北山緑化植物園は紅葉や桜を堪能できる兵庫の人気スポット!営業時間やアクセスも

2019年4月12日 (2019年4月14日最終更新)

兵庫県西宮市にある北山緑化植物園。春には桜が満開に咲き、秋には紅葉が見ごろ迎える人気のスポットです。この自然豊か場所にある北山緑化植物園の営業時間やアクセス、駐車場の情報といった基本情報から、北山緑化植物園の特徴や魅力についてまで、まとめてご紹介いたします。

目次

  1. 北山緑化植物園とは?
  2. 北山緑化植物園の特徴
  3. 北山緑化植物園【植物生産研究センター】
  4. 北山緑化植物園の口コミ情報
  5. 北山緑化植物園周辺の散策スポット
  6. 北山緑化植物園の基本情報
  7. 観光シーズンになったら北山緑化植物園へ行こう

北山緑化植物園とは?

兵庫県西宮市にある北山緑化植物園。四季折々の植物が植えられ、1年を通して様々な木々や花々に触れることができる植物園です。阪急電鉄の夙川駅からバスに乗り約15分ほどの場所に位置しています。休日に植物を眺めながらのんびりと散策したり、家族で植物の生態に触れてみたり、思い思いの過ごし方ができる場所となっています。

兵庫県の人気観光スポット

兵庫県にある北山緑化植物園。1982年に開園以来多くの人を植物で楽しませてきました。ここでしか見られない貴重な植物や、その時期にしか花を咲かせない花々が満開に咲いている風景など、見ているだけで心癒される景色が広がります。地元兵庫の方はもちろんのこと、県外からも多くの観光客が足を運ぶ、人気観光スポットともなっています。

北山緑化植物園の園内には、260種類もの数を誇る植物が育てられる「展示温室」や、「緑の相談所」、「植物生産研究センター」といった機関に、「日本庭園」、さらには子供たちにも大人気な「夙川の水遊び場」などがあります。

春には桜が咲き乱れ、秋には木々が紅葉し、とても美しい風景を作り出すことで知られていて、時期になると多くの人が桜や紅葉の素晴らしい風景を一目見ようと足を運びます。

阪急夙川駅からバスで約15分

兵庫県にあるこの北山緑化植物園へアクセスには、阪急電鉄の夙川駅を下車し、バスに乗車して約15分ほどで到着となります。周辺には堀江オルゴール博物館や、黒川古文化研究所などがあります。阪急電鉄の夙川駅からタクシーでアクセスする場合は、約10分程度とあっという間に到着する距離となっています。

兵庫県にある甲山のふもとに位置し、周囲の景色もとても自然豊かな場所です。また近くには、北山貯水池などもあり散策するスポットに困ることはありません。この自然の豊かさ利用して北山緑化植物園までハイキングをする人もいます。

北山緑化植物園には同じ敷地内に駐車場もありますので、車で来園する際には有料ではありますが併設の駐車場の利用が大変便利です。

紅葉や桜の時期は見逃せない

兵庫県の西宮市にある北山緑化植物園には、多くの桜の樹木や、紅葉が美しい樹木が植えられていて、春には桜が満開に咲き誇り、とても美しい景観を作り出します。そして紅葉の時期には、こんなにも自然が色彩豊かだったのかと驚かされるほど、色とりどりに紅葉した木々を見ることができます。

その時期でしか味わえない、桜が咲く様子や木々が紅葉する様子を楽しみに、毎年北山緑化植物園に訪れるのを恒例にして訪れる人々もたくさんいます。北山緑化植物園へ行く予定があるならば、ぜひとも桜や紅葉の時期に合わせて足を運んでみるのをおすすめ致します。

C0134193 8511945西宮観光人気おすすめランキング!名所から穴場!デートでも楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
震災後の再開発も一巡し近年さらに魅力的な街になった西宮。交通の便が良い事から近隣県からの観光...

北山緑化植物園の特徴

兵庫県の西宮市にある北山緑化植物園。兵庫県の緑豊かな山々に囲まれ、四季折々の植物を見ることができる人気の観光スポットです。9ヘクタールの敷地内には、何百種類もの植物が植えられており、園内は、植物を見るだけでなく、緑の相談所や生産センターといった機関、子供たちが遊ぶことができる設備などが整っています。

 

バラ花壇やアジサイ花壇・薬草園・温室などが揃っている

兵庫県にある北山緑化植物園の見どころの1つと言ってもいいバラ花壇。70種80株ものバラが植えられていて見ごたえも香りもとても素敵です。展示温室はさらに種類豊富で260種類もの植物が育てられていたり、薬草園があったりと、植物のことならこの北山緑化植物園に来ればすべてわかってしまうのではと思うほど、種類豊富です。

1年を通じて植物を楽しめる

兵庫県の西宮市にある北山緑化植物園には、四季折々という言葉まさにぴったりくるほど、それぞれの季節にきれいな見ごろを迎える植物が種類豊富に育てられています。春を代表する桜に始まり、夏にはアジサイやひまわり、秋には見ごたえも充分な木々の紅葉や木の実、冬にはサザンカや椿、梅など、すべての名をあげるのは難しいほどです。

