食事会の服装はどうする?顔合わせでおすすめのコーディネートを紹介!

2019年3月14日 (2019年3月15日最終更新)

結婚する両家の親が初めて顔合わせをする大切な食事会。そんな食事会にふさわしい服装をご存知でしょうか。男性、女性にそれぞれふさわしい服装があり、ポイントもいくつか点在しています。お互いの人柄を知れる大切な食事会は、服装からきちんと準備しておきましょう。

目次

  1. 食事会でおすすめの服装とは
  2. 食事会の服装についてご紹介
  3. 知っておけば役に立つ!「食事会の服装」を徹底解説
  4. 食事会の服装はバランスを取ることを意識しよう
  5. 顔合わせの時の服装は?
  6. 食事会の服装以外に押さえておきたいポイント
  7. 食事会ではお酒もほどほどに
  8. 気になる食事会の服装もこれで安心!

食事会でおすすめの服装とは

結婚する相手の人柄を充分に知れる大切な食事会。そんな食事会でふさわしい服装が男性、女性によってわかれており、ポイントもいくつかあります。夏や冬など季節ごとに違う服装や、カジュアルな食事会の服装までさまざまなコーディネートがあります。今回はそんな大切な食事会で恥をかかないふさわしい服装をご紹介します。

食事会の服装についてご紹介

最近では顔合わせと呼ばれる結納儀式が主流となっています。そのため、昔のような食事会で女性は着物、男性はスーツと決まりが薄くなってきました。食事会のお店にもよりますが、カジュアルな服装での顔合わせも行われています。

食事会の服装はその都度、シチュエーションに合わせて選んでいく必要があります。ポイントもいくつかあり、両家の親睦を深めていく大切な時間になります。女性の着物ももちろん良いですが、ここでは他の服装も確認しましょう。

顔合わせの食事会は今まで会ったことのない両家の食事会でもあります。そのため、第一印象が大切になるので服装は気にかけておくのがおすすめです。食事会の前に、この記事を確認して服装について学びましょう。

知っておけば役に立つ!「食事会の服装」を徹底解説

食事会の服装はさまざまなポイントを考慮して決める必要があります。抑えておけば恥をかかないポイントもいくつかあるので、今回は知っておくと得する食事会の服装情報をご紹介します。

どちらの家族も居心地の悪くならないように服装を選ぶのはとても大切です。また、女性は相手に清楚なイメージを、男性は相手にたくましいイメージを服装によって与えるのがおすすめです。

会場によっても服装を変える必要がある

顔合わせの服装は、基本的に食事会を行う会場でわけていくのがおすすめです。また、雰囲気に合わせ、結納を行うのか、食事会だけなのかでも服装を変えるのがポイントです。両家とも食事会を行う場所を確認しておきましょう。

食事会の服装はまず、顔合わせプランなど格式あるホテルのレストランが多いです。その場合は、カジュアルすぎず、男性はネクタイを締め、女性はひざ丈のワンピースなどホテルのレストランにふさわしい服装がおすすめです。

両家どちらかのおすすめするレストラン、もしくはラフな雰囲気のお店の場合は、硬すぎずカジュアルな服装を選ぶのがおすすめです。ですが、普段着ているようなものではなく、カジュアルでも清楚なものを選びましょう。

Original東京の両家顔合わせ・結納におすすめのレストランやホテルまとめ!個室あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
結婚が決まったら準備を始めたい結納、両家顔合わせ。東京には景色が良いお店や歴史あるホテルなど...

食事会の服装はバランスを取ることを意識しよう

食事会の服装は、それぞれ個人の服装を選んでいくのはもちろん、両家で雰囲気を合わせていくのも大切です。全く違う服装にならないように意識し、食事会を開く当人同士できっちりとコミュニケーションをとりましょう。

服装をはじめ、食事会では家族の顔合わせと認識している方も多く、場合によっては兄弟、祖父母まで参加する食事会もあります。そういった参加状況やお店の雰囲気、それぞれのだいたいの服装をお互い把握しておきましょう。

両家でバランスをとらないと気まずい雰囲気になる?

