サバゲーが楽しめる東京のフィールド9選!初心者も楽しめる屋内・屋外施設は?

2019年2月24日 (2019年3月28日最終更新)

サバゲーとは「サバイバルゲーム」の略であり、最近は東京にも気軽にサバゲーが楽しめるフィールドがたくさん作られています。例えば池袋や秋葉原といった東京都心には屋内のサバゲーフィールドがありますし、八王子などの郊外には自然を舞台にした屋外フィールドもあります。

目次

  1. 東京にはサバゲーを楽しめるフィールドがいっぱい
  2. サバゲーって何?
  3. サバゲーのルールは?
  4. サバゲーはどんな人におすすめ?
  5. 東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報1:ASOBIBA秋葉原店
  6. 東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報2:ASOBIBA池袋店
  7. 東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報3:BravePoint台場店
  8. 東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報4:MMS
  9. 東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報5:ASOBIBA新木場
  10. 東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報6:TENKOO
  11. 東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報7:OPS
  12. 東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報8:天狗山
  13. 東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報9:新島スポーツサバイバル
  14. 東京でサバゲーをする時の注意点は?
  15. 東京は気軽にサバゲーを楽しめる

東京にはサバゲーを楽しめるフィールドがいっぱい

いま若い人たちの間でひそかに人気になりつつあるアクティビティーがサバゲーです。今回は東京でサバゲーが楽しめるフィールドを9か所ほどご紹介します。屋内のサバゲーフィールドや屋外のサバゲーフィールド、ほかにも子供などの初心者でもOKのサバゲーフィールドや料金が安いサバゲーフィールドも一挙大公開します。

サバゲーって何?

サバゲーとは「サバイバルゲーム」の略です。BB弾を詰めたエアソフトガンを用いて射撃戦を戦うアクティビティーで、非日常的な時間を過ごしたい人に人気の遊びです。

ご存知の通り日本では銃の所持が禁止されており、それだけにサバゲーは日常生活では味わえないスリリングさが魅力です。

Originalサバゲー初心者におすすめの装備・服装は?ゲーム参加時の注意点も紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
装備を身にまとい、チームでゲームを楽しむ人気の「サバゲー」。初心者がサバゲーに参加する際は、...

サバゲーのルールは?

サバゲーは敵味方にわかれてエアソフトガンを打ち合い、弾を当てたら勝ちで逆に弾に当たったら負けという非常にシンプルなゲームです。

ただしサバゲーでは当たったかどうかの判断は自己申告制なのでこの部分で意外とよくもめます。そのため大会ごとにいろいろなルールがあり、そういった理解も大切になります。

サバゲーはどんな人におすすめ?

サバゲーというと「男性の遊び」というイメージの人も多いでしょう。しかし最近では子供や女性のプレイヤーも多いです。

少し前までは子供はお断りのサバゲーフィールドがほとんどでしたが、最近では子供や女性をはじめとした初心者向けの講習を行っているサバゲーフィールドも増えています。

Originalサバゲー女子必見!かわいい&かっこいい服装・装備や初心者も楽しむ方法紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
若者を中心に人気を集めているサバイバルゲーム、略して「サバゲー」。女子の参加者も多く、性別問...

東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報1:ASOBIBA秋葉原店

東京にはサバゲーを楽しめるフィールドがたくさんありますが、そのなかでも特にアクセスしやすいのが『ASOBIBA秋葉原店』です。

秋葉原と言えばいまや世界的にも名の知れたオタクの聖地ですが、そんな多くの人でにぎわうなかに『ASOBIBA秋葉原店』はあります。

屋内フィールドの『ASOBIBA秋葉原店』の最大の魅力は何といってもアクセスの良さです。JRの秋葉原駅から5分という最高の立地に『ASOBIBA秋葉原店』はあり、都心にいながらサバゲーで非日常的な時間を過ごせます。

