魚べいのクーポンはとってもお得!アプリや10%割引になるおすすめ情報も

2019年2月10日 (2019年2月11日最終更新)

魚べいはクーポンもある元気寿司株式会社のチェーン店です。安い値段でおいしいお寿司が食べられるということで、若年層からお年寄りまで幅広い人気があります。アプリを使うことで予約や10%割引などのサービスを受けることができます。魚べいのクーポン情報をまとめました。

目次

  1. 魚べいのクーポンはコスパ抜群
  2. 魚べいの値段とチェーン店としての特徴
  3. 魚べいの公式クーポンアプリを利用してみよう
  4. 魚べいの公式クーポンアプリは面倒な登録も不要
  5. 魚べいのクーポンを受け取るためには店舗登録が必要
  6. 魚べいのクーポンを利用するときの注意事項
  7. 魚べいのクーポンの割引傾向は?
  8. アプリを使えばクーポンだけでなく魚べいの予約もできる
  9. 魚べいのクーポンアプリが利用できるのはスマホだけ
  10. 魚べいのアプリを使ってできる店舗予約のステップ
  11. 魚べいのLINEアカウントでもクーポンを忘れずにチェック
  12. 魚べいの店内飲食時のルーレットにも見逃せないクーポンが
  13. 魚べいでは特定のメニューがクーポン対象になることはない
  14. 魚べいはペーパータイプのクーポン配布も導入している
  15. アプリ以外に魚べいのクーポン情報をチェックする方法は
  16. 魚べいのクーポンに対する口コミは?
  17. 株主優待券も魚べいクーポンの一種
  18. 魚べいの株主優待券は株主でなくとも入手可能
  19. 魚べいを含めた元気寿司チェーン共有のスタンプクーポンも
  20. 魚べいのクーポンは元気寿司チェーン全てで使える?
  21. 魚べいのクーポンは汎用性があってお得

魚べいのクーポンはコスパ抜群

魚べいは元気寿司グループによって経営されている、お寿司のチェーン店です。くら寿司やはま寿司、スシローなど日本には大手寿司チェーン店が数多くあります。魚べいは店舗数でこそ日本一ではありません。

ですが元気寿司グループはブランドごとの特色をしっかり打ち出しており、その中でも魚べいは低価格に特化しています。お財布に優しい魚べいのお寿司がクーポンを使うことで、更に安く食べられたら素敵なことです。ここではおすすめのクーポン情報をまとめました。

魚べいの値段とチェーン店としての特徴

魚べいの特徴はその安さであると述べましたが、具体的な値段はどうなのでしょうか。元気寿司チェーンは魚べい、元気寿司、千両の3つに分かれておりそれぞれターゲット層も違います。

3つのフランチャイズの中でも魚べいは最も安い価格設定をしています。最近流行りの激安寿司と言われる部類で、1皿100円均一となっています。1皿100円で食べられるお寿司屋は今では珍しくありませんが、これくらいの値段なら気軽に試せるのではないでしょうか。

お寿司が回らない店舗も多い

回転寿司というジャンルに属している魚べいですが、実際は回らない店舗も多くあります。同じく低価格回転寿司のスシローなどにもある、タッチパネル式の注文システムを採用しています。

席についた後、目の前にお寿司が流れてくるわけではありません。かといって握っている職人さんが近くにいるわけでもないので、昔の回転寿司とはかなり異なった様相を呈しています。タッチパネルでの注文により、いつも新鮮なお寿司を食べることができます。

「回っているお寿司は鮮度が落ちてそうだから嫌だ」という人や「直接職人にさび抜きを頼むのは気が引ける」という心配をする人もいます。そんな心配を一挙に解決するのがこのタッチパネル式の注文方式となっています。

注文した後はレーンに乗って直接メニューが届く

タッチパネルで注文をした後は、レーンに乗って注文したメニューが直接テーブルまで届けられます。ここでも店員さんが直接持って来たり、何かプラスアルファのやりとりが発生するわけではありません。

タッチパネルで頼んでから、メニューが届くまで魚べいでは一切店員さんとのコミュニケーションを取る必要がありません。シャイで店員さんと話すのがツラいと感じる人はもちろん、忙しそうにしているのを見てつい声をかけそびれてしまうということもありません。

