北菓楼札幌本館はスイーツ好きが喜ぶ人気店!おすすめメニュー・店舗を紹介

2019年4月8日 (2019年4月9日最終更新)

北菓楼は札幌の有名洋菓子店です。札幌駅からのアクセスも便利で、道内に8店舗展開するそれぞれのお店限定のスイーツなども人気です。札幌本館では北海道ならではランチメニューも堪能できるので観光にもぜひおすすめ!北菓楼についてたっぷりご紹介します。

目次

  1. 札幌の有名菓子店・北菓楼が楽しい!
  2. 北菓楼・札幌本館とは?
  3. 北菓楼・札幌本館の特徴
  4. 北菓楼・札幌本館おすすめメニュー5選
  5. 北菓楼・札幌本館お土産の定番商品
  6. 北菓楼・札幌本館限定商品
  7. 北菓楼・札幌本館おすすめランチ
  8. 北菓楼・札幌本館おすすめデザート
  9. 北菓楼・札幌本館で見逃せないこちらもチェック!
  10. 北菓楼・札幌本館の基本情報
  11. スイーツが好きならば北菓楼・札幌本館へ行ってみよう!

札幌の有名菓子店・北菓楼が楽しい!

シュークリームなどのスイーツが人気の札幌にある北菓楼は北海道でも人気の本店洋菓子店です。札幌駅からほど近いところにある本店は観光ついでに立ち寄るにもぴったり。洋菓子販売だけでなく、魅力的な建物や様々なイベントなど見どころもいっぱいです。そんな札幌の北菓楼について詳しくご紹介していきましょう。

北菓楼・札幌本館とは?

札幌から北へ80キロほどのところにある砂川という土地で誕生したシュークリームなどのスイーツも人気の北菓楼は1992年に創業したお店です。

現在は砂川市以外にも小樽や札幌など北海道内に8店舗を展開してる有名なブランド店です。

JR札幌駅から近い人気の洋菓子店

シュークリームや美味しいスイーツが評判の北菓楼・札幌本館はJR札幌駅からほど近い場所にあります。観光スポットとしても有名な大通り公園からも歩いて10分以内、赤レンガの北海道庁からもほど近い場所にあり、札幌観光のついでに立ち寄るにもピッタリの立地です。

世界的な建築家安藤忠雄氏のデザイン

北菓楼・本店の建物は世界的にも有名な建築家・安藤忠雄氏の設計です。吹き抜けと壁面の書棚が印象的で2階のカフェスペースもとてもおしゃれで居心地の良い空間になっています。

外観も白色のレトロな雰囲気が魅力的で、もともとは北海道初の本格的な図書館、北海道庁立図書館として建てられ、その後北海道立美術館、道立三岸好太郎美術館、ごく最近の2015年までは道立文書館別館として利用されていました。

柱が複数化に高さにまたがるジャイアントオーダーという設計で、直線を用いた幾何学的意匠を特徴とするセセッション様式でデザインされた外壁や装飾が特徴的です。また、竣工当時のままの姿を留めるレリーフやアカンサスの飾りが施された旧玄関ホールなどは歴史的価値が高いとされ、さっぽろ・ふるさと文化百選にも選ばれています。

カフェでランチやスイーツを楽しめる

北菓楼・札幌本館ではお土産の洋菓子や有名な北海道開拓おかきなどの他、カフェでスイーツやランチを楽しむことが出来ます。数量限定のオムライスやフレンチケーキなどデザートと一緒に楽しめるランチはとても人気があります。天井が高く、白の家具で統一されたカフェ空間は雪国北海道を思わせるような洗練された作りが魅力です。

北菓楼・札幌本館の特徴

北菓楼・札幌本館は札幌観光の立ち寄りスポットとしても魅力的です。北海道ならではの美味しいランチメニューや洋菓子はもちろんですが、それ以外にもたくさんの魅力があり、観光客を引き付けています。そんな魅力の観光スポット、北菓楼・札幌本館の特徴をご紹介しましょう。

札幌本館限定商品がある

北海道内に8店舗を展開している北菓楼・札幌本館ですが、他の店舗では買うことが出来ない札幌本館限定の商品は注目です。

お土産に喜ばれるのはもちろんですが、自分用に買って帰ったり、カフェで味わうのもあり!札幌本館ならではの北菓楼の味を楽しめます。

本棚があり自由に読める

北菓楼・札幌本館のカフェのスペースである2階には約6000冊の本が並ぶ本棚があります。かつて図書館として存在していた建物の名残を残す本棚は東西の両壁面にびっしりと天井まで届く巨大な本棚で、その光景は圧巻です。本棚に陳列されている本はカフェを利用するときには自由に読むことが出来ます。

