りんごバターのおすすめ銘柄まとめ!使い方や美味しい食べ方・賞味期限は?

2019年3月3日 (2019年3月5日最終更新)

最近大注目となっているりんごバターについてご紹介させていただきます。長野県で発売されたりんごバターはSNSを始め話題となっています。数ある種類の中からおすすめのりんごバターをピックアップしてみます。また気になる使い方や食べ方、賞味期限までをまとめて紹介します。

目次

  1. 朝の朝食におすすめのりんごバター
  2. りんごバターとは?
  3. りんバターはSNSで話題となり大人気
  4. りんごバターには種類がある
  5. 甘いりんごバターがお好みの方は糖度で選ぶ
  6. 食感が色々あるりんごバターのフレーバー
  7. りんごバターのおすすめ1:果実まるごとジャム・信州産ふじりんごバター
  8. りんごバターのおすすめ2: 信州物産りんごバター
  9. りんごバターのおすすめ3:りんごはちみつバター
  10. りんごバターのおすすめ4:プレミアムりんごバター国産りんご使用
  11. りんごバターのおすすめ5:紅玉りんごバター
  12. りんごバターのおすすめ6:国産角切りりんご入り・りんごバター
  13. りんごバターのおすすめ7:津軽完熟林檎青森りんごとバター
  14. りんごバターのおすすめ8:果実まるごとジャム信州産ふじキャラメルりんごバター
  15. りんごバターのおすすめ9:信州産りんご使用・りんご&バター
  16. りんごバターのおすすめ10:プレミアムりんごバター
  17. りんごバター使い方やアレンジ
  18. りんごバターの作り方
  19. りんごバターの賞味期限
  20. 絶品の美味しいりんごバターをゲット

朝の朝食におすすめのりんごバター

朝の朝食におすすめのりんごバターについて今回ご紹介させていただきます。各ご家庭では朝食がパンの習慣になっている方は、バターやジャム等それぞれお気に入りがあります。

また毎日の朝食で同じバターやジャムは飽きてくる事もありますので、そんな時におすすめなのがりんごバターです。

長野県のツルヤのお店がりんごバターを発売して、徐々に口コミやリピート率が多くなり現在では大人気商品となっています。

今回りんごバターの人気商品について、更にジャムの使い方や食べ方や賞味期限までをまとめてご紹介させていただきます。

りんごバターとは?

まず初めにりんごバターについてご紹介させていただきます。最近話題のりんごバターとはその名の通り、リンゴと砂糖を煮立ててジャム状にした中にバターを加えたジャムとなります。

様々なジャムの種類がたくさんありますが、その中でも一般的に販売されているリンゴジャムにバターが加わる事で濃厚でまろやかな味わいでとても美味しいと評判になっています。

甘いりんごジャムにバターを入れる事によってコクが増し、濃厚な絶品ジャムです。リンゴとバターの相性がこんなにも美味しくなるのかと改めて実感させられるジャムです。

朝食に食べるパンにバターもリンゴジャムもとても相性が良く、人気の種類となりますが甘くて濃厚でまろやかな味で更にレベルアップした朝食を楽しむ事ができます。

りんごバターは最近話題となっているので、各スーパーやお店でも取扱いしているお店が急上昇しています。

しかし自分が住んでいる地域ではまだりんごバターを販売しているお店がない方でも、直接メーカーのホームページから購入できます。

その他にもAmazonや楽天やYahooの通販サイトでも購入する事ができます。朝の朝食が楽しみなる様なそんなりんごバターをゲットしてみましょう。

またお料理好きの方はりんごバターをご自宅で作る事も可能です。りんごバターの作り方も簡単なので、後々りんごバターの作り方についてもご紹介させていただきます。

りんバターはSNSで話題となり大人気

続いてりんごバターはSNSで話題となり大注目されています。長野県発祥の美味しいりんごバターが有名なお店ツルヤのお店を始め、たくさんのメーカーからりんごバターが発売されています。

