東京メトロ24時間券で地下鉄が乗り放題!観光にもおすすめ!

2019年3月30日 (2019年3月30日最終更新)

東京都心を縦横無尽に移動できる東京メトロにはお得な「東京メトロ24時間券」があります。この「東京メトロ24時間券」は600円と言う破格の値段で期限内なら好き放題地下鉄に乗れる乗車券で、観光やビジネスで都内を移動する人に大人気です。

目次

  1. 東京メトロ24時間券はコスパ最強の乗車券
  2. 東京メトロ24時間券とはおすすめの乗り放題乗車券
  3. 東京メトロ24時間券の基本情報
  4. 東京メトロ24時間券の購入場所や方法・有効期限
  5. 東京メトロ24時間券のルール
  6. 東京メトロ24時間券を安く購入する方法はある?
  7. 東京メトロ24時間券の特典・優待
  8. 東京メトロ24時間券の乗り越し情報
  9. 人気乗車券「東京メトロ24時間券」は観光やビジネスにおすすめ!

東京メトロ24時間券はコスパ最強の乗車券

東京を移動する時に非常に便利なのが東京メトロです。東京メトロは本当に四方八方まで線路が張り巡らされており、基本的にはどんな場所でも近くまで地下鉄で行けます。そんな東京メトロを使って観光をしたりビジネスの外回りをしたりする際におすすめなのが今回ご紹介する「東京メトロ24時間券」です。

Original東京をフリーきっぷでお得に観光!おすすめの1日乗車券や買い方もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京でお得に電車に乗れると人気のフリーきっぷのおすすめ情報を詳しくご紹介していきます。東京に...

東京メトロ24時間券とはおすすめの乗り放題乗車券

東京メトロは数多くの路線があり、観光やビジネスで都内を移動する際にはもはや欠かせないインフラとなっています。ちなみに東京メトロの運賃は短い区間ならだいだい150円ちょっとです。

つまり東京都内の観光地などを3、4か所まわろうとするとすぐに600円を超えます。あらかじめ運賃を計算した時に600円を超えるならぜひ「東京メトロ24時間券」がおすすめです。

東京メトロ24時間券は観光やビジネスに人気!

「東京メトロ24時間券」は600円で期限内なら東京メトロの駅間を好きに移動することができます。

例えば東京都内には数え切れないくらい観光地があり、それを1日かけて回ろうとすると交通費だけでかなりの額になってしまいます。

しかし「東京メトロ24時間券」を利用すれば交通費を気にすることなく観光に集中できます。また本来交通費にかかる部分のお金をお土産の購入などに回せるのも嬉しいです。

『東京メトロ24時間券』と『東京メトロ1日乗車券』の違い

観光やビジネスシーンで大人気の「東京メトロ24時間券」ですが、実は東京メトロにはこれ以外「東京メトロ1日乗車券」があります。

24時間か1日かという違いですが使い勝手にかなり大きな違いがあるので特徴を理解した上で使い分けるといいでしょう。

まず「東京メトロ1日乗車券」は購入した日のみで使用できる乗車券です。例えば1月1日に「東京メトロ1日乗車券」を購入したらその日だけ東京メトロが乗り放題ですが、日付が変わって1月2日になると使えません。

東京メトロでは終電が日付をまたいだ後にある場合がありますが、そのケースでは東京メトロ1日乗車券は使えません。

これに対して「東京メトロ24時間券」は日付の制限がなく、24時間の間なら好きなだけ電車に乗れます。しかも「東京メトロ24時間券」は購入した瞬間から24時間ではなく、初めて改札に入れてから24時間なのもポイントです。

例えばとある日の午前9時に初めて「東京メトロ24時間券」を使ったら次の日の午前9時まで大丈夫です。しかもすごいことに「東京メトロ1日乗車券」と「東京メトロ24時間券」ともに600円です。

つまり「東京メトロ24時間券」は完全に「東京メトロ1日乗車券」の上位互換と言えます。もし観光やビジネスで東京を動き回るなら絶対に東京メトロ24時間券がおすすめです。

東京メトロ24時間券の基本情報

東京在住でも「東京メトロ24時間券」を使った経験がない方も多く、それを考えると地方の方はもっと「東京メトロ24時間券」のことを知らないでしょう。

そこでここでは「東京メトロ24時間券」を購入する時に値段や払い戻し、さらに利用可能な駅などの基本情報をご紹介します。

発売金額

「東京メトロ24時間券」は600円で購入することができます。ただしこの600円という購入金額は大人のものです。

大人とは反対に「東京メトロ24時間券」は子供だと半額の300円です。ですから小さいお子さんのいる家族連れほど「東京メトロ24時間券」はお得に購入できてコストパフォーマンスがいいのでおすすめです。

