酔の助神保町本店はドラマのロケ地で有名なレトロ居酒屋!メニュー・予約は?

2019年4月18日 (2019年4月22日最終更新)

昭和レトロな居酒屋の酔の助神保町本店はドラマ等のロケ地で有名な人気の居酒屋さんです。そこでこのページでは、酔の助にスポットライトを当て、ロケ地で酔の助が使われた作品やおすすめのメニューのご案内をメインに、酔の助の予約の仕方や店舗の基本情報等もご案内します。

目次

  1. ロケ地でも有名な居酒屋の酔の助神保町本店を大特集
  2. 酔の助神保町本店はドラマや映画のロケ地で有名な居酒屋!
  3. 酔の助が登場するメディア作品
  4. 酔の助の店内は昭和レトロな雰囲気
  5. 酔の助のおすすめメニュー
  6. 酔の助は予約が必要?
  7. 酔の助の店舗情報
  8. 酔の助でロケ地巡礼と美味しいつまみを楽しもう!

ロケ地でも有名な居酒屋の酔の助神保町本店を大特集

神保町に本店がある酔の助をご存知ですか。酔の助は、ドラマ、映画、CMなどのさまざまな撮影のロケ地としても有名な人気居酒屋です。そこで、このページでは、この有名な人気居酒屋の酔の助を大特集し、酔の助がロケ地として使用されたドラマ、映画、CM等のご紹介や、おすすめメニューのご紹介を中心に、予約方法や店舗情報等もお伝えします。

Original神保町の居酒屋!サラリーマンおすすめの安い旨い店まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
サラリーマンに人気の街「神保町」には、たくさんの飲食店が軒を連ねています。今回はそんな神保町...

酔の助神保町本店はドラマや映画のロケ地で有名な居酒屋!

酔の助神保町本店へ行ったことはありますか。酔の助神保町本店は、CM、ドラマ、映画などの撮影のロケ地として大変有名な昭和レトロな造りの典型的な大衆居酒屋です。酔の助神保町本店へまだ行ったことがない方や、この有名人気居酒屋店の名前に聞き覚えがない方でも、テレビのドラマやCMなどで、何気なく1度は見たことがあるのではないでしょうか。

ロケ地歴30年!年間ロケ数は30回!

それもそのはず、なんと、酔の助神保町本店は、ロケ地として使用されてきた歴史は30年と、居酒屋店としてのみならず、ロケ地としても大御所の老舗のお店で、年間のロケ数も30回とかなりの頻度で使用されていますので、酔の助神保町本店がロケ地として使用された作品数もかなりの数に上ります。

そんな酔の助神保町本店をテレビなどで、何気なく1度は、あなたも見たことがあることでしょう。

「タモリ倶楽部」にも登場!

酔の助神保町本店は、あの有名な長寿番組のタモリ倶楽部のロケ地としても使用されたこともあります。この他にもたくさんのテレビ番組、ドラマ、映画、雑誌などのロケ地としても使用されています。

最近は、CG等の編集技術も上がっていますので、スタジオでセットを組む等して撮影をしますので、居酒屋などの撮影シーンは、ロケ地での撮影も減少傾向にあります。そんな中でも、実際に訪れることができるロケ地の居酒屋があるというのは貴重でもありますし、行ってみたくなっている方も多いことでしょう。

酔の助が登場するメディア作品

酔の助神保町本店は、CM、ドラマ、映画などのロケ地としても長年使用されてきている有名な人気居酒屋ですので、これまでに様々な作品のロケ地として使用されてきました。

そこで、このセクションでは、酔の助神保町本店が実際にロケ地として使用されたドラマ、映画、CM、雑誌、そして、さらには、店長本人までもが出演してしまった作品の一部をこれからそれぞれご紹介していきます。

酔の助が登場したドラマ

酔の助神保町本店がロケ地として使用された最近のドラマで代表的な作品は、逃げるは恥だが役に立つです。また、この他にも、とげ、デスノート、そして誰もいなくなった、就活家族、銭形警部、新・犯罪交渉人 百合子、スーパーサラリーマン左江内氏等のドラマもあります。

酔の助神保町本店を実際に訪れてみれば、テレビドラマで見たことのあるシーンも脳裏を再びよぎることでしょう。

酔の助が登場した映画

酔の助神保町本店がロケ地として使用された最近の映画で代表的な作品は、ばしゃ馬さんとビッグマウス、舟を編む、スキマスキなどの映画作品です。舟を編むの映画では、後述に詳しくご案内しますが、実際にある酔の助の居酒屋メニューも登場し、舟を編むの映画の公開後、このメニューも酔の助神保町本店で更に人気のメニューとなっています。

