ディズニーアフター6のおすすめの楽しみ方は?チケットの値段・混雑もご紹介!

2019年4月9日 (2019年9月1日最終更新)

観光の後や仕事の後でも気軽にディズニーで遊びたい方におすすめの「アフター6」。今回はアフター6を使ったディズニーのおすすめの楽しみ方やチケットの値段・混雑状況などをまとめました。ぜひアフター6を使ってお得にディズニーを楽しんでみませんか?

目次

  1. お得に楽しめるディズニーのアフター6をご紹介!
  2. ディズニーアフター6とは?
  3. ディズニーアフター6【基礎知識編】
  4. ディズニーアフター6【メリット・デメリット編】
  5. ディズニーアフター6【利用シーン編】
  6. ディズニーアフター6【秘訣編】
  7. ディズニーアフター6【アドバイス編】
  8. 知っている人だけが得をするディズニーアフター6!

お得に楽しめるディズニーのアフター6をご紹介!

ディズニーを楽しむためのパークチケットの一つ「アフター6」は、お得にディズニーを楽しめ、夜をメインに遊びたい方におすすめのチケットです。今回はアフター6を使ったおすすめの楽しみ方をはじめ、値段や避けた方がいい混雑日などもまとめましたのでご紹介します。

ディズニーアフター6とは?

ディズニーランドやディズニーシーで1日遊べる「1デーパスポート」の次に人気のチケットでもある「アフター6」は、平日限定で18時から閉園までの時間限定でお得に遊ぶことができるチケットです。

アフター6は、ディズニーランドやディズニーシーで遊びたいけど1日遊ぶのは無理な方、雰囲気のいい夜や夜のイベントだけ楽しみたい方にはおすすめのチケットです。また、平日限定のチケットで、18時以降は比較的空いているので気軽にディズニーで遊べるのも嬉しいポイントです。

ディズニーアフター6【基礎知識編】

ここからは、ディズニーランドやディズニーシーで気軽に使える「アフター6」のチケットの値段や購入方法についてご紹介します。1デーパスポートとアフター6の値段の比較もご紹介しますので、ぜひ参考にしてお得にディズニーを楽しんでみてはいかがですか?

値段

平日限定で使える「アフター6」の大人(18歳以上)の値段は4,200円、中人(中高生)の値段は4,200円、小人(4歳から小学生)の値段は4,200円と、大人から子供までアフター6は一律の値段で、ディズニーランドもディズニーシーもどちらも同じ値段になっています。

開園から閉園まで遊べる「1デーパスポート」に比べると、大人は3,200円、中人は2,200円、小人は600円、値段が安くなります。

購入方法

アフター6のチケットは、当日購入または事前購入があります。当日購入する方は、ディズニーランドは「チケットブース・ノース」、ディズニーシーは「チケットブース・サウス」もしくは、舞浜駅前にある「ディズニーリゾート・チケットセンター」で購入できます。

事前購入は、オンラインで購入もしくは、全国のディズニーストア、コンビニで購入できます。事前購入しておけば、当日チケットブールに並ぶ時間が省けるので、アフター6の場合は事前購入がおすすめです。オンラインで購入する場合は自宅で印刷するeチケットもしくは、送料がかかりますが通常のチケットの配送から選べます。

0766東京ディズニーランドの料金は?パスの割引の種類や方法をもれなく紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
2016年から入場料金を値上げした東京ディズニーランドですが、割引キャンペーンやお特なチケッ...

ディズニーアフター6【メリット・デメリット編】

アフター6は、1デーチケットに比べると値段は少し割高になりますが、上手に使えばディズニーを満喫することができます。ここからは、アフター6のメリットとデメリットをご紹介しますので、ぜひアフター6を使って計画的に楽しんでみてはいかがですか?

メリット

アフター6は、平日18時から閉園まで限定のチケットになっています。そのため、アフター6は1デーパスポートより値段が安いので、仕事や学校帰りにも気軽に遊びに行くことができます。また、デート中や友達と近くで遊んだり、観光中でも当日フラっと遊びに行くこともできます。

そして、1デーパスポートで入場した場合は、1日遊べるため後半は疲れてしまったり、待ち時間が長い辛さもありますが、アフター6は遊べても4時間ほどなので、次の日に仕事や予定があっても疲れず思いっきり遊ぶことができます。

デメリット

逆にデメリットは、パークチケットを時間単価で計算するとアフター6は1デーパスポートに比べて、値段が少し割高になっています。値段が割高になっている分、たくさんアトラクションに乗って満喫したい方も多いと思いますが、アフター6の入園時間では人気のアトラクションのファストパスの発券が終わってしまっている場合もあります。

またアフター6で入場した場合、アトラクションのスタンバイが長い乗り物だと乗れても2個ほどになり、ショーやパレードを見られない可能性もあります。そのため、スタンバイ時間や見たいショーやパレードの時間もチェックして綿密な計画が必要になってきます。

ディズニーアフター6【利用シーン編】

ここでは、最大でも4時間のみの利用でも満足できるアフター6の楽しみ方や利用方法、おすすめの利用シーンなどをご紹介します。利用方法や利用シーンによってはアフター6でも満足でき、思い出に残る夜を楽しむことができますので、ぜひ参考にしてディズニーを楽しんでみてはいかがですか?