人件費を削ることで魚べいはクーポンなしでも安さを実現

注文からメニューを届けるまでお寿司をつくる以外では、魚べいでは一切店員さんは関わっていません。全て自動化されているため、人件費を割く必要がなくその分クーポンなしの通常時でも1皿100円という安い値段でお寿司を提供することに成功しています。

ゆっくりと家族で時間を過ごしたい、あるいは大事な話を途中で邪魔されたくないという人にとっては過去のお寿司屋さんは不向きでした。回転寿司でも自分の食べたいものが流れていないときは頼まなくてはならないときもありました。

しかし現在の魚べいではそういった心配もなく、落ち着いてゆっくりと食事をすることができます。魚べいではコストカットを理由に、従来のお寿司屋さんに比べて店内で働いている店員の数も少ないです。これらが魚べいの特徴となっています。

魚べいの公式クーポンアプリを利用してみよう

魚べいでは10%の割引クーポンを初めとするサービスを、アプリを介して行っています。クーポンアプリはスマートフォンで魚べいの公式サイトからダウンロードすることができます。お手軽に落とせる上、たくさんの機能がついているためおすすめです。

割引クーポンは5%か10%の割引がほとんどです。全てのクーポンが期間限定となっており、公式アプリをダウンロードした人が常に受けられるサービスのようなものは導入されていません。

ですが最新情報やキャンペーンをお知らせするニュースレターを受け取ることができるため、魚べいに足繁く通っているという人はアプリをダウンロードして損することはないでしょう。10%の割引クーポンなどが発券されたときには通知でお知らせしてくれます。

魚べいの公式クーポンアプリは面倒な登録も不要

魚べいの公式クーポンアプリは登録の際、面倒な個人情報などを登録する手間がいりません。大抵のこの手のクーポンアプリには誕生日やアンケートなど、登録までにいくつかステップを要することが多いです。

ですが魚べいのクーポンアプリであれば、利用規約を読んだ後同意するだけで会員登録が完了します。「とりあえず入れておくかどうか」と悩んでいる人にもおすすめです。

特に興味のないお店のアプリは、空メール送信やアンケートに答える手間をつい億劫に感じてしまうことが多いのではないでしょうか。不必要に感じた時点ですぐにアンインストール、再インストールがしやすいのは、使わないアプリを整理するときも助かります。

魚べいのクーポンを受け取るためには店舗登録が必要

面倒な個人情報の登録が必要ないのが魚べいのクーポンアプリの利点です。ですが、いざクーポンを受け取りたいと思った場合、店舗登録をする必要があります。大抵は最寄りの店舗になりますが、この店舗登録を済ませないと肝心のクーポンは受け取れません。

魚べいの店舗を一覧から選ばなくてはいけないため、ココは少し面倒に感じてしまう人もいるかもしれません。1度登録した時点で、最初の50円割引クーポンがもらえます。店舗登録まで済ませないとクーポン発券はされないことに注意しましょう。

魚べいのクーポンを利用するときの注意事項

魚べいは店舗登録をすることで初回の50円割引クーポンがもらえることが分かりました。期間限定で付与される10%割引クーポンではないにしろ、登録するだけでいつでももらえるクーポンは便利です。

ですが魚べいの割引クーポンには注意するべき点もあります。魚べいのクーポンは使用期限があり、「クーポンを利用する」をタップしてから6時間以内に使わないとそのクーポンは無効になってしまいます。

特に初回の登録時、割引クーポンをもらいそのまま魚べいに食べに行こうとするケースもあるでしょう。予約する場合は要注意です。あくまでもクーポンは会計時に提示するため、予約時に間違って使う部分を選ばないように気をつけましょう。

魚べいのクーポンの割引傾向は?

魚べいの割引クーポンにはどんな傾向があるのか調べてみました。1番多いのが50円引きのクーポンです。これはアプリ登録や後述する店内のルーレットなどで当たるため、最も目にする機会が多いクーポンだと言えます。配布される機会も1番多いです。

続いて5%や10%の割引クーポンとなっています。5%の方がクーポンへの登場頻度は幾分高く、10%は少なめです。割引率に応じた登場頻度と見て間違いありません。

50円引きは客寄せとして使われている傾向が強いです。こちらは10%割引などと異なり、前述の公式アプリを新規でダウンロードしなおせばいつでも入手することができます。50円引きのクーポンはいつでも利用できると考えてよいでしょう。