りんごバターは長野県のお土産で販売されていて、長野県の人気の軽井沢や観光スポットに訪れた際にお土産として購入された方の口コミで評判となりました。

また最近新たな情報源の発信地でもあるSNSではTwitterやInstagramで美味しいと大評判となり、更に注目を集めています。

メディアでも紹介される等りんごバターの知名度は急上昇中となっています。長野県に観光で訪れた際は勿論りんごバターをお土産としてゲットしてみましょう。

またSNSではりんごバターの投稿がとても多く、気になる方はTwitterやInstagramで調べてみるのがおすすめです。

りんごバターの中には発祥である長野県のりんごバターや、りんごで有名な青森県産のりんごを使用したりんごバターがたくさん販売されています。

SNSではりんごバターの使い方や食べ方等もたくさんの方が投稿されていますので、とても参考になるのでチェックしてみましょう。

りんごバターには種類がある

続いてりんごバターにはそれぞれ種類がありますのでご紹介させていただきます。りんごバターと言えど、その種類ははたくさんあります。

りんごバター発祥の地でもある長野県産の信州りんごを使用したりんごバターは甘くて濃密な蜜がたっぷり含まれたりんごを使用して作られています。

長野県は日中の温かい気温と、夜には格段に寒くなる激しい気温差によって、夜の寒い時間帯にはりんごは呼吸しないで甘味が更に凝縮されて甘いりんごが出来上がります。

長野の信州りんごの特徴でもありますが、信州りんごを使用したからこそ美味しいりんごバターが登場した理由としても頷けます。

また日本で有名な青森産のりんごもとても人気です、生産量も日本1を誇る青森のりんごは寒い地域で美味しいりんごが育ちます。

青森では甘い蜜も凝縮された美味しいりんごを収穫する事ができます。また青森県産のりんごはたくさんの品種があるのも特徴的となっています。

一般的にたくさんのスーパーや果物屋さん等で販売されている「ふじりんご」はそのまま食べてもシャキシャキの食感で甘くてとても美味しいです。

またりんごジャムやアップルパイ等に多く使用される「赤玉りんご」は調理用として使用するりんごバターにはとてもおすすめとなります。

それぞれの産地やりんごの種類によってもりんごバターの味は変化します。お好みのりんごの種類や使い方によって購入してみるのがおすすめです。

甘いりんごバターがお好みの方は糖度で選ぶ

続いて甘いりんごバターがお好みの方は糖度の高さで選ぶのがおすすめです。たくさんのメーカーからりんごバターの商品が発売されています。

りんごバターを選ぶ際には糖度も選ぶポイントとしては重要なポイントとなりますのでチェックしておきましょう。

りんごに含まれている甘くて濃密な濃度はりんごバターの味を大きく左右するポイントとなります。それぞれどの程度の甘さのりんごバターを選ぶかによって違います。

まずりんごの本来の甘味や味を重視したい方はりんごバターの糖度を低い物をチョイスするのがおすすめとなります。

りんごバターの甘さを控えたい場合は糖度が30度から40度程度のりんごバターを選ぶのがポイントとなります。

りんごバターの食べ方によって、またどの様に使用するのかで重視したいです。例えば食べ方はりんごバターをパンに塗るだけ、また使い方は料理の調味料として使用する場合にも選び方は左右されます。

シンプルに食べ方はパンやスイーツに付ける使い方をする場合にはりんごバターは甘い濃度の物を選ぶのがおすすめです。

りんごバターの種類にもよりますが、甘く楽しみたい方はりんごバターの糖度は50%以上の物を購入すれば美味しい食べ方ができます。

食感が色々あるりんごバターのフレーバー

続いて様々な食感で味わえるりんごバターのフレーバーについてご紹介させていただきます。りんごバターは甘さを左右する糖度だけでなく、食感やフレーバーにも注目してみましょう。

りんごを使った商品がたくさん販売されているので、色んな食感で楽しめるのもご存知の方も多いです。

例えばりんごを角切りカットした状態であれば、シャキシャキとした食感で味わえる事ができます。また滑らかな食感がお好みの方は擦りおろしタイプが人気となっています。

りんごバターの種類によっては擦りおろしタイプや角切りタイプの物で販売している事も多く、りんごバターをどのような使い方で食べたいのかお好みでチョイスしてみるのがおすすめです。

