タルトフランベが美味しいと大人気!東京で味わえるお店やレシピは?

2019年3月16日 (2019年3月18日最終更新)

タルトフランベはフランスのアルザス地方の郷土料理で日本でも専門店があるほどの人気ぶり。レシピは比較的簡単で自宅でも簡単に手作りすることも出来ますし、東京にはタルトフランベを食べられる飲食店も沢山あります。そんなタルトフランベについてたっぷりご紹介します!

目次

  1. 美味しいと話題の「タルトフランベ」についてご紹介
  2. 必見!タルトフランベってどんな料理?
  3. タルトフランベを作ってみよう!【生地レシピ】
  4. タルトフランベのおすすめレシピ3選
  5. 東京で「タルトフランベ」を味わえるお店5選
  6. 「タルトフランベ」の専門店ってあるの?
  7. 福岡で現在営業中のタルトフランベの専門店「allan」
  8. タルトフランベを作って味わってみませんか?

美味しいと話題の「タルトフランベ」についてご紹介

皆さんはタルトフランベという名前を聞いたことがありますか?初めて聞くという方も多いだろうタルトフランベはピザのような日本人好みの食べもの。実はタルトフランベの専門店があるほど日本でもメジャーになりつつある食べものです。今回は食べやすく、美味しいと評判のタルトフランベについてたっぷりご紹介していきます。

必見!タルトフランベってどんな料理?

日本には専門店があるというほどのタルトフランベとは一体どんな料理なのでしょう。一見名前だけを見てスイーツ?と思った方はいませんか?タルトとフラッペが合わさったような名前のタルトフランベはスイーツではなく、パンのような存在で食事としてメインで食べる料理です。もう少し詳しくタルトフランベについてご紹介します。

フランスのアルザス地方の郷土料理

東京で人気のタルトフランベはフランスアルザス地方といわれる地域の郷土料理です。アルザス地域はフランスの中東部にあり、東がドイツとスイスに接する日本の兵庫県ほどの大きさ、人口は鹿児島県とほぼ同じ程度の地域です。

タルトフランベはそんなアルザス地方で自然発生的に生まれた料理とも、1人の農夫によって生み出されたものともいわれています。

ひとつめはフランス・アルザス地方でペスト病が流行して遠方の素材を使うことが出来なかった時村の病院長が田舎の村で調達できる素材だけを使って出来るだけ栄養のあるものを食べさせようと、当時田舎の村のどこかには必ずあったオーブンを使ってタルトフランベが作られたという伝説。

そして、もうひとつの伝説1~2週に1回パンを焼いていた農夫が薪オーブンの温度の知るための目安としてタルトフランベを焼いていたという話です。どちらもとても信憑性のある話で納得です。

アルザス風ピザ

専門店があるほど人気のタルトフランベはアルザス風のピザです。小麦粉を主原料とした生地の上に具材をのせてオーブンで焼きあげた料理で、一般的に庶民の間で食べられていたと考えられています。

イタリアでもナポリとローマのピザが違うように、ヨーロッパといっても各地で似ていてもちょっと違ったピザのような食べ物が食卓に上っていたようです。

イタリアのピザとは、どこが違うの?

東京で人気のあるタルトフランベがイタリアのピザと大きく違うのはトマトを使わないところ。フランスやドイツにトマトが普及したのは最近のことで、タルトフランベが考えらた頃はフランスにトマトというものが存在していませんでした。

ですから伝統的なタルトフランベにはトマトソースは一切使われていません。また、生地がとても薄いのも特徴的です。

どうして人気の料理になったの?