さらに『ASOBIBA秋葉原店』はサバゲー初心者にもおすすめのフィールドです。『ASOBIBA秋葉原店』ではサバゲーを初心者向けの講習を随時開催しており、ひとりからでも参加できます。

サバゲーに精通したスタッフが手取り足取り教えてくれるので初心者でも安心して楽しめますし、サバゲーの道具をレンタルできるのも嬉しいポイントです。料金も5時間で4500円と都心にある屋内フィールドであることを考えると安いです。

ただし『ASOBIBA秋葉原店』では18歳以下の子供の利用は承っていないので、子供と一緒に遊びたい場合だけは注意です。

住所 東京都千代田区外神田3-1-16ダイドーリミテッドビル(2F)
電話番号 03-3527-1743

東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報2:ASOBIBA池袋店

東京にあるサバゲーのフィールドのなかでアクセスの良さを語るのであれば『ASOBIBA池袋店』も外せません。

この『ASOBIBA池袋店』は先ほどご紹介したASOBIBA秋葉原店と同じ系列のサバゲーフィールドになります。東京屈指のターミナルである池袋の繁華街にある屋内サバゲーフィールドで、都内はもちろん埼玉をはじめとしたほかの地域の方にもおすすめです。

ちなみに『ASOBIBA池袋店』は先ほどの秋葉原の屋内サバゲーフィールドと違い「大人のサバゲー」をコンセプトにしています。

光と音をテーマにした「地下アジト」をモチーフにしたフィールドが用意されており、薄暗い怪しい雰囲気のなかでサバゲーを楽しめます。

そのため『ASOBIBA池袋店』は普段以上にスリリングなサバゲーを楽しめる人気の屋内フィールドです。一方で『ASOBIBA池袋店』も初心者向けの講習を開催しているので初めてでも大丈夫です。

また『ASOBIBA池袋店』にはいろいろな割引プランが用意されており、安い料金でサバゲーを楽しめるのも魅力です。例えば普段なら5000円のところがレディースデーだと2000円という驚きの安さになります。

ただしこちらの『ASOBIBA池袋店』も18歳以下の子供の入店はお断りされるので気を付けてください。

住所 東京都豊島区南池袋3-9-5サトミビル(地下2F)
電話番号 03-6907-0336

東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報3:BravePoint台場店

東京のサバゲーフィールドとして密かに人気を集めているのが『BravePoint台場店』です。この『BravePoint台場店』はゆりかもめのお台場海浜公園駅から歩いてすぐの場所にある屋内サバゲーフィールドになります。

気軽に遊べるサバゲースポットなので『BravePoint台場店』は初心者や子供にもおすすめです。古代遺跡をモチーフにした屋内サバゲーフィールドはとてもおしゃれなのでデートに利用するカップルもいます。

また『BravePoint台場店』の魅力は施設利用料金が安い点です。1番人気の3時間プランは3000円と子供でも手が届く安い料金設定です。また4時間になると料金が3800円とさらに安いです。

住所 東京都港区台場1丁目6-1デックス東京ビーチアイランドモール(5F)
電話番号 03-3599-2115

東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報4:MMS

東京の大都会のひとつである新宿にも屋内サバゲーフィールドがあり、それが今回ご紹介する『MMS』です。

この『MMS』は「東京都心で気軽に手軽にサバゲーを楽しめる施設」をモットーにしており、その言葉通り例えば仕事や学校の終わりにふらっとサバゲーに行くことも可能です。

また『MMS』は都心にありながら料金が3800円と安いのも特徴で、みんなでワイワイするのもいいですしサバゲーのトレーニングをしたい人にもおすすめです。ちなみに『MMS』は18歳以下の子供でもOKです。