りんごのカットによって食感も風味も勿論変わりますが、更にメーカーによってはオリジナルを出すためにりんごとバター以外にも別のフレーバーを入れてアクセントにしています。

例えばりんごとバターとお相性の良いキャラメルや、少し味のアクセントになるカラメルを使用している場合もあります。

その他にも同じ果物のブドウ果汁やさっぱりとしたレモン汁をトッピングしてりんごバターを作っている場合もあります。

りんごバターに更にフレーバーを加える事によって、自分好みで使い方も楽しむ事ができます。お好みのカットやフレーバー選びも重要なポイントとなります。

りんごバターのおすすめ1:果実まるごとジャム・信州産ふじりんごバター

続いてりんごバターのおすすめの商品についてご紹介させていただきます。まず初めに長野県のりんごバターが話題となった火つけ役であるツルヤの果実まるごとジャム・信州産ふじりんごバターをご紹介させていただきます。

りんごの果汁本来の旨味を最大限に活かした絶品のりんごバターを味わいたい方はツルヤのりんごバターがおすすめです。

ツルヤはそもそも長野県内に72店舗のお店を展開しているスーパーマーケットとなります。ジャム製造メーカーではありませんが、長野県のりんご農家から直接契約をして品質が良いりんごを使用してりんごジャムを製造しています。

ツルヤのオリジナルブランドとしてツルヤプレミアムの果汁まるごとジャムとして販売していますのでチェックしておきましょう。

大人気のツルヤの果実まるごとジャム・信州産ふじりんごバターは果実分を70%も使用しています。擦りおろしタイプの滑らかなりんごとバターの濃厚な味わい絶賛されています。

