ランタンハンガー人気商品&自作方法をチェック!木製のおしゃれアイテムも!

2019年5月7日 (2019年5月8日最終更新)

キャンプで必要なアイテム人気のランタン。そのランタンを吊るすハンガーも必要です。頭上より上からランタンハンガーで吊るすと夜でも明るくキャンプを楽しむことができます。どの高さに吊るすかで必要なハンガーも違います。使い方を想定して購入しよう。

目次

  1. キャンプで必須のランタンはどう吊るす?
  2. ランタンハンガーとは?
  3. ランタンハンガーの魅力
  4. ランタンハンガーのおすすめ人気商品
  5. ランタンハンガーを自作する方法
  6. ランタンハンガーを自然のもので制作
  7. ランタンハンガーがないときの緊急代表品
  8. 販売されている人気ランタンハンガー
  9. ランタンハンガーのおすすめ商品と自作方法をご紹介しました

キャンプで必須のランタンはどう吊るす?

キャンプアイテムを買い揃える時に、灯りとなるランタンはみなさん気が付かれます。しかしそのランタンを吊るす場所が屋外ではないことに気が付くでしょうか。キャンプの際には設置してあるテーブルに置くことも可能です。

しかし卓上では夜、周辺まで灯りが届きません。ではどのようなランタンガンガーがあるのか見て行きましょう。自作することもできるのでしょうか。使い方を考えながらご自身のスタイルにぴったりのおしゃれな吊るし方を考えてみましょう。

また自立するランタンスタンドも2000円台からとお手頃な価格になっています。また収納時にはポール部分を折りたたんで収納袋に入れることができるので持ち運びも快適なものがたくさんあります。ご自身のキャンプスタイルに合わせて購入を検討してみましょう。

ランタンハンガーとは?

ランタンハンガーとはランタンを吊り下げるハンガーの事です。ランタンはこのハンガーをタープのポールに引っかけて、その先端にランタンを吊り下げる使い方をします。

ランタンハンガーは色んなメーカーが出しており、人気のアイアン製の物から木製のものまで好みに合わせて購入することができます。キャンプではランタンを吊るす場所にとっても困ります。自然の中で楽しむキャンプですのでなるべく外の雰囲気を壊さないようにアイテムを揃え設置してみましょう。

ランタンを吊り下げるアイテム

ランタンは吊り下げてこそ暗闇を広い範囲照らし出してくれます。よって、キャンプ場でランタンを吊り下げようと思えば何かしら吊り下げるハンガーが必要になります。

ランタンハンガーは種類が豊富で、ランタンハンガーそのものが自立するポールに引っ付いたものや、タープのポールに巻きつけるようにしてランタンを吊り下げるハンガーのみのものがあります。そしてその使い方はとっても簡単でシンプルな構造になっています。

1つあると重宝する色んな使い方のできる人気のアイテムです。ぜひ入手してみましょう。またいろんな使い方ができるランタンハンガーでので、1つと言わず2つ3つと持っている人も見かけられます。便利な使い方もできるハンガーになります。おしゃれなランタンをお持ちの方はぜひその吊るし方もおしゃれにしてみましょう。

Originalキャンプに虫よけ対策は必須!最強のスプレーやランタンなどおすすめ紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプをするうえで欠かせないのが虫対策です。キャンプ場のある山には数多くの虫が生息しており...

ランタンハンガーの魅力

またランタンハンガーはシンプルな形状で、扱いやすくランタンをぶら下げることができます。スマートにランタンを吊り下げられますので、夜のキャンプでランタンの暖かな灯りを存分に楽しむことができます。

焚火の炎とおしゃれなランタンは、どこかほっとするものでキャンプ好きの人の心を和ませる一番の楽しみではないでしょうか。そんな人気のランタンをシンプルにご自身のキャンプスタイルに馴染むように設置できれば、より快適な使い方ができ、おしゃれなアウトドアを楽しむことができます。

キャンプだけでなく日常的に使用可能

またランタンハンガーはアウトドアの場面だけではなく、日常生活でも様々な使い方ができます。ランタンハンガーのシンプルにポールに巻きつけて固定する構造は、家の中でも設置することが出来ます。

家の中でここに物を吊り下げたいなと感じる時はぜひランタンハンガーを使ってみましょう。服の一時置きの場所になったり、ちょっとしたおしゃれなオブジェをひっかけたりにも最適な使い方のできるハンガーになります。またアウトドアで使わないランタンはお家では、おしゃれなインテリアとして吊り下げてみるのはいかがでしょうか。

