フィンランドに移住するメリットは?条件・費用・仕事探しを徹底調査!

2019年5月8日 (2019年5月10日最終更新)

ヨーロッパにあるフィンランドはとても住みやすくて日本からフィンランドに移住を夢見ている方も多い国となります。現実的にフィンランドの移住について具体的な条件や仕事や費用等を紹介させていただきます。フィンランドの移住のメリットやデメリットをチェックしてみましょう。

目次

  1. フィンランドの移住について気になるポイントに大注目
  2. フィンランドの特徴
  3. フィンランドに移住するメリット
  4. フィンランドに移住する条件
  5. フィンランドに移住する魅力やおすすめポイント
  6. フィンランドに移住する場合の仕事環境
  7. フィンランドに移住するときの注意
  8. フィンランドに移住するメリットや注意点をご紹介しました!

フィンランドの移住について気になるポイントに大注目

ヨーロッパにある自然の多い素敵な国フィンランドは世界的に数少ないオーロラが見えるスポットや、サンタクロース村がある有名な国です。

世界中の人が観光で訪れる事も多いフィンランドですが、日本からフィンランドに移住をしたい人も多い国で今回フィンランドの移住についてをご紹介させていただきます。

ヨーロッパの中でも特に日本人が住みやすくて移住しやすいと言われているフィンランドはおすすめの国です。

フィンランドの移住条件やメリット、また仕事や費用など現実的な情報をまとめてピックアップしてみますのでチェックしてみましょう。

また日本からフィンランドに移住した場合、メリットだけでなくデメリット部分も注意しながら参考にしてみましょう。

フィンランドの特徴

まず初めにフィンランドの特徴についてご紹介させていただきます。世界にはたくさんの国がありますが、その中でも日本人が移住したいと思えるフィンランドはどの様な国なのでしょうか。

フィンランドが日本を始め多国から魅力的に感じるおすすめのポイントや特徴や魅力についてピックアップしてみますので大注目しておきましょう。

ヨーロッパは日本からも遠い場所で、旅行に訪れるのも少し敷居が高く感じられます。しかし自然の多いフィンランドでは日本と似た部分がたくさんあります。

憧れでもある北欧のおしゃれで素敵なフィンランドのお国柄や素敵な環境について大注目してみましょう。

治安が良い

フィンランドの特徴1つ目の治安についてご紹介させていただきます。ヨーロッパ各国でも日々治安が気になるスポットとなりますが、フィンランドはとても治安が良い国です。

世界的に見ても日本は治安の良い国であり、海外旅行をする際にも訪れる国の治安状況をしっかり把握して注意する必要があります。

日本は治安が良い国となりますので、日本を基準としてもフィンランドは治安の良い国となります。ヨーロッパの中でもテロや凶悪犯罪等の心配はありません。

しかし日本同様に、全く犯罪や事件が皆無と言う訳ではありません。中にはスリや置き引き等の軽犯罪も起こる場合もありますので、最低限の注意は必要となりますが大きく見てもフィンランドは治安の良い国です。

日本人と良く似た性格

続いてフィンランドの特徴2つ目は日本人とよく似た性格のフィンランド人が多いのがポイントとなります。

ヨーロッパの各国のお国柄は様々ですが、フィンランドの国民性は少しだけ日本人に似た気質がある事でも話題となっています。

フィンランド人はパーソナルスペースを大切にしているので、見知らぬ人にどんどん話しかけたりはあまりしません。

中にはフィンランド人でもコミニケションが長けている方もいますが、シャイで真面目な性格は日本人とよく似ている点でもあります。

また多少のスリや置き引き等の軽犯罪もありますが、フィンランド人は落とし物を届けてくれる事も多くて人柄が良いのが特徴となっています。

親日国

最後にフィンランドの特徴の新日国となります。フィンランド人の多くの人は、日本の国が大好きです。

その為日本人だと分かれば、とても親切にしてくれるのもポイントとなります。また一度話しをすると日本について色々と質問されたり、日本の国をよく知っているフィンランド人も多いです。