フランスのアルザス地域という限定された地域で作られていたタルトフランベはイタリアのピザが有名になるにしたがって名を知られるようになります。1960年代に熱狂的なピザの流行と共にアルザス地方以外では知られることのなかった家庭の味が一気に広まったのです。

タルトフランベを作ってみよう!【生地レシピ】

東京で人気のタルトフランベは家庭でもオーブンがあれば簡単に作ることができます。シンプルな材料で料理の苦手な人でも楽に作ることができますのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。基本の生地の材料とレシピをご紹介します。のせる具材は後程紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

生地づくりに必要な材料

タルトフランベの生地は実にシンプルです。小麦粉、オリーブオイル、そしてドライイーストの3つだけ。ドライイーストはなければなしでも構いません。タルトフランベのトッピング具材のバリエーションは次の項の「タルトフランベのおすすめレシピ3選」で紹介するのでぜひ参考にしてください。

原材料


  • 小麦粉:150g

  • オリーブオイル:大2

  • 塩:少々

  • ぬるまゆ:50cc

  • 水切りヨーグルト:50g

  • 生クリーム:50cc

  • 塩コショウ:少々

  • ナツメグ:少々


作り方

タルトフランベの作り方はボウルに小麦粉とオリーブオイル、塩を入れてぬるま湯をゆっくり注ぎながら混ぜます。全体を5分くらいこねてラップをして1時間くらい生地を休ませます。

生地を極薄くのばし、天板にバターを塗って小麦粉を振り、その上に生地をおきます。生地に水切りヨーグルト、生クリーム、塩コショウ、ナツメグを混ぜたソースを塗り、好みの具材をのせます。オーブンを250度に予熱して、15分くらい焼き、生地の周辺がカリっとしてきたら出来上がりです。

タルトフランベのおすすめレシピ3選

日本に専門店もあるタルトフランベはトマトソースを使わないさっぱりとした料理です。トッピングの味も引き立つのでついつい食べ過ぎてしまいます。

ビールやワインにもぴったりのレシピや子供たちのおやつにもおすすめのレシピなど美味しいレシピ3選をご紹介します。

1:明太子と青ネギのタルトフランベのレシピ

お酒がどんどん進むおすすめのレシピは明太子と青ネギのタルトフランベです。明太子は薄皮から出してマヨネーズと酒を合わせておきます。青ネギは小口切りにして生地に明太子ソースを塗ります。青ネギを全体に散らしてオーブンで焼きます。焼けたら刻みのりを散らして完成です。

2:ベーコンと玉ねぎのタルトフランベのレシピ

どんなご家庭にも大抵常備されている玉ねぎとベーコンですぐに作れるタルトフランベです。玉ねぎは薄くスライスし、ベーコンは1センチ幅ぐらいにカットします。玉ねぎを先にのせ、次にベーコンをトッピングし、好みで塩、こしょう、ナツメグを振って焼き上げたら出来上がりです。

玉ねぎの甘みとベーコン、さらに生地に塗ったソースとの相性が抜群で癖になる美味しさです。

3:リンゴのタルトフランベのレシピ

リンゴの時期にぜひ作りたいかわいいリンゴのタルトフランベです。リンゴは皮つきのまま洗って芯を除き、2mm程度の薄皮切りにしてグラニュー糖とレモン汁を振りかけて少しの間置いておきます。

生地に塗るのは水切りヨーグルトのみでOK。リンゴをきれいに並べて蜂蜜を全体に回しかけ、好みでシナモンを振ってオーブンで焼き色がつくまで焼きます。

東京で「タルトフランベ」を味わえるお店5選

フランスの伝統料理である東京で人気のタルトフランベ。レシピも簡単で自宅でも簡単に手作りできますが、やっぱりプロの焼いたタルトフランベを味わってみたいもの!そこで東京でタルトフランベを味わえるお店を5店舗ご紹介します。美味しいワインやビールと一緒にぜひ絶品タルトフランベを満喫してください。

1:ボン・グゥ 神楽坂【神楽坂】

前菜が主役の新しい立ちプのフレンチ料理が楽しめるレストラン、ボン・グゥ神楽坂はメイン料理よりも前菜で食事を楽しみたいという人たちに大人気のお店です。料理の量をハーフ、フルで選ぶことができ、好きなものを好きなだけ頼むことが出来ます。