値段が安い

ランタンハンガーはそのシンプルなアイアン製の作りなため、お手軽な値段で販売されています。耐荷重などや構造にもよりますが、1000円前後で各アウトドアブランドが販売しています。

実際にキャンプに行ってみて、ここにランタンハンガーがあったらいいなと思う場所に最適なランタンハンガーをつけてみましょう。また数個購入していろいろな使い方で便利に使ってみましょう。

シンプルで使い方を迷わない

とってもシンプルなその構造は吊り下げると言う用途専門に使われます。しかし吊り下げるものがランタンのみとは限定していません。ランタンハンガーとして販売されているものでも、耐荷重やその材質によっては、焚火の上でやかんに火をかけたり、洗い終った鍋や調理器具を乾かしたりと、ハンギングしておくのにもおすすめです。

アウトドアの場面では物の置き場に意外と困るものです。下が地面なため、土に直接触れたくないものを吊り下げておくにも重宝します。

タープのポールにランタンハンガーを吊り下げれば、そこに調理に必要な道具や食事に必要な道具を吊り下げておくのもおすすめです。その際にはドライネットなどを吊り下げてもの入れを確保しましょう。

またキャンプ中に使う道具や日常品も吊り下げることができれば、とっても快適なテント周りになります。便利な物置を確保できる使い方を考えてみましょう。

スタンドと変わらない性能でおしゃれ

ランタンを引っかけるものにランタンスタンドがあります。これは地面から自立するスタンドにランタンハンガーが取り付けられています。こちらも人気のアイテムです。

ランタンハンガーはどんな場所でもスタンドを設置すればランタンを吊り下げることができます。その点はランタンスタンドが優れているでしょう。しかしランタンを吊るす場所が確保できるポールがある方は、スタンドの利用より、ランタンハンガーのみの購入をおすすめします。よりスマートにランタンをハンギングすることができます。

上手に機能的な場所にランタンハンガーを設置できれば、ランタンスタンドと変わらない性能でランタンを吊るすことができます。

ランタンを倒すリスクを回避

ランタンスタンドは地面に置いてあります。その為夜のキャンプでは見えなくなり、そのスタンド自体に足を引っかける危険があります。またスペースの限られたサイトでは、足元に何もなくすっきりとランタンが設置できる方が快適です。

ランタンハンガーはポールに設置するのが一般的です。しかし近くに木の枝などがあり、ハンガーに最適な太さがある場合は、木にハンガーを引っかけることも可能です。

シンプルな構造ゆえに色んな使い方が考えられるランタンハンガーはキャンプで便利な人気アイテムになります。

耐加重性に富む

またランタンハンガーは細いアイアン製の1000円前後のアイテムです。しかしこのハンガーは10kg程となっています。少々の重たいものでも吊り下げることができますので、色んなものをハンギングしてみましょう。

また吊り下げる時はある程度の重たさがあるものを引っかけてみましょう。タオルなどの軽いものでは風でランタンハンガーごと回転して、外れる場合があります。ある程度の自重によってしっかりと吊り下がる構造になっています。

ランタンハンガーのおすすめ人気商品

ではたくさんあるランタンハンガーを少し見て行きましょう。ハンガーはステンレスの物やアイアン製、木製ものもあります。お好みに合わせて購入してみましょう。

その中でも珍しい木製、また木にぶら下げるベルト式、チェーン付きのランタンハンガーもご紹介いたします。

木製のハンガー

ランタンハンガーはアイアン製は、耐荷重があり安心して利用できると考えがちです。しかし木製のランタンハンガーも人気です。アイアン製とはまた違ったおしゃれな印象です。

ハンガー部分がしゃもじのような形になり、両端に大きさの違う穴が開いています。この大きい方の穴にポールを通し、反対にランタンをフックか何かで吊るすと、ランタンを吊り下げることができます。

穴が開いているところにポールを通すだけですので、ずり落ちないかも心配です。しかしこちらの木製のハンガーは自らの自重により下にずり落ちないようになっています。また一緒にポールを木製にしてみると、よりおしゃれに自然になじんだアウトドアを楽しむことができます。

木製ランタンハンガーは、サクラやカエデの木材を使って作られています。自然を楽しむアウトドアで最適な木製のランタンハンガーではないでしょうか。アイアン製のかっこいいハンガーとはまた違った趣があります。

ベルト式のハンガー

また皮や帆布などの分厚い素材で作られたベルト状のランタンハンガーもあります。こちらは、地面と平行に伸びている木の枝に回しかけてランタンをぶら下げるように使います。