日本もフィンランドも平和な先進国となりますので、似た性格で共通点等も多い事からとても仲良くする事ができるのがおすすめポイントとなります。

フィンランドに移住するメリット

続いてフィンランドに移住するメリットについてご紹介させていただきます。日本からフィンランドに移住したいと考えている方がとても多いです。

近年ではメディア等でもフィンランドについての特集が放送されたり、フィンランドの国の魅力に惹かれてしまう方がとても多くなってきています。

ヨーロッパの中でも有名なイタリアやドイツやフランス等様々な国があります。そんな中でも自然の多い、日本人との相性も良いフィンランドは移住するならおすすめの国とされています。

フィンランドに移住をするならどの様なメリットがあるのかをチェックしておきましょう。ヨーロッパ圏の中でも住みやすくおすすめポイントがたくさんあるのでチェックしておきましょう。

物価が安いから生活がしやすい

まず初めにフィンランドに移住するならおすすめのポイントは物価が安くて生活がしやすい点についてご紹介させていただきます。

日本の都市に比べてもフィンランドの土地物価はとても低価格となっています。例えばフィンランドでは家賃がとても安くて、日本の郊外レベルで都心の家賃相場よりも断然に安いです。

またフィンランドのレストランや外食費用も日本に比べて同じ、もしくは低価格で楽しむ事ができます。その中でもピザはとてもリーズナブルな価格となっています。

その他にも移住をするならスーパー等の食材費用も低価格で販売されていますので、飲食費用を含める食に関する費用も安く済ます事ができます。

教育費が無料だから費用がかからない

続いてフィンランドに移住するメリットの教育費用は無料で子育てに優しい国としておすすめとなっています。

またマタニティには社会保険制度も充実していて、マタニティボックスた交通費やお子様を預ける施設を無料で使用できる充実した制度が魅力的となっています。

毎月のフィンランド政府からの教育支援金や、教育費用に必要になる費用が全て無料となっています。幼稚園から大学の教育費用も全て無料の教育システムがとにかく充実しています。

