ゆうなんぎいは沖縄料理の老舗店!予約方法や人気メニューについてもご紹介!

2019年2月11日 (2019年2月12日最終更新)

沖縄国際通りにある沖縄料理の老舗店「ゆうなんぎい」は、50年の歴史がある沖縄家庭料理が美味しいと評判のお店です。ランチタイムには沖縄の家庭料理を食べようと、地元の人はもとより観光客が並ぶ程の人気店です。そんなゆうなんぎいの予約方法や人気メニューを紹介します。

目次

  1. 沖縄にあるゆうなんぎいってどんなお店?
  2. 沖縄にあるゆうなんぎいが人気の理由
  3. 沖縄にあるゆうなんぎいは予約できる?
  4. 沖縄にあるゆうなんぎいのおすすめメニュー
  5. 沖縄にあるゆうなんぎいの口コミや評判は?
  6. 沖縄にあるゆうなんぎいの店舗詳細
  7. もっと知りたい沖縄料理
  8. 沖縄でランチに迷ったらゆうなんぎいの日替わりに決まり!

沖縄にあるゆうなんぎいってどんなお店?

沖縄の「ゆうなんぎい」は、沖縄の家庭料理のお店で有名です。ゆうなんぎいは、沖縄のおふくろの味が楽しめる行列のある料理店です。

泡盛で煮込んだラフテーなど沖縄でしか食べられない沖縄家庭料理のお店です。そんな沖縄の家庭料理を食べたい地元の人や観光客が大勢訪れます。そんな沖縄糧料理の店「ゆうなんぎい」のメニューなどお店情報を紹介します。

国際通りにある老舗料理店

沖縄の「ゆうなんぎい」は、国際通りにある50年の歴史がある老舗料理店です。沖縄戦線のあの忌まわし戦跡から沖縄の復興の足跡の全部を知る老舗の料理店です。

そんな、沖縄の戦後の歴史とともに歩んできた「ゆうなんぎい」は、沖縄のおふくろがこしらえる沖縄家庭料理に誘われて、今では「地元の人から観光客まで」が行列するほどの老舗店舗になりました。

アメリカ統治時代の1970年創業

沖縄の「ゆうなんぎい」は、1970年創業と言いますから第二次大戦後のアメリカ統治時代の、いわゆる占領下での創業でした。

そんな戦後の苦境下の地元の人に、家庭料理を食べてもらおうと始めたことが沖縄の復興と共に歴史を積み重ね、今日のように「地元からも観光課客からも親しまれる」沖縄家庭料理の店になりました。

地元の常連さんも通う

沖縄の「ゆうなんぎい」には、地元沖縄の人達があしげく通うお店で有名です。沖縄のおふくろがこしらえるランチは、特に人気で昼定食を食べる地元のお客様でいっぱいです。

ゆうなんぎいは、地元に愛され続けている親しみのあるお店という評判が広がり、国際通りを訪れる観光客もいつしか「ゆうなんぎい」の沖縄ランチを求めて立ち寄るようになった観光客と地元の人が通う沖縄料理店です。

「ゆうなんぎい」の名前の由来は?

沖縄の「ゆうなんぎい」のそもそもは、亜熱帯地方特有の湿地帯に広がる「マングローブ」があります。その周辺に群生する「オオハマボウ」という樹木を沖縄では「ゆうなんぎい」といいます。

このオオハマボウは、常緑の小高木(4mから12m位)で「楽しい思い出」という花言葉もあり沖縄を訪れる人に思い出を残すという意味合いもある黄色やオレンジの花を咲かせます。

ユウナの木のウチナーグチ

沖縄の「ゆうなんぎい」は、オオハマボウという和名があるのですが沖縄では「ユウナの木のウチナーグチ」という別名でも呼ばれます。

沖縄では防砂林などに利用される樹木ですが、この様に「オオハマボウ」「ユウナの木のウチナーグチ」そして「ゆうなんぎい」というように呼び方が変わる沖縄で育つオオハマボウです。

沖縄にあるゆうなんぎいが人気の理由

沖縄の家庭料理を食べさせてくれる人気の「ゆうなんぎい」が、なぜ人気店と言われているのかということですが、それはズバリ「沖縄のおふくろの味が楽しめるお店」ということです。