食事会の服装は、両家でバランスを保った服装を選ぶのがポイントです。顔合わせで初めてお互いの両親に会う人も少なくないので、きちんと当人同士で知らせておきましょう。服装のバランスが悪いと、最初から気まずい雰囲気になります。

それぞれの家庭によってドレスコードの基準がそれぞれ違います。どちらかがしっかりとした服装、そして相手がカジュアルな服装で訪れると一気に相手への印象が悪くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

顔合わせの時は、事前に簡単でもどういった服装で来るのかリサーチも必要です。男性はスーツなのか、女性はワンピース、もしくは着物で訪れるかも確認しておく必要があります。

事前にうち合わせすることが食事会のポイント

先ほども紹介した通り、食事会の服装は事前に打ち合わせでだいたい把握しておくようにしてください。顔合わせよりも前に両家の親が連絡を取り合うことはまずないので、基本的には結婚する2人で打ち合わせを行いましょう。

男性はスーツなのかGパンのようなカジュアルな服装で行くのかも合わせる必要があります。また、特に注意するべきなのは、女性、母親同士になります。母親同士で格式の違う服装だと少し気まずい雰囲気になります。

もともと両親同士が仲良くても、顔合わせは結婚するための大切な儀式でもあります。なるべく親同士の連絡は避けて、食事会についてはすべて結婚する2人が動くようにしてください。服装もお店を選んでから決めていくのがポイントです。

顔合わせの時の服装は?

顔合わせの時は、男性、女性ともにふさわしい服装のイメージがあります。結婚するための大切な儀式でもあるので、カジュアルすぎない服装を心がけましょう。母親、父親もポイントとなる服装がいくつかあります。

今回は顔合わせの食事会でおすすめの服装をまとめてご紹介していきます。結婚する2人の女性、男性の服装をはじめ、母親や父親の立場で顔合わせの食事会に参加する方にもおすすめの情報になります。

気軽なつもりでも顔合わせの場合「よそいき」じゃないとNG!

食事会の服装は、カジュアルな雰囲気のお店でもそれなりの礼儀と清楚な部分を入れていくのがポイントになっていきます。自分の服の中でもよそいきの服装を選んでいき、その中でもカジュアルな雰囲気のものを選びましょう。

基本的に女性はデニム生地の服装は避けるようにしてください。サンダル、ブーツではなくハイヒールのパンプスなど履くようにしましょう。ワンピースの服装が多く、スカートの丈もひざ下など短すぎないようにしましょう。

男性はカジュアルな食事会でも、ジャケットを中心に服装を考えていくのがおすすめです。ジャケットがあるだけで清楚でたくましいイメージを与えることができ、女性同様にデニム生地は避けましょう。スニーカーではなく、革靴がおすすめです。

男性

結婚する当人で男性側は基本的にスーツがおすすめです。定番のブラックスーツをはじめ、お店の雰囲気によってグレーやネイビーなど色合いを変化させていくのがおすすめです。使用感が出ないよう、事前にクリーニングに出しておきましょう。

普段、仕事でスーツを着用しない方はジャケパンスタイルと呼ばれるジャケットとパンツスタイルで食事会に参加する方が増えています。スーツよりもおしゃれな着こなしを楽しむことができ、本人のスタイルに合わせることができます。

ネクタイの色合いはシンプルな物を選び、食事会の雰囲気によってはワイシャツなどに遊び心を加えてみるのもおすすめです。兄弟として参加する場合もスーツやジャケパンスタイルが多いので、事前に色合いを確認しておきましょう。

女性

女性は食事会の際、雰囲気や場所にもよりますが基本的に上品なコーディネートがおすすめです。顔合わせはめでたい席でもあるので、決して暗めの色合いではなく、パッとみて明るい雰囲気の服装が人気を集めています。

行き過ぎた派手さ、そして露出の多い服装は相手の親に良い印象を与えません。夏でも袖ありドレスがおすすめになり、食事会ではストールが邪魔になるので控えましょう。明るく、爽やかな色合いのドレス、ワンピースを選びましょう。

綺麗な色合いの大人のドレスは、どの雰囲気のお店にも合うのでおすすめです。食事会でスーツのパンツで来る女性もいますが、せっかくの席なので女性らしさをアピールしましょう。髪の毛もアップにするのがおすすめです。

父親

食事会の父親の服装は、結婚する当人と同じようにスーツかジャケパンスタイルがおすすめです。ですが、一家の大黒柱となるので、ジャケパンスタイルよりもブラックのスーツでびしっと決める方が多くいます。

父親のスーツの色合いは食事会の前に相談しておくのがおすすめです。また、カジュアルなスタイルなのかも聞いておくと親切です。家庭によっては父親は羽織で登場する可能性もあるので、羽織の場合は羽織で合わせるようにしましょう。

ネクタイもシンプルなものがおすすめになり、ワイシャツは白が一般的です。父親の威厳を感じるようなスーツをはじめ、羽織は日本食の食事会の際におすすめです。結婚する当人同士でしっかりと打ち合わせするようにしましょう。

母親

食事会での母親の服装は、両家できちんと格を合わせておく必要があります。母親の服装は、ワンピースやパンツスタイル、スーツなどさまざまあり、結納で多いのは着物になります。両家できちんとどういった服装なのか話し合いましょう。