子育て層やお子様がいるご家庭には驚くほど充実した制度が手厚いので、日本とは大きく違う点となりますので大注目しておきましょう。

4年住むと永住権がもらえるかも

続いてフィンランドの移住のメリットの4年住むと得られる永住権についてご紹介させていただきます。世界各国では永住権がもらいやすい国やもらいにくい国があります。

海外に移住する場合にはビザ申請や永住権利が必要となります。実際に日本に外国人が永住をしようとなれば10年以上の滞在と、5年以上の就労経験が必要となります。

フィンランドで4年間連続で移住すれば永住権を取得する事ができます。この先ずっとフィンランドに住むと決めていれば永住権を得るのが1番おすすめです。

日本からフィンランドに移住をされる方はフィンランドの無期限の永住権の含めて参考にしてみましょう。

自然の素晴らしさ

続いてフィンランドの移住のメリットの素晴らしい大自然で暮らせるのがおすすめポイントとなります。

フィンランドの国の7割が森と呼ばれるほど、自然の多い国となっています。ヨーロッパの中でも最も自然に恵まれたフィンランドが魅力的となっています。

またフィンランドでは湖が多いのもフィンランドの特徴となっています。フィンランドの国には188000の湖が点在しています。

1年を通して基本的に寒い国となりますが、夏の季節には湖で泳いだりアウトドアを存分に楽しむ事ができます。

また冬の季節は湖でアイススイミングや魚釣り等で楽しむ事ができます。フィンランドでは自然が豊富なので、一般的な水道の水もとても綺麗で美味しいです。

オーロラが見られる

続いてフィンランドの移住のおすすめのメリットのオーロラについてご紹介させていただきます。世界的にオーロラが見える場所は限られています。

フィンランドに観光に訪れる旅行者もオーロラ目的でアクセスされる方もとても多いです。フィンランドの最北端の街ではオーロラを見る事ができます。

その条件の良い年によっては毎日オーロラを見る事もできて、幻想的な光景を楽しめます。フィンランドに移住をお考えの方も旅行の際にもオーロラを楽しみましょう。

ベーシックインカム第1号の国になるかも

続いてフィンランドの移住のメリット店のベーシックインカムの1号の国になるかもしれないの魅力についてご紹介させていただきます。

度々世界的に注目されている「ベーシックインカム」とは日本で例えるなら、失業保険や高齢者保健や生活保護等の特定の条件を満たしている方のみが支給されます。

しかし限られた条件の人を管理する制度を管理するのがそもそも膨大なコストがかかり、労力も必要となります。

そんな限られた特定条件の制度を廃止し、老若男女問わずに誰でも一律の手当(お金)を普及させる仕組みがベーシックインカムとなります。

そんな魅力的な制度のベーシックインカムをフィンランドでは試験的に導入されていて、将来的に本格的に導入されるとなれば第1号の国となるので、大注目されています。

移住者はフィンランド語学校へ無料通学可能

続いてフィンランドの移住のメリットでもあるフィンランド語学校へ無料通学可能についてご紹介させていただきます。

フィンランドの大きなメリットとして話題になってるのが全学生を対象とした充実した教育システムとなります。

また国籍関係なくフィンランドで教育を学ぶ学生には授業料だけでなく、全学生対象に公共交通機関や学生アパートがほとんど半額の費用で利用ができる手厚いメリットがあります。

その他にもフィンランド政府からは毎月の住居費用としてせ活費の補助金制度があり、約450ユーロ程支給されます。

Originalフィンランドでは英語が通じる!公用語以外も上手!発音は訛りに注意 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
雄大に広がるどこまでも透き通った風景。森と湖に囲まれた白夜の国フィンランドでは、PISA国際...

フィンランドに移住する条件

続いてフィンランドに移住する条件についてご紹介させていただきます。日本から外国に移住される場合は色々と大変な事もあります。

フィンランドの移住について書類的な問題としても大きな問題があります。3カ月以内の短期滞在ではビザも在留許可は必要ありませんが、長期移住となれば在留許可等が必要となります。

書類上の問題も踏まえて、1番の移住問題の根本的な環境面や生活する上での条件も重要視しなければいけません。

日本からフィンランドに本格的に移住をお考えの方は現実的なフィンランドの移住条件や仕事等について考えておくのがポイントです。

ゆとりのある生活が送れるかどうか

まず初めにフィンランドの移住条件のゆとりのある生活が送れるのかどうかについてご紹介させていただきます。

上記ではフィンランドの移住のメリットについてたくさんご紹介させていただきました。実際にフィンランドに住むとなれば、日本の暮らしよりも実質的には大変にはなります。

フィンランドはフィンランド語となります。英語でも対応は可能となりますが、生活する上ではフィンランドを徐々に身に付けなければいけません。

なので生活環境にゆとりを持てる生活ができる事を第一に考えておきましょう。フィンランドの環境や言葉の問題をクリアーしながら、ゆとりのある生活を楽しみましょう。

どんな仕事ができるのか

続いてフィンランドの移住条件でもある仕事問題についてご紹介させていただきます。こちらもフィンランドで移住する大きな条件となります。

フィンランドの移住について、フィンランドで仕事をしながら生計を立てる事をお考えの方は具体的な目的を立てておく事が重要となります。

まずフィンランドで仕事をするのは少し条件も難しくなります。上記でご紹介したように、フィンランドで暮らす場合には基本フィンランド語を身に付けなければいけません。

また日本同様フィンランドも景気が良いわけでもありません。フィンランド人でも失業してしまう方も多い世の中となっていますので、仕事をする上では語学力をまず身に付けなければいけません。