またツルヤからりんごバターの種類はたくさん販売されていますが、果実まるごとジャムは少し高級なのでお値段2350円で販売しています。

またツルヤの果実まるごとジャムの信州産ふじりんごバターは糖度40度で賞味期限は5ヵ月となります。食べ方やアレンジもしやすいジャムです。

長野県に観光に訪れた際にも購入できますが、こちらのツルヤのりんごバターはネット通販でも購入する事ができます。

りんごバターのおすすめ2: 信州物産りんごバター

続いてりんごバターのおすすめ商品の信州物産りんごバターをご紹介させていただきます。こちらのりんごバターはテレビでも紹介された事のある人気の商品です。

長野県産の信州りんごを使用していて、甘さは少し控えめの糖度30度のりんごバターとなります。信州りんごの本来の甘味や味を楽しみたい方におすすめとなります。

また信州物産りんごバターは採れたての新鮮な信州りんごをたっぷりと使用しています。また濃厚なバターでまろやかな味わいで楽しめます。

信州物産りんごバターの内容量は200グラムとなっていて、賞味期限は他のりんごバターよりも少し短めになっています。

また冷蔵庫に入れていてもカビが出てしまう事もありますので、開封後は早めに食べきる様にしましょう。

信州物産りんごバターのお値段は480円で購入できるので比較的リーズナブルな価格で購入する事ができるのでおすすめです。

りんごバターのおすすめ3:りんごはちみつバター

続いてりんごバターのおすすめ商品のりんごはちみつバターをご紹介させていただきます。こちらの商品は穂高観光食品から発売されているりんごバターとなります。

穂高観光食品のりんごはちみつバターは一見するとりんごバターとカラメルの2層となっていますので、それぞれ味を楽しむ事ができます。

りんごバターと相性の良いはちみつを使用していて、下の層にはカラメルがギッシリと詰まっています。お好みでカラメルと混ぜながら食べてみましょう。

穂高観光食品のりんごはちみつバターの内容量は135グラムでお値段540円で販売されています。ネット通販でも購入が可能です。

りんごバターのおすすめ4:プレミアムりんごバター国産りんご使用

続いて信州りんごを使用したおすすめのプレミアムりんごバター国産りんご使用をご紹介します。こちらのりんごバターは新進漬物から販売している商品となります。

りんごのシャキシャキの食感を味わえるので人気となっています。パンに付けて食べるのもおすすめですが、ヨーグルトやアイスクリームのトッピングにも活躍してくれます。

プレミアムりんごバター国産りんご使用の内容量は200グラムで899円で販売されています。ネット通販でも販売していますのでチェックしておきましょう。

りんごバターのおすすめ5:紅玉りんごバター

続いてりんごバターのおすすめ商品の紅玉りんごバターをご紹介させていただきます。こちらは軽井沢のお土産ショップで購入する事ができるりんごバターです。

手作業で作られているこちらの商品は赤玉りんごをたっぷり使用していて、保存料者香辛料などの添加物は一切使用されていません。

安心してりんごバターを楽しめる商品となります、内容量は125グラムでお値段486円で販売されています。糖度は40度で甘くておいしいりんごバターを楽しめます。

りんごバターのおすすめ6:国産角切りりんご入り・りんごバター

続いてりんごバターのおすすめ商品の国産角切りりんご入り・りんごバターをご紹介させていただきます。

こちらは軽井沢町ナチュラルストアから発売されている商品となります。ネーミング通り角切りをしたシャキシャキ食感のリンゴが入っています。

2.3ミリの角切りリンゴが楽しめてパン都の相性が抜群です。内容量は190グラムで540円とリーズナブルな価格で販売しています。

りんごバターのおすすめ7:津軽完熟林檎青森りんごとバター

続いてりんごバターのおすすめの商品の津軽完熟林檎青森りんごとバターをご紹介させていただきます。

こちらは青森県産の完熟りんごをたっぷりと使用したりんごバターとなりますが、使用しているバターは無塩バターで作られています。

酸味もありさっぱりとした味わいで楽しめるりんごバターとなります。糖度は40度で、こちらの商品は185グラムが3セットで販売されています。お値段は3セットで3888円で購入する事が出来ます。

りんごバターのおすすめ8:果実まるごとジャム信州産ふじキャラメルりんごバター

次にりんごバターおすすめの商品のツルヤの果実まるごとジャム信州産ふじキャラメルりんごバターです。

大人気のツルヤのりんごバターのキャラメルフレーバーが入った商品となりますので大注目しておきましょう。

ツルヤのキャラメルりんごバターはキャラメルの味がとても濃厚なので、キャラメル好きにはおすすめの商品となります。

長野県のスーパーを中心に販売されていますのでチェックしておきましょう。こちらのツルヤのキャラメルりんごバターは155グラム2個セットで1780円で販売されています。

りんごバターのおすすめ9:信州産りんご使用・りんご&バター

続いてりんごバターおすすめの信州産りんご使用・りんご&バターをご紹介させていただきます。

こちらの商品はKOREZO秦荘店で販売されている商品で、カットしたりんごがゴロゴロ入っていますのでおすすめです。

擦りおろしりんごとカットりんごでバター風味がとても美味しいです。内容量200グラムが4セットで販売されていてお値段2350円で販売されています。

りんごバターのおすすめ10:プレミアムりんごバター

最後にりんごバターおすすめの商品のプレミアムりんごバターをご紹介させていただきます。

こちらの商品は信州ワタナベで販売されている商品で濃厚なバター風味でりんごの甘さがほのかに香る人気のりんごバターです。

こちらの商品は190グラム入りで540円で販売されています。ネット通販でも購入する事が出来ます。

りんごバター使い方やアレンジ

続いてりんごバターの使い方や食べ方のアレンジ方法についてご紹介させていただきます。りんごバターを購入して楽しむ際に1番定番である使い方は、パンをジャムとして付けて食べるのが一般的です。

勿論りんごバターの食べ方では1番おすすめとなりますが、それ以外の使い方にも様々な使い方があります。

食パン以外にもパンケーキやパイ生地にりんごバターを付ければ美味しい食べ方ができます。その他にもケーキとしてマフィンやパウンドケーキに使用するのもおすすめです。

パンやスイーツにはとても相性が良いので、ご自宅で手作りスイーツを作る際には活躍してみましょう。朝の食べ方だけでなく、おやつタイムにもりんごバターを堪能してみましょう。

