ドイツのブランドおすすめ11選!おしゃれな財布やバッグはお土産としても人気!

2019年5月5日 (2019年9月1日最終更新)

ドイツのブランドは伝統と確かな技術に裏付けされ、機能的で飽きのこないシンプルなデザインが人気です。ここではドイツの人気ブランドと、ドイツを訪れた際にお土産にしたい靴や財布、バッグ、服などのおすすめの製品を紹介しましょう。

目次

  1. 人気のドイツブランドをお土産にしよう!
  2. ドイツブランドの特徴
  3. 1:ドイツのおすすめブランド「アディダス」
  4. 2:ドイツのおすすめブランド「リモワ」
  5. 3:ドイツのおすすめブランド「プーマ」
  6. 4:ドイツのおすすめブランド「マイセン」
  7. 5:ドイツのおすすめブランド「モンブラン」
  8. 6:ドイツのおすすめブランド「ツヴィリング」
  9. 7:ドイツのおすすめブランド「ヒューゴ・ボス」
  10. 8:ドイツのおすすめブランド「シュタイフ」
  11. 9:ドイツのおすすめブランド「ラミー」
  12. 10:ドイツのおすすめブランド「ビルケンシュトック」
  13. 11:ドイツのおすすめブランド「トリッペン」
  14. まだあるドイツのファッションブランド
  15. 財布やバッグや服もドイツブランドは安いのでお土産にもおすすめ!

人気のドイツブランドをお土産にしよう!

ドイツのブランドというと、メルセデスやポルシェなどの車メーカー、ライカのカメラやシュタインヴェークのピアノなど、世界で知られる最高峰のブランドがいくつも思い浮かびます。

ドイツブランドは、伝統に裏打ちされた確かな技術を持ち、世界中で愛用されています。ここではドイツの人気ブランドと、服や財布、靴などお土産にしたい製品を紹介します。

Src 10888142ドイツのお土産おすすめはコレ!人気雑貨や定番のチョコも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回は、人気の観光スポットの一つドイツのお土産についてご紹介していきます。ドイツでは、ビール...

ドイツブランドの特徴

お土産におすすめなドイツブランドを紹介する前に、ドイツブランドの特徴を紹介しましょう。ドイツブランドというと、シンプルなデザインで機能性が高く、使いやすいというイメージがあります。また丈夫で長持ちすることでも知られています。ドイツブランドは高い技術に裏打ちされた製品であるといえるでしょう。

確かな技術と伝統に裏打ちされている

ドイツブランドの多くは長い歴史があり、確かな技術に裏打ちされています。もともとドイツ人は物事を合理的に考えるという気質があり、物の本質をとらえ機能性を追求したデザインは他の追随を許さないものとなっています。シンプルで機能性が高く、かつファッショナブルなドイツブランドは、世界中で愛用されています。

歴史や物語を持っている

ドイツ生まれのブランドはそれぞれ歴史や物語を持っています。例えばドイツの有名な磁器メーカー・マイセンは、ザクセン選帝侯のアウグスト2世が錬金術師を監禁して、磁器の製造方法を研究させたのがはじまりと言われています。

また、世界を代表するスポーツブランドのアディダスとプーマは、ドイツのニュルンベルクで靴職人の息子として生まれた2人の兄弟によって作られました。その他にもメルセデスやポルシェにも長い歴史と物語があります。ブランドが生れた背景を調べてみると、おもしろいかもしれません。

マイスター制度によるモノづくり

ドイツの職業は資格制度がたいへん厳しく、マイスターやゲゼレと呼ばれる資格がないと職業に就くことができません。手工業マイスターでは94種類、工業マイスターにおいては300種類以上もの国家資格があり、服やバッグなどのファッションから、パンやお菓子まであらゆる職業が国家資格になっています。

このようにドイツでは物作りがプロの国家資格として認識されていて、資格保持者のプロ意識もたいへん高いものになっています。このことはドイツブランドの品質の高さにもつながています。