緑の相談所の存在

北山緑化植物園には、緑の相談所というものがあります。はじめて聞く名前に一体どんな相談所なのだろうと思われる方もいらっしゃるはず。北山緑化植物園の緑の相談所は、植物を育てていく上で出てきたわからないことや、ガーデニングについての相談など、植物に関する相談ができる、日本でも数少ない場所となっています。

日ごろ、自分で植物を育てようとすると意外にもわからないことが多く、うまく育てられず途中で病気になってしまったり、最悪の場合には枯れてしまったりすることも。この北山緑化植物園の緑の相談所に来れば、そういった悩みも一気に解決することができます。

緑の相談所の開館時間は10:00~16:00となっていて、休館日は水曜日です。水曜日が祝日の場合には翌日の木曜日が休館となりますのでご注意ください。

北山緑化植物園【植物生産研究センター】

北山緑化植物園には、植物生産研究センターという場所があります。この植物生産研究センターで何をしているかというと、北山緑化植物園のある西宮市の環境にぴったりあった植物を開発し、街を花と緑でいっぱいにしようという目的のもとに日々様々な研究をされている場所です。ここで生まれた新種の植物もあるというのだから驚きです!

西宮市の気候に適したオリジナル植物開発

北山緑化植物園の中にある、植物生産研究センターでは、西宮市の環境にあった植物を作ろうと日々研究が重ねられ、現在までに数種類の植物を作り出すことに成功しています。もともと自然のものであった植物の生態を研究し、西宮市の環境にあわせて作りだせるということにまず驚かれる方も多いのではないでしょうか。

今回は西宮市の環境にあわせて実際に過去に作り出され、今も大切に栽培されている、植物生産研究センターから生まれた植物「エンジェルス・イヤリング」と「ゆめむらさき」についてご紹介いたします。

この植物生産研究センターは、研究施設ですので開館時間などの公表はありませんが、開いていればホールなどに展示されている、植物やパネルを見ることができます。

1:エンジェルス・イヤリング

北山緑化植物園の中にある植物生産研究センターで作り出されたエンジェルス・イヤリング。本当にイヤリングのように垂れ下がったお花がとても可愛い植物です。こちらは西宮市とサントリーフラワーズ株式会社という会社が共同で開発した植物で、フクシアというお花の品種になります。名前の通り、天使が耳につけていそうな愛らしい姿が特徴的です。

もともとフクシアは暑い気候には耐えられない植物でした。それを西宮市の夏にも耐えられるようにと耐暑性を持つように品質改良され、エンジェルス・イヤリングとして生まれ変わったのがこの植物です。

2:ゆめむらさき

もう1つ植物生産研究センターが開発した植物の中に有名なものがあります。ゆめむらさきというきれいな紫色の花は、阪神淡路大震災が起こった年に開発されました。兵庫県西宮市も甚大な被害を受けた大きな災害でしたが、この被害から復興をしていこうという願いをこめて、当時この花にゆめむらさきという名前をつけたと言われています。

このゆめむらさきは、その後2011年に起こった東日本大震災の時にも、被災した東北地方の風光を願い、宮城県の南三陸町と女川町にたくさんの寄せ植えが贈られたと言います。すべてを流されてしまった街に花がまた植えられ、皆の希望となりました。

北山緑化植物園の口コミ情報

実際にこの兵庫県西宮市にある北山緑化植物園へ足を運んだ方の感想や口コミをご紹介致します。北山緑化植物園へいく前に、どんなところを見るとよいのか、どんな植物が植えられているのかなどポイントを抑えておくと、北山緑化植物園での時間がより充実したものになることでしょう。ぜひ行く前の参考にしてみて下さい。

世界3大紅葉樹の「ニシキギ」や「オキシデンドラム」

西宮市にある北山緑化植物園でも、人気のある植物は、秋の紅葉シーズンにみられる「ニシキギ」や「オキシデンドラム」といった樹木。このニシキギやオキシデンドラムは世界三大紅葉の樹木として知られていて、秋になるととても美しい紅葉を見せてくれます。春の桜も美しいですが、時間をかけて木々が色づいていく姿は何度も見たくなる光景です。

小さな葉が黄色や赤に1つ1つ色づき、園内を鮮やかにしていく様子を一目みようと、毎年紅葉のシーズンになると多くの人がこの北山緑化植物園へ訪れます。遠くの山々に行かなくても見られる美しい紅葉は西宮市民の方からも大変人気のあるものとなっています。

数種類のドングリを拾える

北山緑化植物園の秋の魅力は紅葉だけではありません。クヌギやコナラといった秋になると実を落とす木もたくさん植えられていて、園内には、いたるところにどんぐりが落ちています。どんぐりを落とす代表的な木の種類は、先ほどあげたクヌギやコナラの他に、ブナや、イヌブナ、クリ、カシワやミズナラ、アベマキといった木があげられます。

木によって落とすどんぐりの形は全然違うので、どんぐりの実を落とす時期になると、子供たちがまるで宝物を見つけたかのように夢中になって拾い集めている姿を見ることができます。大人も一緒になって1つ1つの形の違いを楽しむのもとてもいいものです。