こちらはより手軽にランタンを吊り下がられるハンガーです。しかしサイトの周辺に程よい吊り下げポイントがあるかも気になります。吊り下げる場所が確保できる方はより手軽に利用できる人気アイテムです。いろんな吊り下げるハンガーを持って行って、その場その場で使い分けるのもおすすめです。

チェーン付きタイプ

また自然の中で楽しむランタンハンガーと言えば、人気のブランドコールマンから販売されているランタンハンガーもおすすめです。これは太い木にチェーン部分を巻きつけてランタンを吊り下げるハンガーになります。

サイト周辺に生えている木があればそれがランタンスタンドに早変わりです。ある程度の太さのある大きな木でもしっかりとチェーンを巻きつけて、ハンガー部分にランタンを設置すれば、ずり落ちない造りになっています。

高さも自在に変えられるため意外と使えるランタンハンガーではないでしょうか。ランタンハンガーとしてだけではなく周辺の木にぶら下げて色んなものの置き場にしてみましょう。

トライポッドハンガー

トライポッドハンガーはまるでカメラを置く三脚のような構造のランタンハンガーになります。木製やアイアン製の棒を3本上部で組み合わせます。そしてその上部の3本が重なった部分にランタンを吊り下げます。

この構造を利用して市販のランタンハンガーをお手本に自作される方も沢山います。キャンプ場に行って周辺を散策し、手頃な枝3本を組み合わせて木製の、簡易ランタンハンガーを自作することもできます。

ランタンハンガーを自作する方法

今まで紹介してきたように、ランタンハンガーはとってもシンプルな構造になっています。その為自分の好みのランタンハンガーにしようと自宅にあるもので自作する方も沢山います。

購入したとしても1000円前後ですので、購入するのもおすすめです。しかしまずどんなものか使ってみたいと言う方は、100均のフックや家にあるものでハンガーを自作してみましょう。

それほど加工が難しくないので、アウトドア愛好家は自作することも多いアイテム。そのハンガーの素材もアイアン製のもの、ステンレスの物、木製のものと様々なバリエーションで自作が可能です。オリジナルのおしゃれなハンガーを作ってみましょう。

100均S字フック

もっとも簡単で経済的な自作の方法は100均のS字フックをつかってみることです。使えるキャンプグッツが揃うと人気の100均では、小さなS字フックから長いS字フックまで様々な種類は100均から販売されています。

おすすめは洗濯物コーナーにある長い方のフックです。この形状が市販のランタンハンガーにとっても似ています。

市販のランタンハンガーをお手本に形も真似てみましょう。先ず片一方の先端はそのままでランタンを通す事ができます。問題はポールに引っかける方の形状です。

市販のランタンハンガーの様にポールにくるっと巻きつくようにカーブを作ります。フックが傷つかないように手で曲げてみましょう。しかし自作の物ではポールからハンガーがずり落ちないか気になる方は、洗濯バサミやばねクランプで固定しておきましょう。100円でできると思えば色んな場所に吊り下げるのもおすすめです。

ランタンハンガーを自然のもので制作

またより自然な感じでランタンを吊るしてみたい方は、キャンプ場で手に入る自然の枝などを使ってランタンハンガーを自作してみるもの人気の方法です。

せっかく自然の中に遊びに来たのだから道具も現地調達で、作ることも楽しんでみるのもおすすめです。サイト周辺で、スタンドになりそうな長目の棒を拾ってきたり、長さの揃った枝を3本使ってランタンスタンドを自作してみましょう。お子さんと一緒に毎回作ってアウトドアを楽しむのもおすすめです。

枝を組み合わせれば立派なハンガーに

まず高さのある木の棒が見つかったら、ランタンスタンドにできないか考えてみましょう。ある程度高さのあるしっかりした木の棒を地面に打ち込んでみましょう。そしてその上部に少し短めの棒を地面と垂直に固定します。

しっかりと固定できるように地面に打ちこん棒の方に切り込みを入れたりして加工するのもいいでしょう。そしてそこにランタンを吊るせば、自然になじむおしゃれなランタンスタンドの出来上がりです。

木の枝を使って自作

ではもっと簡単に3本の木の枝を使って、木製のおしゃれなランタンスタンドを作ってみましょう。こちらの構造はカメラの三脚の様に組み上げます。この三本を上手に組み合わせて、上部をくくればランタンスタンドに早変わりです。

色んな高さの棒を見つけて、お好みの高さでランタンスタンドを自作してみましょう。毎回違った雰囲気のおしゃれな木製自作スタンドが出来上がる事でしょう。この樹の枝を集めるのをお子さんの毎回のキャンプでの仕事にして、積極的にアウトドアを満喫してみましょう。

