常滑焼の魅力を一挙紹介!焼き物の特徴・歴史・陶芸体験できるスポットも!

2019年3月4日 (2019年3月6日最終更新)

このページでは、歴史ある常滑焼の魅力にスポットライトを当て、常滑焼の急須の魅力、様々な作家の常滑焼が大集合の常滑焼まつり、常滑焼の陶芸体験が可能なショップ、常滑焼がおすすめのお店等の情報も交えながら、常滑焼を購入する際にも役立つ色々な情報や魅力をご案内します。

目次

  1. 常滑焼の魅力を大特集!
  2. 常滑焼とは、どんな焼物なの?
  3. 常滑焼の特徴は?
  4. 常滑焼の定番「急須」
  5. 常滑焼の急須の茶こし部分に迫る!
  6. 常滑焼を体験できる店舗5選
  7. 常滑焼のおすすめショップ5選
  8. 常滑焼のことをいろいろ知ってくると陶芸体験したくなりますね。

常滑焼の魅力を大特集!

常滑焼をお持ちですか。招き猫や急須などで特に有名な常滑焼は、歴史と文化あふれる素晴らしい焼き物です。そこで、このページでは、常滑焼の魅力を大特集し、常滑焼の急須、若手作家の作品も豊富にある常滑焼まつり、常滑焼の陶芸体験ができるお店、常滑焼のおすすめ店などの情報も含めまして、常滑焼の様々な魅力や情報をご紹介していきます。

Original常滑「やきもの散歩道」の古い街並みが素敵!お洒落なカフェや雑貨屋も紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
焼物の町として知られる愛知県の常滑に「やきもの散歩道」という散策路があります。レトロ感が漂う...

常滑焼とは、どんな焼物なの?

常滑焼とは、どんな焼物なのかご存知ですか。常滑焼は、愛知県常滑市で昔から作られている歴史ある焼き物で、招き猫や急須などが特に有名なので、多くの方が、1度は見たことがあるでしょう。常滑焼は長い歴史もある焼き物ですので、常滑焼がどんな焼き物なのかを更に見ていくために、常滑焼の歴史をこれからご紹介します。

常滑焼の歴史

招き猫や急須でも有名な常滑焼の歴史は古く、遡ること平安時代の後半には、すでに壺や山皿等の焼き物が3,000基もあった穴窯で焼かれていました。この時代に焼かれたものは、古常滑と称されており、価値も非常に高いものです。

常滑は、越前、備前、瀬戸、信楽、丹波と合わせて日本六古窯の1つとなっています。時代の流れとともに技術も進化し、生産量や生産額も伸び続けて、発展し続けています。

「常滑焼まつり」も開催されている

招き猫や急須でも有名な歴史ある常滑焼の様々な作家の作品を一堂に見れる場所があるのをご存知ですか。それは、常滑焼まつりです。

常滑焼まつりは、常滑焼の作家、窯屋、問屋などが大集合する一大卸売即売会です。この常滑焼まつりは、年に1度開催されており、10月中旬の週末の土曜と日曜に例年開催されています。今年も同様の時期に、この常滑焼まつりは、開催される予定です。

常滑焼まつりでは、限定品、幻の逸品、お買い得品など、掘り出し物をたくさん見つけられますので、このまつりには、全国から毎年、大勢の常滑焼ファンや焼き物ファン、常滑焼の作家のファン達もやってきます。

常滑焼の作家、窯屋等もこのまつりの為に用意した作品を持ち寄る方もいるので、このまつりで出会うことができる常滑焼の作品は、素晴らしいものばかりです。このまつりで発掘されて有名になる作家さんもいる程、作家もバイヤーも気合が入っています。

特に若手の常滑焼作家にとっては、このまつりは、1つの登竜門にもなっています。特にこうした若い作家の常滑焼の作品は、歴史ある常滑焼に新たな風を巻き起こしてくれていますので、実に、ユニークな常滑焼の作品も多くあります。ですので、若手作家のコーナーも、このまつりの中で毎年、人気があります。

ぜひ、常滑焼まつりを訪れて、お気に入りの作家の常滑焼を見つけたり、このまつりを通して、様々な素晴らしい出会いも楽しんでください。

陶芸・グラスワーク体験できるお店も多い

常滑焼の本場の常滑市では、陶芸やグラスワーク体験できるお店も様々な種類が豊富にあります。常滑市で陶芸体験ができるおすすめのお店については、後述でご紹介いたします。常滑焼の陶芸体験ができるお店によって体験できる内容は異なりますが、常滑焼の絵付けができたり、手びねり、電動ろくろ、タタラなどの形成方法で陶芸体験ができます。

常滑焼の特徴は?