1:ドイツのおすすめブランド「アディダス」

日本でも人気のスポーツブランド・アディダスは、ドイツのバイエルンに本社を置くメーカーです。3本線のロゴで知られるアディダスは、今やスポーツの世界では欠かせないドイツブランドで、サッカーの日本代表チームのユニフォームをはじめ、世界の有名スポーツ選手のシューズやウェアを担当しています。

おすすめのポイント

アディダスはもともと靴を製造していたメーカーで、スニーカーは無駄のないシンプルなデザインと履きやすさで人気があり、さすがドイツ発のブランドといえます。スポーツ用のスニーカー以外にも、スタン・スミスやスーパー・スターなどファッションスニーカーも誕生していて、男女を問わず幅広い年齢層で人気があるドイツブランドです。

人気の商品

ドイツのお土産としてはやはりスニーカーがおすすめです。ドイツを旅行すると、あちらこちらにアディダスのショップがあり、日本より安い値段で手に入れることができます。中でもドイツ限定のモデルは日本でも人気があり、アディダスファンは何としても手に入れたいシューズと言われています。

ドイツにはアウトレットもあり、服やシューズ、財布などを安い値段で買うことができます。しかしお土産にするなら日本で未発売のモデルがおすすめです。種類が豊富なので、ドイツを訪れる前にチェックしておくといいでしょう。

2:ドイツのおすすめブランド「リモワ」

丈夫でおしゃれなスーツケースで知られるリモワは、ドイツ発のブランドです。1898年にドイツ・ケルンで誕生したブランドで、1950年代はアルミニウム合金のスーツケースを発売し、世界中に知られるようになりました。スーツケースの他、ビジネスバッグ、トラベルバック、アタッシュケースなども販売してます。

おすすめのポイント

リモワのスーツケースの人気のポイントは、ドイツブランドらしい飽きのこないシンプルなデザインと耐久性です。2000年からポリカーボネート製も販売していて、海外旅行に行くなら1つは欲しいブランドです。スタイリッシュなデザインが女性にも人気で、芸能人やスポーツ選手などが愛用していることでも有名です。

人気の商品

ドイツを訪れたらリモワのスーツケースをお土産に買いたいと思っている人も多いことでしょう。ドイツでは日本よりも3割~4割ほど安い値段で買うことができます。リモワにはアルミニウム製とポリカーボネート製がありますが、お土産に買うなら日本との価格差が大きいアルミニウム製のほうがお得です

また日本では販売していないドイツ限定のモデルもあり、自分用へのお土産に人気があります。小型のアタッシュケースやキャリーバッグ、財布もおしゃれで人気があります。

3:ドイツのおすすめブランド「プーマ」

プーマもドイツを代表するスポーツブランドです。1924年に製靴工場を作ったダスラー兄弟が袂を分かち、兄がプーマ、弟がアディダスを作りました。プーマは当時世界で有名だったサッカー選手のスパイクを手掛け一流スポーツブランドとなり、今や世界中のアスリートが愛用しています。

おすすめのポイント

プーマは、スポーツとファッションを融合させた世界で初めてのブランドで、デザイナーとのコラボ製品も多く販売しています。ファッション性の高いシューズや服は日本でもたいへん人気があります。シューズだけではなく、機能性の高いスポーツバッグやマジックテープのメンズ用の財布なども人気があります。

人気の商品

プーマはファッション性の高いドイツブランドで、アディダスと同じようにドイツのあちらこちらにショップがあります。日本でも手に入りやすいブランドなので、お土産にするなら日本未発売のモデルがおすすめです。

アウトレットでは日本よりも安い値段で、スニーカー、服、バッグ、財布などが手に入ります。特に財布はお手頃な価格のお土産としておすすめです。

4:ドイツのおすすめブランド「マイセン」

マイセンは18世紀初頭に、ドイツ東部のマイセンでに生まれたヨーロッパ初の硬質磁器です。当初は日本の有田焼や中国の景徳鎮をモデルにして作られ、後に世界の一流ブランドとなりました。白磁に美しい模様が描かれた磁器は、日本でもファンが多い高級ブランドです。食器だけではなく、人形や装飾品も作られています。