さまざまな種類のバラやキク類・アネモネ・リンドウ

この北山緑化植物園には、まだまだ貴重な植物やぜひ見ておきたい植物がたくさんあります。小さいながらも可愛らしい花を咲かせるイソギクやアシズリノギク。赤や紫色の花びらがあでやかなアネモネ、そして人気の高いリンドウの花など、この北山緑化植物園に来れば一度にたくさんの種類の植物を見ることができるのです。

北山緑化植物園に来る前に、今の時期ににはどんな花が開花の見ごろなのか、その花はどんな生態を持っているのかなど、自分で調べてから足を運ぶと、植物園で過ごす時間がまた何倍も楽しくなることでしょう。自分で調べると記憶に残りやすいのでおすすめです。

バラ花壇

また、この北山緑化植物園でさらに人気が高いのは、バラ花壇。70種類以上ものバラが植えられており、普段の生活や花屋さんなどでは見ることのできないバラも、この北山緑化植物園のバラ花壇ではみることができるようになっています。大切に育てられたバラは1つ1つが立派な花を咲かせ、その華やかさと美しさに思わず時が経つのを忘れてしまいそうです。

北山緑化植物園周辺の散策スポット

兵庫県西宮市にある北山緑化植物園の周辺には、まだまだ散策にぴったりなスポットがたくさんあります。北山緑化植物園へ散策に来たついでに足を延ばしてぜひ行ってみて欲しい、散策におすすめのスポットについても少し触れておきます。北山緑化植物園の近くにあるのが、北山貯水池。ここは市民の水がめとして昭和43年に作られた人造湖となっています。

さらには、堀江オルゴール博物館といった鑑賞スポットもあります。堀江オルゴール博物館は、故堀江光男氏が世界中をまわって集めた360種類以上ものアンティークオルゴールを見ることができます。この博物館は館内を案内する時間が決まっていますのでご確認を。

堀江オルゴール博物館へのアクセスは北山緑化植物園より徒歩で約25分、1,7km程の場所に位置しています。車でアクセスする場合は約5分程で到着です。

北山緑化植物園の基本情報

兵庫県西宮市にある北山緑化植物園へ行く際に知っておきたい、所在地やアクセス方法、開館時間や休館日んどについてもご紹介しておきます。兵庫県へ観光に来た際にはぜひ立ち寄って、ここでしか見ることのできない貴重な植物や、西宮市が開発した植物をぜひ一目ご覧になってみてください。

アクセス

兵庫県の西宮市にある北山緑化植物園へアクセスする方法についてご紹介いたします。電車でアクセスする方法は、阪急電車の夙川駅を下車し、阪急バスにて「西宮甲山高校前行き」または「甲山墓園前行き」に乗り約、乗車時間は約15分程です。またその他にも、バスでのアクセスには阪神バスや、さくらやまなみバスを使うなど、いくつも方法があります。

車でアクセスには、兵庫県を走る山手幹線の寿町北の交差点より、県道82号線(大沢西宮線)に乗り、北へ約15分ほど走ると到着します。また徒歩でハイキングしながらアクセスする方法もあり、その際には阪急電車の甲陽園線にのり甲陽園駅を下車し徒歩で向かいます。

営業時間・休館日

北山緑化植物園の開園時間は、園内の自由に散策してよい部分に関しては終日入園可となっています。緑の相談室や展示温室に関しては、開館時間が10:00~16:00となっており、毎週水曜日が定休日となっています。水曜日が祝日に当たる場合は、翌日の木曜日がお休みとなりますのでご注意ください。年末年始は12月29日~1月3日までがお休みとなっています。

駐車場

北山緑化植物園へ車でアクセスした際は、北山緑化植物園の駐車場の利用が可能です。駐車場へ入庫する場合には8:00~18:00、出庫する場合は19:00までとなっています。駐車場は有料となっていて入庫後1時間は100円、以降30分ごとに100円となっており、1日の最大料金は800円です。駐車場の収容台数は63台までとなっています。

北山緑化植物園の駐車場は同じ敷地内にありますので、植物園へのアクセスも抜群です。周辺にはあまり民間の駐車場もありませんので、北山緑化植物園へ来園した際には併設の駐車場へ止めるのが一番ベストです。

また駐車場には車の高さ制限があり、高さ2,5mを超える車を駐車することはできません。また植物園が閉園する年末年始に関しても駐車することができませんのでご注意下さい。

観光シーズンになったら北山緑化植物園へ行こう

兵庫県の西宮市にある北山緑化植物園。春には桜が満開になり、秋には木々の紅葉が美しい景観を作り出します。ここでしか見られない貴重な植物や、西宮市が開発した新種の植物が見られるなど見どころも豊富。西宮市周辺に観光に行った際には、ぜひとも北山緑化植物園まで足を延ばしてみて下さい。植物のことが今よりもっと好きになるはずです。

関連記事

Original
この記事のライター
とも

宝塚・西宮・尼崎の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

宝塚・西宮・尼崎の新着のまとめ