グリーンランドの観光スポットまとめ!見どころや行き方は?

2019年4月11日 (2019年4月12日最終更新)

グリーンランドは世界で最も大きな島です。主な産業は漁業で観光都市としての側面も持ちますが、日本からの観光客はごくごく珍しいです。デンマークと深い関わりを持っています。人気スポットや雄大な自然観光、グルメなどグリーンランドをまとめました。

目次

  1. グリーンランドとは?
  2. グリーンランド観光【基本編】
  3. グリーンランドは何故デンマーク領なの?
  4. グリーンランド観光【おすすめの人気観光スポット編】3選
  5. グリーンランド観光【イルリサット満喫編】
  6. グリーンランド観光【行き方編】
  7. グリーンランド観光【旅行する場合のポイント編】
  8. グリーンランドの観光情報をご紹介!

グリーンランドとは?

週末にどこか観光に行きたいと思ってもなかなかグリーンランドはその候補地にあがることはないです。残念なことに日本とは距離的にも文化的にも離れているため近場のアジア諸国や文化の違いを楽しめるヨーロッパの国々と比べると機会は減ってしまいます。

そのため行った人の情報も少ないことから口コミでも広がりにくく、日本からの観光客は1年に200人から400人とごくごく少数に留まっています。日本からの観光客が少ないのは大手旅行会社が格安プランを提供しないこととも関係があるでしょう。

なかなか情報が入ってこないグリーンランドですが自然に恵まれた美しい土地です。人気の観光スポットやおすすめグルメなど本当の北国でしか味わえない魅力がグリーンランドにはたくさんあります。そんなグリーンランドの観光スポットをご紹介いたします。

世界最大の島

グリーンランドは北国ならではの人気グルメやスポット以外にも、世界で最大の島として知られています。南北に2500km、東西に1000kmもの広大な土地を持っており日本と比較すると約6倍の面積となります。

地球儀や世界地図などでグリーンランドという名前だけは知っているという人もいるでしょう。緑をさすグリーンという英語と土地を指すランドという非常にわかりやすい地名は日本人にもなじみやすい名前といえます。

しかしその名前とは裏腹にグリーンランドは非常に自然の厳しいスポットとして知られています。国土のおよそ85%が氷に覆われており北極にも近いためその寒さは日本の比ではありません。

グリーンランドは国?

雄大な自然と共にその厳しさからグリーンランドの中でも一部の地域に人口が集中しています。特に北極に近い北側には住むことが難しくカナダに近いグリーンランドの南西部に住んでる人が多いです。

そんなグリーンランドですが実はまだ国ではありません。デンマークの一部であり、未だに独立権を持っていません。カナダやアメリカに近いためどこか北米の国に所属していると思いがちですが実際はそれよりも距離の離れたデンマークになります。

そのため今でもデンマーク語が通じます。通貨もデンマークと同じクローネが取り入れられています。グリーンランドに住む人の帰属意識を高めようと現在ではグリーンランド語が広く普及している他、英語を話す人も多くいます。

Hotdog 640x480デンマーク語の挨拶を覚えて旅行で活用!英語は使える?発音は難しい? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
デンマークを旅するにあたり、デンマーク語が気になるという人も多いと思います。デンマークはデン...
Originalデンマークの通貨のレートは?外貨両替をお得に!物価なども調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
デンマーク旅行を計画中ですか?デンマークで使われる通貨やレートを知って、旅行のイメージをつか...