日本よりフィンランドが良いと考えられるか

続いてフィンランドに移住する条件として1番のポイントとなる日本よりもフィンランドが良いと考えられるかどうかがポイントとなります。

日本で暮らしていると日本の文化や環境、また法律や習慣等が身についています。フィンランドに移住するのは理想的と考えてしまいます。

しかしフィンランドで仕事や生活をするとなれば様々な条件が課せられます。それでもフィンランドでの暮らしをしたい方は移住がおすすめです。

フィンランドに限らずに海外の移住は実際に日本の暮らしになれていれば困惑してしまうシーンもでてきます。

逆に日本よりもフィンランドの環境や生活に合う日本人も多くいらっしゃいます。フィンランドに移住されている方の意見や口コミ情報を参考にしてみるのがおすすめです。

フィンランドに移住する魅力やおすすめポイント

続いてフィンランドに移住する魅力やおすすめポイントについてまとめてご紹介させていただきます。

日本からフィンランドに移住するメリットやおすすめポイントはたくさんあります。北欧に憧れを持っている方もとても多いのでおしゃれな暮らしを夢見ている方も多いはずです。

またフィンランドに移住をしていても実際日本に帰国する際のポイント点やフィンランドの住みやすい環境も充実しているので大注目しておきましょう。

おしゃれな北欧デザインにかこまれた生活

まず初めにフィンランドに移住する魅力やおすすめのおしゃれな北欧のデザインの魅力についてご紹介させていただきます。

近年日本でも北欧のブランドが大人気となっています。例えば有名なのがマリメッコは日本にも多くのファンがいらっしゃいます。

マリメッコはフィンランドのブランドで、ファッションアイテムやデザインに用いられる事も多いです。その他にもイッタラやフィンレイソンも有名ブランドとなっています。

またフィンランドの街並みやレストランやカフェもとてもおしゃれです。またフィンランドの街にもたくさんのインテリアショップもあり、大好きな北欧デザインで揃えることができます。

直行便なら約10時間でアクセス

続いてフィンランドに移住のおすすめポイントの直行便を利用すれば約10時間で日本に帰国する事ができます。

フィンランドに移住をしてもたまには日本に帰国する事もあるかもしれません。そんな時にでもフィンランドは特におすすめで、日本から1番近いヨーロッパとしてフィンランドが挙げられます。

経由便等を利用すれば10時間以上は必要となりますが、日本からフィンランドは直行便の利用ができるのは大きなメリットとなります。

フィンランドの首都ヘルシンキから日本は「フィンエアー」がほとんど毎日直行便が出ています。そして日本航空からも東京行の直行便が出ています。東京以外も名古屋や大阪や福岡は週に3回の直行便が出ているので注目しておきましょう。

