穴釣りロッド人気ランキングTOP13!おすすめのメーカーは?

2019年4月24日 (2019年9月1日最終更新)

テトラポットの間から魚を狙う穴釣りはほとんどのシーズンに各地で楽しめる手軽な釣りのスタイルです。そこで今回は穴釣り用としておすすめのロッドをランキングでご紹介します。リーズナブルな入門編ロッドや高い技術を搭載したロッドなど人気の穴釣り用ロッドのランキングです。

目次

  1. 穴釣りが人気の理由とは?
  2. 穴釣りロッド人気ランキング【第11位〜第13位】
  3. 穴釣りロッド人気ランキング【第6位〜第10位】
  4. 穴釣りロッド人気ランキング第5位:シマノ ロッド ライトアジ BB 160
  5. 穴釣りロッド人気ランキング第4位:ダイワ(DAIWA) スピニング ベイト 共用 キス X S-180 釣り竿
  6. 穴釣りロッド人気ランキング第3位:TAKAMIYA(タカミヤ) H.B CONCEPT さぐり小僧III
  7. 穴釣りロッド人気ランキング第2位:プロマリン(PRO MARINE) PG 極光テトラDX 110H
  8. 穴釣りロッド人気ランキング第1位:H.B CONCEPT さぐりカサゴV
  9. 穴釣りロッドはメーカーにこだわろう
  10. 穴釣りロッドのおすすめメーカー
  11. 穴釣りロッドで人気メーカーの商品や長さなどのスペックを紹介しました!

穴釣りが人気の理由とは?

穴釣りはテトラポットの間を穴に見立てて仕掛けを落とすロックフィッシュを釣る方法です。準備する釣り具が多くないことや船に乗る必要がないことなどから、穴釣りは初心者も楽しめるおすすめの釣りのジャンルです。穴釣りの獲物となるロックフィッシュにはカサゴやメバル、アイナメなどがあります。穴釣りを始める方や愛好者は年々増えています。

穴釣りロッド人気ランキング【第11位〜第13位】

穴釣りに使う釣りの道具は少なくて済みます。穴釣りはシンプルなスタイルの釣りだからこそ、こだわって選びたいのがロッドです。穴釣りで使えるロッドは各メーカーからさまざまな長さと機能の物が発売されています。

今回は初心者から上級者まで穴釣りにベストなロッドを人気ランキングの形でご紹介していきます。これから穴釣りを始める方もすでに穴釣りの魅力にはまっている方も、どなたにも役に立つおすすめのロッドの情報です。まずは第13位から第11位までのランキングです。

第13位:ダイワ(Daiwa) 船竿 スピニング/ベイト兼用 ライトゲーム XV S-150 釣り竿

日本を代表する釣り具メーカーダイワのライトゲームシリーズの釣り竿は気軽な感覚で手に取れるのが特徴です。初心者も使いこなせるシンプルな作りですがネジレを抑える特殊構造ブレーディングXを搭載した高機能な穴釣り用のロッドです。スピニングとベイトのどちらのリールにも対応できてマルチに頼れるおすすめの一本と言えます。

ダイワのスピニング/ベイト兼用ライトゲームS-150は長さ1.5メートルですが、2.1メートルのMH-210まで揃っていて、釣りのキャリアや腕前によって希望に沿った長さのロッドを選ぶことができます。S-150の本体価格は12300円です。

第12位:シマノ ロッド ライトゲーム BB 船 S190 1.9m

ダイワと並んで日本を代表する釣り具メーカーシマノからは初心者向けから上級者向けまでおすすめの穴釣り用ロッドが各種出ています。ランキング第12位のこちらはライトマダイやライトアジなどに獲物を絞った初心者も使いやすいエントリー型の一本です。センターカットの2ピースという収納しやすさと運びやすさもライトゲームBB船が人気の理由です。

シマノのライトゲームBB船S190の長さは1.9メートルです。口コミでは感度とバランスが良くコスパに優れているという声が多くあり、シマノを代表するエントリー型ロッドと言えます。価格は15485円です。