確かに、日替わり定食等の人気メニューはあります。これを食べるにも行列しなければ食べられないほどの人気メニューですが、そもそもはカウンターの中で調理する沖縄の女性が伝統のレシピそのままにこしらえてくれる沖縄料理が人気の素なんです。

沖縄の「ゆうなんぎい」では、この様に沖縄の食文化を伝承して美味しくこしらえて、リーズナブルな値段で食べられるのです。

そんなところに「ゆうなんぎい」の人気の秘密が隠されているようです。沖縄料理に関して言えば、いつどんな時代でも伝統を引き継ぐ秘伝の技でこしらえてくれる家庭料理は人気にならないわけがないのです。

沖縄の家庭料理が楽しめる

沖縄の「ゆうなんぎい」では、これぞ沖縄家庭料理というものを本気で食べさせてくれます。全てに地元の食材を使ってこしらえるラフテーやチャンプルーといった伝統の家庭料理が美味しくできてくるのです。

地元のあんまー(お母さん)が、地場の野菜や近海の魚をその日のうちに調理して当たり前にテーブルに届けてくれる気軽さが、沖縄料理を楽しませてくれます。

日替わりランチがリーズナブルで人気

沖縄の「ゆうなんぎい」の料理は、リーズナブルで美味しいく食べられます。ゆうなんぎいのおすすめランチに「日替り定食」があります。どちらかと言うと地元向けの定食3種のようですが、全部のお客様に人気なんです。

ゆうなんぎいの日替りランチ「三枚肉と冬瓜の煮物」「野菜ぞば」「豆腐チャンプルー」というように、その日によって日替りランチメニューは変わるのですが、どれも「620円」で食べられるというものです。

だいたい12時半ごろに売り切れる

沖縄の「ゆうなんぎい」の日替り定食は、メインのおかずに「ごはん・お新香・汁物」などがセットで、その日毎に3種類(A・B・C定食)が、メインのおかずの内容でセットにいくらか違いがあります。

そして「620円」というリーズナブルな値段で出されますから売り切れは必須です。それも「12時半」には売り切れてしまうという日替わりランチですから、行列しても食べられないということは多々あります。

沖縄にあるゆうなんぎいは予約できる?

沖縄の「ゆうなんぎい」は、沖縄料理の人気店が故に「予約」しなければ食べられないのかという思いがします。

ゆうなんぎいは、予約ができないわけではないのですが、基本「できない」と考えたほうが良いです。予約ができる隙間は、本当に少しでそれも「ランチ」時は予約はできないと言われています。

夜の開店時に数席のみ

沖縄の「ゆうなんぎい」の予約ですが細長い店内に39席という少ない座席で人気店ということが幸いしているのか、夜の居酒屋風に変わるお店は開店間もなく「満席」になってしまいます。

夜の開店時間で予約の幅は設けてあるようですが「ほんの数席」それも開店時のみという様です。この様に、ゆうなんぎは沖縄料理の人気店ですから、基本予約はできないと考えたほうが良いです。

ランチタイムは予約不可

沖縄の「ゆうなんぎい」のランチタイムの行列は、地元の人に混じって観光客も並んでいて開店前には列をなして開店の時間を待っています。

ゆうなんぎいは、開店時間前から並んでも時間通りには入店できないで順番の時間を待つこともしばしばです。ランチに関しては、こんな状況ですから「予約不可」という事になっています。

観光客・地元客が並ぶ

沖縄の「ゆうなんぎい」のランチタイムは「12時」にオープンするのですが、その前から30分以上は並ぶ覚悟が必要です。

ゆうなんぎいのランチタイムに行列している人は「住観混在」で、地元の人もいれば観光客もいるという様に、ゆうなんぎいの人気のランチメニュー食べたさに普通に行列しています。

待たずに入れるおすすめ時間は?