お店名物のタルトフランベは特選生ベーコンと淡路玉葱や釜揚げシラスと吉野川産青海苔、さらに黒トリュフとクリームチーズなど魅力的な組み合わせばかり。リンゴとはちみつの甘いタルトフランベもあり、ハーフサイズは1000円程度で楽しめます。

白を基調とした開放感のある店内はデートにもぴったり。カウンター席もあるので1人飲みにもぜひおすすめです。店内の席数は全部で32席。貸し切りも可能なので打ち上げやパーティーでも利用できます。

営業時間は11時から14時までで夜は17時から22時まで。定休日は毎週月曜日と第3火曜日です。お店へのアクセスは東西線神楽坂駅1番ん出口から徒歩1分ほど。飯田橋駅からは徒歩15分です。

住所 東京都新宿区矢来町107 細谷ビル 2F
電話番号 03-3268-0071

2:房's 新宿 【新宿】

房's 新宿はグラスワインの種類が36種類、ボトルワインは100種類以上もあるワインダイニングで、イタリアンフレンチの流れを汲む創作料理が人気です。カウンター席はもちろん、ロフト席や半個室の掘りごたつ席、円卓などもあり色々なシーンで利用できます。隠れ家的な雰囲気を満喫できるロフト席は女子会などにおすすめです。

タルトフランベはトマトとアンチョビがトッピングされた人気メニューで600円ほどで食べることが出来ます。飲み放題のコースやビュッフェなどプランに合わせた楽しみ方ができるのでぜひおすすめです。

営業時間は月から金が17時から24時まで、土曜日は16時半から24時まで、日曜祝日は16時半から23時半までで年末年始が定休日です。アクセスはJR新宿駅の中央東口出口から徒歩1分ほど。店内は140席ほどの広々とした空間です。駐車場はありませんが近隣に新宿駅の駐車場があるのでそちらに駐車すると便利です。

房's ボウズ 新宿店 新宿東口

P021937389 168
ジャンル:
新宿 / ダイニングバー・バル
住所:
東京都新宿区新宿3-36-12 杉忠ビル3F
営業時間:
月~金、祝前日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)土: 16:30~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)日、祝日: 16:30~23:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)
平均予算:
3,001〜4,000円
提供: Hotpepper s

3:ビアホール 銀座ライオン 銀座五丁目 GINZA PLACE店 【銀座】

ビアホール 銀座ライオン 銀座五丁目 GINZA PLACE店では生ハムのタルトフランベが1180円で味わうことが出来ます。銀座ライオンこだわりのビールはすっきりとしたのどごしと苦みが少なくとても飲みやすいと評判です。

名物のローストビーフは歴史ある伝統の一皿で遠赤外線で焼き上げてあります。表面は香ばしく、名かはやわらかくジューシーでとろけるような味わいです。

ランチタイムから通しで営業しているのでタルトフランベとビールで昼から軽いランチを楽しむのも悪くありません。営業時間は月曜から土曜日が11時半から23時で、日曜祝日が11時半から22時までで定休日はありません。

お店へのアクセスは東京メトロ銀座線直結で徒歩1分ほどです。駐車場はないので電車でのアクセスがおすすめです。154席ほどある広々としたビアホールで二次会や同窓会にもおすすめです。

ビアホール 銀座ライオン 銀座五丁目 GINZA PLACE店の予約はこちら

4:クニオミ【恵比寿】

恵比寿で人気のクニオミではフランスアルザス地方の伝統料理であるタルトフランベがキノコたっぷりのメニューで楽しめます。

クニオミは美味しい和牛赤身肉が食べられることで人気で、阿蘇で育った熊本県産のあか毛和牛は何度でも食べたくなるおいしさです。岩手県産の短角和牛と一緒に楽しめる豪華なプランなどもあり、お肉好きにもぜひおすすめです。

お店の営業時間は月曜から土曜日まで18時から23時で、毎週日曜日が定休日です。店内はテラス席が8席とテーブル20席ほどの比較的こじんまりとしたお店で、ぜひとも食べたい夜には予約がおすすめです。