第11位:アブガルシア(Abu Garcia) キス ロッド スピニング 黒船

ランキング第11位はメーカーアブガルシアの船釣り用のロッドです。アブガルシアはスウェーデンが発祥の釣り具メーカーです。元々は精密機械メーカーだったアブガルシアは、繊細な技術力を生かした釣り具作りが強みです。キスロッドスピニング黒船では軽量化を実現、口径ガイドを小さめにしてカーボンXテープを採用することで軽さと粘りがあります。

ロッドの表面はマットな仕上げなので滑らずに初心者でもラインの出し入れをスムーズに行えます。長さは1.7メートルと1.8メートルの2種類です。キスロッドスピニング黒船の標準価格は15120円です。

穴釣りロッド人気ランキング【第6位〜第10位】

テトラポットや堤防の石のすき間に仕掛けを落とす穴釣りは一年中楽しめるのがメリットです。船釣りやオフシーズンになる時期でも、カサゴやメバルといった根魚を狙う穴釣りならば成果があがります。確実に獲物を狙うためにもロッド選びはこだわりたいものです。ここではランキング第10位から第6位までのおすすめのロッドをご紹介します。

第10位:ダイワ 船竿 メタリア キス M-180

メーカーダイワのメタリアシリーズのこちらはキスを狙うのに必要な繊細なアタリと操作性を高めたロッドです。中上級者には軽さと高強度が人気となっています。91パーセントという高いカーボン含有率が特徴です。長さは1.8メートル、仕舞った長さは0.96メートルです。

ランキング第10位のこちらは定価36700円とやや高額ですが、本格的に穴釣りをしたい方や船釣りも楽しみたい方におすすめの一本です。

第9位:プロマリン(PRO MARINE) ロッド 極仙船キス180ML

初めての穴釣り用ロッドだからとりあえずリーズナブルなタイプで試したい、入門編のロッドを選びたいという方におすすめの一本です。第9位のプロマリンのロッド極仙船キス180MLは長さ1.8メートルで、ほとんどのシーンの穴釣りに対応できる機能が自慢です。ネットショップでは3000円台で購入できる手に取りやすい価格も魅力です。

口コミではアタリが取りやすくて便利、値段の割にしっかりしていて操作性が良いという声があります。初心者用としてまたは二本目の予備用としておすすめです。

第8位:ダイワ(DAIWA) キスロッド アナリスター キス M-180・Y 2019モデル

ランキング第8位のアナリスターキスM-180・Y2019モデルは、獲物をシロギスに絞ったダイワが誇る高機能のロッドです。2019年の発売ですが穴釣り用に使える一方として早くも人気となっています。

長さ1.8メートルのM-180は操作性を重視した一本で、メガトップをトップに採用して軽量化を実現させています。重さはわずか73グラムで8号から25号のオモリに対応可能です。潮の流れが少ない穴釣りでは十分なスペックです。標準価格は16497円です。

第7位:シマノ ロッド キス BB M180

特に穴釣り用として販売しているロッドでなくても、キス釣りに絞ったロッドを穴釣りに転用するのもおすすめの方法です。転用は自分のこだわりでロッド選びをしたい上級者の方にもおすすめです。ランキング第7位ロッドキスBBM180は、メーカーシマノのこだわりが詰まった幅広いキス釣りに対応できるロッドです。

ロッドキスBBM180はネジレを抑えるハイパワーX構造でテトラポットの狭いすき間での操作性を十分に高めています。テンビンから胴付きまでさまざまな仕掛けに対応できるオールラウンドな一本です。ロッドキスBBM180の標準価格は13206円です。

第6位:シマノ ロッド カイエイ [並継筏竿] 攻調子 165

ランキング第6位のシマノロッドカイエイ [並継筏竿]攻調子165は、長さ1.65メートルのコンパクトサイズながらメーカーシマノの上位モデルとほぼ同じ機能を搭載しています。穴釣りにおすすめのオールラウンドなロッドとして安定した人気があります。