沖縄の「ゆうなんぎい」の行列は、12時のオープン直前まで続いています。しかし、ランチタイムの営業が始まっても並んでいる人は何人かいます。

ゆうなんぎいのランチタイムの最盛時間は、オープンから1時間は続いています。それでも店内は、ほぼほぼ満席状態ですが、ランチタイムオープンの1時間から1時間半くらいした時間帯が、待たずに入れるタイミングのようです。

平日夕方早めな時間がおすすめ

沖縄の「ゆうなんぎい」は、ランチとディナーの2部制で営業しています。夜は、居酒屋風に変わりますが沖縄家庭料理を食べさせてくれるお店には変わりありません。

ゆうなんぎいの夜の部は「17時30分」から始まりますが、昼と同じ様に行列はあるのですが平日は、比較的開店時間の早いうちが、待たずに入れるおすすめの時間帯です。

Original国際通りのカフェ9選!おしゃれな店や美味しいモーニング&ランチ情報もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄の国際通りは観光客に大人気のスポットとなっています。お土産ショッピンやおしゃれなカフェの...

沖縄にあるゆうなんぎいのおすすめメニュー

沖縄の「ゆうなんぎい」で沖縄家庭料理を食べるには、メニューを知っておくことも「ゆうなんぎい」の様な人気店で食べるには便利です。

ゆうなんぎいのメニューは、人気の日替わり定食やラフテーやソーキそばなど沖縄家庭料理の定番メニューがたくさんあります。おすすめのメニューを紹介します。

3種類の『日替わりランチ』

沖縄の「ゆうなんぎい」の人気メニューです。日替りランチ定食は、その日によってメニュー内容に違いはありますが、「ごはん・おしんこ・汁物」がついて2から3種類あります。

人気の日替わり定食は「A定食」「B定食」「C定食」とあり「620円」で食べられます。A定食は「肉・魚」B定食は「肉・魚以外」C定食は「チャンプルーなど」と言うようになってるようです。その日の食材等の関係で定食メニューは替わります。

売り切れ必須!

沖縄の「ゆうなんぎい」のランチタイムは、早いもの勝ちと言っても大げさに聞こえないほどに「日替わりランチ」の人気は、すごいものがあります。

開店前から並ぶ行列は、日替わりランチを目当てにしたお客様で列をなしているのですがオープンから30分足らずで売り切れなどと言うことがあります。注文するとすぐに出てきて回転も良いのですが、日替わりランチは売り切れ必須のアイテムです。

とろっと旨い『味噌仕立てのラフテー』

沖縄の「ゆうなんぎい」のラフテーは、人気の一品です。他店ではしょう油仕立てが多いのですが、味噌仕立てのラフテーがゆうなんぎいの特徴です。

そして、じっくり煮込んだ「三枚肉」を使って独特のみそで味付けしたゆうなんぎいのラフテーは、フワフワでとろっと旨味の効いた柔らかい食感が人気のラフテーです。

単品で注文でも定食に

沖縄の「ゆうなんぎい」の日替わりランチ定食が食べられなかった。或いは、「ソーキ」や「テビチ」「チャンプルー」や「グルクンの唐揚げ」等単品メニューを注文したりします。

単品メニューだけでは物足りない感があり「定食」にして食べたくなります。お店に注文すると快く「単品メニューを定食と同じに」してくれます。日替わり定食と単品メニューという食べ方もあります。

地元客に人気!『イカスミ焼きそば』

沖縄の「ゆうなんぎい」のイカスミ焼きそばが人気です。食べると口の中がイカの墨で真っ黒になるからと、意外に避けられているイカスミを使った料理です。

確かに、イカスミ汁を飲むと口の中が黒くなるのですがイカスミの旨味が口当たり抜群なんです。同じ様に「イカスミ焼きそば」が美味しくて、ラフテーと一緒に食べると尚更に味が引き立ち意外に人気のイカスミ焼きそばです。

沖縄にあるゆうなんぎいの口コミや評判は?

沖縄の家庭料理を食べさせてくれる「ゆうなんぎい」は、国際通り県庁前からすぐのところにあるランチタイムの頃になると開店前から行列ができるお店です。

地元の人から観光客まで、様々な客層の列がつながっています。なぜそこまで人気があるのか調べてみました。ある口コミ評価では、沖縄の飲食店ランキングで最上位に近い高評価という様に発表されていました。

口コミや評判は?