グリーンランド観光【基本編】

ここからはグリーンランド観光に際して必要となるグリーンランドの基本情報をまとめました。カナダなどの北国に代表されるようにグリーンランドもやはり人気の観光プランはオーロラやクルージングなど自然が関係しています。

どこか遠い外国で日頃の生活から離れてゆったりしてみたいという人にはグリーンランドはおすすめの観光スポットです。大西洋と北極海の間にあることから、見るからに寒そうです。そんな場所にあるグリーンランドの気候や民族はどうなっているのでしょうか。

気温

まずグリーンランドの気温についてですが一年を通して非常に寒いです。一番寒いのが2月から3月で-8°ほどに、逆に一番暖かくなるのが8月で7度くらいとなっています。一年を通して寒いため四季はありませんが、気温の変化は日本と同じようにあります。

一番暖かくなる8月は日本の関東の冬と比べてもあまり遜色がありません。本州の冬が大丈夫な人であれば夏のグリーンランド観光もおすすめです。流氷や氷河など、日本の冬にはなくグリーンランドでしか見れないものがたくさんあります。

厳しい自然と密接な生活をしているグリーンランド人ですが、地下は1mほどまでしか掘れず石油などの「取れるかもしれない」資源も埋もれたままとなっています。北国のグルメやボートなどのアクティビティだけでなく、天然資源に恵まれる日も近いのかもしれません。

自然豊かな氷の島

グリーンランドは海外から来る観光客の間でも特に氷河や犬ぞりなど自然に即した観光プランに人気が集まっています。グリーンランド自体の国土の90%が北極圏に属したスポットということが何よりの理由となっています。

グリーンランドのメインの産業は漁業であると言われています。中でもエビなどは日本にも輸出されるほど漁獲高が高く、グリーンランドの経済を支えています。グリーンランドで楽しめるグルメでもいかんなく発揮されています。

自然を楽しみたい人には観光先としておすすめスポットであるグリーンランドですが、分厚い氷のために漁業以外の天然資源の確保には苦心しています。

人口や民族

続いてグリーンランドの人口と民族についてです。グリーンランドの人口はおよそ57,000人のため日本と比べても圧倒的に人口密度が低いです。カナダやロシアなど他の北国を見ても北極圏に近づけば近づくほど栄えた都市は少なくなります。

グリーンランドの人口もほとんどが南西部の沿岸地域に偏っています。グリーンランド人の92%はカラーリットと呼ばれるイヌイットと同系の子孫です。残りの8%がデンマーク人だったりデンマーク人との混血です。

カラーリットの見た目は日本人にも共通する顔の特徴を備えているとよく言われています。 デンマーク人やカナダ人よりも日本人の顔の特徴に近いため親近感を覚える日本人も少なくありません。

一番栄えている「ヌーク」

グリーンランドの中でも一番栄えている場所はヌークと呼ばれる都市です。ヌークはグリーンランドの首都と称されることもあります。首都は国の中枢が集っている場所であるため、厳密にはヌークは首都ではありませんが多くの市民の生活を支えています。

ヌークは元々デンマークの植民地時代だった頃「ゴットホープ」と呼ばれる街でした。このゴットホープは英語にすると希望という意味で、植民地時代のグリーンランドを象徴する場所でした。

自治政府がグリーンランドにできた1979年にゴットホープはヌークと改称し、それ以降もマーケットやグルメにスーパーなどグリーンランドの中心地としての役割を果たしています。

グリーンランドは何故デンマーク領なの?

いったいどのような経緯でグリーンランドはデンマークの一部となったのでしょうか。同じ島ではありますが他国からの侵略や植民地支配を受けたことがない、我々日本人もグリーンランドの歴史を知ることでより観光が楽しめるかもしれません。

一見複雑そうに見えますが実効支配という面ではグリーンランドはその歴史のほとんどでデンマークに属しています。日本も戦争をしていた頃は他国を植民地支配したり、沖縄がアメリカ領だったりしました。

先住民族がグリーンランド最初の居住者

正確な年代は定かではありませんが、グリーンランドには10世紀以前から先住民族が住んでいたとされています。 この頃にいた先住民族がグリーンランドに根ざした最初の民族であり、現在のカラーリットの祖先でもあります。

先住民族が住んでいたことはグリーンランドを発見したバイキングたちにとって衝撃的だったと言われています。 グリーンランドとよく比較されるアイスランドですが、こちらは発見時に先住民族は住んでいませんでした。