機能としては糸のからみを防ぐKガイドがとても便利です。従来のロッドより細身のデザインは繊細な和の雰囲気が伝わると好評です。グリップのホールド感がアップするサポートEVAシートが付いていて長時間の穴釣りにもおすすめです。標準価格は20412円です。

穴釣りロッド人気ランキング第5位:シマノ ロッド ライトアジ BB 160

穴釣りの特徴として、ブラクリを中心とした仕掛けを使うこととロッド自体の飛距離は必要ないことが言えます。おすすめの長さは1.5メートル前後のタイプです。両軸リールまたはベイトリールを使い、糸はナイロンの3から5号がおすすめです。穴釣り用ロッドの人気ランキング第5位から第1位までは、各メーカーのこだわりの機能を詳しくご紹介します。

まず穴釣りロッドの人気ランキング第5位は釣り具の代表的なメーカーシマノから出ているロッドライトアジBB160です。

おすすめポイント

シマノから発売されているロッドライトアジBB160はKガイドを搭載したカセ筏竿のロッドです。マットなラバーでコーティングした楕円形のグリップ部分が握りやすさと細かな操作性をアップさせます。アタリがダイレクトに伝わるため、少しの引きでもわかりやすいのが特徴です。ロッドの穂先にはシマノが開発した高感度グラスソリッドを採用しています。

シマノのロッドライトアジBB160では、食い込みが良い穂先やオモリの負荷に負けないアタリの出しやすさなどが中上級者も納得できる人気の機能と言えます。ランキング第5位にふさわしく釣り具の総合メーカーシマノの技術が凝縮した一本でおすすめです。

基本情報

シマノの筏竿は穂先と長さのバリエーションが魅力です。こちらのライトアジBBシリーズもバリエーションが豊富で、BB160は長さ1.6メートルで継数は2本、重さ137グラムです。仕舞い寸法は0.8メートル、穴釣りに最適な長さでおすすめです。

BB160の標準価格は20412円、初めて本格的なロッドをお探しの方から穴釣り上級者までカバーできる高い機能の一本で安定した人気を誇っています。

穴釣りロッド人気ランキング第4位:ダイワ(DAIWA) スピニング ベイト 共用 キス X S-180 釣り竿

穴釣り用のロッド人気ランキングの第4位は総合釣り具メーカーの代表格ダイワの自信作と言えるXシリーズがランクインしています。キスXは15号程度のオモリに適していて、キス釣りはもちろんカサゴやアイナメなどにも高い精度を誇るロッドです。メーカーダイワが開発したブレーディングXを採用して、高いコストパフォーマンスを実現しています。

おすすめポイント

ダイワの穴釣りロッドスピニングベイト共用キスシリーズは長さと調子の違いによって、120、S-180、M-180の3つの種類があります。共用キスシリーズはもともと船釣り用のロッドなのでロッド自体のパワーと強度は十分です。さらにロッドが持つコントロール性能を高めることで狙った魚をピンポイントで釣り上げるのが可能となっています。

基本情報

長さ1.8メートルで継数は2、重さは86グラムと軽量で持ち運びしやすいのも特徴です。ロッドスピニングベイト共用キスシリーズは食わせやすさと操作を重視していて、初心者からベテランまで満足できます。釣り具メーカーダイワの特徴と言える大人気の最新技術を十分に搭載したロッドです。

こちらの共用キスシリーズXS-180では5~20号のオモリを使用できます。14472円が希望小売価格ですが割引をしている釣具店もあるようです。ネットショップでは約1万円の値段で扱う店も見られます。

穴釣りロッド人気ランキング第3位:TAKAMIYA(タカミヤ) H.B CONCEPT さぐり小僧III

タカミヤは北九州が発祥の釣り具メーカーです。多彩なロッドをはじめリールやウキ、オモリなどの小物類まで幅広く扱っています。タカミヤのロッドで穴釣りに最適なのは、こちらのH.B CONCEPTさぐり小僧IIIです。テトラポットのすき間の細い場所にもマッチしてスピード感あふれる小刻みな動きに強いのが特徴です。

