平和の滝は札幌の有名心霊スポット!住所や行き方についてもご紹介!

2019年3月6日 (2019年9月1日最終更新)

北海道札幌市西区平和の琴似発寒川にある平和の滝は、落差10メートルほどの迫力のある滝です。この滝は右股の滝とも呼ばれ、手稲山登山口や太平和寺にも近く、パワースポットとしても知られています。平和の滝は市街地にも近く、観光スポットとして多くの人が訪れる場所です。

目次

  1. 札幌の心霊スポット!平和の滝についてご紹介
  2. 平和の滝とは?
  3. 平和の滝が心霊スポットと言われる理由
  4. 平和の滝のことが、巨大掲示板に書き込まれた!
  5. 平和の滝と並ぶ札幌の心霊スポット!
  6. 平和の滝近隣の手稲山とは?
  7. 平和の滝の基本情報
  8. 心霊マニアにおすすめの平和の滝は貴重な体験ができる!

札幌の心霊スポット!平和の滝についてご紹介

平和の滝は札幌市西区の琴似発寒川にある滝で、手稲山や大平和寺にもほど近い場所にあり、パワースポットとしても有名な滝です。滝の入口には女性平和運動家の相沢良氏の記念碑が立てられています。ここではそんな札幌の平和の滝について、住所や行き方、心霊スポット、冬の様子、トイレでの事件などの情報を交えつつ紹介します。

平和の滝とは?

平和の滝は札幌市郊外の琴似発寒川にある神秘的な滝で、夏場は滝つぼ近くまで行けますが、冬は雪のため滝までの道が閉ざされます。ただ冬でも、滝の上方から覗くように滝を見下ろしながら写真を撮ることができます。

この滝は、夏と冬ではその様相ががらりと変わりますが、どちらの時期にもそれぞれ、この滝のミステリアスな部分を実感することができます。

かつて札幌開拓時代には札幌の人々は多くの困難に遭遇しましたが、未来にはそうした困難に遭遇しないようにとの思いを込めて、平和の滝という呼び名が名付けられたようです。

滝の入口に立つ記念碑の相沢良氏は、1910年に青森に生まれ、女子医専に通うほどの恵まれた環境にありながら、社会主義思想に傾倒し退学処分を受け、弾圧の末25歳の若さで亡くなった女性活動家です。この平和の滝は彼女が女性労働者を誘って何度かハイキングに来た場所です。

札幌の三大心霊スポットのひとつ

札幌市・平和の滝は、小別沢トンネル、西岡水源地と並ぶ札幌にある三大心霊スポットの一つです。平和の滝は琴似発寒川(ことにはっさむがわ)の上流にあり、右股の滝とも呼ばれています。この場所は市街地にも近いため、観光地として訪れる人のみでなく、地元の市民も多数足を運んでいます。

平和の滝は、かつて修験者たちが修業をしたスポットだったため、心霊が宿りやすい場所と言われています。この滝では、奇妙な心霊現象や自殺者が後を絶たず、札幌でも有名な心霊スポットとして話題になっています。昼間はともかく、夜遅くにはこの場所に近づかない方が無難です。

滝へ向かう階段はすべりやすいから気を付けて!

札幌市・平和の滝は、冬の時期は滝にアクセスできる道が雪に埋まっており、滝に近づくことができません。雪をかき分けつつ滑り落ちないように注意を払いながら、上の方から滝を覗くのが精一杯です。滝の横には氷柱が下がり川の水も凍っているため、危険なスポットとなります。

夏場には滝のそばに近づくことができます。滝への入口は草木が鬱蒼と茂りあまり整備されていないため、ちょっとわかりにくいところにあります。急な階段を降りていくと大きな木があり滝に近づいていきます。

雨などで濡れている場合は、階段が滑りやすいため注意を払いながら降りる必要があります。階段を下りると平和の滝の水際まで行くことができます。滝の周りは木と岩に囲まれ神秘的な雰囲気に包まれます。

冬は心霊スポットと言うよりも秘境だ!

