グリル末松は行列必至の神戸の洋食店!おすすめメニューや予約方法は?

2019年4月14日 (2019年9月1日最終更新)

神戸にあるグリル末松は、本格的な洋食を楽しむことができる店として人気であり、ランチタイムには行列ができるほどです。ここでしか食べられないメニューなどもあるそうです。グリル末松のおすすめメニューやアクセスなどについて紹介します。

目次

  1. 神戸にあるグリル末松ってどんなお店?
  2. 神戸にあるグリル末松が人気の理由
  3. 神戸にあるグリル末松の人気メニュー~ランチ~
  4. 神戸にあるグリル末松の人気メニュー~ディナー~
  5. 神戸にあるグリル末松の口コミや評判は?
  6. 神戸にあるグリル末松の店舗詳細
  7. グリル末松の周辺観光スポット
  8. どれにしようか迷う!グリル末松の洋食メニュー

神戸にあるグリル末松ってどんなお店?

異国情緒あふれる雰囲気が人気の神戸は、江戸時代の1858年に結ばれた日米修好通商条約によって開港した街です。そのため異国の文化が今も色濃く残り、老舗の洋食屋も多く見られます。その中でも人気が高い、「グリル末松」について、おすすめのメニューやアクセス、駐車場なども含めて紹介します。

神戸の三宮にある行列ができる洋食屋

グリル末松は神戸市中央区加納町にあります。遠方の方には住所ではわかりにくいかもしれません。場所としてはJR「新神戸」駅とJR「三ノ宮」駅の中間あたり、そのちょっと路地に入ったところにあります。

アクセスそのものはそれほど悪くはないのですが、路地に入るということ、また店そのものもそれほど大きくないため、初めての方には少しわかりにくいかもしれません。しかしそれでもタイミングによっては行列ができるほどの人気の洋食屋なのです。

兵庫の老舗”グリル一平”で修業した店主

グリル末松は1998年に創業しました。「末松」という名前は家族の中で唯一料理の仕事に携わっていた、店主のおじいさんの名前からつけたのだそうです。

店主は20代の時に播州赤穂にあるイタリアンレストラン「さくらぐみ」で8年間修業をし、本格的なナポリ料理の技術を身につけます。その後1952年創業の神戸の老舗洋食店「グリル一平」でさらに修業を積んで独立し、「グリル末松」を創業したのです。

P2230097 1 1024x768神戸洋食ランチ人気おすすめ店を網羅!流行の新店から老舗ランキングを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
神戸でのランチは洋食が外せない!洋食と言っても昔ながらの洋食からオシャレな雰囲気のお店まで様...

神戸にあるグリル末松が人気の理由

この「グリル末松」ですが、先ほども触れたように、路地を入ったところにあるにもかかわらず、食事時には行列ができるほどの人気店です。神戸にはたくさんの洋食店があるのですが、なぜグリル末松はこれほどに人気なのでしょうか。まずはその秘密を探ってみましょう。

本格的な洋食なのにリーズナブル

先ほど紹介したように、グリル末松の店主は本格的なナポリ料理の修業をした後、同じ神戸市内の老舗洋食屋でさらに修業をしました。「毎日食べられる料理が作りたい」というのが修業の根底にあったそうです。

そのため、グリル末松のメニューは、本格的な洋食をリーズナブルに楽しめることが魅力です。もともと本格的なイタリアンの技術を持ったシェフが、洋食の技法で作る洋食ですから、当然本格的になるわけですが、それがリーズナブルに楽しめるということは、ある種の懐かしさと本格的な味わい両方を楽しませてくれるのです。

ランチタイムは行列必須!

