コストコのバラエティークッキーが絶品!保存方法やカロリーについてもご紹介!

2019年3月12日 (2019年3月12日最終更新)

コストコには沢山の食べ物が売っていますが、その中でも人気のバラエティークッキーをご存知ですか?3種類のアソートクッキーを楽しむことができる人気の商品です。今回はそんなコストコのバラエティークッキーの美味しい食べ方や保存方法などを見ていきます!

目次

  1. コストコのバラエティークッキーとは?
  2. コストコは会員じゃないと入れない?
  3. コストコのバラエティークッキーはアメリカンテイスト!
  4. コストコのバラエティークッキーは3種類入ってる!
  5. コストコのバラエティークッキーのお値段は?
  6. コストコのバラエティークッキーの定番はチョコ味!
  7. コストコのバラエティークッキーは時期によって味が変わる!
  8. コストコのバラエティークッキーおすすめテイストはバナナ!
  9. コストコのバラエティークッキーはストロベリーもある!
  10. コストコのバラエティークッキーの気になるカロリーは?
  11. コストコのバラエティークッキーの保存方法は冷凍がおすすめ!
  12. 冷凍したコストコのバラエティークッキーの食べ方は?
  13. コストコのバラエティークッキーアレンジレシピ1:パフェ
  14. コストコのバラエティークッキーアレンジレシピ2:アイスサンド
  15. コストコのバラエティークッキーアレンジレシピ3:パン
  16. コストコのバラエティークッキーは焼いても美味しい!
  17. コストコのバラエティークッキーはコーヒーと相性抜群!
  18. コストコのバラエティークッキーは朝食にもおすすめ!
  19. バラエティークッキー以外の人気クッキー1:ロータスビスケット
  20. バラエティークッキー以外の人気クッキー2:ウォーカーズクッキー
  21. コストコのバラエティークッキーを味わおう!

コストコのバラエティークッキーとは?

コストコは大容量の食品を購入できる人気の会員制大型スーパーですが、コストコのベーカリーコーナーに置いてあるバラエティークッキーが美味しいと人気なのをご存知ですか?コストコでは、仕入れたものを販売するだけではなくコストコの店内で作っているメニューも沢山あるのです。では、そんなコストコバラエティークッキーについてご紹介します!

Originalコストコのお菓子人気ランキング31!手軽なお土産にも喜ばれるおすすめ紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
安いお得な価格のメガサイズ商品の宝庫であるコストコには、パーティー等へ伺う際の手軽なお土産に...

コストコは会員じゃないと入れない?

コストコはアメリカの会員制の大型スーパーです。そのため、通常は会員になっていないと入店することができませんが、会員証を持っていなくても入ることができる場合がありますので、もしも「試しに一度いってみたい」という方は、入店の仕方を調べてみるのもいいでしょう。

一般的には、会員の友達が一人いると一緒に入店することができるようです。しかし人数に制限もありますからきちんとチェックしておくとコストコにいざ足を運んで見た時に「入店できなかった」などという悲しい結果にならずに済むでしょう。

Originalコストコのワンデーパスでお得に楽しもう!入手方法や利用できる人数は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
コストコ初心者におすすめのワンデーパスをご紹介します。会員制の大型倉庫スーパーのコストコでは...

コストコのバラエティークッキーはアメリカンテイスト!

コストコはアメリカの大型スーパーです。そのコストコに売っている食品は大容量のものばかりで店内に入るだけでワクワクしてしまう方も少なくないでしょう。

コストコはアメリカのお店ですから、店内で手作りされている食品もアメリカンテイスト、アメリカンサイズのものばかりです。

そのコストコの店内で作られているバラエティークッキーは、アメリカを感じられるテイストになっています。日本のクッキーよりも食感が柔らかく、とにかく1つのサイズが大きく出来ています。

そしてアメリカのお菓子といえば「甘い」というイメージがありますが、今回ご紹介するバラエティークッキーも、日本で買うクッキーよりも甘党を満足させることができるような甘さを持ったクッキーです。

