ディズニーランドを3歳児と楽しもう!入場料やファストパス・アトラクションは?

2019年4月10日 (2019年4月14日最終更新)

東京ディズニーランドは4歳から入場料が必要となるので、無料で入園できる3歳以下がお得です。ここでは3歳児が楽しめるディズニーランドのアトラクションや乗り物、ファストパス情報、楽しみ方のおすすめテクニックなどを紹介しましょう。

目次

  1. 東京ディズニーランドで3歳児を連れていく理由
  2. ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【基本編】
  3. ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【おすすめのアトラクション編】
  4. ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【トゥーンタウン編】
  5. ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【実践編】
  6. ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【ランチ編】
  7. ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【モデルコース編】
  8. ディズニーランドで3歳児との楽しみ方を理解して遊びに行こう!

東京ディズニーランドで3歳児を連れていく理由

小さな子供と一緒に東京ディズニーランドを楽しみたいと思っている方も多いことでしょう。でも、3歳くらいの小さな子供でも楽しめるアトラクションが東京ディズニーランドにはあるのでしょうか。ファストパスの仕組みはどうなっているのでしょうか。ここではそんな方のために、3歳児と東京ディズニーランドを楽しむコツを紹介します。

4歳までは入場料が無料

東京ディズニーランドは入場料が高く、2019年4月現在で大人1デーパスポートの入場料は7400円です。子供の入場料は、東京ディズニーランド・ディズニーシーとも、4歳までは入場料が無料です。4歳からは1デーパスポートの入場料が4800円、2デーパスポートの入場料が8600円になるので、大きな差です。

また土日祝日の午後3時から利用できるスターライトパスポートでも、大人の入場料が5400円に対し、4歳以上の子供の入場料は3500円になります。

平日午後6時から楽しめるアフター6パスポートは、4歳未満の子供は無料ですが、4歳以上は一律4200円の入場料がかかります。入場料が無料の4歳未満の時に東京ディズニーランドへ行くのがお得といえるでしょう。

ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【基本編】

子連れで東京ディズニーランドを楽しむには、入場料が無料になる3歳までの時に入園するとお得です。3歳になるといろいろな乗り物を楽しむことができ、1歳や2歳のときとは違った楽しみ方ができるでしょう。ここでは入場料が無料になる3歳児と一緒に東京ディズニーランドを楽しくテクニックを紹介します。

年齢を確認する証明書はいるの?

東京ディズニーランドの入場料は4歳から有料となります。気になるのは、入場料が無料になる3歳の時に入園すると、年齢を確認する書類が必要になるかどうかという点です。

基本、入園の際には年齢を聞かれることは少ないようです。ただ年齢制限があるアトラクションに乗るときに、年齢を聞かれることはあるようです。そんな時は口頭で答えればよく、年齢を確認する証明書を提示する必要はありません。しかし念のため、保険証など年齢が確認できるものを持ち歩いているといいでしょう。

誕生日シール

東京ディズニーランドでは、キャストからお誕生日シールをもらうことができます。胸や帽子など目立つところに付けておくと、キャストから「お誕生日おめでとう」と声をかけてもらえます。お誕生日シールは、お誕生日当日でなくても大丈夫です。証明書を見せる必要もなく、お誕生日の前後、好きな時にもらうことができます。

ファストパスはどうなる?

東京ディズニーランドのファストパスとは、アトラクションに優先的に乗ることができる仕組みで、待ち時間を大幅に回避することができる楽しみ方です。ファストパスを発行しているアトラクションは限られていますが、上手に利用して効率よく回りましょう。

ファストパスの発券にはパスポートが必要なのですが、入場料が無料になる3歳児はパスポートがありません。気になるファストパスですが、アトラクションに乗る大人のファストパスがあれば大丈夫です。子供には年齢制限や身長制限がありますが、それらをクリアしていれば大人と一緒にアトラクションに乗ることができます。