住所 東京都新宿区北新宿4-1-9-B1
電話番号 03-6304-0539

東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報5:ASOBIBA新木場

広々としてフィールドでサバゲーを楽しみたい時におすすめの東京の施設が『ASOBIBA新木場』です。

この『ASOBIBA新木場』は倉庫街にある2層構造の立体的なフィールドが売りで、いろいろな角度から攻撃できる本格的なサバゲーが楽しめます。

また時間内であれば途中から参加したり、逆に途中で退席したりできるのもありがたいサービスです。

手ぶらでOKの安いレンタルプランなどもあるので気軽さやアクセスの良さを考えるとかなりコスパのいい東京のサバゲーフィールドです。ただし18歳未満の子供は利用不可です。

住所 東京都江東区新木場1丁目2-17
電話番号 03-6457-0019

東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報6:TENKOO

サバゲーの醍醐味と言えば大自然のなかでバトルすることですが、東京にも少し郊外へ行けばそういったフィールドが意外とたくさんあります。

例えば八王子にある『TENKOO』です。ここ『TENKOO』は砂利を敷き詰めた中東のなかにある街を思わせるような屋外サバゲーフィールドです。

『TENKOO』は市街地戦をほうふつとさせるような屋外フィールドで、コンテナやバリケードが豊富なので攻撃と防御の双方を楽しみたい人におすすめです。

ほかにも『TENKOO』は東京の郊外にある屋外サバゲーフィールドなので料金が安いです。男性は3500円ですが、女性は2500円とさらに安いです。ちなみに18歳以下の子供は利用できません。

住所 東京都八王子市高月町2205
電話番号 080-4465-5216

東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報7:OPS

本格的なサバゲーを楽しみたいのであれば東京の『OPS』がおすすめです。ここ『OPS』は屋外のサバゲーフィールドなのですが、何といっても最大の特徴は森林のなかにフィールドが用意されていることです。

『OPS』は東京都内では最大規模の屋外サバゲーフィールドで、迷彩服を着れば気分は観戦に兵隊です。初心者向けの定例会もあり、料金も安いのでサバゲーが好きなら一度は利用したいフィールドです。

住所 東京都稲城市坂浜734
電話番号 090-2495-6049

東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報8:天狗山

大自然のなかでサバゲーを楽しみたいのであれば『天狗山』もおすすめです。この『天狗山』は屋外の自然のなかにサバゲーフィールドが創られています。

『天狗山』の屋外サバゲーフィールドはアップダウンが激しく、川まであるので正真正銘の屋外戦を楽しめます。

また屋内のサバゲーフィールドは近距離戦になることが多いのですが、『天狗山』は広大な屋外フィールドなので長距離戦のサバゲーも満喫できます。

住所 東京都八王子市戸吹町580
電話番号 080-7815-8980

東京でサバゲーが楽しめるフィールド情報9:新島スポーツサバイバル

初心者を脱すると屋内フィールドはもちろん、ちょっとした屋外フィールドでも満足できなくなってきます。そんな初心者を卒業した人におすすめなのが『新島スポーツサバイバル』です。

ここ『新島スポーツサバイバル』は新島をまるまる使ったサバゲーが楽しめます。渡航費等を入れると安いわけではないですが、本格さを重視するなら一押しです。

住所 東京都新島村
電話番号 090-4929-3096

東京でサバゲーをする時の注意点は?

サバゲーをする時には当然注意しないといけない点がたくさんあります。やはり最も大切なのが服装です。本物の銃ではないとは言えサバゲーの銃もそれなりに威力があります。

そのため体を守るためにゴーグルは必須で、衣類も肌の露出しないものがおすすめです。また体にぴったりフィットするサイズを選ぶのも大事です。特に子供は成長によって適するサイズが変わりやすいので注意です。

東京は気軽にサバゲーを楽しめる

サバゲーは周りに迷惑がかかることから必ず専用のフィールドで遊ぶ必要があります。それを考えるとサバゲーのフィールドがたくさんある東京は非常に恵まれた環境と言えるでしょう。サバゲーと聞くとどうしても敷居の高いものと感じる人もいるようですが、初心者講習などもあるので思い切って参加してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
おまあす

東京都の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

東京都の新着のまとめ