目黒の銭湯おすすめ7選!各施設の営業時間や料金もご紹介!

2019年3月3日 (2019年3月11日最終更新)

様々な銭湯がありますが、昔ながらの懐かしいイメージや新しさを取り入れた銭湯などがあります。特に、下町文化を感じられる目黒区には、様々な銭湯が気軽に利用できるので銭湯が好きな方におすすめです。そこで、目黒区にスポットを当て、おすすめの銭湯を7選ご紹介します。

目次

  1. 目黒区の銭湯おすすめ7選!気軽に銭湯を楽しもう!
  2. 目黒の銭湯事情とは?
  3. 目黒の銭湯①【みどり湯】
  4. 目黒の銭湯②【文化浴泉】
  5. 目黒の銭湯③【光明泉】
  6. 目黒の銭湯④【大黒湯】
  7. 目黒の銭湯⑤【効明泉】
  8. 目黒の銭湯⑥【大塚湯】
  9. 目黒の銭湯⑦【千代の場】
  10. 料金も一律!目黒で人気の銭湯を満喫しよう

目黒区の銭湯おすすめ7選!気軽に銭湯を楽しもう!

銭湯のイメージは、タイル貼りの浴室や、レトロな雰囲気の番台が思い浮かぶ方が多いでしょうか。昔ながらの銭湯とは言え、温泉が湧いているところもあり、銭湯に行く楽しみもできます。どの年齢の方も入りやすいように改築されたりしているようです。

そこで、目黒区にスポットを当て、おすすめしたい銭湯を7選をご紹介します。場所や営業時間、銭湯のおすすめポイントなどを合わせてご紹介します。安い料金で気軽に楽しめる銭湯の魅力を再発見してはいかがでしょうか。

Yama dsc1995 tp v東京都内の日帰り温泉&銭湯を紹介!おすすめ施設でのんびり!安いのは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
温泉といえば都会から離れるイメージですが、じつは東京都内にも天然温泉施設はたくさんあります。...

目黒の銭湯事情とは?

スーパー銭湯が流行っている中で、昭和のノスタルジックな雰囲気を感じさせる銭湯や、リニューアルして車椅子で入場できる銭湯もあります。昔ながらのペンキ絵にホッとしたり、熱めのお湯があるのも魅力です。安い料金で、利用できるのも魅力です。

東京都浴場組合登録の銭湯は11軒

目黒区の銭湯は、東横線の沿線を中心にして営業しているのですが、沿線から少し離れた住宅地にもあります。銭湯に一歩足を踏み入れると、ノスタルジックな雰囲気を感じさせる銭湯が多くあります。

東京都浴場組合に登録されている銭湯は、11軒あります。この11軒の銭湯のうち、7軒にサウナがあります(うち1軒は休業中)。スーパー銭湯のようなスペックが高い銭湯に足を踏み入れることが苦手でも、ふらりと入ることができる銭湯が多いです。

東京都浴場組合の料金は一律

東京都浴場組合に登録されている銭湯は、料金が一律となっているため、同じ料金で様々な特徴のある銭湯を利用できるのがとても魅力的です。スーパー銭湯より安いので気軽に入りやすいです。

料金は、大人(12歳以上)460円・中人(6歳から12歳まで)180円・小人80円(6歳未満)となっています。目黒区と言う都心にあるのにもかかわらず、安い料金で利用できます。銭湯によっては、サウナがある場所もありますが、サウナの料金は利用する場所によって違います。

目黒区の入浴補助制度

目黒区には、行政と連携している入浴補助制度があります。「親子ふれあい入浴デー」では、目黒区内在住の小学生以下のお子さんと保護者がペアで来店すると、入浴料が無料となります。ふれあい入浴デーは、毎月第2日曜日の実施されています。

他にも、「めぐろリフレッシュ湯」があり、60歳以上の目黒区民の方を対象にしているサービスがあります。1年に1回、本人確認ができる公的書類等をお持ちになって、会員登録をすると、月に4回まで、220円で入浴することができます。安い料金で入浴できるので、登録をおすすめします。

補助制度に関係なくお得に入浴をしたいのであれば、「共通回数券」の購入をしてはいかがでしょうか。10枚綴りで430円と、1回あたりの入場料金より安い料金で利用できます。

Original東京のスーパー銭湯は安い!おすすめの早朝営業店や24時間営業の駅近店をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
眠らない街東京には、スーパー銭湯があちこちに点在しています。最近のスーパー銭湯は施設も素晴ら...