昼寝対策

3歳児と東京ディズニーランドの楽しみ方で注意したいのが昼寝です。東京ディズニーランドには、授乳室やおむつ替えスペースはありますが、3歳くらいの子供が昼寝をする設備は設けられていません。天気がよければ、外のベンチで昼寝をさせることは可能です。

また3歳以下でまだベビーカーを利用しているのなら、待ち時間にベビーカーで昼寝をさせることもできます。寝ている間に買い物をしたり、パレードを見たりと時間を有効に使いましょう。車で訪れている場合は、一旦外に出て車の中で昼寝をさせてもいいかもしれません。

東京ディズニーランドでは、子供が寝たままでは乗り物に乗ることができません。アトラクションに並んでいる途中に寝てしまたら、そのまま並び続けて順番が来たときにキャストに知らせてください。乗り物によっては、子供が起きたときに優先的に乗れるようにしてもらえます。

お土産は宅配する方法

3歳以下の小さな子供と一緒に東京ディズニーランドを訪れると、どうしても荷物が多くなります。その上、お土産を買うと持ち運びがたいへんです。ロッカーに入れて置く方法もありますが、宅配にしてしまうととても楽です。エントランス付近に宅配センターがあるので、お土産はまとめて配送してしまいましょう。

乗り物の年齢制限や身長制限などを確認

3歳以下の子供を連れて東京ディズニーランドを訪れるとき、楽しみ方で注意したいのが年齢制限や身長制限です。身長制限がなく3歳以下の子供でも乗れるアトラクションはたくさんありますが、人気のビッグサンダー・マウンテンやスプラッシュ・マウンテンなどの乗り物は身長制限があります。

また年齢制限や身長制限がなくても、一人で座って乗れることを条件にしている乗り物もあるので、長い時間並ぶ前に確認することが大切です。

Originalディズニーランド・シーの身長制限があるアトラクション!上限や適齢期は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大人気のテーマパークである「ディズニーランド」と「ディズニーシー」。今回はそんなディズニーラ...

ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【おすすめのアトラクション編】

ここからは3歳児と回る東京ディズニーランドの楽しみ方を紹介しましょう。まず最初に、3歳児と楽しめるおすすめのアトラクションを紹介します。3歳になると「ウエスタンリバー鉄道」や「空飛ぶダンボ」よりも少しスリルのある乗り物に乗りたいと思う子供もいることでしょう。そんなときにおすすめの楽しみ方を紹介します。

バスライトイヤーのアストロブラスター

バスライトイヤーのアストロブラスターはトイ・ストーリーの人気キャラクター、バズ・ライトイヤーと一緒に敵を倒すシューティングゲームです。手元にある光線銃を使って、同乗者と得点を競い合うことができます。このアトラクションは年齢制限がなく、赤ちゃんを抱っこして乗ることも可能です。

小さな子供での乗れる乗り物ですが、実際に楽しめるのは3歳から4歳くらいでしょう。大きな音はありませんが暗い空間を進むので、怖がりな子供には向きません。銃で的を撃つアトラクションなので、テレビなどで撃ち合いを見ている子供には分かりやすいかもしれませんが、やり方がわからないと楽しむ前に終わってしまう可能性もあります。

こちらのアトラクションはたいへん人気があり、休日は90分から120分の待ち時間が生じます。混雑していない平日でも30分は待ち時間があります。3歳児と一緒の楽しみ方は朝一番に乗るか、ファストパスを利用して乗るといいでしょう。

モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”

モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”は、ディズニー映画「モンスターズ・インク」をテーマにしたアトラクションです。乗り物に乗って、かくれんぼをしているモンスターを懐中電灯で見つけて楽しみます。こちらのアトラクションには身長制限はありませんが、7歳未満の子供は16歳以上の同伴が必要になります。