札幌市・平和の滝は霊場ではありますが、夏に行くと車で訪れる観光客が多く、秘境という感じではありません。冬に訪れると、山スキーを楽しむ人がおり、駐車場に車や人影を見るものの、滝までの道は雪に覆われ、観光客が簡単に近づくことのできない秘境となります。この滝は札幌の冬の秘境と言ってもよいスポットです。

Original冬の札幌を観光するならココ!人気のおすすめスポット21選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
冬の札幌には足を運びたくなるような観光名所がいっぱいです。それも小さい子供のいる家族連れから...

平和の滝が心霊スポットと言われる理由

札幌市・平和の滝は、かつては日蓮宗の修験者たちの修業場でした。昔修行場だった頃に貼られていた結界が現在では破れており、それが浮遊霊を誘い出し、その霊に引っ張られる形で自殺者が続出しているという話があります。そのせいで、この滝の付近の種々の場所で自殺をする人が後を絶たないと言うのです。

トイレでの焼身自殺や滝壺への投身自殺など事件が多い

平和の滝は札幌の心霊スポットとしても知られており、この滝では、駐車場にある公衆トイレで焼身自殺をした人や高校生がトイレで首吊り自殺をしたという例があり、滝つぼに身を投げて自殺した人なども過去に何人もいて、浮かばれない霊が今も滝の付近を徘徊しているそうです。

昔、木のトイレで4人の家族が別れようと悩んだ末に、トイレに火をつけて子供2人と女の人が亡くなったそうです。現在のトイレは場所が移り、鉄製のトイレに変っているようですが、木のトイレがあった場所は現在は空き地になっており、夜になると、このトイレや空き地周辺には家族の霊が出るという噂です。

「以前、真夜中に友達と肝試しをした時に、不気味なうめき声が聞こえた。」というような声もあります。また、この滝は右股の滝とも呼ばれ、僧侶の修行場だったことから、僧侶の霊を見たという人もいます。

とは言え、観光で日中に訪れる分には問題ないようです。ただ、真夜中に肝試し等で訪れるのは止めておいた方が良さそうです。

「平和の滝」は、さまざな噂が絶えない

札幌・平和の滝には、トイレの自殺事件以外にもさまざまな噂があります。「滝を見つめたまま全く動かない不気味な人がいた。」とか、「ある樹木には無数の浮遊霊が宿っている」などがよく知られた噂です。
 

その他にも、「朝鮮人殉教者之慰霊塔」という石碑があり、そこには第二次世界大戦中に強制連行され、過酷な強制労働によって亡くなった朝鮮人の霊が現われるという噂もあります。

また、滝つぼの上から手招きする女性の霊や滝の前の道路の途中にある放置車両の上に立つ女の人の霊、更にはプレハブ小屋の中から睨む霊なども目撃されているそうです。

この滝の歩道にある大きな楓の木の前を通ると「シャラシャラ」という不思議な音が聞こえるそうです。この木は悪霊から人々を守ってくれていると言われており、この木のおかげで滝の霊がその場所に封じられていると考えられているようです。

平和の滝のことが、巨大掲示板に書き込まれた!


2012年3月、掲示板2チャンネルに平和の滝付近で本当に起きた怖い話が書き込まれました。それは、地元の高校2年生の男女7人で、夜遅くに平和の滝に肝試しに行った時のことです。滝に到着した7人は、最初の内は騒いだりはしゃいだりしていましたが、その内に誰も話さなくなったそうです。というのは誰も声が出せなくなったのです。

そして何かの力により、体が自然に動かされ滝の淵まで連れていかれると、暗闇の中で男の子が体育座りをして背を向けている姿が見えます。するとどこからか「あんたがたどこさ」のメロディーが聞こえ始め、男の子が立ち上がってこちらに向かって歩いてきます。

顔を見たら死ぬということを7人は聞き知っていたため、「逃げろ」と叫ぶなり、体が動くようになった7人は一目散に逃げました。「あんたがたどこさ」のメロディーは流れ続け、7人は聞こえなくなるまで走った末、ようやく難を逃れたそうです。トイレ事件も含め、平和の滝はこのような話が尽きない心霊スポットとなっています。

平和の滝と並ぶ札幌の心霊スポット!

