サッカー観戦の服装は?季節別のおすすめコーデからあると便利な持ち物まで!

2019年3月25日 (2019年9月1日最終更新)

サッカー観戦に初めて行くという場合に心配になるのが服装です。サッカー観戦の服裝はどのようなものがいいのでしょうか。そこで基本の服装のほか夏や冬、雨などの気候に合わせて用意する持ち物について紹介します。うまく組み合わせて楽しんでください。

目次

  1. 【ファッションコーデの提案】サッカー観戦の服装をどうすれば良いの?
  2. サッカー観戦のお役立ち情報
  3. サッカー観戦の服装!これは絶対NG!
  4. サッカー観戦の服装!おすすめしたい特徴
  5. サッカー観戦で便利なアイテム
  6. 季節別おすすめアイテム&コーデ
  7. サッカー観戦で他に気をつけたいこと
  8. サッカー観戦の服装を知っておけば失敗しない!

【ファッションコーデの提案】サッカー観戦の服装をどうすれば良いの?

ワールドカップやJリーグなど、サッカー観戦を楽しんでいる方は多いのではないでしょうか。一方で、友達に誘われて初めて行く場合、どんな服装で行くのか、どんな持ち物が必要なのかわからないという方もいるかもしれません。そこでサッカー観戦の服装について紹介します。

サッカー観戦のお役立ち情報

ふだん実際にサッカー観戦に行くことがないという方でも、サッカーがどんな競技で、どんな場所で行われるのかはご存知でしょう。しかし実際にテレビなどで見る観戦の様子を見ると、ユニフォームなど持っていないアイテムを着用している方が多く、どうしようか悩む方も多いのではないでしょうか。

そもそもサッカー観戦とは何をするの?

サッカー観戦とはその名の通り、サッカーの試合を観戦に行くことです。応援しているチームがあれば、そのチームの勝利を願って応援している方も多いでしょう。大好きな選手が活躍するところを間近で見られるのはサッカーに限らずスポーツ観戦の醍醐味かもしれません。

サッカー場の雰囲気は?

実はサッカー観戦初心者の方にとっても楽しめるところはきちんとあります。Jリーグの場合は各チームにマスコットキャラクターがいて、そのキャラクターがスタジアム周辺に出没するのだそうです。キャラクターとじかに触れあうことができるのもまた楽しみの一つなのだそうで、特に女性だとこれが楽しみという方も多いそうです。

また、飲食しながらのサッカー観戦もできます。スタジアム周辺ではそのチームにちなんださまざまなフードやスイーツもあるので、それらを楽しむのもおすすめです。もちろん食べ物飲み物の持ち込みもできますが、アルコールに関しては入場口で紙コップにうつすことが決められています。

このように、サッカー観戦は考えているよりも気軽に楽しむことができます。そのにぎやかで楽しい雰囲気は初めて来た緊張感を取り去ってくれるかもしれません。

サッカー観戦の服装!これは絶対NG!

では次に、サッカー観戦の服装について具体的に見て行きましょう。実はサッカー観戦の服装はさほど面倒なきまりがあるわけではありません。後で触れますが、別にそのチームのユニフォームをわざわざ購入する必要もないのです。そうは言ってもやはりこれは避けた方がという服装もあるので、まずはそこから確認しましょう。

スカートコーデ

デートでサッカー観戦に行くという場合に女性がしてしまうのがスカートコーデです。しかし実はスカートコーデはサッカー観戦にはおすすめしない服装です。サッカー場は傾斜が急で階段の上り下りが多いので、ミニやタイトは視線が気になりますし、マキシ丈は歩きにくいからです。

デートなどで何が何でもスカートじゃなきゃ、という方は膝丈のスカートをおすすめしますが、そもそもサッカー観戦は思いきりはじけて楽しむものですから、パンツスタイルが絶対的におすすめです。

過激な露出系の服装

ミニやタイトのスカートとも関係しますが、あちこち露出するような服裝も避けましょう。そもそもサッカーは外での競技なので、特に暑い時期だとあっという間に日焼けしてしまいます。思いきり動いても他の人の視線が気にならないような服装を選ぶことをおすすめします。

色にも注意して!

