ホットスプーンの牛すじ煮込みカレーが絶品!テイクアウトOKの人気店!

2019年2月19日 (2019年2月21日最終更新)

カレー屋さんの超激戦区である東京において高い人気を誇っているのが『ホットスプーン』です。この『ホットスプーン』では牛すじを煮込んで作ったカレーが大人気で、回転率も早いですしテイクアウトもOKなのでとても使い勝手のいいお店です。

目次

  1. 『ホットスプーン』は大人気のカレー屋さん
  2. カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー1:牛すじ煮込みカレー
  3. カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー2:肉2倍牛すじ煮込みカレー
  4. カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー3:牛すじ焼きチーズカレー
  5. カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー4:牛すじ野菜カレー
  6. カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー5:インド風チキンカレー
  7. カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー6:1日分の野菜カレー
  8. カレーショップ『ホットスプーン』は辛さが選べる
  9. カレーショップ『ホットスプーン』はライスの量が選べる
  10. カレーショップ『ホットスプーン』はテイクアウトOK
  11. カレーショップ『ホットスプーン』の店舗情報1:五反田店
  12. カレーショップ『ホットスプーン』の店舗情報2:丸の内店
  13. カレーショップ『ホットスプーン』の店舗情報3:西新宿店
  14. カレーショップ『ホットスプーン』の店舗情報4:東京ドームシティ店
  15. 『ホットスプーン』は気軽にカレーを食べられるお店

『ホットスプーン』は大人気のカレー屋さん

子どもから大人まですべての人が好きと言っても過言ではないグルメがカレーです。いまや日本の国民食と言ってもいいくらい大人気のカレーだけに街には数え切れないくらいのカレー屋さんがあります。特に東京はカレー屋さんの激戦区です。そんな東京で大人気のカレー屋さん『ホットスプーン』をメニューや店舗情報などに触れながらご紹介します。

Original東京のカレーの名店おすすめランキングTOP11!激戦区もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本の国民食と言っても過言ではない「カレーライス」。魅力的な飲食店が多く集まる東京には、もち...

カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー1:牛すじ煮込みカレー

『ホットスプーン』にはいろいろなメニューが用意されていますが、特に人気の看板メニューが「牛すじ煮込みカレー」です。

この「牛すじ煮込みカレー」は来店した人のほとんどが注文するメニューで、迷った時にはぜひこれがおすすめです。じっくり煮込んで牛すじの旨味が溶け込んだ絶品のカレーです。

カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー2:肉2倍牛すじ煮込みカレー

ガッツリ食べたい人におすすめのメニューが『ホットスプーン』の「肉2倍牛すじ煮込みカレー」です。この「肉2倍牛すじ煮込みカレー」は本当にお肉がたっぷり入った食べ応え抜群のメニューです。それこそ「下のルーが見えないくらいお肉がある」と行っても言い過ぎではありません。

カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー3:牛すじ焼きチーズカレー

女性から特に高い人気を誇っているのが『ホットスプーン』の「牛すじ焼きチーズカレー」です。チーズの濃厚さがスパイシーなカレーと組み合わさってとてつもない破壊力のカレーに変貌を遂げます。またチーズがいい具合に辛さをマイルドにしてくれるので辛さが苦手な人にもおすすめです。

カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー4:牛すじ野菜カレー

栄養バランスが気になるヘルシー志向の方におすすめのメニューが「牛すじ野菜カレー」です。この「牛すじ野菜カレー」は牛すじと同じくらい野菜がゴロゴロと入っているボリュームも満点のカレーです。牛すじの旨味と野菜の旨味がバランスよく混ざり合って小さいお子さんにもおすすめのメニューです。

カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー5:インド風チキンカレー

『ホットスプーン』というと牛すじを使ったカレーのイメージが強いですが実はほかにも美味しいカレーがいっぱいあります。

その代表格とも言えるのが「インド風チキンカレー」です。この「インド風チキンカレー」には隠し味としてバターが入っていて、スパイスとバターの香りがクセになります。

カレーショップ『ホットスプーン』の人気メニュー6:1日分の野菜カレー

ダイエット中の方におすすめした『ホットスプーン』のメニューが「1日分の野菜カレー」です。

あえて言うまでもないですがこのメニューは1皿で1日に必要とされている野菜350gを摂取できます。野菜ひとつあたりもかなり大きいので満腹中枢を刺激できるという意味でも痩せたい人におすすめです。