招き猫や急須で特に有名な常滑焼の特徴というと、どんなことをイメージされますか。このセクションでは、歴史ある常滑焼の特徴や特性にスポットライトを当て、常滑焼の更なる魅力を検証していきます。急須や湯のみなどで有名な常滑焼独自の色の秘密や特性、そして、常滑焼の成形技法についてをこれからご紹介していきます。

独特の色、朱色!

常滑焼の最大の特徴は、急須や湯のみなどで有名な常滑焼ならではの独特の朱色です。これは、常滑焼の陶芸で使われる土と一緒に混ぜ込むベニガラと呼ばれる酸化鉄が赤っぽく発色するからです。この土をさらに改良し、急須に最適な朱泥土が完成しました。

この常滑焼ならではの独特の朱色をした朱泥土には、優れた特性もあります。これから、この特性について、ご案内します。

耐水性

この常滑焼ならではの独特の朱色をした朱泥土には、水を吸わない特性があります。よって、この朱泥土は、非常に耐水性に優れていますので、急須に最適な特性を持っています。釉 (うわ)がけしないで製作することで、常滑焼を象徴するあの朱色が出るわけですが、最近は、あえて釉がけを施すことで、いろいろな色の常滑焼も製作されています。

成形技法

常滑焼の代表的な成形技法には、大きく分けますと4つの成形技法があります。ろくろ成形は、電動ろくろを使用して成形する方法です。押型成形は、石膏型を使用して成形する方法です。手ひねり成形は、指のサイズほどの太さのひもの様な形をした粘土を手ろくろを使用して成形していく方法です。

コリコ作りは、腕のサイズほどの太さのひもの様な形をした粘土を積み上げていき、へらや手を使用して、内側と外側の両面から成形していく方法です。

常滑焼の定番「急須」

歴史ある常滑焼で定番人気の急須は、常滑焼を代表する有名な焼き物の1つです。常滑焼の急須は江戸時代の終わり頃から製作されていますので、その歴史は150年を超える長い歴史があります。このセクションでは、常滑焼の急須にスポットライトを当て、常滑焼の急須の様々な魅力や情報をお伝えしていきます。

重要無形文化財になっている!

歴史ある常滑焼の急須は、日本文化にとっても欠かせない素晴らしい焼き物です。常滑焼の急須は、国の重要無形文化財にもなっており、常滑焼の急須の製作の技術者である故山田常山氏もその技術が認められて、人間国宝にもなっています。常滑焼の急須は、奥深い歴史や文化にも満ち溢れています。

100種を超える種類がある!

常滑焼の急須といえば、多くの方は、常滑焼独自の朱色をした古典的な常滑焼の急須をイメージされる方が多いでしょうが、実は、常滑焼の急須だけでも、100種類を超える種類があります。ご存知でしたか。

古典的な急須も現在でも十分に素晴らしく人気がありますが、その他の現代的な急須も、様々な新しい技術が盛り込まれており外観も時代のニーズに合った物となっていますので、人気があります。

どのように急須を手入れをすればいいの?

常滑焼の急須でお茶を頻繁に入れていますと、特に、胴体内の茶こし部分に汚れがたまりやすいので、使用後には、汚れが溜まってる部分をブラシなどを使用して洗浄し、その後は、水をしっかり切って、しっかり乾燥させることが大切です。

常滑焼の急須でお茶を入れるとマイルドな味になり美味しいのは、ベニガラと呼ばれる酸化鉄とお茶の成分に含まれるタンニンが化学反応をし、お茶特有の苦味や渋みが程よく排除されるからです。急須の手入れを適切に行えば、使い続けることによってお茶の味もさらに良くなってきます。

常滑焼の急須の茶こし部分に迫る!