一口食べてみると「カロリーが高そう」と感じるかもしれません。そのため一気に全部食べるのではなく、冷凍などの保存方法で小分けにしてちょこちょこ食べる方が多いようです。

しかし、様々な味を楽しむことが出来ますし、チョコレート味はもちろん、バナナ味やストロベリー味など名前を聞くだけで美味しそうな種類が揃っています。もしもコストコで美味しいスイーツを探している方は、一度購入して食べてみるのがおすすめです。保存方法をしっかりすれば食べたい時に食べられるので長持ちしておすすめです。

コストコのバラエティークッキーは3種類入ってる!

コストコで人気のバラエティークッキーは、常に3種類のクッキーで構成されています。1種類が8枚ずつ3種類ですので、全部で24枚入っている事になります。

全部で24枚と聞くと、そんなに沢山入っているような感じがしないかもしれませんが、コストコのバラエティークッキーは何と言ってもアメリカンサイズです。

日本で通常食べるクッキーとは違い、1枚1枚のサイズが大きいので24枚というとかなりのボリュームです。1人で食べるには何日にも分けて食べないと食べきることが出来ないでしょう。もしも食べられたとしてもカロリーの過剰摂取になってしまいますので、カロリー摂取制限をしていない方でも少し気にして食べたほうがいいかもしれません。

コストコのバラエティークッキーのお値段は?

コストコのバラエティークッキーは3種類のクッキーが全部で24枚入っています。そしてそのお値段は998円と、一枚あたり42円と非常に安い金額で購入できます。

クッキー1パックに998円というと、一見高いように感じるかもしれませんが、コストコのバラエティークッキーは1枚のサイズが直径約8cmほどあります。

そのサイズのアメリカンクッキーをスターバックスなどで購入しようとすると1枚で200円近くしますから、そう考えると非常にコストパフォーマンスの良い商品だということがわかるでしょう。

もしもアメリカンタイプの少し柔らかい食感のクッキーが好きな方は、コストコでバラエティークッキーを購入するのがおすすめです。バナナ味やストロベリー味、チョコ味やトフィーなど様々な味が楽しめますし、冷凍などの保存方法できちんと保存すればいつでも手軽に食べることができます。自宅に常備しておくのにおすすめのクッキーです。

コストコのバラエティークッキーの定番はチョコ味!

コストコのバラエティークッキーには、常に3種類のクッキーが入っています。その中でも定番となっているクッキーは「チョコチャンク」や「チョコチップ」などのチョコレートを使用したクッキーです。

バナナやストロベリーといった味のクッキーは、その時によって入っていたり入っていなかったりしますのでいつ買いにいっても購入できるというわけではありません。

しかしチョコレート味はバナナやストロベリーとは違い、定番として入っているテイストですので、いつコストコに足を運んでも、バラエティークッキーが販売されている限り購入することができます。

しかもチョコレート味のクッキーに入っているチョコチップの量が、贅沢なほどの量で練りこまれています。クッキーを一口かじると、チョコレートが口いっぱいに入ってきます。

甘いものが好きな方で、チョコレートが好き、という方は沢山いますが、そんなチョコレート好きを満足させることができるテイストになっています。

日本のスーパーで購入できるチョコレートクッキーにはない、これぞアメリカンといった味を楽しむことができるコストコのバラエティークッキーは、冷凍保存で保存してでも常備しておきたいおすすめのスイーツでしょう。急な来客の時にでも、さっと出すことができますし、便利で満足感のあるおすすめのクッキーです。

コストコのバラエティークッキーは時期によって味が変わる!