アプリを使えばクーポンだけでなく魚べいの予約もできる

魚べいの公式アプリを利用することで、クーポンの受け取りだけでなく、席の予約までマネージメントすることができます。こちらもスマートフォンだけあれば予約はできるため、店頭に行ってその日の混み具合を確認しなくてよいためおすすめです。

予約をする場合にはメールアドレスの認証がまず必要です。予約欄に空メールを送信すると、返信メールにURLが添付されてきます。そのURLにアクセスすることで、メールアドレスが認証され予約の際に有効となります。

魚べいのクーポンアプリが利用できるのはスマホだけ

魚べいの公式クーポンアプリですが、こちらはスマホのみの利用となっています。店頭でかざす必要があるためと思われます。PCでのクーポンアプリの利用はできません。スマホを持っている人は忘れずに登録しておきましょう。

現在スマホを持っていないという人でも、アプリ以外にクーポンを手に入れる方法は意外と多くあります。後述するペーパータイプのクーポンなどはネットオークションにも出ている上、1度に使えるクーポンは1つまでです。

魚べいのアプリを使ってできる店舗予約のステップ

魚べいのスマホアプリを使ってできる、予約の方法についてまとめていきます。まずはアプリをダウンロードし、「順番待ち予約する」をタップしましょう。その後は日程と時間を指定していきます。

時間指定が終わったら、次は人数と座席の指定です。座席の指定は3通りあり、テーブル席とカウンター席、どちらでもよいの三択となっています。ここまで聞かれることは店内に入った時点で同じく聞かれることなので、戸惑う内容は全くありません。

連絡用の電話番号を入力し、予約はココで終わりです。その後予約したことを確かめる確認メールが届きます。自分の入力したそれぞれの内容が間違ってないか、ここで今一度予約内容をチェックしてみることをおすすめします。

遅れた場合はどうなる?

魚べいのアプリを使えば、予約機能と割引クーポンが同時に使えます。ですがここで注意しておきたいのは遅れた場合です。何らかの理由で予約していた時間に遅れた場合、現在の魚べいでは到着してすぐ次に呼ばれるということはなくなりました。

これは2019年に入ってからの変更で、アプリで予約した場合でも指定時間につかなかった場合、普通に来店した場合とほぼ同様に待つ必要があります。予約をしたことは、ほぼなかったことになってしまいます。指定時間にはキチンと間に合うように行きましょう。

電話での予約は受け付けていない

なお、魚べいでは電話での予約は対応していません。魚べいの店舗に直接電話をかけても予約はとれないため、予約方法はスマホのみとなっています。

あらかじめアプリをダウンロードしておいた方が、アプリでの予約終了まで確実でスムーズに進むことは間違いありません。日時が確実に決定していない場合でも、先の日付まで予約はできますし予約のキャンセルも可能です。

魚べいに行く日に予約をするよりも、余裕を持ってアプリでの予約をしておくのが無難と言えます。予約の変更やキャンセルには特にペナルティがないため、詳しい予定が判明した時点でリスケジュールすることができるのも公式クーポンアプリのメリットです。

魚べいのLINEアカウントでもクーポンを忘れずにチェック

魚べいのLINEアカウントを友達登録することでも、10%割引などのクーポンを得ることができます。こちらも自分がLINEアカウントを取得していればすぐに申請できることなので、LINEアカウントを持っている人はぜひ登録することをおすすめします。

魚べいの公式クーポンアプリとも似ていますが、魚べいのLINEアカウントは店舗ごとに独立しています。よく行く店舗のLINEアカウントを登録する必要があります。クーポンを確実に利用するためにも、店舗情報はしっかり確認しましょう。

LINEアカウントを媒体に提供される10%オフなどのクーポンは店内で食べるときも、テイクアウトにも両方使えます。LINEであらかじめクーポンを受け取っておけば、店頭で食べる場合はアプリ予約でスムーズに、テイクアウトでも同じく安く楽しむことができます。

魚べいの店内飲食時のルーレットにも見逃せないクーポンが

魚べいは店内飲食でメニューを頼む際、タッチパネルを利用します。注文が終わった後にルーレットが始まることがあり、当たると50円割引のクーポンがあたります。ルーレットに特別な操作は必要ありませんが、5%や10%割引のクーポンはありません。