おすすめのポイント

ドイツのマイセンにはマイセンハウスと呼ばれる博物館があり、1710年から現在までのコレクションが展示されています。また製造過程を見ることができるので、興味のある人は訪れるといいでしょう。マイセンは高級ブランドで、安い値段では販売していませんが、アウトレットではお手頃価格で販売されているものもあります。

人気の商品

マイセンの磁器は食器が好きな人には憧れのブランドで、ドイツを訪れたらお土産に欲しいと思っている人も多いことでしょう。マイセンは1つずつ手描きで作られているため値段が高く、ドイツでは日本より1割ほど安い値段で買うことができます。お土産というよりは、大切な人へのプレゼントにおすすめです。

5:ドイツのおすすめブランド「モンブラン」

モンブランは1906年にドイツ・ベルリンで生まれた文具メーカーです。白い星形のシンボルマークは、ヨーロッパ最高峰のモンブラン山頂の万年雪の結晶を図案化したものです。モンブランはダンヒルの傘下に入り、ダンヒルがスイスのリシュモンに買収されたことから、カルティエやIWCと並ぶスイスのブランドとなっています。

おすすめのポイント

モンブランは筆記用具マニアにとって憧れのブランドで、ドイツらしい妥協を許さない最高品質の文房具として人気があります。モンブランのラインナップにはボールペンや万年筆など多くの種類があります。特にマイスターシュテュックシリーズの万年筆は有名で、ペン先には18金や14金が使われています。

人気の商品

ドイツはステーショナリーが豊富にあり、スーパーにはラミーやペリカンなどボールペンなどと並んでモンブランも販売されています。モンブランのボールペンには値段の幅があり、高級品をお土産にしたいならデパートがおすすめです。日本より大幅に安いということはありませんが、旅行の思い出として大切にしたいペンが見つかるはずです。

6:ドイツのおすすめブランド「ツヴィリング」

ツヴィリングはツヴィリングJ.A. ヘンケルスが扱うブランドの1つで、双子のマークで知られています。世界有数の家庭用品ブランドで、同社は1人マークのヘルケンスというカジュアルブランドも扱っています。

ツヴィリングは1731年に誕生したドイツブランドで、包丁やナイフの他、調理器具、カトラリーなど様々な商品がランナップされています。日本では精度の高い包丁がたいへん人気です。

おすすめのポイント

ツヴィリングの包丁は世界でも最高峰と言われ、調理のプロから家庭用まで様々な製品が揃っています。その他にも万能料理ばさみや鍋など、多様なキッチングッズが販売されています。またネイルケアやピンセットなどの小物も多く、切れ味がよく人気があります。高級ブランドとして人気があり、お土産にもおすすめです。

人気の商品

ツヴィリングは岐阜県関市に自社工場があり、日本でも手にはいりやすい製品です。ドイツのお土産にするなら、ペインナイフ、ネイルケア3点セット、爪やすりなどがおすすめです。特におすすめなのが爪切りで、折り畳み式の極小サイズのものがあります。高級感のある革製のケースが付いていて、お土産やギフトにも人気があります。

7:ドイツのおすすめブランド「ヒューゴ・ボス」

ヒューゴ・ボスは1923年にドイツのファッションデザイナー、ヒューゴ・ボスが設立したブランドです。紳士服の高級ファッションブランドとして知られていますが、香水や靴、ボディウェア、レディースファッションなども手掛けています。現在はイタリアのヴァレンティーノグループの傘下にあり、イタリアのブランドとして知られています。

おすすめのポイント

ヒューゴ・ボスは作業服や軍服からスタートしたブランドで、機能性や耐久性に優れています。現在もスポーツの分野で服を作っていて、丈夫で動きやすい服として定評があります。その他にも男性のスーツやポロシャツ、Tシャツなどの服や、ベルト、バッグ、財布、シューズなど多くの製品を扱っています。