カレーショップ『ホットスプーン』は辛さが選べる

カレー屋さんへ行く時に気になるポイントのひとつが辛さでしょう。辛いものが好きな人からすると「激辛のカレーメニューはあるのだろうか?」という点が気になるはずです。

逆に辛さが苦手な人からすると「激辛ばかりで普通の辛さのメニューはあるの?」と少し心配な人もいるでしょう。

今回ご紹介している『ホットスプーン』では辛さを自由にカスタマイズすることができます。そのため激辛が大好きな人から辛いものが苦手な人まで全員が楽しめるお店と言えます。

カレーショップ『ホットスプーン』では辛さの変更が無料

カレー屋さんのなかには辛さを激辛や甘口に変更する際に別途料金が発生するところもあります。しかしながら『ホットスプーン』では無料で辛さを変えることが可能です。

例えば中辛を甘口に変えるのも無料ですし、逆に中辛を激辛にするのも無料です。この自分好みの辛さに気軽にカスタマイズできる点も『ホットスプーン』が人気の秘密です。

カレーショップ『ホットスプーン』は辛さが5段階

ちなみに『ホットスプーン』の辛さのレベルは全部で5段階です。ここで注意してほしいのが基準となる中辛の数字です。

5段階と聞くと「レベル3が中辛でしょ?」と普通なら考えてしまうところですが実は『ホットスプーン』ではレベル2が中辛です。

ですから「少し辛さを抑えよう」と考えて何となくレベル2にすると思いがけず辛くてびっくりする可能性が高いです。

レベル2が中辛でそこから数字が小さくなるにつれて甘口になり、逆に数字が大きくなるにつれて激辛になります。

ただし激辛好きの人でも初めて『ホットスプーン』に行く場合はレベル4をおすすめします。なぜなら『ホットスプーン』のレベル5は激辛を通り越して超激辛だからです。

『ホットスプーン』の辛さのレベルをまだ知らない人はまずはレベル4の激辛で小手調べをするのが無難です。そしてレベル4の激辛が物足りない時にはそこで初めてレベル5の超激辛にチャレンジしましょう。

カレーショップ『ホットスプーン』はライスの量が選べる

人気のカレー屋さん『ホットスプーン』では辛さだけでなく量も変更することが可能です。しかもご飯の量に関しては無料で変更することができます。

例えば普通盛りのご飯を大盛りにする時に一般的には別途料金が発生しますが 『ホットスプーン』では何とこれがタダです。

また女性のなかには「ご飯はそこまで多くなくていい」という人もいるでしょう。『ホットスプーン』にはそんな人にも嬉しいサービスが用意されていて、ご飯の量を普通盛りから小盛りに変更するとカレーの料金が何と30円引きになります。

ですから『ホットスプーン』はガッツリ食べたい人にも嬉しいお店ですし軽くおなかを満たせればいいという人にも人気です。

カレーショップ『ホットスプーン』ではルーの増量は有料

ただし注意してもらいたいのがご飯の量を変更する分にはお金はかかりませんが、カレールーの増量に関しては別途お金が必要です。

カレーのルーを増やしたい時にはプラス200円支払うことでボリュームを1.5倍にすることができます。このようにご飯とカレールーとでは大盛りにした時の扱いが違うのでここは気を付けましょう。

カレーショップ『ホットスプーン』はテイクアウトOK

忙しくて来店する時間がないという人には『ホットスプーン』のテイクアウトもおすすめです。店舗によって多少の違いはありますが『ホットスプーン』は比較的小ぢんまりとしたカレー屋さんです。

そのためランチ時などになるとあっという間に満席になります。タイミングによっては店舗の外に行列ができることも珍しくありません。

そんな時に重宝するのがテイクアウトです。テイクアウトであればそこまで待ち時間をかけずにカレーを受け取れます。

それこそお客さんの少ない頃合いに運よく当たればものの数分でテイクアウト用のカレーが出てきます。テイクアウトは忙しい時には非常にありがたいサービスです。

また会社でランチミーティングをしたい時にもおすすめです。カレーは片手で簡単に食べられるのでテイクアウトは覚えておくといろいろなシーンで使えます。

カレーショップ『ホットスプーン』の店舗情報1:五反田店

『ホットスプーン』は東京を中心に全部で4店舗あります。まずご紹介するのが『ホットスプーン』の五反田店です。

この『ホットスプーン』五反田店は五反田駅の本当に目と鼻の先にある店舗なので時間が限られる時でもふらっと食べに行けます。

ちなみに五反田駅はJR山手線だけでなく東急池上線や都営地下鉄浅草線などいろいろな路線が乗り入れているのでいろいろな場所から食べに行ける店舗です。

ちなみに『ホットスプーン』五反田店の営業時間は午前11時から午後23時までとなっています。五反田店は通し営業なので少し遅い時間にランチをするといった使い方もOKです。