アクセスはJR恵比寿東口から徒歩5分、地下鉄恵比寿駅からは徒歩7分です。駐車場はありませんが、近隣にはコインパーキングがあるので車でのアクセスも可能です。

クニオミの予約はこちら

5:CANARIA【赤坂見附】

CANARIAはチーズの専門店で料理はすべてラクレットチーズに合うものばかりです。季節のチーズや料理も楽しめるお店で、木のぬくもりを感じる店内は個室も完備され、ゆったりと過ごすことが出来ます。

営業時間は月から金までが11時半から15時、ディナーが17時から23時半までです。土曜日はランチが11時半から15時、ディナーが17時から23時まで。日曜祝日は貸し切り営業のみ行っています。

アクセスは「赤坂見附駅」より徒歩3分、「赤坂駅」より徒歩4分程です。店内は42席ほどでカウンター席やテーブル席があります。

専用のオーブンで熱した4種類のラクレットチーズをソーセージやじゃがミートセット、ミックス野菜セットなどにたっぷりとかけていただきます。2~3人前で2000円程度です。

CANARIAの予約はこちら
Frenchフレンチは東京!カジュアルなランチやミシュランの名店に夜景が見える店等を紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
芸術作品のように華麗なお料理が楽しめるフレンチ。高級なイメージがあり、足が遠のいてしまいがち...

「タルトフランベ」の専門店ってあるの?

フランス・アルザス地方の郷土料理でもあるタルトフランベは日本に専門店があります。現在は閉店してしまっていますが、東京の広尾で人気のあったお店のようです。

東京広尾にあったタルトフランベの専門店とはどんなお店だったのかご紹介します。また、再び再開することを願いたいばかりです。

Brasserie La Cigogne【広尾】が日本初の専門店と言われています

現在閉店中のBrasserie La Cigogneは東京広尾にあるタルトフランベの専門店です。1000円で食べられるタルトフランベが人気で、トラディッショナル、グラティネ、マンステール、シャンピニオンなど本場顔負けのタルトフランベが2000円前後で食べられるお店でした。

かつての口コミからはランチタイムには沢山のお客さんんで賑わっていた様子がうかがえます。ぜひ再開の折には足を運んでみてください。

福岡で現在営業中のタルトフランベの専門店「allan」

福岡にはタルトフランベ専門店のallanというお店があります。パイ生地にチーズなどを塗って具材をトッピングし、サクッと焼き上げたタルトフランベが10種類ほど食べることが出来ます。本場のものはもちろん、和風テイストのものまでワンコインで楽しめます。

専門店の店内は開放的な空間でカウンター席やテラス席もあります。屋上にはテラスビアガーデンもあり、夏は開放的な気分でお酒とタルトフランベを楽しめます。

アクセスは西鉄天神大牟田線の西鉄福岡駅から徒歩5分、地下鉄空港線の天神駅から徒歩5分です。駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングがあるので車でもアクセスできます。

allant アラン

P031753521 168
ジャンル:
天神 / カフェ・スイーツ
住所:
福岡県福岡市中央区大名1-13-3Remix西通り3F
営業時間:
月~木、日、祝日: 11:00~16:30 (料理L.O. 16:00 ドリンクL.O. 16:00)17:30~22:30 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)金、土、祝前日: 11:00~16:30 (料理L.O. 16:00 ドリンクL.O. 16:00)17:30~23:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)
平均予算:
3,001〜4,000円
提供: Hotpepper s
Original福岡のフレンチランキングTOP15!ミシュラン掲載の名店など人気店をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
さまざまなジャンルのグルメがあつまる福岡は、九州を代表する人気グルメスポットです。今回はそん...

タルトフランベを作って味わってみませんか?

いかがでしたでしょうか。東京で人気、専門店もあるタルトフランベはフランスアルザス地方の郷土料理で、ピザとはちょっと違った食感と味わいが魅力の料理です。手作りで楽しむのも良いですが、東京ではには美味しいプロのタルトフランベを食べられるお店も沢山あるので、ぜひ食べに出かけてみてはいかがでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
nyaokaka

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