普通に食べているだけで割引クーポンが貰えるチャンスができるのは嬉しいです。ルーレットが当たる確率自体は渋めの設定と言われていますが、当たった報告も多く見受けられました。店内飲食の方がクーポンを貰える機会は幾分増えると言えます。

なおこのルーレットで貰えるクーポンは店内飲食時の使用限定となっています。元々ルーレットが店内飲食専用なので、魚べいで次も食べる機会がある人が多いと思いますが念のためクーポンをふいにしないためにも注意が必要です。

魚べいでは特定のメニューがクーポン対象になることはない

5%割引や10%割引など、どんな客層にも使える割引クーポンが貰えるのは魚べいの素晴らしい点です。それ以外に特定のメニューがクーポン対象となることはあるのでしょうか。新しいネタや旬のメニューが割引されていたら嬉しいです。

ですが残念ながら、魚べいではキャンペーンで特定の商品へのクーポン配布は行っていません。1皿100円という安さもありますし、大トロなど100円以上の値段が付いているものは価格をそれ以上下げられないようです。

特定の高いメニューを安く食べれるというクーポンは存在しませんが、それでも10%割引のクーポンは今でも不定期に配布されています。消費税プラスアルファの値段が引かれるだけでも大きな違いです。見逃さずにゲットしましょう。

魚べいはペーパータイプのクーポン配布も導入している

魚べいではアプリを介したオンライン媒体だけでなく、ペーパータイプのクーポンを配布していることもあります。こちらも配布は不定期で、来店時にもらうことができます。会計時にもらうことができますが、利用可能なのは次回以降の来店時であることに注意です。

公式アプリなどでクーポンを配布している期間は、ペーパータイプのクーポンを貰えることも多いようです。予約ついでにクーポンがあるかどうかアプリで事前にチェックして、店頭でもペーパータイプのクーポンがもらえないかチェックするのがおすすめです。

アプリ以外に魚べいのクーポン情報をチェックする方法は

魚べいではアプリを使ったオンラインクーポンだけではなく、紙媒体のものも利用できるとのことでした。こうしたクーポン情報を全て把握するのは難しく、また魚べいは地域限定もしくは期間限定で利用可能なクーポンも多くあります。

魚べいのクーポン情報をチェックするには公式twitterをフォローするか、レシートをチェックするのがおすすめです。どちらも次回のクーポン配布情報や最新情報が記載されています。レシートはついチェックが疎かになってしまいますが、必ず貰えるため便利です。

魚べいのクーポンに対する口コミは?

魚べいのクーポンは公式アプリやLINEアカウント登録でもらえることが分かりました。そこで魚べいのクーポンアプリを利用している人の実際の声を調べてみました。

メリットとしてはやはり10%オフなどの割引クーポンを入手できるところが大きく、友達や家族と一緒にたくさん食べてもコスパが高いことがおすすめ理由となっていました。

一方でデメリットはiPhoneアプリの方は動作が悪いこと、また割引クーポンの登場頻度が遅いことなどがあげられていました。割引クーポンは期間限定のため、行きたいときに限ってクーポンがないという恐れもあります。

株主優待券も魚べいクーポンの一種

魚べいでは株主優待券を発行しています。株主優待券もクーポンの一種と言えるため、手に入れる機会がある人はこちらの株主優待券もおすすめです。クーポン単体で見るとかなり手厚い内容となっています。

株主優待の内容は100株以上の保有で1,500円、500株以上の保有で7,500円、1000株以上の保有で15,000円分の食事券となっています。これが年に2回届くため、投資額を除外して考えた場合株主優待券が1番割引率が高いです。

食事券は500円で1枚となっているため、1度の来店で7,500円や15,000円分食事しないといけないということはありません。元気寿司チェーンの株主になるかどうかの判断材料の1つとして役に立つかもしれません。

魚べいの株主優待券は株主でなくとも入手可能

魚べいの株主優待券は確かに割引率だけで見るとおすすめですが、そうそう簡単に株主になる機会が巡ってくるわけではありません。一見無縁のものに見えがちですが、魚べいの株主優待券はネットオークションで落札することが可能となっています。

少しでもいいからお得にクーポンを使う機会が欲しいという人はネットオークションを漁ってみることをおすすめします。魚べいのみに限らず、株主優待券がオークションに出ていることはフランチャイズ経営しているチェーン店ではよくあります。

どれくらいの値段で入手できる?