サッカー観戦初心者の方が一番気をつけた方がいいのが「色」です。実はサッカーの場合、チームカラーがあります。男女ともにユニフォームを着用すればその「色」の服を着用することになるのですが、そうではない場合、気をつける必要があるのです。

基本的に観戦に行くときは、相手チームのチームカラーは避けたほうが無難です。特にJリーグの同じ県内同士の試合の場合は、やはりそれだけヒートアップしがちなので、相手のチームカラーは避けましょう。よくわからなければモノトーンにすれば安心です。

ハイヒール

先ほどのスカートコーデでも少し触れましたが、実はサッカー観戦は歩く距離が長いことが多いのです。まずほとんどのスタジアムは最寄り駅からけっこう歩かなければなりません。さらに座席までの移動は急な階段の上り下りが多いなど、とにかく歩きます。ですからハイヒールにしたら足が痛くなって応援どころではなくなってしまいます。

サッカー観戦の服装!おすすめしたい特徴

サッカー観戦のNGコーデを先に述べたことで、男女ともどんな服装がおすすめなのかということはだいたい想像がついてきたのではないでしょうか。サッカー観戦は基本的にどんな服装でも楽しめるのですが、やはりちょっと気をつければさらに快適にサッカー観戦を楽しむことができます。

動きやすさを重視した服装

サッカー観戦におすすめの服装を一言で言うと「動きやすい服装」これに尽きます。たくさん歩いて、立ちっぱなしでワイワイ騒いでもいい服装ならば、思う存分弾けられますから本当に楽しいひと時を過ごすことができます。男女ともに動きやすいTシャツ、トレーナーなどにパンツというスタイルがいいでしょう。

男性も女性もユニフォームならば無難

その動きやすさと先ほど触れた「色」のマナーの両方をクリアできる服装が、多くの観客がしているユニフォームということになります。Jリーグなどでは記念Tシャツやユニフォームなどをプレゼンとしてくれる試合もあるようなので、もしそういった試合に行けそうなら狙ってもいいでしょう。

ただ、レプリカのユニフォームはけっこうな値段がするため、初めて行くという方にはちょっとハードルが高いかもしれません。そういった方には応援用のコンフィットTシャツというものがあります。こちらはユニフォームとは少しデザインが違いますが、値段がお手頃なので、記念に購入するのもおすすめです。

スニーカーもおすすめ!

先ほどハイヒールのところで触れたように、サッカー観戦はとにかく歩きます。さらに立ちっぱなしの時間も長く、足も疲れやすいです。そうなると履物の選択も「疲れにくく動きやすいもの」ということになります。運動靴、スニーカーなど、とにかく動きやすい靴を選びましょう。

汚れても大丈夫なファッション

もう一点、サッカー観戦のファッションとしておすすめのポイントは「汚れても大丈夫なもの」ということです。サッカーは屋外競技ですから、どうしても汚れやすいです。デートでサッカー観戦ということもあるかもしれませんが、汚れてもよく、動きやすい服装でないとやはりいろいろ気になり楽しめません。

また、後で詳しく触れますが、サッカーは基本的に雨天でも試合をします。さらにスタジアムでは傘を使えないので、雨が降った場合の対策も忘れずにしておくとさらに安心です。

サッカー観戦で便利なアイテム

それでは服装が決まったところで、次にサッカー観戦に持って行くと便利な持ち物について紹介していきます。お財布などは忘れる方はいないでしょうが、他にもちょっとした持ち物がとても役に立つということがあるので、チェックしておきましょう。なお、荷物は必要最小限にしておくと身軽に動けます。

チケットホルダー

サッカー観戦にはもちろんチケットが必要なのですが、実はスタジアムではチケットの提示を求められることが以外と多いのだそうです。カバンなどにしまっていざというときに出てこなかったら焦ってしまうので、チケットホルダーがあると便利です。オフィシャルグッズでなくても100円ショップなどで購入することもできます。

首から下げられるタイプのチケットホルダーだと、なくしたりしにくいですし、必要な時にすぐに見せることができて便利なのでおすすめです。

オペラグラス

スタジアムは広いですから、座席によっては選手の背番号が見えないこともあります。好きな選手の活躍をしっかり見るためにはオペラグラスがあると便利です。こちらも特別なオフィシャルグッズなどではなく、ふつうにお手頃な値段で販売されているもので十分に楽しめます。

シュシュ

これは女性におすすめの持ち物です。スタジアムにはその日の天候によって吹きさらしの場所や風が強い場所があります。長い髪が乱れたり、隣の方の顔に当たったりすると困るので、髪をまとめられるものがあったほうがよいでしょう。

このシュシュですが、髪をまとめるほか、手首などにつけて楽しむこともできます。また先ほどのチームカラーを使ったシュシュにすれば、初めてのサッカー観戦でも一体感を味わうことができます。ぜひ持ち物にシュシュを入れておきましょう。