タカミヤの人気ロッドさぐり小僧は、ユニークな名前の通りに目立たない小さなアタリも素早くキャッチしてグリップ部に伝えてくれます。タカミヤのロッドさぐり小僧IIIには全長によって90、120、150の3種類があります。

おすすめポイント

穴釣りでは主に堤防でテトラポットの細いすき間からほとんど真下に釣り糸を垂らして獲物を狙います。タカミヤの自信作であるこちらのさぐり小僧IIIは、足元の条件が良くないテトラポットの上でもきちんと照準を合わせることができるピンポイント型の先調子が大きな特徴です。先端の調子がダイレクトに伝わる点は一番のおすすめのポイントと言えます。

またテトラポットの陰に潜り込もうとする魚をグイグイと引き離す強いパワーも自慢です。口コミではテンポの良い穴釣り専用ロッドと評価されています。

基本情報

タカミヤのH.B CONCEPTさぐり小僧IIIは全長によって90と120、150の3種類があります。カーボン含有率はいずれも28パーセント、標準価格は90で1800円、150で2200円です。リーズナブルで手に取りやすい価格も人気の理由です。ロッドの重さは90で48グラム、150で67グラムと持ち運びの邪魔にならない軽量サイズとなっています。

穴釣りロッド人気ランキング第2位:プロマリン(PRO MARINE) PG 極光テトラDX 110H

釣り具からウエア、海でのレジャー用品まで幅広く扱うプロマリンの製品は海のイメージにぴったりな遊び心が特徴です。穴釣り用のロッドでは極光テトラDXのシリーズがおすすめです。ランキング第2位のこちらは110センチ規格の標準的なサイズのロッドです。カサゴ、アイナメ、メバルといった獲物を狙いやすいようにアタリが取りやすくなっています。

おすすめポイント

極光テトラDX110Hのおすすめポイントは強い引きにも耐えられるロッドの強度です。獲物によっては1キログラム程度まで十分に狙えるのでよりチャレンジングな釣りの成果を期待できます。足元の良くないテトラポットの上でも存分に釣りを楽しめます。極光テトラDX110Hは2本の振出式で重さは約70グラムです。持ち運びしやすい軽さも魅力です。

基本情報

極光テトラシリーズのロッドは、初心者からベテランまで納得できるプロマリンの自信作です。全長110センチの極光テトラDX110Hは1号から10号のオモリに対応できます。仕舞った時のサイズは63センチ、コンパクトでかさばらないのでバイクや自転車で移動する方にもおすすめの一本です。旅行先で穴釣りを楽しみたい方に好評です。

またランキング第2位の極光テトラDX110Hは穴釣りに限らず落とし込みや探り釣りをしたい方にも人気の汎用性の高いロッドです。釣りの楽しみ方が広がります。希望標準価格は1800円です。

穴釣りロッド人気ランキング第1位:H.B CONCEPT さぐりカサゴV

穴釣りで使えるおすすめのロッドは釣具メーカーの各社から出ていますが、堂々のランキング第1位はタカミヤのH.B CONCEPTさぐりカサゴVです。製造から小売まで幅広いラインを総合的に扱うタカミヤでは、釣り人の視点を第一に商品開発しています。ランキング第1位のH.B CONCEPTさぐりカサゴVは張りの強さに定評がある本調子のロッドです。

おすすめポイント

H.B CONCEPTさぐりカサゴVの適度な張りの強さはごく小さなアタリも敏感にキャッチできます。アイナメやメバルといった穴釣りの定番魚を確実に狙うことができます。テトラポットでのさぐり釣りにも最適のロッドです。口コミではガイドやとグリップの形状が初心者でも扱いやすい、狙った位置をピンポイントで探れると好評です。

基本情報

全長92センチのサイズ90から全長214センチのサイズ210まで全部で5種類のラインナップです。振出形式で仕舞った時のサイズは30センチから45センチに収まります。カーボン含有率は5種類ともに28パーセント、標準価格は90で1980円、210で2880円となっています。