チケットが安いのでどんな場合に使うといいのか?

アフター6のチケットで入場できるのは平日の18時から閉園までとなります。そのため、夜のパレードやショーをメインに楽しみたい方にはおすすめです。

また、レストランでの食事を楽しみたい方や、思い出に残るプロポーズをしたい方にもアフター6がおすすめです。特にプロポーズは朝からディズニーで楽しんでいると閉園間近では疲れてしまうこともありますが、アフター6を使う場合はメインはプロポーズになってくるので、思い出に残るプロポーズをすることができます。

アトラクションは1つ2つくらいに絞って乗りに行くのが良い

アフター6では、最大4時間程度しかディズニーにいることができません。ディズニーでは人気のアトラクションは120分待ちや150分待ちなどがあるので、必ず乗りたいアトラクションは1つか2つに絞っておくことをおすすめします。

アトラクションをある程度絞っておくと、夜のショーやパレードを見たり、グリーティング施設でキャラクターに会うこともできるので、アフター6でも十分に楽しむことができます。

夜景がキレイで楽しみ方もいろいろ

ディズニーランドやディズニーシーは夜景がとてもキレイなどで、キレイな街並みを見る楽しみ方もあります。

特にディズニーシーでは、昔のニューヨークの街並み「アメリカンウォーターフロント」や海底にいるような気分になれる「マーメイドラグーン」、アラジンの世界を感じられる「アラビアンコースト」など、世界中を旅行している気分になれ、夜景もとてもキレイなのでディズニーシーではさらにアフター6での楽しみ方も広がります。

ディズニーアフター6【秘訣編】

ここからは、ディズニーをアフター6で満喫するための秘訣をご紹介します。アフター6で入園できるのは18時以降ですが、しっかりと計画を立てたり混雑日を避けておけばアフター6でも十分楽しむことができます。アフター6を使う上での楽しみ方の心得も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

避けるべき日

アフター6で避けるべき日の中の一つは、悪天候の日。悪天候になってしまうとパレードやショーが中止になってしまうことがあります。アフター6で入場した際の楽しみでもあるパレードやショーが中止になってしまうと残念なので、悪天候の日は避けた方がいいです。

他にも、日中に入場制限がかけられた日や長期休みの日、クリスマス時期はどうしても混雑している場合が多く、アトラクションは120分以上並ぶものばかりになってしまっている場合があります。そのような混雑が予想される日は、アフター6が使える18時以降も混雑している可能性があるので避けた方がいいです。

入園前に並んでおく

アフター6は17時半ごろになると入場の列が作られるので、できるだけ前の方に並んでおくことがポイントです。

それは、アフター6専用の入場ゲートは数が少なく、入場の進みが遅いので、アフター6でディズニーを楽しむ場合は、早めに行って開場前から並んでおいて、少しでも早く入場するためです。スムーズに入場するためにも、現地でチケット購入をせず、事前にチケットを購入しておくこともポイントになってきます。

混雑している場合ファストパスは諦める

ディズニーランドやディズニーシーの人気アトラクションはファストパスを取って少しでも待ち時間を少なくしたいところですが、夕方になるとほとんどのファストパスの発券が終了してしまいます。

そのため、アフター6ではファストパスを使った計画は期待できないので、スタンバイ時間が少しでも短いところを狙うか、パレードやショーなど他の楽しみ方で楽しむことをおすすめします。

ファストパスの発券状況はディズニーのアプリでも確認できるので、事前に発券状況を確認して、間に合いそうでしたら、先にファストパスを取りに行ってから楽しんでください。

ショーかアトラクションに絞る

アフター6でディズニーを満喫するには、欲張り過ぎずにショーやパレードを楽しむか、アトラクションを楽しむか、事前にどちらかをメインに絞っておくとより楽しめます。

アトラクションを中心にする場合は、待ち時間をチェックしてスムーズにアトラクションを乗れるように計画を立てて楽しんでください。パレードやショーを楽しむ方は、始まる前からいい場所を取ってパレードやショーを満喫してください。

パレードは開始地点で観る

パレードを楽しむ場合は、開始地点を知っておくと早い時間でパレードを見終わることができるので、パレードを楽しみたい方は開始地点で鑑賞することをおすすめします。

ディズニーランドの「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」は、クイーン・オブ・ハートのバンケットホールとホーンテットマンションの間から出発して、トゥーンタウンへ行きます。