ただし『ホットスプーン』の五反田店は駅地下の店舗なのでお客様専用の駐車場がありません。そのため五反田店に来店する場合には電車などを使って行くのがおすすめです。五反田店ではテイクアウトもできます。

住所 東京都品川区東五反田1-14-8KCビル(1F)
電話番号 03-3441-1552

カレーショップ『ホットスプーン』の店舗情報2:丸の内店

東京にお住いの方や東京で働いている方はもちろん、東京に遊びに来た人にもおすすめできる『ホットスプーン』の店舗が丸の内店です。

この丸の内店は最寄り駅自体は大手町駅なのですが、東京駅からも十分に徒歩圏内なのでかなり気軽に行ける店舗です。

もし東京駅から歩いて『ホットスプーン』丸の内店へ行く場合にはまず東京駅の丸の内中央口から外へ出ましょう。

そしてすぐ目の前にある横断歩道を渡って新丸ビルの脇を右へ曲がります。すると2ブロックくらい歩いたところに永楽ビルディングがあるのでそこに入ります。

するとそのビルの地下に目的地である『ホットスプーン』丸の内店があります。ただし駅と直結しており改札からも数十秒で行けるので可能ならば大手町駅からのアクセスがおすすめです。

『ホットスプーン』丸の内店の営業時間は午前11時から午後23時までで、毎週日曜日と祝日が定休日です。嬉しいことに『ホットスプーン』の丸の内店はテイクアウトもOKです。

住所 東京都千代田区丸の内1-4-1丸の内永楽ビルディング(B1F・iiyo!!内)
電話番号 03-6273-4240

カレーショップ『ホットスプーン』の店舗情報3:西新宿店

東京屈指のターミナルである新宿にも『ホットスプーン』の店舗があります。それが『ホットスプーン』の西新宿店です。

JRの新宿駅から『ホットスプーン』の西新宿店までは約300mほどで、西口からなら5分くらいで到着できます。

もちろん新宿にはJRのほかにもいろいろな路線が通っていますからそれらからアクセスするのも大丈夫です。

『ホットスプーン』西新宿店の営業時間は午前11時から午後23時までで、ありがたいことに定休日はありません。

そのため普段はなかなかいけない人は日曜日や祝日を使って『ホットスプーン』の西新宿店へ行くのがおすすめです。忙しい方はテイクアウトも便利です。

住所 東京都新宿区西新宿1-12-7阿部ビル(2F)
電話番号 03-3345-1688

カレーショップ『ホットスプーン』の店舗情報4:東京ドームシティ店

東京ドームシティは東京ドームを中心として遊園地などいろいろな商業施設が並ぶ人気のスポットです。そんな東京ドームシティのフードコート内にも『ホットスプーン』の店舗があります。

それが『ホットスプーン』東京ドームシティ店です。フードコート内の店舗なのでかなり多くの座席が用意されており、大人数でカレーを食べたい時にもおすすめです。

また東京ドームシティ店にはほかの店舗とは違う点がひとつあり、それがドリンクの持ち込みがOKである点です。

またオープンテラスの座席もあるので天気のいい人はテイクアウトをして太陽の下で食べるのもグッドです。『ホットスプーン』東京ドームシティ店の営業時間は基本的には午前10時から午後22時30分までです。

ただし「基本的には」とつけたのは季節によって微妙に営業時間が変わるからです。そのため来店する際は営業時間に注意してください。

住所 東京都文京区後楽1-3-61東京ドームシティー
電話番号 03-6801-5909

『ホットスプーン』は気軽にカレーを食べられるお店

五反田を中心に店舗を展開している『ホットスプーン』はランチ時になると行列もできる人気のカレー屋さんです。回転率がいいので多少混雑していてもすぐに食べられますしテイクアウトもOKです。非常に使い勝手のいいお店なのでふとカレーを食べたくなった時には『ホットスプーン』が一押しです。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
おまあす

東京都の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

東京都の新着のまとめ