どころのひとつです。

特に、コロンビア中心地から離れた地域には、秘境と呼ぶにふさわしいまだあまり知られていないスポットもあります。

ラス・ラハス教会

エクアドルとの国境付近にあるイピアレスには、世界一美しい教会と称される「ラス・ラハス教会」があります。深い渓谷に建てられた教会で、前方は橋、後方は崖と一体化しているというユニークな佇まいです。

教会の内部は無料で見学でき、ラス・ラハス教会が建てられるきっかけとなった奇跡の岩やステンドグラスを見ることができます。

キャノ・クリスタレス

シエラ・デ・ラ・マカレナ国立自然公園を流れる「キャノ・クリスタレス」は、5色に色づく「虹の川」として日本のテレビ番組でも話題になった人気スポットです。

川を彩るのは苔や藻で、9月から11月のうち数週間のあいだだけ花が咲くことによって、川の色が赤や黄色に見えるのだそうです。なお、シーズン中でも天候によっては5色の川を見られない日もあります。

コロンビアのおすすめ人気観光スポット[絶景編]

コロンビアを訪れたら、日本とは異なる趣の絶景もぜひ楽しみたいものです。コロンビアの大自然が作り出す絶景は、コロンビア観光の大きな見どころのひとつです。

ここでは、コロンビアで人気の絶景スポットをご紹介します。首都ボゴタからは距離があるものの、ぜひ足を運んで絶景を堪能してはいかがでしょうか。

メデジン「ピエドラ・デル・ペニョール」

メデジンの東に位置するグアタペには、「ピエドラ・デル・ペニョール」と呼ばれる巨岩がそびえ立っています。高さは220mで、かつては隕石説もありましたが、調査の結果そうではなく、およそ7000万年前に地球で形成された岩であることがわかりました。

ピエドラ・デル・ペニョールには階段が設置されていて、頂上の展望台まで登ることができます。高さ220mの展望台まではなんと740段の階段を登ることになりますが、休憩をはさんで絶景を眺めながら登りましょう。

ピエドラ・デル・ペニョールは、別名「悪魔の岩」と呼ばれ、下から見ても見応えたっぷりの威容。それだけでなく、頂上の展望台からは絶景が眺められます。

眼下に広がるのは貯水池です。複雑に入り組んだ独特の地形の湖は、空の色を映し出して観光客を魅了しています。頂上には売店もあり、軽食や飲み物が販売されています。

Gleren meneghin 246485メデジン(コロンビア)観光!治安は大丈夫?カラフルな街で楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
コロンビアの都市「メデジン」のおすすめ観光スポットをご紹介!近年、革新的な進化を遂げたコロン...

コロンビアのおすすめ人気観光スポット[街並み編]

スペインの文化が随所に受け継がれているコロンビアでは、ヨーロッパ風の石造りの街並みから南米らしい街並みまで、地域によって個性があります。

コロンビアの人々の暮らしを垣間見ながら、住民に混ざって買い物や食事を楽しむのも旅行の楽しみです。ここでは、魅力的なコロンビアの街並みが見られるおすすめのスポットをご紹介します。

グアタペ

グアタペの街は、コロンビア第2の都市と言われるメデジンから車で2時間ほどの場所にあります。ここは、通り沿いの建物がカラフルに塗装されていることで有名になった観光スポットです。

まるでおとぎの国のような風景ですが、グアタペの街並みがこのようにカラフルでメルヘンチックになったのは町おこしの一環なのだそうです。塗装はすべて住民の手によって行われた手作りの街は、ぜひ写真に収めたいものです。

ポパヤン

コロンビア西部のポパヤンは、「白い街」と呼ばれる美しい景観の街です。ポパヤンはほとんどの建物が白く、ヨーロッパの街並みを思わせるクラシックな雰囲気が魅力です。

ポパヤンはまだ大規模に観光地化されておらず、観光客が少なく穴場の観光スポットと言えます。現地の人になった気分で、街歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

カルタヘナ

カリブ海に面したカルタヘナは、古くから貿易の拠点として栄えた街です。カルタヘナにはスペイン植民地時代に築かれた城壁や要塞が良い保存状態で残されており、「カルタヘナの港、要塞群と建造物群」として世界遺産に登録されています。

カルタヘナは旧市街と新市街に分かれており、ボカグランデと呼ばれる新市街には高層ホテルが立ち並んで「リトル・マイアミ」と呼ばれています。

旧市街のセントロというエリアは、17世紀から18世紀にかけての植民地時代に発展したコロニアル様式の建物が整然と並び、まるでテーマパークのような景観が見どころです。

通りにはお土産屋さんやレストランが軒を連ねているほか、コーチェと呼ばれる観光用の馬車も運行していてとても賑やかな街並みです。

また、旧市街の南に位置するヘツェマニは、かつては治安が心配なエリアだったものの、今ではおしゃれなショップやレストランのある街に変身しています。

夜のカルタヘナもおすすめ!

カルタヘナを訪れたら、ぜひ夜も街に繰り出してみましょう。カルタヘナの旧市街は煌々と明かりが灯り、夜でも賑やかです。

また、観光馬車コーチェは夜も運行しているので、治安が心配という人はコーチェで旧市街を観光するのもおすすめです。

Ivan rojas urrea 65372カルタヘナ!コロンビアで一番と言われる美しい街!見どころをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
カリブ海の青い海と空、そしてラテンの情熱に彩られた、コロンビアで一番美しいといわれる街カルタ...