札幌には三大心霊スポットと呼ばれる場所があります。その一つが平和の滝ですが、その他にも霊がしばしば出現する不思議な場所として、旧小別沢トンネルと西岡水源地があります。これらの場所には、昔起こった壮絶な事件により、恨みを抱きながら亡くなった人々の霊が出現するのではないかと言われています。

旧小別沢トンネル

旧小別沢トンネルは平和の滝と並ぶ札幌三大心霊スポットの1つです。旧小別沢トンネルは札幌市西区の小別沢と中央区宮の森を結ぶ市道沿いにあるトンネルで、1927年頃から2年ほどに渡り、住民の出資によって人力で掘られた100メートルほどのトンネルです。

旧小別沢トンネルは森の中の旧道沿いにあり、いかにも心霊スポットを想像させる雰囲気が漂います。トンネルは大変簡素に造られており、トンネル幅も3.5メートルほどしかない狭いもので、車が1台辛うじて通れるぐらいの狭いトンネルです。

2003年に小別沢トンネルが新たに造られたため、現在旧小別沢トンネルは車の通行が禁止されており、地元民が倉庫として使用しています。小別沢側の入口近くには、何を祀っているとも知れない小さな祠があります。

このトンネルは、戦時中に強制労働を強いられた朝鮮人によって掘られたそうで、過労死した人間を壁に埋め込んだという噂話があります。また、改装しようとした工事関係者が不審な死を遂げたという噂もあり、札幌でも有名な心霊スポットの1つになっています。

過去には、このトンネル内を車で通過した時に、窓にたくさんの手形が付いたり、オーデオ類や電気系統に不具合が生じたり、ボンネットの上に濡れた女の髪が付いたなどの噂がありました。現在は車で通過することができないため、徒歩でしか入ることができませんが、気味の悪いスポットであることは間違いありません。

旧小別沢トンネルの住所は以下のとおりです。旧小別沢トンネルへの行き方は、道道82号西野真駒内清田線を走り、小別沢に入って真っ直ぐ道を進むと道路沿いに新小別沢トンネルが見えてきます。

トンネルの前には3方向に進む道があり、右側の足場の悪い道を進むと旧小別沢トンネルに到着します。

住所 北海道札幌市西区小別沢33

西岡水源地

西岡水源地は札幌市の西岡公園にある水源地で、明治42年に月寒川を堰き止めて造られました。この湖は水道用の水をためる大きな池で、旧西岡水源地取水塔は、湖の水を水道管に取り込むために旧陸軍が作った軍用の水道施設です。以前はこの塔に渡れる小さな橋があったそうです。西岡公園はいきものの里100選にも指定されています。

公園の中心に位置する湖では、入水自殺のうわさがある他、湖の端に建つ赤い屋根の旧西岡水源地取水塔周辺で殺人事件が起こったとされています。更に、取水塔の中に霊が閉じ込められているという噂もあり、札幌三大心霊スポットの1つとなっています。

この湖周辺を歩いていると、独り言を言いながら後を追いかけてくる女の霊がいたり、小屋の中で写真を撮ると、人影が写り込むという話もあるそうです。

西岡水源地のある西岡公園の住所は以下のとおりです。公園への行き方は、バスの場合は、札幌市営地下鉄南北線澄川駅から北海道中央バス西岡環状線に15分ほど乗り、西岡水源地で下車後、徒歩1分でアクセスできます。車での行き方は、札幌中心部から道央道札幌南インターに入り南に30分ほど走ったところとなります。

住所 北海道札幌市豊平区西岡487
電話番号 011-582-0050

Maxresdefault北海道の心霊スポットランキングBEST17!怖すぎる!観光で行きたい? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
観光地ランキングでも不動の人気を誇る北海道。グルメ、温泉、大自然、見どころ満載の北海道ですが...

