梅むらは豆かんが美味しい浅草の老舗甘味処!メニューや値段もご紹介!

2019年4月7日 (2019年4月8日最終更新)

東京浅草でグルメと言うと様々ありますが、意外に和スイーツが人気なんです。浅草に老舗の甘味処「梅むら」があります。梅むらの豆かんは、豆と寒天のバランスが絶妙で美味しいと評判です。梅むらの他にも甘味処はありますが、甘味処梅むらの豆かんはどこよりも美味しいです。

目次

  1. 梅むらとは?
  2. 梅むらの特徴
  3. 梅むらの人気メニュー「豆かん」の特徴とお値段
  4. 梅むらの美味しいメニュー色々
  5. 梅むらののお持ち帰りギフト
  6. 梅むらの基本情報
  7. 浅草にある豆かんが美味しいと評判の梅むらへ行ってみよう!

梅むらとは?

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、裏浅草とも言われている雷門から続く仲見世の賑わいとは真逆の閑静な場所にあります。カウンターと小上がりの座敷は、見るからに甘味処といった昭和の雰囲気を感じるお店です。

梅むらの開店前には、梅むらの豆かんが美味しいという評判を聞いた人たちが集まり始めます。美味しい梅むらの豆かんを食べるには、早い時間に行って食べて浅草を楽しもうなどという人たちでも賑わいます。そんな甘味処梅むらを紹介します。

東京・浅草にある老舗の甘味処

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、開店以来半世紀の時を過ごす老舗のお店です。梅むら自身を含めたこの界隈の昭和感は、浅草でも独特の存在感があります。梅むらは、そんな場所にあります。

老舗の甘味処梅むらには様々な甘味メニューがあります。梅むらには、甘味処定番のあんみつやみつ豆などのメニューが並んでいる中に、梅むらで美味しいと人気の「豆かん」があります。東京・浅草にある老舗の甘味処「梅むら」ならではの甘味メニューが揃っています。

創業1968年

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、創業1968年という50年の歴史を誇る老舗の甘味処です。古くは甘味喫茶などと言われ今で言うスイーツを専門にしていたお店が、創業1968年の甘味処として今日まで歴史を刻んできました。そんな浅草の甘味処梅むらです。

梅むらの甘味処としての歴史の長さは、メニュー一つ一つにも表現されていてあんみつやみつ豆といった甘味処の定番メニューに、豆かんなどの甘味メニューが揃い、創業1968年の老舗の甘味処「梅むら」の味の良さを主張しています。

2代目が語る梅むら

東京・浅草にある甘味処「梅むら」の先代は、長野の出身で14歳の時に浅草の甘味処に丁稚奉公にきたと言います。そして独立して半世紀に及ぶ浅草の梅むら歴史が始まったのでした。

先代が修行した「白みつ豆かんてん」を独立を景気に「黒みつ」に変えて豆かんを出すと人気が出始めたと言います。そして2代目を引き継いだ今の店主は、伝統と歴史を継承して美味しい豆かんを完成させたと言います。

Original浅草で甘味処に行くならココがおすすめ!老舗や人気有名店もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
人気観光スポット浅草には、おいしい甘味処がたくさんあります。下町らしさ溢れる老舗店をはじめ、...

梅むらの特徴

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、半世紀になろうとする歴史の中で甘味一筋の営業をしてきました。そして、お店は昭和の雰囲気をそのまま残すように甘味処のイメージを保ちつつ、和スイーツへの味の探求もすすめています。

『孤独のグルメ』にも登場した

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、人気漫画「孤独のグルメ」にも登場しています。漫画の主人公が、いかにも甘味っていう店には「男一人では入りにくい」と言いながら、梅むらののれんをくぐるひとコマがあります。

そして、腹ごなしにと雑炊などを注文するのですが全てがNGとなり、豆かんを注文するのです。そして、上質な豆と寒天のバランスの良さに、昔食べたものよりずっと良いと舌鼓をする様が描写されているのです。梅むらの豆かんは、こんな風に登場しています。

地下鉄浅草駅から約10分

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、浅草駅から約10分の場所にあります。しかし、その場所は雷門から続く仲見世などの喧騒から離れた昭和感豊かな閑静な場所なんです。

浅草雷門から仲見世通りを避けるように、一本横の通りを仲見世通りと並行するように歩いて、浅草寺の脇を通り抜けて、言問通りを渡った先の閑静な場所に、昭和のお店という赤い日除に「梅むら」と白抜きしたお店があります。浅草駅から約10分の場所です。

カウンターと座敷がある店内

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、御膳しるこ「梅むら」という袖看板と赤い日除のあるお店で、ガラリの引き戸をのれん越しに入るとお店の全景が目に入ります。