雨の日限定のパレード「ナイトフォール・グロウ」は、逆ルートのトゥーンタウンから出発し、クイーン・オブ・ハートのバンケットホールとホーンテットマンションの間に戻ります。開始地点は比較的混雑もなく場所取りもしやすいので、ぜひ開始地点で鑑賞して、その後はアトラクションなどを楽しんでください。

レストランとショーだけに集中

ディズニーのアフター6の楽しみ方はまだまだあります。アフター6の時間は夕食の時間帯でもあるので、レストランで食事をしたりショーを見ることをメインにしておけばゆっくりとディズニーを楽しめます。

ディズニーでは、レストランを事前に予約できる「プライオリティ・シーティング」というシステムがあり、ディズニーランドでは、ブルーバイユー・レストランをはじめ4つのレストランが事前予約できます。ディズニーシーでは、マゼランズやS.S.コロンビア・ダイニングルームなど5つのレストランが事前予約できます。

プライオリティ・シーティングは、当日でも可能ですが、1ヶ月前からオンラインで予約することもでき、人気のレストランは混雑しているのでオンラインで事前に予約しておくことをおすすめします。

Originalディズニーランド&ディズニーシーの入場制限対策!確認方法・予想される期間は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
GWや三連休などディズニーランド&ディズニーシーは非常に混雑しており、入場制限がかかることも...

ディズニーアフター6【アドバイス編】

ここからは、アフター6でディズニーを楽しむためのアドバイスをご紹介します。時間を有効利用したり、混雑していないアトラクションを狙ったりすれば、アフター6でも楽しみ方は広がるので、ぜひいろいろ参考にして、自分に合った楽しみ方を見つけてみてください。

ディズニーリゾート内のホテルに宿泊

ディズニーをアフター6で満喫する方法の一つとして、ディズニーリゾート内のホテルに泊まるのもおすすめです。

ディズニーリゾート内にあるディズニーホテルやオフィシャルホテルに泊まれば、閉園時間までゆっくり遊ぶことができ、また近くにディズニーがあるのでホテルに戻ってもディズニーの世界を満喫することができるので、アフター6でも大満足できます。

次の日に予定がない場合は、1デーパスポートで1日思いっきり遊ぶこともでき、そしてディズニーホテルに宿泊すると15分早く入園できる特典もあるので、混雑する前に入園することができます。

待ち時間は絶対にチェック

アフター6で遊べる時間は最大4時間となっているので、待ち時間のチェックは必須です。待ち時間は、アトラクションの前に行かなくても、ディズニーの公式サイトやアプリで確認することができます。

また、ファストパスの発券状況も公式サイトやアプリで確認することができるので、入場前にチェックしてファストパスの発券がまだ行われている場合は、ファストパスを取っておくことをおすすめします。

食事は食べ歩き

アフター6でアトラクションをメインの楽しみ方をしたい方は、食事はレストランではなく食べ歩きがおすすめです。夕食の時間はレストランも混雑しはじめ、30分以上並ぶこともあります。

アフター6の場合は、最大4時間程度しか遊べないので、お腹が空いたときはすぐに購入できたり、アトラクションを待ちながら空腹を満たせるワゴンの軽食や食べ歩きできるものがおすすめです。

レストランで食事をしたい方は、事前に予約できる「プライオリティ・シーティング」を利用して、事前に予約をしておくことをおすすめします。

ディズニーランドのおすすめアトラクション

ディズニーランドへ行ったら「スプラッシュ・マウンテン」、「スペース・マウンテン」、「ビッグサンダー・マウンテン」などの3大マウンテンや、比較的新しい「モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!」など、とても人気で外せないアトラクションですが、混雑していることも多いので、アフター6では閉園が近くなった時間帯を狙うのがおすすめです。

ここでは、比較的混雑を避けられるのおすすめのアトラクションをご紹介します。アフター6でアトラクションをメインにした楽しみ方をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

蒸気船マークトウェイン号

ウエスタンランドにある「蒸気船マークトウェイン号」は、一度に475名が乗ることができる蒸気船でアメリカ河のあるクリッターカントリーを一周することができます。

豪華客船のような「蒸気船マークトウェイン号」は3階建ての蒸気船で、1階から3階まで自由に行き来し、お好みの場所からディズニーを景色を楽しむことができます。また、夜はライトアップされるのでロマンティックな雰囲気を楽しむことができます。

イッツ・ア・スモールワールド

2018年4月にリニューアルされた「イッツ・ア・スモールワールド」は、世界中の子供たちが各国の民族衣装で歌う「小さな世界」を聞きながら世界旅行を楽しめます。

リニューアル後は、ディズニー映画の「アナと雪の女王」や「美女と野獣」などのキャラクターが加わり、キャラクター探しも楽しみの一つになりました。また、アトラクション内のメリーゴーラウンドの中にいる日本人形の前でキスしたカップルは長続きするという伝説もあります。