沖縄の「ゆうなんぎい」の口コミは、初めて行った人は「美味しくてコスパが良くて」並んだかいがあった。次も行きたい。「2日連続して定食を食べた、沖縄料理が満喫できた」などという好感触の意見がありました。

「お店はきれいで、いつ行っても満席状態で活気があり、沖縄料理は美味い。」というように絶賛の声もあり、更には「厨房のお母さんたちの手際が良くて、どの料理も美味しかった。」など、高評価続出の「ゆうなんぎい」の口コミ評判です。

沖縄にあるゆうなんぎいの店舗詳細

沖縄の「ゆうなんぎい」は、創業以来「沖縄の戦後の歴史」を見守ってきた老舗の沖縄家庭料理を食べさせてくれる店舗です。

そして、創業以来「おふくろの手づくり」にこだわった家庭料理のメニューは、地元はもとより観光客にまで親しまれる沖縄の人気店です。そんな「ゆうなんぎい」の基本情報を紹介します。

基本情報

沖縄の「ゆうなんぎい」は、国際通り久茂地交差点の近くにある沖縄家庭料理の老舗店で、沖縄のお母さんたちが地場産の食材を使って手づくりで「沖縄の家庭料理」を食べさせてくれます。昼の人気のランチと夜の営業です。営業時間は昼「12時から15時」夜「17時30分から22時30分」で定休日は「日曜と祝日」です。美味しくてコスパの良いお店です。

住所 沖縄県那覇市久茂地3-3-3
電話番号 098-867-3765

アクセス

沖縄の「ゆうなんぎい」は、沖縄を代表する繁華街「国際通り」にあります。那覇空港からのアクセスは、那覇空港駅から「ゆいレール」で県庁前駅(6駅・約15分)で下車します。

県庁前駅からは、歩いて5分位(久茂地交差点近く)でアクセスできます。車では、那覇空港から国道58号線(那覇西道路)を県庁前駅を目指して走ります。約6km・約20分でゆうなんぎいにアクセスできます。

駐車場はある?

沖縄の「ゆうなんぎい」は、国際通りに立地している老舗の人気沖縄料理店です。交通の便もよく「ゆいレール・車・バス」でのアクセスはしやすい好立地のお店です。

ゆうなんぎいには立地性から「駐車場は、ありません。」しかし、お店の前にはコインパーキング、周辺には有料駐車場などありますから車での来店には不自由はないです。

Original国際通り周辺の駐車場まとめ!安い料金のおすすめや穴場など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
国際通りは那覇を代表する繁華街です。地元客の他にも多くの観光客がショッピングや飲食などを楽し...

もっと知りたい沖縄料理

沖縄料理には奥深い歴史があります。一般的に「沖縄郷土料理」として総称されて沖縄家庭料理と言われて地元や観光客に親しまれています。

しかし沖縄料理は「琉球料理」とも言われ、琉球王朝時代からの流れを汲む「宮廷料理」として、奥深い歴史と伝統のある料理なのです。

そんな沖縄の歴史料理が沖縄家庭料理として「味と伝統調理法」などが評判になり、市場に出て多くの人に愛されて「ゆうなんぎい」のように、戦前戦後そして現代にまで続く沖縄料理に育ちました。

豚肉料理の「ラフテー」「ソーキ」「ミミガー」野菜料理の「チャンプルー」「イリチー」魚料理の「グルクン」「ミーバイ」などに料理されて、沖縄の歴史と伝統を引き継いだ琉球王朝時代の「高貴さと大衆の味」が融合した美味しい沖縄料理が提供されているのです。

沖縄でランチに迷ったらゆうなんぎいの日替わりに決まり!

沖縄料理の美味しさは県内外に広く伝わっています。沖縄の料理店ではそれぞれ「味と食材」にこだわり様々な沖縄料理を用意しています。

そんな中でも沖縄料理の老舗料理店「ゆうなんぎい」のランチが有名で、沖縄でランチに迷ったら「ゆうなんぎい」と言われるほどに日替わりランチが美味しいです。沖縄で食べたい「ゆうなんぎいのランチ」おすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
garameki4908

那覇の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

那覇の新着のまとめ