梅むらの店内は、入口から左側にカウンター(4席)あがありカウンターの中では甘味食材の調理がされています。右側には、小上がりの座敷にテーブルが2つ並んでいます。浅草にある梅むらは、カウンターと座敷のあるそのまんまの甘味処の雰囲気のお店です。

梅むらの人気メニュー「豆かん」の特徴とお値段

東京・浅草にある甘味処「梅むら」の美味しい人気メニュー豆かんは、最もシンプルな「豆と寒天」の取り合わせによるその様は、つぶあんのぜんざいのモチモチ感を寒天のプリプリ感に食感を変えたようなシンプルな味わいがあります。

浅草にある梅むらの豆かんは、黒光りする光沢のある豆と寒天のバランスと口当たりと優しく甘い食感が特徴です。そんな豆かんの値段は「500円(税込み)」という様に、ワンコインで美味しい人気の豆かんが食べられます。

豆と寒天の盛り合わせ

東京・浅草にある甘味処「梅むら」の美味しいと人気のメニュー豆かんは、黒光りして光沢のある豆のひと粒に美味しい雰囲気が感じられて、豆そのままでも美味しいのですが、これにプリプリ感のある寒天が盛り合わせられているというところが人気です。

梅むらの豆と寒天の盛合せの妙に孤独のグルメも着目した様に、口に運んで思わず舌鼓を打ってしまうほどの美味しい食感が人気になっています。豆と寒天というシンプルな盛合せが、絶妙な味わいを提供してくれています。

みつ豆よりもシンプルな和スイーツ

東京・浅草にある甘味処「梅むら」の美味しい甘味メニューは、値段的にも美味しいスイーツと言えます。そして、人気の豆かんはシンプル ザ ベストそのまんまで、豆と寒天だけの素材の旨みをそのまま表現した人気のメニューです。

梅むらの豆かんは、みつ豆よりもシンプルな和スイーツとしても注目されています。昔から今でも「みつ豆」というと、甘味処の定番メニューとして変わらない人気があるのですが、豆かんのシンプルさはその上を行く和スイーツです。

地味に美味しい豆かんてん

東京・浅草にある甘味処「梅むら」の豆かんは、和スイーツに定番メニューのみつ豆やあんみつと言った、アイスクリームやフルーツなどでアレンジした、若干派手目の定番スイーツとは異なったビジュアル感があります。見た目地味なんです。

浅草の梅むらの豆かんは、じっくりと仕込まれた黒光りする光沢のある豆と寒天だけの和スイーツです。これに黒みつをかけて食べるのですが、梅むらの見た目地味な豆かんは、豆と寒天の絶妙なバランスと旨みが地味な見た目の割に美味しくできています。

梅むらの美味しいメニュー色々

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、半世紀の歴史を誇る甘味店ですが豆かん以外にも、様々なメニューがあります。定番メニューの「あんみつ(600円・税込み)」「みつ豆(500円・税込み)」そして「豆かん(500円・税込み)」が筆頭メニューにあります。

更に「あんず あんみつ(700円)」「あんず みつ豆(600円)」や「クリーム あんみつ(750円)」「クリーム みつ豆(650円)]等のみつ豆系のメニューがあります。更には、「ごぜんしるこ」「いなかしるこ」や「ぜんざい」などの甘味メニューがあります。

いつでも食べれる「かき氷」

東京・浅草にある甘味処「梅むら」には、豆かんなどの人気メニューの他に「かき氷」がメニューにあります。意外に甘味処では、季節性の高い定番メニューとしてかき氷があるのですが梅むらでは、一年中食べられるかき氷も人気メニューにあります。

梅むらのかき氷は「氷しるこ(こしあん)」「氷あずき(つぶあん)」「氷 宇治」が税込み650円や「氷 宇治金時」が税込み700円でメニュー化されています。更に「氷 あんず」「ミルク」「いちごミルク」や定番の氷 イチゴやメロンなどがメニューにあります。

値段も嬉しい和スイーツ

東京・浅草にある甘味処「梅むら」の甘味メニューは、全部が税込みで紹介されていて値段が分かりやすくて、食べやすくしてくれています。人気の豆かんが税込みワンコインの値段等、食べやすい値段に設定されているのは梅むらの和スイーツは、値段も優しいです。

浅草の梅むらの和スーツを美味しく食べて、その一つ一つが優しい値段で1000円でお釣りが来る値段は、美味しさが倍増する値段としか言いようがありません。梅むらの和スイーツは、美味しいと同時に値段も嬉しい甘味様々です。値段が嬉しいとはこのことです。

Original浅草のおすすめかき氷特集!人気のふわふわ食感や定番など厳選紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
枕草子の一節にも登場するほど古くから愛されてきたかき氷。近年では天然氷を使ったふわふわの食感...