不定期のコンサートイベントがある

北菓楼・札幌本館ではカフェ内で不定期のコンサートも開かれています。サロンの夕べと名付けられたコンサートイベントは夕方から開かれ、北菓楼のお菓子やドリンクと共に優雅な時間を過ごすことが出来ると人気です。コンサートはジャズピアノであることが多いようですが、吹き抜けの天井で音がとても響くので音色に酔いしれる最高の時間です。

メモリアルルームでは各種資料が見られる

北菓楼・札幌本館のカフェの奥にはメモリアルルームが完備されています。ここでは北菓楼・札幌本館の建物の歴史や写真、展示物などを観ることができます。

5つの時期に分かれた展示ではその時の経過と共に札幌の文化や芸術の軌跡が楽しめ、さらに昭和6年ころの北菓楼・札幌本館周辺の地図などの展示もあるので札幌の町の移り変わりを感じることができます。

また、改修時に撤去したセセッション様式を感じられる建物の装飾部品なども展示しているので建築に興味のある方にとっても魅力のエリアになっています。

北菓楼・札幌本館おすすめメニュー5選

観光スポットとしても色々な見ごたえのある北菓楼・札幌本館ですが、メインはあくまで洋菓子店。北菓楼・札幌本館で販売されているおすすめの洋菓子をご紹介していきましょう。北海道の大地を存分に感じられる洋菓子は北海道旅行のお土産にもぴったりです。人気でおすすめのシュークリームスイーツ、5種類をご紹介します。

1:ジャンボパイシュー「夢不思議」

北菓楼・札幌本館のジャンボパイシュー「夢不思議」はクリームのずっしりとした重みがインパクトのある一品です。パイ生地の中にカスタードクリームと生クリームをミックスしたとろとろとしたクリームがびっしりと入っています。カスタードクリームのコクと生クリームの軽さの2つが合わさったいいとこどりクリームが最高です。

2:油で揚げた「イタリアンミラノシュー」

シュークリームよりもさらにこってりとした食べ応えを求めるなら少しモッチリした外側の生地は揚げてあるイタリアンミラノシューです。ドーナツのようなシュークリームで薄い生地の中にはたっぷり、しかもびっしりとカスタードクリームが入っています。とにかくお腹いっぱいになるおすすめの一品です。

3:ジャンボシュークリーム「北の夢ドーム」

北菓楼・札幌本館限定の北の夢ドームは一番人気のシュークリームです。表面はさくっとしていて中にはカスタードと生クリームがたっぷりと含まれています。一度に2つのクリームが楽しめる贅沢なシュークリームで見た目もコロンとした丸い形がとてもキュートです。ネーミングの北の夢ドームも北海道らしい名前でぜひおすすめです!

4:クロワッサンシュー「夢句路輪賛」

北菓楼・札幌本館のクロワッサンシュークリームの夢句路輪賛。2016年3月にオープンしたばかりの北菓楼・札幌本館限定のお菓子です。パイ生地よりもザクザクとしたクロワッサン生地を使ったシュークリームで北菓楼・札幌本館限定では1階のテイクアウトコーナーで焼きたてを販売しています。

見た目はちょっと大きなクロワッサン。アーモンドスライスもトッピングされたクロワッサンの中にはカスタードクリームがたっぷり入っています、クロワッサンの食感とクリームの甘さが絶妙なハーモニーを奏でます。

5:ちぎって食べる「ピスコット」

北菓楼が開発した人気のスイーツピスコットはモチモチの皮からチーズの香りとほのかな塩気がたまらない一品です。手でちぎって中のカスタードクリームを救って口に入れるとその美味しさにとろけてしまうほど。北菓楼でしか味わうことのできないおすすめのスイーツです。

北菓楼・札幌本館お土産の定番商品

シュークリームが美味しい北菓楼・札幌本館ではお土産にピッタリの定番商品も沢山あります。おかきやバームクーヘンは北菓楼の代名詞的存在といってもいいほど定番の人気商品で、食べたことのない人はぜひ味わってみてはいかがでしょう。お土産に絶対に外さない北海の味が凝縮された品々です。

北海道開拓おかき

北海道開拓おかきは開拓時代に思いを馳せたこだわりのおかきのラインアップが魅力です。米とぎ、蒸し、餅つき、熟成、乾燥、油揚げ、味付けまでのすべての工程に7日間もの日数をかけて一粒一粒丁寧に作られています。