コストコのバラエティークッキーは、いつも同じ味が入っているわけではありません。チョコレート味やストロベリー味、バナナ味、オーツ麦とレーズン味など様々な組み合わせで展開されています。

チョコレート味と言っても1種類ではなく、ダークチョコレートやチョコチップ、そしてチョコチャンクなど様々な種類があるようです。

時にはレーズンが入っているクッキーが組み込まれていたりするので、レーズンが苦手な方はレーズンが入っていないクッキーが販売されるのを待っている事もあるようです。

どのテイストも美味しいので、好き嫌いがない方でしたらいつ行ってもあるものを購入すればいいですが、レーズンが苦手、ナッツが苦手、という方は自分の好きな物だけが入っている時を狙うしかありません。もしくは他の人と一緒に行って、嫌いな味をシェアするのがいいかもしれません。

コストコのバラエティークッキーおすすめテイストはバナナ!

どれも人気で美味しいコストコのバラエティークッキーですが、バナナ味が美味しいととても人気があります。

スイーツでバナナ味はとてもメジャーなテイストですし、バナナ味は想像するだけで美味しいイメージを掻き立ててくれます。

そしてコストコのバラエティークッキーにバナナ味が入る場合は「バナナココナッツウォールナッツ」という味のクッキーが入ることがあるようです。

バナナと一緒に入って美味しい組み合わせは、チョコレートなどがメジャーかもしれません。チョコバナナ味というのは名前をきくだけで食べたくなってしまう、魅力的な組み合わせです。

しかしコストコのバラエティークッキーに入っているバナナ味のクッキーは、その一般的なチョコバナナ味ではなく「バナナココナッツウォールナッツ」という、バナナにココナッツ、そしてウォールナッツが一緒になった、チョコバナナにも匹敵するような組み合わせで作られているのです。

コストコのバラエティークッキーはストロベリーもある!

コストコのバラエティークッキーのフレーバーには、バナナの他にも人気のフルーツが使用されています。スイーツに使用される人気のフルーツといえば、まず頭に浮かぶのは「ストロベリー」ではないでしょうか。

コストコのクッキー以外でも、様々なスイーツに抜群の相乗効果を見せてくれる万能なフルーツ「ストロベリー」は、コストコクッキーに加わると「ストロベリーホワイトチョコチップ」というメニューに変身します。

コストコの柔らかい食感のアメリカンクッキー生地に、甘酸っぱいストロベリー、そしてホワイトチョコの甘さが加わった「ストロベリーホワイトチョコチップ」は、カロリーを気にしていられないほど美味しくて、どんどん食べてしまいそうです。

コストコのバラエティークッキーに入っているクッキーは、全体的に甘さが強いですが、この「ストロベリーホワイトチョコチップ」は、甘さの中にもストロベリーの甘酸っぱさが効いているので、甘いだけのクッキーでは物足りない方にもおすすめです。

また、ドライストロベリーの食感もまたクッキーの美味しさを引き立てる効果があります。柔らかい生地のクッキーに、ドライストロベリーのちょっと歯ごたえのある食感が後を引くのでしょう。

コストコのストロベリーホワイトチョコチップクッキーは、ストロベリー味好きにはたまらない味わいです。もしもコストコでストロベリーホワイトチョコチップ味が入ったクッキーを見つけたら、ぜひ購入してみてください。きっと気にいるはずです。

コストコのバラエティークッキーの気になるカロリーは?

コストコのバラエティークッキーの美味しいフレーバーをご紹介してきましたが、その美味しさの他に気になるポイントといえば「カロリー」ではないでしょうか。

甘くて美味しい食べ物には、必ず「高カロリー」という言葉が付いて回ります。コストコのバラエティークッキーももちろん例外ではありません。

しかし、コストコのバラエティークッキーにはカロリー表示がされていません。そのため正確なカロリーがどれぐらいなのかは分かりませんが、一般的なクッキーのカロリーと比較することが可能です。

一般的に販売されているチョコチップクッキーは、100gで434カロリーほどあるようです。そしてコストコで販売しているチョコチップクッキーの重量は約48gあります。

単純にカロリー計算をすると、重量48gのチョコチップクッキーに含まれるカロリー量は1枚あたり約208カロリーほどになるという計算です。

もちろん使う材料によってカロリーも変化しますから、一概には言えませんが、おおよそで1枚200カロリーぐらいはあると言えるでしょう。

コストコのバラエティークッキーの保存方法は冷凍がおすすめ!