またりんごバターの食べ方はパンやスイーツだけでなく、実は料理にもおすすめです。りんごはそもそも料理の隠し味として利用される事も多いです。

カレー作りの隠し味として利用される方も多いのは有名ですが、その他にも豚肉や鶏肉料理にもりんごバターはとても相性が良いです。

また料理が人がてな方でもチャレンジしやすいサラダのドレッシングのトッピングとしてりんごバターは活躍してくれます。

りんごバターは見た目も華やかで料理にも万能で利用する事ができます。りんごバターの食べ方や調理方法で色んな楽しみ方で利用する事ができます。

りんごバターの作り方

続いてりんごバターの作り方についてご紹介させていただきます。長野県で販売されている人気のりんごバターを購入したいが、なかなか手に入らない場合もあります。

そんな時にはりんごバターを自分で手作りする事もできますのでチャレンジしてみはいかがでしょうか。

その他にもりんごをたくさんもらった時の大量消費や、糖分やカットやフレーバーを自分好みにアレンジしたい方にもりんごバターを1から手作りしてみるのもおすすめです。

りんごバターを手作りする場合は材料をまず用意するところから始めます。準備する材料はりんごとバターと砂糖だけでりんごバターを作る事ができます。

りんごバターを作る際にはりんご1個に対してバター100グラムと砂糖大さじ2杯となります。お好みの量で調整しながら材料を揃えましょう。

りんごバターを作る際にはまずりんごの皮をむいてから、りんごを8等分にカットして5ミリ程の薄さにスライスをします。

次に耐熱容器を用意してスライスしたりんごとバターと砂糖を加えて、電子レンジで5分程加熱をしましょう。

加熱し終わった後は、ブレンダーでペースト状にすれば完成です。また加熱する際にレモンやお好みのフレーバーを入れるとオリジナルのりんごバターが完成します。

ペースト状にした後は余熱を取り、準備しておいた器に移して完成です。この時に容器は事前に沸騰消毒をしておくと賞味期限も長く使用する事ができます。

りんごバターの賞味期限

りんごバターの賞味期限についてご紹介させていただきます。りんごバターの賞味期限はメーカーで販売している商品にそれぞれ記載はされていますが、実は賞味期限を左右しているのは糖分となります。

りんごバターの糖分が高くなればなる程賞味期限は長くなり、逆に糖分を控えれば控える程に賞味期限は短くなってしまいます。

りんごバターを手作りで作る場合に同様ですが、糖分を控えめにすれば賞味期限は短くなってしまいますので早めに食べきるのがおすすめです。

お店や通販で購入したりんごバターの賞味期限の目安は3か月から1年までと幅広い賞味期限が設けられています。

しかし販売しているりんごバターであっても、開封後は記載されている賞味期限よりも早めに頂くのがおすすめです。

また湿度の高い場所に保管していると、カビが発生する事も多いのでりんごバターは冷蔵庫で保存する様にしましょう。

りんごバターは糖度が高ければ高いほど賞味期限は長く、少なければ少ない程賞味期限は短くなってしまいます。

ご自宅でりんごバターを作る場合にも大量に作る場合は糖度高めに作るなど工夫をしながら美味しいりんごバターを作りましょう。

絶品の美味しいりんごバターをゲット

絶品で美味しいりんごバターをゲットしてみましょう。近年話題となっているりんごバターは濃厚で甘い人気のジャムです。

SNSやインスタで美味しいと話題となり、色んな使い方を紹介されています。りんごバターをゲットしてチャレンジしてみましょう。

またりんごが名産である青森や長野のりんごバターがたくさん販売されています。りんごバターを始めて発売されたのは長野のツルヤのお店となります。

現在ではりんごバターはたくさんのメーカーから発売されていますので、スーパーで購入できない方は通販で購入する事もできます。

りんごバターは使い方や食べ方は色んな方法があります。パンだけでなくお菓子作りにもおすすめです。また開封後は賞味期限以内に食べるようにしましょう。

関連記事

Missing
この記事のライター
LOOK

長野県の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

長野県の新着のまとめ