酔の助が登場したCM

酔の助神保町本店がロケ地として使用された最近のCMで代表的な作品は、大正漢方胃腸薬、タウンワーク、キリンラガービール、ボーダフォンなどのCMです。CMは30秒以下の短い作品ですが、大衆酒場の様な居酒屋店のシーンをCMで見かけたら、酔の助神保町本店である確率もかなりあるでしょう。こういった見方でCMを見てみるのも楽しいものです。

酔の助が登場した雑誌

酔の助神保町本店は、雑誌のメディアでもロケ地として高い人気があり、多くの雑誌にも登場しています。酔の助神保町本店がロケ地として使用された最近の代表的な雑誌は、大衆系人気有名雑誌の週刊大衆、日刊ゲンダイをはじめとして、THE BEER KINGDOMなどの専門紙もあります。この他にもたくさんの雑誌にも登場しています。さすが酔の助です。

店長本人が出演している作品も!

ここまでご紹介してきましたように酔の助神保町本店は、様々なメディア媒体のロケ地として頻繁に使用されてきていますが、実は、酔の助神保町本店のお店のみならず、なんと、酔の助神保町本店の店長本人もまでが出演している作品もあるんです。

酔の助神保町本店の店長までもが出演している作品代表的な作品は、2015年に上映された映画のヒメアノ〜ルや2013年に上映された映画のばしゃ馬さんとビッグマウス、そして、大ヒットドラマ作品の逃げるは恥だが役に立つなどの作品などがあります。

酔の助の店内は昭和レトロな雰囲気

ドラマなどのロケ地としても大人気の酔の助神保町本店は、現代では特に貴重になりつつある昭和レトロな雰囲気の大衆酒場の居酒屋です。店内も、そんな酔の助らしい雰囲気満載の内装となっており、こうした酔の助の店内の特徴も酔の助の大きな魅力の1つとなっています。

酔の助の店内を見回してみますと、様々なドラマ、映画、CMなどの有名なシーンも頭をよぎります。

壁一面に手書きのメニューがびっしり!

ドラマなどのロケ地としても大人気の酔の助神保町本店の店内で、酔の助名物にもなっている昔ながらの大衆酒場にありがちな壁一面にびっしり貼られた手書きのメニューは、酔の助の自慢の1つでもあります。非常に豊富な種類のメニューを楽しむことができ、どのメニューも大衆居酒屋らしい庶民の味方的な安い価格となっているのも嬉しいポイントです。

実は…酔った学生が空けた壁の穴を隠すため

酔の助神保町本店の店内で自慢の1つにもなっている壁一面にびっしり貼られた手書きのメニューは、実は、他の大きな役割もあるとのことです。それは、近隣に通う大学生が酔っ払った際に穴を開けてしまった壁の部分を隠すのにも大活躍しているとのことです。こんなところも酔の助らしいステキなポイントです。

一度貼りだしたメニューは値上げしない!

酔の助神保町本店の店内で自慢の1つにもなっている壁一面にびっしり貼られた手書きのメニューは、嬉しいことに、どのメニューも良心的で庶民的な安い価格となっていますが、一度貼りだしたメニューは値上げをしないという店長の心意気も感動ものです。

酔の助は常にお客さんのことを第1優先に考えているので、材料が値上がりしても価格は貼られている手書きメニューのままとなっています。

酔の助のおすすめメニュー

酔の助神保町本店には、おすすめしたくなる様な名物メニューや看板人気メニューなども色々とあります。そこで、このセクションでは、酔の助のおすすめメニューを選りすぐり、4つのおすすめメニューをセレクトしました。この4つの酔の助のおすすめメニューをこれからそれぞれご紹介していきます。

どのメニューも良心的に安い価格ですので、酔の助へ訪れたら、色々と食べ比べも楽しんでみてください。

映画「舟を編む」にも登場【ガンダーラ古代岩塩のピザ】480円

酔の助神保町本店でおすすめメニューのガンダーラ古代岩塩のピザは、このお店でしか味わえない絶対に外せない看板人気メニューの1つです。このメニューは、有名日本映画の舟を編むに酔の助のこのお店がロケ地として使用された時に、映画の本編でも登場した人気メニューです。

素材の良さや美味しさをしっかり堪能できるこの人気メニューのガンダーラ古代岩塩のピザの価格は、480円となっています。

味はちゃんと北京ダック!【若鶏の北京ダック風】580円

酔の助神保町本店でおすすめメニューの若鶏の北京ダック風は、見た目は鶏の唐揚げですが、味は北京ダックという酔の助ならではの人気メニューです。

北京ダックのようにライスペーパーやきゅうり等の野菜の具材や特製ソースも付いていますので、ライスペーパーにこれら全てをのせて巻いて北京ダックのようにいただくB級グルメです。若鶏の北京ダック風の価格は、580円となっています。