コストコで購入することができるバラエティークッキーは、1枚あたりのサイズが大きく、24枚も入っている為、よほどの大人数で食べないと1回で食べきることができないボリュームです。

しかしコストコのバラエティークッキーの消費期限は4日ほどと、とても短い為購入したら即食べきる必要があります。

ですが保存方法によってはもっと長く保存しておくことができますので、もしも食べきれない場合は冷凍する保存方法が長期保存できておすすめです。

そのおすすめの冷凍保存方法ですが、ラップとジップロックなどの密封できる袋があれば簡単にできますのでぜひやってみてください。

では、おすすめの冷凍保存方法の仕方をご紹介いたします。まずはコストコで購入した大量の食べきれなかったクッキーを2〜3枚ずつラップに並べます。

そしてそれをラップで巻いていくという保存方法なのですが、いちいちラップを切るのが面倒な方は、並べたクッキーをクルッとラップで包んだら、ラップを切らずにその上にクッキーをさらに乗せてまたラップで巻いていく、という保存方法もおすすめです。

この保存方法なら何度もラップを切らずにすみますし、最後にジップロックに入れる時もとても楽に入れることができます。

もちろんラップを使わずにそのままジップロックに入れてしまうという保存方法でもいいですし、もしくはラップだけという保存方法でも構いません。

ただ、冷凍庫に保存するのであれば、冷凍焼けして匂いがクッキーに移ると美味しく食べることができなくなってしまいますので、ちょっとやりすぎかな、と感じるくらいの保存方法の方があとで食べるときに美味しい味を保っていられるかもしれません。

Originalコストコのラップの使い方や値段をチェック!食材の収納にも便利なおすすめ商品 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカの卸売り小売り店コストコには、日本ではなかなか手に入らない食品や生活雑貨が豊富に並ん...

冷凍したコストコのバラエティークッキーの食べ方は?

コストコで大量のクッキーを購入した後は、冷凍保存で保管するのがおすすめとご紹介しましたが、次はその冷凍したクッキーを美味しく食べる方法をご紹介いたします。

コストコのクッキーを冷凍保存したら、その後食べるときには自然解凍するだけで美味しいクッキーに戻りますので特に難しいことはありません。

しかも、冷凍した冷たいまま食べるというのも、食感があって美味しいという方も少なくありません。もしもザクザクとした食感を楽しみたい方は冷凍のまま食べてみてもいいかもしれません。

しかし、やはりコストコで購入してきたばかりの時に味わった美味しさを再現したい方は、食べる1〜2時間前などに冷凍庫から出して置いて、ゆっくりと自然解凍されるのを待つのがおすすめです。

コストコのバラエティークッキーアレンジレシピ1:パフェ

では次に、コストコのバラエティークッキーを使用したアレンジレシピをご紹介いたします。普通にそのまま食べるのも美味しいですが、色々と自分なりのアレンジを加えて食べるのもおすすめです。

そこでおすすめなのがコストコのバラエティークッキーを使用してパフェを作るというアレンジレシピです。アレンジといっても難しいことはなく、自分が好きな具材と合わせるだけの簡単なアレンジレシピです。

アイスと生クリームなどを用意して、それらを盛った器の上にクッキーを砕いて乗せるだけ、というとても簡単なものです。簡単ですが普通にクッキーを食べるのに飽きてしまった方にはおすすめです。クッキーと生クリーム、アイスの組み合わせは、間違いのない美味しさです。

コストコのバラエティークッキーアレンジレシピ2:アイスサンド

続いてコストコのバラエティークッキーを使用したアレンジレシピですが、パフェよりももっと簡単なレシピが「アイスサンド」です。

こちらは購入したクッキーを2枚用意して、お好みのアイスクリームをサンドするだけという非常に簡単なレシピです。

コストコのクッキーは少し柔らかめの食感ですから、アイスクリームと一緒に食べるのにも相性抜群です。アイスクリームの種類も何種類か用意しておくと、様々な味を楽しめておすすめです。