人気の商品

ヒューゴ・ボスは表参道に店舗があり、ネットなどでも比較的手に入りやすいブランドです。ヒューゴ・ボスをお土産にするなら、男性にはネクタイやカフスボタンなどの小物、財布などがおすすめです。また自分用には服やバッグなどがおすすめで、中でもシャッツは人気商品となっています。

ヒューゴ・ボスはもともとドイツのメッツィンゲンに本社があり、そこにあるアウトレットでは安い値段で服や財布、バッグなどを買うことができます。

8:ドイツのおすすめブランド「シュタイフ」

シュタイフはドイツを代表するぬいぐるみのメーカーです。洋裁店を営んでいたマルガレーテ・シュタイフが作ったぬいぐるみが評判を呼び、1880年にシュタイフ社として創業しました。1990年には世界初のテディベアが誕生しました。現在も職人による手作りによるもので、同じものは1つとしてないと言われています。

おすすめのポイント

シュタイフのテディベアは家庭で世代を超えて受け疲れていて、世界中に熱狂的なコレクターがいます。偽物と区別するためすべてのベアの耳に、「ボタン・イン・イヤー」と呼ばれるボタンが付いています。これと意一緒に付けられているタグの種類によって、復刻版、オリジナル限定品などが分かるようになっています。

人気の商品

ドイツの一流ブランド・シュタイフはテディベアの他にも、かわいい動物のぬいぐるみがたくさん揃っています。日本にも店舗がありネットでも比較的買いやすい商品なので、ドイツのお土産にするなら地域限定品がおすすめです。直営店の他、お土産店、デパートなどで扱っていて、限定品もたくさん販売されています。また値段も安いものから揃っています。

9:ドイツのおすすめブランド「ラミー」

ラミーはドイツの古都ハイデルベルクで1930年に生まれたブランドです。ユニークなデザインで知られるドイツを代表する文具メーカーで、これまでに数々のデザイン賞を受賞しています。世界中の様々な分野でのデザイナーとコラボした商品で知られ、ボールペンの分野で多くのヒット商品を生み出しています。

おすすめのポイント

日本で人気があるのがカジュアル万年筆「ラミー サファリ」です。2019年に40周年を迎えるベストセラーで、クリップやボディに付けられたくぼみなど、細部にまでこだわりが見られます。2019年にはラミー サファリ初のパステルカラーが販売され、筆記具ファンから注目されています。

「ラミー アルスター」はラミー サファリよりやや太めのボディで、手が大きい人や男性にも人気があります。こちらも2019年限定のメタリックカラーの製品が販売されています。

人気の商品

ラミーの文房具はスーパーでも安い値段のものが販売されています。万年筆で有名なドイツブランドですが、ボールペンや色鉛筆、シャーペンなど様々な製品があり、安いお土産を探している人にもおすすめです。ラミーサファリは毎年限定カラーが販売されていて、たいへん人気があります。ドイツのお土産にいかがでしょうか。

10:ドイツのおすすめブランド「ビルケンシュトック」

ビルケンシュトックは1774年に創業された靴メーカーで、240年以上の歴史を誇ります。世界の靴ブランドトップ5に入ります。足の裏の形に合わせたフィット感のあるサンダルが有名で、日本に直営店ができたことからファンも多いブランドです。

医学的理論に基づくインソールの研究を長く続けているメーカーで、戦争中は負傷兵のための整形外科靴を作っていたことでも知られています。現在においても、ドイツでは健康靴、矯正靴という位置づけで人気があります。

おすすめのポイント

長い間、医療用やスポーツ用のシューズとして知られて来たビルケンシュトックですが、最近はデザインに力を入れていて、有名スターとコラボした靴を製造するなどおしゃれなシューズとして人気上昇中です。女性にもおすすめのおしゃれなモデルも多く作られていて、特にアリゾナやボストンなどの人気シリーズがあります。