タカミヤのH.B CONCEPTさぐりカサゴVはランキング第1位にふさわしく、アラカブやホゴといった上級者に人気の獲物にも最適の穴釣り用ロッドです。

穴釣りロッドはメーカーにこだわろう

テトラポットのすき間から糸を垂らす穴釣りでは、飛距離を稼ぎたいような長いロッドは向きません。コンパクトサイズのロッドを使って仕掛けを落とすだけというシンプルなスタイルが穴釣りの魅力です。また使用するタックルも船釣りなどに比べて簡単な作りとなっています。従って穴釣りのロッドはシンプルで機能的なタイプを選ぶのがおすすめです。

穴釣りには長さが短めで機能を絞ったロッドが向いています。シンプルな作りだからこそ穴釣り用のロッドにはメーカーごとのこだわりが色濃く出ています。手軽に始められる穴釣りでは、メーカーに注目してロッドを選ぶのが上達のコツと言えます。

穴釣りロッドのおすすめメーカー

カーボン素材の違いや巻き方、ブランクの選び方などによって各メーカーの穴釣り用ロッドには様々な個性があります。さらにリールシートをどのように塗装するのかでもロッドの使い心地は違ってきます。

ここでは釣り好きの方の口コミを参考に、穴釣り用ロッド選びにおすすめのメーカーを一気にご紹介します。各メーカーの特徴を知ることで理想のロッド選びが実現します。

TAKAMIYA

昭和25年頃に小売からスタートしたタカミヤは北九州で生まれた釣り具の総合メーカーです。直営する釣り具用品店POINTでは専門の知識を持ったスタッフから穴釣りや磯釣りなどの詳しいアドバイスをもらえます。タカミヤの穴釣り用ロッドの特徴はユーザーの声を直接取り入れた開発力にあります。

またタカミヤが運営するピースクラブ会員になるとセール情報や穴釣りのスポットの情報などをいち早く知ることができます。

ダイワ(DAIWA)

ダイワはロッド、リールからウエアまで釣りに関する全ての道具を扱う総合メーカーです。何名ものプロと契約して釣り具の開発技術に役立てています。ダイワのロッドはショア、オフショア、船など用途に合わせた多種多様なバラエティーが特徴です。

ダイワでは防波堤向けのロッドだけでも、ガイド付き、中通しのインターラインなどいくつもの種類を製造販売しています。

シマノ

大阪府に本社があるシマノは釣り具だけでなく自転車やボートも開発している総合メーカーです。シマノでは高品質の素材選びと国内トップクラスの技術力を生かして、多数のロッドを開発販売しています。フライや防波堤と言ったシーン別のロッドの開発が得意なメーカーです。またシマノでは初心者向けの釣り教室も開催し、釣り全般の普及にも努めています。

プロマリン

プロマリンは釣り具用品全般の卸しである株式会社浜田商会が開発しているオリジナルのプライベートブランドです。プロマリンはロッドだけでなくリールやその他小物類なども幅広く揃っています。初心者でも手に取りやすい比較的リーズナブルな価格もプロマリンの人気の理由です。穴釣り用ロッドは初心者から中級者まで納得できる高い品質が自慢です。
 

アブガルシア

アブガルシアはスウェーデンが発祥の釣り具メーカーです。日本人フィールドスタッフが在籍し、プロの釣り師の声を取り入れた豊富なラインナップが魅力です。

日本での展開は1980年代から、ソルトウォーター用のリールをきっかけに最新の技術を搭載したロッドやアクセサリーで一躍人気のメーカーとなりました。アブガルシアの穴釣り用ロッドを扱う販売店は全国の都道府県にあります。

穴釣りロッドで人気メーカーの商品や長さなどのスペックを紹介しました!

カサゴやメバルなどのロックフィッシュをほぼ真上からピンポイントで釣り上げる穴釣りは、初心者から中上級者まで楽しめるシンプルな釣りのスタイルです。穴釣りは真冬以外は一年中できる、また道具が少ないのでトラベルフィッシングにも向いています。今回のおすすめのロッドのランキングを参考に、皆さんもぜひ手軽に始められる穴釣りを楽しんでください!

関連記事

Original
この記事のライター
Fluxus2

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