梅むらののお持ち帰りギフト

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、創業50年を越える甘味処の老舗の人気店です。また、豆かん発祥のお店とも言われている梅むらの美味しい豆かんをお土産に、ギフトにとお持ち帰りの人が多くいます。

そんな浅草の梅むらのお持ち帰りギフトには豆かん以外のメニューも有り、浅草の老舗の和スイーツを自宅で、或いは贈り物にできるという言うのです。しかし、2時間以上のお持ち帰りは、味が変わる等という理由でお断りされることがあります。

袋がかわいいので人気

東京・浅草にある甘味処「梅むら」の豆かん等の甘味メニューの一部が、お土産に持ち帰りできるのですが、豆かん等甘味メニューの食感を大切にしていることの他にも、持ち運びの袋にも気遣いをしています。

浅草という場所柄もあり、更に和スイーツはということもあり、お持ち帰りにはおしゃれに梅むらのイメージを大切にしています。持ち帰り用の袋が可愛くて人気なのです。豆かん発祥のお店という意識もそこにはあるように感じます。

紙袋でつつまれているので衛生的

東京・浅草にある甘味処「梅むら」の豆かん等甘味メニューは、お土産に贈り物にと持ち帰ることができるのですが、そのひとつひとつに気遣いをして、衛生的に管理されています。

梅むらの豆かんなどの甘味メニューの持ち帰り用商品は、紙袋に小分けして入れられていて衛生面への配慮が十分にされています。折角の梅むらの和スイーツの持ち帰りですから、衛生的で且つ美味しく食べられる心遣いは嬉しいです。

食べ方の注意

東京・浅草にある甘味処「梅むら」の豆かんなど甘味メニューの持ち帰りを、美味しく食べるには品質的にも食感的にもある程度の時間的制約があります。梅むらの和スイーツを持ち帰って、美味しく食べるには注意が必要です。

梅むらの豆かん等の甘味メニューの持ち帰りには、2時間が限度にされています。品質や食感の管理と紙に包まれた豆かんなどの甘味メニューが、包まれた紙から出てきたときの微妙な味の変化に2時間以上の持ち歩きは遠慮してもらっているという配慮です。

Original浅草スイーツ特集!お土産におすすめの定番のものや人気商品もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
国内外から多くの観光客がやって来る浅草にはお土産屋さんがたくさん軒を並べています。中でも老舗...

梅むらの基本情報

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、浅草駅から約10分という近いところにあるのですが、具体的なアクセス方法や営業時間等基本情報を知っておくと便利です。

浅草の甘味処梅むらの店内は、カウンターと小上がりの座敷で、10人位で満席になってしまうというこじんまりしたお店です。そして、営業時間も短いというようでいつも混雑していることが予想される人気店ですから基本情報はしっかり押さえておきたいです。

アクセス

東京・浅草にある甘味処「梅むら」へのアクセスは、電車では東武「浅草駅北口」かつくばエクスプレス「浅草駅」から歩いて10分以内の場所です。雷門から仲見世を通る方法もありますが、仲見世の喧騒を避けた浅草寺の脇を言問通りに向かうアクセス方法があります。

車でのアクセス方法も様々ありますが、首都高速上野線北上野料金所から入谷の交差点を目指して走り言問通り(都道319号線)を浅草に向かっていく約2.5km位のアクセスです。又、東京方面から隅田川ラインで観光を楽しみ浅草から梅むらというアクセスもあります。

営業時間・定休日

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、昭和のイメージを残すお店でカウンター6席と小上がりの座敷2卓4席の10人で満席状態です。梅むらの営業時間は、月曜日から金曜日が「13時から17時」と土曜日と祝祭日は「13時から16時」まで、定休日は「日曜日」と売り切れ次第終了があります。また、臨時休業等もありますから事前確認はおすすめします。

住所 東京都台東区浅草3-22-12
電話番号 03-3873-6992

浅草にある豆かんが美味しいと評判の梅むらへ行ってみよう!

東京・浅草にある甘味処「梅むら」は、豆かん発祥のお店で有名です。黒光りする真珠のような輝きのある豆と歯ごたえの良い寒天の取り合わせが、意外にさっぱりした甘みのある美味しさが評判です。

10人でいっぱいというお店ですが、美味しい梅むらの豆かんを食べたさに行列ができるほどです。浅草にある甘味処では老舗の伝統と味を誇る梅むらです。そんな浅草にある豆かんが美味しいと評判の梅むらに行きませんか。梅むらの豆かんは、美味しくておすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
柄目木036

上野・浅草・日暮里の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

上野・浅草・日暮里の新着のまとめ