コロンビアのおすすめ人気観光スポット[夜景編]

大自然や秘境のイメージが強いコロンビアですが、夜になってみると煌々と光る明かりの多さに驚く人も多いのではないでしょうか。

「コロンビアの夜は治安が心配」という人でも、コロンビアの夜を十分楽しむ方法があります。夜景がきれいなスポットの近くに宿泊するのもおすすめです。

ボゴタの夜景

首都ボゴタの夜景は、モンセラッテの丘から見るのがおすすめです。ロープウェイは夜も運行しているので、短時間で丘の上まで行くことができます。時間に余裕がある場合は、夕方から出掛けると夜景の前に日没の景色も楽しめます。

モンセラッテの丘から宿へ帰る時は、安全のためにタクシーを利用しましょう。タクシーがつかまらない場合は、ロープウェイ乗り場付近にあるタクシーカウンターで呼ぶことができます。

メデジンの夜景

コロンビア第2の都市、メデジンにも夜景がきれいなスポットがあります。プエブリート・パイサと呼ばれる小高い丘の公園は、メデジン市民にも人気の夜景スポットです。プエブリート・パイサには観光案内所やお土産屋さんもあり、夜でも賑やかです。

また、ケーブルカー「メトロ・カブレ」の車窓から夜景を眺めるのもおすすめです。メトロ・カブレは観光用ではなく、メデジン市民の足となっている路線の一種です。

メトロ・カブレは住宅街の上空を通過し、昼間乗っても景色が楽しめます。メトロ・カブレには駅がいくつもありますが、中には治安の良くない地域もあるので事前にリサーチしておきましょう。

コロンビアのおすすめ人気観光スポット[農園編]

コロンビアの特産物と言えばコーヒーです。コーヒー農園の中には観光客向けに農園見学を実施している所もあり、コーヒーの好きな人にはおすすめです。

コーヒー農園はコロンビア各地に点在していますが、ひとくちにコーヒー農園と言っても中身は様々です。ツアー会社などで紹介している農園を選ぶと良いでしょう。

サレント「コーヒー農園」

メデジンの南、サレントという小さな街の郊外にある「エル・オカソ」は、見学が可能なコーヒー農園です。

エル・オカソの農園見学は、コーヒー栽培についての説明から始まり、農園での摘み取り体験、工場でのコーヒー豆の選別、そして特級コーヒーの試飲と盛りだくさんの内容です。

ツアー代金はおよそ350円で、高級コーヒーの試飲つきです。日本でカフェに行くよりも安くコーヒーを堪能できるおすすめのツアーです。

コロンビアのおすすめ人気観光スポット[お店編]

旅行ではお土産や現地ならではの買い物をするのも大きな楽しみのひとつです。日本とは異なる品揃えや接客の様子を楽しむのがおすすめです。

ちなみにコロンビアで人気のお土産は、コーヒー豆、地元の人も持っている布製の肩掛けバッグ、エメラルドのアクセサリーなどです。

ボゴタ「フラワーマーケット」

ボゴタでは、毎朝「パロケマオ」と呼ばれるフラワーマーケットが開かれているそうです。色鮮やかな切り花が広場にずらりと並び、威勢よく売り買いが行われる様子は見ているだけで楽しいものです。

コロンビアは年間を通して気候が安定しているため、切り花の生産が盛んに行われています。特にカーネーションやバラは生産量も多く人気となっています。

生花は残念ながらお土産にすることはできませんが、朝から花の香りを楽しめるフラワーマーケットへ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

メデジン「メイド喫茶」

メデジンは日本人経営のホテルがあるなど日本文化が浸透している街ですが、なんとメイド喫茶もあるのだとか。「ハイクメイドカフェ」は、平日は日本のアニメグッズのショップ、日曜の午後はメイド喫茶になるお店です。

メイド喫茶の時間帯は、日本のメイドカフェと同様、メイド服を着た美人スタッフが接客します。また、店内にはテレビゲームも設置されていて、日本のサブカルチャーが好きな現地の若者が集まっています。

コロンビアのおすすめ人気観光スポット[建造物編]

コロンビアでは、スペイン植民地時代の歴史的建造物が数多く見られます。こうした建造物を見学して、コロンビアの歴史に触れるのもおすすめの旅の楽しみ方です。

コロンビアの歴史的建造物の中には、世界遺産に登録されているものもあります。ここでは、その中のおすすめのひとつをご紹介します。

カルタヘナ「サンフェリペ要塞」

カルタヘナの旧市街にある「サンフェリペ要塞」は、世界文化遺産に登録されている「カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群」の一部です。要塞内は有料で見学することができます。

サンフェリペ要塞はカリブ海に面して建設されています。これは、コロンビアで採掘された金や銀、エメラルドといった宝石類を狙った海賊に対抗するためだったと言われています。

サンフェリペ要塞は「南米大陸におけるスペイン工兵技術の傑作」と評されるほど堅牢な要塞で、現在でも当時の姿をとどめています。

実は、この傑作と言われる要塞を作り上げたのはアフリカから連れて来られた30万人もの黒人奴隷たちでした。このことから、サンフェリペ要塞は負の世界遺産として登録されています。

コロンビアは自然あふれる観光スポットがたくさん!

コロンビアの人気観光スポットをたっぷりご紹介しました。カリブ海の美しいビーチや雄大なアンデスの山々が魅力のコロンビアは大自然の宝庫です。その一方で、活気に溢れる街もまた見どころのひとつ。コロンビアへ旅行に出掛けて、お気に入りのスポットを見つけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
LiberoSE

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する