目黒の銭湯①【みどり湯】

目黒区・みどり湯は、現在4代目と歴史の長い銭湯です。4代目オーナーは女性です。人とのつながりとリラックスを大切にされているとのことで、リニューアルをしました。銭湯の隣にはギャラリーが、2階には茶室があります。アメニティが豊富なので、人気の高い銭湯です。

【みどり湯】の特徴・おすすめポイント

目黒区・みどり湯では、「三助体験」ができます。三助とは、浴室で背中を流して、マッサージをする方です。緑湯で三助体験ができるのは月に1回で、ホームページから予約もできます。予約をすると確実ですので、体験されてはいかがでしょうか。

所在地

目黒区・みどり湯の最寄り駅は、東急東横線・大井町線の「自由が丘駅」です。自由が丘駅からは、徒歩で7分ほど移動します。駐車場が無いため、近くの提携駐車場を利用します。「パークジャパン緑が丘第1駐車場」です。

住所 東京都目黒区緑が丘2-7-14
電話番号 03-3137-4516

営業時間・定休日

目黒区・みどり湯の営業時間です。14時15分から24時までとなっております。24時に閉店をするため、5分前には帰り支度が済んでいるようにとのことです。定休日は木曜日となっております。

料金

目黒区・みどり湯の利用料金です。大人460円・中学生300円・小学生180円・こども80円となっています。こどもについては、大人1人に付き、1人無料で入浴できます。ちょっと立ち寄って入浴をしたい方は、レンタルタオルやアメニティもあるので、必要な分を購入することができます。

サウナの利用もできます。サウナの利用料金は別途200円が必要になります。都心の銭湯で銭湯とサウナを合わせても1000円以下で利用できるのは安いです。サウナは男女各浴室にあります。

目黒の銭湯②【文化浴泉】

目黒区・文化浴泉は、池尻大橋駅から徒歩で数分の場所にあり、アクセスしやすい立地にあるため、仕事帰りの方や若い方が多く利用されています。2011年にフルリニューアルされており、浴室には富士山の丸い形の絵があります。

【文化浴泉】の特徴・おすすめポイント

目黒区・文化浴泉の特徴は、「ナノ湯」です。ナノバブルを豊富に含んでいるとのことです。小さな気泡は毛穴にも入り込むので、洗浄効果が期待できます。他にも、ダイエット効果、エステ効果など、女性に嬉しい効果が期待できます。

毎週日曜日に、ナノ湯が薬湯に変わるので、それを楽しみに来店される方も少なくないです。ローズマリーやヨモギ、変わった薬湯ですとチョコレート湯もあります。ホームページでおしらせがあるので、チェックされてはいかがでしょうか。

所在地

目黒区・文化浴泉は、田園都市線・池尻大橋駅から徒歩で5分ほどで到着します。文化浴泉の専用駐車場が無いので、車での来店の際は、近くにある有料駐車場を利用することになります。

住所 東京都目黒区東山3-6-8
電話番号 03-3792-4126

営業時間・定休日

目黒区・文化浴泉の営業時間です。15時30分から25時までとなっています。遅くまで営業しているので、平日は仕事帰りの方がよく利用しているようです。日曜には朝湯があり、人気があります。定休日は無く、不定休となっております。お休みの際は事前にお知らせがあるので、ホームページで確認することをおすすめします。

料金

目黒区・文化浴泉の利用料金です。大人(中学生以上)460円・中人(小学生)180円・小人(6歳未満)80円となっています。仕事帰り等に立ち寄っても手ぶらセットがあるので安心です。手ぶらセット(フェイス用貸しタオル・アメニティ)は、入浴料と合わせて550円となっています。

貸しタオルはボディ用100円、フェイス用50円で、安い料金で借りることができます。備え付けのアメニティはありませんが、使い切りタイプで購入できるので安心です。サウナも利用でき、別途300円が必要です。

目黒の銭湯③【光明泉】

2014年にリニューアルして、昔ながらの銭湯からスタイリッシュな銭湯に生まれ変わった光明泉です。全面的に白が基調となっている、明るく清潔感のある銭湯です。中目黒駅から徒歩で移動できるほどの駅近で、仕事帰りやスポーツの後に立ち寄るのも良さそうです。

【光明泉】の特徴・おすすめポイント

小さな気泡を含む炭酸泉、関節痛や神経痛に効くと言われる人工ラジウム泉、水風呂、大風呂があります。どのお風呂も、湯温は比較的ぬるめなので、ゆっくりと長くお湯に浸かりたい方におすすめです。

特におすすめしたいのが露天風呂です。人気の高い露天風呂は、3Fのテラスにあり、温泉旅館のような印象を受けます。外の風に当たり、電車の音を聞きながら、ゆったりと入浴されてはいかがでしょうか。どちらか一方になるため、毎週金曜日に男女が入れ替わります。