アトラクションは1人で座れる子供から乗ることができますが、楽しめるようになるのは3歳~4歳ごろでしょう。大きな音は出ませんが暗いところを進んだり、やや激しく乗り物が動く箇所があったりするので、怖がりの子供は難しいかもしれません。

こちらのアトラクションはたいへん人気があり、休日は100分以上、平日でも60分以上の待ち時間が生じます。3歳児と一緒の楽しみ方は、ファストパスの発券がおすすめです。

プーさんのハニーハント

プーさんのハニーハントは、ハニーポットをモチーフにしたライドに乗って、プーさんの絵本の世界を楽しむアトラクションです。1人で座れる子供なら年齢制限や身長制限はありません。

こちらの乗り物は3歳児と乗るときは注意が必要です。前半はかわいい絵本の世界を楽しめるのですが、後半になると急停車・急発進などがあり、大人でも車酔いをしやすい方は注意が必要です。子供が降り落されるようなことはありませんが、気を付けてあげるといいでしょう。また終盤は怖い箇所があるので、怖がりの子供には難しいかもしれません。

こちらのアトラクションもたいへん人気があり、休日は90分以上、平日でも60分以上の待ち時間が生じます。ファストパスも早い段階で発券終了となってしまうので、乗りたい場合はできるだけ早くファストパスを発券するようにしてください。

Originalディズニーランドのモンスターズ・インクは人気アトラクション!おすすめグッズも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ディズニーランドのモンスターズ・インクはパーク内でも大人気のアトラクションです。子供から大人...

ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【トゥーンタウン編】

トゥーンタウンは東京ディズニーランドの中でも特に小さな子供向けに作られたエリアです。ジェットコースターなどの乗り物もありますが、子供達が自由に歩いて楽しめるアトラクションも多くあります。またファーストフード系の食事スポットもあり、子連れで楽しむのにおすすめのエリアです。

ミッキーの家とミート・ミッキー

トゥーンタウンのミッキーの家は、ミッキーとグリーティングができる人気スポットです。ミッキーの家の中を見学しながら歩くと、最後の部屋にミッキーが待っています。一緒に写真撮影をすることができ、3歳の子供にもおすすめです。

ミッキーは4パターンのコスチュームがあると言われています。どのコスチュームで現れるかはお楽しみです。誕生日シールを胸に付けていると、いいことが起こるかもしれません。こちらのアトラクションは開園と同時に長い待ち時間が生じるので、子連れの場合は注意してください。

ドナルドのボート

ドナルドのボートは子供が自由に中を歩いて探検するものです。1階と2階があり、1階はボイラー管の中に入って遊んだりすることができ、2階に行くと船の鐘を鳴らしたりボタンを押して遊んだりできます。大人も楽しめる内容になっていますが、階段を上ったり下りたりするのは少し窮屈かもしれません。

ミニーの家

ディズニーランドの人気キャラクター、ミニーの家を訪れてみたいと思っている方も多いことでしょう。トゥーンタウンのミニーの家はかわいらしさ満点のスポットで、中を自由に歩いて写真を撮ったり、いろいろな物に触ったりすることができます。おしゃれな椅子に座ったり、キッチンセットで遊んだりと、女の子にぴったりのアトラクションです。

ミニーの家は比較的空いているアトラクションです。ミッキーの家はミッキーと出会うことができますが、ミニーの家ではミニーに会うことはないので、あまり混雑していません。しかし、部屋のあちらこちらにミニーらしい仕掛けが隠されているので、探しながら歩くと面白いでしょう。

ガジェットのゴーコースター

ジェットコースターが好きな子供が一緒であれば、ガジェットのゴーコースターに乗るといいでしょう。ただし、こちらのアトラクションは身長90cm未満の子供は乗れないので注意して下さい。子供向けのアトラクションですが以外と速く、大人も楽しめます。人気のアトラクションなので、混雑時には長い列ができます。

ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【実践編】

続いて東京ディズニーランドの3歳児との楽しみ方で、実践編のテクニックを紹介しましょう。子供と一緒にデディズニーランドを楽しむ場合は事前の準備が大切です。ファストパスの発券方法や、効率よく回る方法を考えておくといいでしょう。またランチやトイレの場所などを確認しておくことも大切です。

早い時間から並ぶ

3歳児と一緒に遊ぶ東京ディズニーランドの楽しみ方でおすすめしたいテクニックは、効率よく回るために開園前から並ぶという点です。長い待ち時間が生じる「バスライトイヤーのアストロブラスター」や「モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”」などのファストパスをできるだけ早く発券するためです。

目安としては、少なくとも開園の1時間前にはゲートについて並ぶといいでしょう。並んでいる間に、持参した朝食を食べることもできます。また近くにトレイも数カ所あるので、安心して並ぶことができます。

迷子シールをゲット!

迷子シールは、ディズニーランド内のベビーセンターなどでもらうことができます。子供の名前や年齢、保護者の携帯番号などを書いて、子供の服の目立つところに張っておきます。ディズニーランドは多くの人で混雑するので、子供から目を離さないようにしたいものですが、迷子シールがあれば万が一迷子になっても安心です。

人気のアトラクションはファストパスで攻略

「モンスターズインク」と「プーさんのハニーハント」は早い時間にファストパスの発券が終了となります。どうしてもこれらの乗り物に乗りたいときは、朝一番にファストパスを発券しましょう。ただしファストパスを発券すると時間に縛られることになるので、3歳児と一緒の場合は緻密な計画を立てるようにしましょう。

パレードを見る場合のテクニック

東京ディズニーランドで3歳児とパレードを楽しみ合い場合は、事前にパレードの時間を調べて場所取りをしましょう。一般に子供と一緒の場合は、トゥモローランド周辺が見やすいと言われています。この辺りはただパレードが通り過ぎるだけではなく、目の前でキャラクターたちが踊ってくれるので、最後まで楽しむことができます。

Original東京ディズニーランド・ファストパス攻略!基本ルールから回る順番・取り方まとめ | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アトラクションに乗りたいけど待ち時間は有効に使いたい方にオススメ!東京ディズニーランドや東京...

ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【ランチ編】

続いて、東京ディズニーランドで3歳児と楽しみ方のテクニックのうち、ランチ編を紹介します。ディズニーランドでランチをしたい時は、ワゴンでも長い列ができるので、子供がお腹を空かせ過ぎないうちに早めに食べることが大切です。比較的席数が多いレストランでも、ランチの時間帯には人でいっぱいになるので注意してください。

ファストフード系を狙え!

東京ディズニーランドへ遊びに行ったら、美味しいものを食べたいと思うかもしれません。しかし3歳以下の子供と一緒の場合は、レストランに座って美味しいものを食べるというよりは、手早くファストフードで済ませたほうがいいかもしれません。レストランで食事をするだけでも、長い列に並ぶ必要があるからです。

席数が多いおすすめのレストラン

東京ディズニーランドのレストランで、3歳以下の子供と座って食事を楽しみたいという方は、できるだけ席数が多いレストランを選ぶといいでしょう。席数が多いレストランは回転が早いので、席が空く率が高いからです。また時間をずらして、早目のランチやディナーを取るようにすると混雑を回避することができます。

1:プラザ・レストラン

プラザパビリオンレストランは、東京ディズニーランドのシンデレラ城の近く、ウエスタンランドにあります。座席数は400と広く、室内席とテラス席があります。テラス席からは植木の間からパレードを見ることができ、人気のスポットです。

ハンバーグやエビフライなどボリュームのあるメニューが揃っています。また、ミッキーの形にご飯が盛られたかわいいお子様セットもあります。

2:トゥモローランドテラス

トゥモローランドテラスは、東京ディズニーランドのトゥモローランドにあるファーストフード感覚のレストランです。ディズニーランドの中でいちばん大きいレストランで、席数は1470もあります。室内とテラス席があり、テラス席からはパレードやシンデレラ城で行われるキャッスルプロジェクションを遠目に見ることができます。

こちらはハンバーガーのファーストフード店で、ミッキーの形をしたハンバーガーが販売されています。季節限定のハンバーガーもあり、お得なセットメニューも用意されています。

Originalディズニーランドのおすすめランチ!子連れも安心のお店から穴場まで | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ディズニーランドといえばショーやアトラクションはもちろんですが、美味しいランチも楽しみの一つ...

ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【モデルコース編】

それでは東京ディズニーランドの楽しみ方のモデルコースを紹介します。これは一例なので、子供の興味に合せてショーやパレードを組み合わせてください。ディズニーキャラクターと一緒に食事が楽しめるレストランを予約してもいいでしょう。天気が悪い日は無理をせず、子供に合せて楽しむようにしてください。

1:入園・ガイドマップ・ベビーセンター

できるだけ早い時間に訪れ、入園まで並んで待ちます。後ろの方に並んでいると、ゲートがオープンしても、実際に入園するまで長い時間がかかり、お目当てのアトラクションに乗れないことがあるからです。入園したらガイドマップをもらい、トイレやベビーセンターの場所を確認してください。

2:記念撮影

入園するとディズニーのキャラクターたちに出逢うかもしれません。そんな時は順番待ちをして一緒に機縁撮影をしましょう。またエントランスからワールドバザールを抜けたところに、シンデレラ城が見える絶好の撮影スポットがあります。家族揃って記念撮影を撮るのもおすすめです。

3:おすすめのアトラクション

3歳以下の子供と一緒にディズニーランドを楽しむ場合、ファストパス対象のアトラクション以外にも様々なアトラクションが楽しめます。ウエスタンリバー鉄道、アリスのティーパーティー、カリブの海賊、ジャングルクルーズ、空飛ぶダンボなど、小さな子供にもおすすめの乗り物がたくさんあるので、家族揃って楽しみましょう。

4:おやつを購入

乗り物に乗って疲れたら、おやつを購入して休憩しましょう。ワゴンではポップコーンやチェロス、アイスなどを販売しています。暑い日には水分補給も忘れないようにしましょう。また早目にランチを取りましょう。予約ができるレストランもあるので、事前に予約をしておくと待ち時間が少なく、効率よく楽しめます。

5:お土産を購入

1日たっぷりと遊んだらお土産を買いましょう。お土産店はワールドバザールにたくさんあります。閉園間際は混雑するので、子供がベビーカーで昼寝をしている時間などを使って買い物をするといいでしょう。たくさんお土産を買ったら、ロッカーに入れたり宅配を利用して送ったりするのもおすすめです。

6:退園

夜のパレードや花火を見たら退園となります。遅くまで遊んで子供が疲れたら、無理をせず早目に退園しましょう。3歳以下の子供がいる場合、17時頃には退園すると翌日に疲れを残さないでしょう。

また遠方からの訪れる場合は、近くのホテルに宿泊するのもおすすめです。ロッカーに入れた荷物やお土産を忘れずに受け取って、思い出をたっぷりと持って家路に着きましょう。

Img f368533431cc2133c6eed10eaac3dba3289457ディズニーランドでキャラクターと記念撮影!限定キャラに会える場所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ディズニーランドでは、アトラクションに乗って楽しんだり、パレードやショーを鑑賞したりするほか...

ディズニーランドで3歳児との楽しみ方を理解して遊びに行こう!

東京ディズニーランドで3歳児との楽しみ方を解説しました。混雑している日は、あれもこれもと欲張らず、子供のペースに合せて楽しみましょう。待ち時間が長い乗り物が多いので、待ち時間を過ごす方法を考えておくのもおすすめです。東京ディズニーランドで家族と一緒に楽しい思い出を作ってください。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
Momoko

浦安の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

浦安の新着のまとめ