教育システムが充実しているから子育てしやすい

続いてフィンランドに移住の魅力的なポイントの教育システムが充実しているので子育てしやすい環境となっています。

上記でもご紹介させていただきましたが、フィンランドの教育システムや子育ての環境は日本よりも断然にフィンランドは充実しています。

日本からフィンランドに仕事で訪れているご家庭の方や、フィンランド人と結婚をして移住する事になればとても良い環境で子育てができるのでおすすめです。

フィンランドに移住する場合の仕事環境

続いてフィンランドに移住する場合の仕事環境についてご紹介させていただきます。フィンランドに移住するなら仕事も視野に入れてみましょう。

フィンランド語がどうしても必要となってしまう仕事ですが、語学をしっかりと学びながら仕事環境の道筋を作る事もできます。

フィンランドの仕事は日本よりもワークライフのバランスが充実しています。日本は世界的に見ても長時間労働となっています。

フィンランドの仕事環境についてをまとめてピックアップしてみますので、気になる方はチェックしておきましょう。

1カ月ほどのバカンスが取得可能

まず初めにフィンランドの魅力的な仕事環境の1カ月ほどのバカンス休暇についてご紹介させていただきます。

日本の仕事環境では考えられない1ヵ月程の休暇がフィンランドでは取得する事ができます。そもそもフィンランドでは日本の様に生きていく上では仕事が全てではありません。

日本の社会は仕事が基本となっています。現代では働き方改革等で温和はされていますが、それでもフィンランドとは根本的に違います。

長期休暇を得て海外旅行や日本への帰国も気軽に行えます。旅行費用だけでは稼いでおかないといけませんが、のんびりとした生活を実現できるのが魅力的です。

残業手当が高いのでほぼノー残業

続いてフィンランドの仕事環境は残業がほとんどなく定時で帰れるのが魅力的なポイントとなっています。

日本の仕事環境とは違い、フィンランドではほとんどの会社は残業がありません。その背景には残業手当てがとても高くなっています。

企業や会社側も高い残業代を支払わなければいけないので、残業は基本的には行わない風習となっています。

残業をしたくない人もフィンランドではその要望も叶います。もし残業となっても高い残業代の手当があるのでどちらにしても損はしません。

勤務する時間は8時から16時

続いてフィンランドの仕事環境や基本的な通勤時間についてご紹介させていただきます。フィンランドでは基本的な通勤時間は8時から16時までとなっています。

こちらも日本と比べても同じ、もしくは定時で帰れる時間が早くなっています。その上にノー残業となりますので魅力的なポイントとなっています。

1日の内でもプライベートの時間がゆっくり取れるのでフィンランドの仕事環境はとても素晴らしいです。また働き方も自由度もあります。

手厚い失業手当がある

最後にフィンランドの仕事環境の失業をしても手厚い手当が充実しています。日本でも失業手当はありますが、フィンランドは更に充実しています。

日本で失業するとなると失業保険だけで生活する事はできない場合もあります。しかしフィンランドでは失業をしても生活ができなくなる事はありません。

更にフィンランドの語学校に通っている外国人でも「非雇用者手当」が付くのが驚くべきポイントです。他の国では考えられない様な手厚い手当が充実しているので注目しておきましょう。

フィンランドに移住するときの注意

最後にフィンランドに移住する際の注意点についてご紹介させていただきます。ここまでフィンランドの移住に関してのメリットをご紹介させていただきました。

実際にフィンランドの移住をお考えの方は魅力的なポイントやメリットも重要ですが、注意しておきたいポイントも把握しておきましょう。

上記でも簡単にご紹介させていただきましたが、日本からフィンランドの移住をする際にはまず初めに言葉の壁があります。

英語を話せるのであれば多少生活にも困りませんが、フィンランドは基本フィンランド語となりますので生活をする際や仕事をする時にもフィンランド語を身に付けなければいけません。

その他にもフィンランドに移住する場合にはいくつかの注意点もありますので、特に気を付けておかなければいけないポイントをご紹介させていただきます。

税金が高いので外食やお酒の費用がかさむ

フィンランドに移住する場合の注意点の税金についてご紹介させていただきます。日本で暮らしていると、様々な税金が課せられます。

フィンランドに移住する際には日本よりも高い税金が課せられます。例えば消費税であれば、商品によって分類されますが10%、14%、24%の消費税があります。

通常の消費税は24%、食品や飲食店の消費税は14%、低減税率10%の商品は本や薬や公共輸送サービスや宿泊サービスとなります。

そして更に大きなのが「住民税」となります。フィンランドの住民税は19%前後となり、日本の10倍となっています。

しかしフィンランドはたくさんの手厚い社会制度や手当が充実しています。住みやすい環境の背景には税金の大きく支えられています。

Originalフィンランドの通貨はユーロで物価も高い!日本円をお得に両替して節約を! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
フィンランド旅行を計画中ですか?旅行の準備で通貨に両替するとき、ユーロなのか気になりますよね...

フィンランドに移住するメリットや注意点をご紹介しました!

日本からフィンランドに移住するメリットやデメリット等の注意点について今回ご紹介させていただきました。

日本人が住みやすいと感じられる素敵な国のフィンランドは日本よりも税金が高いのがデメリットとなりますが、それ以上に充実した手当や環境が魅力的となります。

日本の都心エリアよりもフィンランドの家賃や物価も安くて、生活する上ではとても素晴らしい環境となっています。

仕事を探すのは語学が堪能でなければ少し就職などは大変ではありますが、語学留学目的や数年の移住をすれば永住権が得られる等、好条件もあります。

フィンランドに移住をされたい方は、具体的な条件やポイントや注意点等を改めて考えてみてはいかがでしょうか。フィンランドはとても魅力的で素敵な国でおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
LOOK

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する