ランタンハンガーがないときの緊急代表品

では急遽ランタンハンガーが必要になった時、自作も出来なさそうなときはどうしたらいいでしょうか。ランタンを吊るすことができるものが意外と日常生活にもあります。

日常何気なく使っているものをキャンプでも使ってみると意外と便利な使い方ができるものがあります。今回のランタンハンガーも家にあるもので代用を考えてみましょう。

ネクタイハンガー

家にあるネクタイハンガーから見て行きましょう。色んな形状のネクタイハンガーがあります。しかし今回は洋服かけの様に上部にフックが付いたものを想定しています。

上部のフックを使って何かに吊ることができれば、本来ネクタイがかかっている部分にランタンを引っかけることができます。ネクタイハンガーの下部もフックの様になっているものが最適です。また木製のハンガーであればなおキャンプに馴染むおしゃれな、ランタンハンガーに早変わりです。

カメラの三脚

前述いましたように、カメラの三脚の構造がランタンスタンドと同じです。そこでカメラのスタンドを持って行っている方はこれを代用してみるのもとっても便利です。

3本の足が寄っている部分にランタンを吊るすことができれば、カメラスタンドをランタンスタンドに代用可能です。その際はカメラスタンドがランタンの熱で傷まないかはしっかりと確認しながら使用してみましょう。

折りたたみのハンガーラック

次がご自宅にあるシンプルな折りたたみのハンガーラックをいかがでしょう。このハンガーラックにS字フックを付ければ、ランタンだけではなくいろんなものを便利に吊り下がることができます。

シンプルなラックであれば、キャンプで使っても自然に馴染むおしゃれなアイテムになります。木製のラックやシンプルなアイアン製のラックであればなおおしゃれでしょう。

衣類の傾斜ハンガー

こちらはショップなどでたくさんの服を展示している際に良く見かける、片腕が斜めに伸びたハンガースタンドになります。

洋服をかけたときにハンガーが先端にずり落ちないように区切られているので、色んなものを引っかけることができます。またこちらの衣類の傾斜ハンガーは、ランタンスタンドと構造がとっても似ていますので最適な代用アイテムになる事でしょう。

こちらもハンガーの素材が木製やアイアン製の物であれば、キャンプで使っていても何も違和感のない、おしゃれなアイテムに早変わりです。

鉄杭やゴルフのアイアン

もし長めのアイアン製の杭がある場合あそちらもランタンスタンドの代用品として使うことができます。よく工事現場で地面に打ち付けてある杭の事になります。

この杭を斜めに地面に打ち付けて傾斜を付けて先端にランタンを吊るせば、こちらも立派なランタンススタンドになります。アイアン製ですので地面に打ち付けても少々汚れても気にならないおしゃれなスタンドに使用できます。

こちらはアウトドアショップではなく、ホームセンターで購入が可能です。業務用を扱うホームセンターで探してみましょう。色んな長さのアイアン製の杭が販売されています。またゴルフクラブのアイアンを使って代用するつわものもいます。

販売されている人気ランタンハンガー

アウトドアで人気のランタンでゆっくりと夜を楽しむ時に、ランタンは必須です。そんなランタンを購入したら、一緒にランタンハンガーも見てみましょう。自作で作ってみたりして、代用するのもおすすめです。しかししっかりと安定感のあるランタンハンガーをお探しの方は、キャンプの有名ブランドからでいているランタンハンガーも見ておきましょう。

人気ブランドコールマンから販売されている「コールマン ポールランタンハンガー2」は直径19mm~30mmのほぼすべてのポールに設置可能なハンガーです。1300円程で販売されています。人気ブランドの安心安全なハンガーになります。

スノーピークもランタンハンガーは1300円程で販売されています。ポールサイズは19mmから32mmまで設置のできる2パターンあります。人気のスノーピークでも1300円程で購入が可能です。

またブランドにこだわらないのであれば、3本セットでランタンフックは500円台で販売されています。しかも耐荷重は10kgと人気ブランドのものと変わりはありません。シンプルな構造ゆえにお手頃価格で販売が可能でアイテムになります。沢山必要な方は他のブランドもいくつか探してみるのもおすすめです。

ランタンハンガーのおすすめ商品と自作方法をご紹介しました

いかがでしたか?人気のランタンを吊るす際に必要なランタンハンガー。ランタンを吊るす以外に色んな使い方ができます。キャンプのセッティングによって毎回違ったレイアウトで、必要な場所にハンガーを設置してみましょう。数個ハンガーを持っていれば最適な場所に物も引っかけることができます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
zasxp

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