熟成や乾燥の仕方で味や風味が変化し、どんどん美味しくなるということに気づいた北菓楼ならでは美味しいおかき。使用する素材も良質な北海道産の素材にこだわり、自信をもって北菓楼がおすすめできる原材料のみを厳選して使っています。

現在、人気の函館産のいか味、増毛の甘えび味、標津産の秋鮭味、江差産の帆立味、えりも産の昆布味、白糠産の柳だこ味、白老産の虎杖浜たらこ味の他に期間限定の野付産の北海シマエビ味がラインナップされて全部で8種類の味が楽しめます。

おかきの原料に使われているお米はもちろん北海道産のもちこめでキメが細かく、粘りとコシがあるのが特徴です。北海道開拓おかきならではの独特の食感が最大の特徴で、昔ながらの杵つきで突き上げて作られています。

おかきに使われている塩ももちろん北海道産で、豊かな北の海底でろ過された海水100%の北海道産の塩を使用しています。マグネシウム・カリウムなどの天然ミネラル成分がとても豊富で美味しい味わいを楽しめます。

バウムクーヘン「妖精の森」

人気のバウムクーヘン「妖精の森」は菓子職人がつきっきりで1本1本、1層1層丁寧に焼き上げた一品です。一晩おいて熟成させ、しっとりとした人気の味に仕上がっています。

昔ながらのバウムクーヘンの製法である樫の木の心棒に紙を巻き、職人さんがつきっきりで1本1本焼き具合や生地の厚み、焼き上げる温度まで調整しながら焼いています。

焼きあがってからも一定の温度で一晩寝かせ、よりしっとり感を出す手の込んだ逸品。高さが4センチ、6センチ、8センチと選べ、さらに直径も14センチサイズの通常と8センチサイズのミニがあります。

北菓楼独自の窯を使って一層一層時間をかけて丁寧にじっくりと焼き上げるからこそ生まれる、しっとり感が印象に残るバウムクーヘンです。

内祝いの焼き印を入れたり、期間限定でさくらバウムクーヘンが登場したり、誕生日用に「お誕生日おめでとう」や「祝」の焼き印も入れることが出来ます。

Original札幌お土産ランキングTOP31!おしゃれな雑貨やお菓子を買える場所も紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
札幌観光を楽しんだら、次はお土産選びを満喫しましょう。札幌では、美味しいお菓子やおしゃれな雑...

北菓楼・札幌本館限定商品

シュークリームなどのスイーツが人気の北菓楼・札幌本館には本館限定に魅力のスイーツたちもあります。

北菓楼・札幌本館限定に立ち寄った時にはぜひ買って帰りたいおすすめの限定商品をご紹介しましょう。ぜひ記念に買って帰ってみてはいかがでしょう。

チョコサンドクッキー「北海道廳立圖書館」

北菓楼・札幌本館限定のチョコサンドクッキーは北海道廳立圖書館のデザインが施されたおしゃれなチョコサンドクッキーです。

北海道初の本格的な道庁立図書館という由来を込めたオリジナルクッキーで、濃厚なキャラメルソース入りのチョコレートを香ばしいラングドシャクッキーでサンドしてあります。税込み1080円で販売されているのでちょっとしたお土産にも最適です。

クラシックショコラ「夢がさね」

同じく北菓楼・札幌本館限定のクラシックショコラ、夢がさねはヨーロッパの伝統菓子をベースにしてしっとりとした食感と濃厚なチョコレートが楽しめる一品です。

ベルギーのチョコレートにこだわり、フルーティーなアプリコットジャムがアクセントになっていて味もとってもおしゃれです。コーヒーや紅茶との相性も抜群でお土産にも喜ばれること間違いありません。値段は1本972円です。

北菓楼・札幌本館おすすめランチ

北菓楼・札幌本館の2階にあるカフェでいただくランチも評判です。明るく開放感いっぱいのカフェで北海道らしい食材を使ったメニューの数々を堪能ししてみてはいかがでしょう。地元の人も訪れる人気のカフェは観光ついでにもぜひおすすめです。人気のメニューをご紹介しましょう。

札幌本館限定「キッシュ」

北菓楼・札幌本館限定のキッシュはコーヒーまたは紅茶とセットでいただける軽食です、北海道産小麦とバターを使ったパイはサクサクしていて、しっかりと焼き上げられた中身は一つはベーコン&オニオン。

もう一つは春夏がアスパラ&コーン、秋冬がキノコの味付けになっています。ライトなメニューながらも素材感がズシッとくる一品でぜひおすすめです。値段も680円ととてもお手頃です。