バイキングによって広く知られるように

グリーンランドが人々の間で広く知られるきっかけとなった出来事は、アイスランドのバイキングがグリーンランドを発見したことに端を発します。殺人の罪を犯した「赤毛のエイリーク」と呼ばれる人物によってグリーンランドは発見されました。

グリーンランドは980年代に発見され、985年に移住希望者を乗せた船がアイスランドから出発しました。25隻のうち14隻がたどり着き、彼らはグリーンランド開拓の礎となりました。

ノルウェーの支配下に

1261年にグリーンランドは当時のノルウェー王国に支配されることとなります。支配とは言っても奴隷的なものではなく、グリーンランドの地理もあり現在と同じように独立した地域として自治が進められていました。

その後1380年にノルウェー王国はデンマーク王国に支配されることとなります。この時にグリーンランドも結果的にデンマークの支配下となったのです。

ナポレオン戦争でデンマークとノルウェーが分断される

19世紀のナポレオン戦争によってデンマークは戦争に敗れました。ノルウェーはデンマークの支配下ではなくなりますが、一度デンマークの支配下となったグリーンランドはそのままデンマークに残される形となりました。

通貨や公用語を見ると最初からデンマークの直轄領であったように思えますが実は初めはノルウェーの植民地であったことがわかります。 しかし一度ノルウェーからデンマークに吸収される形となったグリーンランドは、現在でも独立することなく残っています。

こういった歴史からグリーンランドはデンマークと今でも密な関係を築いています。自治政府があり独立思考が高まりつつも、国として独立しないのはデンマークからの経済的な援助を受けていることも関係しています。グルメなどの食文化も大きく影響を受けています。

グリーンランド観光【おすすめの人気観光スポット編】3選

グリーンランドでの観光のおすすめは何と言っても壮大な自然を舞台にしたアウトドアアクティビティです。先ほど紹介したヌークは他の地域よりも発展しているため都市型の生活を送ることもできますが、それならばグリーンランド以外でもできるでしょう。

グリーンランドではトレッキングやクルージング、カヤックを利用したアウトドアなど様々な体験ができます。自然にあふれている分、空港からのアクセスが良いスポットの方が観光客には人気があります。

1:カンゲルルススアーク

カンゲルルススアークはグリーンランドでも交通の要所となっている地域です。後述のイルリサットと比べて大型のジェット機が就航できるため、デンマークの首都コペンハーゲンからも来ることができます。

デンマーク観光を楽しんだ後、コペンハーゲンからグリーンランドに飛び現地の観光やグルメを楽しむときにもカンゲルルススアークに立ち寄ることとなるでしょう。人口は500人の小さな街で空港と観光によって生計を立てています。

グリーンランド内のヌークやイルリサットにもアクセスできるため、1度こちらの空港近くのホテルで宿を取ったり1日観光してみるのもおすすめです。ミュージアムや湖があります。カンゲルルススアークは「大きなフィヨルド」という意味になります。

2:ヌーク

ヌークはグリーンランドの中でも一際栄えているとあって、グリーンランドのグルメや文化の発信地となっています。グリーンランドの大聖堂は荘厳で異国情緒たっぷりですし、カルチュアルセンターではグリーンランドの音楽や絵画などの芸術に触れることができます。

グリーンランドのナショナルミュージアムやアートミュージアムの他に、もちろんヌークでもクルーズツアーなどを楽しむことができます。フィヨルドへのボートツアーや氷河クルーズなど、人が集まるヌークは自然を活かした観光プランが集まるスポットでもあります。

3:イルリサット

イルリサットはグリーンランドの中で3番目に大きな街です。スノーモービルやクルーズ観光、オーロラも見ることができます。イルリサットはグリーンランドの西岸の中部に位置している街で、こちらでも美術館や博物館、教会を見ることができます。

人口5万人超しかいないグリーンランドですが見るべきものはたくさんあります。特に大自然のパノラマは圧巻で、それだけでもグリーンランドに来た意味はあったと思えるような観光になること間違いなしです。

A4fff037aaafca9d4af88aad3a6dbd38 sデンマーク観光のおすすめスポット!北欧の大自然!人気の食べ物も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北欧デンマークは豊かな自然、海に囲まれた国になり、観光地として人気があります。デンマーク独自...