母親世代で多く所持しているのはセレモニースーツになり、食事会のカジュアルな顔合わせならセレモニースーツで訪れる方も多いです。顔が明るく見えるカラーワンピースも良いですが、基本的には少し抑えめの色合いがおすすめです。

着物場合は、きちんと事前に打ち合わせしておきましょう。柄まで打ち合わせする必要がありませんが、両家とも着物で来るのかどうかだけは合わせておくのがおすすめです。着物の場合は、小物まで揃え、髪の毛もアップしましょう。

食事会の服装以外に押さえておきたいポイント

食事会では服装以外にもさまざまな事柄を決めておく必要があります。また、当日も結婚する当人が話題を振り、家族への挨拶も行うため、さまざまな事項を予め打ち合わせしておく必要があります。

今回はそんな大切な食事会で服装以外にも気を配ってほしい事柄を紹介していきます。誰もが初めての経験になるので、本番は緊張してしまう可能性もあります。ですが、それぞれの家庭の雰囲気を見て楽しい食事会にしましょう。

当日の進行例や注意点は?

まず、食事会で両家の待ち合わせ場所を決めます。直接店で待ち合わせがおすすめです。席に通された後は、手土産を用意している場合、この場で渡すのがおすすめです。食事会の始まりの挨拶として、結婚する男性側が挨拶をします。

そして、家族の紹介になります。それぞれ男性側、女性側の結婚する当人が紹介するようにしてください。紹介がすんだら、結婚指輪もしくは結婚記念品を披露します。そして、乾杯をし、食事会をスタートさせましょう。

食事会では最後にみんなで記念撮影を行うのがおすすめです。また、カジュアルなお店では食事がどんどん運ばれてくる可能性もあるので、事前に店側に相談してみるのもおすすめです。男性側の挨拶は、2人で考えると良いでしょう。

時間はどの程度適正?おすすめの時間は?

顔合わせの食事会は、だいたい2時間から3時間ほどが定番となっています。個室を取ってゆったりと過ごせる場合は、3時間ほど時間を取っておくとお互いのこと話す時間が増え、より一層親交を深められます。

食事会の時間はランチタイムがおすすめです。食事会は思いのほか体力を使います。そのため、夜には家に帰って家族の時間を過ごすのがおすすめです。もちろん、ランチに時間の合わない方はディナーでも大丈夫です。

食事会には決まった流れは存在しません。それぞれの家庭や食事会の雰囲気によって2人らしい顔合わせを作り出すのもおすすめです。その際はきっちりと両家の親に承諾を得て、流れを説明しておくのもおすすめです。

家族紹介の方法は?

食事会で1番緊張するのが、家族の紹介だと言われています。まず男性側から家族紹介をはじめ、両親の紹介が1番最初になります。出席している家族だけの紹介で大丈夫なので、1人ずつ名前を伝えていきましょう。

男性側が終わったら女性側も両親の紹介から始めます。紹介し終わった後は、両親側から相手の印象を伝え合い、母親のコメントで締めるのが多いです。ですが、コメントなしでもそのまま次の段階に行って大丈夫です。

食事会の間で会話が弾むように、家族紹介の際に1人1人の趣味や特技、仕事内容も付け加えておくのもおすすめです。紹介後に相手に会話を切り出しやすく、有意義な時間を過ごすことができます。

食事会ではお酒もほどほどに

食事会などお祝いの席に欠かせないのがお酒になります。食事会のコースではお酒付きのコースが多く設置されており、ビールやワイン、焼酎など好きなお酒を飲みながら楽しい時間を過ごせます。

お酒を飲む際に注意するのが、飲みすぎになります。家庭によっては毎日お酒を飲む方、飲まない方、お酒を受け付けない方もいるので、そういった情報も事前に両家で共有しておくようにしましょう。

結婚する2人は特に、食事会でのお酒はいつもより少なめに飲むようにしてください。基本的に食事会は2人がエスコートしていき、途中で挨拶も入るので、酔っぱらうとせっかくの食事会が台無しになります。

また、当人でなくても、食事会の飲みすぎには注意しましょう。初めての顔合わせで相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあるので、お酒の量は充分配慮してください。

気になる食事会の服装もこれで安心!

一生に一度の幸せな体験「食事会」。両家の顔合わせで服装が心配な方も、この記事を参考にすれば食事会を成功させられるはずです。服装は自分で考えるのはもちろん、きちんと両家の情報を把握してから選ぶようにしてください。食事会の服装、流れを把握して楽しい充実した時間を過ごしてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mdn

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