払い戻し

「東京メトロ24時間券」を買ったはいいもののスケジュールの変更等が理由でそこまでたくさん乗り換える必要がなくなるケースもあるでしょう。そんな時には「東京メトロ24時間券」を払い戻しすることができます。

ただし「東京メトロ24時間券」の払い戻しには条件があります。「東京メトロ24時間券」の払い戻しは有効期限内で使用開始前のものに限り可能です。

有効区間

「東京メトロ24時間券」は東京メトロに属している駅であればどこでも問題なく使用できます。

東京メトロには半蔵門線・東西線・副都心線・銀座線・丸の内線・千代田線・南北線・日比谷線・有楽町線がありますが、これらの路線にある駅なら全部大丈夫です。

路線図を見るとわかりますが本当に数多くの駅間を「東京メトロ24時間券」使って移動することができます。

東京メトロ24時間券の購入場所や方法・有効期限

観光やビジネスなどのいろいろなシーンで活躍する人気の「東京メトロ24時間券」ですが、いざ利用しようとするとどこで購入すればいいのか意外と分からないでしょう。

そこで「東京メトロ24時間券を使ってみたい」という人のために具体的な駅での購入場所や有効期限等をお教えします。

『前売り券』の購入場所・有効期限

「東京メトロ24時間券」の前売り券は東京メトロの定期券売り場で購入することができます。ちなみに東京メトロの定期券売り場は大きめの駅であれば基本的にはあります。

ただし大きい駅でも中野駅や西船橋駅や副都心線の渋谷駅などは定期券売り場がないので注意してください。

ちなみに「東京メトロ24時間券」の前売り券の有効期限は発売日から6か月いないの1日において、使用開始から24時間です。

『当日券』の購入場所・有効期限

「東京メトロ24時間券」の当日券は前売り券と比べると有効期限が短めなのですが、その一方でかなり簡単に購入できるので観光やビジネスに便利でおすすめです。

「東京メトロ24時間券」の当日券は東京メトロの駅構内にある券売機で購入することができます。普段電車に乗る時は券売機のタッチパネルで切符を買いますが、その要領で「東京メトロ24時間券」の当日券も買えます。

ただし前述しましたが「東京メトロ24時間券」の当日券は期限が短く、購入した日において使用開始から24時間です。

『当日券』の購入方法

さらに一歩踏み込んで観光客に大人気の「東京メトロ24時間券」の当日券の購入方法をご紹介します。券売機のタッチパネルは最初は普通の切符を購入する画面が開かれています。

しかし左端にある「一日券」というボタンを押すと一日券に関する項目を開くことができます。そのなかに「東京メトロ24時間券600円」というボタンがあるのでそこを押せばOKです。

東京メトロ24時間券を購入できるおすすめの駅1:銀座駅

日本人だけでなく最近では外国の観光客にも人気なのが銀座です。東京メトロの銀座駅で「東京メトロ24時間券」は買えます。

ちなみに銀座駅はいろいろな路線が乗り入れており、乗り越しも自在にできる駅なので特に東京観光の人におすすめの駅です。

住所 東京都中央区銀座四丁目1-2
電話番号 03-3562-1909

東京メトロ24時間券を購入できるおすすめの駅2:池袋駅

「東京メトロ24時間券」を購入するのにおすすめの駅としては池袋もいいです。池袋と言えば若者に人気の街です。

池袋駅の東京メトロの窓口は午前7時40分から午後20時まで開いていて、定休日がないので休日にも「東京メトロ24時間券」は買えます。

住所 東京都豊島区南池袋三丁目28-1
電話番号 03-3981-8511

東京メトロ24時間券のルール

「東京メトロ24時間券」は観光する時の行動範囲が広がるとても人気の乗車券ですが、当然便利な一方で守らないといけないルールもあります。

このルールを知らないで「東京メトロ24時間券」を購入するともしかしたら知らず知らずのうちに損をしてしまう可能性があるので注意してください。

有効時間は24時間

「東京メトロ24時間券」で絶対に守らないといけないルールが使用できるのが24時間以内という点です。この24時間の定義は初めて改札を通してから24時間です。

ただし24時間以内に改札を通過してしまえば降りる時の時間が24時間たった後でも大丈夫です。例えば有効期限がその日の0時までの場合、それまでに改札を通してしまえば降りるのが深夜1時等でも運賃を余計に取られることはありません。

乗り換え指定について

東京メトロには乗り換え指定というシステムがあります。JRなら路線を乗り換える時に改札を出ずに同じ構内を移動するだけで乗り換えができますが、東京メトロではそれができない駅が多いです。

例えば銀座駅で東京メトロの銀座線から半蔵門線に乗り換える場合などがそうです。この場合は銀座線の改札を出て半蔵門線の改札まで30分以内に移動しないといけません。

これに対して「東京メトロ24時間券」にはこの時間制限がないです。その意味でも「東京メトロ24時間券」はお得でおすすめです。

ICカードでは無い?