といっても、どれくらいの値段で入手できるかによってお得感は変わってきます。1,000円のクーポンを手に入れるために1,200円払っていたのではどうしようもありません。ネットオークションで魚べいの株主優待券の値段を調べてみました。

5,000円分を4,500円で即決だったり、500円分を450円で即決というものが多く見られました。株主であっても魚べいに行く機会がないという人にとっては、手元に置いておくよりは少し値段を引いても売ってしまった方がよいという判断なのでしょう。

落とす側から考えると、数百円分は得することができることになります。送料無料のため、食事券の合計から落札価格を引いた金額をそのまま得することができます。スキマ時間を有効に利用してクーポンを稼ぎたいという人にはおすすめです。

魚べいを含めた元気寿司チェーン共有のスタンプクーポンも

また、割引クーポンとは少し違いますが、魚べいを含めた元気寿司チェーン店共有のスタンプシステムも導入されています。こちらは公式アプリのダウンロードにより、新たに2018年末から利用可能になったサービスです。

お気に入りの店舗登録をした後、GPS機能をオンにします。同時にBluetoothもオンにする必要があります。その後アプリを開いて店頭で支払い時に端末にかざすとスタンプが付与される仕組みになっています。

スタンプは1日につき1ブランド1回

こちらのスタンプもスマホによる公式アプリのみの機能です。スマホを忘れたからレシートにスタンプを押してもらう、など昔ながらの紙媒体スタンプのような使い方はできません。

スタンプ機能は共有のため、魚べいのみならず元気寿司や千両に来店した時でも使うことができるのもオススメポイントです。注意するべきは1日につきスタンプの捺印は1ブランド1回までとなっている点です。

「安く会計を済ませて再来店し、スタンプを稼ぐ」という行為を防止する目的だと思われます。スタンプの捺印自体には「500円で1回」のような制限がないため、1回の会計につき1つのスタンプのみ獲得することができます。

スタンプポイントの上限は28ポイント

魚べいのスタンプ機能ですが、3ポイントで50円、6ポイントで50円、13ポイントで150円、20ポイントで200円、28ポイントで300円となっています。こちらは加算されていくもののため、28ポイントの300円クーポンを利用しても他の割引を使うことができます。

1つ注意するべき点としては、クーポンの併用ができないことです。スタンプ機能によるクーポンも同様であり、1度の来店で1つまでしか使えません。アプリで配布されているクーポンなどと合わせると、ほぼ毎回何かしらのクーポンを利用できると言えます。

魚べいのクーポンは元気寿司チェーン全てで使える?

最後に魚べいのクーポン情報を整理しておきましょう。魚べいのクーポンはアプリやペーパータイプのものなどがあり、スタンプ機能を使ったオンラインクーポンもあります。オンラインクーポンは元気寿司チェーン全てで共通です。

ですがスタンプクーポン以外は全て魚べいのみで使えるクーポンとなっています。50円割引や10%割引などを見るとフランチャイズで共有しているように見えてしまうかもしれませんが、クーポンは魚べいでしか使えません。

株主優待券はチェーン店どこでも使用可能

例外として、株主優待券は元気寿司チェーン店のどこでも利用可能となっています。こちらは元気寿司グループとしての扱いになることが理由です。こういった例外を除いて、基本的にクーポンは魚べいのみで使えると考えるのがおすすめです。

スタンプクーポンは元気寿司チェーン間で共有とは言えど、元気寿司や千両と魚べいのどれも利用するという人はごくごく稀だと思われます。よく行くお店のクーポン情報だけチェックしておいても差し支えありません。

Original元気寿司のクーポン取得方法や使い方!スマホアプリやお得な割引情報も紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京を中心に周辺地域で営業する、ファミリー寿司店「元気寿司」。関東地方の方にとっては、お寿司...

魚べいのクーポンは汎用性があってお得

以上魚べいのクーポンについての情報まとめでした。魚べいのクーポンは利用可能なものも多く、ルーレットやスタンプ機能など他のチェーン店にはない機能も見受けられます。スマホを持っている人は魚べいのアプリ登録をおすすめします。

公式アプリでクーポンがない期間や地域もあるため、自分の店舗登録した地域がクーポンの対象内に入っているかも重要です。賢くクーポンを使って、魚べいでのお寿司をもっと満喫しましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Daisuke.U

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