ビニール袋

ビニール袋というとゴミを入れるためとすぐ考えますが、実はそれだけではありません。スタジアムは座席に荷物を置くスペースがないため、持ち物は大きめのビニール袋に入れて足元に置くと荷物が汚れずにすみます。特に雨の時には荷物を汚さないためにも必需品と言えるでしょう。大小用意するのがおすすめです。

レインポンチョ、カッパ(雨対策も持ち物に入れること)

先ほど触れたように、サッカーの試合は雨天でも行われます。しかもスタジアムは傘が使えないため、雨が降りだすと体が濡れてしまいます。近年ではゲリラ豪雨など、天気予報になくても突然雨に降られることがあるので、できるだけ雨具は準備していきましょう。

レインポンチョやカッパなどはもちろんスタジアムで購入することもできますが、やや値段が高めですし、雨が降りだすとあっという間に完売してしまいます。できるだけ持ち物の中に入れて持って行きましょう。

ウェットティッシュ

先ほど、おすすめの服裝として「汚れても大丈夫なもの」と述べましたが、それでもやはり最初から汚れてしまうのはできれば避けたいところです。座席に座る前に座席を拭く、飲食の時に手などを拭くなど、ウエットティッシュがあれば手軽に汚れを拭き取ることができて便利です。

着替え

夏に汗をかいてしまったとき、雨に降られてしまったとき、そのままでいると体を冷やしてしまうかもしれません。本格的に全部着替えられなくても、替えのTシャツなどがあれば少しはましになるでしょう。持ち物が多くなってしまうこともあるので、コンパクトにまとめて持って行くのをおすすめします。

レジャーシート

サッカーのスタジアムは、場所によって座席のない立見席の場合があります。そのような時には直接地面に座ることになってしまうので、レジャーシートがあると便利です。また入場待ちの時にもあるとちょっと腰をおろすことができて休憩を取ることができるのでおすすめです。

S字フック

S字フックがどこに必要なのかと考える方もいるかもしれません。S字フックは何に使うのかというと、座席や立見席にあるへりの部分にこれをかけると荷物を掛けて置くことができるのです。先ほど荷物は足元に置くと言いましたが、S字フックがあれば荷物の場所が確保できるわけです。

季節別おすすめアイテム&コーデ

サッカーの試合は2月や3月から11月、12月ごろでも行われます。つまり暑いときも寒いときもあります。実際にサッカー観戦に行く時期によっては、上にあげた持ち物や服装では不十分ということもあるわけです。次に季節別に用意しておきたい持ち物について紹介していきましょう。

夏場の暑い季節

まずは夏場の暑い季節です。夏場のサッカー観戦でなによりも気をつけたいのはやはり「暑さ対策」です。特に近年の日本では夏場の気温が異常にあがりがちで、動かないでいるだけでも熱中症になる危険があるわけですから、炎天下で過ごすサッカー観戦では男女ともにその対策は欠かせません。

帽子やキャップ

試合が夕方以降であっても、日差しが強かったり、入場待ちの列で日差しに照らされたりすることもあります。帽子やキャップなど、頭を紫外線や太陽の光から守るのは必須です。ただし、男女ともにつばの広い帽子は他の人の邪魔になるので、キャップなどを選ぶとよいでしょう。

デオドラントシート

デオドラントシートで汗を拭くと、汗のにおいなどを抑えることはもちろん、さっぱりした清涼感があってすっきりします。暑いときにはこちらもやはり必需品と言えるでしょう。デオドラントシートにもいろいろな種類のものがあるので、普段使っているものがあればそれを持って行きましょう。

日焼け止め

サッカー観戦には日焼けは避けては通れません。もちろん観戦前にしっかりと塗って対策することになりますが、汗をかくとどんどん流れていってしまいます。塗るタイプのものでももちろんいいのですが、スプレータイプのものだと頭などにも使えるなど手軽なので、特におすすめです。

タオルやタオルマフラー

タオルやタオルマフラーももちろん必需品です。汗を拭くため、首を日焼けから守るためにはなくてはならないものなのですが、もしサッカー観戦の記念にと考えるならば、スタジアムでタオルマフラーを購入するという方法もあります。ファンの方との一体感も味わえますし、汗を拭いたりという実用性もあります。

サングラス

夏はどうしても日差しが強く、まぶしく感じることが多いです。せっかくサッカー観戦に行ったのに日差しがまぶしくて選手が見えなかったら楽しさも半減してしまいます。サングラスで目を守りながら試合を楽しむのがおすすめです。UVカット効果がしっかりあるものを選ぶと安心です。

飲み物

先ほど触れたように、サッカーのスタジアムは飲み物の持ち込みが可能です。熱中症対策のためにも飲み物はしっかりと準備していきましょう。可能ならば凍らせたペットボトルや氷を詰めた魔法瓶などがあれば安心です。また熱中症対策のために塩分が取れる飴やスポーツドリンクなどもおすすめです。