東京メトロに限らず現在ではICカードを改札にかざして電車に乗るのが主流です。とても便利ですが残念ながら「東京メトロ24時間券」にはこのICカードタイプのものがありません。

今後要望に応えてICカードタイプの「東京メトロ24時間券」が登場する可能性もありますが、いまは磁気タイプのものだけです。

東京メトロ24時間券を安く購入する方法はある?

「東京メトロ24時間券」は600円と非常にお得ですが、なかには「少しでも安く購入したい」という人もいるでしょう。

確かに普通の切符ならいろいろな方法でお得に購入できます。そこでここでは「東京メトロ24時間券」をよりお得に購入する裏技をこっそりとお教えします。

金券ショップで購入できる?

電車の切符をお得に購入できると人気なのが金券ショップです。大きな駅の周辺にはたいてい金券ショップがあるので利用した経験をお持ちの方も多いでしょう。

そしてなかには今回ご紹介の「東京メトロ24時間券」を金券ショップで買いたい人もいるでしょう。「東京メトロ24時間券」はシステム上前売り券なら期限が長いので時々金券ショップに並んでいます。

ただし「東京メトロ24時間券」はかなり人気なので出回るとすぐに売れてしまうため見つけるのはかなり困難です。

クレジットカードで購入できる?

最近ではキャッシュレス化が進み、何かものを買う時に現金ではなくクレジットカードや電子マネーを使う人が増えています。

なかには「東京メトロ24時間券」をクレジットカード等で買いたい人もいるでしょう。結論から言うと正規の方法で「東京メトロ24時間券」を購入する場合にはクレジットカードは使えません。

東京メトロの窓口や券売機でクレジットカードを使うことはできません。しかし裏ワザとして先ほど購入した金券ショップや近頃流行のフリマアプリなどではクレジットカードで「東京メトロ24時間券」を買えます。

PASMOやSuicaで購入できる?

またPASMOやSuicaなどに現金をチャージしてそれで買い物をしたり運賃の支払いをしたりしている人も多いでしょう。

しかしこちらの方もクレジットカードと同じでこれを使って「東京メトロ24時間券」を買うことはできません。普段使っている感覚で買おうとすると失敗するので注意してください。

東京メトロ24時間券の特典・優待

ただでさえお得で人気の「東京メトロ24時間券」ですが、実はこの「東京メトロ24時間券」には購入した人だけが受けられる特典があるのはご存知でしょうか。

つまり普通に支払うよりも運賃がお得になるだけではなく、さらにそれにプラスして割引等のサービスを受けられるわけです。

『ちかとく(CHIKA TOKU)』とは?

それがちかとく(CHIKA TOKU)というサービスです。このちかとく(CHIKA TOKU)は「東京メトロ24時間券」を見せるだけで割引サービスを受けられたり、オリジナルグッズをもらえたりするお得な特典です。

しかも東京にはこのちかとく(CHIKA TOKU)を導入している場所が400か所以上もあり、これを上手に活用すると観光がさらに楽しくなるのでおすすめです。

東京メトロ24時間券の乗り越し情報

いまの地下鉄はいろいろな路線が乗り入れており、それこそ東京メトロの駅からJRの駅まで行くことも可能です。

これを乗り越しと言います。しかしそこで気になるのが「乗り越しをする時には東京メトロ24時間券の扱いはどうなるのか?」という点でしょう。

当然「東京メトロ24時間券」は東京メトロ限定なので乗り越しでほかの路線に行くと別途お金がかかります。

例えば東京メトロ副都心線は西武池袋線にも乗り越しており、この乗り越しのシステムを使えば渋谷から所沢まで行けます。

その乗り越しの際に「東京メトロ24時間券」を使うと西武池袋線の部分を別途支払わないといけません。ちなみに乗り越し分の運賃が発生する場合は改札を通過できません。

乗り越した時にそのまま改札へ切符を入れるとゲートが開きません。乗り越しの支払いが必要な場合は駅員さんのいる窓口へ行きましょう。

そしてその際に「東京メトロ24時間券」を見せると必要な分を計算していくら支払えばいいのか教えてもらえます。

「東京メトロ24時間券」と聞くと東京メトロの管轄外の場所はいけないと思っている方もいるようですが、乗り越しのシステムを使えば移動できる範囲がぐっと広がります。

人気乗車券「東京メトロ24時間券」は観光やビジネスにおすすめ!

東京を移動する時に必ずと言っていいほど電車を使うわけですが、何も考えずに乗ると結構な運賃を取られます。そこで重宝するのが「東京メトロ24時間券」です。「東京メトロ24時間券」があればお金のことを気にせず観光できますし、気軽に変えるので使わないのは非常にもったいないです。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
おまあす

東京都の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

東京都の新着のまとめ