常滑焼の急須には、様々な種類の急須がありますが、急須の茶こしの部分には、大別しますと4種類の茶こしに分けることができます。このセクションでは、常滑焼の急須の茶こし部分にスポットライトを当て、この4種類の常滑焼の急須の茶こし部分について、これからそれぞれご紹介していきます。

胴体に直接穴を開けたタイプ

常滑焼の急須の茶こし部分には、直接、急須内の胴体部分に穴を開けたタイプの同穴タイプと呼ばれるものもあります。直接、急須内の胴体部分に穴を開けていますので、茶こし部分の製作最中にミスをしてしまえば、茶こし部分のみならず急須丸ごと使い物にならなくなってしまいますので、制作者の高い技術が伴って完成されている急須です。

ささめ、セラメッシュフィルター

常滑焼の急須を代表する茶こし部分のささめ、または、セラメッシュフィルターは、常滑焼でしか製作することができない高い技術で作られています。非常に細かい綺麗な穴が沢山あけられているタイプの茶こし部分となっています。焼き物の茶こしにもかかわらず、目が細かい深蒸し茶でも目詰まりしない優れた逸品です。

陶製半球型茶漉し

常滑焼の急須の茶こし部分が前述の同穴タイプとセラメッシュタイプの中間のような特性を持っている茶こし部分として、陶製半球型の茶こしタイプがあります。セラメッシュタイプより、穴の数は少ないですが、穴の大きさが大きくなっています。しかし、茶こし部分のサイズはセラメッシュタイプよりも小さいです。目詰まりもしづらいタイプです。

ステンレス製の茶漉し

常滑焼の急須の中には、茶こし部分がステンレス製の茶こしになっているものもあります。特に、現代的な常滑焼の急須にこのタイプの茶こし部分がよく使用されています。水切れも優れており、お茶が詰まることがないのも嬉しいポイントです。また、ステンレス製ですので、お手入れもしやすいです。

常滑焼を体験できる店舗5選

招き猫や急須でも有名な歴史ある常滑焼の本場の愛知県常滑市では、常滑焼を体験できる店舗もたくさんあります。そこで、このセクションでは、その中から常滑焼を体験できる店舗を5店舗選りすぐりセレクトしました。

登窯広場 展示工房館、渡辺章製陶所 陶芸教室、TOKONAME STORE、義翠窯 陶芸道場、共栄窯セラミックアートスクールの5店舗の常滑焼を体験できるお店をこれからご紹介していきます。

1:登窯広場 展示工房館

常滑焼を体験できる店舗の登窯広場 展示工房館では、常滑焼の絵付け体験を行えます。絵付けの体験料金は、500円から1200円ほどです。 絵付け体験の制作にかかる時間は、平均して1時間ほどです。営業時間は、午前10時から午後4時までです。定休日は無く、年中無休で営業しています。

住所 愛知県常滑市栄町6-145
電話番号 0569-35-0292

2:渡辺章製陶所 陶芸教室

常滑焼を体験できる店舗の渡辺章製陶所 陶芸教室では、手びねり、電動ろくろ、タタラでの成形技法での常滑焼の製作体験を行えます。渡辺章製陶所 陶芸教室での体験料金は、2500円から3000円ほどとなっています。渡辺章製陶所 陶芸教室で制作にかかる時間は、平均して1時間ほどです。

住所 愛知県常滑市栄町6-202
電話番号 0569-34-3849

3:TOKONAME STORE

常滑焼を体験できる店舗のTOKONAME STOREでは、タタラでの成形技法での常滑焼の製作体験を行えます。TOKONAME STOREでの体験料金は、大人3000円、子供1800円となっています。TOKONAME STOREで制作にかかる時間は、平均して1時間ほどです。陶芸体験は1日4回行われています。

住所 愛知県常滑市原松町6-70-2
電話番号 0569-36-0655

4:義翠窯 陶芸道場

常滑焼を体験できる店舗の義翠窯 陶芸道場では、手びねり、電動ろくろ、タタラでの成形技法での常滑焼の製作体験を行えます。制作するものによって異なりますが、義翠窯 陶芸道場での体験料金は、3000円からとなっています。義翠窯 陶芸道場で制作にかかる時間は、平均して60分から90分ほどです。

住所 愛知県常滑市栄町4-39
電話番号 0569-34-2736

5:共栄窯セラミックアートスクール

常滑焼を体験できる店舗の共栄窯セラミックアートスクールでは、手びねり、ろくろ、タタラでの成形技法での常滑焼の製作体験を行えます。制作するものによって異なりますが、共栄窯セラミックアートスクールでの体験料金は、3780円からとなっています。共栄窯セラミックアートスクールで制作にかかる時間は、平均して2時間から3時間ほどです。