北菓楼自慢のオムライス

北菓楼自慢のオムライスは北菓楼・本館のカフェで食べられるおすすめのメニューです。牛肉とキノコをじっくりと炒めて醤油で味付けされた北菓楼自慢のオムライスで750円で食べることが出来ます。

お肉もキノコも卵もライスも全部北海道産のオムライスというのが最大のポイントで、ぜひ北海道外の人にも味わってほしい自慢の一品!卵の片面をしっかりと焼いたタイプから半熟タイプを選べるので、幅広い年代の人が楽しめるメニューになっています。

野付の帆立のスパゲティ

魚介類がどれもこれも美味しい北海道ですが、北菓楼・札幌本館では野付産の帆立が豪快に盛られたスパゲティを堪能することが出来ます。クリームソースにも帆立の濃厚な旨味が凝縮されていて、まさに帆立づくしの贅沢なスパゲティです。食べ応えのある帆立がゴロンゴロンとトッピングされている見た目はインスタ映えもばっちり!です。

北菓楼・札幌本館おすすめデザート

北菓楼・札幌本館のおすすめのデザートもご紹介しましょう。北海道らしい美味しいランチを堪能した後はぜひデザートも味わってみてはいかがでしょう。乳製品の宝庫ともいわれる北海道ならではの深い味わいが楽しめるデザートは、ランチを食べずにスイーツとドリンクとして楽しむのもおすすめです。

ケーキセット

北菓楼・札幌本館のカフェで一番人気のケーキセットはシフォンケーキ、ソフトクリーム、好きなケーキ1品と好きなドリンク1品がついたかなりお得な750円のセットです。和栗のモンブランやガトーショコラなど単品だと350円ほどするメニューがお得に食べられるのでぜひおすすめです。

チョコレートパフェ

北菓楼・札幌本館のカフェメニューのスイーツにはもちろんパフェもあります。いちごパフェとチョコレートパフェはいずれも600円というお手頃な値段です。

チョコレートパフェは生クリームとソフトクリームを何層にも重ねてチョコレートアイスクリームとバナナをトッピングしてあります。アクセントには北菓楼特製コーヒーゼリーを入れてあり、ビタースイートな大人のチョコレートパフェです。

Original札幌のスイーツは絶品!人気のカフェやバイキング形式などおすすめ店紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
札幌は日本人だけでなく外国人観光客にも人気のある観光地です。そんな札幌には美味しいスイーツ店...

北菓楼・札幌本館で見逃せないこちらもチェック!

北菓楼・札幌本館でも人気のバウムクーヘン、妖精の森の切れ端を詰め合わせたシェフのおやつはシロップがしみこんでいて、完成品のバウムクーヘンにはない美味しさが魅力の商品です。並んで整理券を待つほどの人気ぶりで運が良ければぜひ手に入れてみてください。

洋菓子のお店としてオープンした北菓楼ですが実は美味しい和菓子もラインナップされています。北海道産のお米を使ったお餅、夢きららは一見普通のお餅ですが、お持ちの中にはとろとろの黒ごまだれがたっぷり入っています。ゴマの香りが口いっぱいに広がり柔らかなお餅との相性も抜群です。和菓子好きにはぜひおすすめです。

北菓楼・札幌本館の基本情報

シュークリームをはじめスイーツやランチメニューもおすすめの北菓楼・札幌本館の基本情報をご紹介します。札幌の観光スポットで有名な大通りや赤レンガの北海道庁舎からもほど近く、観光途中の休憩スポットとしてもぜひおすすめの北菓楼・札幌本館。アクセスや営業時間、また本館以外の店舗情報も併せてご紹介します。

アクセス

北菓楼・札幌本館へのアクセスはJR札幌駅から徒歩5分ほどです。また、地下鉄大通り駅5番出口からも徒歩5分ほどのところにあります。駐車場は完備されていないので地下鉄や徒歩での来店がおすすめです。

近隣には有料駐車場があるのでそちらを利用することも可能です。地下歩行空間のチカホを利用する場合は地下鉄大通り駅7番出口を背にしてまっすぐ進みます。地下鉄さっぽろ駅からは11番出口を背にしてまっすぐ進みます。