うちわ

これも暑さ対策には必需品です。デオドラントシートなどで拭いた後をうちわであおぐと、より清涼感が感じられ、熱中症を防ぐことにつながります。聞くところによるとうちわがあると体感温度が2度ほど下がるのだそうですから、やはり暑い夏のうちわは重要な持ち物の1つと言えるでしょう。

冬場の寒い季節

サッカーというと春から秋に行われることが多いせいか、あまり寒さ対策というのは考えていない方が多いかもしれません。しかし外で行われる競技である以上、予想外に寒いということはありうることです。寒いときにあたりそうな時、持っておくといい持ち物を紹介します。

手袋

次のマフラーにも関係しますが、防寒用品というのはどうしてもかさばります。できるだけ荷物が増えないようにしながら防寒効果も高めたいという場合、「首」のつく部分を保温することで、より効果的に防寒することができると言われます。手袋を使うことで効果的に保温することができるので、男女とも用意しておきたいところです。

マフラー

手袋のところで述べたように、効果的な防寒のために首を保温するのに大切なのがマフラーです。きちんとしたマフラーでももちろんいいのですが、先ほどの夏と同様にタオルマフラーやタオルをマフラーにするのもおすすめです。そうすることでファンの一体感を体験するのも楽しいものです。

暖かいアウター

スタジアムは野外で寒く、風が通ります。日常的に使うものよりもさらに暖かいアウターがあればそれを利用するとよいでしょう。また、いわゆるベンチコートと呼ばれる、風を遮断するタイプのアウターだとより防寒効果を高めることができます。重ね着なども上手に取り入れて、うまく保温しましょう。

ブランケット

寒さは足元からあがってきます。上は暖かいアウターやマフラー、手袋などを活用することで寒さを防げても、足元からの冷えはそれだけでは防ぎきれません。男女ともにひざ掛けやブランケットなどで下半身を覆うと、より寒さを防ぐことができます。コンパクトなものなどを用意するとよいでしょう。

折りたたみクッション

ブランケット同様、お尻からの冷えを防ぐのが折りたたみクッションです。スタジアムの座席はコンクリートやプラスチックが多く、どうしても冷たく感じがちです。ブランケットを敷くのもよいですが、クッションだとブランケットでサンドすることで暖かく過ごすことができます。

ネックウォーマー

女子だとマフラーを持っている方が多いでしょうが、男性でマフラーを持っていないという方にはネックウォーマーをおすすめします。最近では男性のファッションの一部として取り入れている方もいるのではないでしようか。こちらも首を温めることで防寒効果を高めることができます。

カイロ

ふだんあまり防寒アイテムを使わないという方だと、これだけのものを一気に揃えるのは大変という場合もあるでしょう。そういう方はカイロを利用しましょう。こちらも上手に利用することでより寒さを防ぐことが可能になります。いくつか用意して、寒さに応じて個数を増やすとよいでしょう。

耳当て

耳には体の熱を外に逃がすという役割もあると言われますが、それだけに外気に直接触れないようにすると体温の放熱を抑えることができるため、暖かく過ごすことができるようになります。特に寒い時期のサッカー観戦には耳当てがあると安心です。もちろんふだん使いもできるので、男女ともに持っておくのもよいでしょう。

Original気温別の服装コーデを徹底解説!天気や季節ごとの目安を詳しくチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
気温別・季節別の快適服装コーデを詳しくご紹介します。季節の変わり目や湿度・天気などによって快...

サッカー観戦で他に気をつけたいこと

以上述べてきたように、サッカー観戦は外で行うため、気候や天候によって持って行くものが違います。雨が降ったり暑かったり寒かったり、気候にうまく適応することが観戦を楽しむ点では重要なポイントかもしれません。

また、意外な盲点となるのが小銭とICカードのチャージです。最近ではスタジアムで電子マネーを使えるところが増えてきましたが、それでもちょっとした買い物などに小銭が必要ということもあります。また行き帰りの交通にICカードを使う予定の方は前もってチャージしておくとスムーズに移動できます。

サッカー観戦の服装を知っておけば失敗しない!

最近では男女ともにサッカーファンという方が増えてきて、初めてサッカー観戦に行くという方も増えてきています。気候や天候を見ながら、快適に観戦を楽しむことができるように、持ち物などをうまく準備しましょう。そうすればきっと、楽しいひと時を過ごすことができるかもしれません。

関連記事

Missing
この記事のライター
よしぷー

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