住所 愛知県常滑市北条2-88
電話番号 0569-35-0705

常滑焼のおすすめショップ5選

招き猫や急須でも有名な歴史ある常滑焼には、様々な種類の商品があり、こうした商品は、店頭で購入できるのはもちろんのこと、現在多くのこうしたお店はインターネット通販も行なっていますので、通販でも購入できます。そこで、このセクションでは、常滑焼のおすすめショップを選りすぐり5店舗をセレクトしました。
 

まるふく、藤田茶園、柳屋、MOM kitchen (マムキッチン)、サンウェイ・ジャパンの5店舗の常滑焼のおすすめショップをこれからご紹介していきます。

1:創業90年・有名な作家の作品も販売している【まるふく】

常滑焼のおすすめショップのまるふくは、有名な作家の作品も販売している創業90年の老舗店です。こうした作家の作品も含め、まるふくにある常滑焼の商品は、どれも他店では入手がなかなかできないような老舗店ならではのハイグレードな厳選商品が豊富に揃っています。

ご贈答用の品物を探している方にもおすすめのショップです。ネット通販でも購入できます。

住所 愛知県常滑市原松町6丁目66-1
電話番号 0569-35-2209

2:明治元年創業【藤田茶園】

常滑焼のおすすめショップの藤田茶園は、明治元年に創業している長い歴史を持つ老舗店で、自家焙煎のお茶の葉と常滑焼の急須を専門に販売しています。どの常滑焼の急須も美味しい本格的なお茶を楽しめることに特化した急須が選りすぐられて揃えられています。ネット通販でも購入できます。

住所 奈良県五條市中之町890-31
電話番号 0747-22-2686

3:いろんな調理器具を販売している【柳屋】

常滑焼のおすすめショップの柳屋は、家庭用のキッチン用品からプロ用の厨房用品まで種類豊富な調理器具を販売している専門店です。このショップは、常滑焼の久松の陶磁器の漬物容器のかめを購入できる希少なお店です。残りの在庫も少なくなっているとのことですので、ご購入を予定している方は、この機会にぜひどうぞ。ネット通販でも購入できます。

住所 栃木県日光市瀬川163
電話番号 0288-22-0366

4:他にはない色彩が多く個性的なデザインの【MOM kitchen(マムキッチン)】

常滑焼のおすすめショップのMOM kitchen (マムキッチン)は、他にはない色彩の個性的なデザインの常滑焼の焼き物も多く揃っている人気ショップです。どの常滑焼の焼き物も現代的で機能的でおしゃれですので、女性にも人気があります。商品は、ネット通販でも購入できます。

住所 愛知県常滑市原松町3-7
電話番号 0569-35-4657

5:招き猫が可愛い【サンウェイ・ジャパン】

常滑焼のおすすめショップのサンウェイ・ジャパンは、常滑焼の焼き物の器や急須だけではなく、可愛い招き猫も豊富に揃うことでも人気のお店です。常滑焼の窯元は招き猫を製造しているところが非常に多く、笑っている招き猫、右手を上げている招き猫、左手を上げている招き猫など様々な種類のユニークな招き猫が製造されています。

また、招き猫の色も色々とあり、白い招き猫は福を招き、金色の招き猫はお金を招き、黒い招き猫は厄や病を除け、赤い招き猫は魔除けを行うとされています。

お気に入りの招き猫を見つけてください。ご贈答用の品物を探している方にもおすすめのショップです。ネット通販でも購入できます。

住所 愛知県半田市亀崎町3丁目135番地
電話番号 0569-58-0195

常滑焼のことをいろいろ知ってくると陶芸体験したくなりますね。

常滑焼の魅力のご案内はいかがでしたか。急須や招き猫などで特に有名な歴史や文化溢れる常滑焼は、様々な魅力に満ち溢れており、若手作家も多くいます。常滑焼のことを知れば知るほど、陶芸体験もしたくなってくることでしょう。是非、常滑市に訪れて、お気に入りの常滑焼を見つけたり、常滑焼まつりや常滑焼の陶芸体験なども楽しんでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
TabiNeco

半田・知多・常滑・セントレアの人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

半田・知多・常滑・セントレアの新着のまとめ