人気の商品

ビルケンシュトックのサンダルはシンプルですが、履き心地は抜群で疲れにくいと定評があります。豊富なデザインが揃っていて、ドイツでは日本より安い値段で買うことができます。ドイツでは「おしゃれ」というイメージがあまりないブランドなので、日本のほうがかわいいデザインのものが見つかるかもしれません。

11:ドイツのおすすめブランド「トリッペン」

トリッペンは1992年に医療用矯正靴などに携わっていた靴職人マイスターのミヒャエル・エーラーと、服や靴のデザイナーであるアンジェラ・シュピーツによって誕生したブランドです。トリッペンの靴は科学的根拠に基づいて作られているため履き心地がよく、数々のデザイン賞を受賞しています。

おすすめのポイント

トリッペンの靴は、爪先の形状など独特な形が特徴です。体に優しいデザインであるだけではなくファショナブルで、ドイツや日本など世界各地で注目されています。トリッペンは単に靴を販売するだけではなく、靴の修理やリサイクルにも力を入れていて、靴のモデルは廃盤がなく、世界中の店舗で修理をすることができます。

もともと安い値段の靴ではありませんが、修理のしやすさなどを考えると一生モノとして愛用する人も多く、日本でもたいへん人気があります。

人気の商品

トリッペンは流行に左右されず、長く履けるデザインで人気があります。男女とも様々なタイプが販売されていて、ドイツでは日本より安い値段で買うことができます。ドイツにはアウトレットもあるので、お土産として購入することを考えている人は訪れてみるといいでしょう。デザイン・サイズが合えば、安い値段で手に入れることができます。

トリッペンは靴だけではなく、バッグも販売されています。流行に左右されないシンプルなデザインのショルダーバッグやリュック、バックパックなどが揃っていて、こちらもお土産におすすめです。

まだあるドイツのファッションブランド

ファッションに興味のある人は、ドイツで人気のバッグや服などをお土産に買いたいと思っていることでしょう。ここでは世界でも人気があるドイツ発の高級ファッションブランドを紹介します。観光を楽しみながら、ドイツのデパートなどでお買い物を楽しみましょう。日本よりも安い値段で手に入れることができます。

エスカーダ

エスカーダは1976年にドイツのミュンヘンでライ夫妻が設立したファッションブランドです。ハリウッドセレブや芸能人が愛用する高級ブランドで、服の他におバッグやアイウェア、スカーフ、香水、アクセサリーなどを手掛けています。カラフルなデザインのバッグは日本でも人気があり、自分用へのお土産にもおすすめです。

エスカーダの本社はミュンヘンにあります。特にマキシミリアン通りはドイツで最も華やかな大通りで、世界中のブランドが集まっています。ドイツを訪れたらこちらでショッピングを楽しみましょう。

アイグナー

アイグナーは1965年にドイツのミュンヘンで、ファッションデザイナー・エティエンヌ・アイグナーが設立したブランドです。特に本革レザーバッグで有名で、最高級レザーブランドと称されています。設立以来一貫してイタリアで1つ1つ職人によって丁寧に作られています。

「アイグナーレッド」と呼ばれる赤い色のレザーがシンボルで、バッグや財布など多くに使われています。安い値段の製品ではありませんが、バッグや財布など一生モノとしてドイツを訪れた際に購入するのもおすすめです。

財布やバッグや服もドイツブランドは安いのでお土産にもおすすめ!

ドイツブランドとお土産にしたいおすすめの製品を紹介しました。服や靴、財布など人気のドイツブランドは日本より安い値段で買うことができるので、お土産にもおすすめです。またアウトレットを利用すると、さらにお得な値段で買えることがあります。財布などの小物などをお土産にしてはいかがでしょうか。

関連記事

2246.thumb
この記事のライター
Momoko
東南アジアや中東など海外在住経験があります。現在は東京在住で、歴史スポット巡りやカフェ巡りを楽しんでいます。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する