香ばしく濃い味付けの【和風ガーリックポテト】390円

酔の助神保町本店でおすすめメニューの和風ガーリックポテトは、ざく切りのポテトがフライドポテトになっており、酔の助ならではの和風ガーリックの味付けがされている香ばしく濃い味付けが魅力のおつまみにも最適な人気メニューで、ビール好きの方にもおすすめの癖になる美味しさのメニューです。和風ガーリックポテトの価格は、390円となっています。

酔の助オリジナル!【アイスクリームの天ぷら】400円

酔の助神保町本店でおすすめメニューのアイスクリームの天ぷらは、酔の助でも隠れた人気があるデザートにもおすすめの酔の助オリジナルのメニューです。

飲んだ後の締めにいただく方も多いアイスクリームの天ぷらは、天ぷら好きの方にもアイスクリーム好きの方にもおすすめできる1粒で2度美味しいお得なメニューです。アイスクリームの天ぷらの価格は、400円となっています。

酔の助は予約が必要?

ドラマなどの撮影のロケ地としても有名な人気居酒屋の酔の助神保町本店には、予約が必要なのでしょうか。酔の助は、平日でも開店後間もなくしてすぐに満席になるほど常に人気があるお店ですので、確実に訪れたい方は、事前予約をすることをおすすめします。

そこで、このセクションでは、人気居酒屋の酔の助神保町本店の予約方法についてご案内していきます。

酔の助の予約方法

ドラマなどの撮影のロケ地としても有名な人気居酒屋の酔の助神保町本店の予約方法には、電話による予約方法とインターネットによる予約方法の2種類の方法で予約を行うことができます。どちらの方法でも事前予約を行うことができますので、ご自分にあったお好きな方法で酔の助神保町本店の予約を行うとよいでしょう。

これから、電話による予約方法とインターネットによる予約方法の2種類の予約方法をご案内していきます。

電話で予約

ドラマなどの撮影のロケ地としても有名な人気居酒屋の酔の助神保町本店への電話での予約方法は、後述の店舗情報の最後にも記載しています酔の助神保町本店の電話番号へ電話をすれば、事前予約をすることができます。

この電話番号への電話は、後述でご案内しています営業時間内であれば、電話はつながります。お店が忙しい時間帯などに繋がりづらい場合には、次にご紹介するインターネットによる予約方法もおすすめです。

インターネットで予約

ドラマなどの撮影のロケ地としても有名な人気居酒屋の酔の助神保町本店へのインターネットでの予約方法は、24時間いつでも予約の申し込みが可能となっています。酔の助神保町本店のホームページにある専用予約フォームからインターネット予約が行えます。このフォームでの予約の申し込みは、予約希望日の3日前より予約が可能です。

宴会料理は5名様から予約が可能です。インターネット予約を申し込んだ翌営業日には、お店から確認の連絡が来ます。万が一、翌営業日までに連絡が来ない場合は、再度、お店へ連絡をして下さい。

酔の助の店舗情報

酔の助神保町本店の魅力が分かってきましたところで、実際に酔の助神保町本店へ実際に足を運ぶ際にも役立ちますように、最後のこのセクションでは、酔の助神保町本店の店舗の営業時間と定休日、店舗へのアクセス方法などの情報を含めまして、酔の助神保町本店の店舗情報をご案内します。

営業時間と定休日

酔の助神保町本店の営業時間は、月曜日から土曜日までの営業時間が午後4時から午後11時30分まで、日曜日と祝日の営業時間が午後4時から午後11時までとなっています。また、酔の助神保町本店の定休日はありませんので、年中無休で営業を行っています。

酔の助神保町本店は超人気店の為、平日でも開店後まもなく満席になりますので、事前予約をしないで訪れる方は、開店後すぐに入店することをおすすめします。

アクセス

酔の助神保町本店は、駐車場を完備していませんので、酔の助神保町本店へのアクセス方法は、電車を利用したアクセス方法が1番おすすめです。酔の助神保町本店への最寄り駅は、都営地下鉄線の神保町駅です。この駅のA5出口から出て、徒歩で2分ほどアクセスした超好立地な場所に酔の助神保町本店のお店はあります。

住所 東京都千代田区神田神保町1-16-4
電話番号 03-3295-9530

酔の助でロケ地巡礼と美味しいつまみを楽しもう!

ドラマ等のロケ地でも有名な居酒屋の酔の助神保町本店のご案内はいかがでしたか。様々なドラマ、映画等の撮影のロケ地としても長年使われている有名な人気居酒屋の酔の助は、お店自体にも見どころや逸話も沢山詰まっています。ぜひ酔の助神保町本店を訪れて、美味しいお酒やおつまみメニューを満喫しながら、店内のロケ地巡礼も楽しんでみて下さい。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
TabiNeco

秋葉原・神田・御茶ノ水の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

秋葉原・神田・御茶ノ水の新着のまとめ