グリーンランド観光【イルリサット満喫編】

ここではグリーンランドでも人気のおすすめ観光スポットであるイルリサットについてまとめました。グリーンランドでは極端に少ない人口のため、テーマパークやレストランなど観光客向けの施設はそれほど多くありません。

しかしそのぶんホテルの設備やグルメ、地域の歴史を知れる美術館や博物館など国外から来た観光客に焦点を当てたスポットはいくつかあります。そのためイルリサットやヌークへのツアーに申し込めば当たり外れのないグリーンランド観光が楽しめます。

クヌート・ラスムッセン博物館

最初に紹介するのはイルリサットにあるクヌート・ラスムッセン博物館です。クヌート・ラスムッセンというのは、1800年代後半から1900年代前半にかけて活躍した著名な探検家、人類学者でグリーンランド出身者にも知名度が高いです。

ここでは彼が人類初めてのグリーンランド探検の際に使用したツールや、カラーリット達の漁業の知恵や歴史が紹介されています。本物のグリーンランドの歴史を知れる、数少ない機会なのでぜひ訪れておきましょう。

センメンミウハイキング

センメンミウはイルリサットにある地名の名前です。センメンミウの一帯をハイキングすることができ、グリーンランドの民家の建ち並ぶ町並みや流氷や氷床、グリーンランドに咲く野草など様々なものを一度に体験することができるお得なハイキングです。

ハイキングコース自体は整備されており国外から来る観光客のため、木道でキチンと道が作られています。ハイキングと言いつつも女性や子供でも気軽に参加できるおすすめの人気スポットとなっています。

ハイキングコースは2時間ほどで終了します。歩き慣れている人ならばもっと早いペースで踏破することもできるでしょう。民家の近くでは犬ぞりとして育てられている犬達がくつろぐ姿も観察することができます。

氷山遊覧クルーズ観光

氷山を遊覧できるクルーズ観光ができるのも、イルリサットをおすすめする理由の1つです。こちらのクルーズ観光など、グリーンランドのおすすめ人気スポットを巡るツアーはデンマークからも募集しています。

デンマークの観光とセットでグリーンランドを楽しみたい人は先にデンマークに行き、現地でグリーンランドの氷山遊覧ツアーに申し込むのもよい方法です。

オーロラ観測

北極圏含まれる地域が広いグリーンランドでは、オーロラを見ることもできます。カラーリットの彼らにとってオーロラは先祖と自分たちをつなぐスピリチュアルなつながりの象徴です。

氷山の遊覧ツアーとともにこのオーロラ観光もグリーンランドに来なければ体験できないおすすめの人気観光スポットと言えます。ヌークやイルリサットはグリーンランドの南西部に位置していますが、そこからでも十分オーロラを見ることは可能です。

グリーンランド観光【行き方編】

グリーンランド観光を計画的に楽しむためにはフライト情報も欠かせません。日本からはかなり距離があるフライトになることが予想されるグリーンランドのため、どうしても乗り継ぎ便を利用する必要が出てきます。

大まかな流れとしては一度デンマークの首都コペンハーゲンに行きそこからグリーンランド航空の飛行機に乗り換えてグリーンランドに向かうルートとなります。

直行便はない

残念ながらグリーンランドへの日本からの直行便はありません。そのため一度デンマークのコペンハーゲンに行く必要があるのですが、コペンハーゲンに行くには成田からスカンジナビア航空の飛行機が毎日出ています。