コストコのバラエティークッキーアレンジレシピ3:パン

続いてのアレンジレシピは、コストコで購入したクッキーを大量に一気に消費したい方におすすめのアレンジレシピです。

まずはパウンドケーキを作るような材料を用意します。クッキー150gに対して牛乳230g、そして卵1個、強力粉が150g、ドライイーストが2.5g、お好みで紅茶葉などを入れても美味しくできます。

それらを混ぜてホームベーカリーに入れれば、簡単にパウンドケーキのようなパンを作ることができます。もしも大量に消費してしまいたい方は、このようなアレンジレシピを試すのもおすすめです。

コストコのバラエティークッキーは焼いても美味しい!

コストコのバラエティークッキーは、食感が柔らかいためこんがりと焼いて食べても美味しく食べることができます。

カントリーマアムをオーブンなどで焼いて食べると美味しいのと同じような感覚です。もしも普通の食感よりもカリッとさせたい方は、少しグリルやオーブントースターなどで焼いてみるといいでしょう。

コストコのバラエティークッキーはコーヒーと相性抜群!

コストコのクッキーは、ティータイムにおすすめのおやつですが、甘みが強いため、ブラックコーヒーや紅茶などと一緒に食べるとより一層美味しく食べることができます。

もちろんブラックコーヒーが苦手な方はミルクや砂糖を入れてもいいですが、あまり甘くしない方がクッキーとの相性がいいかもしれません。

そのほかにもコストコのクッキーと一緒に牛乳を一緒に飲むのも美味しく食べられるでしょう。お子様のおやつにするなら、牛乳との相性が抜群です。

コストコのバラエティークッキーは朝食にもおすすめ!

コストコのクッキーはおやつにおすすめですが、朝食にもぴったりのボリューム感がありますので、朝一番のエネルギー補給にもおすすめです。

朝はとても忙しくてバタバタしてしまい、朝食をゆっくり食べることができないという方も少なくないでしょう。

そんな時に手軽にエネルギー補給ができるコストコのクッキーを冷凍庫に常備しておくと、さっと食べることができますし、朝から元気になれる美味しさを味わうことができます。

バラエティークッキー以外の人気クッキー1:ロータスビスケット

コストコには、バラエティークッキーのような手作りクッキー以外にもおすすめの人気クッキーが揃っています。

その中でも、一度は目にしたことがあるのでは?というほど人気の「ロータスビスケット」は、お菓子の国と言われるベルギーで生まれたビスケットです。

どこかに旅行にいった際に、泊まったホテルに置いてあったり、お土産でもらったり、乗った飛行機で出されたりと、どこかでは見たことがあるという方も少なくないでしょう。

特に飾りっ気のないこのビスケットはとてもシンプルですが、その分飽きのこない美味しさが味わえます。こちらもお家に常備しておくと、突然の来客でも素敵なおもてなしができるでしょう。こちらのビスケットは、コストコバラエティークッキーとは違い、そのままで長持ちしますので、保存方法も簡単でおすすめです。

バラエティークッキー以外の人気クッキー2:ウォーカーズクッキー

続いてコストコで購入できるおすすめのクッキーは、「ウォーカーズクッキー」です。こちらも赤のチェック柄パッケージが目を引く、有名なクッキーでしょう。

こちらのクッキーはスコットランド生まれのパッケージも可愛いクッキーです。チョコチップクッキーやショートブレッドなど、どれを食べても美味しいハズレなしのクッキーです。

コストコのバラエティークッキーを味わおう!

コストコには様々な美味しい食品が揃っていますが、スーツ好きなら一度はバラエティークッキーを堪能して見てください。そしてもし気に入ったら、何度も足を運んで見て、全種類食べてみるのもおすすめです。冷凍保存すれば長期保存も可能ですし、お家に常備しておくと好きな時に食べることができます。色々食べてお気に入りの味を見つけて見てください!

関連記事

Original
この記事のライター
小鉄

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