所在地

目黒区・光明泉は、中目黒駅から徒歩3分という、良い立地に位置しています。都心にある銭湯なのでアクセスが抜群に良いです。東急東横線、東急メトロ日比谷線「中目黒駅」で下車します。

住所 東京都目黒区上目黒1-6-1
電話番号 03-3463-9793

営業時間・定休日

目黒区・光明泉の営業時間です。15時から25時までとなっています。最終入場は24時30分までとなっておりますので、遅くまで入浴することができます。定休日は、不定休となっており、定休日はありません。来店前に営業日や定休日の確認をおすすめします。光明泉のホームページや電話で確認できます。

料金

目黒区・光明泉の利用料金です。大人(中学生以上)460円・小学生180円・未就学児80円となっています。サウナを利用される方は、別途200円が必要になりますが、都心の銭湯のわりに安い料金で利用できます。

フラリと立ち寄って入浴する方には、レンタルタオル(バスタオル・フェイスタオル100円)、フェイスタオル(30円)や、アメニティ(20円から)もあり、安い料金で利用できます。何も持っていなくても入浴ができるので、タオルやアメニティが充実しているところは人気があります。

目黒の銭湯④【大黒湯】

目黒区・大黒湯は、昔ながらの雰囲気を持ち、時の流れがゆっくりとしているような佇まいをしています。どちらのお湯からも富士山が見えます。プラスチックの桶が多いのですが、大黒湯ではひのきの桶を使っているで、お風呂の中はいい香りがしています。

【大黒湯】の特徴・おすすめポイント

大黒湯は、タイル張りでペンキ絵がある、ノスタルジックな佇まいが人気です。しっかりと手入れをされた浴室は、鏡やタイルがピカピカに磨かれており、背景が写り込むほどです。清潔感が抜群に高い銭湯で人気があります。

超音波風呂や気泡風呂、ジェットバスもあります。熱湯風呂など、いくつもの浴槽を楽しむことができます。ひのきの桶は毎年新調されており、いい香りと音が浴室に広がり、心地よさを感じることができます。この心地よさが人気です。

所在地

大黒湯の場所は、東急東横線・祐天寺駅から徒歩で7分、東急東横線・東京メトロ日比谷線・中目黒駅から徒歩で13分の場所にあります。祐天寺駅からでも中目黒駅からでもアクセスでき、中目黒駅から桜を眺めながら歩くのもおすすめです。

住所 東京都目黒区上目黒4-25-10
電話番号 03-3712-2641

営業時間・定休日

目黒区・大黒湯の営業時間です。営業時間は、15時から翌0時までとなっています。23時閉店が多い中で、遅くまで営業しているので、ゆっくりと入浴することができます。定休日は毎週月曜日となっています。

料金

目黒区・大黒湯の利用料金です。大人(中学生以上)460円・小人(小学生以下)180円となっています。手ぶらで入浴できる「手ぶらセット」もあるので、ふらりと立ち寄って、入浴できます。

目黒の銭湯⑤【効明泉】

目黒区・祐天寺駅から近い場所にある効明泉です。銭湯に描かれているの絵は富士山が多いのですが、こちらの銭湯は、男湯にマッターホルンが、女湯にシャモニーが描かれているのが特徴です。山好きの方にゆっくりと眺めて頂きたいです。

【効明泉】の特徴・おすすめポイント

目黒区・効明泉の特徴は、麦飯石湯(ばくはんせきゆ)というお風呂で、麦飯石を通したお湯を浴槽に入れています。麦飯石湯は、身体が温まりやすいので冷え性の方におすすめで、特に女性に人気の高いお風呂です。ちなみに、麦飯石湯は、昔から皮膚病を治す漢方薬として利用されていました。

他に、超音波風呂やジャグジー式の座風呂があります。男湯にはサウナもありますが、現在は休業しているとのことです。

所在地

目黒区・効明泉は、東横線・祐天寺駅より徒歩で3分ほどの場所にあり、駅から近い良い立地にあります。祐天寺の住宅地の中にあり、昔ながらの外観をもつ銭湯です。無料駐車場もあるので車で来店できますが、周囲は一方通行となっていますのでお気を付け下さい。

住所 東京都目黒区祐天寺2丁目20番3号
電話番号 03-3712-8238

営業時間・定休日

目黒区・効明泉の営業時間です。やや遅めの16時から23時30分までとなっています。定休日は、毎月9日・19日・29日と、日付の定休日となっており、日・祝日の場合は営業し、翌日がお休みとなります。曜日の定休日ではないので、来店する際はお気を付け下さい。