こちらは成田から11時間及び11時間ほどでコペンハーゲンに着く直行便です。また成田空港、関西空港、中部空港からフィンランド航空によるコペンハーゲン行きの飛行機も出ています。こちらは途中ヘルシンキで乗り継ぎとなります。

グリーンランド航空でフライト確認

コペンハーゲンに着いた後はグリーンランド航空の便で、カンガルルススアークに向かいます。イルリサットやヌークに向かいたい場合も、まず1度カンガルルススアークに行く必要があります。

こちらはグリーンランドに行く時期や現地の天候によってフライトがスケジュールより遅れたりキャンセルになることもあります。そのためグリーンランドに行く時期のフライト情報は事前にチェックしておくことをおすすめします。

日本から直接グリーンランドに向かう場合はコペンハーゲンで一泊することになります。これらの事情からデンマークのコペンハーゲンを観光した後にグリーンランドも観光したいと考える観光客が多いです。

グリーンランド観光【旅行する場合のポイント編】

最後にグリーンランド観光する上で気をつけておきたいポイントなどチェック項目を用意しました。雄大な自然が身近に感じられることでもおすすめのグリーンランドですが、自然が身近に存在するということは危険と隣り合わせということでもあります。

特にグリーンランドを象徴する寒さには十分に気をつけておく必要があります。予めパックツアーやツアーガイドが付く人気の観光プランに申し込んでおくのも一つおすすめの方法です。

天候確認など安全対策

まず第1にグリーンランド訪れる日程の変更確認など安全対策をしっかりしておくことが推奨されます。ハイキングはもちろんクルーズ観光なども当日の天候次第でキャンセルされることが考えられます。

旅行がスケジュール通りにいかないことも残念ではあるのですが、ツアーガイドがつかない個人の旅行の場合は無理をしてハイキングに出かけたり、気温の下がる朝晩に長く外にいないようにしましょう。

服装

グリーンランドでの服装はいつ訪れるかによっても変わってきます。観光におすすめの人気シーズンは比較的寒さが和らぐ6月から9月までと言われています。この時期は昼の時間が長いため様々なアクティビティに参加することもできるでしょう。

夏の間でもジャケットなど寒さに備えて一つ羽織れるものを持っていくことをおすすめします。グリーンランドでは湿度が低く夏の間でも関東の冬と同じくらいの寒さが見込まれます。氷河クルージングやハイキングに参加する際は帽子やサングラスも忘れずに。

グルメ

グリーンランドのグルメは、主に現地の魚を使った料理が観光客の間で人気がありおすすめです。漁業はグリーンランドの根幹となっている作業なので、レストランやスーパーでもグリーンランドでとれた魚を味わうことができます。

国外の観光客向けにホテルのグルメも充実しています。ビュッフェ形式のホテルが多く、これらのグルメは行った人の口コミでも日本人にとってちょうどいい味付けがなされているとのことでした。

持参したいクレジットカード

グリーンランドの中でのみならず、デンマークの首都コペンハーゲンに滞在している間や飛行機のチケットを買うときにもクレジットカードはとても役に立ちます。グリーンランドでもVISAとMastercardはホテル会計などで使うことができます。

一方でJCBやアメリカンエキスプレスなどは対応していない場所も多いです。おすすめの人気観光ツアーやホテルのグルメを十分に楽しむためにも、まとまったお金はVISAかMastercardのクレジットカードで支払うことをおすすめします。

グリーンランドの観光情報をご紹介!

グリーンランド観光についてのまとめでした。グリーンランドは日本から距離的に離れているため寒いことも相まって観光しに行くことに抵抗があるかもしれません。しかし人気のある観光のための自然やホテルで味わえるグルメなどプラスなポイントは数多くあります。

しかしカヤック体験やオーロラなど本当の北国でしか見られない貴重な経験ができることも魅力です。比較的訪れやすい日本の夏の時期に、避暑をかねてグリーンランドに訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Daisuke.U

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する