特にグリル末松が混雑するのはランチタイムです。後で述べますがランチタイムは当日予約ができないため、時間に合わせてアクセスする必要があります。ですからすぐに行列ができてしまうのです。

ランチタイムは通常のメニューももちろんありますが、ランチタイム限定のメニューもあり、それがまた人気です。当然遅い時間になると売り切れてしまう可能性もありますので、行列を回避するためにも早めにアクセスするのがおすすめです。

夜はバル感覚でちょい飲みできる

ディナータイムはランチタイムと違った魅力がある店でもあります。通常の洋食メニューももちろん頼むことができるので、ちょっと「ハイカラ」なディナーを楽しむこともできるのですが、ディナータイム独自のメニューもあります。

「本日のちょっと」「本日の特別」という珍しいメニューがそれなのですが、さらにワインなどもあります。ワインやお酒に合うメニューもあるので、それとお酒でちょい飲みをするのも楽しいでしょう。どんなディナーメニューがあるのか、行く前から楽しみです。

神戸にあるグリル末松の人気メニュー~ランチ~

グリル末松はランチタイムとディナータイムがありますが、特に人気なのがランチタイムです。ランチタイムには通常メニューを頼むこともできるのですが、ランチタイムだけ供されるメニューが4種類あり、それが特に人気なのです。では、どのようなメニューがあるのでしょうか、紹介しましょう。

ランチの時間帯は?

グリル末松のランチタイムは11時30分から14時30分までとなっています。しかしここで注意したいのは、ランチサービスそのものは13時30分まで、ラストオーダーは14時までとなっているという点です。

実は「グリル末広」はディナータイムは予約ができるのですが、ランチタイムは当日予約ができません。混雑する店舗なので、ランチぎりぎりの時間だと、行列に並んでいる間に時間が過ぎてしまう可能性があります。できれば開店前に行くのがおすすめです。

ランチタイム独自のメニューには「日替わりランチ」「ビーフカツランチ」「ポークカツランチ」「サクラライス」があります。このほか通常メニューも選ぶことができます。

早い者勝ち!『日替わりランチ』

グリル末松は特にランチタイムは混雑します。なぜならばランチメニューがとても充実している店だからです。なかでもおすすめなのが「日替わりランチ」で、これを目当てに来る方が多いためです。

日替わりランチはその名前の通り毎日メインが変わります。しかし通常メニューにあるものが日替わりランチになって出てくると、メニューによっては半額くらいの値段で味わうことができるようになるのです。まずは日替わりランチからチェックしましょう。

ちなみにランチはライスとスープがつきます(サクラライスにはスープ)。スープはコンソメスープで、このスープに粉チーズをたっぷり入れて飲むのがおすすめなのだそうです。サクラライス以外のライスは大盛りもできますし、多いかもという方は少なめにもできるので、ちょうどよい量を頼みましょう。

新しいけど懐かしい味『サクラライス』

グリル末松のランチメニューの1つとして人気があるのが「サクラライス」です。ところで「サクラライス」とはどういうものでしょうか。名前からすると桜に関係あるメニューなのかと考える方もいるかもしれませんが、実はこれはグリル末松オリジナルメニューの一つなのです。

サクラライスというのはケチャップライスの上にポークカツをのせて、その上からホワイトソースをかけたものです。ケチャップライス、ポークカツ、ホワイトソースの組み合わせ、おいしくないわけがありません。しかも彩りもきれいで、見ただけでもおいしそうです。

ほんのりと甘味を感じるケチャップライスに揚げたてのカツ、そしてそれらをまとめるホワイトソースはまさに絶品です。グリル末松のランチに行ったらぜひ一度は食べてみたい一品です。

牛カツがこのお値段『ビーフカツランチ』

洋食のランチというとやはりカツなどははずせません。グリル末松ではビーフカツとポークカツのランチがあるのですが、中でも特に人気が高いのが「ビーフカツランチ」です。

ビーフカツというのは要するに牛カツのことです。ランチメニューの通常メニューにもビーフカツはありますが、ランチになると単品のビーフカよりも安い、リーズナブルな値段で食べられるのが魅力です。

カラッと揚がったビーフカツは、中が半生の状態で仕上がっているため、サクサクのパン粉とジューシーな肉の旨みの両方が味わえます。さらに上にかかった特製のドミグラスソースは少し甘めに仕上がっているため、カツの肉の持つ旨みにぴったりで、重厚な味わいを存分に楽しむことができます。

Food 1937622 960 720神戸で人気のビフカツランキング!行列必至のお店やサンドイッチなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今、神戸の新名物として人気が沸騰中の「ビフカツ」。洋風文化が根付く神戸には有名な洋食店が数多...