カリブの海賊

アドベンチャーランドにある「カリブの海賊」は、パイレーツ・オブ・カリビアンの公開と共にリニューアルされ、キャプテン・ジャック・スパロウなど映画に登場したキャラクターも登場します。

ゲストが乗ったボートの上に飛び交う砲弾や水しぶきはとてもスリルがあります。そんなスリル満点のアトラクションですが、カリブの海賊のボートに乗ってすぐの天井に流れ星が流れることがあります。その流れ星が流れたときに願いを唱えると願いが叶うといわれているので、ぜひ流れ星を見つけてみてください。

ディズニーシーのおすすめアトラクション

ディズニーシーでは「センター・オブ・ジ・アース」、「タワー・オブ・テラー」、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」などの絶叫系や、出来てから人気の絶えない「トイ・ストーリー・マニア!」などは人気ですが、これらは混雑していているので、アフター6では閉園直前がおすすめです。

ここでは、比較的混雑を避けられるディズニーシーのおすすめアトラクションをご紹介します。ディズニーシーをアフター6を使ってアトラクションをメインにした楽しみ方をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

海底2万マイル

ミステリアスアイランドにある「海底2万マイル」は、小型潜水艦に乗って神秘的な海底探索をするアトラクションで、2008年のリニューアルで、海底にニモやアリエルも登場するようになりました。

海底2万マイルは人気のアトラクションで混雑しているシーズンは待ち時間も長くなりますが、アフター6で入場できる18時にはある程度落ち着いて、それほど待ち時間もなく楽しむことができます。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

アラビアンコーストにある「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」は、船乗りシンドバッドと小トラのチャンドゥと一緒に航海へ出かけるアトラクションです。

アラビアンコーストには、宮殿の中庭にあるような2階建てのメリーゴーラウンド「キャラバンカルーセル」や、3Dのマジックショーを見られる「マジックランプシアター」など、比較的待ち時間が少ないアトラクションもあります。

また、アラビアンコースト内は、魔法と神秘に包まれたアラビアンナイトの世界を楽しめ、夜はより一層雰囲気が良くなります。

マーメイドラグーン

「マーメイドラグーン」は、アリエルと仲間たちの海底王国を楽しめるディズニーシーのエリアの一つですが、マーメイドラグーンにいるだけでも十分楽しむことができます。

マーメイドラグーン内には、可愛いコースター「フランダーのフライングフィッシュコースター」や、海底にいるような空間でリトル・マーメイドのミュージカルショーを楽しめる「マーメイドラグーンシアター」などのアトラクションをはじめ、レストランやお土産ショップなども充実しています。

待ち時間40分以上の乗り物は諦める

アフター6で入場できる18時ごろにはある程度落ち着いてきますが、アフター6ではパーク内で遊べる時間が最大4時間程度なので待ち時間が長い乗り物は避けた方が、より楽しむことができます。

待ち時間が長いアトラクションは、閉園直前には待ち時間が短くなるので、どうしても乗りたいアトラクションは閉園30分前から15分前を狙っていくことをおすすめします。

お土産の購入は閉園直前

ディズニーではお土産選びも楽しみの一つでもあります。アフター6では、時間を有効活用するためにもお土産やディズニーグッズの購入は閉園直前にするのがおすすめです。

閉園直前のショップは大変混雑していますが、22時を過ぎてしまっていても混雑している場合は営業していることもあるので、お土産の購入は帰り際の購入がおすすめです。

ただし、入場ゲート周辺以外のショップで購入したいものを見つけた時は、戻っている時間がない場合があるので、その時は見つけた時に購入しておくことをおすすめします。

Dsc 4368東京ディズニーランドのお土産人気ランキング!文房具やお菓子の値段は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
夢と魔法の国「東京ディズニーランド」のお土産をランキングでご紹介します。他にもお土産の中で文...

知っている人だけが得をするディズニーアフター6!

今回はディズニーで2番目に人気のチケット「アフター6」を使った楽しみ方をはじめ、値段やおすすめのアトラクションなどをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?アフター6は最大4時間の利用しかできませんが、それでも上手に使えば大満足できます。ぜひ、ご自身に合った使い方でディズニーを楽しんでみてはいかがですか?

関連記事

関連するキーワード

1323.thumb
この記事のライター
Ayano Naito
旅行大好きなハワイアンロミロミセラピスト。国内・海外問わずいろいろな所に旅行しています。スキューバダイビングライセンス・ハワイ州観光局公式スペシャリスト検定取得など取得。

浦安の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

浦安の新着のまとめ