料金

目黒区・効明泉の利用料金は、大人(中学生以上)460円・小人(小学生以下)180円となっています。お風呂セットがなくても、タオルやアメニティを購入できますので、気軽に入れるのも嬉しいです。サッと使える手ぶらセットもあります。

目黒の銭湯⑥【大塚湯】

目黒区・祐天寺駅から徒歩で12分と、駅から少し離れた住宅地にある銭湯「大塚湯」です。大塚湯は、マンションの1階にあり、少々変わった外観をしています。マンションの扉を開けて入るタイプの銭湯です。

【大塚湯】の特徴・おすすめポイント

浴室は、白を基調としているシンプルな造りで、昭和感が感じられます。ノスタルジックな雰囲気で、地元の方に愛されている銭湯です。日曜日は朝湯もあり、人気のある銭湯で、地元の方が多く利用しています。

目黒区・大塚湯の特徴は、何と言っても「熱いお湯」でしょうか。温度設定は45度くらいと、かなり高めの湯温です。熱い湯に浸かりたい方におすすめです。他にも、ゆったりめで4人分のスペースがある超音波ジェットバスも人気で、肩の疲れを癒したい方がよく利用しているようです。サウナも人気です。

所在地

目黒区・大塚湯は、祐天寺駅から徒歩で移動すること12分ほどの場所にあります。バスでのアクセスをお考えの方は自然園下停留所で下車し、徒歩で5分ほど移動します。アクセスが良いとは言い切れないのですが、落ち着いた雰囲気が良く、利用される方が多いです。

住所 東京都目黒区目黒4丁目21番19号
電話番号 03-3791-0346

営業時間・定休日

目黒区・大塚湯の営業時間です。営業時間は、15時から23時までとなっています。日曜日は朝湯の営業があり、8時から11時までとなっています。朝湯を利用される方は、10時30分までにご入場下さい。日曜の朝にリフレッシュしてはいかがでしょうか。定休日は毎週土曜日となっています。

料金

目黒区・大塚湯の利用料金です。大人(中学生以上​)460円・小人(小学生以下)180円となっています。 ボディーソープ等は置いていないので自分で持ちこみますが、忘れても40円くらいから販売しているので安心です。何もお持ちではない方に手ぶらセットもあります。

目黒の銭湯⑦【千代の場】

目黒区・鷹番にある「千代の湯」は、平成22年1月にリニューアルされ、地域と繋がる銭湯と言うテーマを持っています。デイサービスで車椅子で温泉に入ることができる銭湯です。浴室はきれいにリニューアルされ、明るく広々としています。浴室には富士のペンキ絵があり、昭和を感じさせる部分が残されています。

【千代の場】の特徴・おすすめポイント

目黒区・千代の湯には、様々なお湯を楽しむことができます。軟水風呂の他に、炭酸泉風呂・水風呂・座風呂・電気風呂・ボディージェットがあります。軟水風呂は、美肌と健康を取り戻すと言われ、水の宝石とも言われているのだとか。人工的に再現した炭酸泉は血行促進効果が高く、女性に優しいお湯となっています。

所在地

目黒区・千代の湯の所在地は、目黒区鷹番にあります。最寄り駅は、東横線・芸術大学駅で、駅から160mほどいどうします。移動時間は2分ほどとなっています。祐天寺駅から920m、都立大学駅から1600mほどの位置にあります。

住所 東京都目黒区鷹番2-20-3
電話番号 03-3712-1271

営業時間・定休日

目黒区・千代の湯の営業時間です。15時30分から25時までとなっており、深夜の遅い時間まで営業しているので、ゆっくりと入浴することができます。定休日があり、毎週月曜日となっています。

料金

目黒区・千代の湯の利用料金です。大人(中学生以上)460円・中人(小学生まで)180円・小人(小学生未満)80円となっています。安い料金でどの浴槽も楽しめるのが魅力です。千代の湯では、日曜と祝日はめぐろリフレッシュ湯が利用できないこと、3月で親子ふれあい入浴デーが終了しますので、お気を付け下さい。

料金も一律!目黒で人気の銭湯を満喫しよう

東京都・目黒区の人気銭湯をご紹介しました。様々な銭湯があり、サウナを利用できる場所もあります。大きなスーパー銭湯には入りにくいと感じている方も、昔ながらの下町の雰囲気を感じられる銭湯なら利用しやすいです。料金が安いですし、東京都浴場組合に登録されていると一律料金で利用できます。

銭湯によって雰囲気や利用できる施設も違うので、銭湯の個性を感じることもできます。あちこちの銭湯に入ってみて、自分のお気に入りの銭湯を見つけることも楽しいです。目黒区の銭湯へ足を運んではいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
kana

広尾・白金・目黒の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

広尾・白金・目黒の新着のまとめ