神戸にあるグリル末松の人気メニュー~ディナー~

グリル末松のランチは当日予約ができず、さらに行列になるということで、せっかく行っても食べられなかったという方もいるかもしれません。それに対してディナータイムは予約ができます。あまり大きい店舗ではないので、ディナータイムなら予約していくのがおすすめです。どんな味が待っているのでしょうか。

本日のおすすめは黒板メニューを参考に!

ディナータイムは日によるものの、予約だけで満席になってしまうことも多いそうです。カツレツやグラタン、オムライスなど、いかにも洋食というメニューが並んでおり、目移りしてしまいそうです。

これらの通常メニューに加えて、ディナータイムに確認必須なのが黒板メニューです。こちらにはお手頃な単品メニューが並びます。お酒を飲みたいという方であれば、こちらの単品メニューをいくつか選び、ワインなどと組み合わせれば、十分に楽しいディナーになるでしょう。

バラエティにとんだ『本日のちょっと』

この黒板メニューは「本日のちょっと」という名前で出されています。シェフがその日の市場でイチオシと感じた材料を使って作る日替わりメニューのことで、とにかく種類が多いのが特徴です。

本日のちょっとにはサラダメニューのほか揚げ物やオムレツ、グラタンなど、さらには生うにや湯葉など、和の素材を使ったものもあります。ここまで述べてきたように、お酒をメインで楽しむ方にはおつまみとして何品かを選ぶのもおすすめですし、通常メニューにサイドとして頼むのもいいでしょう。

自分で組み立てられる『本日の特別』

ディナータイムということで、きっちりと食事をしたいという方には「本日の特別」はいかがでしょうか。これは自分で好きなメニューを選んでオリジナルで組み立てられるメニューです。

まず、メインの洋食を通常メニューから選びます。さらに「本日のちょっと」からお好みのメニューを一品選びます。それに本日のスープ、ライスもしくはパン、ドリンクがつくのです。値段はメインの洋食プラス1500円(税抜き)となります。

メインの洋食をがっつり系にして、本日のちょっとでサラダなどの野菜を選ぶなどすれば、栄養のバランスも取りやすくなります。また日によっては「本日のちょっと」にデザート系がある時もあるので、それを選んでデザートまで楽しむというアレンジも可能です。

一度は絶対食べるべき!『オムライス』

グリル末松のメニューはどれも魅力的なのですが、ランチタイムでもディナータイムでも一度は食べておきたいメニューがあります。それが「オムライス」です。

近年ではいろんなタイプのオムライスがありますが、グリル末松のオムライスはいわゆる昔ながらのオムライス、薄い玉子でチキンライスが包み込まれたタイプです。しかも玉子からそのチキンライスが透けて見えるほど薄く、それでいて破れていないという、すごい技術を感じさせる一品です。

しかもさらにすごいのがその断面です。オムライスにスプーンを入れて割ってみると、見えるのは均一に色づいたご飯だけです。具はないのだろうかと一瞬考えてしまうのですが、実はじっくり炒めた玉ねぎと鶏ミンチを使いしっかり煮込んで作った自家製ケチャップでご飯が炒めてあるのです。

つまり、具がないのではなく、具が見えなくなっているチキンライスなので、一口食べるとその具材の味わいが口の中いっぱいに広がります。オムライスというごくシンプルな料理でこれだけ深みを出せるというのはやはりすごいことです。

ワインの種類も豊富

グリル末松のディナータイムにはビールや冷酒などのお酒もありますが、特に人気なのはワインです。グリル末松は特にワインの種類が豊富で、さまざまな国のワインを楽しむことができます。

日によって多少の違いはありますが、白ワイン、赤ワインをグラスやボトルで楽しむことができます。特にボトルのほうは種類が多く、それぞれ10種類ほどの中から選べます。ワインリストの方にはそれぞれのワインの味の特徴が記載されているので、それを参考にして選ぶとよいでしょう。

神戸にあるグリル末松の口コミや評判は?

このようにグリル末松は行列ができるほどの人気店でもあり、さまざまな口コミや評判もあるようです。近年ではこれらの口コミや評判を見て予約する店を選ぶという方もありますから、これらはやはり重要なポイントになると言えるでしょう。それではグリル末松の口コミや評判をみてみましょう。

口コミや評判は?