営業時間・定休日

北菓楼・札幌本館の営業時間はカフェが10時から17時まででランチが11時から14時までです。

お土産などが買える店舗の物販は10時から18時まで。定休日はなく、年中無休で営業しています。

住所 北海道札幌市中央区北1条西5-1-2
電話番号 0800-500-0318

本館以外の店舗情報

北菓楼・札幌本館の道内展開の7店舗も併せてご紹介します。各店舗の営業時間やアクセス方法の他、限定メニューも併せてご紹介します。

それぞれの店舗のある町に出かけた時にはふらりと立ち寄って限定品をゲットしてみてはいかがでしょう。

砂川本店

砂川にある北菓楼・本店では限定のレアチーズ、ブランブランが人気です。チーズの味がギュッと詰まった濃厚なチーズケーキで、程よい酸味が後味をすっきりとさせてくれる上品なお菓子です。おしゃれなラッピングでお土産にもぴったり!ぜひ砂川本店まで出かけた時には買ってみてください。

砂川本店の営業時間は9時から18時半までで元旦のみ定休日です。アクセスは札幌から特急で約50分ほどの砂川駅からバスまたはタクシーを利用します。50台分の駐車場もあるので車でのアクセスも可能です。

住所 北海道砂川市西1条北19丁目2番1号
電話番号 (0125)53-1515

小樽本館

周辺の町には果樹園も多くある小樽ではリンゴを使った限定フルーツケーキ「果樹園の六月」が人気です。蓋を開けるとリンゴがかわいく並んでいて、荷重がしっかりしみこんだケーキは深く最高の味わいです。ネーミングは六月とついていますが、季節限定ではないのでいつでも小樽本館で購入することが出来ます。

小樽本館の営業時間は9時から18時半までですが冬季は閉店時間が18時となります。定休日は元旦のみ。アクセスはJR函館本線のミナミ小樽駅から徒歩10分ほどです。

住所 北海道小樽市堺町7番22号
電話番号 (0134)31-3464

新千歳空港店

北海道の玄関口である新千歳空港店ではカップの上に風船が膨らんだようにシューがのったカップシューが人気です。フォンダンがかかった上部をカリっと一口食べて、中野クリームが見えてきたらクリームをつけていただきます。最後はカップの中のしっとりとした生地とクリームをスプーンで一緒にいただきます。

新千歳空港内では7か所で北菓楼の商品を扱っています。それぞれの店舗は直営店ではないので全品を扱っているわけではありませんが、ブルースカイのショップでは生菓子の扱いもあります。営業時間は8時から20時までです。

住所 北海道千歳市美々新千歳空港ターミナルビル2階
電話番号 0123-46-2226

KITAKARO L

KITAKARO Lは北海道立近代美術館前にある店舗です。Lシュークリームやシナモン不使用のキャラメルアップルパイ、Lブラウニー、Lチョコドーナツなどたくさんの限定商品があり、ぜひおすすめです。

営業時間は10時から19時までで元旦のみ休みです。アクセスはJRバス、中央バス、道立近代美術館バス停下車で正面です。札幌市営地下鉄は西18丁目駅下車、4番出口から徒歩3分です。

住所 北海道札幌市中央区北1条西17丁目1-1
電話番号 011-555-3737

砂川ハイウェイオアシス館店

砂川ハイウェイオアシス館店の営業時間は夏が9時から19時、秋は9時から18時、冬期は9時から17時までです。

国道12号線状に砂川ハイウェイオアシス館、子供の国の案内看板があり、そちらからも立ち寄れる店舗になっています。

住所 北海道砂川市北光336番地 砂川ハイウェイオアシス館内
電話番号 0125-53-2645

札幌エスタ店

札幌駅や中央バスの発着場に直結している便利なお店です。営業時間は10時から21時までと遅くまで営業しているのも便利な店舗です。

極上しっとりとバウムクーヘン、妖精の森も販売しています。お土産の買い忘れなどにもぜひおすすめの店舗です。

住所 北海道札幌市中央区北5条西2丁目 札幌エスタB1F
電話番号 011-231-5015

大丸札幌店

大丸札幌店限定のCカップゆきプリンはパウダースノーのようなふわふわのクリームチーズが人気の店舗です。

シフォンケーキ、甘さ控えめの牛乳プリン、クリームチーズの3層がカップに入っていて297円!ぜひおすすめです。営業時間は10時から20時までです。

住所 北海道札幌市中央区北5条西4丁目7番地 大丸札幌店B1F
電話番号 011-271-7161

スイーツが好きならば北菓楼・札幌本館へ行ってみよう!

いかがでしたでしょうか。北菓楼・札幌本館は建物も魅力のおすすめの観光スポットです。シュークリームをはじめ沢山の美味しいスイーツや北海道産の食材満載のランチメニューなどお土産の買い物だけでなく、自分たちの食事も一緒に楽しめます!ぜひ札幌に立ち寄った時には北菓楼・札幌本館へ足を延ばしてみてはいかがでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
nyaokaka

札幌市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

札幌市の新着のまとめ