平和の滝近隣の手稲山とは?

手稲山は札幌市西部の手稲区と西区にまたがる標高1023メートルの山で、札幌市中心部から西に直線で約15キロほどのところに位置し、平和の滝に登山道の1つがあります。

平和の滝コースを登山する場合は、まず登り始めてからしばらくの間、沢と並行した林道沿いの道が続きます。途中に「布敷の滝」があり、この辺りまでは穏やかでやさしいコースです。沢を渡るところにベンチがあり、ここで休憩を取り次のガレ場に備えます。

そのベンチの場所からが急な登りとなり、しばらく登るとガレ場に入ります。手稲登山は途中に自動販売機等が無いため、食事や水分は前もって用意しておく必要があります。

平和の滝からの登山道は初級から中級向けと言われていますが、実際に登ってみるとガレ場が多く、足元が不安定な中を登るため、かなり大変なコースです。ただ、山頂に到着した後の頂上からの眺めは素晴らしく、海岸線や美しい手稲の街、札幌の街が一望できます。

山頂には荘厳な石造りの手稲神社奥宮があります。山頂は広くなっているため昼食などが楽しめます。冬場には、本格的なスキー場があるため、ゲレンデではロープウエイやリフトなどが利用できます。

手稲山の住所は、以下の通りです。手稲山登山口への行き方は、後述する平和の滝への行き方と同じ方法です。

住所 北海道札幌市手稲区手稲金山

サッポロテイネスキー場

サッポロテイネスキー場への行き方は、札幌駅からJR箱館本線快速に9分ほど乗車し、手稲駅で下車後、手稲駅南口からJR北海道バスでオリンピアスキー場まで約16分、ハイランドスキーセンターまで約28分ほどでアクセスできます。サッポロテイネスキー場の住所は以下の通りです。

住所 北海道札幌市手稲区手稲本町593-3
電話番号 011-682-6000

平和の滝の基本情報

札幌・平和の滝は、札幌市の西方にあり、手稲山登山口の一つにもなっています。手稲はニセコと並ぶ北海道を代表するスキーの名所で、シーズンを通して多くの人が訪れます。平和の滝の駐車場も、スキー客や登山客で賑わいますが、冬場に平和の客を訪れる人は少なく札幌の秘境のイメージが強いスポットとなっています。

住所

平和の滝の住所は以下の通りです。平和の滝は琴似発寒川(ことにはっさむがわ)の中にあ観光スポットで、札幌からもほど近い住所となるため、比較的アクセスしやすい位置にあります。ただ、冬季には積雪量が多く、滝付近までアクセスできなくなることがしばしばあります。

平和の滝 北海道札幌市西区平和435

行き方

札幌市西区に住所を持つ平和の滝へ電車で行く場合の行き方は、新札幌駅から30分ほど地下鉄東西線に乗り琴似駅で下車後、JR北海道バス・西42系統に乗車し、平和の滝入り口で下車後、徒歩約20分で目的地にアクセス可能です。

札幌方面から車で行く場合の行き方は、西方の手稲山を目指して走れば20分から30分程度で平和の滝にアクセスできます。

この滝のスポット付近には手稲山登山口が併設されているため、無料の大きな駐車場があり、かなりの車が駐車していますが、ほとんどの車は登山者の車です。ハイシーズンの週末には混雑することもありますが、通常は空いています。例の怖いトイレも駐車場にありますが、このトイレに入るにはかなりの勇気がいるようです。

心霊マニアにおすすめの平和の滝は貴重な体験ができる!

北海道札幌市西区に住所のある平和の滝は、琴似発寒川にある落差10メートルほどの神秘的な滝で、札幌の三大心霊スポットにも挙げられている有名な滝です。ここではそんな平和の滝について、住所や行き方、心霊現象、冬の様子、トイレにまつわる過去のでき事などの情報を取り入れながら説明してみました。

関連記事

Original
この記事のライター
南真州

札幌市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

札幌市の新着のまとめ