グリル末松はやはりランチメニューが充実していることもあり、ランチタイムの口コミや評判が多く見られるようです。特にランチの予約ができないため、行列ができていたという口コミが多く、それらを参考にすれば開店前に着くような気持ちで行く方が行列を回避できる可能性が高いようです。

また、ディナータイムで目立つのは、予約で満席になっていたというものです。メニューの点では自分でメニューを組み合わせることができることから、狙っていたメインと「本日のちょっと」をうまく組み合わせて楽しんでいる方が多いようです。

神戸にあるグリル末松の店舗詳細

それでは、「グリル末松」に関する店舗詳細について紹介しましょう。グリル末松のアクセスや営業時間はもちろんですが、どのような店舗なのでしょうか。また、車でふだん移動している方にとって気になるのが駐車場情報です。グリル末松の駐車場の有無についても確認します。

営業時間や店舗情報

まずはグリル末松の営業時間です。グリル末松はランチタイムとディナータイムがあります。ランチタイムは先ほど触れた通り11時30分から14時30分まで、ラストオーダーは14時、ランチタイムメニューが頼めるのは13時30分までとなります。

予約に関しては平日に限り、前日までに予約ができるようになったようです。しかし混雑が見込まれる土日祝日、および当日になってからの予約はできません。早めに予定がわかるならば、予約の確認をしてみてもよいでしょう。

一方、ディナータイムは18時から22時まで、ラストオーダーは21時30分となっています。なお、終日禁煙です。定休日は火曜日です。

店舗は趣のある木の扉のある店で、1階にはカウンターが6席、2階には4名から5名座れるテーブルが3テーブル用意されています。ですから全部合わせても20名ちょっとしか入れません。グリル末松が混雑するのは、店そのものもあまり大きくないということもあります。

アクセス

先ほども述べましたが、グリル末松は神戸市中央区加納町にあります。場所としては「三ノ宮」駅と「新神戸」駅の間あたりになります。場所的には三ノ宮駅のほうが近いかもしれません。三ノ宮駅は阪急、阪神など複数の駅があるので、アクセスは便利でしょう。

一方新幹線を利用する方は新神戸駅が最寄りです。東海道山陽新幹線のすべてか停車するので、こちらもアクセスとしては楽でしょう。それぞれの駅に到着したら、三ノ宮駅からは北に、新神戸駅からは南に大通りをまっすぐに進みます。

グリル末松は神戸情報大学院大学のすぐそばです。こちらを目標にして進んでいくとよいでしょう。角にコンビニがあるので、そこを曲がるとグリル末松に到着となります。

駐車場はある?

グリル末松に行くのに問題なのが駐車場です。車でアクセスする方にとって駐車場は気になる所ですが、実はグリル末松に駐車場はありません。そのため車でアクセスする場合は駐車場を確保する必要があります。

幸い、グリル末松は最寄り駅が三ノ宮ということでわかるように神戸の繁華街にあります。そのため周辺に駐車場は多くあります。ただし駐車場の料金はさまざまで、時間も30分刻みのものや60分刻みのものなどがあります。

ですから車でアクセスする予定であれば、前もって周辺の駐車場の場所や料金などを確認しておくことをおすすめします。複数の駐車場を確認しておけば、安心して食事を楽しむことができるでしょう。

住所 兵庫県神戸市中央区加納町2丁目1−9
電話番号 078-241-1028

グリル末松の周辺観光スポット

グリル末松で洋食を楽しんだあとは、神戸の街を散策するのはいかがでしょうか。ちょっと珍しい観光スポットとして挙げられるのが神戸市役所です。ここの24階にある展望ロビーはなんと無料開放されており、神戸らしい景色はもちろん、夜景なども楽しむことができます。


また市役所北側の花時計は1957年、日本で初めて作られたものだそうです。咲き誇る季節の花々は、ひとときの癒しを与えてくれるようです。離れたところから、また近づいてと、両方楽しみたいところです。

どれにしようか迷う!グリル末松の洋食メニュー

神戸といえば洋食ということで、激戦区である神戸で人気の店であるグリル末松は、リーズナブルな値段でさまざまな味が楽しめます。本格的で、でもどこか懐かしい洋食は、大人も子どももうれしい味かもしれません。ぜひ神戸に行った時にはグリル末松の洋食を楽しんでみてください。

関連記事

Missing
この記事のライター
よしぷー

神戸の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

神戸の新着のまとめ